TOP > VAIO

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

VAIO type P 関連記事をまとめてみたよ

ソニー(VAIO) VAIO typeP P70H VistaHomeBasic ワンセグ クリスタルホワイト VGN-P70H/W
VAIO type P の記事へのアクセスが、けっこう良かったので、これに応えてみるということで関連リンクをまとめてみました。もしも、VAIO type P の購入を考えている方がいらっしゃるならば、一通り見てからでも遅くはないですよ。

【公式サイト】
ソニー VAIO type P 製品情報

ソニープレスリリース 

VAIO type P -Sony Style

レビューサイト】
・PC Watch : PC Watch ソニー、封筒サイズの“ポケットスタイルPC”「VAIO type P」

・ASCII .jp : ASCII .jp : 噂の新モバイルノート「VAIO type P」がついに発表!
         ソニーが送るNetbookキラー? VAIO type P解体天国(前編)
         ソニーが送るNetbookキラー? VAIO type P解体天国(後編)
         VAIO type Pメッタ切り討論会!!
         *「メッタ切り討論会」…辛口です

・nikkei TRENDYnet : ソニーの「VAIO type P」を徹底レビューデザイン、機能とも最高のミニノートだ!
        *デザインに関しての細かいレビューが載っています。

・IT media : これは理想の低価格ミニノートPCなのか!?――「VAIO type P」徹底検証(前編)
         これは理想の低価格ミニノートPCなのか!?――「VAIO type P」徹底検証(後編)
        *かなり詳しいレビューが載っています。

・CENET Japan : ソニーの超小型PC登場--写真で見るVAIO「type P」
            封筒に入る薄型PC「VAIO type P」と「MacBook Air」、使いたいのはどっち?
            「VAIO type P」気になる売れ筋仕様は?--カスタマイズの平均単価は12万5000円前後
            *写真で見るシリーズは、いつも見ていますが丁寧ですよね。

・マイコミジャーナル : ソニー、外に持ち出すためのPC「VAIO type P」を発表

・engadget日本版 : VAIO type P vs Eee PC vs MacBook Pro 17インチ
             CES 2009: ソニー VAIO type P ファーストインプレッション、ギャラリー+ビデオ

・GIZMODE japan : 分解写真もあるよ! 魅惑の「VAIO type P」ファーストインプレッション(写真集あり)
        *分解ってあるとつい見ちゃいますよね

・GIGAZINE : ソニーが超軽量ミニノート「VAIO type P」を正式発表、高解像度液晶やGPS、HD動画再生機能などを搭載


【ネタ】
・GIZMODE japan : Vaio type Pを尻ポケットに入れたまま歩くのは現実的なのか(動画)

・ITmedia : 「VAIO type P」でWindows 7 日本語β版を走らせる

・マイコミジャーナル : 動く? 速い? 話題の「VAIO type P」に期待の「Windows 7」を入れてみた
        *「Windows 7」を入れてみた系が多いですね


もしも、これ以外にもVAIO Type P 関連の良い記事を見かけたら、教えてください。
どんどん紹介いたします。


関連記事
VAIO type Pレビュー

VAIO type Pレビュー

2009012804

先週の週刊アスキーにVAIO type Pが大々的に宣伝されていたので、さっそく見てきました。

2009012803
すごいピールぶりです。

実際には、VAIO type Pを見てさわってかなり感動しました。
どこらへんが、良かったのかまとめてみました。

VAIO type P ここが良かった】
 1.薄くて軽くモバイルに最適
 2.デザインが素敵
 3.キーボードが意外に良い
 4.小技が効いたボタン



1.薄くて軽くモバイルに最適
実際に手に持ってみて、その軽さに驚きました。カタログ値では、558gということで相当軽いことが分かります(最小構成時)。また、大きさもかなり横長ですが、解像度が高い(1600×768)ので別に気になりません。それよりも、ウィンドーを並べて使えるなど、この大きさならではの使い方があるように感じます。超ミニデュアルディスプレイ的な感じですね。私は、以前VAIO C1を使っていたのですが、形的にはさらに横長です。
vaio c1
2009012802

バッテリーが、4時間と若干少ないのが気になります。大容量バッテリーを使用すると9時間ということですが、この軽さを犠牲にするのは、少し気が引けます。


2.デザインが素敵
2009012805

最近の数多あるUMPCとは一線を画すデザインは、一見の価値ありです。Appleデザイン的な価値観が世界を覆いつつある中で、Sonyの底力を見せていただきました。少なくとも最近のネットブックの安っぽさとは、違った魅力があります。写真では、ややギラギラして見えますが、それほどメタリックな感じではありませんでした。むしろ、上品な感じ。色は、ガーネットレッド、ベリドットグリーン(モスグリーンのような色)、クリスタルホワイトの3色が店頭販売されています。しかし、もし買うとするならば、VAIOのオーナーメードモデルのみのオニキスブラックがそそります。
また、小さいことですが、キー中央のトラックポイントやSDカードスロットなどにも筐体と同系色でそろえており、デザインの統一感を一層かき立てています。


3.キーボードが意外に良い
これだけ、薄い筐体だと若干たわんだり、打ちづらかったりするのですが、これが意外に打ちやすくしっかりとしたキータッチでした。キーピッチもこのサイズにしては、申し分なく大きく十分普通使いできるぐらいの感じでした。意外と重要なポイントですが、キー配置も変な配列ではなく、一般的な配列でした。


4.小技が効いたボタン
下の方についている2つのボタンですが、これがなかなか良いです。左側のボタンを押すとウィンドウを左右に並べてくれます。右にWebを表示しながら、左で文章を書くというような使い方が、一発でできるのが子気味いいです。右側のボタンは、メディアクロスバーを起動するボタンです。最近のSony製品には無くてはならないUIですよね。
2009012806


最近、どのPCを見てもあまり「欲しい」とは思いませんでした。どれを見ても似たり寄ったりで、「安ければいいかな?」という感じでした。たぶん、そういう気分は、全体的にそういう傾向があるのではないでしょうか?だからこそネットブック隆盛につながっていたのだと思います。しかし、VAIO type Pは、久々に「欲しいPC」になりました。
みなさんもぜひ実機をさわってみてください。


関連リンク
Sony Style



該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG