TOP > CATEGORY - Evernote

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Evernoteを記憶装置から思考装置に変えるためのアイデア

2017030300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Evernoteが出始めのころは、

Evernoteとは何なのか?

という根本的な問いが何度もなされました。
非常に懐が深いサービスなので、「いかようにでもできそう」だと思わせ、実際、現在も「こういうことに使ってみた!」という記事が時々挙がってきます。しかし、私の中では、Evernoteは「記憶装置」だという結論になりそうです。しかし、それではもったいないような気もしています。
今回は、Evernoteのを「記憶装置」から「思考装置」にするためには、どうすればよいか可能性を探ってみたいと思います。


  
【 Evernoteを記憶装置から思考装置に変えるためのアイデア 】  

 1.Evernoteは「記憶装置」である

 2.記憶と思考のマトリックス図から考える「思考装置」

 3.Evernoteの弱点

 4.Evernoteを「思考装置」にするには







checkmark.png 1.Evernoteは「記憶装置」である

2017030301.jpg

皆さんは、Evernoteを使っていますか?
私は、立ち上げない日はないぐらいに毎日どころか、1日に何度も立ち上げています。もはや、Evernoteがない生活を想像できないぐらいには、依存して生活しています。

Evernoteのサイトには

すべてを記憶する

と書いています。

それは、Evernoteのアイコンにも表れています。象は、一度覚えたことを忘れないという言い伝えから、記憶することを象徴しているそうです。

そう、Evernoteは、そのサイトが自ら主張するように「記憶装置」なのです。

しかし、その自由度から、仕事の進捗状況の管理やGTD的な使用法、写真カタログなど様々な用途に使われているという記事をよく読みます。
ただし、やはりそのベースにあるのは、「記憶」にあるのです。

タグやノートブック、検索などを備えていますが、基本的な構造としては、時間軸に沿って蓄積していくサービスであることが分かります。

2017030302.png




checkmark.png 2.記憶と思考のマトリックス図から考える「思考装置」

しかし、私たちはEvernoteを記憶するだけに留めておくことに、もったいなさを感じているのも事実です。少なくとも私はそう思っています。
昨今、WorkFlowyやMilaNoteなど、実用的な「思考装置」的なサービスが出てきています。
以下のマトリックス図は、縦軸を「記憶すること」に、そして横軸を「思考すること」にして、配置しています。

2017030303.png



このマトリックス図を見てみると、それぞれのサービスの得意とする部分が見えてくるかと思います。「記憶装置」であるEvernoteと「思考装置」的なWorkFlowyなどが、断絶した状況がとてももったいないと思っているのです。
「記憶」と「思考」は、互いに独立した存在ではありません。むしろ、相互補完的な関係に位置するのかと思うのです。しかし、この図では、お互いの位置は遠く離れ、相互補完的な関係ではありません。

2017030304.png




checkmark.png 3.Evernoteの弱点

私は、Evernoteは優れた「記憶装置」だと思っています。だからこそ、ライフログも様々なメモも、手帳をスキャンしたものも、ほとんど何もかもレベルで入れています。記憶装置としてのEvernoteは、時間軸に沿って蓄積するという方法を採用しています。

しかし、「思考装置」であるWorkflowyやMilanote、マインドマップなどは、時間軸はあまり意識されず、どちらかといえば、平面方向に広がっていくことで成立しています。アウトライナーも一種平面方向と考えて良いかと思います。

2017030305.png


そうやって考えていくと、Evernoteに足りないのは、平面方向での展開だったのです。
散らばった思考の断片は、(時間軸上に)蓄積されることはあっても、それが平面方向で展開されるということは、ほぼないのです。それが、Evernoteにおける最大の弱点とも言えます。

2017030306.png




checkmark.png 4.Evernoteを「思考装置」にするには

逆にいえば、Workflowyをはじめとする「思考装置」は、Evernoteのような蓄積という意味で全く及びません。

方や思考の断片が大量に蓄積され

2017030307.png



方や思考の断片を利用することができない(または、するのが大変)

2017030308.png



という状況だとも言えます。

ここからは、私の完全な妄想ですが、このようなサービスがあれば、ウケるだろうなと思うのを考えてみました。

Evernoteは、検索性に優れ、あらゆる角度から思考の断片を呼び出すことができます。
これらをカード化し、

2017030309.png



平面上に展開したり、

2017030310.png


Milanoteのように階層化させることができたり、

2017030312.png


Evernoteのノートを埋め込み、まるでアウトライナーのように扱えたら

2017030311.png



最高だと思いませんか?
じゃあ、お前が作れって言われそうですが、誰か作って!!




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 相互補完できたら最強なのさ

Evernoteの蓄積性、そして各種思考ツールの柔軟な情報の扱いが、もしも出会ったら…。
今度こそ本当の意味で第二の脳になるのに!と思わないではないです。

実際に、Workflowyを使う時に、Evernote上のデータを引用して展開したりすることがあるので、その歯がゆさたるや!でも、きっとこれからこういうニーズが高まってくると思うのですよね。できることならば、Evernoteと似たようなサービス上に作るのではなく、すでにある資産を運用したいので、思考装置側にEvernoteの参照機能をつけてほしいと思うのですよ。

【 関連記事 】
Milanoteは、Evernoteというよりも視覚的なWorkflowyでは?
MemoFlowyに追加した項目をEvernoteに追加する方法の比較 #MemoFlowy
Workflowlyでこれだけ覚えておけば大丈夫!5つのショートカットキーをマスターしよう!
本の目次をWorkflowyに送ってみる





Evernoteが、Google Cloud Platformに完全移行で何が変わった?

2017021600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、Evernoteが公式にEvernoteのサーバーを自前のものから、Google Cloud Platformに移行を完了したというニュースが流れました。今回は、Evernoteが、Google Cloud Platformに移行することで、何が変わったのかということについて、取り上げます。

  
【 Evernoteが、Google Cloud Platformに完全移行で何が変わった? 】  

 1.EvernoteのサーバーがGoogle Cloud Platformに変わりました

 2.堅牢性が高まった

 3.バージョンアップを一斉に

 4.応答速度が速くなる

 5.GoogleのAPIが利用できる可能性







checkmark.png 1.EvernoteのサーバーがGoogle Cloud Platformに変わりました

2017021601.jpg

Evernoteが、Google Cloud Platformへの移行が完了したことに関するニュースが、1週間前ほどにブログに掲載されました。

【お知らせ】Google Cloud Platform への移行が完了しました - Evernote日本語版ブログ
【お知らせ】Google Cloud Platform への移行が完了しました - Evernote日本語版ブログ





昨年の9月ぐらいからGoogle Cloud Platform(以下、GCP)に移行するという話は出ていて、相当なデータ量なので、かなり時間がかかるだろうなと思っていましたが、およそ半年未満で完了したことになります(実際は、作業開始から70日間だそうです)。

移動したノートの数が、50億
移動した添付ファイルの数が、50億
データ総量が、3PTバイト


という相当途方もない量のデータが、Evernoteの独自サーバーからGCPに移動したことになります。私は、その間、毎日Evernoteを使い続けていましたが、バックグラウンドで移行したことを感じさせるようなところはありませんでした。それぐらい、スムーズに移行が完了したということです。

”これは、現代史において出版されてきた全ての書籍の 10 倍以上のコンテンツを移行したのと同じことを意味します。”
※引用:【お知らせ】Google Cloud Platform への移行が完了しました - Evernote日本語版ブログ


現代版、超巨大お引っ越し案件だったのですね。
さて、とはいえGCPに移行したことによって、私たちにとって何かメリットがあったのでしょうか?以下の4つにまとめてみましいた。





checkmark.png 2.堅牢性が高まった

Evernoteの独自サーバーよりもGCPの方が圧倒的に優れている点として、堅牢性が挙げられます。あのGoogleのもつ途方もないデータを世界で分散&多重管理している状況から考えても、GCPへの移行は正しい判断だったと言えるでしょう。

万が一のことが起こったとしても、少なくともEvernoteの独自サーバーよりもGCPの方が、きちんと復旧がなされそうです。これで、災害やサイバーテロなどに対しても、一定のセキュリティが確保できそうです。





checkmark.png 3.バージョンアップを一斉に

2017021602.png

今までEvernoteのバージョンアップは、徐々に行われる傾向にありました。それは、Evernoteのサーバーの管理方法から、一斉にバージョンアップできないという事情があったようです。

ところが、GCPに移行することによって、世界で一斉にバージョンアップの恩恵が受け入れられやすくなることが考えられます。今までのように「早く自分のところにもアップデート来ないかな?」と待ちぼうけを食らうこともなくなるかもしれませんね。





checkmark.png 4.応答速度が速くなる

Evernoteのサーバーが遅かったというわけではありませんが、それでもGoogleのもつテクノロジーを考えれば、今後、応答速度が飛躍的に速くなることが考えられます。ノートのアップロード&ダウンロード。そして、同期が速くなるというのは、ユーザーサイドとしては、すごくありがたいですよね。





checkmark.png 5.GoogleのAPIが利用できる可能性

2017021603.png

Googleといえば、圧倒的な技術力と情報量による文字認識や音声認識、画像認識など優れたAPIを多数もっています。GCPに移行することによって、Evernote側が、これらのAPIにアクセスできるようになる可能性が高まったと言えます。
残念ながら、Evernoteの当初のアドバンテージだった、画像上の文字認識の分野などに関しては、今やGoogleの方が上回っているように感じます。日々、Google上に集まっている画像などを、機械学習している成果が現れているのです。これらが、Evernote上でも利用できるようになると、状況が変わってくるのではないでしょうか。
昨年からGoogleドライブのデータをEvernote上で使えるようになったりと、緊密な連携を取り始めていることを考えると、あながち無いことではないと考えています。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 良い判断だったと思います

この数年ブレブレだった経営判断ばかりが取り沙汰されるEvernoteでしたが、ここにきて非常に良い方向に向かっているのかな?と思いました。昨年の機械学習のために管理者が、Evernoteのノートを見られるようにするという規約改定(すぐに撤回)など、頭を抱える場面もありましたが、こういう王道の改善は、ぜひとも応援したい部分ですね。Evernote側は、GCPに移行しても、Evernoteのノートが勝手にGoogleに閲覧されたりということはないと明言しているので、その部分も安心して良いかと思います。
今まで最大の弱点だったサーバーが強化されることは、大賛成ですね。

とはいえ、モバイルのEvernoteのアプリが、バージョンアップされてUIが良くなったのは良いのですが、とにかく固まるのは、本当になんとかして欲しいと思ってしまいます。

すごい久しぶりにAmazonさんで、Evernoteのプレミアムパック3年版が発売されていました。数が少ないようなので、急げ!





先日、ご紹介したノックスブレインのルフト(luft)の限定版として、バックスキンタイプが出ていました。なかなか格好いいですよね。




Evernoteの連携アプリ1年期限問題を解決する

2017020600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、Evernoteにメモやら様々なライフログやデータを集約しています。そのために、様々なサードパーティのアプリをEvernoteに連携させて使用しているのですが、その連携期限が、最大1年間と決められているのです。そのお陰で、忘れた頃に連携が切れていて、「あれ?つながらない!?」と慌てたことも一度や二度ではありませんでした。
その「Evernote連携アプリ1年期限問題」を何とかしたいと思い立ちやってみることにしました。


  
【 Evernote連携アプリの1年期限問題を解決する 】  

 1.Evernote連携アプリ1年期限問題とは何か?

 2.期限を自動で通知させる

 3.実際にやってみた







checkmark.png 1.Evernote連携アプリ1年期限問題とは何か?

Evernote連携アプリ1年期限問題というのがあります。これは、一体何かというと、Evernoteのサードパーティ製のアプリをEvernoteに連携させると、最大1年間を期限として連携が切れてしまうという問題です。

これね、1つとか2つぐらいのアプリだったら良いのですよ。
でも、いくつもEvernoteとアプリを連携させていると、いつ連携が切れるのかが分からなくなる上、連携が切れたときに非常に焦るのです。

あれ?不具合か!?と思っていたら、連携期限が切れてた…。

みたいな。

先日、耐えきれずにTwitterでつぶやいてしまいました。




そうすると、@roya_29さんからこのようなメッセージが。




ほぉ。タスクとしてルーティン化するか…。

ん?これって、自分の得意分野だったのでは??

というわけで、やってみることにしました。




checkmark.png 2.期限を自動で通知させる

ようするに、連携アプリを認証させたら、それをタスク化すればよいのです。しかも、自動で。

自分の好みとしては、Wunderlistの定型タスクとして登録されるというのが理想なので、その方向で作成していきたいと思います。その他の方法で通知させたい方は、以下の方法を自分なりに改良してみてください。

Wunderlistに自動でタスクを登録させるならば、今はこの2つがベターです。

1.Microsoft Flow
プロセスとタスクの自動化 | Microsoft Flow
プロセスとタスクの自動化 | Microsoft Flow







2.MyThings



さて、先にネタバレさせていただくと、Microsoft Flowの方では、残念ながらなぜか上手くいきませんでした
まだ始まったばかりなサービスのせいなのか、私のフローの組み方が悪かったのかは分かりませんが、エラーが起こってダメでした。

というわけで、MyThings一択(実は、Zapierっていうのもあるのですが、今回は割愛)で、フローを組み立ててみます。

MyThingsは、アプリでしか設定できないので、iPhoneのアプリからやってみます。
基本的には、IFTTTと同じように、「〜したら」「〜する」というトリガーとアクションを設定していくタイプのアプリです。

2017020601.png




1.「〜したら」をGmailの「特定のラベルをつけたら」に設定する
これを説明する前に、Evernoteは、サードパーティ製のアプリから認証が通った場合、その登録アドレスにこのようなメールが、届くようになっています。

2017020603.png



私は、自動フィルタで「evernote」というタグがつくようにしてあります。これを、今回は利用します。

2017020602.png


「〜したら」にGmailを指定し、「特定のラベルをつけたら」で

2017020604.png



「evernote」のラベルで設定します。

2017020605.png



2.「〜する」をWunderlistの「タスクを追加する」に設定する

2017020606.png


Wunderlistのリストを呼び出し、入れたいリストを選択します。私は、「定型」というリストをにしました。そして、タイトルは、メールの「件名」で設定します。

2017020607.png



実は、期限なども設定しようとしたのですが、上手く行かなかったので、結局、ノートの部分にメールの受信日を入れるようにしました。これで、あとでWunderlistでリマインダーをセットするときに、迷わないで済みそうだからです。
※このあたりの期限の設定が上手く行った人は、どのようにやったのか教えていただけると嬉しいです。

2017020608.png





checkmark.png 3.実際にやってみた

さて、これで準備は整いました。
一応、これが順当に作動するか、確認してみたいと思います。

今回は、MergeEverというアプリで、一度Evernoteからログアウトして、再度認証します。

2017020609.png



Gmailには、すぐにメールが届きました。

2017020610.png



さて、Wunderlistには?
残念ながらすぐには、タスクは登録されません。私の観測範囲では、15分~1時間ぐらいかかるようです。
そして、待つことしばし。来ました!

2017020611.png



きちんと、ノート部分にメールの受信日時が記録されていますね。
これをもとに、来年のその日の数日前にリマインダーを設定しました。これで、認証切れを防ぐことができそうです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 1年期限問題って一体…

今回は、Evernoteの1年期限問題について取り上げましたが、そもそもこの1年期限に一体なんの意味があるのやら…と思わないでもないです。もしも、セキュリティ的な意味合いだとしたならば、この1年という期間に何の意味があるというのでしょうか?
Googleにおける他サービスとの連携の場合は、特に期限などはありません。その代わり、いつでもサービスの停止などができるようになっているだけです。Evernoteもそろそろ、そういうローカルの変なルールを改めるべきなのかもしれませんね。




あれ?学生じゃなくてもアカデミック版って買えちゃうんだ。
しかも、クーポンで500円引きって、かなり安いですね。



Evernote系ウィジェットのEvernote Tag Widget ver2が素晴らし過ぎる!

2017012300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、ネット上のつぶやきを見ていて、偶然発見した「Evernote Tag Widget」というのが、あまりにもすごくて驚嘆しまくったので、紹介させていただきます。
Evernote系のウィジェットとしては、あまりにも優秀なので、ぜひ、みなさんもお使いください!


  
【 Evernote系ウィジェットのEvernote Tag Widget ver2が素晴らし過ぎる! 】  

 1.Evernote Tag Widgetとは

 2.Evernote Tag Widget ver2の設定

 3.Evernote Tag Widgetを使ってみる







checkmark.png 1.Evernote Tag Widgetとは

先日、Twitterのタイムラインを眺めていたら、このようなつぶやきがありました。




これは、何やら面白そうな予感がします。
すぐにアクセスしてみると、Workflowのウィジェットで動作するものらしい。Workflowというのは、iPhoneを自動化してくれる素晴らしいアプリです。



このWorkflowですが、ウィジェットにも対応しており、私はDropboxに写真(スクリーンショットなど)を送って、削除するワークフローや、奥さんに自動でメールを送ったりするのを使っています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

作者のHPを見に行くと、

「Evernote Tag Widget ver.2」単独動作、非公開リンク、iPadとの同期 - Workflow for iOSの覚書
「Evernote Tag Widget ver.2」単独動作、非公開リンク、iPadとの同期 - Workflow for iOSの覚書





この「Evernote Tag Widget」は、どうやらウィジェット上に指定したタグがついたノートブックを一覧で表示してくれるようです。さらに、それがiPadでも同期してくれる?
ウィジェットに複数配置することで、複数のタグにも対応?
どう考えても凄そうな感じしかしません。





checkmark.png 2.Evernote Tag Widget ver2の設定

下記を実行する前にWorkflowを事前にインストールしておいてください。これが、ないと始まらないのです。




まずは、上記のid:four_or_threeさんのサイトにアクセスして、日付の部分をタップすると、Workflowのワークフロー(IFTTTでいうところのアプレット)へのリンクが現れます。それをタップしましょう。

2017012301.png



すると、ワークフローのダウンロードに移動するので、「GET WORKFLOW」をタップします。

2017012302.png



「Workflowで開きますか?」と聞いてくるので、もちろん「開く」を選択。

2017012303.png



これで、Workflowに入りました。
次にEvernote Tag Widgetを設定していきます。Workflowの中を見ると、きちんと「Evernote Tag Widget」が入っているので、それをダブルタップするか、中の再生ボタンをタップしましょう。または、すでにウィジェット上に配置したのならば、それをタップしても構いません。私は、ウィジェット上からやりました。

2017012304.png

2017012305.png



すると、Workflow上で「タグ名の入力」というダイアログが出てくるので、ウィジェット上で閲覧したいタグ名を正確に入力しましょう。

2017012306.png



これで、セッティングは終了です。簡単ですね。





checkmark.png 3.Evernote Tag Widgetを使ってみる

では、早速使ってみましょう。
もうすでに、ウィジェット上にEvernote Tag Widgetを配置しているならば、そのままそれをタップ。もしも、配置していないならば、下の方にある「Manage Workflow」をタップしてください。

2017012307.png



ウィジェットに設定していなかった人は、Workflowが立ち上がるので、ウィジェットの設定をしてください。

2017012308.png



さて、Evernote Tag Widgetをタップすると…

2017012309.png



なんと!ウィジェット上にタグで指定されたノート名の一覧が表示されました。タップした瞬間に表示されるので、ほぼ待ち時間ゼロです。これは、すごい!

そのメモをタップします。「keylemon 顔認証アプリ」という項目をタップしてみました。すると、「Evernoteで開きますか?」と聞かれるので、「開く」をタップ。

2017012310.png



Evernoteが立ち上がり、さらに該当のノートが開かれました。

2017012311.png



これ、Evernoteをいちいち開かなくても、ノート名だけ確認すれば良いものとかを設定するのも良いかもしれませんね。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Workflowの可能性はすごいですね

私が、このEvernote Tag Widgetで一番驚いたのは、ウィジェット上で表示が遷移することでした。こんなことをWorkflowで実装できることに、心底驚きました。作者さんの技術力高すぎです。

そして、Workflow自体のもつポテンシャルの高さにしびれますね。まだまだ、Workflowは可能性が広がっているように感じます。




Evernote_signin.png

MemoFlowyに追加した項目をEvernoteに追加する方法の比較 #MemoFlowy

2017011900b.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日、「MemoFlowyでEvernoteに蓄積する最も良い方法を考えた!」という記事で、MemoFlowyの同時送信機能を使いつつ、ツイエバと連携させることによって、日毎にEvernoteにバックアップを作成する方法について書きました。
今回は、さらにMemoFlowyのデフォルトの機能を用いて、Evernoteに追記する方法についてです。


  
【 MemoFlowyに追加した項目をEvernoteに追加する方法の比較 】  

 1.MemoFlowyで送信した内容をEvernoteにまとめて送る方法

 2.Evernoteに追記できます

 3.ツイエバとEvernoteへの追記の使い分け







checkmark.png 1.MemoFlowyで送信した内容をEvernoteにまとめて送る方法

WorkFlowyにメモを送るアプリであるMemoFlowyが、バージョンアップでTwitterにも同時送信できるようになりました。

2017011805.png



昨日の記事では、そのTwitterへの同時送信機能を使い、それをツイエバを用いてEvernoteに日ごとにバックアップをとるシステムを構築する方法について書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


やり方としては、Evernoteへは同時送信せずに、Twitterのみに同時送信します。
そして、ツイエバというサービスを使って、日ごとの記録をEvernoteへ転送するのです。

ツイエバ - TwitterのツイートやメンションをEvernoteとEmailへ
ツイエバ - TwitterのツイートやメンションをEvernoteとEmailへ




そうすると、このように1つのノートにまとまって蓄積されるというやり方でした。

2017011808.png





checkmark.png 2.Evernoteに追記できます

昨日の記事を投稿してから、こういうリプをいただきました。




な、なんだってー!!

2017011901.png
※初めて、こういう画像使ってみた…。


今までずっとトピック名を空欄で使っていたわ!
というわけで、Evernoteへ追記してみました。

やり方としては、同じく設定から

2017011902.png



「マルチ送信&Evernote」をタップ。

2017011903.png



私は、送信1にEvernoteをオンにして、さらに「トピック名」を「アイデア」としました。

2017011904.png



では、この状態で連続でEvernoteに送信してみます。
で、できたー!しかも、きちんと追記されてる。

2017011905.png




checkmark.png 3.ツイエバとEvernoteへの追記の使い分け

さて、Evernoteへの追記ですが、実は自分的にはちょっと使わないかな?と思いました。
なぜかというと、昨日の記事の最後にも書きましたが、自分的には

”Workflowy自体もアイデアを形にするための一段階ではあるのですが、いじっているうちにアイデアは刻一刻と形を変えていきます。しかし、Evernoteにはいつまでも「素の状態のアイデア」が残り続けます。もしも、もう一度、アイデアの初期状態にリセットしたいとか、アイデアがわき起こった時点を思い出したいというときには、Workflowyにはその姿は消えていますが、Evernoteにはあるのです。そして、そのアイデアのわき出た瞬間をキャプチャしておけること自体が、Evernoteとしての機能なのかな?”

と考えています。

もちろん追記でもできそうですが、「その日」というまとまりで見た方が、自分的には合っていそうな気がするのです。
全てを追記という形で、全て同じ場所に保存されるというのは、Workflowy的な感じがしますが、Evernoteには(今は)そういうのは求めていません。

というわけで、使い分けとしては、以下のようになるかと思います。

1.Evernoteに追記する派
・全てが1箇所にまとまっていることを優先する人。
・時系列にずらりと見渡してみたい人。


2.ツイエバで蓄積派
・日ごとに区切った形でキャプチャしたい人。
・日ごとに振り返りたい人。


どちらも、一長一短かと思います。
自分に合う方法を使ってみてください(^o^)




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 なかなか奥が深いし、やれることも増えた!

実は、今回のMemoFlowyの更新では、記事では触れませんでしたが、文字修飾が可能になったり、位置情報を添付できたりと、もはや単なるWorkflowyへの送信専用アプリを越えつつあるという印象です。

私の中でも、もっと他の使い道はないかな?
と現在、検討中です。
そして、良い方法も見つかりそうな気配。近いうちに記事にしたいと思います。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG