TOP > QRコード

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

bit.lyを使い倒してみる(基本編)

2011021112.jpg



短縮URLサービスとして超有名なbit.lyですが、単に短縮URL機能だけでは、もったいないほど色々使えます。

  
bit.lyを使い倒してみる(その1)】  
 1.今までの短縮した履歴が見られる
 2.個別のURLに対して詳細な情報が見られる
 3.個別のURLに対して詳細な情報が見られる
 4.QRコードも自動生成
 5.アクセス履歴なども見られる
 6.解析結果を視覚的に見ることもできる




2011021101.jpg

bit.lyといえば、短縮URLサービスとしては、知らぬ者はいないというほどです。しかし、実際にbit.lyのサイトにアクセスして、使い倒している人は、そんなにいないだろうということで、紹介もかねて記事を書いてみました。



1.今までの短縮した履歴が見られる

2011021102.jpg

こんな感じで今までに短縮化したサイトの履歴を見ることができます。


2011021103.jpg
こんな風にクリックされた回数も表示されます。
ちなみに上が、自分が貼ったURLがクリックされた回数、下が全体のクリック回数です。



2.個別のURLに対して詳細な情報が見られる

各履歴の横に「Info Page+」とあるので、クリックすると…

2011021104.jpg

このように個別のURL毎に詳細な情報が表示されます。


その詳細ページでは、Tweet数やfacebookでの取り上げられた数、コメント数なども表示されます。
2011021105.jpg
*クリックして拡大してみてください



3.QRコードも自動生成
2011021113.jpg

先ほどの詳細ページ上では、QRコードも自動的に生成されます。
そのページを携帯やスマホでというときに、サクッとbit.lyで短縮して、QRコードを表示みたいな使い方もできますね。



4.アクセス履歴なども見られる
URL毎の詳細ページの下の方では、アクセス履歴も見ることができます。
まず、時間帯別。
こちらでは、時間後とだけではなく、1週間内、1ヶ月内なども見られます。
2011021106.jpg

リファラーもこんな感じ。

2011021107.jpg

国別アクセス履歴も表示されます
2011021108.jpg


2011021110.jpg

さらには、Twitter上で取り上げられた話題も見られます。
サイト管理者的には、ありがたい機能では?



5.解析結果を視覚的に見ることもできる

2011021109.jpg
短縮URL一覧の上の方にグラフのマークがあります。そこをクリックすると…

このように先ほどの詳細ページで表示されていた内容が、グラフ化され表示されます。サイト管理射的には、嬉しい機能ですよね。
2011021111.jpg


今回は、bit.lyのアカウントを取得しなくてもできる基本の機能の解説をしました。しかし、bit.lyは、アカウントを取得してこそ本領発揮です。というわけで、次回に続きます。

百式企画塾に乗ってみた

ieda*idea

百式管理人さんの「百式企画塾」に乗ってみることにしました。

  百式企画塾って何?という人は、こちら

今回のお題は、


そのブロガー向けチョコは、一見チョコとはまったく関係のない(A)と組み合わせることによって考案された。しかもブロガーが抱えている(B)という悩み
を(C)という方法で解決しており、なおかつ(D)という工夫がされていたためブログ上で紹介せざるを得なかった。そのチョコの名前は(E)。

なかなか難しいお題です。


■情報管理LOGは、こう考えた

1.一見チョコとはまったく関係のない(A)と組み合わせることによって考案された。

情報管理LOGが考えたのは、チョコとQRコードの組み合わせです。

choco+qr


2.ブロガーが抱えている(B)という悩み

ブロガーの悩みといえば、アクセス数の伸び悩みです。あぁぁ
2009012303



3.(C)という方法で解決
2009012305
あの有名なDECOチョコのサービスを使ってQRコード入りのチョコを作成します。
または、QRコード入りのチョコを作ってしまいましょう。


4.(D)という工夫がされていたためブログ上で紹介せざるを得なかった

工夫としては、自分の名刺とのセット販売です。
もしも、女性ブロガーが名刺とチョコをセットで渡したら、思わず見ちゃいますよね?

2009012307



5.そのチョコの名前は(E)

というわけで、そのチョコの名前は…
QRチョコ
です。

もちろん、男性でもバレンタインデーでなければ、ありかと思いますよ。
少なくともDECOチョコにQRコードだったら、明日にでもできますよね?


関連記事
名刺にQRコードを入れていますか?
QRコードの作り方


関連リンク
IDEA*IDEA
DECOチョコ

QRコードの作り方

昨日、「名刺QRコードを入れていますか?」という記事を書きました。しかし、意外と未だに「そのQRコード、どうやってつくっているの?」と質問されることも少なくありません。QRコードを作るのは、とても簡単なので、ぜひやってみてください。

まずは、こちらのサイトにアクセスしてください。

QRのススメ
2009011702


この中で名刺に入れるQRコードであるならば、「プロフィール」または「プロフィール上級」をクリック。
そうすると以下のような画面が出てくるので、各項目を埋めていきます。なお、プロフィール上級は、さらに項目数が多いです。
2009011703


全てを埋めて、QRコードのサイズを決定します。名刺に入れるだけだったらサイズは、「小さめ」でも十分かもしれません。
ちなみに、上から順番に「大きめ」「標準」「小さめ」のサイズになっています。
QRコード
QRコード
QR_Code(3)

自分で作成したQRコードは、自分で保存して、あとは自分の名刺に入れるだけです。
昨日の関連リンクにも載せましたが、名刺にQRコードを入れている人は、全体の4%しかいないそうです。今なら差別化を図れるチャンスですよ。


関連記事
名刺にQRコードを入れよう!


関連リンク
QRのススメ
QRコード作成ソフト一覧


■最近読んでいる本
佐藤可士和の超整理術
佐藤可士和の超整理術
  • 発売元: 日本経済新聞出版社
  • 価格: ¥ 1,575

名刺にQRコードを入れていますか?


QRコード

みなさんは、名刺QRコードを入れていますか?

よくクーポンとかについてくるあの四角いやつです。私は、自分の名刺の裏にQRコードを入れています。
「今どき、携帯の赤外線でのやりとりで十分じゃない?」という向きもあるかと思いますが、そうではありません。むしろ、積極的に名刺に入れるべきだと思っています。しかし、残念なことに、あまりQRコードを入れた名刺をいただくことは少ないです。とても大事なチャンスを逃しているような気がしてなりません。


名刺QRコードを入れるべき3つの理由】
 1.必ずしも携帯でアドレスのやりとりするわけではない
 2.自分の情報が必要なときに相手に負担をかけない
 3.アドレス情報以外の情報も盛り込める



1.必ずしも携帯でアドレスのやりとりするわけではない
一番大事な点はこれなのですが、名刺をやりとりする場面では必ずしも携帯でアドレス情報を交換できるわけではありません。むしろ、そうではない場合の方が多いのではないでしょうか?あとで、必要になったときに初めて名刺が活かされていきますよね?


2.自分の情報が必要なときに相手に負担をかけない
相手が、自分に連絡をしたいと思ったときに、名刺の情報を携帯に打ち込む手間というのは、意外と大変です。つまり、相手が自分に連絡を取るためのハードルがその分高くなっているのです。名刺の情報をデータに置き換える際とる方法は、
 ①手打ちで携帯に入力
 ②名刺の情報を見ながら電話やメールを打つ
 ③名刺リーダーに通してデータ化
という3つのことが考えられます。
どれも、それなりに面倒ですよね?
電話番号ならいざ知らず、メルアドやURLなど手打ちしたくはありません。間違ったらイヤだしね。


3.アドレス情報以外の情報も盛り込める
もしも、手打ちで携帯などに打ち込む場合、よほど暇でない限りは全ての内容を打ち込むことはしません。しかし、QRコードならば自分のフルネーム、電話番号を2種類、メルアド、を正確に入れてもらうことが可能です。さらに、凝ったQRコードならば、さらにオリジナルで情報を盛り込むことも可能です。登録したときにプラスアルファの情報が入っていると、先方に「おっ」と思ってもらえるかもですよ。


周囲の人たちには、「積極的に名刺にQRコードを入れよう!」と推進しています。少しずつその輪が広がってきているのですが、世間的にはまだまだという状況です。さぁ、すぐに名刺にQRコードを入れましょう!


関連リンク
名刺に“QR コード”を入れている携帯電話ユーザーは約4%
QRコードのススメ

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG