TOP > バックアップ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ

2009030201.gif

みなさんDropboxを活用していますか?
Dropboxといえば、2Gの容量を持つオンラインストレージであるとともに、PCと同期する機能を備えたWebサービスです。USB代わりに簡易的に使っている人もいることでしょう。
今回は、紙Copiとの組み合わせで、メモの最強バックアップ術をやってみます。

 
Dropbox + 紙Copiで最強メモバックアップ術】  
 1.なぜ最強バックアップ術か?
 2.Dropbox上での準備
 3.紙Copi用にDropboxの箱を作る
 4.紙Copi上で編集→同期





1.なぜ最強バックアップ術か?
紙copiは、文字を打ち込んだのと同時に保存してくれます。そのため、そのままでも十分にフリーズや突然のアクシデントに強い構造になっているのですが、それでもHDDの破損などで失われる可能性もあるはずです。そこをDropboxに補ってもらおうというのが、今回の趣旨です。しかも、Dropboxなので、他のPCとも同期ができるといいことずくめなのです。紙Copiの場合は、紙Copi.netという選択しもないわけではないのですが、複数ファイルの選択ができなかったり、並び替えができなかったりとイマイチ使い勝手が良くないのです。
というわけで、Dropbox + 紙Copi を組み合わせるとこのようなことが実現できます。

 ・文字を打ったその場でDropbox上にアップロード
 ・打ち込んだメモは、他の何台ものPCとも同期ができるので
  最新版というのを意識しなくてもよい
 ・Dropboxの有料版を使えば、メモの世代管理ができる



2.Dropbox上での準備
Dropbox上での準備に関しては、紙Copi用のフォルダを作成することだけです。
簡単ですね。
2009030202.jpg
*この場合は、「メモ2」というフォルダを作成しました。


3.紙Copi用にDropboxの箱を作る
紙Copiでは、箱を作成します。

2009030203.jpg
このとき、「他から選ぶ」を選択してください。

それで、Dropbox上で作成しておいたフォルダを指定します。
これで、紙Copiで作成したメモが、すぐにDropboxに反映されるようになります。
2009030204.jpg



4.紙Copi上で編集→同期
では、実際に作業してみましょう。
紙Copiでメモを作成します。すると、すぐさまDropbox上のフォルダにメモのファイルが作成されます。ここまでは、紙Copiの機能です。
2009030205.jpg

ここからが本領発揮です。
先ほど、タイトルだけ打ち込んだメモが、すぐにアップロードされます。
さらに、本文を打ち込みます。すると、さらに更新されたそばからどんどん、アップロードされていきます。
2009030206.jpg


もはや、メモ→アップロード→同期というのを意識する必要すらありません。
Dropboxユーザーならば、ぜひお試しください。



関連記事
手帳のデジタル化
紙copi Liteのここがすごい!
手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選


関連リンク
紙copi + Dropbox (ちなみにTo Do 管理ソフト等でも同じようにできる):☈法令データ検索日誌
Dropboxで紙copiのデータ共有:人生迷い箸
Dropboxを使い、複数PCで紙copiのデータを連携する:セカンドノート
Dropboxと紙copiは良い関係:今日もヘタレは平常運転(ΘΘ)ρ

この記事を書いてから、検索してみたら意外とみなさん実践していらっしゃるんですね。

一日の仕事の終わりにするべき5つのこと

2009022601.jpg
photo by jmsmytaste


みなさんは、毎日の仕事の終わりの時間に何をしていますか?
すぐに家に帰りたい(または遊びたい)気持ちを少し抑えてでも、やっておくとよい5つのことをまとめてみました。今日の仕事の終わりからやってみてください。

 
【一日の仕事の終わりにするべき5つのこと】  

 1.スケジュール確認
 2.紙資料の整理
 3.ゴミ箱の整理
 4.PCのデスクトップの整理
 5.PCのデータバックアップ





1.スケジュール確認
明日のスケジュール確認をするとともに、手帳や携帯に記載されたスケジュールを書き出します。私は、これをGoogleカレンダーに登録しています。基本的には、スケジュールは一元化すべきだと思っているので、ここで行っています。
2009022602.jpg


2.紙資料の整理
基本的には机上整理なのですが、そのほとんどは紙資料なので、あえてこう書きました。いらない資料は、即ゴミ箱へ。それ以外は、必要に応じてファイリングなどを行いましょう。できたら、机上には何も残さないことを目標にすると良いです。


3.ゴミ箱の整理
意外と見落としがちなのですが、自分のゴミ箱も1日に1回程度整理しておきましょう。リサイクルできるものを分別したりして、ゴミ箱は空にすることを心がけましょう。


4.PCのデスクトップの整理
PCのデスクトップにデータやファイル、フォルダなどは散らかっていませんか?机上の整理と同じで、いらないものは削除して、必要なものだけを残すようにしましょう。

デスクトップはアイコン3つにする方法

できたら、3つにまでできたらいいですよね。


5.PCのデータバックアップ
最後は、その日一日分のデータやファイルのバックアップを取りましょう。明日も今日と同じようにPCが起動してくれるとは限りません。私は、RealSyncというフリーソフトを使ってバックアップを取っています。もし万が一、データが損なわれるような事態が起きても、バックアップがあれば安心ですよね?

2009013108


私は、この5つを毎日実践しているのですが、次の日に職場に来たときのスッキリ感が違います。みなさんもぜひ、今日の仕事の終わりから始めてみませんか?



関連記事
手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選
デスクトップをアイコン3つにする方法
机を整理するためのワンタイム整理法とは
仕事での瞬発力を高めるには(前編)
仕事での瞬発力を高めるには(後編)

フリーソフト用のUSBをつくろう!

I-O DATA USB 2.0/1.1対応 フラッシュメモリー「ToteBag BH2シリーズ」2GB ブルー TB-BH2/2G/B

新しいコンピュータを導入したり、職場で使用するコンピュータが変わったときに自分にとって使い勝手の良い環境を再構築するというのは、けっこう骨が折れる作業です。個人のPCであれば、ハードディスクを丸ごとコピーするなどの対応ができるのですが、そうでない場合は、1から構築する必要が出てきます。
特にフリーソフトに関しては、手元にインストール用のソフトがない分、いちいちダウンロードしてインストールしたりと手間と時間が大きくかかってしまいます。


そこで提案したいのは、フリーソフトインストール用のUSBをつくってしまうことです。

最近のUSBメモリの値段の暴落ぶりはすごいので、2Gで1000円未満で買えてしまいます。


よほどの重量級のフリーソフトでない限り、2Gもあれば十分でしょう。
手持ちの使わなくなったUSBメモリでも構いません。
それでは、フリーソフト用USBの作り方のコツを紹介します。


フリーソフト用USBの作り方のコツ】
 1.レジストリを使用するタイプは、圧縮状態のまま
 2.インストーラーを起動するタイプも圧縮状態のまま
 3.何のソフトか分かりづらい場合は、ファイル名やフォルダ名を変更
 4.新しくフリーソフトをダウンロードするたびにUSBにコピーする
 5.設定を保存した状態のものを入れておく




1.レジストリを使用するタイプは、圧縮状態のまま
2.インストーラーを起動するタイプも圧縮状態のまま
2009021702.jpg

1と2に関しては、圧縮された状態のまま保持する方がよいです。特にインストーラーを使用するタイプは、圧縮状態でないとダメですよね?
逆に圧縮された状態の方が、容量を食わなくていいというメリットもあります。


3.何のソフトか分かりづらい場合は、ファイル名やフォルダ名を変更
圧縮された状態のファイルはもちろんのこと、解凍されたフォルダ自体も何のソフトだか判別しがたいソフトがあります。その場合は、思い切って名称変更してしまいましょう。
場合によっては、説明も付けても良いかもしれません。
2009021703.jpg



4.新しくフリーソフトをダウンロードするたびにUSBにコピーする
初めてフリーソフト用のUSBを作るときは、やや手間がかかりますが、一度作ってしまえば、それほど大変ではなくなります。新しいフリーソフトを入れた場合は、Programフォルダにコピーしたあと、必ずUSBにもコピーする習慣をつければよいのです。特にバージョンアップを繰り返すソフトの場合、こまめに保存しておきましょう。この場合、古いバージョンもあえて残しておくというのも良いです。案外、バージョンアップしなければよかった…と感じることもあるので、もう一度、古いバージョンにダウングレードしなおすということもできます。


5.設定を保存した状態のものを入れておく
レジストリやインストーラーを使うタイプでない場合のみですが、自分の使い勝手の良い設定のまま保存しておくと良いです。たいていは、同じフォルダにiniファイルとして、設定が保存されているはずです。
自分仕様にしておけば、いざ使うときにいちいち設定から始めなくても良いので楽ですよ。


意外とフリーソフト用のUSBをつくって持ち歩いていると、結構重宝する場面があります。みなさんもぜひ、作ってみてください。



関連記事
手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG