TOP > CATEGORY - ライフハック

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

何かにハマる過程が驚くほど似ているので公開してみる

2017021100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、ハマり始めると、けっこうズブズブとその沼に沈んでいってしまうタイプの人です。それが、吉と出ることもあれば、凶と出ることもあるのですけどね(お金の面とか…汗)。
今回は、自分が何かにハマる過程を自己観察してみて、その進行過程が驚くほどにていることに気づいたという話です。


  
【 何かにハマる過程が驚くほど似ているので公開してみる 】  

 1.何かにハマるという過程が恐ろしく似ていた件

 2.第1段階「興味のアンテナを立てる」

 3.第2段階「情報を集める」

 4.第3段階「コミュニティにアクセスする」

 5.第4段階「発信する」







checkmark.png 1.何かにハマるという過程が恐ろしく似ていた件

2017021101.jpg

2011年からライフログを取るようになって、6年目に入りました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

ライフログを取り始めて変わったことの一つに、自分の行動を客観的に振り返ることができるようになったことです。例えば、爪を切るというタスクは、17日おきに起きるという発見から定期タスク化したり、職場のゴミ箱の整理を必ず1週間に一度にセットできるようになったのも、ライフログがきっかけになっています。

そういう単純なタスクに対する観察だけではなく、自分が定期的にイライラを感じることや、年間を通して、この時期に調子が悪くなりやすいという傾向もライフログを取っていなければ気づけなかった視点でした。

さて、そんな中で自分が、その時々にハマったことも記録されています。それらを振り返っているうちに、ある法則性に気づきました。
それは、ハマって、そこから深みに入っていく過程が恐ろしいほどに似通っていたのです。




checkmark.png 2.第1段階「興味のアンテナを立てる」

2017021102.jpg


まず始めに、何か気になった以上のことが頭に起こったときに、そこからハマるかどうかの分岐点が、ここになります。

ここでは、「興味のアンテナを立てる」と銘打っていますが、これはどういう状態かというと、頭の中に引っかかるための「フック」を取り付けるというか、または頭の中にその興味があることを受信するためのアンテナをチューニングする感じです。

それにより、日常生活の中で、その関心事の情報に対する遭遇率を上げていくのです。
ちょっと耳にするニュースや仲間の話や、ネット上でのやり取りの中で「アンテナを高くしておく」ことで、自分の中に引っかかりを多くするのです。

この段階では、まだ受動的な状態になります。
そして、この段階で見切りをつける場合もけっこうあります。




checkmark.png 3.第2段階「情報を集める」

2017021103.jpg


次の段階は、「情報を集める」です。
ここでは、第1段階とは打って変わって、積極的に情報を収集します。

私は、以下の方法で情報を集めるようにしています。

・雑誌
・ネット
・本
・人に話を聞く


この中でも一番効き目があるのが、実は「雑誌」だったりします。
雑誌は、専門誌だったり、特集だったりしますが、基本的に専門誌があれば、専門誌にあたります。雑誌が良いのは、その筋の人たち向けに書かれているので、その界隈では、

何を重視するのか
どんな問題を抱えているのか(あるのか)
業界の最新の動向
学ぶべきポイント


などが、端的に語られていることが多いのです。
それに雑誌だったら、割と短時間で読むことができますしね。

本やネットなどは、そういう専門誌と並行しながら読み進めます。
図書館に行ってバックナンバーがあれば一気に借りたり、大きな書店で揃えたりします。10誌(同じ雑誌も含む)以上は、読んでしまいますね。そうすると、完全な初心者から(知識だけは)少し脱却できます。
本は、その興味を持った界隈の中で、必ずしもスタンダードとはいえないことが多いし、ネットはノイズが多いという弱点があるのです。もちろん、ある程度精通してからは、本もネットも有効ですが、最初の段階では必ずしも有効ではなかったです。だから、雑誌が次々に廃刊している現状は、そういう興味を持った事柄にアクセスする手がかりが、少なくなることを意味するので、悲しむべき事態だなと思っています。

人に話を聞くというのは、身近に詳しい人がいる場合に限ります。
それ以上は、次の段階になります。




checkmark.png 4.第3段階「コミュニティにアクセスする」

2017021104.jpg


さて、いよいよ深みにはまっていきます。
この段階では、脱初心者を果たしてからとなります。
ここでは、ベースとなる部分は、概ね理解している状態ですが、それでも深く極めている人からしてみたらひよっ子レベルと言えます。そこで、ここからは、さらに積極的にそういう人たちがアクセスするコミュニティに参加します。コミュニティ自体は、リアルでもネットでもどちらでも良いと思っています。
もちろん、リアルの持つ実際上のコミュニティのつながりは、バカにできないほど強く深いので、より深くハマりたいならば、良いかもしれません。




checkmark.png 5.第4段階「発信する」

2017021105.jpg


さて、ここまで来たら、かなり深みにはまっている状態です。
しかし、私は第3段階と第4段階を途中から並行することが多いです。

昔、小山薫堂さんが、(うろ覚えですが)このように言っていました。(何かの対談だったような気がします)

情報は得ようとして人に近づいても、そういうのは気づかれちゃうから結局得るものは多くはない。それよりも、「こんなこと知ってる?」って発信すると、自然とそれにまつわる ことが、集まってくるんだよね

まさに、その通りだなと思ってしまいます。
この情報管理LOG自体も、まさにこれです。
そして、この情報管理LOGを通して、通常だったら知り得ない人や関わることができない人たちと知り合うことができました。特に何かの見返りを期待しているのではなく、単に知り得た知識や経験について「これさ…」と語るだけで、自然に人が集まってくるのです。不思議ですよね。

未熟者ですので、それについて教えてくださる人もいるし、「じゃあさ、これも知ってる?」と教えてくださる人もたくさんいます。私としては、これがたまらなく嬉しいのです。

「発信するなんて、おこがましい」とか考えちゃう人もいるかもしれません。
でもね、そんなこと言ったら、真の研究者以外発信しちゃいけないということになってしまいます。自分の知らなさということも常に自覚しつつ、発信することに意義があるのです。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 4つの段階を意識すると良いのです

今回は、ハマって、さらに深みに入っていくという自分なりのパターンを書きました。これを「パターン」として意識することで、逆に「ハマりたい」対象が現れた時に、この方法を逆に適用すれば良いのです。そうすると、急速にそれについて詳しくなれるような気がするのです。

初心者以上、専門家未満

もしかしたら、それを超えて専門家に近づくこともあるかもしれませんが、別にそうじゃなくても良いのではないですかね?その中で楽しめるということが大事なのではないかと思うのです。




ふるさと納税にチャレンジしてみたら、超簡単だった!

2017010200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

さて、新年一発目の記事は、「ふるさと納税」です!
各所で話題になっていますよね。私自身ものすごく興味があったのですが、踏ん切りがつかず見送っていました。しかし、昨年からふるさと納税が、とても楽になったということ、そして知人から色々話を聞けたことからチャレンジしてみることにしました!
そうしたら、やたら簡単で拍子抜けするほどでした。
というわけで、新年一発目は、ふるさと納税についてレポートします。

  
【 ふるさと納税にチャレンジしてみたら、超簡単だった! 】  

 1.ふるさと納税って何?

 2.ワンストップ特例制度って何?

 3.実際にやってみた

 4.ワンストップ特例制度を申請する







checkmark.png 1.ふるさと納税って何?

以下は、私がふるさと納税するにあたって調べて「なるほど!こういうことか!」と理解したことがらです。なるべく簡便に書いていきますので、もしも抜けている大事な部分があったら教えてください。

1.ふるさと納税は自治体に対する寄付金
まず、押さえておきたいのは、ふるさと納税というのは「納税」と書いてありますが、寄付金という位置付けになります。だから、手続きしないとただ単に寄付したことになっちゃうぞ?
また、寄付できる上限額が所得に応じて決まっているので、

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション




とか、

計算シミュレーション|ふるさと納税の総合情報サイト|わが街ふるさと納税
計算シミュレーション|ふるさと納税の総合情報サイト|わが街ふるさと納税




で、シミュレーションしてみてください。

一応、目安としては…

 300万円 → 11,000円
 600万円 → 60,000円
1,000万円 → 156,000円


と考えておくと良いかもです。



2.でも、きちんとその分税金が控除される(2000円を除く)
とはいえ、非常に整備された制度なので、いとも簡単に手続きが可能です。寄付額のうち2000円分を除いた額が、翌年の所得税と住民税から控除される(引いてもらえる)のです。



3.2000円分損なのでは?
乗除されるといっても2000円分損になるよね?と思う人がいるかもしれませんが、その分お礼の品という形で、各自治体からモノとして返ってくるのです。そのモノが、かるーく2000円分を凌駕してしまうので、結果としてはふるさと納税した方がお得ということになるわけです。



4.寄付できる自治体はどこでもいいよ
ふるさと納税と書いてあるので、自分の故郷でなくてはいけないのでは?
と思う人もいるかもですが、実はどこの自治体に寄付しても良いです。



5.でも確定申告しなくちゃいけないんですよね?
そうなんですよ。個人事業主ならばね。
でも、サラリーマンや公務員ならば、ワンストップ特例制度というのがあって、すごい簡単に手続きできるようになったのです(2016年から)。なので、確定申告不要なのです!
※詳細は、下記参照



6.クレジット払いができる!
自分の中で心が大きく動いたのは、これですね!
住民税とかクレカ払い未対応の地域がまだ多いのではないかと思うのですが、ふるさと納税をクレカ払いにしてしまって、控除を受ければ、実質税金をクレカ払いできるってことになるのです。さらに、クレカのポイントも貯まるしというので、二重に美味しいです。



7.お礼の品で考えるとイイよ!
というわけで、それならば「お礼の品」が良いところに寄付するのが良いということになります。そこで、こちらのサイトにお世話になりました。還元率の良さや、人気度など様々な切り口から検索できるので、すごい便利です。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる




こんなブランドお肉がもらえちゃうのだから、2000円分なんてすぐに吹っ飛ぶよね。

2017010201.jpg


他にもiPad miniとか、家電などもお礼品になっている自治体があるので、調べてみると良いですよ。





checkmark.png 2.ワンストップ特例制度って何?

上でも少し触れましたが、2016年からワンストップ特例制度というものがスタートしました。これは、サラリーマンや公務員などが対象になります(要するに確定申告が不要な人)。

条件としては、この2つです。

1.寄付先が、1年間で5箇所以内
まあ、ぶっちゃけ1箇所あたり、1万~2万ぐらいと考えると、5箇所以内で十分なんですよね。

2.給与所得が2000万円以内
サラリーマンでも2000万円を越える人は、確定申告が必要なのだそうです。へーそうなんだー(棒読み)。というわけで、大方関係ないですよね。


このワンストップ特例制度は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という書類と身分を証明するモノをその寄付した自治体に送付すれば完了です。この書類自体は、難しくないのすぐできますよ!
書き方や送付物などは、次の「実際にやってみた」に書いておきます。





checkmark.png 3.実際にやってみた

というわけで、実際にやってみました。
ふるさと納税の大御所サイトである「ふるさとチョイス」を使うことに。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる





1.ユーザー登録する
まずは、右上にある「無料登録」というところから、ユーザー登録をしてしまいます。こちらで登録すると、あとで申し込む手間が省けるので、オススメです。

2017010202.png



2.上限額シミュレーションをする
登録が終わったら、上限額シミュレーションをして、自分がどれぐらい寄付できるか確認してみましょう。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 寄附上限予定金額の登録
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 寄附上限予定金額の登録




2017010203.png




このとき、源泉徴収票を事前に準備しておくと便利です!



3.寄付先を選択
これは、それぞれ自分が欲しいお礼の品で決めていただいた方が良いかと思います。
ちなみに、私は「宮崎県 串間市」というところにしました。お肉が美味しそうだったから(量も多かった)。



4.申し込みをクリック!
返礼品で決めたら、右の方にある「寄付を申し込む」をクリックします。

2017010204.png




5.必要事項を入力
とはいっても、最初のユーザー登録の時点で登録されている情報は、自動的に入力されているので、あとは

 ・寄付金額
 ・入金方法
圧倒的にクレカ払いをオススメします
 ・コースの選択(自治体によっては無い場合がある)
 ・寄付金の使い道(自治体によっては無い場合がある)

を入力してください。



6.寄附金税額控除に係る申告特例申請書の要望にチェックを入れる
絶対に忘れてならないのは、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書の要望」にチェックを入れることです。これは、先ほど書いた「ワンストップ特例制度」を利用するための書類を送ってもらうためです。
ただし、年末年始は、各自でダウンロードして印刷→送付ということろが多いかも。

2017010205.png



7.「確認する」をクリック
で、終了です!
えっ、というぐらい楽にできてしまいました。





checkmark.png 4.ワンストップ特例制度を申請する

私が、寄付したときは、もはや年末にさしかかっていたので、ワンストップ特例制度の書類に関しては、ダウンロード&印刷でした。すでにやったことのある方から聞くと、「お礼の品の中に一緒に入ってくるよ!」とのことでしたので、今年やる方は、印刷などは必要ないかもです。

1.ワンストップ特例制度の書類を記入する
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の記入例を作成しましたので、参考にどうぞ!忘れそうな部分は、赤にしておきました。

2017010206.png

※クリックすると拡大します。


2.必要書類を準備する
実は、ワンストップ特例制度の書類には「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」以外に、個人番号(マイナンバー)と本人確認の書類のコピーが必要です。

 ・個人番号(マイナンバー)カード → カードの裏表のコピー
 ・個人番号通知カード → 通知カードのコピー


本人確認の書類は、

 ・免許証
 ・パスポート


などですかね?いずれも、写真、氏名、生年月日、住所が表示されている必要があります。

これらを、封筒に入れて投函するだけです!
確認すると

・寄附金税額控除に係る申告特例申請書
・個人番号カードのコピーか個人番号通知カードのコピー
・本人確認の書類のコピー


の3つが入っていれば、OKです!





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 非常に簡単でした

やる前は、難しいのはイヤかもと思っていました。しかし、実際にやってみたらむちゃくちゃ簡単でした。あまりにもあっさりとできたので、逆に疑ってしまうレベルです。
上にも書きましたが、税金をクレカ払いできて、さらにポイントもゲット。そして、返礼品が、ものすごく豪華ならばいうことないですよね。
というわけで、まだやったことがない人がいたならば、ぜひチャレンジしてみてください。




格安!まさかの月額410円で英会話が身につくよ

2016081900b.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、この数年英会話の勉強をしています。朝の決まった時間に学習することで、(それほど根を詰めなくても)身についてきました。
AmazonのKindle Ultimatedの要所を使って学習するというのが出回っていたりしますが、それよりも遙かに効率的で格安です。
私がやっているのは、さらに格安のなんと410円(月額)なのです。これって、すごくないですか?
というわけで、今回はどうやってやって英語を学習しているかについてです。


  
【 格安!まさかの月額490円で英語の学習ができる! 】  

 1.ラジオ英会話がすごい

 2.テキストはKindleで買える

 3.実は時間に関係なく聞ける

 4.さらにテストもできて確認できる!







checkmark.png 1.ラジオ英会話がすごい

いきなりネタバレですが、実はこの英語学習法は、ラジオ英会話などでやっています。

「えっ?ラジオ英会話?」

と、思われるかもしれませんが、馬鹿にはできないのです。

基礎英語1〜3からはじまり、ラジオ英会話、ビジネス
など、中学生英語レベルから、実際のビジネス英語までカバーしているのです。よく「Kindleとかで原著を読んで、英語を学習しよう!」とか謳っている記事などを目にしますが、実際、学習を進めていこうとするときに、ある程度の語学力がベースにあることが必要になります。ある程度の語学力があって、「もう少し言い回しなどを深めてみよう」と思う場合は、有効かも知れませんね。
しかし、そうではない場合は、ラジオ英会話のようにテキストがあって、きちんとプログラム化されていた方が、身につきやすいです。

さて、NHKのラジオ英会話なのですが、私は別にラジオで聞いているわけではありません。アプリで聞くことができます。
らじるらじるというアプリです。



このアプリは、NHKから出されているもので、NHKのラジオ放送ならば、ほぼ聞くことができます(地域の関係で聞くことができない放送があるらしい)。
さらに、あとでも書きますが、「ラジオ」と書かれていますが、別に時間に縛られることもなく、自由に聞くことができます

これと、テキストの組み合わせが、すごいのです。





checkmark.png 2.テキストはKindleで買える

さて、肝心のテキストですが、書店で紙のテキストを買えますが、私がオススメするのは、Kindleで買ってしまうことです。紙の方が、勉強している感は出ますが、実際にやってみて、それほど学習効率に差はでませんでした(ノートは、物理的なものの方が良い気がします)。ちなみに、私はiPad miniで聞いています。そうすると、テキストとも両立しやすいですよ(iPhoneでも読めないことはないです。というか案外読める)。
Kindle版は、こちらからどうぞ。1ヶ月410円で買えます。
※時々、オフセールをしているので、もっと安い時もある。

2016081901.png





先ほど紹介したらじるらじるは、音楽アプリと同様にバックグラウンドで流すことが可能なので、Kindleと併用できるのです。

こんな風に他の音楽アプリと同様に下のコントロールセンターから再生・停止ができます。

2016081903.png



Kindleで購入するメリットとしては、24時間どこでも買えることです。紙のテキストだとどうしても、買い忘れてしまったり、書店が閉まっていたりして、手に入らないことがあるのですが、Kindleだとその点心配はないんですよね。それと、iPad miniに入れているので、テキストを持ち歩くのを忘れるということがないというのもいいですね。いつでも思いついたときに学習できるメリットは、大きいです。


また、下の方に重要語句などが、取り上げられていたりするので、迷うことも少ないですね。どうしても、調べたいときは、内蔵の辞書や辞書アプリと併用すれば良いので、全く学習が滞ることがないです。

2016081904.png


辞書アプリだったら、ほぼこれで解決です。高いけどそれだけの価値があります。
iPadに忍ばせておいて良かったアプリですね。







checkmark.png 3.実は時間に関係なく聞ける

ラジオ英会話で一番名称的に損をしていると思うのは、

ラジオなので、時間通りに聞かなくてはいけない

という思い込みが生まれてしまうことです。
確かにリアルタイムで聞くこともできます。
ちなみに、番組時刻表は、こんな感じ。
※クリックすると拡大します。

2016081905.png



さて、自由な時間に聞くためにはどうすればよいかというと、マイ語学」に登録する必要があります
こちらから、登録できます。

NHKゴガク | NHKゴガク
NHKゴガク | NHKゴガク





NHKネットクラブとリンクしているので、もしもアカウントがある人はすぐにできるかも。
こちらで、アカウントを取得したら、次に「NHKゴガク」というアプリをダウンロードします。私は、上で紹介したらじるらじるよりも、こちらで聞くことの方が多いですね。





右上に「マイ語学にログイン」とあるので、そこをタップ。

2016081906.png



先ほどのアカウントでログインします。

2016081908.png



ログインに成功すると、こうやって表示されます。

2016081907.png



今回は、例としてラジオストリーミングの「基礎英語3」を選んでみました。
中学生などでも聞いている人いるんじゃないかな?

2016081909.png




そうすると、1週間分の放送が出てくるので、聞きたい日をタップするとどの時間でも聞くことができます。
ただし、このストリーミングは、1週間前の放送分となるので、どうしてもリアルタイムじゃなくてはイヤだという人は、らじるらじるで聞いた方が良いかもしれないですね。でも、そういうこだわりがなければ、断然こちらをオススメします!

日にちは、若干の制限があるものの、ラジオと違って好きな時間に聞けるというのは、すごくいいですね。通勤や通学中に聞くこともできるし、家に帰ってから自由に聞けるというのもありがたいですね。

さらに、学習を促す機能として、「出席簿」機能や

2016081910.png



指定になったら通知が来る「学習タイマー」機能があるので、確実に学習できますね。

2016081911.png





checkmark.png 4.さらにテストもできて確認できる!

さらに、自分の学習の成果をテストすることもできるのです。
これは、先ほどの「マイ語学」のサイトからできます。

NHKゴガク | NHKゴガク
NHKゴガク | NHKゴガク




右上のメニューをタップ。

2016081912.png



英語をタップして…

2016081913.png



テストしたい番組を選びます。
次は、「ラジオ英会話」にしておきましょう。この番組、おじさん達が陽気で聞いていて楽しいんですよね。
下の「ストリーミング」をタップしてください。

2016081914.png



実は、サイト上でもストリーミングで聞くことができます
アプリでもどちらでもいいんですよね。デバイスを選ばずできるというのも、オススメポイントの一つです。

で、下の方にある「このキーフレーズをテストする」をタップします。

2016081915.png



そうすると、「和訳テスト」「英訳テスト」「リスニングテスト」ができるのです。

2016081916.png



例えば、「和訳テスト」の5問を選んでみます。
実際のテストっぽいですよね。
スピーカーボタンをタップすると、音声も聞けます。

2016081917.png



学習の成果もテストできたりと、至れり尽くせりですよね。
ちなみに、マイ語学に登録していると、学習状況なども残るので、モチベーションの管理もしやすいです。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 というわけで英語はテキストと音声で学習が捗ります

例えば、Kindle Ultimatedとかで洋書がダウンロードし放題で学習が捗るとかいうのは、本当にある程度語学力が身についている人ならばそうかもしれないです。しかし、層ではない人の方が多いですよね?
また、NHKのテキストは、本当によく練り込まれていて、きちんと短時間で学習が身につくような配慮もされています。そのくせ、アプリやサイトでリスニングができたり、テストできたりと充実しているので、これから英語学習を始めようという人にとっては、間違いなくオススメなんですよね。
ぜひ、これから英語学習やってみようという人には、NHKテキストをオススメしますよ!


2016081901.png

<中学生レベル>


<オススメ!>

暑い日には、キリリと冷やした超いい加減お手製モヒートが最高!って話

2016080400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
暑い日が、続きますね。皆さんどうお過ごしですか?
私は、モヒートが大好きで、よくカクテル屋さんとかに行ったときには、頼むことが多いです。あのミントのさわやかな香りがたまらないのです。
そこで、モヒートを超手抜きなんだけど、手作りしたらやたら最高だった!という話をしたいと思います。

  
【 暑い日には、キリリと冷やした超いい加減お手製モヒートが最高!って話 】  

 1.モヒートってどんな飲み物?

 2.材料を揃える

 3.超いい加減に手作りしてみる







checkmark.png 1.モヒートってどんな飲み物?

2016080401.png

私は、かなりモヒートが好きで、夏の暑い日の飲み会では、かなりの頻度で飲んでいます。

モヒートって何?

という人のために簡単に説明すると、以下の材料で作るラムベースのカクテルです。南米のキューバが発祥と言われています。
モヒートはかなり様々なレシピが存在するので、店などによっては「これ、本当にモヒート?」ってなることも多いぐらいです。
特徴は、やはりミントの葉っぱを入れることですね。この清涼感が、なんとも暑い日に良く合うのですよ!それと、ラム酒のほんのりとした香りと甘さが、心地よいのです。

<モヒートの一般的な材料(一例)>
ラム 45ml
ライム 1/2個
ソーダ水
砂糖 1tsp~3tsp
ミントの葉 適量


一応、一般的なレシピとしては、こんな感じなのですが、普通の家でやるためには、もう少しいい加減な感じで作ります。





checkmark.png 2.材料を揃える

しかし、家でこれらの材料を全てきっちり準備するのって意外に大変なんですよね。
というわけで、家ではかなーりいい加減にモヒートを作っています。それでも、お店に負けないぐらい(変な居酒屋で飲むよりずっと美味しいと思う)のものは、できてしまいますよ。

とはいえ、やはり準備すべきものはあります。

まずは、ラム酒です。
ラム酒は、家にあるものだったら、実は何でもいいんじゃないかな?ぐらいに考えています。ホワイトラムが良いのは、ドライな感じと、色が透明なので見た目がキレイという点ですね。私は、ホワイトラムじゃないけど、マイヤーズラムが好きですね。若干、薄茶色になるけど、気にしません。1本1000円~1500円前後で買えるはず。けっこう長持ちしますので、コスパはかなり良いと思いますよ。




一応、ホワイトラムも挙げておきます。家では、両方揃えていて、ドライな感じで飲みたいときは、こちらを使っています。






フレッシュライムなんていちいち用意してられません
飲みたいときに飲む!これが大事なので、いつも焼酎に入れて割るとき用に使っているシークヮーサーを使っています。これ、意外に侮れないおいしさなのですよ。自分的には、変なレモン汁やライム液よりもずっと良いと思っています。300円ちょっとで買えるはず。
余ったら焼酎に入れちゃえば良いしね。






炭酸水は、どこのでも良いので、ドラッグストアとかで売っているような安いのを箱買いでいいです。暑い日に何も入れずにそのまま飲んでも美味しいですよね。







砂糖なんですが、よく黒砂糖とかが良いとか言われていますが気にしません
けれども、糖分を入れないと、ちょっと物足りない感じになるのは確かなんですよ。なので、私はガムシロップを入れることにしています。これ何がイイって、液体なので混ざりやすいんですよね。サッとステアするだけで、きちんと溶けて混ざってくれるので、オススメです!






最後のミントなのですが、こればっかりは本物を準備してください。ミントは、非常に強い植物なので、プランターなどでも簡単に増やせます。繁殖力も強いので、一度植えておいたら、どんどん出てくるので、気兼ねせずにちぎって使うと良いですよ。
ちなみに、繁殖力が強すぎるので、よく「ミント爆弾」などと呼ばれ、庭とかに植えると、一面がミントだらけになってしまったりするので、きちんと管理するか、鉢かプランター植えがオススメです。
苗は、ホームセンターで売っているので、十分です。
スーパーとかで買うと高くてあほらしいので、絶対に育てた方が良いです。あと、ペパーミントやらアップルミントやら、オレンジミントやらとものすごく種類がありますが、実際に指で葉っぱをこすってみて、自分が好きなにおいのものにしたら良いです。
我が家では、スペアミント、アップルミント、チョコレートミント(チョコミントっぽいにおいがするのです!)の3種類を育てています。
300円ぐらいで買えるはず。








checkmark.png 3.超いい加減に手作りしてみる

基本、「暑くて何もする気になれん!飲むか!」という感じで作っているので、すごいいい加減です。分量とかもきちんと計っていないし、なんとなくで入れています。

まず、グラスに

・ラム酒 → 適量(すきな分量で)
・ミント → たくさん
・お酒にプラス 沖縄シークヮーサー 適量(入れすぎ注意)
・ガムシロップ → 1個分


を入れます。この段階で、一度ステアしておくといいかも。

そして、氷をたくさん入れ、

さらに、ソーダ水を注ぎます。
最後にステアすれば完成です!すごい簡単でしょ?

で、できたのが、こんな感じです。
これは、マイヤーズラムで作ったもの。ちょっと茶色いですよね。

2016080403.jpg


そして、こちらがホワイトラムで作ったもの。

2016080404.jpg



ミントのさわやかな香りとラム酒ほんのりとした香りと甘さが、癖になってしまいます。ちなみに、お代わりするときは、ミント抜かずにそのまま使ってしまっています。いちいち入れ替えたりしません。

というわけで、夏の暑い日にこれを片手に読書なんてどうですか?






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 暑い日にとても合うのです

さすがは、キューバのカクテルだけあって、モヒートは暑い日にぴったりです。自分は、暑い日の午後にこれを飲みながらまったりすることが多いです。
一度、材料さえ一通り揃えてしまえば、何度も楽しめるので、ぜひこの夏は自家製モヒートにチャレンジしてみてください。


手帳の紛失に備えて、やっていること

2016051000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ちょっと紛失ネタが続いてしまいますが、切実な問題なので。
今回は、手帳の紛失に備えるという話です。
今や私の片腕とも言っていい手帳ですが(もう片方は、iPhoneです)、その紛失に備えて、やっていることを書いておきます。

  
【 手帳の紛失に備えて、やっていること 】  

 1.手帳が失われるリスク

 2.拾ってくれた人に対するインセンティブを

 3.最低でも自分に連絡が来るようにする







checkmark.png 1.手帳が失われるリスク

先日、自分が愛用しているiPad miniが職場内で見失ってしまうという大失態をしてしまいました。結果的には、「iPhoneを探す」という機能で見つけることに成功したのですが、モノを失ってしまうことの衝撃の大きさに改めて、肝を冷やしているところです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


実は、自分はかなりの「忘れんぼ」な人なので、昔から様々なところにモノを置き忘れてしまうことが多く、劇的に改善される可能性もなさそうなのです…(実に残念だ)。

さて、そんな私が、失ったらかなり困るモノの一つに手帳があります。
様々なアイデアや仕事上のメモなど、様々なものを蓄積している雑記帳のようなものです。

もしも、この手帳が失われたら…。

なかなか、生きた心地がしません。
しかしながら、手帳にはiPhoneのような自らの位置を特定するような機能もなければ、呼び出しに応じて、音が鳴ったりもしないのです。そのくせ、ほぼ1年中持ち歩いているので、iPhoneと同じぐらいの失うリスクがあるとも言えるのです。






checkmark.png 2.拾ってくれた人に対するインセンティブを

そこで、私が数年前から手帳にやっていることを紹介します。

それは、万が一に拾ってくれた人が、自分に手帳を拾ったことを連絡してくれるか、または届けてくれるインセンティブを与えるような仕掛けを入れておくことです。

基本的には、手帳の中身自体は、拾った人にとっては、何の価値もない文字や図が並んでいるだけのものなので、そこから情報を得て得するようなことはほとんどありません。

そこで、以下のようにお金に付箋を貼っておいて、万が一、手帳を拾ってくれた人が、私に連絡を取ってくれる可能性を高めています。

2016051001.jpg



内容としては、

「万が一、この手帳を発見された方は、こちらのお金を差し上げますので、下記のTELまで連絡をください。○○○ー○○○○ー○○○○」

と書いています。

お金を入れる場所も、わりとすぐに目につく場所に入れておきます。
さらに、この付箋が、少しはみ出るようにして入れているため、このように見えます。

2016051002.jpg



このはみ出ているところには、

「拾った人は、見てください!!↓」

と書いてあります。






checkmark.png 3.最低でも自分に連絡が来るようにする

本当だったら、さらに切手が貼ってある封筒でも入れておいて、その中に入れてポンとポストに投函するだけで、拾った人も自分の身元を一切明かさずに返却できるようにでもしておくのが、ベストだと思っています。しかし、さすがに手帳を入れる封筒を入れるようなスペースはないので、それは断念しています。

しかし、最低でも何らかの形で自分の手元に手帳が戻って来るために、拾ってくれた人が、何らかのアクションを起こしてくださることが大事かな?と思っています。なので、さらに私の名刺なども近くに入れてあるので、警察に届けてくれても良いし、電話をしてくれても良いし、そのお金を使って送付してくれる(たぶんないけど)良いのです。何らかのアクションを起こすためのきっかけとして、報奨金をお渡しするようにしています。

もちろん、お金だけ持っていく人もいる可能性も否定できませんが、自分の経験上、今の日本人はそういうことをする人は、かなり少ないと思っています。






eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 拾ってくれた人に敬意とインセンティブを

まず、人の物を拾い上げ、そして何らかのアクションを起こすというのは、ものすごく労力のかかることです。その労力を押し切って、まずは動いてくださることに感謝したいし、それに少しでも動くための原動力になるならば、多少の報奨金をつけても良いと思っています。

ただし、「連絡してくれたら○○円差し上げます」では、人は動きづらいです。
これは、様々な心理実験から、以下の方法より成功率が低いとされています。
「今、この○○円を差し上げます。なので、連絡してください」
の方が、成功率が高いようなのです。

ほんの少しの違いですが、この違いで行動を起こしてくださるならば、準備はしておいて方が良いですよね。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG