TOP > Gmail

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

bit.lyを使い倒してみる(アカウント登録編)

2011021612.jpg



  
【bit.lyを使い倒してみる(アカウント登録編)】  
 1.bit.lyではアカウント登録は必須!
 2.保存件数が増える(アーカイブもできる)
 3.TwitterやFacebookに紐づけできる(マルチポストも!)
 4.URLのカスタマイズもできる
 5.メールにも簡単に送れる





1.bit.lyではアカウント登録は必須!
bit.lyは、アカウント登録しなくても使うことはできます。しかし、これは絶対した方が良いです。
なぜなら、使える機能が格段に増えるうえ、自分が今まで短縮化したURLもきちんとリスト化し、保存しておけるからです。


2.保存件数が増える(アーカイブもできる)
まず、アカウント登録して一番大きい恩恵は、保存件数が増えることです。アカウント登録していない状態では、何件かは保存しておけるものの、上限があって、それを超えると消えていきます。
しかし、アカウント登録することによって、基本的には、今まで短縮URL化したものは、全て残すことができるようです。

さらに、右側の「オプション」で、アーカイブをすることができます。アーカイブ化したものは、上の自分のアカウントをクリックすると「Link archive」という項目が出てきますので、そこから見ることができます。

2011021603.jpg


3.TwitterやFacebookに紐づけできる(マルチポストも!)
そして、もう一つの大きい恩恵が、これ!

Twitterとの紐づけです。

2011021601.jpg


「Share settings」というところをクリックすると設定画面が出てきます。
2011021602.jpg


ここで、「Add Account」で紐づけしたいTwitterアカウントやFacebookアカウントで認証するだけです。

2011021610.jpg


これで、自動的にそれらにURLポストしてくれます。
マルチポストはしたくないという場合も、「Share settings」で自分のTwitterアカウントの横の「Sharing on」をクリックして、オフにすれば良いだけです。この設定は、保存されるので、毎回設定し直さなくても良いのでいい感じです。
「いつもは、Twitterのサブアカにもポストしたいけど、これはしたくない」という場合便利ですね。


4.URLのカスタマイズもできる

bit.lyの短縮URLは、

http://bit.ly/hzqhM0

というように、不規則な文字列で構成されます。しかし、ここはちょっとアピールしたい!という場合、以下の手順でURLをカスタマイズできます。

①各URLの横の「Options」をクリックします。
2011021603.jpg

②「Share」をクリック
③このような画面が出てくるので、短縮リンクの「Customize」をクリック
2011021604.jpg

④お好きなようにいじってください


これでやってみたURLはこれです。

http://bit.ly/hokoxjouhou001



5.メールにも簡単に送れる
上のカスタマイズすると出てくる画面上で「Send to:Gmail Email」という部分からメールを送信することができます。
サクッと短縮化して、サクッと送るという場面で使えますね。
ちなみにこれが、送信画面です。
2011021605.jpg



関連記事
2011.02.12 [Webサービス] bit.lyを使い倒してみる(基本編)
2011.01.29 [Webサービス] 本の管理はメディアマーカー(MediaMarker)に任せた!
2009.03.16 [Webサービス] ***で隠されたパスワードを表示するブックマークレット
2009.02.28 [Webサービス] Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ

Gmail Labsでこれは使える!と思えるサービスを6つ紹介

2009040303.jpg


先日、日本語でも使えるようになったGmail Labsですが、40以上もあるサービスビスの中で情報管理LOG的に「これは使える!」と思ったものを5つセレクトしてみました。

  
Gmail Labsでこれは使える!と思えるサービス6つ】
 1.Google カレンダー ガジェット
 2.ナビゲーションバーのドラッグ&ドロップ
 3.ラベルの色をカスタマイズ
 4.既読ボタン
 5.URL でガジェットを追加







1.Google カレンダー ガジェット
スケジュールを見ながらメールするということが多い人は、ぜひ追加すべきサービスです。わざわざ、タブを切り替えする手間も減るので、ToDo管理をGoogleカレンダーで管理している人は、ぜひ使ってみてください。
2009040501.jpg


2.ナビゲーションバーのドラッグ&ドロップ
上のGoogleカレンダーガジェットと併せて使うべきなのが、ナビゲーションバーのドラッグ&ドロップです。Googleカレンダーガジェットを追加すると、通常ラベルの下に追加されます。しかし、これでは、1画面の中に受信箱とカレンダーを同時に表示することができません(大きい画面サイズの人はいいのでしょうが)。そこで、このサービスを使ってラベルの上にもってきましょう。
2009040503.jpg


3.ラベルの色をカスタマイズ
Gmailの元々のラベルの色は、ちょっと微妙な色が多いので、ぜひこれでカスタマイズしましょう。
2009040504.jpg


4.既読ボタン
これは、使ってみてかなりオススメです。
そもそも開く必要すらなく、即既読→アーカイブというメールも少なくありません。その時にいちいち「その他の操作」から既読を選ぶというのも、まどろっこしいものです。そこで、この既読ボタンを追加すると2クリックで事が済んでしまいます。できることならば、「アーカイブ」ボタンの横に設置してほしかった…。
2009040505.jpg



5.URL でガジェットを追加
意外に見過ごされがちなサービスがこれではないかと思いセレクトしてみました。これは、iGoogleなどで使えるガジェットのURLを指定するだけで、サイドにガジェットを追加できるというものです。便利な機能をLabsの機能以外でも堪能できます。
2009040506.jpg


6.検索のオートコンプリート
追加されたばかりのLabsのサービスです。
メールの検索など一部を入力するだけで候補を表示してくれるので、かなり検索がラクになりそうです。
2009040502.jpg



さて、ここに挙げた5つ以外にも使えるサービスはあります。ぜひ、みなさんもGmail Labsで遊んでみてください。


関連記事
2009.04.01 Gmail Labsが日本語でも有効に!【最速レビュー】
2009.03.05 Gmailで複数ファイルの添付がラクになったよ
2009.01.23 GmailでもEOMが使えます

Gmail Labsが日本語でも有効に!【最速レビュー】

Gmailにアクセスしてみると見慣れないアイコンが、メルアドの横に表示されていました。

2009040302.jpg

この緑色のフラスコ(?)っぽいやつです。

2009040303.jpg

これは、もしや…と思い、即クリックしてみると…

2009040304.jpg

やはり、Gmail Labsでした。

今までは、設定で言語をEnglish(US)に設定してからでないとアクセスできない機能でした。
しかし、これからは日本語でも普通にGmail Labsの機能を堪能できます。
素晴らしいです。Google

ちなみに、どのようなサービスがエントリされているか見てみましょう。
全部で41ものサービスが利用できるようです。

  
Gmail Labsの機能一覧】  
 ■オフライン
 ■YouTube のプレビュー
 ■Picasa のプレビュー
 ■Flickr のプレビュー
 ■Yelp のプレビュー
 ■クイック リンク
 ■スーパースター
 ■チャットの画像
 ■固定幅フォント
 ■カスタム キーボード ショートカット
 ■マウス ジェスチャー
 ■別スタイルの署名
 ■ランダム署名
 ■カスタム日付形式
 ■Muzzle
 ■Old Snakey
 ■メール中毒
 ■右側のチャット
 ■右側のラベル
 ■未読件数非表示
 ■IMAP 拡張モード
 ■返信定型文
 ■常に全員に返信
 ■テキストを選択して引用
 ■ナビゲーションバーのドラッグ&ドロップ
 ■酒気帯びテスト
 ■添付忘れチェッカー
 ■ホリデー タイム
 ■ラベルの色をカスタマイズ
 ■既読ボタン
 ■ラベル ショートカット
 ■マルチ受信トレイ
 ■ドキュメントを作成
 ■フィルタのインポート/エクスポート
 ■送信 & アーカイブ
 ■送信取り消し
 ■ロケーション付き署名
 ■タイトルバーの表示変更
 ■Google カレンダー ガジェット
 ■Google ドキュメント ガジェット
 ■URL でガジェットを追加



酒気帯びチェッカーも入っていて楽しい感じです。



関連記事
Gmailで複数ファイルの添付がラクになったよ
Googleのホームページがリニューアル
Gmailのインターフェイスが変更に【最速レビュー!】
GmailでもEOMが使えます

あとで読むと好相性!Clip2Zap

2009031801.jpg

昨日、紹介したClip2Zapですが、これと「あとで読む」との組み合わせがなかなか良い件についてです。少し前までは、「消す!」と「あとで読む」を組み合わせていたのですが、最近ではClip2Zapと組み合わせて使っています。
ちなみに、あまり説明の必要もないような気しますが、「あとで読む」とは、読みたいページを自分のメールに送ってくれるサービスです。Gmailと組み合わせると、クリップして好きなときに読めるという利点があります。


1.Clip2Zapで必要のないところを消す
いらない広告やサイドバー、それからブログのタイトルなど自分がクリップしたい以外の部分を全て消していきます。

元のページがこれです。
2009031802.jpg


これを1つずつ消していきます。まずは、タイトルロゴを消しました。
2009031803.jpg


意外と忘れがちなのは、コメント欄などです。これも消していきましょう。
2009031804.jpg


手強いのは、Googleアドセンスです。消えない場合は、あえて無視しても良いです(クリップしたときに消える場合があるから)。
2009031805.jpg


2.あとで読むのブックマークレットを起動する
あとで読む」ブックマークレットを起動します。
これは、「あとで読む」のサイトでメールアドレスを登録すると表示されるリンクをブックマークレットとして登録することでできます。

Gmailで受信するとこのように見えます。画像もきちんと残るので、そのまま残しておきたいときには、便利ですね。
2009031806.jpg



3.Clip2Zapが便利なわけ
Clip2Zapのブックマークレットが、あとで読むと相性がよいのは、「消す!」ブックマークレットと違ってアンドゥが使える点です。消すのは簡単なのですが、けっこう間違って本文を消してしまうことが多いのです。何度もやり直しが効くClip2Zapは、その点でも相性よしですね。



関連リンク
あとで読む
Clip2Zap


関連記事
サイトの余計な部分を消すブックマークレット
***で隠されたパスワードを表示するブックマークレット

Gmailで複数ファイルの添付がラクになったよ

2009020401.jpg

Gmailにまた便利な機能が追加されました。
Gmailは、複数ファイルを添付するには、一つ一つ別々にしなければなりませんでした。しかし、複数ファイルを範囲指定しての添付に対応したのです。

2009030601.jpg

こんな感じで複数ファイルを一気に添付できます。

2009030602.jpg

こんな感じでアップされている様子が、インジケータで表示されます。
とても便利ですね。



関連記事
Googleのホームページがリニューアル
Gmailのインターフェイスが変更に【最速レビュー!】

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG