FC2ブログ
TOP > CATEGORY - ソフト

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

CrystalDiskInfoでSSDの定期健康診断をしよう

2018100700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
自分の身の回りのPCのCドライブを全てSSDに置き換えてきて、かなり経ちます。多少CPU的にパッとしなくても、内蔵ドライブさえSSDにしてしまえば、何とかなるぐらいには思っています。
さて、そんなSSDですが、定期健康診断してますか?
SSDは、HDDと違って、事前に「カリカリ」と音が鳴り始めることも、読み出しに引っかかりを感じることもほぼありません。そういうわけで、私はSSDの定期健康診断をやっています。ログを取ることで、未然に取り返しの付かない事態を避けようと思っています。
というわけで、今回は「CrystalDiskInfo」というソフトで、SSDやHDDの健康状態をチェックしてみましょう。


  
【 CrystalDiskInfoでSSDの定期健康診断をしよう 】  

 1.CrystalDiskInfoとは何か?

 2.実際にSSD,HDDの健康状態を見てみる

 3.チェックポイント







checkmark.png 1.CrystalDiskInfoとは何か?

CrystalDiskInfoというのは、SSDやHDDなどの健康状態をチェックしてくれるソフトウェアです。こういう系のソフトは、英語圏のモノが圧倒的に多いのですが、こちらのソフトは、作者も日本人だし、日本語表示されているので使い勝手が良いのですよね。

作者のサイト(CrystalDiskInfo)

CrystalDiskInfo – Crystal Dew World
CrystalDiskInfo – Crystal Dew World





ソフトウェアのダウンロードは、私は窓の杜からやっています。

「CrystalDiskInfo」HDD/SSDの健康状態をチェック - 窓の杜
「CrystalDiskInfo」HDD/SSDの健康状態をチェック - 窓の杜





「正常」「注意」「異常」の3段階で分かりやすく警告を発してくれるのも良いのです。

ちなみに、作者様は、ベンチマークソフトで有名なCrystalDiskMarkの作者様でもあります。




checkmark.png 2.実際にSSD,HDDの健康状態を見てみる

ダウンロードして起動したら、すぐに点検を開始してくれます。

ちなみに、私が使用しているSSDは、東芝製SSD 480GBを使っています。これですね。



ベンチマーク的には、こんな感じ。まあ、こんなモノという感じ。
3年ほど使用しているので、だいぶ遅くなってきているような気もするなぁ。

2018100701.png



では、CrystalDiskInfoで健康チェックしてみましょう。
ハイ!こんな感じでした。

2018100702.png



残念なことに東芝のSSDは、得られる情報が少ないようで最低限のことしか分かりません。それでも、今のところは大丈夫みたいです。総不良ブロック数が、10となっていますが、あまり気にしなくても良い値のようです。

外付けHDDとしてWD(ウェスタンデジタル)のポータブルHDD(2TB)を2台接続し、常にSSDのバックアップを取るようにしているのですが、そちらも見てみましょう。
これですね。



1台目

2018100703.png



2台目

2018100704.png



代替処理済のセクタ数の生の値は、今のところ0なので問題なさそうです。1台目は、昨年。そして、2台目は今年購入したものです。
使用時間を比較するとそのあたり分かりますね。




checkmark.png 3.チェックポイント

基本的なチェックポイントとしては、「代替処理済みのセクタ数」の生の値が、上昇してきているかです。もし、上昇傾向(1以上で)が見られるならば、すぐさまデータを退避し、新しいSSDに交換した方が良いです。
だからといって、絶対に壊れるかというとそうでもないのですよね…。こればっかりは、断言できませんが、少なくとも私はそうするということです。


あと、SSDは、書き込み上限が決まっているので、それによって概ねの寿命が予測できます。

本当は、総書き込み数というのも表示されるはずなのですが、残念なことに東芝のSSDは、その情報を表示しません。そのため、おおよその寿命を求めることも難しい状況です。

そのため、これぐらい書き込みを行ったのではないか?という予測を立てて、計算してみます。

今までで10000GB総書き込みを行っていたとすると、

総書き込み数÷使用時間

で、

10000÷3836≒2.61

になるので、1時間あたり、2.61GB書き込んでいることになります。

CFDの東芝SSD内蔵の他の製品のTBWは120TB(この製品のTBWは非公表)らしいので、総書き込み数に対して、まだ余裕があります。

現在、およそ3年間使用しているので、3年間を時間で表すと、365×24×3=26280時間。

3836÷26280≒0.145

3年間換算でおよそ15%の時間SSDが使用されていた(PCが動いていた)ことになります。

とはいえ、3年間で総書き込み数を10000GBと仮定した場合は、1年間あたり総書き込み数は、3333GBになるので、理論上は36年ほどということになります。

120000÷3333≒36



しかし、これは総書き込み数を10000GBという少ない見積もりにしたからで、実際はそれよりももっと多いことが予想されます。1年間の総書き込み数を10000GBとした場合は、12年になるしね。

さらに、これはあくまで理論上であって、実際はもっと早い段階でエラーが発生する可能性があります。東芝のサイトでは、およそ3年を保証としていました。ちなみにこちらの製品のTBW値は、非公表なので先ほどの120TBから下回るであろうと予想すると、さらに寿命は短くなります。もしも、TBWが70TBだった場合、年間10000GBの書き込みをすれば、およそ7年となり、残りの寿命は4年になります。

CSSD-S6T480NMG1Q:CFD Toshiba製SSD 採用 スタンダードモデル 480GB | CFD販売株式会社 CFD Sales INC.
CSSD-S6T480NMG1Q:CFD Toshiba製SSD 採用 スタンダードモデル 480GB | CFD販売株式会社 CFD Sales INC.





とはいえ、実は絶対の寿命は分からなかったりするのですよね。
こういう興味深い実験もあるので、読むと面白いです。

CFD販売 SSD S6TNHG6Qシリーズ(東芝HG6q)128GB 耐久テスト | SSD比較専門サイト
CFD販売 SSD S6TNHG6Qシリーズ(東芝HG6q)128GB 耐久テスト | SSD比較専門サイト







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 保険はかけるだけかけよう

上で書いたようにPCに内蔵しているSSDに対して、データのバックアップとして常に2台のHDDが動いています。さらに、そのHDDは、およそ2年おきに交互に購入し、同時に壊れる恐れを低減させています。そして、そのHDD自体を据え置き型HDDで半年に1回バックアップをとるという念を入れよう。ドキュメントフォルダに関しては、Google Drive Syncでクラウド上にもバックアップされるなど、これでもか!とやるようにしています。データが失われたときの喪失感をどれだけ下げられるかというのは、保険なんですよね。



PDFでページの分割・削除・抽出をするならば、CubePDF Utilityが良いかも

2018061300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
PCでPDFを処理するのって、何気に面倒くさいですよね。
スキャンしたPDFをサクッと、ページごとに回転させたり、削除したり、その中からいくつかを抽出したいという時に、直感的に使えるソフトがあれば良いのにと思っていたらありました!
というわけで今回は、PDFの痒いところにとどくCubePDF Utilityをご紹介いたします。


  
【 PDFでページの分割・削除・抽出をするならば、CubePDF Utilityが良いかも 】  

 1.スキャンしたPDFを自由に編集したい

 2.CubePDF Utility とは何か?

 3.実際に編集してみる







checkmark.png 1.スキャンしたPDFを自由に編集したい

私は、ScanSnapを日常でかなりハードに使いまくっています。
とにかく増え続ける書類で捨てたいものは、ほとんど全てスキャンしています。そうすれば、物理的には処分できますが、完全に失われるということはなくなるので。
なので、いつもScanSnapは起動させたままで、即スキャンできる体制にしているぐらいです。


さて、私の職場も最近は、なかなか世知辛く、一度印刷した裏紙を再利用していたりします。そうすると、スキャンすると、必要ない情報までスキャンされてしまうのです。
今までは、PDForsellというソフトを使っていました。非常に軽く、サクッと起動していらないページを数ページ削除するには、最高のソフトです。しかし、数十ページを処理するとなると、いちいち1ページずつ確認してやらなくてはならず、超面倒なのでした。

2018061301.png



もっと、全ページを俯瞰して「このページとこのページは削除!」と直感的に操ることができるソフトはないものか…と探していたら、ありました!

それが、CubePDF Utilityです。




checkmark.png 2.CubePDF Utility とは何か?導入の仕方

CubePDF Utilityと聞いて、すぐにピンと来た人は、なかなか鋭いですよ。
そう、これは、PDFプリンターソフトとして有名なCubePDFのシリーズの1つなのです。
これですね。

無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF - CubeSoft
無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF - CubeSoft




PDFプリンターとしては、かなり使っていたのですが、他のソフトにまで手が及んでいませんでした。

CubePDF Utilityとは、どういうソフトかというと、ページ順序の変更、結合や分割・抽出といったページ編集をはじめとして、パスワードの設定などができる多機能ソフトです。

ここからダウンロードできます。

無料 PDF 編集フリーソフト CubePDF Utility - CubeSoft
無料 PDF 編集フリーソフト CubePDF Utility - CubeSoft





気をつけて欲しいのは64bitの人は、ここからダウンロードしてください。

2018061302.png



インストールに関しては、普通のフリーソフトと変わりありません。「次へ」でどんどん進みましょう。

2018061309.png



しかし、1点だけ注意があります!
悪名高き「JWordプラグイン」のインストールを求められるのです。

2018061310.png



これは、いただけませんね。しかし、これも「利用許諾に同意してインストールする」のチェックを外してしまえばOKです!
そこさえ、クリアしてしまえば、インストールは簡単ですよ。




checkmark.png 3.実際に編集してみる

さて、インストールが終わったら、すぐに使ってみましょう。
立ち上げて、さっそくPDFを読み込ませてみました。
各ページが、一覧表示されていてこれだけでも良さそげです。

2018061303.png



まずは、ページの順番を入れ替えてみましょう。余裕ですね。

2018061304.gif



複数ページも簡単にできます。

2018061305.gif



さらに、Ctrlで複数ページを指定して、一気に削除も簡単にできます。

2018061306.gif



抽出は、ページを抜き出して、まとめて保存できたりとか、各ページに含まれる画像のみを保存できたりします。

2018061307.png



PDFの回転なども単数ページ・複数ページどちらも簡単にできます。

2018061308.png



さらに、パスワードの設定やセキュリティの設定などができるなど、高機能すぎず必要十分な機能があって、これ1つで十分だなと思わされます。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 タブレットのアプリも馬鹿にできないのだよね

今回は、PCのPDF編集ソフトについて書きましたが、最近のiPad用のアプリとか見ていると、今回紹介したような機能ができて当たり前というのが多いのですよね。そういう意味でも、PCの使い勝手を上回りつつあるのかな?と思ってしまいます。




Disk Copy 3.0お試しキャンペーンがお得かもしれない件

2018052300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、Disk Copy 3.0が無料で手に入るというキャンペーンの紹介です。
サクッと手に入れてしまいましょう。

  
【 Disk Copy 3.0お試しキャンペーンがお得かもしれない件 】  

 1.Disk Copy 3.0って何?

 2.無料で手に入れる方法

 3.







checkmark.png 1.Disk Copy 3.0って何?

「EaseUS Disk Copy 3.0」とは、パーティション管理・編集ソフトです。
要するにHDDやSDDなどのクローンを作る際に必要になるソフトですね。
セクタバイセクタ方式でのディスクコピー、パーティションコピーを行い、最大16TBまでサポートしています(これだけあれば、十分じゃない?)。ブータブルCD/DVD/USBデバイスの作成もできます。

今までは、過去記事でも書きましたが、EaseUS Todo Backupというフリーソフトがあったのですが、バージョン 3.0 から Free 版が廃止となってしまうようです。これは、困ったな…。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly





checkmark.png 2.無料で手に入れる方法

と、思っていたら、今回24時間限定で無料ダウンロードできるという太っ腹ぶりを発揮してくれました。

もれなくプレゼント!クローンソフトEaseUS Disk Copy 3.0 無料お試しキャンペーン-2018-
もれなくプレゼント!クローンソフトEaseUS Disk Copy 3.0 無料お試しキャンペーン-2018-





しかも、キャンペーン中にライセンスコードの認証を行うと継続使用できるというではないですか。

まずは、上記サイトからダウンロードしてください。
期間は、下記の通りです。

2018年5月24日(木)午前12時 - 2018年5月25日(金)午前12時

ただし、ライセンスコードの認証は

5月25日午後2時


で行えなくなってしまうので、

ダウンロード→即認証

とやる必要はあります。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 無料ならゲットしておいて損はない!

私は、何度もSSDへの換装をしているのですが、そのたびにEaseUS Todo Backupを使っていました。これが、自分の中では使いやすかったのですよね(無料だし)。パーティションのサイズも変更できたりと、高機能というのも良かったのですよね。というわけで、これからも使う予定のある方は、サクッとダウンロードしてしまいましょう!


SSDめちゃくちゃ安くなってますね。




「めしにしましょう」の5巻出ました!速攻ポチった!



Windows10のアップデートで一太郎が起動しなくなるエラーが発生中→対処法

2018050300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、ATOK+一太郎で文章作成派という世間でもニッチになりつつある部類の人間です。一太郎最高なんですけどね。まあ、ここではそういう宗教戦争をするつもりはありません。
さて、昨日のWindows10のアップデートにより、一太郎が起動しなくなるエラーが発生しています。私の知っている人でも、困っている方々がいたので、自分だけの問題ではないと思い、情報を共有したいと思います。また、その直し方についても、載せておきます。慌てずに冷静に対処しましょう。


  
【 Windows10のアップデートで一太郎が起動しなくなるエラーが発生中→対処法 】  

 1.「Windows 10 April 2018 Update」がやってきた

 2.「キー割付ファイルが読み込めません」という起動しなくなるエラー

 3.対処法







checkmark.png 1.「Windows 10 April 2018 Update」がやってきた

毎週水曜日は、「魔の水曜日」というのは、Windowsユーザーではもはや定番になっていますよね。

そうです。毎週水曜日は、Windowsアップデートの日なんですよ。
しかも、今回は4月30日(月)~米国から始まった、「Windows 10 April 2018 Update」という大きいアップデートが日本でも始まりました。
ゴールデンウィーク明けで、PCを起動したら、なんかアップデート始まったという人は、それかもしれません。

Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」は何が新しくなったのか (1/3) - ITmedia PC USER
Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」は何が新しくなったのか (1/3) - ITmedia PC USER



「Windows 10」の「April 2018 Update」、提供開始 - CNET Japan
「Windows 10」の「April 2018 Update」、提供開始 - CNET Japan



【特集】「Windows 10 April 2018 Update」の新機能と改善を探る ~タイムラインや近接共有機能など - 窓の杜
【特集】「Windows 10 April 2018 Update」の新機能と改善を探る ~タイムラインや近接共有機能など - 窓の杜




個人的には、タイムライン機能とWindows間でのAirDrop的機能「Near Share」が気になっています。「Near Share」は、Windowsタブレットへのファイル転送がラクになったらありがたいなと思うのです。

というわけで、新しいWindows10になった人に不安な情報が…。




checkmark.png 2.「キー割付ファイルが読み込めません」という起動しなくなるエラー

なんと、一太郎が開けなくなるというエラーが発生しています。

「キー割付ファイルが読み込めません」

という起動しなくなるエラー画面が出てきて、立ち上がらなくなってしまうのです。
※今回は、スクショ撮ってなかった…orz

ただし、全てのユーザーで発生しているのではなく、一太郎でも過去のバージョンを使っている人を中心に起こっているっぽい。
発生要件もどうにも特定できていないのですが、共通するのが、Windows10アップデート後のPCのみで発生していることから、やはりアップデートが原因であろうと推察されます。




checkmark.png 3.対処法

その1:キーファイルの削除
このキーファイルというのは、削除してもまた作成されるので、気にせず削除しても良いようです。このあたりは、JsutSystemのヘルプなど見ると、どのファイルを削除すべきか載せられているのですが、バージョンによりファイル名が違ってきたりするので、以下のように検索すると良いかと思います。

エクスプローラーの検索などで、検索窓に

*_STK.KEY

と入力して、Cドライブを検索しましょう。
そうすると、出てくるはずです。

私は、バージョンアップを重ねていたので、このように複数ファイルが出てきました。この場合、起動できなくなったバージョンのキーのみ削除で良いです。

2018050301.png



2.「環境を元に戻すツール」を使う
これは、この数年の一太郎のバージョン(5年ぐらい)だったらあると思います。

スタートメニュー → JsutSystem ツール&ユーティリティ → JsutSystem ツール&ユーティリティ

2018050302.png



で以下のようなウィンドウが出てくると思います。
その一番下の「環境を元に戻すツール」をクリック。

2018050303.png



「元に戻す」をクリック。

2018050304.png



これで、エラーが発生せずに立ち上がるはずです。やってみてください。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 一太郎関係の情報少ない問題

かつては、ワープロソフトといえば一太郎だったわけですが、今やWordが主流で一太郎を使っていると、「なぜに!?」と言われることもあります。Wordの便利さもある程度は、理解しているつもりですが、編集の自由度の高さという面では、一歩も二歩も抜きんでているのですよね。さらに、ATOKとの相性も良いしね。
あと、Wordは、Docファイルしか使えませんが、一太郎は、Docファイルの読み書きにも対応しているので、万能感はあります。と、ここで書いていくと、上でも書きましたが、宗教戦争が勃発するとアレなので、ここらへんでやめておきますが、やはり時代の趨勢は、Wordなのだろうなと思ったわけです。一太郎関係のTipsや情報が、極端に少なくなってきているのですよね…。というわけで、情報管理LOGでは、時々一太郎ネタを盛り込んでいこうかと思いました(誰得ですが)。


アカデミック版ですが、学生でなくても普通に買えます。




2018050201.png


Windowsで鳴るどんな音であっても全て録音する方法(21世紀のエアチェック)

2018030900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回の記事は、悪用厳禁です!

「なら書くな!」

とか言われそうですが、悪用できることと、悪用することの間には深くて暗い川が流れているのです。そう、知っていることと、やることの間には大きな違いがあるのです。
というわけで、今回紹介するのは、まさに21世紀版エアチェックのやり方です。
たぶん、活用範囲はものすごく広いので、知っていても損はないと思いますよ。


  
【 Windowsで鳴るどんな音であっても全て録音する方法(21世紀のエアチェック) 】  

 1.エアチェックって何?

 2.Virtual Audio Cableで音声の出力と入力をソフトウェア的につなぐ

 3.ボイスレコーダーで録音する







checkmark.png 1.エアチェックって何?1.エアチェックって何?

まず、エアチェックって何?

という人いるのではないでしょうか?

エアチェックというのは、こういうのを指します。Wikipediaから引用してみましょう。

エアチェック(英: Aircheck) は、テレビ・ラジオの放送番組を録画・録音して楽しむこと、またその録画・録音した媒体の意味で使われる言葉。 かつて日本では、AM放送よりもFM放送の音質が良いことから、FMチェックと呼ばれる事も多かった。1990年代後半により音質がCD並みのCS-PCM音声放送が登場してからは再び「エアチェック」と呼ばれるのが普通である。

エアチェック - Wikipedia

引用:エアチェック - Wikipedia


こういうラジカセや

2018030901.png



こういうので、




放送を聴きながら、聴きたい曲がかかるのを待って

「ここだー!!」

というところで、録音ボタンを押すという恐ろしくアナログな方法で解決していました。そして、そうやって録音したカセットテープを編集して、お気に入りのベストカセットを作るというのが、流行っていたのです(遠い目)。




checkmark.png 2.Virtual Audio Cableで音声の出力と入力をソフトウェア的につなぐ

まあ、そういう過去のことは置いておいて、今は21世紀です。
やはり、21世紀らしく解決していきたいものですよね。

とはいえ、Windowsで再生できる音で取得できないものってある?と思われるかもしれませんが、けっこうあるんですよね。YouTubeだって、音楽系のあれやこれだって、音声ファイルとして保存できないものけっこうありますよね?(特に最近は)ストリーミング系なんて、まず無理だし。

通常のYouTubeなどのダウンロードに関しては、こういうソフトなどを使えばできるんじゃないかな?

【2018 動画保存】動画ダウンロードフリーソフトおすすめ|動画ダウンロード無料
【2018 動画保存】動画ダウンロードフリーソフトおすすめ|動画ダウンロード無料





とはいえ、PC内で鳴っている音というのは、基本的に全てキャプチャ可能なんですよ。
というわけで、やり方です。

使うのは、Virtual Audio Cableというソフトを使います。
ここから、ダウンロードできますよ。

VB-Audio Virtual Apps
VB-Audio Virtual Apps





実は、このソフトは、以前「Windowsでも自動文字起こしができる!議事録はGoogleドキュメントに任せろ」という記事で用いたソフトです。詳しい使い方に関しては、そちらも参照してみてください。おかげさまで1000はてブまであと少しみたいな感じになってますね。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


1.Virtual Audio Cableをダウンロードする
先ほどのサイトからダウンロードしましょう。
サイトのここからダウンロードできますよ。





2.管理者権限でインストール
Windowsが、64ビットだったら「VBCABLE_Setup_x64.exe」を、32ビットだったら「VBCABLE_Setup.exe」を管理者権限で実行しましょう。




自分のWindowsが何ビットから分からんという人は、

マイコンピュータを右クリック → プロパティ

で確認できます。

2018030902.png



で、「Install Driver」をクリック。





「OK」





で、インストール!





3.音声の出力と入力をソフトウェア的につなぐ
タスクバーのボリュームアイコンを右クリックし、「再生デバイス」をクリック。





「CABLE Input」を右クリック → 「規定のデバイスとして設定」





次に「録音」のタブをクリック。





同じく右クリックをして、「規定のデバイスとして設定」

2018030903.png



これで、ソフトウェア的に出力と入力をつなぐことができました。
再生デバイスをVirtual Audio Cableに接続すると、ヘッドフォンなどで聞こえなくなるので、エアチェックする直前にやりましょう。




checkmark.png 3.ボイスレコーダーで録音する

録音するソフトウェアなんて、この世界にありふれるほどあるのですが、あえて標準のソフトウエアでやってみます。良いソフトがあるならば、そちらを迷わずお使いください。でも、意外にWindows標準のボイスレコーダー侮れないです。

これでもかっていうぐらいに、シンプルな構成のWindowsのボイスレコーダー。

2018030904.png



今回録音にチャレンジしてみるのは、Googleで発表されたSong MakerというWeb上で音を作れるやつで私が作った音を録音してみましょう。
これですね。

Chrome Music Lab - Song Maker
Chrome Music Lab - Song Maker





1.ソフトウェア的に出力と入力をつないでおく
先ほどの手順に従って、接続しておいてください。慣れるとサクサクできます。



2.録音開始!
Windowsのボイスレコーダーは、あとでトリミングが可能なので、先に録音を開始下方が良いです。こんな風にマウスでコントロールしやすく2つを並べて置くと便利。
…って、すごいアナログ感満載。

2018030905.png



次にSong Makerで再生ボタンを押します。これで、録音開始しています。

https://gyazo.com/a54115b0dfeaf78b4e30ee511da35f85




3.録音終了
ボイスレコーダーを停止ボタンを押して、録音を終了させます。

2018030907.png


4.入力と出力を元に戻す
先ほどと逆の手順で元に戻します。


5.トリミング
ボイスレコーダーの下の方にある、このボタンをクリックします。

2018030908.png



そして、トリミングする場所を指定します。

2018030909.png



これで、OKならば、下のチェックボタンを押します。

2018030910.png



「オリジナルを更新」でOKです。

2018030911.png



ちなみに、保存された音声ファイルは、ここにあります。

C:\Users\ユーザー名\Documents\サウンド レコーディング


形式は、m4aですので、フリーソフトなどでMP3に変換したり、そのままiTunesに登録したりしてお楽しみください。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 21世紀でもエアチェック

まさか21世紀にもなってエアチェックもどきをする日が来ようとは思いませんでした。しかし、こういうのなんか楽しいと思ってしまう自分は、そろそろ老人脳なのかもしれません。
今回紹介した方法は、あくまでそのようにできるというもので、悪用するのを推奨しているわけではないので、個人で楽しむ範囲でやってくださいね!




このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG