FC2ブログ
TOP > CATEGORY - アプリ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Microsoft PixでOCRができるようになったよ!

2018120300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近、音声入力にしても、OCRにしても、現実をデータに落とし込む方法が、昔よりかなりハードルが低くなってきていますよね。そのおかげで、昔だったらありえないほど、素早く(しかも簡単に)データ化できるようになってきています。今回は、私の大好きなOCRが、MIcrosoft Pixでもできるようになったよということについて、レポートします。


  
【 Microsoft PixでOCRができるようになったよ! 】  

 1.最近のアップデートでOCRできるようになったよ

 2.実際にやってみた







checkmark.png 1.最近のアップデートでOCRできるようになったよ

Microsoft Pixというのは、Microsoftから出している高機能静音カメラです。iPhoneの静音カメラとしては、かなり画質も良いカメラだと思っています。
これが、無料なんてスゴイですよね。



情報管理LOGでも何度か取り上げさせていただきました。
実は、地味にアップデートを繰り返しており、当初の単なる画質が良い静音カメラという域をはるかに超えています。

例えば、ホワイトボードモードや、スキャナモードなどがあり、自動的に読み取りたい対象を認識してくれたりもします。時々、「それ別にスキャンしたいわけじゃないんだけどな…」というような、早とちりみたいな場面もあったりするのですが、それでも便利でハードユースしています。

そんMicrosoft Pixですが、先日のアップデートで、コンテツのテキスト化(つまりOCRのことだと思うけど)ができるようになったのです。

2018120301.png


これは、OCR大好き人間としては、試さないわけにはいきません。



checkmark.png 2.実際にやってみた

というわけで、実際にやってみましょう。
まずは、撮影からの、OCRをやります。今回の素材は、コレですね。



これを、このようにカメラをかざすだけで、「文字を読み取りますよ~」みたいな感じになります。

2018120302.png



ここで、下の「コンテンツの抽出」というのをタップすると、このように即OCRされたテキストが出てきます。このあたりの速度感は、例えば、Google KeepのOCRよりも体感的に早い感じです。

2018120304.png



しかも、電話番号などだけを別に連絡先として認識しています。

2018120305.png



なかなか、優秀ですね。

ちなみに抽出されたテキストは、こんな感じです。
条件の悪いの中で撮っていることもありますが、ご認識もまあまあありますね。
※赤は、誤変換部分


ぞ: ・ア 毎日感しるやわらかさ やわらかくやさしい肌ざわりとキ一トな
インカ珥やかにお部屋を彩り シートのさは~のよよ
箱の人.、」ンノ、クトにしよした。 な ガーベラのフラワーアレンジメント *パルプ20%でつくられています。
*ペーパーの色はホワイトで
*蛍光染料は使用しておりません。 *トイレの詰まりを防止するために、水洗トイレに流さないでください。
*水ぬれにご注意ください。ティシューが取り出しにくくなることがあります。
*においの強い物の側に保管すると、においが移ることがありますので
ご注意ください。 モニター募集中一下記のいすれかの方:去て、アンケート、一ジアクセスして
0日アンケートにお答えくたさい。 くアクセス方法> ■帯電話・スマートフすンから
び気=~0、,0000
URLをhttpsア0はⅳ・0com/t02 hはps:/0日0に0.00ⅳt01 ・応募多数となった場合は、募当を締め切ることがございますので、ご了承ください。
・本サイトへの接続に関わる費用につきましては、お様の負となりますを
・一部対応のがありますので、ご了承ください. 家庭用品品質表示法による表示 寸法 校数 たて201mmxこ215mm320枚(160組) 従来品 小さく! 商品についてのお間い合わせは、
工リエールお客様相談室0120-205205
(付時聞:土・日・祝日を除く9:30~16:30) お気づきの点があリましたら、品をお取り置きの上ご連格をおいします。 工リエールホームページhttp:www.elleair .ル ワンタッチの開けやすい取り出しロ 4 指穴の部分を押し、指先を かけて引き上げてください。 上ぶたは簡単に取り除く ことができます。 90211712308 MADE爪JAPAN ◆大王製抹式会社
〒1029071東京都千代田区富士見2・10・2 :包装フィルム e/leoir 工クエヲレ




次に特定の範囲でOCRさせるとどうなるかやってみます。
このように自動的に「このあたりを切り取りますか?」みたいに矩形に認識してくれているのがわかりますね?この状態で撮影すると

2018120306.png



このように「スキャン済み」というのが、通常に撮影したものとは別に残ります。

2018120307.png



ここで、先ほどと同じように「コンテンツの抽出」をタップすると、このようにOCRされたものが出てきました。ちゃんと、URLがクリッカブルになっているのが、便利ですね。

2018120308.png



OCRされたテキストは、以下の通りです。
罫線で区切られ、レイアウトされた状態のテキストなので、かなり難易度高めです。
しかし、かなりの精度で読み取っていることが分かります。QRコードの角を「回」と認識しているのには、笑ってしまいましたが、それでも相当優秀だということが分かります。
※赤は、誤変換部分

*パルプ100%でつくられていま *ペーパーの色はホワイトです。 *蛍光染料は使用しておりません。 *トイレの詰まりを防止するために、水洗トイレに流さないでください。
*水ぬれにご注意ください。ティシューが取り出しにくくなることがあります。
*においの強い物の側に保管すると、においが移ることがありますので ご注意ください。 モニター募集中! くアクセス方法> 回 バーコードリーダーで 回 下記のいすれかの方法で、アンケートページへアクセスして
登録アンケートにお答えください。 回 URLを 0携帯電話・スマートフォンから
https ://el lea i r-p.com/t02 https://elleair-p.com/t01 0応募者多数となった場合は、募集を締め切ることがございますので、ご了承ください。
0本サイトへの接続に関わる費用につきましては、お客様の負担となります。
0一部非対応の機種がありますので、ご了承ください。 家庭用品品質表示法による表示
枚数 寸法 たて201mmxょこ215mm320枚(160組) ◆大王製紙株式会社
〒102-0071東京都千代田区富士見2-102



OCRされたテキストを、コピーしたり、テキストの共有するためのボタンがあるなど、使い人に配慮されているのも、なかなか良いなと感じました。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 なかなか優秀です

最近は、OCRの精度がぐんぐん上がってきていて、写真のテキスト化に関しては、もはや実用レベルという感じになっています。あとは、微妙な使い勝手の差と、OCR精度の僅差の部分で使うかどうかが、別れそうです。
どちらにせよ、日常レベルで使っているアプリでOCRできるようになるというのは、非常にありがたいです。しかも、それが優秀ならば、言うこと無しですね。


けっこう前のマンガなんですが、面白かった!



Documentsでデバイスを超えて、簡単に写真を表示できるようになったよ

2018112900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Documentsは、私的にはiOS最強のドキュメント閲覧アプリだと思って愛用しまくっています。今回は、最新アップデートで、iPhone(iOS)の写真をどこでもデバイスを選ばずに、表示させることができるようになったことについて書いていきます。
どこまで、進化すれば良いんだ!と思うはずです。


  
【 Documentsでデバイスを超えて、簡単に写真を映せるようになったよ 】  

 1.Documentsがアップデート

 2.写真をデバイスを超えて表示できる!

 3.ブラックフライデーで半額セールでReaddleの製品と併せて使おう







checkmark.png 1.Documentsがアップデート

Documentsが、つい先日アップデートしました。
ここ最近のDocumentsのアップデートは、革新的なものが多く、進化の速度が速い!と思わされます。

例えば、「Wi-Fi Transfer」という機能では、iOSにファイル転送するのに、iTunesなんてもはやいらない感じになってきています。楽すぎる。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

Wi-Fi Transferは、Documentsで、このサイトで表示されているQRコードを読み込むと

Wi-Fi Transfer
Wi-Fi Transfer




このように、受け手側の方でiPhone(iOS)のDocumentsの中身が簡単に閲覧できるのです。




さらに、受け手側からiPhoneにファイルのアップロードもできるので、PC→iPhoneや、iPhone→PCのデータの受け渡しが、ものすごくラクになったのですよね。iTunesの入っていない、他の人のPCからもブラウザ経由でファイルを受け渡しできるというこの楽さ!

今回の内容は、このWi-Fi Transferの機能拡大みたいな感じです。
更新内容としては、こんな感じ。

2018112901.png



でも、この更新情報だけだと、イマイチよく分からないのですよね。
というわけで、実際にやってみましょう。



checkmark.png 2.写真をデバイスを超えて表示できる!

まず、送り手側であるiPhone(iOS)のDocumentsの設定でカメラロールを表示できるようにしておきます。

設定 > ファイルマネージャ > 写真を表示

で、Documentsからカメラロールにアクセスできるようにしておきます。

設定から

2018112902.png



ファイルマネージャをタップして

2018112903.png



「写真を表示」をオン!

2018112904.png



そうすると、このように「写真」というフォルダが出現します。

2018112905.png



閲覧速度もサクサクでかなり快適です。

さて、その「写真」のフォルダにアクセスすると、カメラロールを表示するのですが、一番上に「Wi-Fi経由で共有」とあります。これをタップしましょう。

2018112906.png



そうすると、Wi-Fi Transfer用のQRコードスキャナが起動するので、

2018112907.png



表示させたい側のデバイスで先ほどのWi-Fi Transferのサイトを表示させます。
ここですね。

https://docstransfer.com/

ここに表示されているQRコードを読み込むと…

2018112908.png



そのデバイスと「接続済」になるはずです。

2018112909.png



で、その接続されたデバイス側を見てみると…おぉ!ちゃんとカメラロールが、表示されていますね。

2018112910.png



かなり快適に写真を見ることができます。

2018112911.png



フルスクリーンにすると、写真閲覧アプリと変わらない感じですね。

2018112912.png



右上のダウンロードアイコンをタップすると、写真をデバイスにダウンロードすることもできます。この手軽さになれてしまうと、なかなか元に戻れそうにないです。

2018112913.png



checkmark.png 3.ブラックフライデーで半額セールでReaddleの製品と併せて使おう

さて、Documents自体は、無料のアプリなのですが、




Documentsを最強に高めるためには、Readdleのアプリ群を入れておくと良いです。
特に情報管理LOG的にこれだけは、入れておけというのは、PDF ExpertとPrinter Proというアプリです。




特にPDF Expertを入れると、Documents上でPDFの編集が解除され、本来の力を解き放った感じになります。なので、PDF Expertは、まず入れるべきですね。

しかし、PDF Expert自体は、1200円とやや高いのですが、現在ブラックフライデーパックというセットが、総額3,360円のところ、1400円で購入できるようになっています。

2018112914.png
Readdle ブラックフライデーパック


というわけで、買うなら今かもです。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Documentsの進化ぶりがすさまじい

この1年ぐらいのDocumentsの進化が、素晴らしくすっかりiTunesいらずな感じになってきています。また、同期フォルダ機能のお陰で、過去の手帳もDocumentsに集約できるようになったし、もはや手放せないアプリの一つです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

ずっと、Evernoteユーザーだっったのですが、次のプレミアム更新(来年末)の時にどうしようかと迷っているぐらいです。いっそのこと、メモはDropboxとScrapboxに。そして、PDFや画像類は、Documentsでも良いのではないか?と考え始めています。



iPhoneでGIF画像を作るならImgPlayがオススメです

2018111300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
まさか2018年も後半になっても、未だGIF画像がネットの中で重宝しているとは思いませんでした。ぜひとも10年前の自分に教えてあげたい感じではありますが、GIF画像便利ですよね。
情報管理LOGでも、最近では動きを説明するのに多用しています。
今回は、iPhoneでGIF画像を作るときにImgPlayというアプリをオススメしたいと思います。ここ最近の情報管理LOGのiPhone画面のGIF画像は、ほとんどこのアプリでやっているというぐらいです。


  
【 GIF画像を作るならImgPlayがオススメです 】  

 1.未だGIF画像は健在なのです

 2.ImgPlayというアプリ

 3.Proバージョンがオススメ







checkmark.png 1.未だGIF画像は健在なのです

上でも書きましたが、まさか2018年も後半になってGIF画像がこんなに活躍しているネットを誰が想像できたでしょうか?メジャーサービスであるTwitterでさえも、GIF画像で動画を見せていたりするので、まだまだ強固で揺るぎない感じはしますよね。

こんな感じ。




枯れたローテクではあるのですが、その枯れた技術であっても、それを凌駕する簡易なものが出てきていないということでもあるのです。
確かにYouTubeは、GIF画像を置き換えるか?と一瞬思った時期もありましたが、クリックする手間と通信容量から考えると、自動で再生させることができるGIF画像に今のところ軍配が上がっているのが現状です。




checkmark.png 2.ImgPlayというアプリ

情報管理LOGでは、ここ最近はImgPlayというアプリを使ってGIF画像を作成しています。
これが、すごいアプリなのですよ!
まずは、ダウンロードしましょう。

ImgPlay - GIF Maker

ImgPlay - GIF Maker

ImgBase, Inc.無料posted withアプリーチ




このアプリを使えば、動画スクショを作成するのもお手の物ですよ!
情報管理LOGでも、こんな感じでたくさん利用しています。




まずは、このアプリでやれることを解説していきます。
動画作成のメイン画面は、こんな感じです。

2018111301.png



上の部分では、動画のシーンのトリミングが出来ます。

Image from Gyazo


特筆しておきたいのは、動画の使いたい部分字体をトリミングできることですね。これができるアプリって少ないです。

2018111303.png



これによって、上の方のバーを消すことができるので、めちゃ便利!

2018111304.png




さらに文字を入れることもできます。
もちろん、文字の出現ポイントも指定できます。

2018111305.png



右上のタイル上のアイコンをタップすると、

2018111306.png



このようにフレームを中抜きにすることができます。これで画像サイズを下げることが出来るのです。

Image from Gyazo


また、動画の再生速度も自由に変更できます。超速にすることもできます。
もちろん、逆に低速にすることも可能です。

Image from Gyazo



checkmark.png 3.Proバージョンがオススメ

ImgPlayは、無料バージョンのままだと右下に「ImgPlay」という透かしが入ります。なので、240円をサクッと払って、Proバージョンにした方が良いです。
Proバージョンにすると、フィルタが追加されたり、広告も表示されなくなります。

2018111309.png



設定のところから購入できます。

2018111310.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iPhoneだけでGIF画像できるの便利過ぎ

今までiPhoneでの操作を説明するためのGIF画像の作成は、iPhoneの機能でムービーで取得しておき、それをPCのScreennPressoで加工していました。
非常にまどろっこしく、手間も多かったので、アプリだけで完結できることの便利さに驚いています。
だから逆に分かりやすさを追求するあまり、GIF画像を多用しすぎる傾向にあるので、適度にやらねばとお思っているぐらいです。



間違いなく面白い。




ScanSnap Cloud(アプリ版)が、かなり強まった!

2018103100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ScanSnapの最新型であるiX1500が、かなり話題ですよね。
私は、iX500を持って使わない日はないというぐらいには、超ご愛用しています。さて、そんな華々しいiX1500の登場と同時にScanSnap Cloudが、バージョンアップしたのはご存じでしょうか?
使っている人は、その性能がかなり向上したのが、実感できているはずです。今回は、アプリ版が、かなり強まったので、そのあたりをレポートします。


  
【 ScanSnap Cloudが、かなり強まった! 】  

 1.ScanSnap Cloudって何だ?

 2.ScanSnap Cloudのアプリ使ってます?

 3.この機能が、なかなか素晴らしい







checkmark.png 1.ScanSnap Cloudって何だ?

まず、ScanSnap Cloudとは何か?ということからいきます。
これは、ScanSnapの公式サイトに明記されています。

「ScanSnap Cloud」とは、コンピュータやタブレット、スマートフォンを使わずに、様々なクラウドサービスにスキャンデータを直接つなげるサービスです。
 スキャンした原稿を「レシート(領収書)」「名刺」「文書」「写真」の4つの種別に自動的に判別し、お客様がご利用するクラウドサービスに振り分けて保存します。

ScanSnap Cloud | PFU


ということで、基本的にはScanSnapから自動でクラウドサービスを振り分けて保存するサービスなのです。

この図のように振り分け先のクラウドサービスもかなり充実していますね。

2018103101.png



特に企業や個人事業主などは、領収書やレシートなどをを自動的に会計処理してくれたりするので、便利極まりないという機能なのです。

さらにドキュメント管理なども、対応のクラウドサービスとして、DropboxやOneDrive、Googleドライブ、Evernoteなど主要どころには、ほぼ対応しているというのも心強い限りです。
これらを自動仕分けでやってくれるというのも、スキャンしたら完了という便利さも相まって使う人もかなり増えているようです。

しかし、私はPC版のScanSnap Cloudは、初めの方に使ったきりで、すぐに手動に切り替えてしまいました。それは、スキャンしたモノを加工してからアップロードしたりしたかったからというのと、自動仕分けがその当時は、自分の中では完璧ではなかったからという理由でした。




checkmark.png 2.ScanSnap Cloudのアプリ使ってます?

とはいえ、それはPC版の古いバージョンの話です。
使っている皆さんの評判を聞く限りは、かなり精度が高くすごいことになっているみたいです。このあたりのレビューは、近々再アタックして確認してみたいと思います。

さて、今回の本論は、ここからです。
ScanSnap Cloudは、何もScanSnapだけのものではありません。実は、アプリからもできてしまいます。

ScanSnap Cloud

ScanSnap Cloud

PFU LIMITED無料posted withアプリーチ



さらに付け加えるならば、このアプリ版のScanSnap Cloudは、ScanSnapが手元になくても全然オッケーだったりします。
※ただし、ScanSnapアカウントは必須です。
※ScanSnapアカウントにScanSnap製品が必須かは確認できませんでした。ただし、ScanSnap製品がなくても、アカウント登録はできるので、実質ScanSnap製品がなくても、ScanSnap Cloudは利用可能ではないか?と予想されます(未確認)。

ScanSnap アカウント登録
ScanSnap アカウント登録




ScanSnap Cloudのアプリは、何のためにあるのかというと、手持ちのiPhoneやAndroidで、スキャンし、さらにそれをScanSnap Cloudにアップロードするアプリなのです。
つまり、手持ちのスマホが、ScanSnapに代わって、スキャンしてくれるのです。そして、かなり高機能なScanSnap Cloudを使用できるということです。

レシートや名刺をわざわざPC横に置いてあるScanSnapまで行かなくても、サクッと撮影してアップロードできるということですね。




checkmark.png 3.この機能が、なかなか素晴らしい

では、実際にどんな感じか使ってみましょう。

まずは、名刺を撮影してみます。
カメラをスワイプするとモードの切替ができます。名刺モードで撮影。

2018103102.png



自動で名刺を認識し、自動で撮影してくれます。今どきのスキャンアプリって感じですよね。

2018103103.png



撮影が終わったら、撮影ボタンの横に「送信」と出るので、それをタップ。もしも、調整したい場合は、左下の撮影画像をタップしましょう。
まずは、何も考えずにそのまま送信してみます。

アップロードされています。そのあと、すぐに処理が始まります。ScanSnap Cloudの方でOCRなどをやってくれているようです。

2018103104.png



処理が終わると、このように名刺に記載されている会社名や氏名が、きちんとファイル名として設定されているのが分かります。

2018103105.png



Evernoteでも確認してみましょう。
このように正確に認識しているのが分かりますね。

2018103106.png



さらに、この前購入したキャンプ用チェアの取り扱い説明書の表紙を撮影してみます。



先ほどと同じように撮影して、撮影したものを即送信します。
同じようにちゃんとタイトルが認識されています。

2018103107.png



でも、「取扱説明書」という文字も入れて欲しいんだよね。ということで、修正をかけます。画像をタップすると、このような画面になります。

2018103108.png



OCRされた文字列から選ぶこともできます。

2018103109.png



とはいえ、今回はその中に使いたい文字がなかったので、手動で修正することに。
ちゃんと、Evernoteにも反映されていますね。

2018103111.png



レシートもやってみましょう。
カメラをレシートモードに変更して撮影します。

2018103113.png


特に何も修正せずに、そのまま送信します。

2018103114.png



ちゃんと、購入した日付がファイル名になっていますね!

2018103115.png



確認するとこうなります。

2018103116.png



このファイル名をいちいち指定しなくても良いというのは、かなり便利感ありますね。ただし、OCR精度という面では、Googleと比較すると(酷だけど)今一歩かな?と思いました。今後に期待ですね。とはいえ、実用的ではないかと言われれば、十分実用レベルだと思いました。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 アプリ単体で使っていても良いかも!

上でも少し書いていますが、ScanSnap自体は、ScanSnap Cloudを使っていません。画像加工したり、ファイル名のリネームを自分でやりたいからです。しかし、出先でサクッとレシートをアップロードしたり、名刺を取り込んだりという用途ではもはや十分レベルの域に達しているなと思いました。
お財布の中に貯まっているレシートをすぐにその場で処分できるならば、それに超したことないですよね。


Kindle版も出ました!



Smoozというブラウザが、「ながら」作業に便利だよ

2018102600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今やブラウザといえば、Chrome一強の様相を呈してきていますよね。
かくいう私もメインのブラウザは、PCもiPhoneもiPadも全てChromeを使っています。1つのアカウントで、全てが同期される快感になれると、なかなか抜け出せない心地よさがあるのですよね。そうすると、ほかのブラウザを使ってみようか?という気持ちも薄れてくるのですが、こういうブログをやっているので、あえて色々手を出し続けています。
今回紹介するのは、Smoozという新手のブラウザです。
これが、なかなかに使い勝手の良いブラウザで、久しぶりにオススメに値するアプリだと思いました。そういうわけで、このSmoozが、どういうブラウザかについてレポートしてみます。


  
【 Smoozというブラウザが、「ながら」作業に便利だよ 】  

 1.Smoozとは、どんなアプリか?

 2.Smoozの特徴

 3.Smoozの新機能がすごい!







checkmark.png 1.Smoozとは、どんなアプリか?

まず、今回紹介するSmoozですが、これはブラウザアプリです。
iPhoneやiPadにおけるブラウザは、ほぼSafariかChromeかというぐらいな勢いですが、その中に飛び込む形で出てきた新興のブラウザアプリなのです。
しかも、日本人の方が作られているアプリです。

Smooz (スムーズ) ブラウザ

Smooz (スムーズ) ブラウザ

Astool Inc.無料posted withアプリーチ




とにかく使いやすいと評判のブラウザです。
で、実際に使っているのですが、思ったよりもサクサク動くし、実際のところ不満がなかったりします。

あえていうなら、とことんスマートフォンに対応させたブラウザだということです。とくにかく片手だけで何とかできるようと設計されています。そう考えると、SafariもChromeもまだ、PCの影を感じさせるなと思うぐらいです。



checkmark.png 2.Smoozの特徴

Smoozの特徴ですが、ありすぎるので私がこれは、重要だと思った部分のみを挙げていきます。

1.検索→記事を開くまでがサクサク
基本、Google検索なのですが(設定で変更できます)、検索するとこのように通常の検索結果の横に「新規タブ」というボタンがあります。これをタップするとこのようにどんどん、新しいタブとしてバックグラウンドで開いてくれるのです。こんな感じですね。
見よこのサクサク感。

Image from Gyazo



2.タブ間の移動はスワイプで
上のGIFでも分かったと思いますが、タブ間の移動はスワイプだけでできます。


3.ジェスチャーが使える
設定でジェスチャーを設定できます。
ジェスチャーでブラウザを操作できるというのは、Chromeにおける「Gestures for Google Chrome」みたいな感じですね(アレ?Chromeストアから「Gestures for Google Chrome」消えてる…。)。

私は、「進む」「戻る」を設定しています。

2018102602.png



また、タブを閉じるのも、指一本でOKなんですよね。検索アイコンを上方向にスワイプするだけなのです。

2018102613.gif




4.タブの管理モードがある
まあ、SafariやChromeにもあるんですけど、アレって現在開いているタブをどうするか?という機能ですよね。
ところが、Smoozは、過去の履歴とも統合している点がかなユニークなのです。確かにタブを消したいということもあるし、逆に履歴を復活させたい(消したタブを元に戻したい)というのもあるわけです。

2018102604.png



SafariもChromeも一度閉じてしまうと、すぐに復活させるの面倒ですよね?
そのあたりサクッとできるのすごい便利なのです。



5.Web上で言及されているコメントを読める
私は、PCでサイトをチェックするときには、Web上でどのように読まれているのかというのも併せて読むようにしています。Chromeだと、はてブのコメントやTwitterでの言及なども読んでいます。はてブは、拡張機能から読めますが、Twitterは、ブックマークレットを使用しています。
これですね。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

これと同じことが、最初から実装されているのが、Smoozなのです。
この部分をタップすると…

2018102605.png


このようにそのURLが、はてブやTwitter上でどのように言及されているのかが、すぐにチェックできます。

2018102606.png


6.YouTubeをバックグラウンドで流しておける
設定にある「非アクティブタブでの実行継続」とあるのですが、これが本当にヤバい!

2018102607.png



要するに、別タブでYouTubeなどで音楽を流しっぱなしにできるということです。これ、他のブラウザだとできないのですよね…。



checkmark.png 3.Smoozの新機能がすごい!

さて、私が今回アプリの紹介に踏み切ったのは、Smoozに最近アップデートで追加された機能が、すごいと思ったからです。これは、タブを分割表示やピクチャーインピクチャーのようにできる機能です。
通常のモバイルブラウザの場合、何か探し物をするときに、タブ間を何度も切り替えながらやると思うのですよね。しかし、このSmoozの2画面機能を使うと、このように上下に画面が分割され、それぞれに違うタブを表示できるのです。

2018102608.png



こうすると、検索語句を調べながら記事を読んだりということがしやすいですよね。

さらに、ピクチャー in ピクチャーっぽく小画面に1つのタブの内容を表示させながら、ブラウズできたりします。
こんな感じですね。

2018102609.png



これ、何が良いかって、ブラウズしながらYouTubeをながら見できちゃったりすることなんですよね。
iPhoneでも良いけど、iPad miniなんかでやると、ダラダラが捗ります。

2018102612.gif




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ダラダラが捗る危険なブラウザだ

ピクチャーinピクチャーっぽい小画面は、本当に危険な機能ですよね。
今までだったら、基本モバイルのブラウザってシングルタスクだったわけですよ。記事を読むなら記事を読む。動画観るなら動画を観る。みたいな。
それが、二画面や小画面によって、PCと同じ「ながら」ができるようになってしまったのです。これを悪魔的所業と言わずして何をいうのでしょうか?
というわけで、ブラウザとしても非常に使い勝手が良いので、皆さんも一度導入してみてください。



このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG