TOP > CATEGORY - Windows

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Windows10の音声入力をやってみたけどダメだった話

2018031100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ここ最近、ずっと音声入力が盛り上がっていますよね?
生産性が、4倍上がるとか色々言われていますが、自分的な感覚では、そこまでじゃないだろ?と思っています。それでも、変換の必要性がないというのと、思いついたすぐさまそれがテキストになっていくのは純粋に楽しいです。
さて今回は、Windows10の音声入力についてです。Windows10では、コルタナによる音声検索などがありますが、実は音声入力も可能なのです。
というわけで、音声入力の仕方とその性能についてです。


  
【 Windows10の音声入力をやってみたけどダメだった話 】  

 1.音声入力のノウハウ

 2.Windows10の音声入力を開始するまで

 3.Windowsの音声入力を試してみる







checkmark.png 1.音声入力のノウハウ

最近は、かなり音声入力に関する記事も増え、ノウハウも随分溜まって来た感じがしますね。
特にiPhoneやGoogleドキュメントでの音声入力は、かなり優秀でもはや実用レベルに達しています。ちなみに、この記事も音声入力(Googleドキュメントに音声入力)でやっています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

では、Windowsではどうかというと、あまり取り上げているところが少ないという印象です。
でも、Windows10には、コルタナという音声認識による検索や操作ができる機能が、実装されているのです。しかし、残念ながら使っている人は、あまり多くないという印象ですね。確かにオフィスでブツブツ独り言を言っていたら、気味が悪いですからね。

とはいえ、勝間和代さんもWindowsの音声入力を使い始めたというではないですか。

結局音声入力は、リモートマウスをメインで、Windows10の音声入力を修正用に使うことにしました。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
結局音声入力は、リモートマウスをメインで、Windows10の音声入力を修正用に使うことにしました。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ




と、書いていたら、もうGoogleドキュメントに移っている!!この変わり身の早さ。ある意味スゴイ。

Googleドキュメントの出しっぱなし、音声入力にすんごい楽です


なるほど、確かにOSレベルで推奨している音声入力が使えるならば、それに越したことはないですよね。
というわけで、やってみました。




checkmark.png 2.Windows10の音声入力を開始するまで

Windows10において、音声入力を開始するためには、色々準備が必要です。

1.準備するモノ
Windows10の音声入力では、マイクが必要になります。
ノートPCなどで、マイクが内蔵されているものもありますが、感度が悪いと反応しなかったりするので、安くても良いので、マイクを準備する必要があります。いわゆるヘッドセットというやつですね。
こんなのです。
2000円もしないのか…。




または、音声チャットなどで使う普通のUSBマイクでもOKです。




私は、これにしました。家電量販店で安かったので(1500円ちょっと)。





2.音声入力の設定をする
マイクが手に入ったら、音声入力の設定をしましょう。

コントロールパネル → コンピューターの簡単操作 → 音声認識

2018031101.png

2018031102.png



「音声認識の開始」をクリックすると、「音声認識のセットアップ」というのが出てきます。迷わず「次へ」

2018031103.png



自分のマイク環境を選択

2018031104.png



「次へ」

2018031105.png



「マイク音量の調節」ということで、文章を読まされます。やや長い。

2018031106.png



「次へ」

2018031107.png



「音声認識の精度を上げる」という項目では、レビューを有効にするかどうかを選択します。私は、有効にしました。

2018031108.png



「有効化モードの選択」は、常にオンな状態で音声によって音声入力を開始するかどうかを選択できます。私は、「手動」にしました。

2018031109.png



「音声認識リファレンスカードの印刷」は、別に印刷しなくてもOKです。
こちらで、いつでも参照できます。

2018031113.png


Windows 音声認識コマンド - Windows ヘルプ
Windows 音声認識コマンド - Windows ヘルプ





「コンピュータを起動するたびに音声認識を実行する」という項目があるので、私はオンにしました。
とりあえず、しばらく使ってみようと思ったので。

2018031110.png


これで、準備OKです!
音声認識のソフトが立ち上がるはずですが、もしも立ち上がらない場合は、

スタートメニュー → Windows簡単操作 → 「Windows音声認識」

で立ち上がります。

2018031111.png








checkmark.png 3.Windowsの音声入力を試してみる

準備が整ったら、いよいよ音声入力をやっていきます。
メモ帳なり、ワードなりテキストを入力できるものを準備します。

そして、「聞き取り 開始」と言うと、音声入力が開始します。この辺りは、「Hey Siri」や「OK Google」よりもいくぶんマシな感じ。

2018031114.png



話しかけ、区切りがつくと、入力された言葉が表示されます。
こんな感じですね。

https://gyazo.com/26a5374bdc8a4cc88d279cc84909caf4


さて、実際の変換効率ですが、残念ながらかなり悪いです。
Googleの音声入力のようなサクサク感もないし、iPhoneの音声入力の正確性にも乏しい感じでした。これに関しては、単語登録や「音声認識トレーニング」という一種の調教をほどこせば、少しはマシになるらしいです。

こういうの。



ちなみに、上のメモ帳に入力したかった元文章は、こんな感じです。

これから音声入力を開始します。(改行)
Windowsの音声入力は、Googleの音声入力よりはるかに劣ります。



では、同じ内容をGoogleドキュメントの音声入力でやってみたらどうでしょうか?

https://gyazo.com/42319caf9703f0938236ce47306eb429


最後の「劣ります」というのは、難しかったようです。でも、Windows音声入力よりは、遥かに精度が高いですよね?
※単語登録や「音声認識トレーニング」をすれば、かなりよくなるらしいです。しかし、GoogleとかiOSのは、別にそんなことせずとも十分に精度が高いので、やはりWindowsの音声入力は、今のところそれほどではないという結論です。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 音声入力の世界は、奥が深い

iOSやGoogleが普通にできているのに、「Windowsどうしたんだよ?」というのは、まだまだ早計です。
iOSにしても、Googleにしてもすでに自分たちの運営しているものから、膨大な量の学習データを取得しているわけです。Windowsは、残念ながら幾度となく、モバイル分野で後れを取っており、これからも同様の結果になりそうな感じです。そのため、他と比較しても(Amazonと比較してさえも)圧倒的なデータ不足は否めません。開発資源自体は、決して遅れているわけではないと思っているので、あとはいかに莫大なデータをかき集められるかが、鍵なのかもしれません。




Windows10の検索ファイルインデックスにCドライブ以外を追加する方法

2018030700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Windows10のファイル検索が優秀なので、今まで使っていたfenrirというコマンドランチャーの出番が少なくなりました。しかし、Windows10においては、Cドライブはデフォルトで検索できるのですが、他のドライブは検索されません。そこで、Windows10の標準検索でも他のドライブも検索できるようにやってみました。これで、さらに快適生活が期待できそうです。


  
【 Windows10を使い始めてからfenrirをあまり使わなくなった話 】  

 1.Windows10のファイル検索が優秀だ

 2.Windows10のファイル検索の弱点

 3.Windows10のファイル検索に他のドライブを追加する







checkmark.png 1.Windows10のファイル検索が優秀だ

Windows10のファイル検索が非常に優秀なんですよね。
もうすでにご存知の人も多いともいますが、

Winキー + S

で検索窓が出てくるので、そこに検索したいファイル名やプログラム名を打ち込むと、インクリメンタルサーチでどんどん出てくるのです。
※実は、WinキーのみでもOKです。下記参照。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


例えば、こんな感じ。
Snipping Toolやメモ帳を起動させうようとするとこうなります。

2018030701.gif



最近のWindowsは、8ぐらいから死ぬほど、スタートメニューが使いづらくなったので、もっぱらfenrirやEverythingなどのテキスト主体のコマンドランチャーを使っていました。

「fenrir」インデックス検索でファイルを開くキーワード入力型ランチャー - 窓の杜ライブラリ
「fenrir」インデックス検索でファイルを開くキーワード入力型ランチャー - 窓の杜ライブラリ



「Everything」高速なファイル検索ソフト - 窓の杜ライブラリ
「Everything」高速なファイル検索ソフト - 窓の杜ライブラリ




【過去記事】
fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)

コマンドランチャーは、手に馴染むと本当に超速でいろいろなことができるのでオススメなのですが、fenrirだと他のドライブに接続した状態で検索すると、少し引っかかった感じがするのです。それが、最近かなり気になるようになって来たので、Windows10の検索をメインに使うようになってきました。




checkmark.png 2.Windows10のファイル検索の弱点

さて、Windows10の検索は、なかなか優秀なのですが、それでも弱点がないわけではありません。

DropboxやOneDrive、Google Driveなどは、全てCドライブに関連付けされているので、問題ないのですが、普通のドキュメント関係は、外付けHDDなどにいれてあるのです(バックアップなども含めて)。

Cドライブに入っているものだったら、ほとんどを瞬間的に検索をかけられるのですが、Cドライブ以外に入っているものだと検索インデックスにデフォルトでは入っていないのです。

したがって、そのままでは、他のドライブのデータをインクリメンタルサーチできません。

さて、そこで…



checkmark.png 3.Windows10のファイル検索に他のドライブを追加する

Windows10のファイル検索に他のドライブを追加してみましょう。

設定 → コントロール パネル → インデックスのオプション

にアクセスしてみましょう。

設定からいきなり検索窓に「インデックス」と打ち込んでも、出てきますよ。

2018030702.png



そこで、「変更」というボタンをクリック。

2018030703.png



「インデックスが作成された場所」という項目が立ち上がるので、必要なドライブにチェックを入れればOKです!

2018030704.png



もちろん、ドライブまるごとではなく、必要なフォルダのみの指定もできます。

2018030705.png



インデックスの作成は、ファイルの量にもよりますが、すぐに終わります。
それでは、やってみましょう。
「kami」と打ち込むと…

2018030706.png



バックアップ用にFドライブにとったておいた旧バージョンも検索されました!




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 コマンドランチャいらず

Windows8ぐらいまでは、このファイル検索が(私の環境だけかもしれませんが)ややもっさりしていました。なので、ここで紹介したfenrirとかの方が、早く感じられたモノでした。しかし、Windows10になってからは、かなり高速化が図られたようで、一切不満を感じさせないほどの速度感です。
皆さんも快適キーボード生活を!





Windows10でWin+Shift+Sで範囲指定のスクリーンショットできるって知ってた?

2018021400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Windows10になってから様々なショートカットキーや機能が追加されました。今回はWindows10で新しく追加された範囲指定できるスクリーンショットついて取り上げていきます。
最近、はてブでハズったりした関係で少し肩に力が入っていたような気がしたので、今回は少し肩の力を抜いてちょっとしたTipsについて取り上げてみました。


  
【 Windows10でWin+Shift+Sで範囲指定のスクリーンショットできるって知ってた? 】  

 1.Win + Shift +S で範囲指定のスクリーンショットができる

 2.SNSや他のソフトでも使いやすいよ









checkmark.png 1.Win + Shift + S で範囲指定のスクリーンショットができる

この数年は、Windowsに対する興味関心がかなり薄れていたので、最新の情報などのウォッチをしていませんでした。しかし、毎日使っているのは、間違いなくWindowsマシンなので、自分の環境と効率化のために、また少しずつつウォッチするようになってきました。

昨年10月から始まったCreaters Updatateですが、新しい機能がたくさん追加されました。その中の1つが、今回紹介する範囲指定ができるスクリーンショットのショートカットキーです。

まあ、ほとんどタイトルで言い切っちゃっているのですが、少し説明していきたいと思います。

Win + Shift + S

を押すと、このように画面が少しだけ白くなるので、範囲指定をマウスでしていきます。

2018021401.gif


そうすると、Spining Toolだと編集画面に移行したりしますが、全く何も起こりません。実は、単にクリップボードの中に格納されるだけなのです。しかし、この潔さがちょっと心地よいです。

ちょっとスクリーンショットを文章に貼り付けたいというようなときには、これぐらいの気楽さでやれるのがちょうどいいかもしれません。




checkmark.png 2.SNSや他のソフトでも使いやすいよ

クリップボードに格納されているので、ワードやPowerPointなどに貼り付けるのは簡単にできるのはわかりますよね?

しかし、ここは情報管理LOGらしくちょっとひねりの利いた使い方について提案してきたいと思います。

1.Googleフォトにスクショをアップロードする
自分的には、これがイチオシです。

スクショを撮影 → Googleフォト上で Ctrl+V

そうすると、スクリーンショットがアップロードされるのです。Google フォトに蓄積しておけば、あとでまとめてダウンロードもできるし、ブログや様々なところに使い回すこともできます。

2018021402.png



2.Scrapboxにアップロード
これまた、イチオシ!
流れは、上と同じで良いです。Ctrl+Vで貼り付けると、自動的にGyazoにアップロードされ画面に出てきます。

2018021406.gif



3.Twitterで使う
Twitterでサクッとスクショを送りたいという時は、ツィート画面上で

Ctrl + V

で、スクショが貼り付きます。スクショからのツィートまでが、ほとんどシームレスに行えますね。

2018021404.png



4.Facebookで使う
Twitterの段階でもうなんとなく読めているのではないかと思いますが、続けていきます。Facebookの投稿画面で、同じく Ctrl+V をするとスクショがアップされます。

2018021405.png



5.Pushbulletで使う
Windows←→iPhone、iPad間でシームレスにデータやりとりをするならば、Pushbulletがイチオシなのですが、そのPushbulletでもスクショを簡単に送れます。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


iOS版のアプリ。




そして、Chromeの拡張機能。

Pushbullet - Chrome ウェブストア
Pushbullet - Chrome ウェブストア





Chrome拡張機能のPushbulletのアイコンをクリックすると、そのページのリンクが貼り付けられているので、それをまず×をクリックして削除します。

2018021406.png


そして、Ctrl+Vで貼り付け。あとは、送信ボタンを押すだけです。
スクショ→iPhoneまでの流れが、かなり速くなります。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 地味にCresters Update良い

Windows10にしてから時々大型のアップデートが行われているのですが、その中でもCreaters Updateは、新しく付け加わった機能が、ツボを押さえている感じで地味に良いのですよね。
ここ最近は、Windows自体が取り上げられることが減ってきているように感じていたので、もう一度初心に戻って、ちょいちょい取り上げていきたいと思います。




Windows10が勝手にスリープしてしまう問題を解決した

2018020400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近、ノートPCを入れ替えたのですが、ちょっと目を離した好きに勝手にスリープに入ってしまうという(2分ぐらいで)問題に直面しました。あまりにも短時間でスリープモードに入ってしまうので、正直困ってしまい、解決策を探ってみたら、思ったよりも問題の根が深いことに気づきました。
今回は、Windows10のノートPCに見られる、この現象をどのように解決したのかについてのレポートです。


  
【 Windows10が勝手にスリープしてしまう問題を解決した 】  

 1.目を離した隙に勝手にスリープ問題

 2.調べてみると驚愕の事実が…

 3.勝手にスリープ問題を解決する







checkmark.png 1.目を離した隙に勝手にスリープ問題

先日、使っているPCを入れ替えました。そうしたところ、ちょっと目を離したり、作業を中断しているとすぐにスリープに入ってしまう問題に直面しました。体感時間でおよそ2〜3分といったところです。

もちろん、電源関係の設定は、ちゃんとやっているにもかかわらず、この現象が発生するのです。
こんな風にすぐにスリープに入らないように設定されています。

2018020401.png


なぜだ…。
2018020402.png


それなのにも関わらず、設定を無視してスリープされてしまうのです。
そのため、何度も設定を見直したり、してみましたが一向に改善されないという状況でした。

ただし、色々やっているうちに気づいたのは、再起動したばかりのときには、この現象は発生せず、一度スリープしてから起動すると発生するということです。
これは、どういうことだ??




checkmark.png 2.調べてみると驚愕の事実が…

色々調べてみると、どうやらこれはWindows8ぐらいから発生していた電源関係のトラブルのようです。しかも、ノートPCでのみ発生する現象のようです。Windowsのフォーラムに投稿されていました。

どうやら、「システム無人スリープタイムアウト」というもので、通常では設定できない項目だということです。「システム無人スリープタイムアウト」とは、電源設定とは関係なく、ユーザーが操作していないと判断してスリープモードに入るという設定のようです。
どうして、そういう風にしたし…。

Add System unattended sleep timeout to Power Options in Windows 10 Performance & Maintenance Tutorials
Add System unattended sleep timeout to Power Options in Windows 10 Performance & Maintenance Tutorials






checkmark.png 3.勝手にスリープ問題を解決する

解決方法に関しては、海外のサイトも国内のサイトも同様の手法を試みており、1つしか方法はなさそうです。
それは、レジストリを変更することです。

したがって、以下の方法は、各自自己責任で行なってください。
もしも、何らかの不具合が生じても、当方では一切関知致しません。

とでも、書かないと大変なのでね。すみません。

1.デジストリエディタを起動する
まずは、レジストリエディタを起動します。

Windowsキー + R

で、出てきたダイアログに、

regedit

2018020403.png



と入力して、エンター。
で、レジストリエディタが起動します。

2018020404.png




2.レジストリにアクセスする
レジストリの構造は、通常のWindowsのファイルエクスプローラとなんら変わらないので、順番にフォルダを開いていく要領でアクセスしていってください。

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20\7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0

「\」ごとに辿っていってみてください。
こんな風に。

2018020405.png



最終的に

7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0

にある「Attributes」という項目をクリックします。

2018020406.png



3.値を2にする
出てきたダイアログの値を2に変更します。

2018020407.png


レジストリエディタは、閉じて構いません。



4.電源の設定を開き、設定を変更する
電源の設定にアクセスします。
タスクバーのところにある電源アイコンを右クリック。

2018020408.png



電源オプションが開かれるので、左側の項目の「コンピュータがスリープ状態になる時間を変更」をクリック。

2018020409.png



「詳細な電源設定の変更」をクリック。

2018020410.png



そうすると、先程はなかった項目が出現しています。

2018020411.png



変更前と比較すると、確かに「システム無人スリープタイムアウト」という項目が出現していることが理解できるはずです。

2018020412.png



よくみると、スリープの時間が2分に設定されているではありませんか…。どうりで。
この値を不都合が生じないぐらいの長さに設定したら完了です。
※フォーラムでは、0にすると無効化と書いてありました。

2018020413.png



これで、頻繁にスリープしてしまう問題が、あっさりと解決しました。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 この項目を隠しておく必然性って??

電源のほかの設定よりも優先され、なおかつ通常ではみることができないこの設定に意味はあるのか?
しばし、悩んでしまいます。
どうやら、Windows8から指摘されているようですが、いっこうに改善する兆しがないところをみると、なんらかの意図があるのか、ないのか。今回は、直し方がわかり治ったらから良いものの、素人にはハードル高めだなと思うわけです。Microsoftの中の皆さん、お願いですから次のアップデートあたりで改善をお願いいたします!!




Windows10とiPhoneをリンクさせる「Continue on PC」とは何か?

2017122500.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
Windows10のFall Creater Updateを適用したら、iPhoneとのリンクを求められました。どうやら、Continue on PCという機能のようです。というわけで、早速やってみました。


  
【 Windows10とiPhoneをリンクさせる「Continue on PC」とは何か? 】  

 1.Windows10をアップデートしたら電話とのリンクを求められた

 2.「Continue on PC」をやってみる







checkmark.png 1.Windows10をアップデートしたら電話とのリンクを求められた

実は、ずいぶん前から「Windowsをアップデートしろよ!」と自分のPCからせかされていました。しかし、色々立て込んでいて、ついつい先延ばしにしていたのですが、先日朝の時間を使って、アップデートしてみました。
どうやら、Fall Creater Updateというものらしいです。最近、Windowsへの興味が低下していてスミマセン…。ちゃんと勉強します。

そうしたら、

電話と接続しなよ!

と言われました。(実際は、そんな口調じゃないけど)
そういうわけで、早速やってみました。

Windows10のスタートメニュー(未だに使いにくい)から設定を開く

2017122501.png



「電話」という項目をクリック

2017122502.png



「電話の追加」をクリック

2017122503.png



ここで、注意して欲しいのが、デフォルトではUSになっているので、必ずJP(+81)に変更しておいてください。そして、自分の携帯番号を入力。

2017122504.png



そうすると、すぐにiPhoneのSMSにメッセージが届きます。タップしてAPP Storeにアクセスしましょう。

2017122505.png



そして、インストール!




ハイ!ここまで来れば、準備完了です。




checkmark.png 2.「Continue on PC」をやってみる

では、実際にContinue on PCを使ってみましょう。

iPhone側で気になるページで共有Extensionをタップ。Continue on PCが無い場合は、オンにしておきましょう。

2017122506.png




そして、「Continue on PC」をタップ。

2017122507.png



最初のみログインを求められます。

2017122508.png



二重認証して…ログイン完了!

2017122509.png



そうすると、接続先のPCが表示されます。リストにあるPC名をタップしましょう。

2017122510.png



リンクが、PCに送られました!

2017122511.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 中途半端な印象

ぶっちゃけて言うと、便利だとは思うのですが、中途半端な印象です。Pushbulletの方が、何倍も便利だし使い勝手も良いしなぁと思ってしまいます。唯一良い点があるとするならば、Microsoftだから安心というぐらいかな?
しかも、iPhone側から送れても、Windows側からは送れないし。今後に期待ということで。


このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG