TOP > CATEGORY - アプリ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Microsoft To−Doにダメ出しをしてみる

2017062800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Wunderlistの開発を終了し、Microsoft To−Doに全面切り替えをするというアナウンスから数ヶ月経ちました。
私は、未だにWunderlistをメインのタスク管理アプリとして使っています。残念ながら私は、Microsoft To−Doがメインのタスク管理アプリには、なりそうもありません。今回は、Wunderlistの代替アプリとして登場したMicrosoft To−Doに対して、厳しくダメ出しをしてみたいと思います。

  
【 Microsoft To−Doにダメ出しをしてみる 】  

 1.Wunderlist終了のお知らせから数ヶ月

 2.Microsoft To−Doのこれがダメ

 3.私が望むタスク管理アプリ







checkmark.png 1.Wunderlist終了のお知らせから数ヶ月

Wunderlistの開発を終了し、Microsoft To−Doに切り替えるというアナウンスがされてから、早数ヶ月。
未だに私のタスク管理アプリは、Wunderlistが一軍を担っています。MicrosoftにWunderlistが買収された時に、すでに嫌な予感はしていたのですが、こうもあっさりと既存のユーザーをバッサリ切っていくのは、かなり気分が悪いです。Microsoftは、その代替としてMicrosoft To−Doというアプリを出してきたのですが、残念な仕上がりにかなりがっかりしていました。

Microsoft To-Do へようこそ
Microsoft To-Do へようこそ







Microsoftは、Wunderlistと同等の機能を実装していくと明言していますが、少なくとも今のところは、全くそんな感じにはなっていません。ぶっちゃけ、Wunderlistという名称と機能をそのままに移行すれば、十分に満足なんですけどね。しかし、あくまで新規のアプリとして、機能を移植していく計画のようです(なぜそうするし…はぁ)。

そこで、以下にMicrosoft To−Doのダメ出しをしていきたいと思います。




checkmark.png 2.Microsoft To−Doのこれがダメ

1.完了済みタスクを一覧表示できない
もうね、これですよ。一番ダメなところは。
Wunderlistには、「完了済み」という項目があり、終了タスクを一覧で見ることができます。しかし、残念ながらMicrosoft To−Doには、それぞれのタスクリスト毎に「完了済みのTo−Doを表示」というメニューで完了済みタスクを表示させることができますが、一覧表示はできません。

2017062802.png


2017062801.png



これの何がダメかというと、完了済みタスクを消去したい時に、一気に消すことができないのです。
たぶん、Microsoft To−Doでは、完了済みタスクは消去せずに使い続けるというスタイルを推奨しているのかもしれません。しかし、何千、何万タスクにもなったときに、アプリがもっさりしてくるのは容易に想像がついてしまいます。また、何を終了させたのかと確認するにしても、いちいちそれぞれのタスクリストを見て回らなくてはならないというのも、何だかなぁと思う点です。



2.1日単位でしかタスクを見通せない
Microsoft To−Doでは、「私の1日」という項目があります。これは、タスクリストの中で、その日に行いたいことを追加することで、1日単位でタスクを管理できるようにするというものです。しかし、Wunderlistにあるようなスマートリストの「今日」と「週」のように、1週間を見通せるような機能は見当たりません。

2017062803.png
2017062804.png



仕事をするにあたって、少なくとも1週間の仕事を見通しながらやっていきたいものです。しかし、「今日」しか見ることができなければ、どうしても近視眼に陥ってしまいます。明日は、何があるのか?明後日は、どんな仕事に取り組むのかという一段高い視点から見ることもできないというのは、タスク管理アプリとしては失格ですよね。

2017062805.png



3.APIが公開されていない?
少なくとも他のWebサービスとの連携は、見つけられていません。たぶん、APIを公開していないのではないかと思っています。私は、自動化が大好きなので、タスクを登録したり、完了したら、Googleカレンダーに登録されるようにしていたり、完了タスクをGoogleスプレッドシートに追加するようにしています。こういう他のサービスとの連携が気軽に使えないというのは、とても痛いですね。もしも、どこかで連携しているよ!というのを見つけたら、ぜひ教えてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | EmbedlyBookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



4.リストの共有ができない
Wunderlistは、リストの共有が簡単にできます。
しかし、Microsoft To-Doは、リストの共有ができません。

2017062806.png


5.サブタスクがない
これも致命的ですよね…。
WunderlistのPC版では、サブタスクの進行状況によって視覚的にも分かる仕掛けがあるぐらいなのに。

2015082605.png




6.ファイルを添付できない
Wunderlistでは、Dropboxや直接ファイルを添付できたり、カメラロールの写真を添付できたりするのですが、そういうのは今のところ一切ないです。これ、けっこう便利なんですよね。

2017062807.png




checkmark.png 3.私が望むタスク管理アプリ

実際のところ、普通に当たり前のことができていてほしいと思うのです。そして、そういうことが、できるのがものすごく少ないのですよね。
というわけで、上でダメ出しばかりしていたので、以下はこういうのだったらいいなというのをリスト化してみました。

【必須機能】
☑ PC版、アプリ版があり、全即時同期
☑ タスクリストを複数作成可能
☑ サブタスクを作成可能
☑ その日、その週、できればその月のタスクを一覧表示
☑ リマインダー
☑ 繰り返しは、カスタムで定期化できる(月、水、金とか、年1回とか)
☑ 期限日の設定
☑ 完了タスクの一覧表示
☑ ハッシュタグ→コンテキストが設定できる
☑ アプリやデスクトップでの通知

【あれば良い機能】
☑ リストの共有
☑ ファイルの添付
☑ サブタスクの可視化
☑ フォルダでタスクリストをまとめる
☑ APIの公開→IFTTTやMicrosoft Flowなどで他サービスとの連携

こんな感じですかね。
思ったよりも少なかった。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 普通にできるありがたさ

私がWunderlistを愛用している理由は、タスク管理として普通にあって欲しい機能が、きちんと一通り揃っており、それらが無料で提供されていることですね。他のタスク管理アプリでは、アプリしかなかったり、同期されなかったり、サブタスクが作成できなかったりと、どれもが微妙なんですよね。
こういうことの1つ1つが、きちんと「普通にできる」のが、Wunderlistの良さだと思っています。というか、他のタスク管理アプリは、逆にチャンスだと思うのですよね。
あと、何度も書くけど、Microsoftは頭を良ーく冷やして、現在のWunderlistの機能を100%移植すべきだと思うのです。劣化版ではなく。


【Kindleセール情報】
【期間限定無料&半額】読むと心が熱くなる男性マンガ特集(6/29まで)
【50%OFF以上】料理レシピ本フェア(6/29まで)
【最大50%OFF】ビジネスパーソンのためのスキル&モチベーションUP(6/29まで)
【全品 50%OFF】Web解析・マーケティング書セール(6/29まで)
【最大50%OFF】ビジネスパーソンのためのスキル&モチベーションUP(6/29まで)

【最大69%OFF】四季報 2017年3集夏号&投資・マネー本特集(6/30まで)
週刊アスキーバックナンバー107円(6/30まで)
【最大69%OFF】四季報 2017年3集夏号&投資・マネー本特集(6/30まで)
【期間限定無料多数】「夏☆電書」お仕事マンガ特集(7/6まで)
【50%OFF以上】電子で読もう! ビーム・フェア 夏(7/6まで)
【100円&20%OFF】「夏☆電書」上巻&合本フェア(7/6まで)
【期間限定無料多数】「夏☆電書」お仕事マンガ特集(7/6まで)
【50%OFF以上】「Hot-Dog PRESS」&「おとなの週末」バックナンバーフェア(7/6まで)
【期間限定無料お試し&通常版半額】『夏のスクエニ祭り2017』ガンガンJOKER配信記念(7/6まで)
【30%OFF】「夏☆電書」翻訳書&ビジネス書 大感謝祭(7/6まで)
【期間限定無料お試し&通常版半額】『夏のスクエニ祭り2017』6月度新刊発売キャンペーン(7/12まで)
【期間限定無料お試し&通常版半額】『夏のスクエニ祭り2017』春夏メディア化タイトル (7/21まで)
【70%OFF】ぜ~んぶ1巻完結フェア

TodayeeシリーズとPostEverが共存できない理由とは?

2017062100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
2011年からライフログを取り始めて、6年目になります。ライフログが続いている理由は、間違いなくPostEverのような優れたアプリとEvernoteという受け皿があるおかげです。
さて、ライフログ専用アプリとも言えるPostEverと、Todayeeシリーズという似たようなコンセプトの(でもかなり違うけど)アプリは、1日に1ノートに対して、どんどん追記していくというアプリになっています。しかし、この2つのアプリは残念ながら共存できないのです。それは、どうしてなのかということについて、分析してみました。



  
【 TodayeeシリーズとPostEverが共存できない理由とは? 】  

 1.ライフログには欠かすことのできないアプリ

 2.PostEver&Todayeeシリーズ追記実験

 3.追記できない理由を分析する







checkmark.png 1.ライフログには欠かすことのできないアプリ

先日、「ガチで使っているのEvernoteのサードパーティアプリを10本晒す」という記事を書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


その中でも書いているのですが、ライフログを記録するのに私は、メインのアプリとしてPostEverを使っています。これの特徴は、なんと言っても1日に1ノートでどんどん追記されていくことですね。写真も音声も色々残せるのも良いです。もしも、これがなければ、ライフログは続いていなかったと思います。




このPostEverをメインに据えつつ、EverGearやTodayee Extensionなどを組み合わせて記録を取っています。







このPostEverとTodayeeシリーズは、コンセプトこそ違うものの、似たようなことができるのです。

PostEverは、とにかくコレ1本で、どんどん日付毎のノートに追記していきます。

2017062101.png



それに対してTodayeeシリーズも、日付毎のノートの追記していくことに変わりはないのですが、1つ1つのアプリで投稿できるものが違うのです。イメージとしては、こんな感じ。

2017050301.png



投稿されたもののイメージは、こんな感じ。

2017050302.png





checkmark.png 2.PostEver&Todayeeシリーズ追記実験

これだけ見ると、テキストや写真は、軽くて早いPostEverで、そして地図やらリンク、データなどは、Todayeeシリーズが良いように思われます。しかし、残念ながらそうはなりません。この2種類のアプリは、同じ日付に追記していくというアプリでありながら、共存できないのです。

それでは、実験をしてみましょう。
日付の形式は、どちらも2017/○/○という半角数字とスラッシュで統一しておきます。そうしないと実験にならんしね。
また、どちらもLifelogというノートブックに保存するようにします。


<PostEver → Todayeeで追記>
まずは、PostEverで投稿しておいて、Todayeeで追記してみます。Todayeeは、Todayee Textというアプリでテキストを投稿します。

1.PostEverで投稿
きちんと、反映されますね。

2017062102.png



2.Todayee Textで投稿
続いてTodayee Textで投稿してみます。すると…同じ日付にもかかわらず、ノートが2つできていますね。

2017062103.png



<Todayee → PostEverで追記>
先ほど投稿実験したノートは削除した後に、もう一度逆に追記実験してみましょう。

1.Todayee Textで投稿
「Todayeeアプリで投稿する。その2」という内容で送信してみます。


2.PostEverで投稿
次にPostEverで「PostEverアプリで投稿する。その2」という内容で送信すると…

2017062104.png



なんと追記できてしまいます!


3.さらにTodayeeで投稿
さらに、Todayeeアプリで追記すると、やはりできます。

2017062105.png



<PostEver → Todayee → PostEver → Todayeeで追記>
ちょっと複雑ですけど、この順番でやってみます。
そうすると、最初にポストされたPostEverには追記されず、Todayeeの方に追記されてしまいますね。

2017062106.png



<まとめ>
・PostEver → Todayee ×
・Todayee → PostEver ○
・Todayee → PostEver → Todayee ○
・PostEver → Todayee → PostEver → Todayee △


となりました。なぜだー!!





checkmark.png 3.追記できない理由を分析する

上記の結果を見てみると、PostEverで投稿したものには、Todayeeで追記することはできないものの、Todayeeで投稿したものには、PostEverで追記できることが分かります。追記実験では、完全な非対称性が判明したことになります。
ちなみに、一番最後の実験でのPostEver挙動ですが、なぜ自分が投稿したものに追記されず、Todayeeが投稿したものに追記されたのかという点ですが、PostEverは同じタイトルがあった場合は、最新のものに追記するという仕様からのようです。

とはいえ、この非対称性には、どういう仕組みが働いているのでしょうか?
これには、Todayeeシリーズに特有な仕組みが作用しているように思えます。Todayeeシリーズは、他のTodayeeシリーズで投稿したものも判別して、それに追記するようにしています。つまり、Todayeeシリーズは、同じアプリ群が投稿したものを判別する仕組みを備えていると考えるのが妥当な気がします。

逆にPostEverは、タイトルのみで判別していると考えて良いです。

実際にEvernoteに投稿されたノートを解析してみましょう。Evernoteは、エクスポートできるので、それぞれをエクスポートしてみます。

2017062107.png




それをメモ帳で開いてみるとソースが見えます。
※ソースは、比較しやすいように改行を挿入しています。

こちらが、PostEver。

2017062108.png




そして、こちらがTodayeeです。
※Todayeeは、個人情報が含まれている部分に関しては、タグから削除しました。

2017062109.png



どうやらTodayeeは、投稿されているノートのタグに仕込んでいるキーから、「これはTodayeeシリーズで投稿したものだ」と判別しているようです。そのため、PostEverにはそのキーが存在しないので追記できず、PostEverはタイトルのみで判別しているので、Todayeeに追記できるという非対称が生じているようです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 なんとかならんものか…と思う

Todayeeシリーズは、見た目もキレイだし、機能的にも申し分がないのですが、いかんせんPostEverとの相性が悪すぎて、別のノートで投稿しておいてマージするという非常に面倒な方法で実現しているのが現状です。そして、面倒な手順が多ければ多いほど、習慣としては定着しないと思っているので、早晩どちらかがiPhoneから消えることになりそうです。
できたら、Todayeeシリーズにおかれましては、タイトルのみで判別するという風に大英断を下してくれると、非常に他のアプリとの互換も高まるのでありがたいのですが…。
中の方!もしも、見てくださっていたらご検討よろしくお願いします!!




【Kindleセール情報】
【ALL200円】講談社の実用書フェア(6/22まで)
【30%OFF】ぴっかぴか小デジ!感謝祭 (6/22まで)
【最大98%OFF】サードライン孔雀王フェア (6/22まで)
【50%OFF】つい人に話したくなる雑学特集(6/22まで)
【30%OFF以上】幻冬舎映像化作品フェア (6/22まで)
【30%OFF】宇宙の謎に迫る本フェア (6/22まで)
【30%OFF】翻訳ミステリーフェア (6/22まで)
【30%OFF以上】幻冬舎映像化作品フェア (6/22まで)
【30%OFF】 P+DBOOKS配信2周年記念キャンペーン第一弾(6/22まで)
【20%OFF以上】成田美名子特集(6/22まで)

週刊アスキーバックナンバー107円(6/30まで)
【最大69%OFF】四季報 2017年3集夏号&投資・マネー本特集(6/30まで)
Kindle本大幅値下げセール(期間不明)
【70%OFF】ぜ~んぶ1巻完結フェア
【最大98%OFF】サードライン孔雀王フェア (6/22まで)
【期間限定無料多数】胸キュン度120%の新刊フェス(6/22まで)
【50%OFF】つい人に話したくなる雑学特集(6/22まで)
【期間限定無料&半額】読むと心が熱くなる男性マンガ特集(6/29まで)
【50%OFF以上】料理レシピ本フェア(6/29まで)
【40%ポイント還元】角川ebookキャンペーン(期間不明)
【最大50%OFF】ビジネスパーソンのためのスキル&モチベーションUP(6/29まで)
カドフェス電子版2017(9/17まで)


ほぼ日アプリを使ってみました

2017062000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ほぼ日といえば、糸井重里氏が代表で運営している超巨大サイトです。もはや説明不要なぐらいに有名ですよね。そのほぼ日が、アプリになったので、さっそく使ってみました。


  
【 ほぼ日アプリを使ってみました 】  

 1.ほぼ日とは?

 2.ほぼ日アプリを使ってみる






checkmark.png 1.ほぼ日とは?

上でも書きましたが、「ほぼ日」とは「ほぼ日刊イトイ新聞」の略で、ほぼ日刊とか書きながら、今まで律儀に毎日更新され続けているというサイトです。
糸井重里氏が代表を務め、その人脈パワーからあらゆる有名人が、ほぼ日に寄稿したり、インタビューに応じたりと、コンテンツの豊富さ&内容の濃さがすごすぎるモンスターサイトでもあります。

ほぼ日刊イトイ新聞
ほぼ日刊イトイ新聞




また、ほぼ日手帳という、これまた愛用者がとても多い、中毒性の高い手帳を販売していることでも有名ですよね。
なんとAmazonさんでも売るようになりましたよね。
これは、4月始まり手帳です。





こちらは、Weeksというビジネスよりな手帳。




ちなみに、通常サイズのほぼ日のカバーだったら、情報管理LOG的にはキングジムのマグネットノートカバーをオススメしています。あれは、本当に素晴らしい。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly







checkmark.png 2.ほぼ日アプリを使ってみる

さて、そんな素敵なコンテンツ山盛りなほぼ日ですが、なんとアプリ版が登場しました。
これですね。




もしも、ほぼ日好きなんだけど、最近話題になった記事しか読んでなかったとか、面白いのは知っているけど、膨大すぎて尻込みしちゃうという人には、ぜひともお勧めしたいなと思います。そして、まだほぼ日の名前は知っているけど、読んだことないよという人にも。

さて、アプリを立ち上げると、察しの良い人はすぐに気づくはずです。

これは、サイトをそのままアプリ化したものだな

と。
サイト版と比較するとこんな感じ。

2017062001.png

2017062002.png



実は、このアプリの発表に併せて、ほぼ日サイトがほぼ10年ぶりにリニューアルされたのです。
まあ、ぶっちゃけほぼ日は、ほぼ日に掲載されているコンテンツそのものが全てと言えるので、それでも全然問題はないのですけど、それだけではありません。

下の方にアイコンがありますよね。
これの「人気」だったら、このようにほぼ日で人気のコンテンツが表示されます。とはいえ、必ずしもネット上で話題になっていたものとは限らないので、けっこう新しい発見がたくさんあります。

2017062003.png



そして、面白いのが「ランダム」ですね。これをタップすると…このように膨大なコンテンツの中から、ランダムに記事の一覧のサムネイルが表示されるのです。「うーん、コレジャナイな」と思ったならば、下から上にスワイプすると、またもやランダムに記事が並ぶのです。これは、新たな発見があって面白いですね。ちなみに、ほぼ日には2000以上のコンテンツがあるそうです。

2017062004.png



で、一番の便利機能は、通知機能だったりします。
そんなにしつこくなく、でもほぼ1日に1回ぐらいのペースで更新通知が来るのです。そうすると、つい暇なときに読んでしまうのですよね。やっぱり「今日のダーリン」面白いなぁ。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 妖怪「おまえがやってみろ」

先日、同僚と話していて出てきたのが、この妖怪「おまえがやってみろ」でした。そんなに文句があるならば、「おまえがやってみろ!」と言ってくれる妖怪がいたら良いよねみたいな話だったと思います。
で、その出典が、しばらく分からずにいたのですが、やっと判明しました。
これです。



この中のこれでした。

2017062005.png



うん、間違いない。こういう妖怪いてほしい。


【Kindleセール情報】
【ALL200円】講談社の実用書フェア(6/22まで)
【30%OFF】ぴっかぴか小デジ!感謝祭 (6/22まで)
【最大98%OFF】サードライン孔雀王フェア (6/22まで)
【50%OFF】つい人に話したくなる雑学特集(6/22まで)
【30%OFF以上】幻冬舎映像化作品フェア (6/22まで)
【30%OFF】宇宙の謎に迫る本フェア (6/22まで)
【30%OFF】翻訳ミステリーフェア (6/22まで)
【30%OFF以上】幻冬舎映像化作品フェア (6/22まで)
【30%OFF】 P+DBOOKS配信2周年記念キャンペーン第一弾(6/22まで)
【20%OFF以上】成田美名子特集(6/22まで)
週刊アスキーバックナンバー107円(6/30まで)
【最大69%OFF】四季報 2017年3集夏号&投資・マネー本特集(6/30まで)
Kindle本大幅値下げセール(期間不明)
【70%OFF】ぜ~んぶ1巻完結フェア
【最大98%OFF】サードライン孔雀王フェア (6/22まで)
【期間限定無料多数】胸キュン度120%の新刊フェス(6/22まで)
【50%OFF】つい人に話したくなる雑学特集(6/22まで)
【期間限定無料&半額】読むと心が熱くなる男性マンガ特集(6/29まで)
【50%OFF以上】料理レシピ本フェア(6/29まで)
【40%ポイント還元】角川ebookキャンペーン(期間不明)
【最大50%OFF】ビジネスパーソンのためのスキル&モチベーションUP(6/29まで)
カドフェス電子版2017(9/17まで)

TwitterアプリにQRコードあるって知ってる?

2017061900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、iOSのTwitterアプリが大きくアップデートしたという内容について書きました。
そこで色々いじっていて気づいたのですが、TwitterアプリってQRコードで他の人をフォローできるのですね。私は、知りませんでした…。
というわけで、このTwitterのQRコードについて書いてみたいと思います。


  
【 TwitterアプリにQRコードあるって知ってる? 】  

 1.TwitterもQRコードでフォローできる

 2.新UIではどこにある?

 3.実際にやってみると







checkmark.png 1.TwitterもQRコードでフォローできる

LINEでは、QRコードを使ってユーザーを追加するというのは、普通にやっていますよね?
私も割としょっちゅう使っています。

ところが、TwitterでもQRコードを使って、他の人をフォローできるって知ってましたか?
私は、全く知りませんでした…。

どうやら、昨年末から使えるようになっていたようです。

TwitterのQRコードでできることは、

 ・他の人にフォローしてもらう
 ・他の人をフォローする
 ・QRコードを画像として、ツィートする


という3つです。




checkmark.png 2.新UIではどこにある?

さて、このTwitterのQRコードですが、新UIではどこにあるのでしょうか?
これが、非常に分かりにくいというか、気づきにくい場所にあります。

左上のユーザーアイコンをタップして…

2017061901.png



スライドメニューのここですね。

2017061902.png



これ、気づく人いるのかな?というギリギリのラインですね。





checkmark.png 3.実際にやってみると

では、実際にフォロー実験をしてみましょう。
QRコードを表示しておいて、他のでカメラを起動します。
ちなみに、QRコードリーダー用のカメラは、QRコードを表示させておいて、左にスワイプすると出てきます。

2017061903.png



そして、QRコードを捉えると、このように「フォローする」というボタンが出てきます。

2017061904.png



あっさり認識するので、なかなかの精度ですね。

さて、TwitterのQRコードですが、白黒のはなく、全て色つきです。この色は、QRコードを立ち上げる度に変わります。私が確認したところ、赤、青、緑、紫の4色があるようです。

公にして良いTwitterアカウントだったら、名刺とかに印刷しても良いかもしれませんね。ブロガー名刺とかありかもね!
というわけで、よろしかったら、@yoshinonをフォローしてみてください。

2017061905.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Twitterは、どこに向かおうとしているのか

最近の新UIもそうですが、最近のTwitterの動向は、どうにもブレブレで向かおうとしている方向性がイマイチ見えてきません。でも、なんとなく感じられるのは、LINEやWeChatとか、WhatsApp系なメッセージアプリ的な部分を強化しようとしているようです。
そもそも棲み分けというか、方向性が違うような気がしないではないですが、確かに若者を中心にTwitterでのメッセージやりとりが増えているのを見ると、多少なりとも成功しているのかもしれませんね。

私は、TwitterはTwitterでしかないと思っているので、別に急いで他のアプリを真似しなくても良いのになと思っている派です。


最近、このケリーケトルというのが、欲しくてたまらないです。
まん中が空洞で、松ぼっくりでも何でも中で燃やすことで、短時間でお湯を沸かせるというアウトドア用やかんです。



【Kindleセール情報】
【ALL200円】講談社の実用書フェア(6/22まで)
【30%OFF】ぴっかぴか小デジ!感謝祭 (6/22まで)
【最大98%OFF】サードライン孔雀王フェア (6/22まで)
【50%OFF】つい人に話したくなる雑学特集(6/22まで)
【30%OFF以上】幻冬舎映像化作品フェア (6/22まで)
【30%OFF】宇宙の謎に迫る本フェア (6/22まで)
【30%OFF】翻訳ミステリーフェア (6/22まで)
【30%OFF以上】幻冬舎映像化作品フェア (6/22まで)
【30%OFF】 P+DBOOKS配信2周年記念キャンペーン第一弾(6/22まで)
【20%OFF以上】成田美名子特集(6/22まで)
週刊アスキーバックナンバー107円(6/30まで)
【最大69%OFF】四季報 2017年3集夏号&投資・マネー本特集(6/30まで)
Kindle本大幅値下げセール(期間不明)
【70%OFF】ぜ~んぶ1巻完結フェア
【最大98%OFF】サードライン孔雀王フェア (6/22まで)
【期間限定無料多数】胸キュン度120%の新刊フェス(6/22まで)
【期間限定無料&半額】読むと心が熱くなる男性マンガ特集(6/29まで)
【50%OFF以上】料理レシピ本フェア(6/29まで)
【40%ポイント還元】角川ebookキャンペーン(期間不明)
【最大50%OFF】ビジネスパーソンのためのスキル&モチベーションUP(6/29まで)


Kindleでの最速引用術

2017053100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Kindleを読んでいて、そこから引用したいコトってけっこうありますよね?でも、意外とまどろっこしかったりします。
今回は、それを最速でしかも超便利に成し遂げる方法についてです。
Kindleユーザー必見ですよ!

  
【 Kindleでの最速引用術 】  

 1.Kindleのハイライトを使う方法

 2.ハイライトに残したくない

 3.Kindle最速引用術

 4.Kindleの引用数にカウントされない?







checkmark.png 1.Kindleのハイライトを使う方法

まずは、Kindleのハイライトを使う方法です。
まあ、一般的ですよね。

一応、知らない人のために書いておきます。
引用したい部分を範囲指定しておきます。すると、このようにポップアップでメニューが出てくるので、マーカーの色を指定すると

2017053101.png



このように、範囲指定した部分に色がつきます。

2017053102.png



これは、単にマーカーをつけただけではなく、あとでKindle Hilightというところで、一括して確認することができるのです。

Amazon Kindle: Your Highlights
Amazon Kindle: Your Highlights




2017053103.png


まあ、それだけだと使いづらかったりするので、ブックマークレットを使って単純なテキストにしてしまうわけです。ブックマークレットついては、彩郎@irodrawさんの「単純作業に心を込めて」にあるこちらからゲットしましょう。素晴らしくて涙が出ます。

ブックマークレット「KindleHighlight」で、「kindle.amazon.co.jp」から、Kindle本のハイライト箇所を、シンプルなデータで、クリップボードに取り込む
ブックマークレット「KindleHighlight」で、「kindle.amazon.co.jp」から、Kindle本のハイライト箇所を、シンプルなデータで、クリップボードに取り込む




こんな風にハイライトした部分が、きちんとテキスト化されます。

2017053104.png




checkmark.png 2.ハイライトに残したくない

さて、Kindleで引用したいからといって、必ずしもマーカーで残したいわけじゃないという場面もあります。というか、引用したい部分と、マーカーで残しておきたい部分は、必ずしもイコールではなかったりします。

そうすると、不本意ながらハイライトに残した部分を、あとで消さなくてはいけなかったりする場面が生じてしまいます。それでは、どうすれば良いのでしょうか?

2017053105.png




checkmark.png 3Kindleでの最速引用術

そこで、今回の本論です。
実は、自分的にはKindleのハイライトは最速ではないです。

本当の最速は、NoteBoxというアプリを使う方法です。




このアプリ自体は、あまりメジャーではなく名前が挙がってくることが少ないアプリかもしれませんが、けっこうすごいヤツなのです。私は、ウィジェットにも登録しているぐらいです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | EmbedlyBookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


さて、このNoteBoxの何がスゴいのかというと、Kindleで範囲指定したときに共有Extensionが右の方にありますよね?

2017053106.png



それをタップすると、上の方のアプリへの共有ではなく、標準共有Extension(この名称で良いのかな?)にNoteBoxが出てきます。Kindleにおいて、この標準共有Extensionに出てくるアプリってそう多くはないのです。私の知っている限りでは、Workflow、Printer Pro、LINE Keepぐらいですかね。

NoteBoxをタップすると、このように「読み込んだURL(タイトル+URL)」というポップアップが出てきます。

2017053107.png



そこで、すぐに「完了」をタップせずに、取り込まれた項目を左側にスワイプします。そうすると、「C」「S」というボタンが出現します。C=コピー、S=セーブと考えてもらうと良いです。迷わず「S」をタップしましょう。

2017053108.png



そうすると、NoteBoxにどんどん引用したい部分が蓄積されていきます。

2017053109.png



NoteBoxが、すごいのはここからなのですが、単に蓄積されるだけではなく、ここから様々なサービスに流すことができるのです。
例えば、上の方にある「コ」「T」「D」「E」のアイコンは、

2017053110.png

コ=コピー
T=Twitter
D=Dropbox
E=Evernote


に送るためのボタンなのです。

さらに、共有Extensionを開くと、ここからMarkdownでHTMLをコピーできたり、Textwellに流せたりします。Textwellに流せるということは、あとはどうにでもなるということと同義なのです。Textwellすごいですね。

私は、Textwellに流してから、さらにScrapboxに流したりしています。

2017053110.png




checkmark.png 4.Kindleの引用数にカウントされない?

実は、このワザを使っていて気になったのは、当たり前ですが、自分のKindle highliteには載らないのですよね。でも、引用した部分には、それぞれ固有のURLが付与されます。

2017053112.png



そして、そのURLをタップすると、きちんとAmazonのサイトで引用部分が表示されるのです。

2017053113.png



これって、どういう仕組みなのだろう…と現在首をかしげ中です。

そして、どうもこのワザを使うと、Kindleの引用数にカウントされないような気がするのです。完全に実証実験を行っているわけではありませんが、Kindle7不思議ということで。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 このKindleメモ術使えますよ!

Kindle highliteは、私もけっこう使っています。自分用のしおり代わりや、あとで振り返りたいときには、便利なんですよね。
でも、もっと気軽にできないかな?と色々試行錯誤する中で出てきたのが、今回のワザでした。


Workflowy入門オススメですよ!アウトラインエディタに興味がある人は、みんな読めって感じです。



【Kindleセール情報】
【ALL95円】電子書籍でしか読めない! 文春e-Books特集(6/1まで)
アクションコミックフェア【無料多数】
【50%OFF】サブカル本特集(6/1まで)
【30%OFF】紙書籍の新品が入手困難な作品特集 (6/1まで)
【ALL200円】講談社の実用書100冊フェア(6/1まで)
【30%OFF】幻冬舎ビジネス書フェア (6/1まで)
幻冬舎plus+ 1周年半額フェア(6/1まで)
【50%OFF】日本文芸社大規模セール(6/1まで)

【50%OFF】Kindleライトノベルフェア(6/4(日)まで)
【50%OFF以上】あたしんちフェア(6/8まで)
【ALL95円】電子書籍でしか読めない! 文春e-Books特集(6/1まで)
【50%OFF】夏目前!ダイエット特集(6/8まで)
【40%ポイント還元】ビジネス/IT/実用書 2016年度ベスト50(6/8まで)


このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG