TOP > CATEGORY - iPhone

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iPhoneのメモをGmailと連携すると便利なのです




情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、iPhoneのメモをGmailと連携させるとすごく便利になるよ!というお話しです。これによって、iPhoneのメモが、Gmailに同期され、瞬時にGmail側でも見ることが可能になるのです。

  
【 iPhoneのメモをGmailと連携すると便利なのです 】  

 1.iPhoneのメモ帳はGmailと連携させる方法

 2.実際にやってみる

 3.注意点







checkmark.png 1.iPhoneのメモ帳はGmailと連携させる方法

まず、iPhoneのメモ帳とGmailを連携させるには、設定しなくてはいけません。

設定 → メモ → アカウント

を確認してもらいたいのですが、もしもGmailがアカウントとして設定されていない場合は、追加する必要があります。






Googleをタップして




ログインしましょう。※二段階認証とか設定している人は、その手順に従ってやりましょう。




設定し終わったら、もう一度「設定→メモ」を見てみましょう。
Gmailという文字が確認できるでしょうか?もう一度、アカウントをタップします。




メモのところが、オンになっているのを確認してみてください。
これで、準備完了です!





checkmark.png 2.実際にやってみる

では、実際に使えるか確認してみましょう。

標準アプリのメモを立ち上げます。すると、フォルダが「GMAIL」と「IPHONE」と2つあるのが分かるかと思います。Gmailの方を使いましょう。





メモ帳に適当に打ち込んでみました。
さて、同期されたでしょうか?




Gmailでは、Notesというラベルが自動的に作成されています。





無事、同期されていました!




さらに、メモに写真を入れたらどうなるでしょうか?




これも、きちんと写真入りで同期されていますね。







checkmark.png 3.注意点

同期と上で書いてありますが、基本的にはiPhoneからGmailへの一方的な連携に過ぎません。なので、Gmail側で他のメールにNotesのラベルを付けても、それがiPhone側に反映されることはないし、Gmailに届いたNotesにあるメールに返信しても、何も起こりません。

また、端末を機種変更した場合は、再度、認証し直す必要があります。
私は、昨年末に画面が割れて、交換になってしまったので、再度認証し直しました。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 サクッとメモがGmailに残るのはいいですよね

iPhoneでメモしたら、すぐにGmailに反映されます。
この速度感は、なかなか気持ちよい部類かと思います。最近のiPhoneのメモ帳は高機能化しているので、これだけでも事足りるという人も多いですよね。

だからこそ、こうやってバックアップが自動でとられる安心感は大事かなと思います。



iPhoneの10年と私のモバイル遍歴

2017011400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iPhoneがこの世に登場してから10年が経ったそうです。
えっ?まだ10年という見方も、もう10年という見方もできるでしょうが、私の中では後者です。この10年間は、まさに激動と言って良いほど、世界が変わりました。
今回は、この世界を変えたデバイスが、どのように世界を変えてきたのか?そして、私がモバイル端末と過ごしてきた日々について振り返ってみます。


  
【 iPhoneの10年と私のモバイル遍歴 】  

 1.iPhoneが変えた世界

 2.movaからスマホへ

 3.モバイルPC遍歴

 4.iPhoneとの出会い







checkmark.png 1.iPhoneが変えた世界

まずは、この写真を見てください。

2017011401.jpg


※元ネタがどこの写真かは分からなくなってしまったので、もしもどこか分かったら教えてください!

バチカンでの写真なのですが、2005年と2013年で明らかに世界が大きく変わったことが分かるはずです。iPhoneの初代が発表されたのは2005年の2年後である2007年のことなのです。そう、いまから10年前に初めてiPhoneがこの世に登場したのです。

それ以前は、全面タッチパネルのスマートフォンなんて、この世にはなかったのです。
今となっては、それを想像することも難しくなっていますが、これがこの10年間の間に起こったことです。
歴史にIFはないのですが、もしも2007年にiPhoneが登場しなければ、今の形のスマホに到達するまで、もう少し時間がかかったかもしれません。

そして、このiPhoneの成功がなければ、iPadの成功もまたなかったかもしれません。
あのタッチディスプレイとアイコンやUIによるタッチ対応への最適化という全て含めて「発明」だったと言えるでしょう。

2017011402.jpg



また、今では信じられないですが、GmailやGoogleマップが標準アプリとして入っていたというのも隔世の感がありますね。
今じゃ考えられないよ!

また、2007年当時は、ガラケーが全盛の時代でした。
そして、その当時の雰囲気を表すものとしては、この記事などがそうでしょうか?

国内6メーカー担当者が実物を見て語った「iPhoneの衝撃と本音」  :日本経済新聞
国内6メーカー担当者が実物を見て語った「iPhoneの衝撃と本音」  :日本経済新聞




「iPhoneは、ビックリしたけど、ガラケーの方が良くない?」

という感じですね。

” 日本メーカー関係者らしい視点としては、「ツメで操作ができないのでは日本の女性ユーザーには受け入れられない」(E社製品企画担当)というの指摘があった。”

という部分には、果たして10年後の今の様子を見てどう思うのでしょう?
それでも、もうすでにその頃日本のメーカーの中にも

”「例えて言うなら、日本のケータイはリフォームを繰り返した、築何十年の注文住宅なんです。どんなに、内装や外装は変えられても、基本構造の梁や柱は変えられない。一方のiPhoneはオール電化でバリアフリーが完璧のデザイン住宅。どちらが住み心地がいいのかなんて、一目瞭然です」(B社マーケティング担当)。”

と語っている人もいたのです。
2007年の時点で見誤っている人は多かったかもしれませんが、少なくとも時代の息吹を感じている人もまた少なくはなかったのです。

手の平の中にインターネットがある。

という感覚は、長年モバイルPCが好きだった人には、たまらない感じだったのではないでしょうか?

この10年間を振り返って、iPhoneがもたらした変化ということに関しては、堀 E. 正岳氏が、「5つの変化」として書いていて、的を射ていると思います。

ありがとうiPhone。10周年を迎えて考える、手のひらの相棒の未来 | Lifehacking.jp
ありがとうiPhone。10周年を迎えて考える、手のひらの相棒の未来 | Lifehacking.jp




「5つの変化」としては、上の記事で

 ・モバイル性
 ・タッチインターフェイスの一般化
 ・クラウド化の加速
 ・アプリストアによる垂直統合のビジネスモデル
 ・モバイルファーストにともなうデスクトップPCの退潮


と表しています。

もしも、付け加える部分があるならば、私は以下の点を追加します。

コミュニケーションの方法の変化

です。
これは、iPhone前とiPhone後で圧倒的に変わったと感じる点です。

ガラケー時代でも写メを送り合ったりしていましたが、圧倒的リアルタイム性をもったコミュニケーションではありませんでした。
FacebookもTwitterもInstagramも、手の平の中のデバイスが、

「今」「どこで」「何を」「している or 感じている」

を共有されなければ、今ほどの爆発的なユーザー数にはつながらなったと思っています。
人々のコミュニケーションの方法が、有史以来の中でもっとも大きく変化したと言っても良いのではないか?と思っています。
それぐらい、人々の生活(コミュニケーション)を根本から変えたと思うのです。

そのエピソードの一つとして、うちの息子の話をします。

うちの息子は、幼稚園ぐらいの頃から迷子になったり、親とはぐれてしまう恐怖心がありませんでした。だから、逆にこちらがハラハラすることになってしまうのです。自分が小さい頃だったら、親とはぐれると「怖い」という感情が起こったものだったので、すごく違和感を覚えていました。
そのため、彼に聞いてみると、指でスマホを操作する仕草をしながら、「どこにいてもつながるでしょ?」と無邪気に言ったのです。
(いやいや、そんなことはないし。そもそも君は、持ってないでしょ!と説明しましたが…)

確かに今では、待ち合わせの場所とかをあまり指定しなくても良くなりましたよね。





checkmark.png 2.movaからスマホへ

ここからは、私のiPhoneまでの道のりについてです。
散々、iPhoneについて語っていますが、私のiPhoneデビューは2012年のiPhone5からです。

何だ、にわかかよ!去れ!

とか、言わないでください。
もっと、ひどい話をしますので…。

実は、2011年にスマホデビューするまでは、なんとmovaだったのです。
もうすでに、movaって何よ?という方も増えていると思われるのですが、FOMAよりも通信速度が激しく遅く、送れるデータ量も非常に限られた携帯電話と考えてもらえると良いかと思います。

ちなみに、何ができるかというと、テキストメッセージ(メール)と通話です(携帯サイトは見られたかな?確か。)。
写メ?ナニソレ?(もちろん、知ってたけど)

という感じでした。
なぜ、そういう生活をしていたのかというと、SonyのPreminiという世界最小携帯を愛してやまなかったからです(しかも、初代の方)。

こういうヤツです。

2017011403.jpg



今見てもかっこよくないですか?
世の中の人たちが、携帯で携帯サイトや写メをやっているときにも、頑なにPreminiを愛していたのです。

しかし、どんなに愛しても壊れる日が来るのです。ある日、キーが全く反応しなくなり、とうとう買い換えることにしました。
そこでFOMAにはせずに、一気にスマホデビューを果たしたのです。
初代は、Xperia arcという機種でした。iPhoneに心を激しく動かされたのですが、DoCoMoからiPhoneが出ていなかったのと、Androidの可能性も見たくなったのです。
それと、Preminiつながりで、ソニーとの縁を感じていたというのもあります。

2017011404.jpg





checkmark.png 3.モバイルPC遍歴

なぜ、それほどまでに長い間Preminiを愛せたのかというと、携帯は通話とメールだけできれば良いという考えがあったからです。それと同時にモバイルPCが大好きで、東芝のLibrettoも同時に愛用していたのです。だからこそ、中途半端に写真やサイトが見られる端末よりも、モバイルPCの方が優れていると思っていたのです。
とんだ、頑固者ですね。

私が、最初に購入したのは、Libretto SS1000からでした。
今思い出しても名機だと思います。

2017011405.jpg



そして、Libretto ff1100に乗り換えます。
これは、面白い実験的なギミックが一杯詰まった端末でした。カメラも内蔵していたし。音楽も手元で操作できたのです。シリコンプレーヤーが一般的ではなかったので、画期的だなと思ったのです。

2017011406.jpg



そして、ほどなくてしてVAIO C1という機種に乗り換えます。
これも、当時としてはなかなかとがったヤツでした。
旅行でもどこにでも連れ歩いていたのです。

2017011407.jpg



その後、VAIO PCG-C1MSXに乗り換えたりと、常に小型モバイル機を持ち歩くという生活をしていました。
つまり、擬似的にモバイル端末を持ち歩いているような気になっていたのです。通話やリアルタイムのメッセージは、Preminiで。高度なPC的な運用は、モバイルPCでとなっていたのです。

2017011408.jpg





checkmark.png 4.iPhoneとの出会い

前述のXperia arcでのAndroid生活はたった1年しか続かず、その翌年にはMNPでiPhoneへと乗り換えました。その当時のAndroidのモッサリ感に耐えられずというのと、やはりiPhoneの世界を見ないと!という気持ちからでした。そして、iPhoneに乗り換えて、すぐに後悔したのです。

なぜ、もっと早くiPhoneにしなかったんだ…。

ということにです。
それぐらい、きびきび動くし、ストレスを感じさせませんでした。

Androidからの乗り換えということで、操作の戸惑いなどがあるか?という不安もすぐに消えるほどに操作感の分かりやすさがありました。

Xperiaの段階で私のスマホでの生活というのが、ほぼ確立できていたのですが、iPhoneに乗り換えてすぐに今の原型とも言うべきスタイルが、確固としたものになりました。
それからは、キャリアはソフトバンクとDoCoMoを行ったり来たりする状態になっていますが、ずっとiPhoneを使い続けています。

日常のありとあらゆるライフログをとり、様々な気づきを蓄積し、ここから世界に向けて発信する端末。そういう生活を与えてくれたのは、iPhoneでした。

iPhone4で「すべてを変えていく」というキャッチコピーが使われました。

まさに、全てが変わったように、これからどういうふうに世界が変わっていくかは分かりませんが、未来に向けてワクワクさせてくれることを期待しています。

2017011409.jpg




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 スマホのない世界を考えられますか?

よく社説などで揶揄されることの多い、車内や待ち時間でのスマホいじりな光景ってありますよね?
でも、私はあの風景を見ると、「今が未来」なのだと思うのです。
(是非はさておきね)

少なくとも10年後の世界が想像もしないほど変わるようなデバイスが現れるでしょうか?
それも含めて楽しみな未来ですね。

iPhone発表関係の写真は、こちらを使わせていただきました。


photo by nobi.com




iPhoneカバーを手帳タイプの本革ケースにしてみたら素敵だった

2017010800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日、iPhoneが修理の果てに新しくなって返ってきたという記事を書きました。さすがに今回は、堪えたので、画面が割れづらい(であろう)手帳タイプのケースを購入することにしました。
すると、思った以上に良く、満足度が高い買い物になりました。


  
【 iPhoneカバーを手帳タイプの本革ケースにしてみたら素敵だった 】  

 1.iPhoneが修理から返ってきたのでカバーを替えることに

 2. SHIELDONの手帳タイプの本革カバー開封の義

 3.実際に使ってみた







checkmark.png 1.iPhoneが修理から返ってきたのでカバーを替えることに

昨日の記事で書きましたが、iPhoneの画面が割れてしまい、修理に出したら新品になって返ってきました。これは、これで悲しい出来事だったのですが、これ以上同じ苦しみを味わないために、画面が割れにくいカバーに替えようと思い至りました。


人は、iPhoneが失われるとどのようになってしまうのか? - 情報管理LOG
人は、iPhoneが失われるとどのようになってしまうのか? - 情報管理LOG





ちなみに、これが以前使っていたカバーです。





木っぽいカバーが欲しくて、これにしたのです。木目が、横に入っているのって、ほとんど無いのですよね。
しかし、サイドの厚みが、やや薄く、少し落としただけで、ガラス液晶保護シートもけっこうまめに割れてしまう感じでした。それでも、デザインが気に入っていたので、無理矢理使っていた矢先の事故だったのです。

まあ、なるべくしてなったということなんでしょうね…反省。

以前、iPhoneのカバーを検討していた際に挙げていたりストがありました。
ここに一覧になっています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

この中で、最近増えてきている手帳タイプのケースにチャレンジすることにしました。
使っている人からも、「コレにしてから、落とさなくなった」とか、「画面が割れにくい」などという評判も耳にしていたので、良さそげなのを選んでみました。





checkmark.png 2. SHIELDONの手帳タイプの本革カバー開封の義

以前自分がリストアップした中で手帳タイプが1つしかなかったので、他のも色々比較してみたのですが、結果的には最初に挙げたのが、良かったということになりました。
これですね。




実は、iPhoneがいない間に届き、主不在のまま数日間を過ごしたという悲しい出来事があったのですが、それはまた別の話。

さて、ではどんな感じか、見ていきましょう。まずは、開封の義から。

こんな箱に入れられてきました。

2017010801.jpg



開けるとこんな感じ。高級感ありますね。匂いをかいでみると、きちんと皮のにおいがします。合皮とかではないですね。まあ、本革って書いてあるからね。

2017010802.jpg
2017010803.jpg



表面。ロゴが、何気に入っていて、格好いい。

2017010804.jpg



開いたところ。

2017010805.jpg



裏から見たところ。

2017010806.jpg



カメラの穴。

2017010807.jpg



カードフォルダ。

2017010808.jpg



こういう感じでiPhoneケースとくっついています。

2017010809.jpg





checkmark.png 3.実際に使ってみた

では、実際にiPhoneに装着してみます。

開いたところ。もうすでにカードを入れてみました。これで、Edyが使えるので、お財布いらず!このカード入れは、本当に便利ですね!

2017010810.jpg



開いたところのアップ。

2017010811.jpg



厚みはこんな感じ。

2017010812.jpg



iPhoneを立てることができます。というか、このカバーはこれができるから購入したようなもの。
これで、動画視聴や文字打ちが捗りますね。

2017010813.jpg



横から見るとこんな感じ。

2017010814.jpg



後ろから見るとこんな感じ。

2017010815.jpg



裏から見ると、カメラのレンズはこんな感じになります。今のところ影が入ったりとか、そういう撮影上の不具合はありませんね。

2017010816.jpg



閉じるとこんな感じ。

2017010817.jpg



マグネットが聞いていて、「パタン」とくっついてくれます。だから、ポケットの中でパカパカするということはありません。しかし、カードとか入れすぎると、やや閉まりにくくなるかもしれませんが、それでも十分な磁力があります。Amazonのレビューにもありましたが、逆に磁力が強すぎるので、カード類がダメになることがあるようです。なので、カードの磁気の部分を中央寄りに入れる必要があります。これは、仕方が無いかな。入れ方さえ間違わなければ、大丈夫です。

また、手帳型のケースの利便性として、持ちやすいというのがあるように思いました。開く部分も持つことができるので、フォールド感が高く余計に落としづらいのです。

あと、やはり皮特有のつや感とか、高級感とかは持っていて愛着がわきそうです。皮メンテ用のワックスとかも購入し、磨いたりして良い感じに育てていきたいと思います。







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 敬遠してたけど、使ってみたら良かった

最近、手帳型のケースって多いですよね?
だからこそ、やや敬遠していたのですよ。みんなと同じのもちょっとなぐらいな感じで。
しかし、今回実際に使ってみて、なぜに皆さんが、手帳型のケースを使っているのか、よく分かりました。
そもそも落としにくい構造だし、落としても画面にダメージが少なさそうなのも良いです。また、iPhoneを立てることができるので、外付けキーボードとの組み合わせの相性も良さそうです。あと、何気に自分の中のお気に入りポイントは、カードケースです。iPhoneだけをポケットに入れて出かけても何とかなるというのは、非常に楽なんですよね。近所のコンビニに行くときに、「財布+iPhone」だったのが、「iPhoneのみ」で良くなるのですから、楽すぎです。
SHIELDONのiPhoneケースは、超オススメですね。


iPhone7用やSE用もあります。こちらは、iPhone7用。
※本日、タイムセールの対象品になっている模様(2017年1月8日)




黒にするか本当に迷いました。




SE用。





人は、iPhoneが失われるとどのようになってしまうのか?

2017010600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
年末に私のiPhoneの画面が、ひょんなことから木っ端微塵になってしまったという記事を書きました。すぐに修理に出したのですが、その後どうなったのかというレポートです。
「人は〜」と主語が大きめですみません。
しかし、この季節同様の悲しみに襲われている人がいるかもしれないし、これからそうなるかもしれない人々のためにも、レポートいたします。

  
【 人は、iPhoneが失われるとどのようになってしまうのか? 】  

 1.iPhoneの画面が割れてしまった事件

 2.そして修理へ

 3.失われし4日間

 4.結論







checkmark.png 1.iPhoneの画面が割れてしまった事件


12月の中頃、忘年会の帰り道。iPhoneを見ようとしてポケットから取り出した時に、それは起こりました。

「ポロリ」

まさにそのような表現が正しい感じで、手からすり抜けアスファルトに向けて

「コツン」

とiPhoneが落ちてしまったのです。
私は、割と頻繁にiPhoneを落としてしまう人なので、いつものごとく拾い上げると、画面がバキバキになったiPhoneが…。しかし、私はけっこう酔っていたので、

「これは、悪い夢に違いない」

とすぐにポケットにしまい、そのまま帰路へ。そして、爆睡。
次の日に目覚めて、改めてiPhoneを見てみると、それは昨日見たままの画面がバッキバキに割れた状態ではないですか!

夢だけど、夢じゃなかったー!!

気絶しそうになりそうなのを堪え、きちんと作動することを確認しました(不幸中の幸いですね)。
すぐにでも修理に出したかったのですが、今の仕事が一段落する前に出すと色々と支障をきたしてしまいそうだったので、渋々その状態でしばらく使うことにしました。

2017010601.jpg




checkmark.png 2.そして修理へ

残念ながらすぐにApple Storeに持ち込める環境ではなかったので、12月23日にある程度仕事の区切りがついた段階でAppleに修理を依頼しました。この辺りは、以前の記事を参照していただけたら、ありがたいです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

エクスプレス交換サービスというサービスがあることをあとで知ったり、その料金がイマイチ分かりにくかったりしたので、今回はあえて見送ることに。どうやら、料金が、ほとんどかからず新品と交換してもらえるらしい。でも、サポートの話だと1万ぐらいかかるらしいとのことなんだよなあ…。誰か、後学のためにも正確なところを教えて欲しいです。

iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート
iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート




とりあえず、できることはしなくてはいけません。
12月24日の朝にiPhoneをiTunes経由でバックアップしました。できることは、したつもりでしたが、あとで色々と後悔することになるとは、この時は思いもよりませんでした。

24日の午前中に宅配業者が’iPhoneをピックアップして、私のiPhoneは旅に出て行きました。

2017010602.png




checkmark.png 3.失われし4日間

これからは、私のiPhoneを失ってからのレポートになります。

◻︎ 24日(土)
ふとした時に、手を伸ばすのですが、もちろんそこにはiPhoneはありません。

「あぁ、今修理中だったんだ…。」

と、早くもiPhoneロスな症状が出始めました。
そのため、自分が愛用しているiPad mini4をiPhone代わりにすべく、いじり始めました。

 ☑︎ iMessageは、使える!
 ☑︎ メールは、Gmailなので問題なし!
 ☑︎ Facebookでつながっているメンバーには、Facebook Messengerで連絡をもらうことに
 ☑︎ Googleハングアウトでつながっている人も問題なし!


だいたいOKかと思われたのですが、そういえばLINEは?
以前、かなり前にiPad miniにLINEを入れていたのを思い出し、アクセスしてみます。
普通に送られてきたメッセージを読むことができました。ホッと胸をなでおろしたのもつかの間、こちらからメッセージを送ることができないことが判明しました。どうやら、LINE for iPadは、終了宣告されているらしく、新しいLINEアプリをダウンロードせよとのこと。面倒になって、明日に持ち越すことに。


◻︎ 25日(日)
クリスマス当日。
子どもが、サンタさんからのプレゼントで大喜びしています。
さて、iPhoneで撮影…あ、ない。と、昨日と同じ感じになっている自分に気づきます。仕方がないので、iPad miniで撮影する。この日は、家族サービスに忙しく、あまりiPhoneを意識する時間が少なかったかもしれません。それと、思ったよりも、iPad miniだけでなんとかなっている自分に気付き始めました。仕事上のメールや個人的なメッセージなども、ほぼなんとかなっている感じ。しかし、LINEが使えないことは、かなり痛い感じになってきました。重要なメッセージが届いても、読むことはできても返信ができず、かなり困りました。


◻︎ 26日(月)
ここからが、本番という感じになってきました。仕事関係のメールなどもバンバンやってきます。メールに関しては、全く問題がないのですが、電話も困ったことになってきました。事前に考えられる範囲には、お知らせしていたのですが、どうやら想定以上に電話があった模様。とはいえ、知る手段がないので、あとで着信履歴で知ることになるのですが。

LINEの件は、どうにもならず、できる限りの方法で、「今はムリ」という連絡をしました。しかし、LINEのみでしか繋がりのない人は、一体どうすれば良いか皆目見当がつきません。どうやら、LINEを二重認証にしているため、iPhoneがないと新たにWindowsでもiPad miniでもムリな模様。事前になんとか接続しておけばよかった…と激しく後悔しました。皆さんLINEだけは、気をつけた方が良いですよ!

電話に関しては、SMARTalkで電話することができることを思い出し、速攻インストールして試してみました。電話帳に関しては、Google連絡先と同期しているので、この部分に関しては、全く問題ありませんでした。恐る恐る電話をしてみると、繋がりました!iPad miniが、巨大な電話に変身です。しかし、SMARTalkは、IP電話なので、相手側には非通知でしか繋がらないのです。それでも、奇跡的に電話に出てくれて、事情を説明しました。このあたり、2030年のオリンピックに向けて、改善してほしい部分の一つですね。なんとかならんのか??
固定電話へは、Viberで対応しました。相手に対する通知さえ必要なければ、もはやIP電話だけでもなんとかなりそうな感じです。





◻︎ 27日(火)
宅配業者のオンライン追跡サービスで、向こうの修理工場を出たことを確認しました。それと、同時にAppleからメールが来ました。どうやら、私のiPhoneは、致命的だったらしく、新品に交換とのことでした。嬉しいやら悲しいやらですね。
この日で年内の仕事は、粗方終わらせることができたので、ホッと胸をなでおろしつつ、緊急の案件がいくつか入ったので、急いで対応しようとした時に、やはり電話がない…。結果的にiPhoneは、電話なんだという非常に当たり前の事実に思い至りました。これに関しては、他の手段でなんとかなりました。

この時点でiPad miniで電話ができないことと、LINEができないということ以外は、特に不都合がなく感じ始めました。むしろ、画面が大きいので、見やすいことに少しメリットを見いだし始めていました。しかし、それは、Wi-Fiが使える環境だけで、Wi-Fiなしの環境ではどうにもならないことが多かったです。

次回、iPad miniを買うことがあるならば、SIM対応のものにして、通信料金の安いところと契約しようと心に決めました。



◻︎ 28日(水)
宅配業者のオンライン追跡サービスで確認すると、もう少しで到着するみたいで安心しました。残務の整理をしつつ、気づいいたら夕方に。そういえば、iPhoneが無いことを気にしていなかったことに気づきました。
帰宅すると、ちゃんとiPhoneが届いており、感動の再会をしました!(といっても、新品ですが)

2017010603.jpg




checkmark.png 4.結論

さて、ほぼ丸4日間iPhone無しの生活を体験したわけですが、総括すると、ぶっちゃけそれほど困らなかったような気がします。というのも、ほぼiPad miniで代用できたからです。最初は、不安とiPhoneロスになっていましたが、いざ失われてみると、「なんとか今の環境でなんとかしよう!」という変な前向きさが出て来たというのもあります。
以下に「困ったこと」と「困らなかったこと」をまとめてみました。

1.困ったこと
LINEだけは、最後までどうしようもなかったです。しかし、これも事前にきんとiPad mini側で認証しておけば、問題なかったとも言えるので、準備をどれだけきちんと進められるかにかかっているのかな?と思いました。

あと、電話ですね。
iPhoneは、電話であるというシンプルかつ強力な事実に思い至りました。ただし、これも(相手が)非通知さえ気にしなければ、何とかなりそうな気がします。

二重認証に関しては、今回は特に必要としなかったので問題になりませんでしたが、万が一、二重認証が必要な事態が発生すれば、きっと途方に暮れたことと思います。一応、各サービスそれぞれ、そのような場合を想定して、若干逃げ道のようなものがあるのを発見できたのは収穫でしたが、面倒極まりない感じです。

Wi-Fi環境が、厳しいところでの使用は難しいと思いました。
いつも4Gで接続されているiPhoneのアドバンテージですね。
また、公衆無線LANもセキュリティが確保されていない場所では、ネットには繋がるものの、そういう通信環境では使えないアプリも多く困りました。スターバックスのWi-Fiは、セキュリティ的にはどうかと思うものの、通過できるアプリが多かったということも報告しておきます。



2.困らなかったこと
アプリの面では、ほとんど困りませんでした。
iPhoneに入れていたアプリで無かったものをダウンロードしたら、ほとんど使えた上に、画面の大きさが逆に心地よかったりしました。もしかしたら、次のiPhoneは、Plusにするかもとさえ思いました。

むしろ、これに電話がついたら最高?ぐらいな感じに、後半思えてきました。
音声SIMを入れて、Apple WatchとBluetoothのヘッドセットを装備したら、軽量かつ最強な仕事兵器になりそうな気すらします。



また、写真に関しては、全てGoogleフォトにバックアップされているので、iPhoneがなくなるまでの写真も普通に見ることができたし、iPhoneが帰って来てからもすぐに、iPhoneなしの時の写真が同期されました。このあたりのオンラインストレージは、実に最高としか言いようがありません。






eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 困らなかったといえば嘘だけど、意外と大丈夫だった

結論は、上で述べましたが、意外に何とかなるもんだなと思えたのは確かです。iOSで共通しているからというのもそうだし、代替手段も案外あるもんだと思えたのも収穫でした。iPhone無しの生活が始まる前は絶望的な気持ちになっていたのが、後半にはまだまだいける!ぐらいにはなっていました。

実は、iPhoneが帰って来てから大変だったのです。
新品になりバックアップから復帰したら、すぐに全て元どおりだと思っていたのが甘かったです。というわけで、近日中にiPhone帰還編を書きたいと思います。





iPhoneの画面が割れたときにやるべきこと&できること

2016122400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
まさかの年末のこの時期にiPhoneの画面が割れるなんて…と、悲嘆に暮れまくっています。今回は、iPhoneの画面が割れたときに、やるべきことと修理顛末を書いていきます。涙で前が見えん…。

ちなみに、Appleストアに持ち込みができる環境の人は、ジーニアスバーに予約を入れて、即日修理してもらった方が良いです。あくまで、そういうことができない場合についてです。


  
【 iPhoneの画面が割れたときにやるべきこと&できること 】  

 1.iPhoneの画面が割れてしまった…

 2.代替iPhoneを探す→失望

 3.iPhoneの修理の手続き

 4.エクスプレス交換サービス?

 5.iPhoneを送る前にすること







checkmark.png 1.iPhoneの画面が割れてしまった…

先日、飲み会の帰りに、iPhoneをポケットから出したら、手から滑り落ちアスファルトに「コツン」といってしまいました。私は、けっこうポロポロiPhoneを落としてしまう人なので、いつものことだぐらいに拾い上げたところ、右上から強烈なひび割れが…。

酔っていたせいもあり、「気のせいだ、きっと」。とポケットにしまい込み、そのまま帰宅&爆睡。

翌日、目が覚めて、もう一度iPhoneを見てみると、やはり同じように割れているではありませんか!

夢だけど、夢じゃなかった!

的な?
愕然としてしまいましたが、このままの姿では通常使用に差し支えさえ出そうです。

2016122401.png



そこで、まずはできることを、やり始めました。




checkmark.png 2.代替iPhoneを探す→失望

私の知り合いの話から、「iPhoneの代替機がショップにある」とのことだったので、すぐに探し始めました。私は、現在、ソフトバンクなので、iPhoneを契約したソフトバンクのショップに行き、代替機について聞いてみました。すると、

この時期は、画面割れする人が多くて来年の1月ぐらいまでない

とのお返事。
では、他のソフトバンクのショップにないか問い合わせをお願いすると、

うちの系列店は、ここら辺ではここだけなので、他のソフトバンクのショップへはお客さんが問い合わせをしてください。

とのこと。系列店って何??
どうして、ソフトバンクの看板なのに、横のつながりがないの?
という質問をすると、どうやら同じソフトバンク看板をつけていても、系列店が違うとやりとりができないとのことでした。ナニソレ、その融通のなさは。

ソフトバンク同士、お互いに融通しあえよ!

という気持ちもそこそこに、他の系列点やらに、どんどん電話をかけて探してみました。しかし、全て代替機が出払っているか、すでに予約が入っており、難しい状況に。

残念ながら、Appleストアに直接持っていくことができない環境なので、ほとんど諦めの境地に至りました。この時点で、代替機でなんとかするという案は、ほぼ消滅し、5日~1週間程度iPhone無しの生活に切り替えるという気持ちになってきました。

iPhone 修理サービス Q&A センター - Apple サポート
iPhone 修理サービス Q&A センター - Apple サポート







checkmark.png 3.iPhoneの修理の手続き

そうやって腹をくくると、案外行動は素早くなるものです。
すぐにAppleのサイトから、修理の手続きをしました。

iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト
iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト





ここでアドバイスですが、iPhoneの画面が割れていても操作できる状態ならば、iPhoneから申し込むとラクですよ!あとで触れますが、シリアルナンバーなどをいちいち打ち込む手間が省けます。あと、「iPhoneを探す」をオフにしておいてください。

「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」をオフ

の順でできます。

2016122402.png



「配送修理」というのは、運送業者がiPhoneをピックアップして、修理工場に持ち込み、修理が完了したら送り返してくれるサービスです。

iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト
iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト




2016122403.png



さっそく、シリアル番号が必要になるのですが、「サインインして製品を選択する」をタップすると良いです。

2016122404.png



サインインして。

2016122405.png



Apple IDに登録している製品一覧が見えるので、その中からiPhoneを選びます。すると、それだけでシリアル番号が自動入力されます。

2016122406.png



ここからは、スクリーンショットを撮っていなかったので申し訳ないのですが、住所の確認や支払い方法などの選択などを行うと、あっという間にできました。その間10分前後。このあたりの作り込みは、さすがAppleと言えます。





checkmark.png 4.エクスプレス交換サービス?

さて、修理の依頼を出してしまってから、すぐに「エクスプレス交換サービス」というのを発見してしまいました。
このエクスプレス交換サービスというのは、Apple Care+に入っていれば、

新品のiPhoneと交換してくれる

というサービスなのです。
しかも、宅配便で届けてくれるというのですから、至れり尽くせりですよね。

iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート
iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート





さすがに、そんなに美味しい話には、何かあるかも?
ということで、Appleのサポートに電話で確認してみました。
その電話での要点は、以下の通りでした。

・宅配業者が、新品を持っていくので、SIMさえ入れ替えればすぐに使える
 →修理の時間を待つ必要が無い
・Apple Care+に加入している場合、
  画面割れの修理費用は、3800円ぐらい
  エクスプレス交換サービスは、10000円ちょっとかかる

これ非常に分かりづらいのですが、Appleのサイトでは、以下のような料金設定が表示されています。

iPhone のモデル保証対象外修理
サービス料金
交換機価額
iPhone 7 Plus
32 GB34,800 円85,800 円
128 GB34,800 円96,800 円
256 GB34,800 円107,800 円
iPhone 7
32 GB32,000 円72,800 円
128 GB32,000 円83,800 円
256 GB32,000 円94,800 円
iPhone 6s Plus
16 GB33,000 円70,800 円
32 GB33,000 円72,800 円
64 GB33,000 円78,800 円
128 GB33,000 円83,800 円
iPhone 6s
16 GB30,000 円59,800 円
32 GB30,000 円61,800 円
64 GB30,000 円67,800 円
128 GB30,000 円72,800 円
iPhone 6 Plus
16 GB33,000 円61,800 円
64 GB33,000 円67,800 円
128 GB33,000 円110,800 円
iPhone 6
16 GB30,000 円50,800 円
64 GB30,000 円56,800 円
128 GB30,000 円98,800 円
iPhone SE
16 GB26,800 円44,800 円
64 GB26,800 円49,800 円
iPhone 5s
16 GB26,800 円42,800 円
32 GB26,800 円48,800 円
64 GB26,800 円87,800 円


これを真に受けると、「保証対象外修理サービス料金」がかかってしまうのではないか?と思ってしまうのですが、どうも違うようです。
サポートの方とも確認したのですが、私の場合は、10000円ぐらいとのことでした。ここらへんは、非常に分かりづらいなと感じた点です。もう少し親切な表示をしてくれても良いような気がします。

結果として、私は今回はエクスプレス交換サービスを利用しませんでした。
iPhoneが、使えない数日間(5~1週間)は、相当辛いような気もするし、社会人としていかがなものか?という気持ちもあったのですが、

逆にiPhoneなしで生活が可能なのか?

という純粋な好奇心が芽生えてしまったのです。
単にアホという気もしなくもないのですが、悪影響を限りなく減らしつつチャレンジしてみることにしました。
これについては、後日、記事にしたいと思います。果たして、人はiPhone無しで生活できるのか?





checkmark.png 5.iPhoneを送る前にすること

さて、そうと心が決まってしまったら、あとはやるだけです。

1.iPhoneのバックアップをとる
やり方に関しては、ここらへんを参考にしてみてください。完全なバックアップには、暗号化必須です!
iTunes でバックアップをする(Windows® パソコンでの操作方法) | iPhone | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク
iTunes でバックアップをする(Windows® パソコンでの操作方法) | iPhone | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク





2.連絡先&写真の個別バックアップ
普通は、やった方が良いといわれていますが、しませんでした
連絡先は、Googleコンタクトと同期しているし、写真もGoogleフォトと同期しているので、もはややる必要を感じなかったのです。


3.データの消去
「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」

で、できます。
さすがに抵抗感ある。


4.カバーを外す&SIMを抜く
今まで愛用していた「Man&Woodの天然木ケース」ともこれでさようならです。




なぜならば、新しいカバーを買うから。
今度は、絶対に画面が割れないやつを買ってやる!でも、この横に入った木目大好きだったんだよなぁ…。

そして、数時間後に宅配業者が来て、持って行ってしまいました。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 年末、iPhoneなしチャレンジ敢行中!

なんでまた、年末のこの時期にiPhone無しの生活にわざわざ突入しようと思ったのか?なぜ、エクスプレス交換サービスを申し込まなかったのか?

色々なことが、頭をよぎり過ぎるぐらいには、グルグルしています。しかし、純粋な好奇心というやつには、勝てませんでした。

人(というか自分は)は、iPhone無しで生活できるのか?

このあたりに関しては、iPhoneが帰ってきてから記事にしたいと思います。
少なくとも今の心境は、苦しい。言えることは、それだけです。


追記:そして、本日アプリのセールが始まりました。半額だそうです…。






このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG