FC2ブログ
TOP > CATEGORY - Windows

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Windows10でウィンドウが画面外に出てしまったときに動かす方法

2018082100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Windows10をスリープから起動したときにウィンドウが画面外に出ていることありませんか?私は、よくセカンドディスプレイでそうなることがあります。
Windows10以前だったら簡単にウィンドウを動かすことができていたのですが、今までの方法ではできなくなってしまいました。
というわけで今回は、Windows10のちょっとしたTipsです。

  
【 Windows10でウィンドウが画面外に出てしまったときに動かす方法 】  

 1.ウィンドウが画面外に出てしまう

 2.Windows10ではウィンドウを移動できない?

 3.Windows10でウィンドウを移動する方法







checkmark.png 1.ウィンドウが画面外に出てしまう

私は、職場も自宅もディスプレイを2枚にして運用しています。
そうすると、なぜだかWindows10になってから、スリープモードから復帰したときに、セカンドディスプレイでウィンドウが、画面外にはみ出ていることがあります。
状態としては、こんな感じですね。上半分が出ちゃってる…。

2018082101.png



一体、なぜこんなことになっているのかは、皆目不明ですが、時々こうなってしまうのです。Windows10ユーザーの皆さんいかがですか?



checkmark.png 2.Windows10ではウィンドウを移動できない?

さて、これぐらいだったら、さほど問題ではないのですが、Windows10以前の段階だったら、タスクバーにあるアイコンを右クリックすると、「移動」という項目があるので、あとはカーソルキーでウィンドウを移動させることができました。
しかし、Windows10では、それができないのです。こんな感じ。「移動」の項目がありません。

2018082102.png



これでは、ウィンドウが画面外に出てしまったときに困ってしまいます。




checkmark.png 3.Windows10でウィンドウを移動する方法

実は、Windows10では、タスクバーのアイコンを右クリックでやるのではありません。タスクバーにあるアイコンの上にマウスを置くと、ウィンドウイメージが出てきますよね?その出てきたウィンドウイメージの上で右クリックすればよいのです。
では、やってみましょう。

2018082103.gif


あとは、カーソルキーで自在にウィンドウを動かせば良いのです。簡単ですね。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 でも、分かりづらいよね

今までのWindowsで慣れ親しんでいた状態でいきなり操作性を変えられると戸惑いますよね。しかも、どうにも偶然見つけることで解決するようではいけないと思うのですよ。そういう意味では、Windowsは、ユーザーライクなUIですが、それでもまだまだ課題は多いのです。


「microsoft compatibility telemetry」によってCPUがものすごく消費されていたので、停止させた件について

2018081400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、PCを開いたときに、ファンが勢いよく回り始めたので、調べてみたところ「microsoft compatibility telemetry」というのがCPU以上に使用していることが分かりました。ハテ?Microsoftのファイルのようだけど、一体これは何なのか?疑問に思ったので、調べてみました。そして、対処法も書いておきます。


  
【 「microsoft compatibility telemetry」によってCPUがものすごく消費されていたので、停止させた件について 】  

 1.CPUが、ものすごく消費される

 2.「microsoft compatibility telemetry」とは?

 3.対処法







checkmark.png 1.CPUが、ものすごく消費される

上で書きましたが、先日PCを開いたときに、ものすごい勢いでファンが回り始めたので、「何か暴走してるのかな?」と思い、タスクマネージャで確認してみました。

2018081401.png



すると、どうやら「microsoft compatibility telemetry」というのが悪さをしているようです。ちなみに、CPUの使用率は、こんな感じ。一歩間違ったら、動きが怪しくなるレベルです。

2018081402.png



それにしても、「microsoft compatibility telemetry」と書いてあるぐらいだから、Microsoftのアプリケーションなのか?というわけで、調べてみました。




checkmark.png 2.「microsoft compatibility telemetry」とは?

さて、この聞き慣れない「microsoft compatibility telemetry」ですが、調べてみると

Windows 利用中の互換性に関する問題や情報のテレメトリー (Microsoft での匿名化された情報の収集) のようです。

Microsoft compatibility telemetryとは - マイクロソフト コミュニティ


ということでした。

ようするに、

Microsoftに匿名ではあるものの、ユーザーのWindowsに関する互換性や問題などを送信する

システムアプリケーションということですね。

【情報元】
Microsoft compatibility telemetryとは - マイクロソフト コミュニティ
Microsoft compatibility telemetryとは - マイクロソフト コミュニティ







checkmark.png 3.対処法

これが、CPUの使用率が、5%ぐらいだったら大目に見てあげても良かったのですが、90%近く使っているならば、残念ながら見逃すわけにはいきません。

そういうわけで、さっそく対処しましょう。

「microsoft compatibility telemetry」タスクスケジューラで停止させることができます。
タスクスケジューラですが、起動の方法は、以下の通りです。

1.Windowsスタートボタンを右クリック
2.コンピュータの管理


2018081403.png




そうすると、左側のメニューに「タスクスケジューラ」とあるので、以下の通りに展開していってください。

1.タスクスケジューラライブラリ
2.Microsoft
3.Windows
4.Application Experience


2018081404.png




そして、さらに中央の上のメニューの中から「Microsoft Compatibility Appraiser」をクリック。
右側メニューの「無効化」という部分をクリックすればOKです。

2018081405.png



こんな風に「有効化」となります。

2018081406.png


これで、ピタリとCPUがおとなしくなりました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Windows Updateといい酷い

最近は、Windows Updateがコワイのですよね。なかなか終わらなかったり、勝手に再起動したり、アップデートが完了したと思ったら不具合が発生したりと、下手なウィルスよりも凶悪だったりします。
今回の「Microsoft Compatibility Appraiser」も、上でも書きましたが、CPUの使用率が数%だったら、さして問題にもしなかったと思います。このあたりのさじ加減が、下手だなと最近特に思うようになりました。


山と食欲と私」の8巻でましたね!




WindowsでKeynoteのプレゼンを作成する方法

2018062700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Windowsユーザーにとって、PowerPointにはないあのエフェクトやクールなデザインをもつKeynoteがうらやましい人は多いはずです。iPhoneやiPadで作成できないこともないのですが、やはりノートPCやデスクトップでサクサクと作りたいという場面もあるわけです。というわけで今回は、WindowsマシンにおいてKeynoteのプレゼンを作成する方法についてです。

  
【 WindowsでKeynoteのプレゼンを作成する方法 】  

 1.Keynoteはオシャレ!

 2.iPadやiPhoneでプレゼンをするには最適

 3.WindowsマシンでKeynoteのプレゼンを作成してみる







checkmark.png 1.Keynoteはオシャレ!

私は、生粋のWindowsユーザーなのですが、心はMacユーザーなんですよね。なので、MacOSのもつ美しさには、強い憧れがあります。だからこそ、iPhone&iPadユーザーになてからは、Keynoteでプレゼンを作成してプレゼンするようになりました。

ちょっと古い動画になりますが、Keynoteの感じが良く伝わるのでご紹介。




どうでしょうか?
PowerPointとはひと味違うオシャレさがありますよね。
さすが、ジョブスが、自分のプレゼンで使用するために作らせたという逸話が残っているだけはあります。



checkmark.png 2.iPadやiPhoneでプレゼンをするには最適

iOS用のPowerPointアプリもありますが、実はiPhoneやiPadでプレゼンするとしたら、Keynoteの方が使い勝手が良いのですよね。別にオシャレだからというだけではなく、実用上からもです。

Keynoteは、同じiOSの製品同士だとリモートコントロールできるのです。しかも、同一Wi-Fi環境でなくても、Bluetoothだけでもつながることが可能です。

iPhone、iPad、iPod touch で Keynote Remote を使う - Apple サポート
iPhone、iPad、iPod touch で Keynote Remote を使う - Apple サポート




一台をプロジェクタにつないで、もう一台のiPhoneで手元でKeynoteを操作するというのもお手の物だったりします。
そう考えると、単にオシャレだからという理由を超えて、iPhoneやiPadでKeynoteを利用する意味があるのです。

こちらの動画は、iPhone5でのKeynote Remoteという古い動画ですが、まあだいたいこんな感じ。





checkmark.png 3.WindowsマシンでKeynoteのプレゼンを作成してみる

とはいえ、MacユーザーだとKeynoteが入っているので、作成も容易なのでしょうが、こちらは基本Windowsという身なので、どうにかしてWindows上でKeynoteを作成してみたいと思うものなのです。

では、どうすれば、Windows上でもKeynoteを作成することができるようになるかというと、iCloudを使うのです。
これまた、MacユーザーだとiCloudは普通に使っているのでしょうが、どうしてもWindowsユーザーだと、足が遠のいてしまいがちなんですよね。
でも、iPhoneやiPadを使っているならば、バックアップ先として利用している人も多いでしょう。実は、iCloudは、単なるバックアップ先なのではありません。
まずは、こちらにアクセスして、自分のiCloudにログインしてみてください。Apple IDで入れますよ。

iCloud
iCloud





そうすると、こんな感じでアイコンが並んでいるはずです。iOSっぽいですよね。でも、ブラウザ上なんですよ。
これの中のKeynoteにアクセスしてみましょう。

2018062701.png



なんと、ブラウザの中でKeynoteのアプリが立ち上がり、編集もできてしまうのです。
めちゃくちゃ便利だと思いませんか?

2018062702.png



Keynoteの使用方法に関しては、今回の記事では触れませんが、基本的な操作はほぼ同じです。
上の+アイコンをクリックすると、こんな風にiPadやiPhoneと同じ操作性でブラウザ上で作成できるのです。
そういうわけで、1ページのみのKeynoteを作成してみました。ファイル名を「情報管理LOG(実験)」としました。

2018062703.png

2018062704.png


iCloudなので、ここで作成したKeynoteは、ちゃんと自分のiPhoneやiPadに同期されています。
こちらは、iPhoneのKeynote。

2018062705.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iCloudは、なかなか優秀なのです

実は、もうすでに数ヶ月前ぐらいから、iCloudの容量を有料で追加しています。iOSの機器が増えてきて、それぞれのバックアップだけで容量が満タンになり、iCloudで同期してほしい、オフィス系のデータさえ同期できない状況に業を煮やしたのでした。
けれども、この半年の中では、なかなか良い決断の一つだったと思っています。現在は、50GBの要領で契約しているのですが、月々130円という格安料金ということもあり、どうしてもっと早く契約しなかったのかと思ってしまうぐらいには、快適です。しかも、今回紹介したように、iCloudって編集機能も備えているので、便利かつ優秀なんですよ。まだ使っていない人は、もったいないので、ぜひ使ってみてください。




刻刻」が、3巻まで0円になっていますね。「ゴールデンゴールド」と同じ作者さんだったのですね。ちなみに、ゴールデンゴールドも1巻のみ0円です。ゴールデンゴールドは、下手なホラーよりホラーですよね。


Windows10の音声入力をやってみたけどダメだった話

2018031100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ここ最近、ずっと音声入力が盛り上がっていますよね?
生産性が、4倍上がるとか色々言われていますが、自分的な感覚では、そこまでじゃないだろ?と思っています。それでも、変換の必要性がないというのと、思いついたすぐさまそれがテキストになっていくのは純粋に楽しいです。
さて今回は、Windows10の音声入力についてです。Windows10では、コルタナによる音声検索などがありますが、実は音声入力も可能なのです。
というわけで、音声入力の仕方とその性能についてです。


  
【 Windows10の音声入力をやってみたけどダメだった話 】  

 1.音声入力のノウハウ

 2.Windows10の音声入力を開始するまで

 3.Windowsの音声入力を試してみる







checkmark.png 1.音声入力のノウハウ

最近は、かなり音声入力に関する記事も増え、ノウハウも随分溜まって来た感じがしますね。
特にiPhoneやGoogleドキュメントでの音声入力は、かなり優秀でもはや実用レベルに達しています。ちなみに、この記事も音声入力(Googleドキュメントに音声入力)でやっています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

では、Windowsではどうかというと、あまり取り上げているところが少ないという印象です。
でも、Windows10には、コルタナという音声認識による検索や操作ができる機能が、実装されているのです。しかし、残念ながら使っている人は、あまり多くないという印象ですね。確かにオフィスでブツブツ独り言を言っていたら、気味が悪いですからね。

とはいえ、勝間和代さんもWindowsの音声入力を使い始めたというではないですか。

結局音声入力は、リモートマウスをメインで、Windows10の音声入力を修正用に使うことにしました。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
結局音声入力は、リモートマウスをメインで、Windows10の音声入力を修正用に使うことにしました。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ




と、書いていたら、もうGoogleドキュメントに移っている!!この変わり身の早さ。ある意味スゴイ。

Googleドキュメントの出しっぱなし、音声入力にすんごい楽です


なるほど、確かにOSレベルで推奨している音声入力が使えるならば、それに越したことはないですよね。
というわけで、やってみました。




checkmark.png 2.Windows10の音声入力を開始するまで

Windows10において、音声入力を開始するためには、色々準備が必要です。

1.準備するモノ
Windows10の音声入力では、マイクが必要になります。
ノートPCなどで、マイクが内蔵されているものもありますが、感度が悪いと反応しなかったりするので、安くても良いので、マイクを準備する必要があります。いわゆるヘッドセットというやつですね。
こんなのです。
2000円もしないのか…。




または、音声チャットなどで使う普通のUSBマイクでもOKです。




私は、これにしました。家電量販店で安かったので(1500円ちょっと)。





2.音声入力の設定をする
マイクが手に入ったら、音声入力の設定をしましょう。

コントロールパネル → コンピューターの簡単操作 → 音声認識

2018031101.png

2018031102.png



「音声認識の開始」をクリックすると、「音声認識のセットアップ」というのが出てきます。迷わず「次へ」

2018031103.png



自分のマイク環境を選択

2018031104.png



「次へ」

2018031105.png



「マイク音量の調節」ということで、文章を読まされます。やや長い。

2018031106.png



「次へ」

2018031107.png



「音声認識の精度を上げる」という項目では、レビューを有効にするかどうかを選択します。私は、有効にしました。

2018031108.png



「有効化モードの選択」は、常にオンな状態で音声によって音声入力を開始するかどうかを選択できます。私は、「手動」にしました。

2018031109.png



「音声認識リファレンスカードの印刷」は、別に印刷しなくてもOKです。
こちらで、いつでも参照できます。

2018031113.png


Windows 音声認識コマンド - Windows ヘルプ
Windows 音声認識コマンド - Windows ヘルプ





「コンピュータを起動するたびに音声認識を実行する」という項目があるので、私はオンにしました。
とりあえず、しばらく使ってみようと思ったので。

2018031110.png


これで、準備OKです!
音声認識のソフトが立ち上がるはずですが、もしも立ち上がらない場合は、

スタートメニュー → Windows簡単操作 → 「Windows音声認識」

で立ち上がります。

2018031111.png








checkmark.png 3.Windowsの音声入力を試してみる

準備が整ったら、いよいよ音声入力をやっていきます。
メモ帳なり、ワードなりテキストを入力できるものを準備します。

そして、「聞き取り 開始」と言うと、音声入力が開始します。この辺りは、「Hey Siri」や「OK Google」よりもいくぶんマシな感じ。

2018031114.png



話しかけ、区切りがつくと、入力された言葉が表示されます。
こんな感じですね。

https://gyazo.com/26a5374bdc8a4cc88d279cc84909caf4


さて、実際の変換効率ですが、残念ながらかなり悪いです。
Googleの音声入力のようなサクサク感もないし、iPhoneの音声入力の正確性にも乏しい感じでした。これに関しては、単語登録や「音声認識トレーニング」という一種の調教をほどこせば、少しはマシになるらしいです。

こういうの。



ちなみに、上のメモ帳に入力したかった元文章は、こんな感じです。

これから音声入力を開始します。(改行)
Windowsの音声入力は、Googleの音声入力よりはるかに劣ります。



では、同じ内容をGoogleドキュメントの音声入力でやってみたらどうでしょうか?

https://gyazo.com/42319caf9703f0938236ce47306eb429


最後の「劣ります」というのは、難しかったようです。でも、Windows音声入力よりは、遥かに精度が高いですよね?
※単語登録や「音声認識トレーニング」をすれば、かなりよくなるらしいです。しかし、GoogleとかiOSのは、別にそんなことせずとも十分に精度が高いので、やはりWindowsの音声入力は、今のところそれほどではないという結論です。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 音声入力の世界は、奥が深い

iOSやGoogleが普通にできているのに、「Windowsどうしたんだよ?」というのは、まだまだ早計です。
iOSにしても、Googleにしてもすでに自分たちの運営しているものから、膨大な量の学習データを取得しているわけです。Windowsは、残念ながら幾度となく、モバイル分野で後れを取っており、これからも同様の結果になりそうな感じです。そのため、他と比較しても(Amazonと比較してさえも)圧倒的なデータ不足は否めません。開発資源自体は、決して遅れているわけではないと思っているので、あとはいかに莫大なデータをかき集められるかが、鍵なのかもしれません。




Windows10の検索ファイルインデックスにCドライブ以外を追加する方法

2018030700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Windows10のファイル検索が優秀なので、今まで使っていたfenrirというコマンドランチャーの出番が少なくなりました。しかし、Windows10においては、Cドライブはデフォルトで検索できるのですが、他のドライブは検索されません。そこで、Windows10の標準検索でも他のドライブも検索できるようにやってみました。これで、さらに快適生活が期待できそうです。


  
【 Windows10を使い始めてからfenrirをあまり使わなくなった話 】  

 1.Windows10のファイル検索が優秀だ

 2.Windows10のファイル検索の弱点

 3.Windows10のファイル検索に他のドライブを追加する







checkmark.png 1.Windows10のファイル検索が優秀だ

Windows10のファイル検索が非常に優秀なんですよね。
もうすでにご存知の人も多いともいますが、

Winキー + S

で検索窓が出てくるので、そこに検索したいファイル名やプログラム名を打ち込むと、インクリメンタルサーチでどんどん出てくるのです。
※実は、WinキーのみでもOKです。下記参照。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


例えば、こんな感じ。
Snipping Toolやメモ帳を起動させうようとするとこうなります。

2018030701.gif



最近のWindowsは、8ぐらいから死ぬほど、スタートメニューが使いづらくなったので、もっぱらfenrirやEverythingなどのテキスト主体のコマンドランチャーを使っていました。

「fenrir」インデックス検索でファイルを開くキーワード入力型ランチャー - 窓の杜ライブラリ
「fenrir」インデックス検索でファイルを開くキーワード入力型ランチャー - 窓の杜ライブラリ



「Everything」高速なファイル検索ソフト - 窓の杜ライブラリ
「Everything」高速なファイル検索ソフト - 窓の杜ライブラリ




【過去記事】
fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)

コマンドランチャーは、手に馴染むと本当に超速でいろいろなことができるのでオススメなのですが、fenrirだと他のドライブに接続した状態で検索すると、少し引っかかった感じがするのです。それが、最近かなり気になるようになって来たので、Windows10の検索をメインに使うようになってきました。




checkmark.png 2.Windows10のファイル検索の弱点

さて、Windows10の検索は、なかなか優秀なのですが、それでも弱点がないわけではありません。

DropboxやOneDrive、Google Driveなどは、全てCドライブに関連付けされているので、問題ないのですが、普通のドキュメント関係は、外付けHDDなどにいれてあるのです(バックアップなども含めて)。

Cドライブに入っているものだったら、ほとんどを瞬間的に検索をかけられるのですが、Cドライブ以外に入っているものだと検索インデックスにデフォルトでは入っていないのです。

したがって、そのままでは、他のドライブのデータをインクリメンタルサーチできません。

さて、そこで…



checkmark.png 3.Windows10のファイル検索に他のドライブを追加する

Windows10のファイル検索に他のドライブを追加してみましょう。

設定 → コントロール パネル → インデックスのオプション

にアクセスしてみましょう。

設定からいきなり検索窓に「インデックス」と打ち込んでも、出てきますよ。

2018030702.png



そこで、「変更」というボタンをクリック。

2018030703.png



「インデックスが作成された場所」という項目が立ち上がるので、必要なドライブにチェックを入れればOKです!

2018030704.png



もちろん、ドライブまるごとではなく、必要なフォルダのみの指定もできます。

2018030705.png



インデックスの作成は、ファイルの量にもよりますが、すぐに終わります。
それでは、やってみましょう。
「kami」と打ち込むと…

2018030706.png



バックアップ用にFドライブにとったておいた旧バージョンも検索されました!




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 コマンドランチャいらず

Windows8ぐらいまでは、このファイル検索が(私の環境だけかもしれませんが)ややもっさりしていました。なので、ここで紹介したfenrirとかの方が、早く感じられたモノでした。しかし、Windows10になってからは、かなり高速化が図られたようで、一切不満を感じさせないほどの速度感です。
皆さんも快適キーボード生活を!





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG