TOP > 短縮URL

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

bit.lyを使い倒してみる(アカウント登録編)

2011021612.jpg



  
【bit.lyを使い倒してみる(アカウント登録編)】  
 1.bit.lyではアカウント登録は必須!
 2.保存件数が増える(アーカイブもできる)
 3.TwitterやFacebookに紐づけできる(マルチポストも!)
 4.URLのカスタマイズもできる
 5.メールにも簡単に送れる





1.bit.lyではアカウント登録は必須!
bit.lyは、アカウント登録しなくても使うことはできます。しかし、これは絶対した方が良いです。
なぜなら、使える機能が格段に増えるうえ、自分が今まで短縮化したURLもきちんとリスト化し、保存しておけるからです。


2.保存件数が増える(アーカイブもできる)
まず、アカウント登録して一番大きい恩恵は、保存件数が増えることです。アカウント登録していない状態では、何件かは保存しておけるものの、上限があって、それを超えると消えていきます。
しかし、アカウント登録することによって、基本的には、今まで短縮URL化したものは、全て残すことができるようです。

さらに、右側の「オプション」で、アーカイブをすることができます。アーカイブ化したものは、上の自分のアカウントをクリックすると「Link archive」という項目が出てきますので、そこから見ることができます。

2011021603.jpg


3.TwitterやFacebookに紐づけできる(マルチポストも!)
そして、もう一つの大きい恩恵が、これ!

Twitterとの紐づけです。

2011021601.jpg


「Share settings」というところをクリックすると設定画面が出てきます。
2011021602.jpg


ここで、「Add Account」で紐づけしたいTwitterアカウントやFacebookアカウントで認証するだけです。

2011021610.jpg


これで、自動的にそれらにURLポストしてくれます。
マルチポストはしたくないという場合も、「Share settings」で自分のTwitterアカウントの横の「Sharing on」をクリックして、オフにすれば良いだけです。この設定は、保存されるので、毎回設定し直さなくても良いのでいい感じです。
「いつもは、Twitterのサブアカにもポストしたいけど、これはしたくない」という場合便利ですね。


4.URLのカスタマイズもできる

bit.lyの短縮URLは、

http://bit.ly/hzqhM0

というように、不規則な文字列で構成されます。しかし、ここはちょっとアピールしたい!という場合、以下の手順でURLをカスタマイズできます。

①各URLの横の「Options」をクリックします。
2011021603.jpg

②「Share」をクリック
③このような画面が出てくるので、短縮リンクの「Customize」をクリック
2011021604.jpg

④お好きなようにいじってください


これでやってみたURLはこれです。

http://bit.ly/hokoxjouhou001



5.メールにも簡単に送れる
上のカスタマイズすると出てくる画面上で「Send to:Gmail Email」という部分からメールを送信することができます。
サクッと短縮化して、サクッと送るという場面で使えますね。
ちなみにこれが、送信画面です。
2011021605.jpg



関連記事
2011.02.12 [Webサービス] bit.lyを使い倒してみる(基本編)
2011.01.29 [Webサービス] 本の管理はメディアマーカー(MediaMarker)に任せた!
2009.03.16 [Webサービス] ***で隠されたパスワードを表示するブックマークレット
2009.02.28 [Webサービス] Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG