FC2ブログ
TOP > CATEGORY - iPad

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iPadのクリップボードの管理はCopiedのSplitViewで解決した

2018051400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、情報管理LOGの原稿をiPadとPCでほぼ仕上げています。iPadでは、原稿のラフを。そして、PCで仕上げをという形でやることが多いです(全てPC、全てiPadということもある)。
テキスト編集においては、クリップボードをいかに活用するかというのが、作業効率に大きく関わります。今回は、iPadでのテキスト編集において、Copiedというアプリが、クリップボード管理としては、最高かよ!と思いましたので、そのあたりのレポートを書いておきます。


  
【 iPadのクリップボードの管理はCopied のSplitViewで解決した 】  

 1.私の原稿執筆について

 2.iOSのクリップボード管理の弱点

 3.CopiedのSplitViewが最高という話







checkmark.png 1.私の原稿執筆について

私の原稿執筆に関しては、情報管理LOGで何度も取り上げさせていただいています。この辺りの詳細に関しては、過去記事を参照していただければありがたいです。

【過去記事】
私がブログを書く際に使っているツールやサービス(ライティング編)
私がブログを書く際に使っているツールやサービス(アイデア編)
ふつうのブロガーとしてアンケートに答えてみる
iPad miniに外付けキーボードをつなげると、最強の仕事兵器になるのです



大きく分けると、PCでの作業とモバイル(iPad mini&iPhone)での作業になります。

PC作業に関しては、レノボのCore i5というあまり今となっては、ハイスペックよは言いがたいノートPCを使用しています。
一応、ここ最近のテキスト編集のみに限定して使用しているソフト(とサービス)を挙げていくと

紙Copi
Clibor
ATOK(単語登録したものは、ATOK Syncで同期)
Googleドキュメント(音声入力する場合。最近は、半々ぐらい)
ScrapBox(長めの文章のアイデアを練るときに使用)
Wunderlist(テキストのアイデア置き場)


というシンプルな構成。ブログだったら、これに画像編集や様々なソフトが入っていきますが、テキストだけだったらこんなもんです。
さて、その中の Cliborという最強のクリップボード管理ソフトがあるのですが、もしもまだ使っていない人がいるならば、ぜひ使ってみてください。Ctrlキーの2回打ち(カスタマイズ可能)でクリップボードの履歴を呼び出せるという、神ソフトです。
これがあるとないとでは、全く作業効率が変わってきます。

「Clibor」定型文の挿入もできるテキスト専用のクリップボード履歴ソフト - 窓の杜ライブラリ
「Clibor」定型文の挿入もできるテキスト専用のクリップボード履歴ソフト - 窓の杜ライブラリ




モバイル環境では、iPhoneも使いますが、主にiPad miniがメインマシンになります。

・Textforce
・Textwell
・Copied
・CopyCenter2






他にも細々としたサービスやアプリなども組み合わせていますが、概ねこんな感じ。



checkmark.png 2.iOSのクリップボード管理の弱点

PCにおいては、テキスト系クリップボード管理としてはCliborが最高すぎるので、これ以上を求めようがないのですが、モバイル環境ではそうもいきません。
コピーしたテキストの再利用という点では、かなり使い勝手が劣っていました。

iOSでは、クリップボード管理系のアプリが、ほぼ全滅し唯一残っているのが、CopyCenter2ぐらいという状況でした。
しかも、コピー履歴を残すためには、必ず通知センターを開いてウジェット経由で登録しなくてはいけないという面倒くささがあったのです。

したがって、

コピー → 通知センター コピー → 通知センター

みたいな感じで蓄積しなければなりませんでした。
これが、PCのCliborに慣れていると、どうにも耐えられない面倒さなのです。

自動かつリアルタイムで蓄積してくれれば最高なのに!と思っていたのですが、iOS11になって、Split Viewができるようになって、状況が一変したのです。





checkmark.png 3.CopiedのSplitViewが最高という話

シェルフアプリというのが、iOS11になってからどんどん出てきました。これは、何かというと、まるで棚(シェルフ)のように、一時期的に情報をストックできるというアプリです。

このシェルフアプリの中で、現在私が多用しているのが、Copiedというアプリです。




以前は、Gladysというシェルフアプリを使っていたのですが、やや重いのと、落ちることが多かったので使うのを辞めてしまいました。

Copiedの真価を発揮するのは、Split View(Over Viewでも良いけど)の時です。
このGIF画像を見たら、その素晴らしさがご理解いただけると思います。

まずは、コピーしていくと、リアルタイムにCopiedに蓄積されていきます。もはや、いちいち通知センターを開かなくてはいけないということがありません。

https://gyazo.com/db68c0405fcb1996f1eb5a2ce5247e9f



そして、それを再利用するのも、ドラッグ&ドロップでサクッと使えるのです。

https://gyazo.com/5f8496599d8be428b1007efa4ae2ad97



iPadにおけるクリップボード管理の至らなさを完全にカバーしてくれる感じになりましたね。

ちなみに、Copiedは画像なども挿入できるので、Wordなどのアプリでも普通に使えてしまいます。こんな感じ。
こちらは、Over Viewでやっています。

https://gyazo.com/4873d1d2b7adfcde65bd02780d808ca7



めちゃくちゃコピペ作業が捗りますので、ぜひ使ってみてください。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iPadの弱点を克服しつつある

iPad(というかiOS)とPCを比較したときに、クリップボード管理ソフトを始めとして、小技の効いたアプリが、まだまだ不足している印象です。やはりPCには、長い年月を経て蓄積されたノウハウが貯まっているのでしょうね。とはいえ、iOS方面も徐々に追いつきつつあるように思います。
この差は、いずれ時間の問題かな?とさえ思っています。


2巻でましたね!速攻ポチった。




Copiedは、iPadにクリップボード革命をもたらしたかもしれない

2018020600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iOS11になってからシェルフアプリが自分の中で盛り上がっていて、色々試しています。現在は、Copiedというアプリを絶賛愛用中なのですが、これが今までのiPadにおける(というかiOSにおける)クリップボードの使い勝手の悪さを一掃してくれる感じになりました。というか、使い勝手が数段階アップした感じ?
というわけで、Copiedがどのようにクリップボード革命をもたらしたのかについてレポートします。


  
【 Copiedは、iPadにクリップボード革命をもたらしたかもしれない 】  

 1.iOSにおけるクリップボードの不満

 2.アプリでクリップボードを補助していたけど

 3.Copiedがもたらしたクリップボード革命







checkmark.png 1.iOSにおけるクリップボードの不満

iPhoneやiPadを使っていて使用感上不満なのは、コピペ作業です。
これね、もうiOSに切り替えてから何年にもなりますが、未だに改善される気配がない分野の一つですね。

他のアプリにコピペするために

①長押し
②範囲指定
③「コピー」をタップ
④アプリ切り替え
⑤貼り付け位置長押し
⑥「ペースト」をタップ


ってこんなに手順があるんですよ。
特に②と④は、本当に面倒くさいことこの上なしなんですよ。
②の範囲指定は、指先で文字列に出てきた範囲指定の部分を指でコントロールするのですが、③の「コピー」をタップする時に微妙にずれてしまい、選択範囲がクリアされたり、間違って「カット」されたりするのです。この急いでいる時に起こりがちなイライラ感伝わるでしょうか?

2018020601.png



そして、④のアプリの切り替えですが、基本的にクリップボードには1件のコピーしか蓄積されないので、コピー内容が複数ある場合は、アプリを頻繁に切り替えなくてはならないのです。とはいえ、iOS11でSplit View(スプリットビュー)やSlide Over (スライドオーバー)が充実したことによって、このあたりは緩和されつつあります。しかし、コピーの履歴が使えないというのは、やはり面倒です。
iOSにおける作業の効率化を考えた時に、この部分がクリアされたらかなり快適になるはずなんですよね。




checkmark.png 2.アプリでクリップボードを補助していたけど

私は、PCでは「Clibor」というソフトを使っています。このCliborというのは、コピー履歴を管理するためのソフトで、Ctrlキー2回押しでコピー履歴を参照→利用できるスグレモノなのです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

これのおかげでコピー作業はコピーだけに集中し、ペースト作業はペーストだけに集中して行えるので、作業に無駄な導線が生まれないのです。
こんな感じで、コピー履歴を参照できる。





iOSでは、CopyCenter2というアプリで擬似的にCliborに近いことを実現していました。
このCopyCenter2とは、iOS上でコピー履歴を管理するためのアプリです。





Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


CopyCenter2は、とても素晴らしいアプリなのですが、唯一の難点だったのが、コピー履歴を残すために、いちいち通知センターを表示させなくてはいけないというところです。

2018020604.png



バックグラウンドでコピー履歴をとってくれるというわけではなかったのが、残念なところでした。
そして、コピー履歴を残すために毎回通知センターにアクセスするというのが、何気に苦痛になってくるのですよね。Cliborのようにバックグラウンドでやってくれればよいのに!と思っていました。




checkmark.png 3.Copiedがもたらしたクリップボード革命

そういう不満を抱えながらも、他に代替する手段を見つけられずにいました。しかし、iOS11になってから、シェルフアプリというSplit ViewやSlide Over上で動くことを前提としたアプリが出てきたのです。今回紹介するCopiedもそのシェルフアプリの1つです。





シェルフアプリというのは、Slide OverやSplit Viewの状態で、アプリ間でデータをドラッグ&ドロップが実現できるようする機能を活かした、シェルフ(棚)のようにデータをストックしておくことができるようなアプリのことをシェルフアプリと言います。
下のGIFは、Gladysという同じくシェルフアプリの一つです。なんとなくイメージは伝わるでしょうか?




さて、Copiedに話を戻しますが、これがクリップボード革命を起こしているのです。
どういうことかというと、これも下の動画を見てください。
今までいちいち通知センターを開いて、コピー履歴を残さなくてはいけなかったのが、そういう操作なく、コピーした瞬間にサクサク蓄積されていくのです。これは、快適以上の何者でもありません。

下に動画を貼っておきますが、今までコピペ作業でクリップボード履歴でやっていた作業は何だったんだというぐらいには、ラクになりました。
※下の動画は、外付けキーボードでやっている作業の様子です。

2018020603.gif



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 クリップボード履歴のある生活

好みの分かれるとことだと思いますが、私はクリップボード履歴がないコンピューティング生活というのが考えられないぐらいには、愛用しています。PCですっかり、そのような体になってしまっているので、iOSの不自由さには、かなりイライラしていました。そういう毎日少しずつたまっていくフラストレーションから開放してくれるというのは、とてもありがたいです。次回は、このクリップボード履歴を使ったiPadでの文章作成について取り上げたいと思います。




iPadを覚醒させるならば、Gladysを入れるのです

2018013000.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
iOS11になって一番恩恵を受けるのは、iPhoneではなくiPadだと思っています。それぐらい、iPad界隈におけるiOS11のインパクトは、大きかったです。
中でもSplit ViewとSlide Overは、iPadに革命をもたらしたと言って良いかと思います。
今回は、そのSplit ViewやSlide Overを活用するのに欠かせない、シェルフアプリであるGladysについて解説します。


  
【 iPadを覚醒させるならば、Gladysを入れるのです 】  

 1.iOS11のSplit View・Slide Overとは何か?

 2.シェルフアプリとは何か?

 3.シェルフアプリであるGladysを活用する




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


checkmark.png 1.iOS11のSplit View・Slide Overとは何か?

まず、iOS11の大きな目玉の1つであったSplit ViewとSlide Overについて説明します。
Split ViewもSlide OverもiPadにおけるマルチタスク&マルチウィンドウを実現するためのものです。

百聞は一見にしかず、まずは動画で見てみてください。短いので、すぐ理解できます。







前半は、Slide Overでウィンドウが少し浮いた感じになっていますよね。左右に自由に位置を変えることもできます。
そして、中盤からは、Split Viewになります。これは、ウィンドウを2つ並べた状態ですね。このウィンドウの大きさは、変えることができます。全部をスライドさせると、完全にアプリが切り替わります。
最後は、またSlide Overに切り替え、右側にスワイプして非表示にしてみました。

画面の上に重なる感じで表示されるのが、Slide Over
画面を区切る感じで表示されるのが、Split View


と理解しておいて問題ないです。




checkmark.png 2.シェルフアプリとは何か?

次にシェルフアプリというのは、何か?
ということですが、これは、iOS11でSlide OverやSplit Viewの状態で、アプリ間でドラッグ&ドロップが実現できるようになりました。それを利用してシェルフ(棚)のようにデータをストックしておくことができるようなアプリのことをシェルフアプリと言います。

シェルフアプリは、徐々に出てきているのですが、今回紹介するGladysCopiedYoinkなどがあります。








checkmark.png 3.シェルフアプリであるGladysを活用する

さて、その中でも気軽にシェルフアプリとしてお試しできるのが、Gladysです。
基本無料ですが、制限解除するためには、120円課金するというタイプのアプリですね。

さて、これも動画を観てもらったら、一発で使い方が理解できると思います。




この動画で見てもらうと分かるのですが、ホイホイとブラウザから文章でも画像でも、Gladysに放り込んでいけるのです。

2018011301.gif



さらに、Gladys上で様々なデータとして、他のアプリに吐き出すことができるので、

情報のストック → 活用

までの流れが、非常にスムーズになるのです。

2018013002.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 シェルフアプリは、奥深いかも!

実は、愛用のiPad miniをiOS11にしたのは、割と最近でした。問題が発生したりしたら、嫌なので。しかし、それを上回る良さが、iOS11にありました。それが、今回紹介したシェルフアプリの存在です。
今までは、EvernoteやWebサービスなどに頼っていた部分を、全てこのシェルフアプリで代用できるのではないか?とさえ思っています。少なくとも、ストック系のサービスであるならば、十分に置き換え可能ではないでしょうか?





iPad miniのあのサイズ感がいいのだ!

2017052400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、iPad miniが、生産を終了してしまうかもしれないというニュースが流れていました。
私は、このニュースを聞いて、かなりショックを受けてしまいました。自分的には、iPad miniラブなので、これが失われると非常に痛手だなと思うのです。というかAppleは、「iPhone7 Plusとサイズが被っている」から終了させるというようなことを持ち出していますが、

全くわかってないな!

という感想しかないです。
というわけで、iPad miniのあのサイズ感について熱い気持ちを述べたいと思います。

  
【 iPad miniのあのサイズ感がいいのだ! 】  

 1.iPad miniに関わる哀しいニュース

 2.iPhone7 PlusがiPad miniの代わりにならないワケ

 3.iPad miniを何に使っているのか?

 4.もしも次にiPad miniが出ないならば







checkmark.png 1.iPad miniに関わる哀しいニュース

上にも少し書きましたが、iPad miniについては、これ以上新しいものを出さないという哀しいニュースが流れました。

iPad mini シリーズは段階的に終了とのうわさ。iPhone 7 Plusと競合で売り上げ減少 - Engadget 日本版
iPad mini シリーズは段階的に終了とのうわさ。iPhone 7 Plusと競合で売り上げ減少 - Engadget 日本版



まだ、正式に発表があったわけではありませんが、火のないところに煙は~というように、その可能性が検討されている、または検討済みということなのでしょう。
そのニュースでは、

・iPhone7 Plusなどと競合し、売り上げが落ちてきている
・製品ライフサイクル的には、見直しの時期が迫ってきているがラインナップ的に絞られてきており、新しいものが出る見通しはなさそう


ということでした。

しかし、iPad mini大好きユーザーの一人として、頑として言いたいのは、

iPhone7 Plusじゃ全く違うんだよ!

ということです。
Appleは、全くわかってないなとしか言いようがありません。大きいiPhoneでは、iPad miniの代わりは務まらないのです。



checkmark.png 2.iPhone7 PlusがiPad miniの代わりにならないワケ

まず、私がiPad miniを何に使っているのかというと、

・テキストの執筆
・Webの閲覧
・TwitterなどのSNS
・メールのやり取り
・電子書籍を読む
・PDFの閲覧&校正
・動画鑑賞

などなど

挙げていったらキリがないのですが、概ねこんな感じです。

確かにiPhone7 Plusであっても、Web閲覧やSNS系、メールのやり取りなどは普通にできるでしょう。しかし、長文執筆や電子書籍を読んだり、PDF閲覧や校正などには、全く向きません。

特に電子書籍の漫画に関しては、iPad miniは最高で他の端末では換えが効きません。iPadでは大きすぎ、iPhone7 Plusでは微妙に小さいのです。確かにiPhone7 Plusで読めないことはないでしょう。しかし、それと快適に読めるかは別なのです。

それは、iPad miniとiPhoneの縦横比率の圧倒的な違いによります。
これが、iPad miniとiPhoneの縦横比率の比較です。

<iPad,iPad mini,iPhoneアスペクト比一覧>
機種 画面サイズ 画素数 解像度 アスペクト比
iPhone 5s,c,se 4 1136:640 326ppi 約16:9
iPhone 6 4.7 1334:750 326ppi 約16:9
iPhone 6 Plus 5.5 1920:1080 401ppi 16:9
iPhone 6s 4.7 1334:750 326ppi 約16:9
iPhone 6s Plus 5.5 1920:1080 401ppi 16:9
iPhone 7 4.7 1334:750 326ppi 約16:9
iPhone 7 Plus 5.5 1920:1080 401ppi 16:9
iPad 9.7 1024:768 132ppi 4:3
iPad 2 9.7 1024:768 132ppi 4:3
新しいiPad 9.7 2048:1536 264ppi 4:3
iPad Retina 9.7 2048:1536 264ppi 4:3
iPad Air 9.7 2048:1536 264ppi 4:3
iPad Air 2 9.7 2048:1536 264ppi 4:3
iPad Pro(9.7インチ) 9.7 2048:1536 264ppi 4:3
iPad(2017年版) 9.7 2048:1536 264ppi 4:3
iPad Pro(12.9インチ) 12.9 2732:2048 264ppi 約4:3
iPad mini 7.9 1024:768 163ppi 4:3
iPad mini Retina 7.9 2048:1536 326ppi 4:3
iPad mini 3 7.9 2048:1536 326ppi 4:3
iPad mini 4 7.9 2048:1536 326ppi 4:3



iPhone Plusがかなり縦長なのが分かりますね?

それに対して、通常のコミックスの縦横比率はというと、だいたいこんな感じです。

2017052401.png



iPad miniの比率は、4:3。コミックスの縦横比は、√2:1なので、これの近似値で考えると、4.2:3になります。
どう考えても、iPad miniに近いですよね。

2017052402.png


しかし、iPhoneだと…

2017052404.png



小説などのテキストの電子書籍であったならば、フォントサイズが変更可能なので、別にiPhoneでも十分に読書は可能です。しかし、漫画に関しては、全く向かないということは理解してもらえたでしょうか?

さらに、PDF関係に関しても、通常のA4などの縦横比率も、白銀比になるのでやはり、約4.2:3となっています。
これも、やはりiPad miniの絶妙な縦横比の方が向いていると言えます。

じゃあ、iPadでいいんじゃない?

という人がいるかもしれませんが、あれはAirになったからといって、iPad miniの軽さには及びません。

iPad Air 437g
iPad(第5世代) 469g
iPad mini 298.8g




checkmark.png 3.長文執筆にも向かない

実は、テキストを執筆するという目的にもiPhone7 Plusは向きません。
先ほどの縦横比率をもう一度思い出して欲しいのですが、横幅がどう考えてもiPhoneの方が狭いことがわかります。
そして、外付けキーボードなどでテキストを打つ場合、iPad miniもiPhoneも横にして使います。そうすると、一度に表示できる範囲に違いが出るのです。

2017052403.png



長文執筆をする場合、どうしても文章全体を見渡しながら打った方が、スムーズに進みます。メールぐらいの長さならば、別にどうでも良いのですが、例えばブログなどを書く場合は、前後のつながりなども意識しながら書く手前、表示できる文字量は大い方が良いのです。




checkmark.png 4.もしも次にiPad miniが出ないならば

もしも、このニュースの通りに、今後iPad miniが出ないならば、私はiPhone○ Plus(たぶん、その頃は7じゃない)に移行するかというとしないと思います。そもそも、スマートフォンをそこまで大きくしたくありません。Plusにすることで、iPad miniを代行させることはないのです。
残念ながら、Appleは重要な点を読み間違っているように思います。

村上春樹的にあえて言わせてもらうならば、

iPhoneは、iPhone。iPad miniは、iPad mini。

でしかないのです。言い換えるならば、

スマートフォンは、スマートフォン。タブレットは、タブレット。

なのです。
したがって、次に買い換えるならば、仕方がないのでAndroidかWindowsタブレットを選択することになるでしょう。しかも、iPad miniに近いサイズで軽いやつを。

そう、ユーザーは、iPad miniのデザイン性や使いやすさと同じぐらいに

サイズや重さ

も愛しているのです。それが得られないならば、他の選択肢を探すしかないのかな?と諦め半分に考えています。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 儲けとバリエーションを揃えることのジレンマ

金型を減らしたり、部品点数を減らしたり、部品を使い回すというのは、コストをカットし、利益率を高める方法としてどこでもやっている手法です。しかし、それをやり過ぎると、ラインナップ的にバリエーションがなく魅力に乏しくなってしまいがちになってしまいます。
これは、メーカーのジレンマなんですよね。
ラインナップを減らせば利益率が上がる。しかし、そうするとユーザーの好みに合わせられなくなってしまう。そういうバランス感覚が、メーカーには必要なわけです。Appleもその狭間で揺れているのではないかと思います。
一ユーザーとしては、iPad miniは継続して欲しいと願っています。もしも、そのラインナップに穴が空いたときには、一見利益率の低い劣等生だったかもしれませんが、失ってみるとその部分のユーザー毎消えてしまうという重要なプレイヤーだったことに気づくだろうと思います。
にしても、最近本当にAppleから小さめな製品が、どんどん消えているよね…。


現在、半額になっていますね。プライム会員じゃなくても半額というのは、かなり安いですね。



【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール
【全点30%OFF】小学館新書祭り!(5/25まで)
【1巻100円&続巻30%OFF】森博嗣特集(5/25まで)
【最大50%OFF】ヤングエース7周年記念「エヴァンゲリオン一気読み」フェア(5/25まで)
【50%OFF】「キクタン・ユメタン単語特集」セール(5/25まで)
【50%OFF以上】祥伝社×ぶんか社 内田春菊キャンペーン(5/25まで)
お仕事「時短術」関連本半額(5/25まで)
【50%OFF】ガジェット&ゲーム関連書特集(5/25まで)
【40%OFF】かんき出版40周年記念 悩みにこたえる、自分を変える40冊(5/25まで)
【50%OFF】サブカル本特集(6/1まで)
【30%OFF】紙書籍の新品が入手困難な作品特集 (6/1まで)
【ALL200円】講談社の実用書100冊フェア(6/1まで)
【30%OFF】幻冬舎ビジネス書フェア (6/1まで)


iOS10における外付けキーボードの挙動が変わったよ

2016111400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iPadで外付けキーボードを使っていますか?
私は、ほぼ毎日といって良いほど使用しています。まさに仕事になくてはならないツールの一つになっています。さて、そんな大事なツールなのですが、iOS10になって挙動が少し変わりました。
今回は、そのあたりをレポートします。


  
【 iOS10における外付けキーボードの挙動が変わったよ 】  

 1.iOS10での外付けキーボードの設定

 2.半角英数を入力するのが楽になった!

 3.ATOK Padが使用不能に…







checkmark.png 1.iOS10での外付けキーボードの設定

まずは、iOS10における外付けキーボードの設定なのですが、実は接続していない状態では、設定画面自体現れません。外付けキーボードをBluetoothで接続することで、はじめて設定メニューが現れるのです。

設定 → 一般 → キーボード

にアクセスしましょう。

外付けキーボードを接続していない状態。

2016111401.png



外付けキーボードが接続された状態。

2016111402.png



したがって、こんな項目があることを知らない人も多いかもしれませんね。

設定内容としては、以下の通りです。

2016111403.png





checkmark.png 2.半角英数を入力するのが楽になった!

さて、「CapsLockで英字モードと切り替え」を有効にしておくと、CapsLockキーで半角と全角を切り替えることができるようになりました。前まで日本語入力しているときに英字を入れるのって、面倒だったんですよね。

2016111404.png



ところが、CapsLockキーでこのように、簡単に切り替えができるようになりました。

2016111405.png



これが、けっこう画期的なんですよね。
CapsLockキーだけでパシパシと切り替えられるので、文字入力が捗ります。





checkmark.png 3.ATOK Padが使用不能に…

しかし、非常に悲しい出来事が…。

それは、それまで愛用していたATOK Padが、外付けキーボードで使用不能になってしまったことです。

一見、文字が打てそうに思えますが、

2016111406.png



Enterを押すと、何も入力されずに改行だけされてしまう…。うぅ。

2016111407.png




これで、外付けキーボードにおいて、ATOKを使用することは、実質上いずれの方法でもできなくなってしまいました。とほほ。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 外付けキーボードでのキーボードの開放を!

ぶっちゃけ、iOSのキーボードに対する閉鎖的な感じなんとかならんものかな?とずっと思っています。すでに、ソフトウェアキーボードでは、他社製のキーボードを受け入れているという状況なので、今更外付けキーボードで閉め出そうとする意図が、本当に分かりません。

入力速度自体は、外付けキーボードの方が圧倒的に早いので、今後も外付けキーボードを使うことになるとは思いますが、変換のアホさ加減はいかんともしがたいものがあります。また、PCのATOKで辞書登録した単語も使えないしね。

次は、AndroidかWinタブレットへの変更も視野に入れようかと思う今日この頃です。

Windows10タブレットで1万円ぐらいなんだよね…。






このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG