TOP > CATEGORY - ソフト

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Windowsで鳴るどんな音であっても全て録音する方法(21世紀のエアチェック)

2018030900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回の記事は、悪用厳禁です!

「なら書くな!」

とか言われそうですが、悪用できることと、悪用することの間には深くて暗い川が流れているのです。そう、知っていることと、やることの間には大きな違いがあるのです。
というわけで、今回紹介するのは、まさに21世紀版エアチェックのやり方です。
たぶん、活用範囲はものすごく広いので、知っていても損はないと思いますよ。


  
【 Windowsで鳴るどんな音であっても全て録音する方法(21世紀のエアチェック) 】  

 1.エアチェックって何?

 2.Virtual Audio Cableで音声の出力と入力をソフトウェア的につなぐ

 3.ボイスレコーダーで録音する







checkmark.png 1.エアチェックって何?1.エアチェックって何?

まず、エアチェックって何?

という人いるのではないでしょうか?

エアチェックというのは、こういうのを指します。Wikipediaから引用してみましょう。

エアチェック(英: Aircheck) は、テレビ・ラジオの放送番組を録画・録音して楽しむこと、またその録画・録音した媒体の意味で使われる言葉。 かつて日本では、AM放送よりもFM放送の音質が良いことから、FMチェックと呼ばれる事も多かった。1990年代後半により音質がCD並みのCS-PCM音声放送が登場してからは再び「エアチェック」と呼ばれるのが普通である。

エアチェック - Wikipedia

引用:エアチェック - Wikipedia


こういうラジカセや

2018030901.png



こういうので、




放送を聴きながら、聴きたい曲がかかるのを待って

「ここだー!!」

というところで、録音ボタンを押すという恐ろしくアナログな方法で解決していました。そして、そうやって録音したカセットテープを編集して、お気に入りのベストカセットを作るというのが、流行っていたのです(遠い目)。




checkmark.png 2.Virtual Audio Cableで音声の出力と入力をソフトウェア的につなぐ

まあ、そういう過去のことは置いておいて、今は21世紀です。
やはり、21世紀らしく解決していきたいものですよね。

とはいえ、Windowsで再生できる音で取得できないものってある?と思われるかもしれませんが、けっこうあるんですよね。YouTubeだって、音楽系のあれやこれだって、音声ファイルとして保存できないものけっこうありますよね?(特に最近は)ストリーミング系なんて、まず無理だし。

通常のYouTubeなどのダウンロードに関しては、こういうソフトなどを使えばできるんじゃないかな?

【2018 動画保存】動画ダウンロードフリーソフトおすすめ|動画ダウンロード無料
【2018 動画保存】動画ダウンロードフリーソフトおすすめ|動画ダウンロード無料





とはいえ、PC内で鳴っている音というのは、基本的に全てキャプチャ可能なんですよ。
というわけで、やり方です。

使うのは、Virtual Audio Cableというソフトを使います。
ここから、ダウンロードできますよ。

VB-Audio Virtual Apps
VB-Audio Virtual Apps





実は、このソフトは、以前「Windowsでも自動文字起こしができる!議事録はGoogleドキュメントに任せろ」という記事で用いたソフトです。詳しい使い方に関しては、そちらも参照してみてください。おかげさまで1000はてブまであと少しみたいな感じになってますね。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


1.Virtual Audio Cableをダウンロードする
先ほどのサイトからダウンロードしましょう。
サイトのここからダウンロードできますよ。





2.管理者権限でインストール
Windowsが、64ビットだったら「VBCABLE_Setup_x64.exe」を、32ビットだったら「VBCABLE_Setup.exe」を管理者権限で実行しましょう。




自分のWindowsが何ビットから分からんという人は、

マイコンピュータを右クリック → プロパティ

で確認できます。

2018030902.png



で、「Install Driver」をクリック。





「OK」





で、インストール!





3.音声の出力と入力をソフトウェア的につなぐ
タスクバーのボリュームアイコンを右クリックし、「再生デバイス」をクリック。





「CABLE Input」を右クリック → 「規定のデバイスとして設定」





次に「録音」のタブをクリック。





同じく右クリックをして、「規定のデバイスとして設定」

2018030903.png



これで、ソフトウェア的に出力と入力をつなぐことができました。
再生デバイスをVirtual Audio Cableに接続すると、ヘッドフォンなどで聞こえなくなるので、エアチェックする直前にやりましょう。




checkmark.png 3.ボイスレコーダーで録音する

録音するソフトウェアなんて、この世界にありふれるほどあるのですが、あえて標準のソフトウエアでやってみます。良いソフトがあるならば、そちらを迷わずお使いください。でも、意外にWindows標準のボイスレコーダー侮れないです。

これでもかっていうぐらいに、シンプルな構成のWindowsのボイスレコーダー。

2018030904.png



今回録音にチャレンジしてみるのは、Googleで発表されたSong MakerというWeb上で音を作れるやつで私が作った音を録音してみましょう。
これですね。

Chrome Music Lab - Song Maker
Chrome Music Lab - Song Maker





1.ソフトウェア的に出力と入力をつないでおく
先ほどの手順に従って、接続しておいてください。慣れるとサクサクできます。



2.録音開始!
Windowsのボイスレコーダーは、あとでトリミングが可能なので、先に録音を開始下方が良いです。こんな風にマウスでコントロールしやすく2つを並べて置くと便利。
…って、すごいアナログ感満載。

2018030905.png



次にSong Makerで再生ボタンを押します。これで、録音開始しています。

https://gyazo.com/a54115b0dfeaf78b4e30ee511da35f85




3.録音終了
ボイスレコーダーを停止ボタンを押して、録音を終了させます。

2018030907.png


4.入力と出力を元に戻す
先ほどと逆の手順で元に戻します。


5.トリミング
ボイスレコーダーの下の方にある、このボタンをクリックします。

2018030908.png



そして、トリミングする場所を指定します。

2018030909.png



これで、OKならば、下のチェックボタンを押します。

2018030910.png



「オリジナルを更新」でOKです。

2018030911.png



ちなみに、保存された音声ファイルは、ここにあります。

C:\Users\ユーザー名\Documents\サウンド レコーディング


形式は、m4aですので、フリーソフトなどでMP3に変換したり、そのままiTunesに登録したりしてお楽しみください。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 21世紀でもエアチェック

まさか21世紀にもなってエアチェックもどきをする日が来ようとは思いませんでした。しかし、こういうのなんか楽しいと思ってしまう自分は、そろそろ老人脳なのかもしれません。
今回紹介した方法は、あくまでそのようにできるというもので、悪用するのを推奨しているわけではないので、個人で楽しむ範囲でやってくださいね!




OneNoteでも超簡単にOCRできるのです

2018022400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近のWindowsマシンを買ったら、かなりの確率で入っているOneNoteですが、これでもOCRできるっていうのは、あまり知られていませんよね…。Microsoftは、宣伝下手すぎ問題ありますね。
そういうわけで、Evernoteの影であまり光を浴びることが少ない割に、使っている人は多そうなOneNoteでのOCRのやり方についてです。


  
【 OneNoteでも超簡単にOCRできるのです 】  

 1.OneNoteでもOCRできる!

 2.しかもモバイル版でもできるぞ!







checkmark.png 1.OneNoteでもOCRできる!

ここ最近、OCRの話題をたくさん書いてきましたが、Googleに関する情報が圧倒的に多く、なかなか他の話題が出ない感じでした。そういうわけで、昨日は、Microsoftの「OneDriveでもOCRできるって知ってた?」という記事を書いたのです。
OneDriveについて書いたならば、同じMicrosoftのOneNoteについても書かなくてはならないなということで、以下に書いていきたいと思います。

ここ最近のWindowsマシンを買ったらならば、たいていOneNoteがプリインストールされているのではないでしょうか?
もしも、インストールされていない人は、ここからダウンロードしてください。


OneNote のダウンロード
OneNote のダウンロード



もしも、インストールされている人は、アクセスするとこんな風に表示されます。

2018022401.png



インストールされているならば、普通に立ち上げて、どこでも良いので白紙で新規作成しましょう。

2018022402.png



いよいよ、ここから画像のOCRをやっていきます。
今回使うのは、この画像です。





画像をコピペで貼り付けるか、挿入→画像からで貼り付けます。

2018022403.png



こんな感じになりました。

2018022404.png



次にこの画像で右クリック→「画像からテキストをコピー」でOCRされた文字列をクリップボードに格納できます。

2018022405.png



あとは、好きな場所に貼ってみましょう。
※クリックすると大きく表示されます。

2018022406.png



OCRされた文字です。


名 称 . 紅 茶

原 材 料 名 : 紅 茶

内 容 量 : 180g ( 100 袋 )

賞 味 期 限 . 欄 外 下 部 に 記 載

保 存 方 法 .直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を

避 け て 保 存

原 産 国 名 : イ ン ド 、 ケ ニ ア 、 そ の 他

製 造 者 三 井 農 林 株 式 会 社

〒 105-8427 東 京 都 港 区 西 新 橋 1-2-9

( 製 造 所 固 有 記 号 は 欄 外 下 部 に 記 載 )



ほぼ問題なく認識されていますね。




checkmark.png 2.しかもモバイル版でもできるぞ!

OneNoteは、モバイル版もあります。残念ながら、私はiOS上でしか検証できないので、Androidとかは検証外ということで。




写真をここから貼り付けて

2018022407.png



貼り付けられた写真をタップ。すると、上の方にメニューが現れます。
メニューの右側にあるこの部分をタップ。

2018022409.png



「テキストのコピー」をタップ。

2018022410.png



好きな場所で貼り付けてみると…できました!

2018022411.png



OCRされたテキストは、こんな感じです。


名 称 . 紅 茶
原 材 料 名 : 紅 茶
内 容 量 : 180g ( 100 袋 )
賞 味 期 限 . 欄 外 下 部 に 記 載
保 存 方 法 : 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を
避 け て 保 存
原 産 国 名 : イ ン ド 、 ケ ニ そ の 他
製 造 者 三 井 農 林 株 式 会 社
〒 105-8427 東 京 都 港 区 西 新 橋 1-2-9
( 製 造 所 固 有 記 号 は 欄 外 下 部 に 記 載 )


PC版とは、違った部分に誤りがありますが、おおむね正確ですね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 OCRが無料でここまで正確になる時代

一昔前までは、OCRをするというのは、専用のソフトを購入してやるものというイメージでした。しかも、あんまり正確じゃないので、校正作業にものすごく時間がかかるので、OCRじゃなくて手打ちの方が速いかも?と思えるような時代もありました。
しかし、ここまで速く、しかも正確にOCRできるなんて良い時代になりましたね。音声入力もたぶん、このままいけば似たような経緯を辿りそうな気がします。


ARC'TERYXのバックパックが、33%オフになっていますね。



激重&もっさりになったWord文章を軽くする方法

2018021100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、Wordファイルデータの断片化問題について書きました。
「難しかったけど原理は分かった!」
と少なからず反響もあったので、今回はWordの文章を作成している最中にどんどん重たくなってしまう&もっさりしてしまう現象が発生した時にどうすれば良いかを検証していきます。

  
【 激重&もっさりになったWord文章を軽くする方法 】  

 1.前回のおさらい

 2.新規作成してコピペした場合

 3.新規作成してテキストのみをコピペした場合

 4.新規作成して完全にテキスト化してからコピペした場合

 5.結論







checkmark.png 1.前回のおさらい

軽く前回の記事のおさらいをしていきます。
前回の記事は、こちら。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

概要だけをざっくり解説すると…

 ・Wordは、拡張子をzipに変更して解凍すると、データの中身が見られる
 ・Wordは、XMLで定義されている
 ・Wordは、編集する度に余計なタグがどんどん付与されカオスなことに…
 ・そのため編集すればするほど重たくなってくる


でした。

だから、Wordで長文編集などを行っていると、どんどんモッサリ感が出てしまうのですね。

この記事に対して、このようなツィートが来ました。



おぉ、そういえば、そのことについて書くのを忘れていた。
確かいちどコピーして新規作成して貼りつければ軽くなるはずだったと思っていたのですが…。というわけで、それについて検証してみます。




checkmark.png 2.新規作成してコピペした場合

準備したのは、このファイルです。
検証しやすいように色や書式なども変更してあります。

2018021101.png



データのコードは、こんな感じ。(すごく長いです)




まず最初に、普通に新規作成してコピペするやり方です。
普通にコピペしました。

2018021102.png



で、できたコードがこちらになります。




先ほどよりもスッキリしましたね。
変なところに入っているタグが、なくなったのが分かるでしょうか?




checkmark.png 3.新規作成してテキストのみをコピペした場合

次は、コピーして、ペーストする時にテキスト形式でした場合です。

2018021103.png




書式が失われた分、かなりスッキリしたソースになっていますね。




checkmark.png 4.新規作成して完全にテキスト化してからコピペした場合

最後は、一度メモ帳などにコピペして、完全に書式などもクリアした状態のテキストをペーストした場合です。

2018021105.png





上のテキストとして貼り付けたのと変わりません。
ということは、「テキストとして貼り付け」は、ちゃんと機能しているということなんですね。




checkmark.png 5.結論

さて、結論です。
サンプル数1ですが、基本的にWordがモッサリしてきたと感じたら、

普通に新規ファイルでコピペでOK

です!


さて、ここから余談なのですが、先ほどテキスとして貼り付けたファイルに、元と同じ書式を付与してみたらコードはどのようになるでしょうか?




はい。普通にコピペするよりも増えました。
これは、私たちの直感に反しますよね。どうやら、

<w:rFonts w:hint="eastAsia"/>

というタグが、随所に入っているからだと思われます。まあ、これ自体は大した問題ではないんですけどね。覚えておいて損はないかと。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 プレーンテキスト最高です

結論としては、重くなったら新規作成してコピペとなったわけですが、特に凝ったことをする以外だったら、テキストエディタで長文作成して、Wordに貼り付け、編集の方が効率が良さそうな気がしますね。まあ、好みの問題ですが。
自分的には、テキストファイル大好きなので、ついついそう考えてしまうのです。




Fastnoteが、バージョンアップして不具合がなくなっていた件

2018020300.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
PCからでもEvernoteに追記できるPostEverのようなソフトが、Fastnoteというソフトです。iPhoneからはPostEver、PCからはFastnoteというようにどこからでも追記できるのが素晴らしいソフトでした。しかし、1年を過ぎるとEvernoteのソフトの連携が切れてしまいます。そうすると2度目の認証ができなくなるという問題が発生していました。今回は、そんな私に朗報がもたらされたという話です。


  
【 Fastnoteが、バージョンアップして不具合がなくなっていた件 】  

 1.Fastnoteとは、どんなソフトか?

 2.2度目の認証切れ問題

 3.Fastnoteがバージョンアップしてた!









checkmark.png 1.Fastnoteとは、どんなソフトか?

かなり以前に情報管理LOGでも取り上げたことがあるのですが、FastnoteというのはEvernoteに追記できるメモソフトです。
※情報管理LOGでは、PC上で動くプログラムを「ソフトウェア(ソフト)」、モバイルデバイスで動くプログラムを「アプリケーション(アプリ)」と区別しています。単なるこだわりですので、あまり深く考えずに気にしないでください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

これと良く似ているともうのが、iOSやAndroidアプリにあるPostEverというアプリです。ライフログをやっている人だったらお馴染みのアプリですよね?




1日ごとに日付ノートが作られ、それに追記できるという機能があります。
Fastnoteは、PCで作業している時に、主に作業ログとしてライフログへ。そしてPostEverは、日常の記録をライフログに送るみたいな使い方をしていました。

2018020301.png



checkmark.png 2.2度目の認証切れ問題

しかし、Fastnoteには、致命的なバグがあったのです。
最初の1回目は、普通に認証でき、1年間は何の問題もなく使えます。問題が起こるのは、その1年目が終わった時に起こります。Evernoteは、1年ごとに認証切れを起こす仕様になっています。どうして、そんな仕様にしているかは、全くもって謎ですが、1年ごとにEvernoteの認証をしなくてはならないというのは、どのアプリも同じです(公式以外)。

したがって、1年後に認証をすれば良いわけなのですが、どういうわけかFastnoteはその認証がうまくいかないのです。
こんな感じで止まってしまう。

2018020302.png
2018020303.png


ソフトは、起動するのに使えないというもどかしい状況に陥っていました。



checkmark.png 3.Fastnoteがバージョンアップしてた!

しばらく、iPhoneのPostEverでやり続けていたのですが、とうとう耐えきれなくなって調べると、なんと普通にバージョンアップしているではありませんか!

Fastnote Plus の OAuth 認証に関する不具合を修正 - valinstの日記
Fastnote Plus の OAuth 認証に関する不具合を修正 - valinstの日記






しかも、きちんとその例のバグについて報告されているし…orz

2018020304.png


どうやら、2017年5月にアップデートされたみたいです。
というわけで、また再びPCからもログを残せるようになって、ログの量が増えてきています。作者様には、超感謝です!




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 機能要望

Fastnoteには、本当に感謝しかないのですが、それでも機能要望がないわけではないです。もしも、このブログを読んでくださっているならば、PostEverのような画像の添付や、ノート選択などできるようになれば、最強のログソフトとして伝説級になるに違いないと思うのですよね。
現在のテキストのみというのも、ある意味潔くて嫌いではないのですが、あの軽さを維持したまま実現してくれるとありがたいです!


これ、他の形状記憶系のYシャツとは比較にならないぐらいに、ノーアイロンで済みます。
少しだけ高いですが、その価値はありますね。



Firefox QuantumとChromeの省メモリ対決三番勝負!

2017118000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日、Firefox Quantumについて取り上げました。メモリの使用量について、1回だけの検証だったので、再検証を行いました。
さて、Firefox Quantum vs Chromeの爆速ブラウザ対決は、どちらが省メモリだったでしょうか?


  
【 Firefox QuantumとChromeの省メモリ対決三番勝負! 】  

 1.Firefox Quantumとは何か?

 2.省メモリ対決三番勝負!

 3.結果







checkmark.png 1.Firefox Quantumとは何か?

まずは、つい先日爆誕したFirefox Quantumについてです。
このFirefox Quantumというのは、Mozillaが出してきたFirefoxのアドオンとの互換性をほぼなくしてしまう代わりに、爆速ブラウザとして新登場させたというものです。

The new, fast browser for Mac, PC and Linux | Firefox
The new, fast browser for Mac, PC and Linux | Firefox





その速さは、Chromeより30%ぐらいは速いとのこと。




確かに実際に使ってみると、その速さに驚きます。
体感的にも速いと感じるほどでした。
GoogleのサービスすらFirefox Quantumの方が速いということに驚かされます。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly





checkmark.png 2.省メモリ対決三番勝負!

さて、昨日の記事の中でChromeとFirefox Quantumのメモリ対決を行いました。
結果としては、Firefox Quantumの方が、メモリ使用量が多いという結果だったのですが、この記事の後に、このようなツィートが来ました。




そうなんですか!
それは、すぐに検証しなくては!
ん?再起動というのは、PCの?それとも、ソフトのかな?
まあ、とりあえずPCも再起動&ソフトも再起動で三番勝負をやってみました。

ちなみに、環境としてはLenovoのノートパソコン64bitでWindows10。Core i5、メモリは8Gといういたって普通な環境です。

2017118001a.png



これに普段から必ず立ち上げているWebページ9個を同時に立ち上げて、CPUがある程度落ち着いた段階でスクショを撮りました。

タブの内訳は、

 ・はてなブックマーク
 ・Gmail
 ・Googleカレンダー
 ・Lino
 ・Twitter
 ・Hootsuite
 ・Wunderlist
 ・FC2ブログ編集画面
 ・情報管理LOG


という感じです。


1.1回目
Firefox Quantum

2017118001.png



Chrome

2017118002.png




2.2回目
Firefox Quantum

2017118003.png



Chrome

2017118004.png



3.3回目
Firefox Quantum

2017118005.png



Chrome

2017118006.png




checkmark.png 3.結果

結果としては、Firefox Quantumの方が、メモリ使用量が多いということになりました。Gmailの一番上に来ているメモリ消費が一番多いヤツですが、Gmailです。Firefox Quantumの方が、全体的にメモリ使用量が多いのですが、Gmailだけで100Mbも違うという結果に。

Chromeは、Google謹製なのでそのあたりは最適化されているということなんでしょうかね?

速さをとるならば、Firefox Quantum

ある程度の速さとGoogleとのサービス連携を重視するならば、Chrome

という選択で良いかと思いました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 メモリが潤沢ならばアリだと思います

今回は、省メモリ対決を行いましたが、メモリが潤沢ならば、別にそんなことを気にしなくても良いわけで、そうならばFirefox Quantumも大いにアリだなと思いました。実際のところ、パスワードの保存や同期などもしてくれるし、アドオンに関しては、概ね使えているので、特殊なカスタマイズを要求しない限りは、どちらも同程度に使えるという印象です。
以前のFirefoxは、アドオンが足を引っ張ることも多かったので、一度整理するという意味合いで今回のFirefoxの処置は良かったのかもしれません。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG