TOP > 文具

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Signoのブルーブラック+手帳がいい感じ

2009013001

今年の手帳であるRollbahn2009を選んだ理由の一つに、ペンを挟める大きさのリングがあるという点がありました。手帳は、モバイルパソコン以上にモバイルだと思っているので、開いてすぐにメモできることをとても重視しているのです。
そこで、今年は相棒のペンとして、Signoのブルーブラックを選びました。写真で見るとこんな↑感じです。


Signoブルーブラック+手帳が良い理由】
 1.ブルーブラックとRollbahnの紙色との組み合わせが見やすい
 2.きっちり収まってはみ出ない
 3.インクだまりができにくい
 4.安い
 5.どこでも買える



1.ブルーブラックとRollbahnの紙色との組み合わせが見やすい
Rollbahn2009の紙色は薄いクリーム色なのですが、それとブルーブラックとの色の組み合わせが、とても良いのです。またブルーブラックは、万年筆のブルーブラックインクにも似た味わいがあるので、なかなか良いです。
黒に近いのですが、黒だとちょっと締まりすぎな感じになってしまうんですよね。


2.きっちり収まってはみ出ない
上の写真でも分かるかと思いますが、ちょうど収まってはみ出る部分がほとんどありません。カバンの中とかに入れても邪魔になることはないのです。でも、若干Rollbahnのリングが大きすぎなのが、たまにきずなんですよね。


3.インクだまりができにくい
実用上のポイントとして、たくさん書いているとインクだまりができて、汚してしまうということがあります。そういうインクだまりが、ほとんど起きないにもSignoの魅力です。


4.安い
けっこう大事な点です。手帳を使いこなすには高級なペンである必要はありません。むしろ、どんどん書いて、どんどん減っていってしまうものなので、使い捨てできるぐらいでちょうどいいのです。


5.どこでも買える
これが、一番大事なのですが、全国どこでも買えるので、万が一インクが無くなったときもコンビニに走れば良いだけです。


ペン手帳は、どんどん使ってなんぼです。だから高級である必要もないし、自分にとって使いやすさを重視するのがよいかもしれませんね。


関連記事
2009年の手帳はRollbahn
Rollbahn2009のここが気に入った
手帳に求めること
かわいいクリップを使ってみる
100均のクリア付箋の使い心地は

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG