TOP > CATEGORY - android関連

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Android マーケットでスマホの対応状況が一目瞭然に

Androidのすごいところは、Googleアカウントを登録していれば、PC上からでもアプリを遠隔インストールできるところです。そんなAndroid マーケットが、さらに使いやすくなりました。


  
【Android マーケットでスマホの対応状況が一目瞭然に】  
 1.スマホ毎の対応状況が一目瞭然
 2.ガラスマ化が進めば進むほど必要なアナウンス




1.スマホ毎の対応状況が一目瞭然
つい先日からPC版のAndroidマーケットで、ちょっとした改善がありました。
それは、このようにアプリの名称の下の方に、そのアプリが自分の持っているスマホに対応しているかどうか?を表示してくれるというものです。

2011061301.jpg


今までアプリのレビューなどで、対応しているかどうか分からずにインストールして、「対応していなかった…orz」みたいなことが、書かれていることがしばしばありました。それがアプリの評価に正当に反映されていなかったこともありました。今回のAndroidマーケットのアップデートは、とてもユーザーサイドに立ったものだったと思います。


2.ガラスマ化が進めば進むほど必要なアナウンス
ガラスマなる言葉が、ブログや雑誌などで見かけるようになってきました。ようするに「ガラパゴス スマートフォン」の略です。
スマートフォンの良いところは、グローバルスタンダードなところかと思っていました。しかし、やはりこれもすごい勢いで、ローカライズされていくのね、と複雑な心境です。どうせならば、赤外線もおサイフケータイも、グローバル化してくれればよいのにと思わざる得ません。
そういうガラスマ化が、進めば進むほど、今回のAndroidマーケットのアップデートは、使う人にとってありがたい機能だと思います。

スマホ初心者がXperia arcを買って過ごした一週間レポート(中編)

2011050101.jpg


movaからいきなりスマホに切り替えた筆者が、Xperia arcと過ごした1週間の記録です。前後編にしようと思っていたら、前中後編になってしまいました。

  
【スマホ初心者がXperia arcを買って過ごした一週間レポート(後編)】  
 1.4日目
 2.5日目




1.4日目
次の日に大変な事が…。の続き。

というわけで、次の日の朝起きてみてみると…また、電源が落ちていました。orz
「昨日は、50%以上あったはずでは?」
と思い電源コードをつなげて、起動してみましたが、昨日に続き0%になっていました。これには、さすがに焦りました。
こんな調子では、使えない。初期不良か?または、まだまだ設定が甘いのか?


さっそく、ネットで「Xperia arc 電源」とか「Xperia arc 電源 落ちる」で検索!
ざくざくと出てきました。
初心者版や電源がよく落ちるというひとのブログなどを読んでみると、電源が落ちやすい原因としてあげられていたのは、以下の5つでした。

 ①バッテリーの接触不良
 ②バッテリーの慣らしが不完全
 ③wifiなどの常時接続するものが起動している
 ④電源を消費しやすいソフトを常駐させている
 ⑤ソフトが終了されずにいくつも残っている


というものでした。
このうち、自分に該当しそうなのは、②、④、⑤かもしれないと思い、さっそく取りかかることにしました。ちなみに、①の場合だと0%になるのはおかしいし、wifiは設定していないという消去法からです。

まず、②のバッテリーの慣らしですが、これは何かというと、買ってきたばかりのXperia arcは、バッテリーが新品なので、40%を切ると一気に電源が落ちてしまうという現象らしいです。これの対処法としては、何回か満充電と20~30%近くまで放電を繰り返すことで、バッテリーが慣れてきて持ちが良くなるということでした。もし、そうだとするならば、この数日中に少しずつ改善されてくる可能性があるということです。

④に関しては、昨日段階であらかた終了させていたので、たぶんこれではないだろうと判断しました。

⑤に関しては、スマホ初心者として、よく分かっていなかったのですが、どうやらホームボタンを押しただけでは、タスクが終了しないソフトがあるようなのです。つまり、一見終了したように見えても、バックグラウンドで動き続けているソフトがあるかもしれないということです。

「メニュー」→「設定」→「アプリケーション」→「実行中のサービス」→「実行中」

確認できました。
思った以上にバックグラウンドで動いているソフトが多く、しかもそのソフトの多くが、終了させても良いものなのかどうなのか分からないという状態でした。仕方が無いので、自分が起動しただろうというソフトだけ「強制終了」(←押すのに勇気いる)ボタンを押して終了させました。

この日は、電源関係の設定でかなり費やされてしまいましたが、アプリを2本インストールしました。

スケジュール関連のソフトを標準以外でないかと探したところ、「ジョルテ」というソフトがなかなか評判が良さそうだったので導入。確かにカスタマイズ項目が多く、自分仕様にできるのがよさげです。Googleカレンダーと同期できるのも良いです。

2011050102.jpg 2011050103.jpg 「ジョルテ」


もう一つは、文字打ち関係で「ATOK trial」というアプリです。これは、言わずもがなのジャストシステムのATOKのandroid版です。標準のPoboxも思ったよりも良かったのですが、変換効率の観点から考えたときには、ATOKの使い勝手の良さはさすがと言わざるを得ません。
2011050105.jpg2011050104.jpg  「ATOK trial」


2.5日目
この日は、連絡先関係の整理をすることにしました。
連絡先は、Gmailと完全に同期させているので、Gmailの連絡先にあって、前のmovaにないものを移動させたりとか(perminiは、もちろんminiSDなんてついてなかった)を地道にしました。
連絡先を整理していて気づいたのが、ふりがなの存在です。
Gmailの連絡先にいちいちふりがななんてふっていませんでした。
しかし、googleと同期しているので、gmailの連絡先も同期されています。すると、大量に未分類な連絡先がたまっているのです。最初は、手作業でふりがな打ちをしていましたが、途方もない量にうんざりししてしまいました。

そんなときにandroidマーケットで「ふりがなオートマチック」というソフトを見つけました。このアプリは、自動で登録されている連絡先にふりがなを設定してくれるというものです。
はっきり言って、現状を解決してくれる神アプリでした。
変換精度も予想以上に良く、修正する部分もほんのわずかでした。もちろん、Googleの連絡先とも同期を取ってくれます。
2011050106.jpg 2011050107.jpg 「ふりがなオートマチック」



これを使えば、

Googleの連絡先に入力→Xperia arcで同期→ふりがなオートマチックで自動ふりがな設定→Google連絡先に反映

という流れができました。素晴らしい。
いちいちPC上でもふりがなを打つ必要はありません。

この日は、ホームの長押しをすると、最近使ったアプリが一覧表示されるというのと、カメラのシャッター長押しでカメラアプリが起動するというのを発見。
というか、常識なんですかね?
いよいよ、次の日は、PCとの連携を目指してみたいと思います(初心者的に)。
後編に続く!

スマホ初心者がXperia arcを買って過ごした一週間レポート(前編)


Xperia arcを買ってから2週間ぐらい過ぎたのですが、たぶんこれから買う人にとって参考になる部分もあるかと思います。また、自分用のLOG。


  
【スマホ初心者がXperia arcを買って過ごした一週間レポート】  
 1.初日
 2.2日目
 3.3日目





1.初日
まず、買ってすぐにしたことは、ケースと液晶保護フィルムを買うことでした。どう考えても、自分はかなりラフに使ってしまいそうな感じなので、この2つ無しでは、あっという間に傷だらけになってしまいそうなのです。
というわけで、買ったその足で(開封もせずに)電気屋へ直行!

しかし、残念なことに、その電気屋では、あまりXperia arc関連のグッズに乏しく、その日は断念しました。

家に帰って開封の儀を行うことに(胸が高まります)。
意外に素っ気ない箱です。
2011042601.jpg


とはいっても、もうすでにショップの方で設定する関係上、一度は開けているのですけどね。中身は、Xperia arc本体、電源コード、USB用ACアダプタ、イヤホン、クイックスタートガイド、「SO-01Cのご利用に当たっての注意事項」しか入っていません。

まずは、電源をON。
って、電源ボタン小さい…。これは、あとあとまでもそうですが、押すのに苦労するぐらいの大きさと押し心地です。まぁ、頻繁に押すこともないだろうと(最初のうちは)思っていましたが、以外にしょっちゅう押すことになります。これが、なかなかストレスになります。
しかし、これは、後ほど解決することになります。
2011042602.jpg


液晶保護フィルムに関しては、この時点では貼っていません。しかし、液晶を保護するためのフィルムが貼ってあったので、それでとりあえずは我慢の子でいきます。

その日にやったことは、ほとんどないのですが、Googleアカウントの設定は行いました。それをやらないと前に進めないので。

「メニュー」→「設定」→「アカウントと同期」→「アカウントの追加」→「Google」
の順で押していくとアカウントの追加の画面が出てきます。
*ちなみにメニューの出し方ですが、一番右のボタンですよ。3つあるうちの右のボタンです。

すでに、Googleアカウントを持っていたので、「ログイン」を選択し、ユーザーIDとパスワードを入れたら、あっという間に紐付けが完了します。気をつけなくてはいけないのは、DOCOMOで紐付けをしないこと!
Googleでアカウント登録しておくと、あとでandroidマーケットでリモートインストールができたりします(このときは、知らなかったけど)。

この日は、SPモードでメールを送ってみたり、電話をかけてみたりして、ベーシックに遊んで終わり。



2.2日目

まずは、使えるものにするためにEvernoteのアカウントを紐付けしました。
すると、おぉ使える。使える!
かなりの数のノートがあるので、そのリストの同期だけでもかなりの時間を要しましたが、同期が完了すると意外にサクサク使えました。

次にandroidマーケットを色々見て回りました。
ガラケーじゃなく、スマホにしたのは、様々なアプリを自由にインストールできるという楽しみがあるからです。
「まず、これ入れとけ」的なソフトとして「QRコードスキャナー」というアプリがありました。要するにQRコードを読み取るためのソフトです。これで、雑誌などに掲載されているアプリにも楽々アクセスできるようになりました。
QRコードスキャナを使って、いくつか気になるアプリをインストール。
少しずつ使い勝手が良くなってきました。

昨日の懸案だった、ケースと液晶保護カバーを購入!
ケースは、ELECOMのXperia arc用ソフトケースを購入しました。ついでに液晶保護フィルムもついていたので、これで万事解決です。
ケースは、透明というより若干乳白色な感じですが、付けてみてもそれほど違和感はありません。何よりもグリップ感があるので、手に持っていても「ぽろり」と落とさずに済みそうです。

これです↓
ELECOM docomo Xperia arc用ソフトケース(液晶保護フィルム付) クリア PD-SOX2UCCR


この日は、Gmailの設定、Googleカレンダーの設定を行い、とりあえず仕事に活用できる最低限レベルをしました。

電池の減りが異様に早く、「スマホは電源確保が厳しいな」とも思いました。
この日は、電池の残り残量40%ほどで終了。



3.3日目
朝起きてみたら、電源が落ちていて焦る。
「昨日の夜は、40%ほど残っていたはずでは…」と思ったが、ACアダプターにつないで電源を入れてみると、0%と表示されています。
さすがに、何コレ状態。

とりあえず満充電にしてから、画面の明るさや同期の設定など、電池の減りを防ぐための設定を施してみます。

「メニュー」→「設定」→「アプリケーション」→「電池使用量」
で電池を消耗している原因になっているアプリや動作などを検証してみました。
前に日にインストールしたソフトで、勝手に通信している系のソフトの設定を見直してみたりしてみました。

この日は、とにかくメニュー関連の項目を一通り見て回り、操作を理解することに努めてみました。
それと、ホーム画面にショートカットを作成してみました。最初は、ソフトが削除されてしまうのではないかと、恐る恐るでしたが、慣れてみると案外便利。
色々触ってみて思ったことは、やはり中身はコンピュータなのだということですね。ハードとOSの概念とか。

この日は、50%ほど電池残量を残して終了。
しかし、次の日に大変な事が…。

4日目以降の記事に続きます。

movaからExperia arc乗り換えた!iPhoneを選ばなかった理由

2011042401.jpg


実は、今までドコモの(FOMAではなく)movaユーザーだったのですが、いきなりスマートフォンであるXperia arcに乗り換えてしまいました。そんな、スマホ初心者が、Xperia arcに乗り換えてしまいました。
なぜ、iPhoneではなかったかというあたりを書いていきたいと思います。


  
【movaからExperia arc乗り換えた!iPhoneを選ばなかった理由】  
 1.movaからの乗り換えの選択肢
 2.iPhoneを選ばなかった理由
 3.Xperia arcを選んだ理由





1.movaからの乗り換えの選択肢
7年以上前の機種であるソニーエリクソンのpereminiという機種をずっと愛用していました。

↓これ
2011042402.jpg


しかし、ある日突然キーを受け付けなくなってしまい、とうとうmovaユーザーからの卒業となってしまいました。preminiをご存じの方なら分かると思いますが、はっきり言って通話とメールぐらいしかできないという、ガラケーでも最も低機能な部類に入る機種でした。もちろん、カメラや赤外線なんかもついていないというものです。

さて、壊れてしまったのは、仕方がありません。
問題は、次に何を選ぶかです。

で、選択肢は3つ。

  ①ドコモユーザーなのでドコモのガラケー
  ②ドコモユーザーなのでドコモのスマホ
  ③MNPで一気にiPhone


相当迷いました。

迷ったポイントは、以下の通りです。

  ①、②だとドコモの家族割りが使える。(家族間無料通話とかパケット繰り越しとか)
  ①、②だとmovaからの移行特典がある。
  ③だと無尽蔵のアプリが使える。スマホとして、色々な意味で先行している。



2.iPhoneを選ばなかった理由
最終的には、Xperia arcを選んだのですが、あえてiPhoneを選ばずにandroid端末を選んだ理由は、以下の通りです。


 ・androidは、アップルのようなしばりがない(ソフトのオープンさ)
 ・iPhoneの端末は安いけど、月の運用額は、あまり変わらない。
 ・iPhoneとXperia arcの実機を比べてみたが、ほとんど差を感じられないぐらいにスムーズ
 ・家族割りには逆らえなかった…



最後のは、アレですけど(ドコモ恐ろしい)、やはりandroidの方に可能性を感じてしまったからというのが大きいですね。今は、iPhone関連の記事もアプリの量も圧倒的ですが(アプリの数では、androidが抜いたという話もありますが)、きっとWindows vs Macの構図のように、最終的にはAndroidの方に勝算があるように思えるのです。
端末を選ぶという楽しみは、iPhoneにはないしね。


3.Xperia arcを選んだ理由
では、ドコモのandroidで何を選ぶかということだったのですが、最終候補に挙がっていたのが、Xperia arcMEDIASでした。しかし、僅差でXperia arcに軍配が上がりました。MEDIASに心が揺れたのは、ガラケー的な要素をふんだんに盛り込んでいたからです(赤外線通信とか、おサイフケータイとか)。しかも、薄い。
しかし、movaからの乗り換え組としては、ガラケーの良さを知らないので、最終的には、スペック重視で絞り込みました。CPUもベンチマークも群を抜く実力のあるXperia arcの方が、のちのちまで使い倒せるだろうという判断です。
きっと、今のスマホは、一時期のPCのCPU向上合戦の時期の様相なのでしょうね。
熱い市場です。


といわけで、晴れてXperia arcユーザー(androidユーザー)になりました。
今後は、android関連の記事も書いていきたいと思います。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG