TOP > Dropbox

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ

2009030201.gif

みなさんDropboxを活用していますか?
Dropboxといえば、2Gの容量を持つオンラインストレージであるとともに、PCと同期する機能を備えたWebサービスです。USB代わりに簡易的に使っている人もいることでしょう。
今回は、紙Copiとの組み合わせで、メモの最強バックアップ術をやってみます。

 
Dropbox + 紙Copiで最強メモバックアップ術】  
 1.なぜ最強バックアップ術か?
 2.Dropbox上での準備
 3.紙Copi用にDropboxの箱を作る
 4.紙Copi上で編集→同期





1.なぜ最強バックアップ術か?
紙copiは、文字を打ち込んだのと同時に保存してくれます。そのため、そのままでも十分にフリーズや突然のアクシデントに強い構造になっているのですが、それでもHDDの破損などで失われる可能性もあるはずです。そこをDropboxに補ってもらおうというのが、今回の趣旨です。しかも、Dropboxなので、他のPCとも同期ができるといいことずくめなのです。紙Copiの場合は、紙Copi.netという選択しもないわけではないのですが、複数ファイルの選択ができなかったり、並び替えができなかったりとイマイチ使い勝手が良くないのです。
というわけで、Dropbox + 紙Copi を組み合わせるとこのようなことが実現できます。

 ・文字を打ったその場でDropbox上にアップロード
 ・打ち込んだメモは、他の何台ものPCとも同期ができるので
  最新版というのを意識しなくてもよい
 ・Dropboxの有料版を使えば、メモの世代管理ができる



2.Dropbox上での準備
Dropbox上での準備に関しては、紙Copi用のフォルダを作成することだけです。
簡単ですね。
2009030202.jpg
*この場合は、「メモ2」というフォルダを作成しました。


3.紙Copi用にDropboxの箱を作る
紙Copiでは、箱を作成します。

2009030203.jpg
このとき、「他から選ぶ」を選択してください。

それで、Dropbox上で作成しておいたフォルダを指定します。
これで、紙Copiで作成したメモが、すぐにDropboxに反映されるようになります。
2009030204.jpg



4.紙Copi上で編集→同期
では、実際に作業してみましょう。
紙Copiでメモを作成します。すると、すぐさまDropbox上のフォルダにメモのファイルが作成されます。ここまでは、紙Copiの機能です。
2009030205.jpg

ここからが本領発揮です。
先ほど、タイトルだけ打ち込んだメモが、すぐにアップロードされます。
さらに、本文を打ち込みます。すると、さらに更新されたそばからどんどん、アップロードされていきます。
2009030206.jpg


もはや、メモ→アップロード→同期というのを意識する必要すらありません。
Dropboxユーザーならば、ぜひお試しください。



関連記事
手帳のデジタル化
紙copi Liteのここがすごい!
手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選


関連リンク
紙copi + Dropbox (ちなみにTo Do 管理ソフト等でも同じようにできる):☈法令データ検索日誌
Dropboxで紙copiのデータ共有:人生迷い箸
Dropboxを使い、複数PCで紙copiのデータを連携する:セカンドノート
Dropboxと紙copiは良い関係:今日もヘタレは平常運転(ΘΘ)ρ

この記事を書いてから、検索してみたら意外とみなさん実践していらっしゃるんですね。

容量無制限・無料の「LiveDrive」を使ってみた

2009012501

オンラインストレージ花盛りな昨今ですが、昨年の末にリリースされた「LiveDrive」は、軌道に乗ればすごいサービスになりかねないものです。ちょっとMicrosoftの「Windows Live Skydrive」と名称が似ていますが、使い心地はかなり違います。

【LiveDriveのここがスゴイ】
 1.無料で容量無制限
 2.DropBoxと同じような同期機能がある
 3.画像は、サムネイル化される
 4.ZohoやiPaperなどWebサービスと連携した機能がある
 5.フォルダやファイル毎に共有できる



1.無料で容量無制限
2009012502
現在、ベータ版ということなので、今後どうなるかは分かりませんが、無料で容量無制限というのは、かなり大きなアドバンテージですよね。Skydriveですら、まだ25Gということを考えると、お化けサービスに化ける可能性もあります。アップロードの速度もDropBox並かそれ以上と感じました。もちろん、複数ファイルを一括アップロードできます。
2009012503



2.DropBoxと同じような同期機能がある

2009012507
DropBoxでは、コンピュータにソフトをインストールするとソフトをインストールしたパソコン上のデータを同期できるようになります。それと、同様の機能をこのLiveDriveも備えています。LiveDriveもソフトをインストールすると専用のフォルダが作られ、ファイルを入れると自動的にアップロードされるという仕組みです。



3.画像は、サムネイル化される
2009012506
画像ファイルは、サムネイル化されるので簡易的なフォトアルバムにすることも可能です。もちろん、リスト管理も可能です。



4.ZohoやiPaperなどWebサービスと連携した機能がある
2009012505

Box.netと比較すると連携しているサービスは少ないですが、そのファイルに応じたWebサービス連携を図ることができます。例えば、エクセルのファイルだとZohoシートで開くことが可能だったりします。ただし、iPaperは日本語が文字化けします。



5.フォルダやファイル毎に共有できる
2009012509

フォルダやファイル毎に共有設定できるというのも、最近のオンラインストレージとしては当たり前かもしれませんが、大事な機能です。共有の機能としては、「メールで招待した人のみ」「一般公開」の2つから選べます。
2009012510



6.バージョン管理ができる
2009012504

これが、DropBoxやBox.netと比較して最大の魅力なのではないかと思うのですが、同じファイルをアップロードするとバージョン毎にアーカイブされるので、間違って消してしまった、間違ってアップロードしてしまったというときも安心して使えます。何世代まで管理可能かは、実験していないので何とも言えませんが、少なくともこの機能があるだけでも、このWebサービスを使う価値があると言えます。



関連リンク
Box.netはかなり使えるサービスだ
2008年にお世話になったwebサービス

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG