FC2ブログ
TOP > CATEGORY - その他

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Yahoo!スコアの設定を変更して個人情報が漏れないようにしよう

2019062500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日来より炎上気味な「Yahoo!スコア」ですが、色々とツッコミどころが多く、これを機にちゃんとYahoo!の設定を見直すことにしました。そういうわけで、Yahoo!スコアとそれ以外の設定を見直して、個人情報が漏れないようにしましょう。


  
【 Yahoo!スコアの設定を変更して個人情報が漏れないようにしよう 】  

 1.Yahoo!スコアが炎上した理由

 2.Yahoo!スコアの設定を見直す

 3.Yahoo!の他の設定も見直す







checkmark.png 1.Yahoo!スコアが炎上した理由

Yahoo!スコアという企業向けサービスを7月1日からスタートすると発表しました。それは、ユーザーの購買履歴や行動履歴から独自に算出した「信用スコア」を外部企業に提供するというものです。

なんか気持ち悪いですよね。
これを彷彿とさせます。ネットで「これとは、全然違うよ」みたいな意見(というか火消し?)が散見されますが、中国の信用スコアだって、最初は全くこんな感じじゃなかったわけで…。

中国で浸透する「信用スコア」の活用、その笑えない実態|WIRED.jp

Yahoo!のアカウントを持っているという人は、たぶん多いのではないかと思うのですが、

Yahoo!スコアなんて利用してないよ?

などと悠長に構えていられません。
実は、今回のYahoo!スコアは、アプアウト方式で提供されているというのです。

オプアウト方式?という人もいると思われるので、簡単に説明するとこんな感じ。

オプトアウトとは、個人情報の第三者提供に関し、個人データの第三者への提供を本人の求めに応じて停止することである。 また、個人情報の第三者提供に当たり、予め以下の4項目を本人に通知するかまたは、本人が容易に知りえる状態に置いておくことをオプトアウト方式と呼ぶ。
(1)第三者への提供を利用目的とすること
(2)第三者に提供される個人データの項目
(3)第三者への提供の手段又は方法
(4)本人の求めに応じて第三者への提供を停止すること
個人情報保護法では、個人情報の第三者提供を行う際には、本人(その個人情報によって識別される特定の個人)の同意を得なければならないとしているが、この4つの要件を満たしている場合に限り、本人の許可がなくても第三者提供が可能である。

オプトアウト | 用語集 | パイプドビッツ公式HP


非常にザックリ要約すると、

基本的に同意無くやっちゃうけど、嫌なら辞めるね!

という仕組みのことです。
要するに皆さんが、知らないうちにYahoo!スコアとして提供されるということなのです。まあ、こんな気分になること請け合いです。

2019062501.png



しかも、自身のスコアの開示請求をすると、なぜか1000円請求されるというオマケつき。

ヤフー、批判集中のYahoo!スコアについて謝罪「説明の至らない点があった」

そりゃ、炎上しますよね。
しかも、Yahoo!の説明としては、こういう形でした。

2019062502.png



ん?同意?同意した覚えなんてないよ?
と思いますが、先ほどのオプアウト方式で「同意したものと見なす」方式なのでしょう。

私は、同意していないから大丈夫!

とか考えている人は、少々牧歌的過ぎるかな?と思います。
そう思った人は、以下の記事を読んで、即確認してみてください。少なくとも本日(2019年6月25日5:00段階)では、デフォルトでオンになっているはずです。




checkmark.png 2.Yahoo!スコアの設定を見直す

Yahoo!スコアの設定の見直しですが、以下のようにやりましょう。

まず、Yahoo!のトップページに行き、この「登録情報」から設定に入ります。

2019062503.png



そして、「プライバシー・メール配信」に入ります。

2019062504.png



「Yahoo!スコアの作成・利用」という項目があるので「設定する」をクリック。

2019062505.png



そうすると、デフォルトでオンになっていると思いますので、オフにしましょう。

2019062506.png



さらに、どういう企業に提供されているのか、設定もできるのでそこも見ていきましょう。

2019062507.png



必要ならば、個別にオフにすると良いでしょう。

2019062508.png




checkmark.png 3.Yahoo!の他の設定も見直す

Yahoo!スコアで信用が地に落ちたので、ついでに他の設定もしっかりと見直していきましょう。

プライバシー・メール配信 - Yahoo! JAPAN

先ほどの、「プライバシー・メール配信」の設定から見直しをかけていきます。

2019062509.png


ポイントは、次の3つです。

「広告設定」
「位置情報の送信設定」
「外部企業へのデータ提供設定」


1つずつやっていきましょう。まずは、「広告設定」から。

2019062510.png



「位置情報の送信設定」

2019062511.png




「外部企業へのデータ提供設定」は、Tポイントをためている人は、オフにするとダメっぽいので、ケースバイケースで対応しましょう。私は、全くTポイントを利用していないので、即切りしました。

2019062512.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 EUは、やり過ぎだけどマシ

EUが、GDPRを打ち出し、世界中の企業の大きな影響を与えたのは記憶に新しいですよね。

グーグルも恐れる個人情報規制「GDPR」とは?日本企業も他人事ではない

若干、EUの政策は、やり過ぎ感はありますが、個人を守るという大前提には、賛同しかありません。むしろ、個人を徹底的に監視し、移動や自由さえも制限するという国と比較すると、何百倍もマシと言えるでしょう。
現在の中国の信用スコアだって、アリババグループと国の連携からスタートしていることを考えると、一企業だから安心などということは、決してないのです。


図解入門ビジネス 最新GDPRの仕組みと対策がよ~くわかる本 (How-nual図解入門ビジネス)
牧野総合法律事務所 合同会社LEGAL EDGE
秀和システム
紙の本の価格: ¥ 1,944
Kindle 価格: ¥ 1,750
¥ 194の割引 (10%)


‭050-5357-1083 には、気をつけろ‬

2019061900.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、私の携帯に知らない番号から電話がかかってきました。
ふと考えると、どう考えても怪しいということで、調べてみました。


  
【 ‭050-5357-1083 には、気をつけろ 】  

 1.050-5357-1083 からの着信アリ

 2.検索してみる

 3.かけるとどうなるか検証してみる







checkmark.png 1.050-5357-1083 からの着信アリ

先日、見知らぬ番号から着信がありました。
しかも、よく見ると「050」で始まる番号ではないですか。

050から始まる番号は、IP電話に割り振られている番号になります。IP電話とは、ざっくり言うとインターネット回線を用いた電話です。

IP電話 - Wikipedia

したがって、050から始まるからといって、必ずしも怪しいというわけではありません。しかし、私の知り合いで050から始まる番号を持っている人は、限られており、ほとんどちゃんと電話帳登録されています。
そうなると、全く知らない人からの間違い電話か、危ない電話の可能性が高くなります。



checkmark.png 2.検索してみる

基本的に

怪しい電話がかかってきた場合は、まず検索すること

これに尽きます。
もちろん、最新情報に対応していなかったりということもありますが、無闇に掛け直すより何倍もマシです。以前に「 楽天サポートセンターを語る詐欺SMS届いた 」という記事を書きましたが、そこでも「まずは、検索しよう」と書きました。

楽天サポートセンターを語る詐欺SMS届いた

その考えは、今でもブレていません。インターネッツは、集合知だからね。

そういうわけで、さっそく電話番号を検索してみたら…

2019061901.png


ハイ!即、詐欺確定。
しかも、闇金らしい。怖いなぁ、もう。



checkmark.png 3.かけるとどうなるか検証してみる

というわけで、実際に電話をして検証してみます。

※ここからは、推奨しない行為を載せています。決して真似をしないでください。また、同様な行為を行った場合、いかなる損害が生じても、当方では一切保証いたしません

と、書かないと大変だからね。

というわけで、電話をかけたらどんな音声が流れるのかYouTubeにアップしましたので、どうぞ!





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 こういうのちゃんと取り締まってほしいよね

無限ループ逮捕問題とか日本のITに関する警察の動きのレベルの低さというのが、取り沙汰されることが多くなってきていますよね。あれごときで大騒ぎして、本当に対応しなくてはいけない事案が放置されている現場には、ややうんざりしてしまいます。‭「050-5357-1083」のように、もはや大勢の人たちに認知されるほど問題化していることや、クレジットカード決裁詐欺サイトなど、もっと深刻なものに対応してほしいなと、税金を納める身としては思ったりしてしまいます。


今や無印iPadって3万円台で買えるのね。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ
Apple(アップル) (2018-03-28)
参考価格: ¥40,824
価格: ¥38,375 通常配送無料
OFF: ¥2,449 (6%)


中国に返還される前の香港に行った時の話をしてみる

2019061600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
この数日、香港の法改正に反対する市民のデモのニュースが、大々的に流れていますよね。若い人の中には、なぜ香港だけが、あのように雰囲気の違う感じがするのか知らない人も増えてきているのではないでしょうか?
今回は、いつもの情報管理LOGと趣を変えて、私が若かりし頃に中国に返還される前の香港に行った思い出を書いていきたいと思います。これが、少しでも現在、困難に直面している香港の皆さんの一助になれればという思いを込めて。
※と、書いている最中に、「法改正延期」のニュースが流れてきました。とはいえ、「延期」にしか過ぎません。世界が注目するということが、一番の援護になると思いますので、このまま載せます。



  
【 中国に返還される前の香港に行った時の話をしてみる 】  

 1.香港がイギリス領だったこと知っていますか?

 2.1988年の香港に行ってきた話をする

 3.香港のその後







checkmark.png 1.香港がイギリス領だったこと知っていますか?

上でも書きましたが、若い方は香港が、昔イギリス領だったことを知らない人もいるのではないでしょうか?昔といっても、ものすごい大昔ではなく、1997年に返還されたので、およそ22年前ということになります。

そのあたりの経緯を辿ると、世界史の世界に突入するのですが、アヘン戦争で当時の清朝が、香港島をイギリスに割譲したのが、1842年のことでした。およそ180年ぐらい前の出来事です。さらに、第二次アヘン戦争 によって、1860年に北京条約によって、九龍半島もイギリスに割譲されました。そして、1898年に99年間の租借が決定したのです。

まあ、このあたりは、ウィキペディアとかにも細かく書かれていますので、読んでいただくと良いかも。

香港返還 - Wikipedia

一時期、第二次世界大戦の時に日本軍が占拠したことがありましたが、それ以外の期間は、ずっとイギリス領(領ではないな、あくまで租借地)としてイギリスの監督下に置かれ特別自治区として存在していました。

第二次世界大戦後には、香港は、アジアにおけるハブ空港や経済の中心地としての地位を徐々に固めていきました。香港ドルという通過が、未だに流通しているのも、特別自治区だからこそなんですよね。

ジャッキー・チェンみたいな、英語名+中国語名というのは、ミドルネームとして、英語名を名乗ることが許されていたからなのです。

そして、諸々の協議の後、1997年にとうとう香港が中国に返還されることになったのです。その時にイギリス側と中国との間で「返還後50年間は、高い自治生を維持する」という約束が交わされました。これが、現在の香港が、中国本土と如実に違う様子を見せている理由です。しかし、その「高い自治性」50年という約束を待たずに、徐々に脅かされつつあるというのが、現在の香港の状況なのです。



checkmark.png 2.1988年の香港に行ってきた話をする

とまあ、長々と歴史の話をしていると(必要なことなのだけど)飽きてしまうので、そろそろ私が、返還前の香港にいた話でもしていきます。

私が、香港に行ったのは、1988年の高校生の時でした。
まさにバブル期の始まりの時期でした。経済が上向きで、これからもっと良くなるぞー!という感じにあふれていた時期でもありました。

自分が、所属していた 部活の関係で、ひょんなことから香港に行けることになったのです。留学と言えるほど長くはなかったのですが、それでもその当時の香港の空気を感じるには、十分な時間滞在することができました。

その当時の香港空港は、世界でも屈指の離着陸の難しい空港と言われていました。高層ビル群の割とギリギリを攻める形で、着陸したのですが、なかなかそうそうお目にかかれませんよ。どうやら、1998年に閉港して、現在の空港になったみたいですが。

これが、ネタ画像じゃないというところがなんとも。


出典 saiquet.sakura.ne.jp


出典 dnaimg.com

香港の街並みギリギリを通過して着陸する前に、ものすごいエアスポットにはまって、こりゃ落ちるかも?と思ったのも良い思い出です。


1.街の様子
さて、香港の街に出て最初の印象は、

めっちゃ現代的!

でした。
ピカピカの高層ビル群が、建ち並び、人々が颯爽と歩く姿も含めて、これは日本以上に経済発展してるのでは?と、高校生ながらにも思ったものです。

それと対比するように、露天商や屋台が並び、朝ご飯とかみんな忙しそうに食べている姿が、いかにもアジア的に感じました。

また、服装は、小綺麗な人が多い印象でした。ただし、原色を着ている人が多く、「服装だけで、分かるな」と思いました。
これは、今でもなんとなく、そうですよね。

あと、個人的に衝撃的だったのは、高層ビルの建築現場の足場に竹が使われていたことです。

た、竹ーー!!

というカルチャーショックが、ハンパなかったですね。だって、高層ビルの建築に竹ですよ?

サポートスタッフの方が、「こっちでは、普通の光景なんですけどね」と、あっさりしていたのも文化の違いとは、こういうことを言うのかと感じました。

看板などは、もちろん中国語がメインですが、そこかしこに英語表記もあり、案外何とかなりました。中国語も簡易体という省略した漢字なのですが、そこは何となく理解できました。



2.文化
私たちが、行ったときは、ちょうど「イースター(復活祭)」の時で、自分たちの泊まったホテルには、大きなイースターエッグが、飾られていたのが印象的でした。街中でも、時々イースターエッグを見かけたので、「さすが、イギリス領!」と感慨深く見ていました(本当は、イギリス領ではなかったけど)。

2019061601.jpg


とはいえ基本的には、アジア的な街並みで、そんなにイギリスを感じるものは、見かけませんでした(観測範囲が、狭かったので一概には言えないですが)。

現地のサポートスタッフと話していて印象的だったことを挙げていきます。

・ミドルネームとして、英語名を持つ人は、けっこういる
 →そして、英語名で呼び合うことも多い
・香港の人達は、自分達は「香港人である」という意識が、強い。
 →これは、中国本国の人たちは「中国人」だけど、私たちは違うという意識の表れだと言ってた。
 →「香港人は、自由と経済があるから、中国と統合したいという人は、とても少ない」
とも言ってました。
 →だから、中国と統合されるかもしれないことに不安を覚えている人は多いし、このままイギリス領で良いと思ってるとも言ってました。

サポートスタッフの人に「本屋さんある?」と聞いたら、あまりないと言われたので、ちょっと驚きました。「香港は、文化的には、浅いよ」と、ちょっと自嘲気味に言っていたのが、印象的でした。本当に本屋が、少なかったは、確認できませんでした。

でも、街中には、小さな商店の軒先で日本の漫画が売られていました。中国語に無理やり翻訳したものです。切り貼りした跡が分かるぐらいの、適当な感じでした。様々なところで見かけたので、割とたくさん作られていたのではないかと思いました。「北斗の拳」のパチモン版を、友達のお土産に買って帰りました。著作権の意識は、かなり低いなと感じました。


出典:おススメ漫画:北斗之拳(香港中文版) : もっと!チャイ語~中国語試験対策~
※こんなキレイな感じじゃなく、もっとやっつけ感が高かったです。

パチモンと言えば、グッチやロレックスなども、バンバン売ってましたね。高校生の私たちにすら、「ホンモノよ。本当よ!」みたいに売りつけようとする商魂のたくましさを感じましたね。



3.経済
その当時の物価は、日本の二分の一と説明されました。確かに全体的に物価が、安かったという印象です。
とはいえ、高いものは高かったです。

人民元は、流通しているようには見えませんでした。少なくとも滞在中は、全て香港ドルで支払いをしていました。

サポートスタッフの人は、「香港は、金融と貿易の街」で経済が成り立っていると言ってました。旧来の工芸などもあるけど、それほど経済的には、大きくないとも言ってました。

経済的な面で一番印象に残っているのは、貧富の格差です。

その最大の象徴が、九龍城と言われていた一大スラム街です。巨大なスラム街を形成するビル群?があったのですが、「あそこだけは、絶対に近づくのもダメ!」と強く言われました。確かに遠目に見ても、そこだけ異様に薄暗く、密集した感じで近寄りがたかったです。
嘘か本当か分かりませんが、パン一つのために、腕を切り落とすなんてザラとか言われたら、さすがにビビりますよね。

九龍城で調べたら、まだ画像出ますね。


出典:今はなき香港のスラム街九龍城砦に魅入られた写真家が切り取った世界 | BUSINESS INSIDER JAPAN


出典:九龍城 - アニヲタWiki(仮) - アットウィキ


九龍城は、実は私たちが日本に帰って来たあとに取り壊しが始まり最終的には、その数年後に消滅してしまいました。なので、非常に貴重な様子を見ることができたと思っています。

あと、貧富の格差という面では、さらに印象的な出来事がありました。
それは、タイガーバームという万能薬があるのですが、その塗り薬によって、巨額の富を得た方の御殿を見に行ったときです。まさに荘厳というか、どんだけ儲けているんだという装飾と巨大さに圧倒されたのですが、そこから見える景色の中に、ポツリとポツリと黒っぽいバラックが見えるのです。
「あれは、何ですか?」と尋ねると、市街地に家を持てない貧しい人たちの家だと言うのです。その圧倒的なまでの貧富の差というのを日本では見たことがなかったので、かなりショックを受けたのを覚えてます。

九龍城もそうですが、日本よりも貧富の差がハッキリし過ぎている世界に、その当時は割とショックを受けた記憶があります。



4.食について
コレに関しては、良い思い出しかないです。
朝は、ホテルの英国式のブレックファースト。そして、昼も夜も美味しい中華料理三昧という一介の高校生が、普通に食べられないようなものを食べさせてもらいました。

フカヒレの姿煮やら、北京ダックやら、飲茶楼やら、かなり豪勢でしたね。

個人的には、屋台とかでも食べたかったのですが、それはかないませんでした。サポートスタッフの人は、屋台も美味しいよ!と言っていたのですがね。そこは、心残りでした。

中華料理の美味しさに目覚めたのは、この香港滞在があったからだと思っているぐらいです。焼き餃子や麻婆豆腐、ラーメンぐらいしか知らなかったしね。




checkmark.png 3.香港のその後

帰国してから、数年後に香港の中国への正式な返還が決定され、それに合わせるように九龍城が強制的に撤去され、一気に小綺麗な香港へとさらなる変貌を遂げていきました。

自分の中では、都市の中に浮かぶ黒い恐ろしげな箱船みたいな九龍城が、一気になくなっていく様を見るダイナミズムに、「まさに歴史が動いている」と感じたことを、今でも生々しく思い出します。

香港と言えば、アジアのハリウッドと呼ばれるぐらいに、映画産業が盛んでした。カンフー映画やら、キョンシーなどあの時期の面白い映画は、大抵香港で撮影されていました。しかし、それも徐々に下火になっていきます。今では、香港が、アジアのハリウッドだったと言ってもピンと来ない人が増えているのではないでしょうか?

私が、香港を訪れてからおよそ10年後の1997年に正式に中国に返還されました。
私は、その当時のニュースを今でも覚えています。もちろん、歓迎式典で沸き立つ市民の様子も映されていました。「やっと、一つの中国になる」と歓声を上げている人もいました。しかし、それと同じく「自由な雰囲気がなくなるのが、不安だ」「経済が停滞するのではないか?」「イギリス領のままの方が良かった」という声も流されていました。

その後も香港は、シンガポールと並ぶアジアの金融の中心であり続けていましたが、徐々に中国からの締め付けが厳しくなってきているというニュースが時々流れてくる度、あの雰囲気が失われるのを悲しく思いました。

そして、2014年に起こった「雨傘運動」で、また再び香港の民主化運動が注目されました。

2014年香港反政府デモ - Wikipedia

香港における普通選挙を求めるデモ運動でした。
詳しくは、上のウィキペディアを参照してもらいたいのですが、「高度な自治」が約束されていたにもかかわらず、実質的に普通選挙は行われていませんでした。そこで、起こったのが、この「雨傘運動」でした。

なぜ、香港では「デモ」という手段に出ているのかというと、この普通選挙がなく、デモでしか自分たちの意見の表明ができないという切実な問題があります。したがって、今回の香港のデモで、香港市民のおよそ1/7が参加したというのは、非常に大きな意味があったのです。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 汝人ごとと思うなかれ

今回の香港の件も遠い世界の出来事のように感じる人も多いかもしれません。日々の自分のことで精一杯で人の国のことなんて、どうでもいいと思う人もいるかもしれません。しかし、それが回り巡ってきて、自分の身に降りかかるとき、他の国の人達も同じ態度だったらどうでしょう?最大の敵は、「無関心」なんですよね。
そういうわけで、最後にこの詩を貼っておきます。情報管理LOGでは、何度かご紹介していたと思います。

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから 社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義ではなかったから 彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき - Wikipedia



プロジェクトA(吹替版)
(2018-11-07)
売り上げランキング: 22,815

サントリー 紹興酒 会稽山陳三年 [ 600ml ]
サントリー
価格: ¥540

最近、遭遇した面白セキュリティ事例

2019053000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、ちょっと面白いセキュリティ事例に遭遇しましたので、スクショと共に皆様にシェアしたいと思います。知らない人が見たら、間違ってやられちゃうかもな?と思いました。


  
【 最近、遭遇した面白セキュリティ事例 】  

 1.間違って広告を踏んだら、警告が…

 2.どうなるか検証してみる

 3.定期購入になった場合の解除方法







checkmark.png 1.間違って広告を踏んだら、警告が…

先日、あるはてなブックマークで紹介されていたURLから記事を読んでいたときに、スクロールしていたら間違って広告を踏んでしまったようで、画面が切り替わりました。

「広告踏んじゃったよ。めんどい」とか思っていたら、
何か警告されてる!!

出てきた画面が、超面白かったので、即スクショを撮りました。
これです。

2019053001.png



「バッテリーが感染しています」…。

バッテリーが感染って!!
いつから、バッテリーはプログラムを内蔵するようになったの?
それともアレか?インフルエンザとかに感染したとかそういう笑わせるつもりか?
しかも、3つも感染しているらしい。

2019053002.png



さらに、微妙に日本語が怪しい。
「スマートフォンを100%に修復する」って…。

2019053003.png



checkmark.png 2.どうなるか検証してみる

まあ、十分に楽しめたので、すぐに戻って記事の続きを読んでも良かったのですが、どうにもおかしみが抑えられなかったので、あえてこのあとどうなるか検証してみることに。

※注意!:ここからは、あくまで個人的な趣味でやっていることであり、真似しないでください

「ダウンロードとインストール」をタップ。
そうすると、APP Storeに飛ばされ、「AnexVPN - Private&Fast VPN」というアプリにたどり着きました。

2019053004.png



あえて、アプリへのリンクは貼りません。
さて、どれどれ、レビューでも見ていきますか。

2019053005.png

2019053006.png


あーこれは…。
そして、怪しい日本語レビュー。ポプテピピック3巻の帯かよ!

2019053007.png

2019053008.png

<参考>





ウケますね。
ダウンロード&インストールしても良かったのですが、さすがに身の危険を感じたので辞めておきました。

さて、Webで調べてみると、Yahoo!知恵袋でこんな事例が報告されていました。
なるほど、最近流行の定期購入させてお金を取るヤツですね。

2019053009.png



さらに、こんないい加減な知恵袋も…。
同じような質問に対して

2019053011.png



App Storeは、安全だから大丈夫!みたいな回答。いやいやいや、上のような例あるからね。

2019053012.png




checkmark.png 3.定期購入になった場合の解除方法

一応、定期購入になってしまった場合の解約方法も書いておきますね。

1.「設定」>「[ユーザ名]」>「iTunes と App Store」

2019053013.png

2019053014.png



2.Apple ID をタップ

2019053015.png




3.「Apple ID を表示」をタップ

2019053016.png



4.「登録」をタップ

2019053017.png



5.出てきた定期購入をキャンセル


で、できます!




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 悪質です…。

あとで、元記事を確認してみたのですが、どうにもあまり広告にような感じの場所ではなかったのですよね。通常のリンクっぽい装いでした。
たぶん、この手の詐欺アプリへの誘導&定期購入で毎月高額請求という流れは、最近増えてきていますので、皆様お気を付けください。


ポプテピピック SEASON THREE AND FOUR (バンブーコミックス WINセレクション)
竹書房 (2019-03-07)
紙の本の価格: ¥ 886
Kindle 価格: ¥ 797
¥ 89の割引 (10%)


できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。
インプレス (2019-05-24)
紙の本の価格: ¥ 2,484
Kindle 価格: ¥ 2,236
¥ 248の割引 (10%)


アウシュビッツ(ホロコースト)について知るための読書&記事案内

2019032100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、急きょ予定していた内容を変更して(マンガ大賞2019が発表されたので「ブルーピリオド」について書こうと思っていた)、アウシュビッツ(やホロコースト)について書いていきたいと思います。情報管理LOGの趣旨としては、ITや文具系をメインとしているのですが、同じ日本人として見逃すわけにはいかないと感じたので、今回の記事を書くことにしました。ただし、政治的な主張をするわけではなく、情報管理LOGらしく本と記事の紹介を淡々としていきたいと思います。もしも、今まで興味が無かった、よく知らなかった。何となく知っていたけど、もう少し詳しく知りたいという人にとって、多少有益かと思います。


  
【 アウシュビッツ(ホロコースト)について知るための読書&記事案内 】  

 1.なぜこの記事を書こうと思ったのか?

 2.本

 3.記事







checkmark.png 1.なぜこの記事を書こうと思ったのか?

上でも書きましたが、今回の記事の予定では、マンガ大賞2019が出たので、私が激推ししている「ブルーピリオド」について書こうと思っていました。しかし、一度それを棚に戻し、アウシュビッツ(ホロコースト)について書くことにしました。

もうすでにかなり炎上していますが、このツィートが発端ですね。ちなみに高須克弥氏のツィート自体は、2015年のものとかなり時間が経過していますが、それが今回、アウシュヴィッツ博物館の公式アカウントに発見され、抗議を受けています。




わざわざ日本語でツィートしてくれているところに、何重の意味にもわたって、この元ツィートの痛々しさが伝わる(はず)です。

日本では、政治的な主張は、センシティブで表だって語ることを、若干忌避する傾向があります。それも分からなくはないのですが(普段の情報管理LOGだって、そういうのを極力載せないようにしているし)、では、デマを流したり、「捏造だ」と騒いだり、偽科学的なことを平気で流布するのをだまって容認することにはなりません。むしろ、デマがデマである事を、逐一面倒で労力がかかることではあるけど、言わなければ巡り巡って、自分の首を絞めかねないと思うのです。

デマを流す人に対して、それを否定するというのは、通常何倍もの労力を要するという非対称性があります。

デマを流す<<<<<デマを否定する

しかし、それでもやらなくてはいけないのは、ひとえに同じ歴史を繰り返したくない、という想いがあるからです。そして、自分の子どもに同じ目に遭わせたくない、同じことをさせたくない(これらは、紙一重なのです)と自己中心的に思っているからです。

そして、それを後押ししてくれているのが、この詩です。

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから
そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき - Wikipedia



そういうわけで、今回は情報管理LOG的にできることと考えて、読書と記事案内をすることしました。




checkmark.png 2.本

夜と霧 新版
夜と霧 新版
夜と霧 新版
posted with amazlet at 19.03.19
ヴィクトール・E・フランクル
みすず書房
紙の本の価格: ¥ 1,620
Kindle 価格: ¥ 1,296


実際にユダヤ人収容施設に入れられ、虐待され、そして生き延びたヴィクトール・E・フランクル氏の実際の体験、そしてその実際の体験から導き出された人間の本質、さらに絶望の淵にあって、どのように生き延びるための心をつないだのか?それらが、余すことなく描かれています。
ハッキリ言って読むのは、辛いです。私も最初読んだときは、何度か時間を空けながら読みました。それでも、読む価値があると思っています。
人は人に対して、どれほど残酷になり得るのか。そして、圧倒的な組織的な残酷性の前に絶望に飲まれず、明日に希望をつなぐのか。インサイドからの貴重な手記であると同時に、人の存在について考えさせられる名著です。




ホロコースト―ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌 (中公新書)

ホロコースト―ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌 (中公新書)
芝 健介
中央公論新社
紙の本の価格: ¥ 929
Kindle 価格: ¥ 860

なぜあのような非人道的な大虐殺をすることができたのか?
ヒトラー政権下のドイツ人が、元々残虐性があったからか?
ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)が起きた過程について、全体を俯瞰して理解するには、非常によい1冊だと思います。新書なので、それほど時間がかからずに読めるし。
これを読むと、前述の「元々残虐性が~」というのは、否定されていきます。むしろ、抗うことが難しいぐらいに、社会の風向きが変わり、徐々に組織化され、最後は隣人を収容所に送り虐殺に加担していくことへ躊躇がなくなっていくような過程が冷静な筆致で書かれています。先ほどの「夜と霧」が、あくまで体験したユダヤ人目線であるならば、こちらはナチス目線から描かれています。
そして、「ヒトラー」=「虐殺を圧倒的に指示して実行した人」とも描かれてはいません。むしろ、無自覚な組織的犯罪であったことが理解できるはずです。




エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】
エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】
ハンナ・アーレント
みすず書房

紙の本の価格: ¥ 4,752
Kindle 価格: ¥ 4,400

アイヒマンというのは、実際に虐殺を計画・指示し実行した人として有名な人です。この著者であるハンナ・アーレントは、ユダヤ人としての出自をもち、アメリカに亡命した哲学者です。そのアーレントが、実際にアイヒマン裁判を傍聴し、克明に記録し、そしてそこからある考えを導き出します。それは、そのような圧倒的に残虐性に満ちた戦争犯罪を犯したアイヒマンは、稀にみる残虐性を持った人間でも何でもなく、むしろ凡庸で陳腐な人間であったことを暴き出していきます。それが、表題にもなっている「悪の陳腐さ」にも結びついています。そこから導き出されるのは、あのアウシュビッツのような大虐殺を起こしてしまうのは、悪魔性でも何でもなく、無思慮で凡庸な、拡大して言えば、どんな人間にも起こりうることだったということが浮き彫りになっていきます。
かなりのボリュームがありますが、読む価値はあります。


【併せて読みたい&観たい】
ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書)
矢野 久美子
中央公論新社
売り上げランキング: 37,303

そのハンナ・アーレントについて書かれた本です。彼女は、件の「エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告」を書いたとき、ユダヤ人社会からかなりのバッシングを受けたと言われています。しかし、それでも主張を曲げず、真実を追究した姿勢は、賞賛に値するなと思っています。事実を積み重ねていった先に見えた真実が、自分が望むようなものでなかったとしても、それを受け入れ、そこから思索を重ねるという行為そのものが学問であり、そういうった社会に流されやすい集団心理を生まない土壌を創り出すのだということが分かるはずです。逆に言えば、その当時、虐殺を犯した大犯罪者であると見なしていたアイヒマンのような人間が、凡庸で悪魔的な人間性ではなかったことを受け入れることができなかったユダヤ人の姿そのものに、同じ過ちを繰り返す萌芽を感じることができるのですが、いかがですか?


ハンナ・アーレント(字幕版)
(2014-09-02)
売り上げランキング: 13,950

このハンナ・アーレントを主人公とした映画も作成されています。Amazon Primeで観ることができるので、こちらもどうぞ。




ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白
ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白
ブルンヒルデ・ポムゼル トーレ・D. ハンゼン
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 69,738

ゲッペルスというのは、ヒトラーの右腕と呼ばれていた人で、ナチスドイツの躍進にかなり貢献した人です。そして、もちろんユダヤ人虐殺にも大きく関わっていました。
この本は、そのゲッペルスの秘書をしていた人に対する膨大なインタビューを元にした回想録です。先ほど紹介した虐殺を先導していたアイヒマンは、裁判という過程を経て、全体像が明らかにされていますが、ではナチスを構成する人達は、どうだったのか?しかも、ゲッペルスという主要な人物に関わっていた人達というのは、ナチスに心酔し、犯している戦争犯罪行為が美化されるほど洗脳されていたのか?と思ってしまいます。しかし、ここでも示されるのは、無思慮なただの人という形しか浮き彫りになりません。「政治に無関心だった」と語り、食い扶持のために、ナチスの宣伝省に入り、そして秘書官になるまでなっているにも関わらず、そこから得られるのは、「私は、知らない」「虐殺とは無関係」という、まるで人ごとのように聞こえる言葉の数々です。これは、単なる自己弁護でしょうか?私は、これこそが、ホロコーストを引き起こした本質だと思っています。組織化され、細分化され、「自分は、部分しか知らない」「命令されただけ」「理解していなかった」と責任の境界が曖昧になっていく無自覚さがです。
簡単に無自覚にヘイトをリツィートするのも、差別主義者に「イイネ」をするのも、全てが同じ根本に由来すると思うのです。だからこそ、読んで欲しいです。

これは、映画にもなっています。こちらも、ぜひ。






【改訂完全版】アウシュヴィッツは終わらない これが人間か
【改訂完全版】アウシュヴィッツは終わらない これが人間か (朝日選書)
プリーモ・レーヴィ
朝日新聞出版 (2017-10-10)
売り上げランキング: 13,692

夜と霧 新版」と同じく、実際にアウシュビッツでの収容所から生還した人の手記です。無関心・無思慮が及ぼす影響が、最終的にどんな不幸な結末を及ぼすのか?ということが、痛いほどに理解できるはずです。同じ轍を踏まないためには、まず何をすべきか?理解できると思えます。

知っているものは語らず、知らないものは質問をせず、質問されても答えない、というたしなみだ。こうして一般のドイツ市民は無知に安住し、その上に殻をかぶせた。ナチズムへの同意に対する無罪証明に、無知を用いたのだ。

 プリーモ・レーヴィ「これが人間か」 - 野の学舎


私たち自身やその周りも同じことをしていないか、そっと胸に手を当てて考えてみたいですね。

この詩は、この本にも集録されているものです。ぜひ、読んでみてください。

暖かな家で
何ごともなく生きているきみたちよ
夕方、家に帰れば
熱い食事と友人の顔が見られるきみたちよ。

これが人間か、考えてほしい
泥にまみれて働き
平安を知らず
パンのかけらを争い
他人がうなずくだけで死に追いやられるものが。
これが女か、考えてほしい
髪は刈られ、名はなく
思い出す力も失せ
目は虚ろ、体の芯は
冬の蛙のように冷えきっているものが。

考えてほしい、こうした事実があったことを。
これは命令だ。
心に刻んでいてほしい
家にいても、外に出ていても
目覚めていても、寝ていても。
そして子供たちに話してやってほしい。

さもなくば、家は壊れ
病が体を麻痺させ
子供たちは顔をそむけるだろう。
――プリーモ・レーヴィ

【改訂完全版】アウシュヴィッツは終わらない これが人間か (朝日選書) | プリーモ・レーヴィ, 竹山博英 |本 | 通販 | Amazon





checkmark.png 3.記事

アウシュヴィッツには別に何もなかった - It all depends on the liver.

アウシュヴィッツには別に何もなかった - It all depends on the liver.
アウシュヴィッツには別に何もなかった - It all depends on the liver.



タイトルだけで分かった気にならないように!
そう、アウシュビッツは、今は誰でも見学可能な場所です。でも、知らないで行ったら、だだっ広い土地に変な建物が建っている場所に過ぎないと語っています。(とはいえ、未だに残されている大量の髪の毛や入れ歯、カバン、靴の数々などは、それだけでも何もないとは言えないのでしょうけど)
そこは、今は遺体もなく、ただの施設ですが、なぜそれがそこにあるのか思いを馳せる場所としての機能は、今も健在なのです。




アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」 | ハフポスト

アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」 | ハフポスト
アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」 | ハフポスト



そして、上の記事で彼のアウシュビッツでのガイドをしていた方の記事です。
アウシュビッツで公式ガイドとして、19年間も務めていらっしゃるのです。それだけでもすごいですが、それよりもガイドとしてどのようなことを気をつけているのかという話をしているだけで重みがあります。この記事では、戦争を経験していない世代が何をすべきか?ということを書いています。そうなんですよね。原爆にしても、アウシュビッツにしても、もう生き証人がどんどん減っていく中で、それを次世代にどのようにつないでいくのかというのは、確かに大きな課題ですよね。
私たちが、無自覚に「この平和は、ずっと続いていくのだ」という何の根拠もない平和神話の危険性についても説いています。




アウシュビッツが捏造だと思うなら、アウシュビッツに行こう|アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里|cakes(ケイクス)

アウシュビッツが捏造だと思うなら、アウシュビッツに行こう|アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里|cakes(ケイクス)
アウシュビッツが捏造だと思うなら、アウシュビッツに行こう|アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里|cakes(ケイクス)



今回のツィートを読んで、以前書いた記事の補足を書いた記事です。
そのこの方が、以前書いたという実際にアウシュビッツに行った時の様子を伝えた記事がこちらです。

私には、すでに生きる価値はあったのだ | 渡辺由佳里のひとり井戸端会議
私には、すでに生きる価値はあったのだ | 渡辺由佳里のひとり井戸端会議




ぜひ、どちらも読んで欲しいですね。
日本人で原爆が広島と長崎に落ちたことを疑ったり、「捏造だ」と騒ぐ人は、ほとんどいませんよね?でも、それと同じことをしているということを、「捏造説」で騒ぐ人達は、どう考えているのだろうと思ってしまいます。

すでに史実として繰り返し検証されていることへの「捏造説」を見かけてそれを信じたくなったときには、「なぜ自分は捏造説のほうを信じたくなるのだろう?」と自問してほしい。すると、「真実から目をそらしたい」という自分の中にある理由を見つけられるはずだ。それは「自分の祖先がそういう人間だとは信じたくない」という理由かもしれないし、「史実として認められているものを否定できるほど自分は頭が良くて偉大だ」というナルシスティックな理由かもしれない。

アウシュビッツが捏造だと思うなら、アウシュビッツに行こう|アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里|cakes(ケイクス)


そして、その理由について自問してみて欲しいですね。
「なぜ、自分はそのように思いたいのか」ということを。




『否定と肯定』 歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない:朝日新聞GLOBE+

『否定と肯定』 歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない:朝日新聞GLOBE+
『否定と肯定』 歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない:朝日新聞GLOBE+



「南京もアウシュビッツも捏造だと思う。」という荒唐無稽な妄言に対して、それを否定することの労力というのは、なかなか労力に見合ったものにならないことが多いです。さらに言うならば、それらのデマを否定するために議論を始めると、まるでデマや妄言が、同じ土俵の上にある1つの論のように見えてしまうという問題があります。
この「否定と肯定」という映画は、まさにそのようなことが起こったというノンフィクションです。

「ホロコーストはなかった」という荒唐無稽な論を、学者が緻密に積み上げた見解と並列させて議論すると、前者がまるで傾聴に値するかのように思わせてしまう。だから同じ土俵に乗ってはいけないというわけだ。

『否定と肯定』 歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない:朝日新聞GLOBE+



この映画のPRを観ていただければ、すぐさまこれがどういう事件だったのか理解できるハズです。



この映画の主人公であるリップシュタット教授は、アメリカで教鞭を執っている学者なのです。それにアーヴィングという「アウシュビッツは、なかった」という男が、名誉毀損で、訴えたのです。しかも、イギリスで。

英国は名誉毀損で訴えられた側に立証責任がある。つまりこの訴訟の場合、「ホロコーストはなかった」とするアーヴィングの論拠が間違っていることをリップシュタット教授が証明しなければならない。国外での裁判、費用も莫大だ。

『否定と肯定』 歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない:朝日新聞GLOBE+


まさに、上記で挙げた

デマ・妄言をばらまく<<<<<デマ・妄言を否定する

という労力の非対称性が、ここでも見られるのです。
最終的に(当たり前のことだけど)リップシュタット教授が、勝訴するわけですが、そのことに対してこのように締めくくっています。

「判決日は、どんな報道が出てくるか気になった。アーヴィングが報道陣に『これはすべて嘘だ』と言い立てるのではないかと。でも新聞は彼を『ホロコースト否定論者』と書くようになった。法廷がそう宣言したからだ。確かに彼は否定をやめなかったが、人々が彼に注目するのをやめた。彼はいまや『年老いた嘘つき』と見なされている」

『否定と肯定』 歴史を否定する人と同じ土俵に乗ってはいけない:朝日新聞GLOBE+


デマや妄言をばらまく人を「ホロコースト否定論者」という歴史の事実の対極に置くのではなく、単なる「年老いた嘘つき」にしていくことが、大事なのです。これは、とても示唆に富むなと思いました。


否定と肯定 (字幕版)
否定と肯定 (字幕版)
posted with amazlet at 19.03.20
(2018-06-20)






ナチス宣伝相の秘書が残した最後の証言「私に罪はない」の怖さ | ハフポスト

ナチス宣伝相の秘書が残した最後の証言「私に罪はない」の怖さ | ハフポスト
ナチス宣伝相の秘書が残した最後の証言「私に罪はない」の怖さ | ハフポスト



本の紹介の方で、紹介した「ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白」の映画公開前のトークイベントを記事にしたものです。

彼女が選んだ人生は、自分の食い扶持から始まり、ナチスの中でのキャリアアップでした。

真面目で職務に忠実な彼女が望んだのは自分のささやかな幸せだった。それは疑いようがない。だが、その先は無関心だった。彼女のユダヤ人の友人エヴァがアウシュヴィッツ強制収容所に送られていることを知ったのも、戦争終結から60年以上がすぎてからだった。

ナチス宣伝相の秘書が残した最後の証言「私に罪はない」の怖さ | ハフポスト


目の前のささやかな幸せの追求。それ自体は、悪いことではないし、誰しも目指していることだと思います。しかし、その過程で生じたあらゆる醜悪なことからは、目をそらし続け、自己弁護に終始します。

最初は気持ちがいい老婦人の独白として受け止める観客も、やがて語られる様々な事象を聞きながら不安に思ったり、恐怖を感じたりするのではないでしょうか。

ナチス宣伝相の秘書が残した最後の証言「私に罪はない」の怖さ | ハフポスト

今を生きる人たちがあの時代を振り返り、「自分なら抵抗できた」と簡単に言い切ることに言及した場面だ。彼女の口調をやや強めて、カメラの前でこう言い切った。「体制から逃れることなんて絶対にできない」と。

ナチス宣伝相の秘書が残した最後の証言「私に罪はない」の怖さ | ハフポスト


これと、同じことを自分が、絶対しないと言い切れるか?
というと、簡単に「絶対にできる」とは言えないのですよね。だからといって、そのような残虐性を帯びた体制になったとき、ただ静かに目をそらし続ければ良いかというと、決してそうではないからです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 無関心・無思慮の結果

ホロコーストにしても、この世界の様々なところで起こった大虐殺にしても、現在進行形で行われている中国によるウィグル人への弾圧にしても、無関心であるべきではないと思っています。ナチスドイツは、民主的に選ばれた末の政権でした(3割の人達に支持された。3割であってもこのような結果を及ぼす)。一番最初に挙げたマルティン・ニーメラーの言葉に由来する詩を思い出すと、「自分には関係ないから」「自分とは遠い世界のことだから」という無思慮な無思考が、最終的には甚大な結果をもたらすということを私たちは、歴史から学んでいるはずです。だからこそ、無関心・無思慮であることは、歴史上の罪になりうることをよくよく自戒しなくてはいけないと思っています。それが、今回の記事を書いた理由です。


否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い (ハーパーBOOKS)
デボラ・E リップシュタット
ハーパーコリンズ・ ジャパン

Kindle 価格: ¥ 1,188



このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG