TOP > CATEGORY - スマートフォン

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

携帯の更新月が近づいて来ているので格安SIMに乗り換えるか検討中

2017081500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
現在、SoftBankのiPhone6を愛用しています。
2年前に型落ち品を一括0円で契約してから早2年。そろそろ更新時期が近づいて来ました。自分としては、固定費の一つである通信費を減らしたい気持ちで一杯なのですが、そのためには3大キャリアから脱出し、格安SIMに乗り換えようかと画策しています。
というわけで今回は、格安SIMの検討やら、格安SIM移行に関わる不安やぼやきなどについて、つらつらと書いていきたいと思います。

  
【 携帯の更新月が近づいて来ているので格安SIMに乗り換えるか検討中 】  

 1.更新時期が近づいて来ているのでどうしようかと考え中

 2.格安SIMに求める条件

 3.格安SIMで検討中なのは、この3つ







checkmark.png 1.更新時期が近づいて来ているのでどうしようかと考え中

SoftbankにMNPしてiPhone6に変更してから2年が経とうとしています。冒頭でも書きましたが、その時は、一括0円というのがあった時期で、SoftBank光と合わせ技で月々3800円ぐらいで運用しています。

さすがに、更新月が近づいてきたので、色々とリサーチをしているのですが、「この値段で運用している」と言うと、たいていのキャリアでは、「かなり安いッスね」と言われてしまいます。確かに見積もりを出してみると、どこも5000円を軽く超えるぐらいの値段を提示されます。

という経緯もあり、自分の中では、三大キャリアにMNPをするという可能性が低くなっています。周囲も格安SIMに乗り換える人も出てきており、ハードルも下がってきている感じもしています。

実際問題として、家と職場では無線LANにつないでおり、日常生活においてモバイルネットワークにつなぐこと自体が、かなり少なくなってきています。そう考えると、別に三大キャリアにこだわる必要性が下がってきているのは、確かなんですよね。そういうわけで、ますます格安SIMに移行しようという気持ちが高まってきているわけです。




checkmark.png 2.格安SIMに求める条件

それでは、どこの格安SIMにMNPするか?
ということが、目下の検討課題なわけです。

そこで、自分が格安SIMに移行するにあたって、これは外せないという条件がいくつかあります。

1.通話&SMSがついていること
これは条件というか、必須項目ですね。
データSIMだと、相当に格安になることは、十分に理解しているのです。しかし、一応社会人として、携帯電話番号は確保しておきたいのです。それと、LINEなどをするときに、SMSがないとできなかったり(って聞いたけど?)、各種Webサービスの認証にSMSを使っていたりするので、これがないとやっていけないのですよね。


2.回線速度が速いこと
必須ではないですが、回線速度が遅すぎるのは、単純に困るなと。それだけです。それだけですが、割と自分の中では、優先度が高い条件の1つなんですよね。


3.現在の運用月額より上回らないこと
格安SIMというぐらいなので、現在自分が運用している3800円よりは、下回って欲しいなと思っています。4000円台だったら、大手キャリアにした方がよいですもん。


4.iPhoneを使いたい
現在、使っているのはiPhone6ですが、やはりAndroidに乗り換えようとは思えないのですよね。アプリにかなり投資しているし、何よりもiPhoneの使い勝手を愛しているので。
※ちなみにタブレットは、Androidと両刀遣いです。
しかし、残念すぎる状況として、SoftBankではiPhone6は、SIMフリー化できないのですよ!したがって、MNP先で購入するか、別途対応しているiPhoneを購入するかしかないのですよ…トホホ。


5.実は5Gぐらいは、欲しい
自宅と職場でWi-Fi環境が整っているとか書きましたが、とはいえ月間でデータ容量を3G以上は確実に消費しているのですよね。今月に至っては、5G近く行きそうな感じです。と、考えると、5Gぐらいは欲しいのですよ。



逆にどうでも良いと思っている条件としては、

1.別にどのキャリア系列でもこだわりはない
たいていの格安SIMは、どこかの三大キャリアの回線を使っているのですが(実質、DoCoMoが多い)、特にこだわりはありません。


2.iPhoneは最新機種でなくても良い
9月頃には、iPhone8が出るとか言われていますが、自分の中では全然最新機種にこだわりはありません。現在使っているiPhone6でもOKな感じです。実は、iPhoneSEの方が性能が良いという話もあるので、それでも良いかな?とは思っています。


3.話し放題とかいらない
実際、LINEとかでほぼ連絡関係は終わってしまうし、電話を使うこと自体少ないので、話し放題とかそういうオプションはなくても全然よいですね。




checkmark.png 3.格安SIMで検討中なのは、この3つ

というわけで、現在検討中の格安SIMは、この3つです。
今のところの下調べ段階でコレが良いかな?と思ったものです。これより安いところもありますが、速度や様々な制限などを考慮すると、この3つかなと。もしも、これ以上に魅力的なところがあったら、ぜひ@yoshinonまで教えてください。


1.UQモバイル
お申込みの流れ | UQ mobile
お申込みの流れ | UQ mobile


一番の魅力は、速度ですかね?
様々な比較サイトを見ても、UQモバイルの速度は一目置くという感じで評価されています。なかなか良いな~と思っているのですが、SIMのみ購入の場合、データ容量が3Gまでしかプランがないのですよね。あとは、いきなりデータ無制限プランになってしまうのです。そして、データ無制限プランは、送受信最大500kbpsという制限がかかってしまうので、意味なくなってしまう…。うーん。

料金プラン名称月額基本料金通信速度通話料
データ高速プラン980円/月
月間データ容量3GBまで
受信最大225Mbps※1
(送信最大25Mbps)
3GBを超えた場合は
送受信最大200kbps
データ高速+音声通話プラン1,680円/月20円/30秒
データ無制限プラン1,980円/月
月間データ容量無制限で
送受信最大500kbps
データ無制限+音声通話プラン2,680円/月20円/30秒




2.楽天モバイル
楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う
楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う


特にこれといった不満が見当たらないのが、楽天モバイルなんですよね。
通話SIMの5Gプランが、2,150円と妥当な感じの金額だし。速度的にもそれほど遅いという話もないのですよね。

通話SIM050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン1,250円645円525円
3.1GBプラン1,600円1,020円900円
5GBプラン2,150円1,570円1,450円
10GBプラン2,960円2,380円2,260円
20GBプラン4,750円4,170円4,050円
30GBプラン6,150円5,520円5,450円




3.LINEモバイル
プラン一覧|スマートフォン・料金|LINEモバイル
プラン一覧|スマートフォン・料金|LINEモバイル


LINEモバイルといえば、SNSでのデータ容量をカウントしないというコミュニケーションフリープランで有名ですよね。もしも、LINEモバイルにするならば、これにしようかと思っています。
通話SIM5Gで月額2,220円というのも、まあ相場レベルだし。
あと何気にMVNOにおいて、LINEの年齢認証が必要ないのは、LINEモバイルというのは大きいなと思っています。

容量データ通信データ通信+SMSデータ通信+音声
3GBなし1,110円/月1,690円/月
5GBなし1,640円/月2,220円/月
7GBなし2,300円/月2,880円/月
10GBなし2,640円/月3,220円/月





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 良い情報があったら教えて欲しいです

なにせ格安SIM初心者なので、色々不安感はあるのですよね。今までずっと三大キャリアだったし。とはいえ、今のまま三大キャリアに残る可能性は、限りなくゼロに等しいので、確実に1ヶ月後ぐらいには、どこかの格安SIMに移行しているはずです。
それでも、悩みどころが多くて迷いますね。
もしよかったら、皆さんのご意見お待ちしております。


【Kindleセール情報】
【50%OFF】アルク デジタルファスト本フェア (8/17まで)
【50%OFF以上】休みの間に差をつける!自己啓発本特集! (8/17まで)
【50%OFF】サイエンス・アイ新書10周年 第3弾『夏の『自由研究』 (8/17まで)
【30%OFF】「夏☆電書」女性におススメ X文庫フェア (8/17まで)
【30%OFF以上】「夏☆電書」ラノベ文庫フェア (8/17まで)
【30%OFF】「夏☆電書」"あの戦争"を考える講談社の50冊 (8/17まで)
【期間限定無料&50%OFF】「夏☆電書」女の恨み~リベンジ~特集 (8/17まで)
【最大50%OFF】『生き方・働き方』を考える(8/17まで)
【期間限定無料&50%OFF】ウィングス創刊35周年記念セール(8/17まで)
【20%OFF】宇宙・科学本フェア (8/17まで)
【期間限定無料&50%OFF】「夏☆電書」ITANフェア(8/17まで)
【50%ポイント還元】 秋田書店キャンペーン(8/20まで)
【最大70%OFF】心を運ぶ名作フェア (8/23まで)
【全品100円】 ビジネス・自己啓発からカメラ・料理まで(8/24まで)
【最大80%OFF】いつもの日常が壊れていく…フェア(期間不明)
週刊ファミ通Kindle版配信記念 復活! ファミコン通信創刊号など(期間不明)



Safariだけの問題じゃなかった!iOSのブラウザクラッシュ問題

2016013100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日来より、Safariのアドレスバーをタップすると固まってしまうという報告が上がっていました。これはAppleのバグだと思われるのですが、もう一つSafari関連であるサイトにアクセスすると、クラッシュしてしまうということも発生していました。オンラインゲームなどでかなり拡散しているようで、亜種なども出てきているようです。
「Safari使わんし」と対岸の火事で眺めていたらいけませんよ!
なんと、iOS版のChromeやFirefoxでも、同じような被害が出ているのです。


  
【 Safariだけの問題じゃなかった!iOSのブラウザクラッシュ問題 】  

 1.あるサイトにアクセスするとクラッシュする

 2.Safariがクラッシュする原因

 3.iOSのChromeやFirefoxでも!








checkmark.png 1.あるサイトにアクセスするとクラッシュする

2016013101.png


冒頭でも書きましたが、先日来より、Safari関連のクラッシュ記事が賑わっています。特にアドレスバー(検索窓)をタップすると、固まってしまうというバグで、一時期騒然としていました。

【セキュリティ ニュース】iOSのSafariでアドレスバーをタップするとクラッシュ - 国内外で多数報告(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT
【セキュリティ ニュース】iOSのSafariでアドレスバーをタップするとクラッシュ - 国内外で多数報告(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT




一応、緊急の対応作としては、

「設定」→「Safari」→「Safari検索候補」をオフ

にすると良いようです。

2016013103.png



しかし、世界を見渡してみると、もう一つのクラッシュ記事も賑わっていました。

This site crashes Chrome, Firefox, and Safari, resets your iPhone and iPad | VentureBeat | Security | by Emil Protalinski
This site crashes Chrome, Firefox, and Safari, resets your iPhone and iPad | VentureBeat | Security | by Emil Protalinski



それが、http://crashsafari.com/というサイトにアクセスすると、Safariがクラッシュするというものでした。しかも、短縮URLやURL変換など、様々なURLに化けて拡散しているようです。さらには、亜種(というか同様の仕掛け)サイトの存在も出てきているようで、一種のウィルスのような様相を呈してきています。
単にURLなので、SNSやオンラインゲームなどでも拡散しているようです。
URLには、あえてリンクは設定していません。自己責任でどうぞ。





checkmark.png 2.Safariがクラッシュする原因

さて、Safariがクラッシュする原因ですが、非常にシンプルな仕掛けになっています。

JavaScriptによって、URLをどんどん長くしていって、最終的には対応できない長さまでいってしまい、クラッシュしてしまうようです。
iOSの場合だと、OSまで再起動してしまう動画も流れています。
OSまで逝ってしまうのか…。コワイ。
というわけで、上で紹介したURLには、行かないように。絶対にだ。








checkmark.png 3.iOSのChromeやFirefoxでも!

2016013102.png

さて、この問題ですが、iOSのChromeやFirefoxでは、ブラウザがクラッシュするようです。さすがにOS再起動まではいかないようですが。

実は、iOSだけではなく(まぁ仕組み的にそうですよね)、WindowsやOS Xでも、
問題を起こすようです。
結局、URLを単に長くしていくというシンプルな仕組みなだけで、何か情報を盗むとかそういうことを意図しているのではないということが、問題なのです。

ちなみに、唯一大丈夫なのは、WindowsのEdgeだけのようです。
まぁ、皮肉というか…なんとも。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 早めの対策が望まれますね

非常にシンプルな仕組みなだけに、コピーサイトや亜種も当然の如く出てきそうです。各社とも早めの対策をお願いしたいですね。


電話番号を無料でもう一つ持つことで個人情報を保護しよう!

2015050600.png



  
【 電話番号を無料でもう一つ持つことで個人情報を保護しよう! 】  

 1.家電を持たないという場合の困った事情

 2.無料で電話番号をゲットする方法

 3.電話番号を使い分けよう







checkmark.png 1.家電話を持たないという場合の困った事情

2015050601.png


私の家は、かれこれ10年以上家電話(固定電話)が無い状態で暮らしています。
子どもを含め、全員が携帯電話を持っているので、わざわざそれにプラスして家電話を持つ意義が感じられなかったので、早々に廃止してしまったのです。

最初は、ほとんど不便さも感じなかったのですが、時々、困る場面が出てきました。

それは、様々な契約をする際に電話番号を書かなくてはいけない場面があるということです。そういうときに家電話だったら、あまり躊躇しないで書くことができていました。しかし、携帯電話番号となると、話は別になります。
個人の電話にダイレクトにつながる上、万が一、個人情報として漏れた場合は、非常にやっかいな事になる恐れがあるからです。
業者の電話に悩まされても、簡単に電話番号を変えるわけにもいかないし、いちいちブロック設定するのも面倒くさいですよね。


↓こういう登録サイトもありますよね?
2015050602.png





checkmark.png 2.無料で電話番号をゲットする方法

さて、そこで電話番号を書かなくてはいけないときに、書いても差し障りのない「もう一つの電話番号」を持つ方法があります。

それは、SMARTalkを導入するという方法です。
このSMARTalkというのは、050で始まる電話番号を維持費無料で手に入れることができるIP電話サービスなのです。

スマホの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART
スマホの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART




このサービスを使えば、それほど電話番号を教えたくない相手でも、問題なく教えることができます。
もしも、様々な問題が発生したときは、その電話番号を破棄してしまえば良いので、業者対策にもなりますね。
しかも、プッシュ通知にも対応しているので、きちんと電話も受けられる上に、録音サービスまでついてくるのですから、十分以上と言えます。

さて、登録の仕方ですが、まずは上記のリンクから「お申し込みはこちら」をクリックして、メルアドやクレジットカード番号などを登録します。

2015050603.png

2015050604.png



そうすると、SIPアカウントとSIPパスワードというのが、割り当てられますので、それをスマートフォンのアプリに入力していきます。

2015050607.png


iPhone版は、こちら↓。Android版は、ここをクリック!

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル



ちなみに、SIPアカウントというのは、050を抜いた電話番号になります。
残念ながら、番号は自分で選ぶことはできません

割り当てられたSIPアカウントとパスワードを入力すると、使えるようになります。

2015050608.png



ちなみに、SMARTalkは、維持費はかかりません(2015年5月1日現在)。

2015050605.png


なので、番号を保持するだけだったら、無料で持てることになるのです。
さらに、IP電話なので、通話料も大変安くなっています。国内の固定電話、携帯電話いずれにかけても、1分16円(30秒8円)となっています。

2015050606.png






checkmark.png 3.電話番号を使い分けよう

2015050609.png


一昔前だったら、一人で複数の電話番号を所持するというのは、よっぽどビジネスマンでない限りありえませんでした。
しかし、このSMARTalkのおかげで、個人が複数番号を所持することは、すごく簡単なことになったのです。

複数番号があることで、上記のような、何かに登録する際に仕方なく電話番号を書かざるを得ないときでも、それほど躊躇せずに書くことができそうです。

また、初対面の人で、それほど親しくない人に、どうしても電話番号を教えなくてはいけない、という場面でもこのワザは使えそうですね。
特に女性の場合は、予め取得しておくと良いのではないでしょうか?






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これからの時代は、複数番号を所持する時代です

インターネットが一般的になってきた初期の頃は、メルアドを一人で何個も所持するということは、あまり一般的ではありませんでした。
しかし、現在では、誰もが複数個のメルアドを所持し、場合によって使い分けを行っています。

それと同じ事が、電話番号の世界でも起こり始めているのではないでしょうか?

以前の記事で通話アプリについて、かなり書きました。

通話アプリのオタクが実際に使用しているを通話アプリを評価する


それと同じように、場合や状況によって、最適な電話番号を使い分けたりする時代が到来しつつあるのかもしれませんね。



【関連記事】
通話アプリのオタクが実際に使用しているを通話アプリを評価する
固定電話は、Viberで無料でかける
スマホ初心者がXperia arcを買って過ごした一週間レポート(前編)


Xperia arc のアノ押しづらい電源ボタンを解消するアプリ

2011060902.jpg


Xperia arc を買ってハードウェア的には、ほとんど満足だったのですが、ただ一点だけ、「これは…。」と思っていたのが、電源ボタンでした。今回は、そんなXperia arc の押しづらい電源ボタンを一発で解消するアプリの紹介です。


  
【Xperia arc のアノ押しづらい電源ボタンを解消するアプリ】  
 1.とにかく押しづらい電源ボタン
 2.画面をOFFにできるアプリ
 3.おまけ





1.とにかく押しづらい電源ボタン 
Xperia arc を買って困ったのは、電源ボタンがあまりにも小さく、押しづらいことでした。カバーを付けた方が、逆に少し電源ボタンが飛び出てくれる分押しやすくなるほどでした。

2011060901.jpg

たかが、電源ボタンと思われるかもしれませんが、自動的に画面がOFFになるのを待つのではなく、アプリを使い終わったらサクッと画面をOFFにしたいものです。そのため、1日のうち、かなりの頻度で電源ボタンを押すことになります。そうすると、そのたびにプチイライラがたまってくるので、何とかすることにしました。



2.画面をOFFにできるアプリ 
そこで見つけたのが、このアプリです。

Screen Off and Lock説明無料

このScreen Off and Lockというアプリは、ただシンプルに画面をOFFにするというアプリです。このショートカットをホーム画面のドックに常駐させることで、サクッと画面をOFFにすることができるようになりました。
電源ボタンというほんの些細なことですが、毎日使うモノだからこそ、使い勝手にこだわりたいですね。

こんな風にドックに置くと便利!↓
2011060903.jpg



3.おまけ 
このScreen Off and Lockは、シンプルに画面をOFFにするだけではなく、様々なエフェクトで終了することもできます。

<エフェクト一覧>
・システムデフォルト
・フェードアウト
・ズームアウト
・回転(時計回り)
・回転(反時計回り)
・スワイプ(右から左)
・スワイプ(左から右)
・昔のテレビスタイル
・スワイプ(上から下)
・スワイプ(下から上)
・ズームイン/アウト
・カーテン(上から下)
・カーテン(ストレッチ)
・点滅
・シェイク
・テレビ静止画

私は、色々試してみましたが、今はエフェクト「なし」にしています。

スマホ初心者がXperia arcを買って過ごした一週間レポート(後編)

いよいよこのシリーズの最後です。
思った以上に1週間で色々やっていました。

  
【スマホ初心者がXperia arcを買って過ごした一週間レポート(後編)】  
 1.6日目
 2.7日目



3.6日目
せっかくスマホを買ったのだから、PCとの連携をもっと視野に入れても良いのではないか?と思い至り、色々模索してみることに。

PCとの連携でしたいこと。

 ①Xperia arcで撮影した写真をPCに取り込みたい
 ②PCで読んでいた記事や気になった記事ををXperia arcであとで読みたい
 ③Googleリーダーに登録してあるXperia arcでRSSを読みたい


どれも基本的なことですが、スマホ初心者にとっては、どうしたらよいものかというものでした。


まず、写真をPCに取り込むですが、ググってみると「単にUSBでつなげば認識するよ。」ということでした。
そんな簡単なことでいいのか?と思いましたが、あっさり認識。
たくさんあるフォルダの中から写真のフォルダを見つけて、PCへコピーしました。その段階で、いろいろXperia arcのSDカード内を色々見て、なんとなく構造を理解しました。単に「musicフォルダがある」とか「あのアプリのデータは、ここに格納されるのか」程度ですが。
試しに写真のフォルダにPCの写真を何枚か入れてみると、当たり前のように認識して、標準のギャラリーで表示することができました。
また、音楽も同様にMP3をmusicフォルダに入れたら、あっさりとXperia arc上で再生できました。しかも、アルバムのフォルダ毎入れたら、きちんとアルバムとして認識しました。これで電池の持ちさえ改善されれば、iPodいらずなんだけどな。


次に②の「あとで読む」を実現するです。
PC上で読んでいた記事の続きや、あとで読もうと思っていた記事をどこでも読めるというのは、スマホの醍醐味のような気がするので、ぜひ実現したいと思っていました。
PC上でやっている「あとで読む」方法としてやっているのは、

 A:ブックマークレットの「あとで読む」でGmailに転送
 B:Evernoteに保存してあとで読む
 C:FirefoxのアドオンのScrapBook Plusでローカルに保存してあとで読む
 D:FirefoxのアドオンのRead it laterであとで読む


という4つの方法を併用しています。我ながら、やや拡散気味な感じですね。

さて、その中で現実的に使えそうなのは、A、B、Dです(Cは、ローカルに保存という時点で×)。さらに、双方向でやりとりできると、PCで読んでいた続きをXperia arcで読んだり、Xperia arcで読んでいた記事をあとでじっくりPCでよむということが可能になって、良い感じです。
すると、BのEvernoteを使うというのと、DのRead it laterを使うというのが、現実的です。
最終的には、この2つを併用して使うことにしました。Evernoteは、この記事をとっておきたい場合に使い、Read it later は、とっておくほどではないけれど、サクッと文字だけ読みたいという場合に使うことにしました。
どちらも隙間時間にサクサク読めるので、とても効率的です。

readitlater.png2011050801.jpg 



③のGoogleリーダーに登録してあるRSSをXperia arcで読むための方法ですが、様々なRSSリーダーがありましたが、最終的にダウンロードしたのは、Googleリーダーの公式アプリでした。
いくつかダウンロードして使ってみたものの、イマイチしっくりと来なかったのですが、公式アプリが一番使用感的に自分が求めるものに近かったように思いました。

googlereader.png2011050802.jpg  



思ったよりも、充実の6日目でした。おかげでモバイルが楽しくなってきました。



2.7日目
1週間、スマホ初心者がXperia arcと過ごしてきて、かなり悪戦苦闘しながらも少しずつ慣れてきました。いよいよ7日目です。

7日目の課題としては、カメラ周りをなんとかしたいということでした。
Xperia arcのカメラは、思った以上に高画質で、メインのカメラとしても使えるぐらいです。
しかし、自分の使い方としては、けっこう図書館などで本や雑誌を撮影してスクラップしたり、家で夜中にブログ用の写真撮影をしたりする場面が多く、「カシャッ」という音の大きさに困っていました。自分の持っているコンデジは、無音設定ができるので、やはり所詮ケータイのカメラなのかという感じでした。

そこでandroidマーケットで調べてみると…結構あります。
自分の使い方としては、画像サイズはそんなに大きくなくて良いので、以下の2本をインストールしました。


1つめは、ウバ無音カメラです。
どうやら、動画から切り抜いているらしいです。確かにシャッター音はしないので良い感じです。

uvacamera.png2011050803.jpg 



もう1つは、Silent camです。
どちらも消音できているのですが、私としてはSilent Camの方が、シャッター音の代わりにバイブレータがなるので、使い勝手が良く感じました。

silentcam.png2011050804.jpg 



さらに会議などでホワイトボードを撮ったり、名刺や気になる記事などを撮ってスクラップし、Evernoteにアップロードということも常時接続ならば、簡単にできるだろうということで、以下の2本を追加。

1つ目は、Droid Scanです。
これは、撮った写真が斜めでも、自動的に正面から見たように補正してくれるのです。さらに白黒にしたり、再補正をかけられるなど、機能的には十分なものがあります。保存形式は、jpgです。

droidscanlite.png2011050805.jpg 



2つ目は、CamScanner(LITE)です。
こちらもDroid Scan同様、自動的に補正してくれる機能があります。補正される過程も見られ、ソフトの力を感じることができます。さらにシャープに補正をしたりというのも自動でしてくれるので、こちらの方が若干高機能な感じです。
しかし、無料版は、保存する枚数が決められているのと、PDFでしか保存できないのが残念です。

2011050806.jpgcamscanner.png 



さらに追加したソフトが、ImageShrink Liteというアプリです。
これは、何かというと画像を縮小してくれるです。
これによって、そんなに高画質である必要も無い画像を送ったり、Evernoteに取り込んだりするときもサクッと縮小して容量を小さくしてくれます。地味に便利!

Image Shrink Lite 2011050807.jpg



さて、ここまで来たところで、かなりの部分が、Xperia arcだけで済ますことが可能になってきました。今までだったら、いちいちPCにつながなくてはいけない部分が減ったため、PCを開く回数が若干減ったような気がします。もちろん、文字打ちなどの面を考えると、圧倒的にPCが有利なのですが、Googleリーダーを読んだり、気になったものを撮影→Evernoteのような流れが、とてもラクになりました。

もうすでに1ヶ月以上前のことを思い出しながら書いているので、端折った部分やガラケーユーザーなら当たり前な部分については、あえて書いていなかったりしています。ちょっと間隔を開けての前中後編でしたが、これからXperia arcを買う人の参考になればと思って書きました。
やはり、スマホは従来の携帯よりも、どちらかといえばPC寄りかもしれませんね。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG