TOP > 紙Copi

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ

2009030201.gif

みなさんDropboxを活用していますか?
Dropboxといえば、2Gの容量を持つオンラインストレージであるとともに、PCと同期する機能を備えたWebサービスです。USB代わりに簡易的に使っている人もいることでしょう。
今回は、紙Copiとの組み合わせで、メモの最強バックアップ術をやってみます。

 
Dropbox + 紙Copiで最強メモバックアップ術】  
 1.なぜ最強バックアップ術か?
 2.Dropbox上での準備
 3.紙Copi用にDropboxの箱を作る
 4.紙Copi上で編集→同期





1.なぜ最強バックアップ術か?
紙copiは、文字を打ち込んだのと同時に保存してくれます。そのため、そのままでも十分にフリーズや突然のアクシデントに強い構造になっているのですが、それでもHDDの破損などで失われる可能性もあるはずです。そこをDropboxに補ってもらおうというのが、今回の趣旨です。しかも、Dropboxなので、他のPCとも同期ができるといいことずくめなのです。紙Copiの場合は、紙Copi.netという選択しもないわけではないのですが、複数ファイルの選択ができなかったり、並び替えができなかったりとイマイチ使い勝手が良くないのです。
というわけで、Dropbox + 紙Copi を組み合わせるとこのようなことが実現できます。

 ・文字を打ったその場でDropbox上にアップロード
 ・打ち込んだメモは、他の何台ものPCとも同期ができるので
  最新版というのを意識しなくてもよい
 ・Dropboxの有料版を使えば、メモの世代管理ができる



2.Dropbox上での準備
Dropbox上での準備に関しては、紙Copi用のフォルダを作成することだけです。
簡単ですね。
2009030202.jpg
*この場合は、「メモ2」というフォルダを作成しました。


3.紙Copi用にDropboxの箱を作る
紙Copiでは、箱を作成します。

2009030203.jpg
このとき、「他から選ぶ」を選択してください。

それで、Dropbox上で作成しておいたフォルダを指定します。
これで、紙Copiで作成したメモが、すぐにDropboxに反映されるようになります。
2009030204.jpg



4.紙Copi上で編集→同期
では、実際に作業してみましょう。
紙Copiでメモを作成します。すると、すぐさまDropbox上のフォルダにメモのファイルが作成されます。ここまでは、紙Copiの機能です。
2009030205.jpg

ここからが本領発揮です。
先ほど、タイトルだけ打ち込んだメモが、すぐにアップロードされます。
さらに、本文を打ち込みます。すると、さらに更新されたそばからどんどん、アップロードされていきます。
2009030206.jpg


もはや、メモ→アップロード→同期というのを意識する必要すらありません。
Dropboxユーザーならば、ぜひお試しください。



関連記事
手帳のデジタル化
紙copi Liteのここがすごい!
手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選


関連リンク
紙copi + Dropbox (ちなみにTo Do 管理ソフト等でも同じようにできる):☈法令データ検索日誌
Dropboxで紙copiのデータ共有:人生迷い箸
Dropboxを使い、複数PCで紙copiのデータを連携する:セカンドノート
Dropboxと紙copiは良い関係:今日もヘタレは平常運転(ΘΘ)ρ

この記事を書いてから、検索してみたら意外とみなさん実践していらっしゃるんですね。

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG