TOP > USB

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

USBメモリのセキュリティを入れてみたよ

2009040101.jpg


みなさんは、USBセキュリティー対策をどのように行っていますか?
どんどん大容量化するUSBメモリをノーガードで持ち運ぶのは、万が一落としたときのリスクが大きくなってきています。
最近、様々なUSBメモリのセキュリティー関連のソフトがありますが、USBメモリのセキュリティというフリーソフトを使ってみて、けっこう使えるソフトだと思ったので紹介します。

  
USBメモリのセキュリティVer.1.3.0】  
 1.インストール手順
 2.実際に使ってみよう
 3.有料版との違い






1.インストール手順
まずは、こちらのページに行って、ソフトをダウンロードしてください。有料版の「USBメモリのセキュリティ+」や「USBメモリのセキュリティ++」というソフトもありますが、とりあえずフリー版をダウンロードします。

USBメモリのセキュリティVer.1.3.0

ダウンロードして解凍すると、以下のように2つのファイルが出てきます。
2009040102.jpg


UsbEnter.msiというファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

2009040103.jpg

迷わずに「次へ」

インストールが完了するとすぐにソフトが起動します。このUSBメモリのセキュリティというソフトは、USBメモリに対してセキュリティソフトを導入するためのソフトなのです(分かりにくい?)。
現在接続されているドライブ全てが、タブ形式で表示されます。
今回、導入したいUSBメモリは、Fドライブだったので、Fのタブを開き「インストール」のボタンを押します。
2009040105.jpg

さて、注意しなくてはならないのがこの部分です。
このUSBメモリのセキュリティというソフトは、USBメモリにインストールするとその中のデータを一度全て削除してしまうのです。なので、もしも消されたくないデータがあるならば、他のドライブに一度バックアップをしておくと良いでしょう。
2009040106.jpg


USBメモリへのインストールが完了するとパスワードの設定画面が表れます。フリー版は、パスワードの変更ができないようなので、慎重に行いましょう。何気にヒントが便利だったりしますが、セキュリティーが低くなってしまうので注意が必要です。
2009040107.jpg


今度こそ本当にインストールが完了しました。すると、USBメモリに以下の2つのファイルが表れます。
2009040109.jpg



2.実際に使ってみよう
では、実際に使ってみましょう。
一度、USBメモリを取り外してみて、もう一度入れ直してみます。すると、このような画面が出るので、「USBメモリのセキュリティを解除する」を選択しましょう。
2009040110.jpg


パスワード入力画面が出るので、入力するとフルにUSBメモリにアクセスできるようになります。
2009040111.jpg


もしも、解除しないでUSBメモリにアクセスするとUSBメモリのセキュリティで保護されたファイルの中身は、表示されません。しかし、解除しない状態でUSBメモリにファイルをコピーした場合は、普通に見ることができます。したがって、セキュリティ上のダミーデータをそうやって入れておくといいかもしれません


3.有料版との違い
USBメモリのセキュリティには、有料版もあります。それほど高くないので、もしも気に入ったならば有料版を検討してみても良いかもしれません。
2009040112.jpg



関連リンク
KASHU-USBのセキュリティ


関連記事
***で隠されたパスワードを表示するブックマークレット
フリーソフト用のUSBをつくろう!

フリーソフト用のUSBをつくろう!

I-O DATA USB 2.0/1.1対応 フラッシュメモリー「ToteBag BH2シリーズ」2GB ブルー TB-BH2/2G/B

新しいコンピュータを導入したり、職場で使用するコンピュータが変わったときに自分にとって使い勝手の良い環境を再構築するというのは、けっこう骨が折れる作業です。個人のPCであれば、ハードディスクを丸ごとコピーするなどの対応ができるのですが、そうでない場合は、1から構築する必要が出てきます。
特にフリーソフトに関しては、手元にインストール用のソフトがない分、いちいちダウンロードしてインストールしたりと手間と時間が大きくかかってしまいます。


そこで提案したいのは、フリーソフトインストール用のUSBをつくってしまうことです。

最近のUSBメモリの値段の暴落ぶりはすごいので、2Gで1000円未満で買えてしまいます。


よほどの重量級のフリーソフトでない限り、2Gもあれば十分でしょう。
手持ちの使わなくなったUSBメモリでも構いません。
それでは、フリーソフト用USBの作り方のコツを紹介します。


フリーソフト用USBの作り方のコツ】
 1.レジストリを使用するタイプは、圧縮状態のまま
 2.インストーラーを起動するタイプも圧縮状態のまま
 3.何のソフトか分かりづらい場合は、ファイル名やフォルダ名を変更
 4.新しくフリーソフトをダウンロードするたびにUSBにコピーする
 5.設定を保存した状態のものを入れておく




1.レジストリを使用するタイプは、圧縮状態のまま
2.インストーラーを起動するタイプも圧縮状態のまま
2009021702.jpg

1と2に関しては、圧縮された状態のまま保持する方がよいです。特にインストーラーを使用するタイプは、圧縮状態でないとダメですよね?
逆に圧縮された状態の方が、容量を食わなくていいというメリットもあります。


3.何のソフトか分かりづらい場合は、ファイル名やフォルダ名を変更
圧縮された状態のファイルはもちろんのこと、解凍されたフォルダ自体も何のソフトだか判別しがたいソフトがあります。その場合は、思い切って名称変更してしまいましょう。
場合によっては、説明も付けても良いかもしれません。
2009021703.jpg



4.新しくフリーソフトをダウンロードするたびにUSBにコピーする
初めてフリーソフト用のUSBを作るときは、やや手間がかかりますが、一度作ってしまえば、それほど大変ではなくなります。新しいフリーソフトを入れた場合は、Programフォルダにコピーしたあと、必ずUSBにもコピーする習慣をつければよいのです。特にバージョンアップを繰り返すソフトの場合、こまめに保存しておきましょう。この場合、古いバージョンもあえて残しておくというのも良いです。案外、バージョンアップしなければよかった…と感じることもあるので、もう一度、古いバージョンにダウングレードしなおすということもできます。


5.設定を保存した状態のものを入れておく
レジストリやインストーラーを使うタイプでない場合のみですが、自分の使い勝手の良い設定のまま保存しておくと良いです。たいていは、同じフォルダにiniファイルとして、設定が保存されているはずです。
自分仕様にしておけば、いざ使うときにいちいち設定から始めなくても良いので楽ですよ。


意外とフリーソフト用のUSBをつくって持ち歩いていると、結構重宝する場面があります。みなさんもぜひ、作ってみてください。



関連記事
手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG