TOP > CATEGORY - Windows

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Windowsをブラインド操作する(ファイル操作編)

2016082300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、Windowsをブランド操作するためのショートカットキーについてまとめてみました。今回は、ブラインド操作編第2回目ということで、さらに踏み込んで、ファイル操作についても、ブラインド操作できるようにしてみたいと思います。ちょっとしたコツで素早くファイル操作できるようになりますよ。
マウスでもたもたやっていたのが、嘘みたいになること請け合いです。


  
【 Windowsをブラインド操作する(ファイル操作編) 】  

 1.ファイル操作もブラインド操作できるようになる!

 2.エクスプローラーでやるコツ

 3.Windowsをコマンドランチャーっぽく使う

 4.フリーソフトを併用する







checkmark.png 1.ファイル操作もブラインド操作できるようになる!

2016082306.jpg

皆さんは、ファイル操作ってどうやっていますか?
マウスを使って、開いたり、ファイルを探したりしているのではないでしょうか?しかし、これをキーボード主体でできるようになると、速度感がハンパなく上がります。

前回は、Windowsを操作するためのショートカットキーを主体に取り上げました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

今回は、ファイル操作も同じようにキーボード主体で操作できるようにしてみます。それには、いくつかコツがありますので、それをやっていけば、ブラインドタッチさえできていれば、誰でもできるようになりますよ。




checkmark.png 2.エクスプローラーでやるコツ

ファイルを開いたりするときにエクスプローラーを使っているのではないかと思います。しかし、このエクスプローラー自体は、割とマウス操作主体で作り込まれているので、ほとんどの人は、マウスで操作しているのではないかと思います。しかし、割と簡単にキーボードで操作することができるのです。

1.エクスプローラーを起動する
エクスプローラーを起動するには、ショートカットキーを使います。
ショートカットキーは、

Winキー + E

です。



2.目当てのドライブの名前を打つ
ここで、いきなり自分が開きたいドライブ名を打ってしまいます。しかし、全て打ち込む必要は、全くありません。
頭文字のみだけで十分です。例えば、このようなドライブ構成だった場合、外付けドライブである「TOSHIBAEXT(F:)」を開くときは、

2016082301.png


単に

頭文字である「t」

と打つだけでよいのです。
そうすると、そのドライブが選択された状態になります。

2016082302.png


その状態でEnterを押すと、そのドライブの中身が開かれます。

2016082303.png



さらに、その次を開きたい場合は、その中にあるフォルダの頭文字を打てばよいのです。

2016082304.png



したがって、頭の中で開きたいフォルダが明確な場合、このように打っていけばよいのです。
(例:TOSHIBAEXT(F:)\iphone)

 ① Winキー + E
 ② t + Enter
 ③ ip + Enter



元に戻ったり、上の階層に移動したりするには、

 Alt + ← or → or ↑

でできます。


3.デスクトップでもできる
ちなみに、このワザは、デスクトップでも使えます。
デスクトップを表示しておいて、ショートカットの頭文字を打てば、それを指定できるのです。

これも、頭の中にデスクトップのショートカットに何が置かれているか把握していれば、

 ① Win + D :デスクトップを表示
 ② 頭文字
 ③ Enter

で開けるのです。

例えば、こんな感じ。

2016082305.png





checkmark.png 3.Windowsをコマンドランチャーっぽく使う

これに関しては、すでに記事にしているので、詳細に関してはそちらを参照していただくのがよいのですが、概略だけ載せておきます。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


これは、スタートメニューを表示して、開きたいプログラム名やファイル名を打てば、その瞬間にインクリメンタルサーチしてくれるというものです。
これは、Cドライブ(システムファイルのあるドライブ上)にあれば、ほぼインデックス化されているので、瞬時に出てきます。

例えば、メモ帳を開きたければ、「memo」と打っても良いし

2016082307.png


「note」と打っても良いし、

2016082308.png


「めも」でも出てくるというスゴさなのです。

2016082309.png


コントロールパネルなども「co」と打つだけで出てくるしね。

2016081503.png



このあとで触れるfenrirやEverythingなどと組み合わせれば、ほぼキーボードから手を離さずに、ほとんど全てのファイルを開くことができます。





checkmark.png 4.フリーソフトを併用する

基本的に上記のワザでも、かなりのことができますすが、やはり限界があります。例えば、Cドライブに無いファイルは、3の方法では出てきませんし、2の方法だと、階層が深い場合は、辿るのに時間がかかってしまいます。それでは、意味がありませんよね?
だから、ここはフリーソフトの力を借りて、強化していきます。とはいっても、いくつも入れる必要はありません。

私が、オススメするのは、この2つです。

fenrir →上級者向き
Everything → 初級者でも使える


個人的には、色々カスタマイズができるfenrirが、イチオシなのですが、いかんせん、やや敷居が高い感じなのですよね。なので、コマンドランチャでは、Everythingを最近はオススメしています。

どちらも、ショートカットキーで瞬時に呼び出しできて、インクリメンタルサーチで候補を表示してくれます。

fenrirは、こんな感じ。

2016082310.png


Everythingは、こんな感じ。

2016082311.png


どちらも、インクリメンタルサーチで候補を出すコマンドラインランチャですが、真に瞬時に自分の思うようにファイルを開きたいという場合は、fenrirを最終的にはオススメします。

fenrirには、インスタントコマンドという機能や、よく使うファイルが上位に表示されるという機能があるのです。
インスタントコマンドというのは、あらかじめ呼び出すコマンドを決めておけば、いちいちEnterを押す必要もなく、その文字列が入力された瞬間に表示されるのです。

例えば、

/n

と打てば、瞬時にメモ帳が表示されるとかですね。いくつも登録できるのもいいです。


さらに、よく使うファイルは、常に上位に表示されるため、

 ①頭文字を入力
 ②↓ + Enter

で、これまた瞬時に開けるのです。

2016082312.png



【関連記事】
fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ブラインド操作は、脳に負担をかけません

今回の記事を読んでみて、皆さんはどう思いましたか?
「こりゃ大変そうだ…。」と思った人もいるかも知れません。
しかし、どれか一つでもやってみると分かるのですが、手になじんでくると、今までマウスを持って操作していたのが、非常に遅く、まどろっこしい作業であったと思い知るはずです。

また、よく誤解として、「そんなにたくさんのショートカットキーとか覚えられないし、覚えるの大変」と言われることもあります。
もちろん、いきなり全てのショートカットキーを覚えるのは、現実的じゃないです。だから、よく使う作業だけでも、ショートカットキーに置き換えてみてください。それだけで、

「あれ?今までのなんだったんだ…。」となるはずですから。

ブラインドタッチができる人は、文字を打つときに、いちいちキーボードのことは考えていません。むしろ、打ち込む文章のことのみを考えているはずです。これと、同じことが、このブラインド操作でも言えるのです。
というわけで、まだやっていない人は、ぜひチャレンジしてみてください!


Windowsをブラインド操作する(ショートカットキーまとめ編)

2016082000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、文章入力の効率化に関する文章を書いているときに、単語登録を使ってブラインド変換するという記事を読みました。この「ブラインド○○」というのが、自分の中でかなりヒットを飛ばしていまして、よく考えたらWindowsもブラインド操作しているじゃないということに気づきました。
というわけで、Windowsをブラインド操作するための方法を何回かにわたって記事にしていきたいと思います。


  
【 Windowsをブラインド操作する(ショートカットキー編) 】  

 1.ブラインド操作するとは?

 2.Windowsキーのショートカットキー

 3.Altキーのショートカットキー

 4.Ctrlキーのショートカットキー







checkmark.png 1.ブラインド操作するとは?

ブラインドタッチという言葉があるように、ほとんどキーボードを見ずにWindowsなどを操作するのを勝手に「ブラインド操作」と名付けました。

例えば、

 ①エクスプローラーを立ち上げ
 ②目当てのフォルダを一発で開き
 ③さらにその下の階層のフォルダも開いて
 ④ファイルのプロパティを表示する


とか

 ①一発でプログラムを起動したり
 ②任意のプログラムを起動したり
 ③それらを行き来したながら編集したり
 ④終了させたり



ということを全てキーボードでできるようなってしまうのです。
キーボードなので、ブラインドタッチさえできれば、あとは画面に集中していれば良いだけなので、すごく捗りまくくるのです。
何と言っても、キーボードから指を離さずに、操作できるというのは時間のロスにならないんですよね。それを、「キーボード → マウス → キーボード」みたいな感じでその都度手を動かしていたら、気は散るし、遅くなってしまうのです。

今回は、基本編なのでショートカットキーをまとめてみました。
これだけでも、かなり操作性が変わってきますので、体得して損は絶対にありませんよ。チートシートとしてもお使いくださいませ。





checkmark.png 2.Windowsキーのショートカットキー

まずは、Windowsキーのショートカットキーからです。
キーボードの中にあって、Windowsキーって微妙な位置づけにあると思われがちですが、なかなかどうして使い勝手があるのです。単にスタートメニューを表示するだけに使うのは、すごくもったいないです。

下の方に一覧を載せておきますが、私が主に使っているのは、こんなショートカットキーです。

1.Win + E:エクスプローラーを起動
割とというかしょっちゅう使っています。
特にCドライブから辿りたいときに使っていますね。

2016082001.png


自分のオススメ設定としては、
表示 → オプション
で、「プライバシー」の項目のクイックアクセス関係のチェックを外しておくですね。

2016082002.png


クィックアクセスは、一見便利なんですけど、よく使うフォルダが変わってしまうと順番が入れ替わってしまうので、いつも固定表示にしておきたいのです。これによって、もはや画面のフォルダ構成も見ずに、次のアクションが起こせるようになるのです。
これに関しては、後日取り上げます。



2.Win + S (WinキーのみでもOK!)
このショートカットキーに関しては、先日、情報管理LOGでも取り上げました。
このショートカットキーは、コマンドランチャーのように、検索語をインクリメンタルサーチで表示してくれるというすごいやつなのです。Windows10では、かなりパワーアップし、fenrirの登場の機会が減ってしまうほどです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

実は、Windowsキーを押したのちに、検索語を入れるだけでも同様のことができるということで、すぐに私のやり方を見直してみました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

2016081503.png



3.Win + X:コンテキストメニューを表示
スタートメニューを右クリックしたときに出てくるメニューを表示させるためのショートカットキーです。コンピュータの管理とかにすぐにアクセスできて、便利。
Windows10になったときには、かなり悩みました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

コンパネもここから起動できますね。

2016073002.png



4.Win + Ctrl +~:仮想デスクトップ関係
Windows10からの機能ですが、これがかなーり便利なんですよ。
一発でデスクトップを切り替える事ができるので、作業のかたまり毎に切替ができるというのは、新しい操作感ですね。まぁ、Macじゃけっこう前からできていたけどね。

2016082003.png



5.Win + 数字キー
これでタスクバーに固定されているアプリを左から順番に1~の順で起動できるのです。例えば、私の場合は、こういう風に割り振られています。

2016082004.png


頭の中に並び順さえ入っていれば、何も考えなくてもソフトを起動できるのです。


というわけで、その他のショートカットキーのまとめです。頭に入れておくと、いいですよ!

<Windows10ショートカットキー一覧>
Winキー操作
Winスタートメニューを表示/非表示
Win + Aアクションセンターを表示/非表示
Win + B通知領域アイコンの選択
Win + Dデスクトップを表示/非表示
Win + Eエクスプローラーを起動
Win + H「共有」の表示
Win + IPC設定を起動
Win + Kワイヤレスディスプレイとオーディオに接続
Win + Lパソコンの画面をロック
Win + P外部ディスプレイへ出力
Win + Rファイル名を指定して実行
Win + SWebとWindows(アプリ、ファイル、設定)を検索
Win + Tタスクバーの選択
Win + Uコンピューターの簡単操作センターの呼び出し
Win + Xコンテキストメニューを表示
Win + Tabタスクビューを表示(アプリ切り替え)
Win + Ctrl + D新しい仮想デスクトップを作成
Win + Ctrl + F4現在の仮想デスクトップを閉じる
Win + Ctrl + →仮想デスクトップの切り替え(複数ある場合)
Win + Ctrl + ←仮想デスクトップの切り替え(複数ある場合)
Win + ←アクティブなウィンドウを左へ
Win + →アクティブなウィンドウを右へ
Win + ↑アクティブなウィンドウを上へ
Win + ↓アクティブなウィンドウを下へ
Win + +拡大鏡の起動、拡大(+)
Win + -拡大鏡の起動、縮小(-)
Win + ESC拡大鏡の終了
Win + 数字キー該当するタスクバーのアプリを起動(左から1~)
Win + ,ウィンドウを半透明化
Win + スペース言語入力の切り替え







checkmark.png 3.Altキーのショートカットキー

これに関しては、後日の記事で掘り下げたいと思います。
まずは、チートシートのみ掲載しておきます。これを見て、ピンと来た方は、気が合います。

Altキー操作
Alt + →エクスプローラーで次のフォルダに移動
Alt + ←エクスプローラーで前のフォルダに移動
Alt + ↑エクスプローラーで上のフォルダに移動
Alt + Tabタスクの切り替え
Alt + F4開いているウィンドウを閉じる
Alt + Enterファイルのプロパティ表示







checkmark.png 4.Ctrlキーのショートカットキー

どちらかといえば、基本のショートカットキーといえます。
色々な操作系をするときに、知らないと面倒なので、ぜひ覚えておくと良いですね。
タスクマネージャーの起動なんかは、意外と知らない人が多いですね。


Ctrlキー操作
Ctrl + A全て選択
Ctrl + Cコピー
Ctrl + N(主に)新規作成
Ctrl + V貼り付け
Ctrl + Shift + ESCタスクマネージャーの起動
Ctrl + Alt + Deleteロック画面の表示






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ショートカットキーを覚えるコストは、それを知らないでいるよりもはるかに安い

「ショートカットキーを覚えるの大変!」と思われる方もいるかもしれませんね。しかし、覚えているのと覚えていないのでは、細かな時間の積み重ねが想像以上に大きいのです。
例えば、(こんな人はもういないと思いますが)一つ一つコピーして貼り付けするのと、ShiftキーやCtrlキーで複数選択してコピーして貼り付けするのでは、圧倒的に作業効率が違いますよね?それと同じ事が、ショートカットキーを身につけるか否かにおいても言えるのです。
というわけで、学習コストがかなりかかりそう…と思っている人は、まずはチートシートを見て、使えそうなところからやってみてください。


関係ないけど、iPad miniの外付けキーボードで使っているBluetooth対応 キーボードが、めちゃくちゃ安くなっていて驚いた。2000円切っているじゃないか…。これ、薄い&軽い&使いやすいで、超オススメです!



Windowsキー + s よりも速かった!Windowsキーだけでもコマンドラインランチャー化できた!

2016081500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、「コマンドランチャーいらず!? Windowsキー + S のショートカットキーが、便利すぎる! - 情報管理LOG」という記事を書きました。
しかし、「それWindowsキーだけでもいけるよ!」という情報が!
というわけで、検証してみました。

  
【 Windowsキー + s よりも速かった!Windowsキーだけでもコマンドラインランチャー化できた! 】  

 1.先日の記事を受けてこんな情報が

 2.早速Windowsキーだけでできるかやってみた

 3.結論:WindowsキーだけでOK!







checkmark.png 1.先日の記事を受けてこんな情報が

先日、「コマンドランチャーいらず!? Windowsキー + S のショートカットキーが、便利すぎる! - 情報管理LOG」という記事を書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


この記事では、Windowsキー + s でコマンドラインランチャーのようにソフトやファイルを立ち上げることができるという内容でした。

しかし、すぐにこのような情報が届きました。
こういう情報すごくありがたいですね!

2016081501.png



どうやら、Windowsキーのみで同様のことができるみたいです。
では、さっそく検証してみましょう。






checkmark.png 2.早速Windowsキーだけでできるかやってみた

前回の検証の時にやった電卓を立ち上げてみましょう。

Windowsキーを押して、

2016081502.png



すぐに「cal」とタイプします。すると、すぐに「WebとWindowsを検索」に移行し、結果が表示されました。

2016081504.png



半角で「den」でも出るかやってみます。
あっさり出ました。まぁ、スタートメニューから検索に移行するので、同様の結果が出るのは、当たり前か。

2016081505.png



ちなみに、インクリメンタルサーチなので、「co」と打つと…
「コマンドプロンプト」と「コントロールパネル」が候補に出てきます。いちいち、全てのプログラムから辿らなくていいので、管理ツール系へのアクセスも良くなりますね。

2016081503.png





checkmark.png 3.結論:WindowsキーだけでOK!

2016081506.png


というわけで、結論としては、WindowsキーだけでOKということになります。速度的にもWindowsキーからWindows検索に移行する方が、キータイプ数が少なくて良く、画面遷移も全く気にならないレベルでした。

そうなると、fenrirよりも速いタイピングでできてしまうので、少なくともCドライブにあるファイル類の検索は、全てWindowsキーになってしまいそうです。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 こういうTipsの積み重ねが速度をアップしていきます

今回は、Windowsキー + s よりも1キー少ない、Windowsキーからの検索でした。人によっては、「どっちでもいいじゃない?」と思うかもしれませんが、ほんの少しの積み重ねが、操作するときの速度を全体的にアップさせてくれるのです。

また、PCを操作するときに、いちいち目視で操作するのではなく、ほぼブラインド操作できる状態にすることによって、本来の作業に集中しやすくなるのです。
と、書いておいて、「ブラインド操作」という考え方悪くないなと思ったので、近いうちに記事にしようと思います。


コマンドランチャーいらず!? Windowsキー + S のショートカットキーが、便利すぎる!

2016081300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Windows7から(Win8を飛ばして)Windows10にして、まるで新しいOSみたいな感触で毎日触っています。でも、思った以上にWindows10いいですね!
今回は、Windows10のショートカットキーである Windowsキー + s がすごい便利すぎて、愛用のfenrirの使用頻度が下がるぐらいというお話です。キーボード主体で色々やる人は、捗りますよ!


  
【 コマンドランチャーいらず!? Windowsキー + S のショートカットキーが、便利すぎる! 】  

 1.Windowsキー + s は、コマンドラインランチャーでは?

 2.半角でもOK!

 3.fenrirとは共存する方向で







checkmark.png 1.Windowsキー + s は、コマンドラインランチャーでは?

Windows7からいきなりWindows10に移行したので、まだまだ戸惑いの日々を覚えています。しかし、思ったよりも全然悪くないなというのが、今のところの感想です。

さて、その中でも今のところ自分的に大ヒットを飛ばしているのが、

Windowsキー + s

というショートカットキーです。
これは、どういうショートカットキーかというと、インデックスされたCドライブを検索できたり、Webから検索できるというものです。

タスクバーのこの部分にあるやつを起動するためのショートカットキーです。

2016081301.png



これが、すごいいいんですよ!
今まで、fenrirというコマンドラインランチャーを使っていたのですが、その存在を脅かす感じになっています。

ちなみに、「コマンドラインランチャーって何?」「fenrirって?」という方は、以下も参照していただけたらありがたいです。
ざっくり説明すると、文字だけでソフトやファイルを検索して、起動などができるランチャーです。キーボードから手を離さなくて良いので、キーボード主体で使っている人にとっては、欠かせないソフトのことです。

【 関連記事 】
fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)
fenrirのスキャンを高速化する!
fenrirでEvernoteを検索する!


fenrirの作者さんのページ。

B@r09u3 Style Op.2
B@r09u3 Style Op.2






で、どのように「Windowsキー + s」が、すごいのかというと、Cドライブに入っているデータだったら、ほぼ瞬時にインクリメンタルサーチができるからです。
例えば、Meryというソフトを立ち上げたい場合、
このように「mer」と打っただけで、候補に出てくるのです。
しかも、音楽やiTunesに登録されているアプリまで引っかかってきます。

2016081302.png




iTunesだったら、「it」と打っただけで出てくる!

2016081303.png







checkmark.png 2.半角でもOK!

さらに、これのすごいのが、例えば日本語入力がオフのままであっても、けっこう使えるのです。

例えば、電卓を出したい場合。
普通だったら、「でんたく」または「電卓」ですよね?

2016081304b.png




それが、「dentaku」でもいけちゃうんです。画像は、インクリメンタルサーチなので「den」と打っただけで出てきました(本当は、「de」でも出てきた)。

2016081305.png



もちろん、Windowsのデフォルトアプリ以外どころか、Cドライブにあるデータだったら(システム関係はダメそう)、同様にできてしまいます。






checkmark.png 3.fenrirとは共存する方向で

非常に便利でCドライブに入れているプログラムやファイルなどは、最近はこちらで立ち上げることが多くなってきました。
しかし、ではfenrirを使わなくなるかといえば、そうでもありません。
インスタントコマンドの超絶的な速さや、Cドライブ以外でもインデックス可能な点、立ち上げるソフトを選択できたりする柔軟さなどは、今でも十分に一線で活躍できる機能と言えます。

なので、私はまだこれからも並行して使っていくことになりそうです。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Windows10は思ったよりもいい

Windows10にするのをためらっていた理由として、「現状できちんと使えている環境をあえて手放す必要があるのか?」という思いがありました。

しかし、周囲の人たちの反応などを聞いていて、

Windowsは、バージョンを1個飛ばしで良作が出る

という法則を思い出しました。

あと、サポート関係が切れてしまいそうというのも後押しして、ほぼ仕方が無くという感じでバージョンアップをしたわけです。しかし、結果としては、良かったとしか言えません。
やはり、あの法則は、本当だったか。

あと、フリーソフト類で自分が使用していたもので、使えなくなったものはありませんでした。これが、地味にありがたい。




Windows10で言語バーを出す方法

2016080100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、やっとWindows10にしたのですが、色々戸惑うことも多く、久しぶりにOSを勉強するという感じになっています。
今回は、言語バーを表示する方法についてです。これ、アップデートした人みんな困っているんじゃないかな?

  
【 Windows10で言語バーを出す方法 】  

 1.ギリギリにWindows10にしてみた

 2.あれ?言語バーがない!

 3.コントロールパネルの表示の仕方







checkmark.png 1.ギリギリにWindows10にしてみた

先日、とうとうギリギリのタイミングでWindows10にしてみました。
なんというか、仕事で出張に行っていたり、Windows7が調子よいのに、無理矢理OSを更新するのもどうなんだろう?と思ったりしていたら、無料更新期限ギリギリになってしまったという感じですね。
というわけで、Windows8からではなく、Windows7から10へというパターンです。

したがって、もうすでに通り過ぎてしまったという人も多いでしょうし、Windows10が発表されてから随分日も経っているので、そんなこと知ってるわ!という内容になるかもしれませんが、私のようにギリギリにアップデートした人向けの記事ということで。




checkmark.png 2.あれ?言語バーがない!

Windows10にして、一番最初に困るポイントが、これではないかと思うんですよね。
このように言語バーが見当たらないのです。

2016080101.png


タスクバーの「日本」というのが、IME関係であることは分かるのですが、これじゃ現在、どういうモードになっているのか分かりません。さらに、私はATOK派なので、ATOKですらないという…。

というわけで、このタスクバーにある「日本」をクリックして見ると、このように日本語入力を切り替えることができるのは分かりました。

2016080102.png



でも、言語バーがやっぱり出てこないんですよね。
きっと、困っている人多いのではないでしょうか?(もう少し親切でも良いと思う)





checkmark.png 3.コントロールパネルの表示の仕方

というわけで、言語バーの表示させる方法についてです。

まずは、コントロールパネルを表示させます。このコントロールパネルも前回の記事で書きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


まず、コントロールパネルを表示して、その中の「入力方法の変更」をクリック。

2016080103.png



「言語の設定の変更」という項目が出てくるので、その左側のメニューの中から「詳細設定」をクリック。

2016080104.png



「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れてください。そして、「適用」をクリックすれば、言語バーが出てくるはずです。

2016080105.png



出てきましたね。良かった良かった。

2016080106.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 新しいOSは戸惑いますね

Windows8は、どうしても好きになれなくて、スキップすることにしてしまいました。実際、周囲でも使っている人の評判は、あまりよろしくなく、Windowsの法則(1つごとに駄作が出る)のまんまだなと思っていました。

Windows7のサポート期限も切れるらしいし、乗り換えるしかないという状況もあり、Windows10へのアップデートに乗り切りました。でも、正直言うとWindows7に何の不満もなかったのですよね。そこをわざわざ乗り換えることのリスクの方が大きく感じていました。

とはいえ、Windows10にすることを選択してしまったのですから仕方が無いです。
初心者に返ったような気持ちで、もう一度勉強してみることにしてみます。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG