FC2ブログ
TOP > CATEGORY - iPhone

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

AssistiveTouchを魔改造する!【解決編】

2019101900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、「iOS13のAssistiveTouchには、Siriショートカットも登録できる! - 情報管理LOG」という記事を書いたのですが、その最後に「AssistiveTouchを魔改造する」と大言壮語を吐いたものの、結局上手くいかなかったという惨事がありました…。
※参照:「AssistiveTouchの魔改造が上手くいかなかった件について - 情報管理LOG

今回は、そのAssistiveTouchの魔改造編の解決編になります。様々な方々のアシストで無事解決いたしました。
というわけで、AssistiveTouchが超絶便利になるので、どうぞ!


  
【 AssistiveTouchを魔改造する!(解決編) 】  

 1.やること

 2.上手くいかない→アンサーへ!

 3.魔改造されたAssistiveTouch







checkmark.png 1.やること

まず、このAssistiveTouchの魔改造ですが、何をしたいのかというと

AssistiveTouch上から自由にSiriショートカットを起動する

ことを目標としています。
そうすることによって、AssistiveTouchの上位メニュー8つという制限を超えて、iPhoneを超便利にしてくれると考えていました。

AssistiveTouchって何という人は、この半透明のポインタのことです。




これに、様々な機能を割り当てることができるのです。

2019101901.png


このAssistiveTouch自体は、どんなアプリ上でもオーバーレイしているので、どこからでも発動可能な機能が8つもあると考えることもできます。

そして、今回のiOS13のアップデートによって、AssistiveTouch上でSiriショートカットが設定できるようになりました。Siriショートカットって何?という人は、以下の記事を参照してみてください。

【iOS12】Siriショートカットってなにができるの?使い方解説 入門編


以前は、Workflowというサードパーティーアプリだったのですが、iOS12からOSに統合されました。それが、良い方向に作用したということですね。




checkmark.png 2.上手くいかない→アンサーへ!

AssistiveTouchからSiriショートカットを(1つとか2つだけではなく)自在に起動できるようになったら、相当便利なのではないか?と思い立ちやってみることに。今までやっていた知識を総動員しながら取り組んで、それぽいのを作り上げました。しかし、エラーが発生して止まってしまうのですよ。

こちらが、作ったレシピ。




で、これを実行すると、ショートカット選択までいくのですが、そこから先が進めず、エラーが。

Image from Gyazo" border="0" />


かなり色々試してみたのですが、どうにも上手くいかないので、こういう時はネットに解き放ってみよう!というのが、正しい解決方法かな?と思ったので、自分が上手くいかないことも含めて、記事としてアップしてみました。
それが、この前回の記事です。

AssistiveTouchの魔改造が上手くいかなかった件について


そうすると、すぐさま何人かの方々から、情報が寄せられました。
ネットの力スゴイ!

その中で「Porter for Scrapbox」の作者であるしかさω(@four_or_three)氏から有力な情報が寄せられました。

Porter for Scrapbox

Porter for Scrapbox

shunsuke senoo無料posted withアプリーチ







なんと!いきなりファイナルアンサー出てきた!!!

やや、トンチンカンな私に対して、丁寧に解説までしてくださいました。







checkmark.png 3.魔改造されたAssistiveTouch

というわけで、おかげさまでAssistiveTouchの魔改造を完了することができました。
では、どんな感じになったのか見てもらいましょう。

Image from Gyazo


速すぎて分かりづらいかもしれませんが、AssistiveTouchに登録した「ショートカット起動new」をタップ。

2019101902.png



そして、「実行」をタップ。

2019101903.png



登録してあるSiriショートカットから「写真をDropboxに保存」を起動。

2019101904.png



という流れです。

iPhoneの自動化が、さらに自在になること請け合いです。素晴らしい!




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 アドバイスくださった皆様ありがとうございました!

今回のAssistiveTouchからSiriショートカット起動に関わって、コメントやアドバイスをくださった皆様ありがとうございました。こうやって、一つの問題に対して、色々なご意見をいただけるというのは、とてもありがたいことだなと思います。
今回ご紹介できなかった部分もありますが、とても勉強になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
ネット素晴らしいなと改めて思った次第です。



AssistiveTouchの魔改造が上手くいかなかった件について

2019101700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前々回の記事の終わりの方で「次回は、このAssistiveTouchを魔改造してSiriショートカットを自由自在に操れるようにしてみたいと思います。」というようなことを書いたのですが、その後、Siriショートカットの不具合でどうにも進めなくなってしまいました。完成したら非常に便利だと思うのですが、困っています。
もしも、Siriショートカットに詳しい人がいたら、ぜひともこの状況を打破する方法を教えて欲しいと思います。

※追記:しかさω(@four_or_three)氏の導きによって、無事解決いたしました!感謝!
これに関しては、こちらの記事にまとめました。


AssistiveTouchを魔改造する!【解決編】


  
【 AssistiveTouchの魔改造が上手くいかなかった件について 】  

 1.AssistiveTouchでSiriショートカットが使えるようになった

 2.やりたかったこと

 3.Siriショートカットの中身を公開







checkmark.png 1.AssistiveTouchでSiriショートカットが使えるようになった

iOS13になってAssistiveTouchで、なんとSiriショートカットが使えるようになりました。これは、本当に素晴らしくて、AssistiveTouchであれば、どんなアプリ上からも即使えるという利点があります。ますます自動化が図れる素晴らしいアップデートでした。
このあたりのことは、前々回の記事に詳しく書きました。

iOS13のAssistiveTouchには、Siriショートカットも登録できる!

AssistiveTouchとは、このような半透明な丸いポインタみたいなヤツでホームボタンの代わりになったり、様々な機能を割り当てることができます。




例えば、AssistiveTouchを3Dタッチしたときの挙動にスクショの撮影を割り当てると、こんな感じで、グッと押し込んで3Dタッチするだけで、スクショが取れたりできるのです。




で、今回のiOS13によって、このAssistiveTouchのボタンの機能とメニューそれぞれにSiriショートカットを設定可能となったのです。




メニューに設定したものを起動させると、このようになります。これは、スクショをDropboxにアップロードするというSiriショートカット。

Image from Gyazo


3Dタッチでスクショ、AssistiveTouchのメニューで即アップロードみたいなことができてしますのですよ。




checkmark.png 2.やりたかったこと

ここからさらに発展させていきたいと思いますよね。
私が、やりたかったことは、こんなことです。

AssistiveTouchのメニューからショートカットを選択して起動できるようにしたい

具体的にどういうことかというと、AssistiveTouchのメニューを表示させて、「ショートカット起動(名称仮)」というSiriショートカットを起動させると、ショートカットの一覧が表示され、そこから選んでさらにSiriショートカットを起動させることができるというショートカットの多段起動みたいなことです。
そうすると、AssistiveTouchが実質、Siriショートカットのハブみたいな機能を持たせることができると考えたのです。

しかし、上手くいきませんでした。
   



checkmark.png 3.Siriショートカットの中身を公開

私が、やろうとしたことは伝わったでしょうか?
一応、上手くいかなかったのを動画化しましたので、観てください。

Image from Gyazo


AssistiveTouchのメニューで「ショートカット起動2」というSiriショートカットを起動すると、Siriショートカットの一覧を取得し、表示させます。そして、そこから選んだSiriショートカットがさらに起動するというイメージでした。しかし、止まってしまうのですよね…。変数の定義の問題か?とか、一度、Siriショートカットをアンロードしないとダメか?とか色々考えて試してみたのですが、結論は出ませんでした。

そういうわけで、そういう時は、ネットに解き放ってみるというのが、正しい解決方法だと考えましたので、以下に置いておきますね。

実は、この「ショートカット起動2」自体がSiriショートカットの多段起動になっています。なぜなら、その次に実行する「Shortcut起動」というスクリプトをAssistiveTouchから直接起動できなかったのですよね。これも理由が分かりません。これが、私の環境固有のモノなのか、それとも共通の不具合なのか。

まず一つ目の「ショートカット起動2」のスクリプトです。

2019101701.png



そして、次に起動する「Shortcut起動」です。

2019101702.png



なぜ、こんなまどろっこしいことをするのかというと、「Shortcut起動」から直接、AssistiveTouchから起動する事ができないので、「ショートカット起動2」をかますことによって、起動できるようになりました。
でも、ここまで。ここから試行錯誤しても上手くいかないのですよね。どうしてものか。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 AssistiveTouchからできるようになったらすごい便利なんだけどな

AssistiveTouchからSiriショートカットが自由に起動できるようになったら、アプリを問わずどこからでも起動できるという非常にすごいワザになりそうなんですよね。しかし、バグなのか仕様なのかイマイチ判別がつきません。というか、そもそも直接「Shortcut起動」が起動しないのどうなのか?と思いますし。謎です。
分かる方いらっしゃいましたら、@yoshinonまでご連絡いただきますようお願いいたします。



iOS13のAssistiveTouchには、Siriショートカットも登録できる!

2019101400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iOS13では、ショートカットがiOSに完全統合された感じがしますよね。今回は、まだほとんど知られていないのでは無いかと思うネタです。なんと、AssistiveTouchにショートカットが登録できるのです。
と書くと、それで終わってしまいそうな気もしますが、詳しく書きますので、以下も読んでみてください。


  
【 iOS13のAssistiveTouchには、Siriショートカットも登録できる! 】  

 1.AssistiveTouchが強化された

 2.AssistiveTouchにショートカットを登録する

 3.どこからでも起動できるスゴさ







checkmark.png 1.AssistiveTouchが強化された

iOS13になって、様々な機能がアップデートされていますが、個人的にうれしかったのが、AssistiveTouchの機能が拡充されたことです。AssistiveTouchって何?という人もいるかもなので、解説すると、このように画面上に半透明のボタンを表示させることができます。これは、自由に配置することが可能で、様々な機能を割り当てることができるのです。

Image from Gyazo


私は、最初はホームボタンを痛めないために使い始めたのですが、最近ではホームボタンよりも断然便利なので、家中のiOS製品は、全てAssistiveTouchにしています。

さて、iOS13になって、このAssistiveTouchがかなり強化されました。
一つは、このAssistiveTouchが、Bluetooth対応のマウスのポインティング代わりになったことです。

iOS 13:AssistiveTouch機能で、Bluetoothマウスが利用可能に | iOS | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)


まあ、iPadならばまだしも、iPhoneでマウスを使う意味…とか色々考えてしまいますが、プレゼンの時とかにいいかも!!と今思いつきました。

また、後述しますが、AssistiveTouchにSiriショートカットが登録可能になったというのは、革命レベルですごいことだなと思っています。

2019101401.png




checkmark.png 2.AssistiveTouchにショートカットを登録する

AssistiveTouchにSiriショートカットを登録する方法は、2つあります。

1つは、AssistiveTouchのカスタムアクションにSiriショートカットを登録する方法。
もう1つは、AssistiveTouchのメニューに登録するという方法です。

1.AssistiveTouchのカスタムアクションに登録する方法

まず、AssistiveTouchの設定方法ですが、iOS12と変わりましたので注意が必要です。

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「AssistiveTouch」

からアクセスしてください。

2019101402.png

2019101403.png




ここで、「カスタムアクション」という項目があるはずです。これは、AssistiveTouchのボタン自体に機能を割り当てることができるというものです。

2019101405.png

2019101406.png


例えば、AssistiveTouchのボタンを3D Touchするとスクリーンショットを撮影するという機能を割り当てると、このような挙動になります。

Image from Gyazo


これに、Siriショートカットを設定することができるようになるのです。AssistiveTouchを長押ししたり、ダブルタップするだけで、Siriショートカットを発動させることができるというのは、すごいと思うのですよね。





2.AssistiveTouchの最上位メニューに登録する方法
もう一つが、AssistiveTouchの最上位メニューにSiriショートカットを登録する方法です。この最上位メニューというのは何かというと、AssistiveTouchをタップしたときに出てくるメニューのことです。

2019101404.png



これにアクセスすると、このようにAssistiveTouchのボタンそれぞれに機能を割り当てることができるのです。

2019101407.png

2019101408.png



ここに以前はなかった、Siriショートカットを設定できるようになりました。

2019101409.png




checkmark.png 3.どこからでも起動できるスゴさ

AssistiveTouchにSiriショートカットを設定できることの何がスゴいのかというと、どこからでもSiriショートカットを起動できるという点です。

AssistiveTouchが苦手という人は、どんなアプリ上でもぼんやりと現れるのが、嫌みたいなのですが、逆に考えれば、どんなアプリであっても、ここからアクセスできるというのは、強みですよね。

どんなアプリ上からでもすぐにアクセスできる機能は、コントロールセンター、通知センター、そしてこのAssistiveTouchだけなのですから。ここに最大8個も機能を和紙当てることができるなんてすごいと思いませんか?

ちなみに、私はAssistiveTouchには、不動の機能割り当てがあるので、カスタマイズできるとしたら、1~2個ぐらいなのですよね。悩ましい限りです。
※赤の部分が、カスタマイズ可能な場所。

2019101410.png



「」
 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 次回はさらに魔改造してみます

AssistiveTouchにSiriショートカットが設定できると夢が広がりますね。しかし、今回明らかになったように、最大登録できても8個までという制限は痛いです。ましてや、日頃からAssistiveTouchを使いまくっているならば、そこまで自由度は高くないはずです。そういうわけで次回は、このAssistiveTouchを魔改造してSiriショートカットを自由自在に操れるようにしてみたいと思います。



幼女戦記」が、10巻まで半額になっています。この作品、タイトルでかなり損をしている気がする…。
幼女戦記(1) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA (2016-12-10)
紙の本の価格: ¥638
割引: ¥322 (50%)
Kindle 価格: ¥316





iPhoneの輝度を最低輝度よりさらに暗くする方法【iOS13対応】

2019101200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
地球史上最大の台風などと喧伝されている台風がいよいよ上陸です。ホームセンターで養生テープが売り切れていたり、電池がスゴイ勢いで買いあさられていたりと、災害対策がスゴイですね。
さて今回は、災害に遭ったときに、少しでもiPhoneのバッテリーを長持ちさせるために最低輝度よりもさらに一段階暗くする方法についてです。iOS13になってから、色々変わったので、iOS13完全対応版です。


  
【 iPhoneの輝度を最低輝度よりさらに暗くする方法 】  

 1.iOS12の方は、こちら

 2.最低輝度よりも暗くする方法

 3.簡単に切り替える方法







checkmark.png 1.iOS12の方は、こちら

今回の記事は、iOS13対応の記事ですので、iOS12までの方は、情報管理LOGの過去記事を参考にやってみてください。
これと、

iPhoneを最低輝度よりさらに暗くする設定について解説するよ!

これが記事です。

iPhoneをツータップで最低輝度よりさらに暗くする裏技




checkmark.png 2.最低輝度よりも暗くする方法

これは、夜中にスマホをいじる人も目を痛めなくても良いので、覚えておいて損はないです。これによって最低輝度よりもさらに一段階暗くなります。多少見づらくなりますが、背に腹は代えられません。

ちなみに、iOS13では、メニューの配置などが変わっているので、以下を参考にどうぞ!

1.設定→アクセシビリティのズーム機能を選択

2019101201.png


2.ズーム領域をフルスクリーンに変更
3.ズームフィルタを低照度に変更<
4.ズームレベルを1.2xに変更

2~4は、一気にやってしまいましょう。

2019101202.png



5.ズーム機能をオンにして、三本指でトリプルタップ
ズーム機能をオンにすると、さらに暗くなります。
しかし、1.2倍に拡大された状態なので、これを通常の画面サイズに戻します。
そこで、三本指でトリプルタップすると、メニューが出てきます。拡大サイズを最小にしてください。そうすると、通常の画面サイズになるはずです。

2019101203.png



6.アクセシビリティのショートカットにズーム機能を設定する
「アクセシビリティ」の項目の一番下に「ショートカット」という項目があります。

2019101204.png



そこで、「ズーム機能」にチェックしておきましょう。

2019101205.png



そうすると、ホームボタンのトリプルクリック。または、iPhoneX以上は、電源ボタンのトリプルクリックでこのように「アクセシビリティのショートカット」が出てきます。ここで、先ほど設定した「ズーム機能」をタップすれば、最低輝度よりもさらに一段階暗くなります。

2019101206.png



こんな感じです。

Image from Gyazo




checkmark.png 3.簡単に切り替える方法

これもiOS13になってから変わったので、iOS13の人は、以下を参照してください。
AssistiveTouchで簡単に切替ができるように設定しましょう。そうすると、かなりラクになります。

1.設定→アクセシビリティ→タッチ

2019101207.png



2.AssistiveTouchオン

2019101208.png



3.最上位メニューをカスタマイズ

2019101209.png



4.アクセシビリティショートカットを設定

2019101210.png



これで、AssistiveTouchからアクセシビリティショートカット→ズーム機能の流れが、スムーズになります。

2019101211.png


そうすると、こんな感じになります。

Image from Gyazo



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 モバイルバッテリーは必須ですよ

iPhoneの最低輝度よりも暗くするというのは、一種の緊急避難的意味合いがありますが、それよりもやはりモバイルバッテリーを常備しておくというのが正解でしょうね。大容量のがあると安心感が違いますよね。











カメラロールにあった大量のCanonIXYの空アルバムを半自動で削除した話

2019100900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
サードパーティーのアプリでカメラロールを呼び出すときに、やたら時間がかかるなと思っていました。そこで、よーく見てみたら、大量の空フォルダが…。そりゃ、処理に時間がかかるでしょうよというレベルです。
というわけで、とても手作業でやれるないようではなかったので、半自動で削除することにしました。


  
【 カメラロールにあった大量のCanonIXYの空アルバムを半自動で削除した話 】  

 1.カメラロールの中に大量にあった空アルバムの正体

 2.犯人はカメラからの転送アプリだった

 3.PC側から削除できず…

 4.無理矢理半自動で削除することに







checkmark.png 1.カメラロールの中に大量にあった空アルバムの正体

一番最初にも書きましたが、サードパーティー製のアプリでカメラロールを読み取ろうとすると、ややしばらく待たされるということが頻発しており、抜本的な解決を試みようと思い立ちました。

そこで、何が悪さをしているかと、カメラロールを見てみたら…ありました。
というか、なぜ気づかなかった>自分。

2019100901.png


大量に「Canon IXY 630」という名前の空のアルバムがあるではありませんか。どうしてこんなことに。ちなみに、スクロールすれどもすれども終わりが見えないぐらいの量と言えば、その凄まじさが理解できるはず!




checkmark.png 2.犯人はカメラからの転送アプリだった

この空アルバムを見た瞬間に「これは、あのアプリの仕業だな」と思いました。
それは、Wi-Fi対応のCanonのカメラからiPhoneに写真を転送するための「Camera Connect」というアプリです。

こいつだ…。

Canon Camera Connect

Canon Camera Connect

Canon Inc.無料posted withアプリーチ




というか、他に思い当たる節がなさ過ぎなんですよね。
転送するときに新しい「Canon IXY 630」というフォルダを作成して、そこからカメラロールに転送していると思われます。その時にきちんと削除してくれていれば、こんな大惨事にならずに済んだものを。



checkmark.png 3.PC側から削除できず…

さて、こんな大量のアルバムは、とても手作業では削除できそうもありません。最初は、ちまちま消していましたが、あっという間に我慢の限界に達しました(我慢の閾値が低い)。

そこで、PCに接続して、そこから削除してみることを試みました。
LightningコードをPCに接続すると、外部ストレージとして認識します。

2019100902.png



さて、中身を見てみますか。

2019100903.png



「○○Apple」というフォルダがたくさんありますが、そこに「Canon IXY 630」というようなフォルダは見当たりませんでした。ん?もしかして、カメラロールのアルバムって、ソフトウェア的にフォルダ扱いではなく、タグ扱いなのかな?確かに挙動としては、非常に納得がいきます。

しかし、だとすると八方塞がった感じになりました。
また、手作業で削除しなくてはいけないのか…orz




checkmark.png 4.無理矢理半自動で削除することに

いや、待て。どうして、情報管理LOGというブログで日々こういうテック系な記事を書いているのだ?自分は!基本、自動化大好きじゃないか!
と思い直し、まずはショートカットで解決を試みました。
しかし、ショートカットには、写真の削除はあっても、アルバムの削除という項目はありませんでした。

2019100904.png



またもや、絶望感が…。

いや、待てよ?そういえば、iPhoneを自動化する方法が、他にもあったはず!
これだー!!

iPhoneを半自動化!連続する動作を単純化するスイッチコントロール活用術 | あなたのスイッチを押すブログ

この動画を観てもらえば分かると思いますが、スイッチコントロールというワザを使うと複数動作のタップを自動化できるようになるのです。




それでは、やってみましょう。
iOS13になってから、若干メニューが変わりましたので、上の記事よりこちらの方が最新になっています。

まず、「設定」→「アクセシビリティ」

2019100905.png



「スイッチコントロール」をタップ

2019100906.png



まずは、「スイッチ」をタップ。

2019100907.png



「新しいスイッチを追加」をタップ。

2019100908.png



「画面」

2019100909.png



「フルスクリーン」

2019100910.png



「タップ」を選択します。

2019100911.png



そして、「スイッチコントロール」の設定まで戻って、今度は「レシピ」をタップ。

2019100912.png


「新規レシピを作成」をタップ。

2019100913.png



名前を分かりやすいように「アルバム削除自動化」にしました。そして、「スイッチを割り当てる」をタップ。

2019100914.png



「フルスクリーン」をタップ。

2019100915.png



「カスタムジェスチャ」をタップ。

2019100916.png



そうすると、「新規ジェスチャ」という画面になります。
で、ここで注意!!ここでタップした動きが、そのままスイッチコントロールの動きになるので、正確にタップ位置を指定しなくてはいけません。そこで、私はこのようにやってみました。一度、先ほどのアルバム削除の画面に戻って、削除するときのタップ位置に付箋を貼って、位置を確定してから、先ほどの「新規ジェスチャ」で指定しました。

2019100917.png



この状態で新規ジェスチャで場所を指定します。

2019100918.png



ポンポン押して、すぐに保存しましょう。タップする順番やタイミングが、そのまま反映されるので、手短に確実にやりましょう。

ここまでが準備段階です。長い…。
いよいよ本番です。
削除したいアルバムを表示して

2019100919.png



ホームボタンをトリプルクリック。iPhoneX以上は、電源ボタン(サイドボタン)をトリプルクリックでできます。

2019100920.png



あとは、画面上の適当なところをタップすれば、どんどん削除してくれます。タップした回数分やってくれるという仕組みですね。

Image from Gyazo


完全自動化とはいきませんが、全て手作業でやるより数倍マシというものでしょう。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 それにしてもCanonよ…

正確にはアルバム数を数えていなかったのですが、1000以上はあったような…。これ、完全にバグですよね。未だにダウンロード可能な状態になっているので、即修整して欲しいなと思いました。きっと、同じような症状に悩まされている人、多いと思います。対処療法ですが、今回の記事を参考にしてやってみてください。かなり症状が改善されます。



このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG