TOP > Sleipnir

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

SleipnirからFirefox3に乗り替える

今年、Firefoxが、3にバージョンアップしました。
それまで、何度かFirefoxに乗り換えようと思い、ダウンロードまでしても乗り換えるまでに至りませんでした。しかし、Firefox3になり、あっという間にSleipnirから乗り替えてしまいました。それまでは、どうしてもIEエンジンベースでないと安心できないような感じがしていたにもかかわらず、乗り替えるに至ったのかをまとめてみました。

【Firefox3のここが良かった】
  1.体感速度が、圧倒的に早い
  2.Sleipnirでできることがほとんどできる
  3.アドインによるカスタマイズがすごい
  4.表示上の崩れがほとんど感じないレベルになった
  5.ブックマークレットなどほとんどがFirefoxに対応するようになっていた



1.体感速度が、圧倒的に早い
Firefox2までの段階では、ダウンロードして使ってみても早さを感じませんでした。むしろ、独特な使い心地が鼻について、それほど魅力を感じることができませんでした。しかし、Firefox3になって、最初の起動から圧倒的に体感速度が速くなったのです。実際、Javascriptの実行処理時間が、IEと比較すると10倍くらい速くなったという結果も出ています。私の自分感覚では、少なくとも2倍以上にはなっているように感じました。

今まで主に利用していたサービスの多くが、Javascriptを多用していたので(GmailGoogleカレンダーLinoなど)効果がかなり実感できました。Sleipnirでもたついたように感じた処理もほとんどストレス無く利用できることを感じ、この時点でほぼ乗り換えへの決心がつきました。

2.Sleipnirでできることがほとんどできる
2008122904
そして、ほぼ乗り替えへの決定打になったのが、このことでした。
Sleipnirから乗り替えるにあたり、「これだけは、はずせない」ということが3つありました。
  ①マウスジェスチャーがあること
  ②タブを柔軟に扱えること
  ③IEベースのエンジンに切り替えが簡単にできること
逆にこの3つがクリアされれば、別に乗り換えをしても良いということでもありました。

この3つに関しては、ほぼすぐに解決の見通しが立ちました。
この①~③は、以下のアドオンで実現可能です。
①のマウスジェスチャーは、FireGestures
②のタブ関連は、Tab Mix Plus
③のIEベースへの切り替えは、IE Tab

これらを使えば、ほぼ同等かそれ以上の機能が使えます。

3.アドオンによるカスタマイズがすごい

2008122901
最初にSleipnirに近づけるためにアドオンを探して入れていたのですが、たくさんのアドオンを眺めるにつれ、次第にアドオンのすごさに気づきました。カスタマイズをするのが面倒くさいという人には、あまりお勧めできませんが、そうではない人は相当楽しめるはずです。世界中の公式、非公式合わせて膨大な数のアドオンが公開されています。それらを組み合わせることで、ものすごい自分仕様のカスタマイズが可能になります。
Googleから出ている、Chromeと見た目も機能も変わらないようなカスタマイズをする人までいます。

4.表示上の崩れがほとんど感じないレベルになった
今までGeckoエンジンであるFirefoxでサイトを見たときに、今まで見ていたサイトとイメージが変わってしまうぐらいに、表示の崩れを感じることがありました。しかし、今のところFirefox3を使っていて、それほど気になるようなことはありません。というか、本当はIEの仕様に合わせてサイトを作っていたためにおかしな事になっていた部分をサポートしていると見るべきかな?どちらにしても、「Firefoxじゃおかしな表示になる」ということが、めっきり少なくなりました。もしも、どうしてもIEでないと見られないようなサイトがあっても、アドオンのIE Tabでエンジンの切り替えができるので、問題はありません。

5.ブックマークレットなどほとんどがFirefoxに対応するようになっていた
今までは、IEはブラウザシェアのほとんどを占めていました。しかし、そういう状況から少しずつ崩れてきている状況になってきたため、様々なWebサービスでFirefox対応を謳うところも少なくなくなってきました。いや、むしろFirefox対応ではないところを探すこと自体が難しくなってきているかもしれません。それほど、ブラウザシェアを伸ばしてきていることなのかもしれませんね。
一番ありがたいのは、Sleipnir時代に登録していたたくさんのブックマークレットのほとんどが、Firefoxに対応していたことです。改めて登録し直さなくてはいけないという面倒さはありましたが、これによりSleipnirである必要は、ほとんど無くなってしまったと言えます。

Firefoxが、シェアを伸ばしてきているとはいっても、まだまだIEの足元に及んでいないというのが事実のようです。もしも、まだFirefoxに切り替えていない人がいたら、この機に乗り替えてみてはどうでしょう?



関連リンク
Firefox3
(紹介したアドオン)
FireGestures
Tab Mix Plus
IE Tab

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG