TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Google Play Booksが、何気に使い勝手が良いと思った件

2018060700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、Google Play Booksの特典についての記事を書きましたが、久しぶりにアプリを使ってみると、なかなかこれはこれで良いではないかと思ったので、ご紹介いたします。


  
【 Google Play Booksが、何気に使い勝手が良いと思った件 】  

 1.Google Play Booksとは?

 2.Google Play Books のアプリについて

 3.ハイライト機能やブックマーク機能の同期が良い

 4.残念なところ







checkmark.png 1.Google Play Booksとは?

Google Play Booksとは、Googleが運営する電子書籍ストアです。

Google Play の書籍
Google Play の書籍





電子書籍に馴染みのある人でも、あまり使っている人が多くない印象ですが、皆さんはいかがですか?Googleという大手が運営していても、メジャーになりきれていない感じがしますよね?

しかし、実際にアクセスしてみると、普通の電子書籍サイトと何ら遜色がない感じなのです。むしろ、Googleが運営しているため、アカウント関係が気楽で良い感じすらします。

Kindleのように週替わりセールや特集なども組まれているなど、決して日本語の書籍や漫画をないがしろにしていない感じはします。






checkmark.png 2.Google Play Books のアプリについて

さて、Google Play Booksは、iPadやiPhoneでも普通に読むことができます。
このあたりは、ちゃんとしていますね。




アプリを立ち上げると、最初に出てくるのが、上の方に購入済みの、下の方にストアという構成になっています。ここら辺にGoogleの残念さが現れていますね。

2018060701.png



自分のライブラリへは、メニューから「ライブラリ」を選択するとアクセスできます。この手間が、メジャーへの道を遠ざけているような気がしますね。

2018060702.png

2018060703.png



checkmark.png 3.ハイライト機能やブックマーク機能の同期が良い

さて、とはいえダメな点ばかりではありません。
というか、ダメな点は先程あげた部分ぐらいで、機能に関しては、何の遜色もないといえます。
実際に購入した漫画を表示したところ。

2018060704.png


メニューに関しては、フォントの大きさや

2018060705.png



明るさなどが指定できるあたりは、一般的な電子書籍アプリと同じですね。

2018060706.png


ちょっと変わっているのは、「読書灯」機能ですかね?

2018060707.png


これは、夕方に暗くなってくると、ブルーライトをカットしてくれる機能です。
地味にありがたいですね。

2018060708.png


あと、いかにもGoogleと思ったのは、検索機能です。
書籍内検索は、もちろんのこと、右の「ウェブを検索」をタップすると、普通にウェブ検索ができちゃうのですよ。

2018060709.png

2018060710.png

2018060711.png



辞書アプリが入っていると、「D」をタップすると、辞書機能を使うことができます。

2018060712.png

2018060713.png



さらに、ハイライトした部分やしおり機能を使用した部分をGoogleドキュメントに蓄積することができるのです。これが、非常に優れていると感じた部分です。
この機能をオンにするには、

メニュー→「設定」→「メモやハイライトをGoogleドキュメントに同期する」

でできます。

2018060714.png


※最初に保存するフォルダを指定しておく必要があります。
さて、実際に同期できているか、Googleドキュメントで確認してみましょう。
指定されたフォルダにきちんと、保存されていますね。

2018060718.png



中身を見てみると…こんな感じ。

2018060719.png



KIndleのハイライト機能と違い、これはGoogleドキュメントですからね。これは、IFTTTやら様々な自動化サービスと連携させれば、かなり面白いことができそうですよ!
しかも、新しくハイライトなどを追加したら、随時更新されるというのも大変素晴らしいです。




checkmark.png 

とはいえ、残念なところもやはりあるのですよね。

1.文字の選択がしづらい
どうもKindleや他の電子書籍のような感覚で文字選択がしづらいのですよね。でも、横書き文字だとサクッとできるので、まだ縦書きに最適化されていないだけという気がします。



2.翻訳できない
せっかく、翻訳機能がついているにも関わらず、その当の翻訳機能が使えない&超使いづらいのです。いつも「アイスランド語」がデフォルトになっており、英語や日本語に変えると、翻訳してくれないのですよね…。これ、設定でデフォルトを変えられないものか…。

2018060720.png



3.漫画のページジャンプはサムネイルなし
これは、Kindleも同じなのですが、漫画を読んでいるときにページジャンプしたいときに、サムネイルがあると便利なんですよね。でも、残念ながらありません。その点、hontoは優れていますね。



4.シリーズまとめがない
Kindleでも最近までなかったので、高望みはしませんが冊数が増えてくると、管理がすごく大変になるので、ぜひともシリーズまとめ表示に対応してほしいものです。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleドキュメントというところが秀逸!

Kindleの最大の弱点と言えるのが、ハイライト機能が使いづらいことなんですよね。せっかくハイライトしてもそれを使い回すのに、やや苦労せざるを得ないのですよ。
しかし、Google Play Booksは、様々な自動化サービスと相性が良い、Googleドキュメントですからね。かなりできる子になりそうな予感が高まりますね!





Google Play Booksに今すぐアクセスしてみよう!あなただけの特典があるかもよ?

2018060600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Google Playを日常的に使っている人ならば、すでに気づいた人もいるのではないかと思うのですが、特定の条件で特典が当たるようです。
ぜひ、すぐにアクセスしてみてください。善は、急ぐのです。

  
【 Google Play Booksに今すぐアクセスしてみよう!あなただけの特典があるかもよ? 】  

 1.Google Playにアクセスしたら特典GETできたよ

 2.Google Playの電子書籍ってどうなの?

 3.特典を使ってみる







checkmark.png 1.Google Playにアクセスしたら特典GETできたよ

昨日、Google Playにアクセスしたら、いきなり「ドーン」とこのようなポップアップが出ました。

2018060601.png



おっ、400円分の電子書籍用のクレジットが、もらえるのか。ラッキー!
でも、よーく見ると、どうやら全員に当たるわけではないようです。どういう規準なんだろ?
確かにGoogle Playの電子書籍は、ほとんど利用したことなかったな。

2018060602.png



checkmark.png 2.Google Playの電子書籍ってどうなの?

まず、何の偏見もなく書くと、悪くないなという印象です。
そもそもアクセスすらしたことがないという人も多そうなので、アクセスから。

Google Play の書籍
Google Play の書籍




アレ?普通の電子書籍サイトじゃん?
と思いませんでしたか?実に普通の電子書籍サイトなんですよ、これが。

2018060603.png



普通に週替わりセールもしているしね。
AndroidでGoogle Playに課金している人だったり、すでにGoogleに課金している人だったら、すぐに購入できるという点では、AmazonのKindle並の使いやすさですね。

2018060604.png



iPadやiPhoneでも読む事ができます。






checkmark.png 3.特典を使ってみる

では、さっそく使ってみますか。
どうやら、今回の特典は、清算段階で自動で適用されるとのことなので、信じて購入してみます。

というわけで、選んだのがコレ!
※ごめん、リンクはKindleになっています。




「電子書籍」というボタンをクリック。

2018060605.png



そうすると、ちゃんと特典が適用されていることが分かりますね。

2018060606.png



あとは、本人認証をしてしまえば購入完了です。
Google Playで課金している人は、すぐに買えるのでラクですよ。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Google Play Booksについて、ちゃんと取り上げてみようと思う

実は、Google Play Books使ってはいたのですよね。あまり、公にはしてなかったけど。使い勝手的には、実に普通なのですが、あと一歩特徴感が足りないと思っていました。しかし、地味に改善されている点も感じたので、近いうちに掘り下げてみたいと思います。




Chromeの隠し機能であるクリーンアップを使ってみた!

2018052900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日来よりChromeの隠し機能である「クリーンアップ」が話題になっていました。
これは、PCの中で不審なソフトウェアを検出する機能のようです。
というわけで、ウワサじゃ面白くないので、実際に使ってみました!


  
【 Chromeの隠し機能であるクリーンアップを使ってみた! 】  

 1.Chromeの「クリーンアップ」機能とは?

 2.クリーンアップ機能をやってみる







checkmark.png 1.Chromeの「クリーンアップ」機能とは?

上でも書きましたが、数日来より「Chromeの隠し機能であるクリーンアップツール」についてずいぶん話題になっていました。

Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)



Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール
Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール




どうやら、通常の状態では使えないらしく、隠し機能として存在しているもののようです。

機能としては、

検出対象となるのはランサムウェアやトロイの木馬型ウイルスだけでなく、グーグルが「好ましくないソフトウェア」と判断したあらゆるソフト
引用:Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

とのこと。
どうやら、ウィする駆除ソフトで有名なESETが開発したもののようです。
「ESET」は、以前使ったことがあるのですが、軽くて良い印象を持っています。




今のとこと自分のPCでは、別に怪しい挙動もないけれど、一度やってみますか!




checkmark.png 2.クリーンアップ機能をやってみる

というわけで、実際に使ってみることにしました。

1.アドレスバーに入力する
2018052901.png

アドレスバーに

chrome://settings/cleanup

と入力します。
※↑上記のURLをコピペでもOK!



2.メニューが出てくるので、「検索」で開始!
すぐに「クリーンアップツール」のメニューが出てきます。
「検索」をクリックすると、始まります。
「Googleに詳細なレポートを提出する」は、デフォルトでオンになっていますが、別にオフでも構わないです。

2018052902.png



3.検索中!
というわけで、PC内の検索が始まります。
けっこう時間はかかります。やるなら、時間のあるときにどうぞ!

2018052903.png





さて、結果は…。
何も発見されなかったようです。ふぅ。

2018052904.png



上で紹介した記事にも書いてありますが、このChromeのクリーンアップツールは、オンデマンド型で稼働するもので、一般的なアンチウイルスソフトのようなリアルタイムで攻撃を察知することはできないので、その点は理解しておいて方が良いかもです。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 隠すこともないような気もするけど

GoogleのChromeなので、悪さはしないと思っていますが、この機能をわざわざ隠し機能にする必要ってなんだろう?と思ってしまいますね。
というか、Chromeってそういう隠し機能が、かなりありますよね。まあ、全てを表に出してしまったら、メニューなどがごちゃごちゃしすぎるというのも分かりますけどね。


ダウンロード版22%オフになっていますね。



Googleマップのストリートビューで自宅をモザイク処理してもらう方法

2018050700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleマップ使っていますか?
さて、自宅をストリートビューで見るというのは、誰もが一度はしたことがあるのではないかと思うのですがいかがでしょうか?
以前は、車のナンバーや人の顔が、しっかりと見えるような状態が放置された状態であったこともありました。しかし、 現在は Google のアルゴリズムがかなり発達しており、車のナンバーや顔などはほぼ自動的にモザイクがかかるようになっています。
ただこれも完璧なわけではなく、時々漏れが生じているものもあります。そこで、今回は Google マップで自宅をモザイク処理をする方法について説明してみたいと思います。


  
【 Googleマップのストリートビューで自宅をモザイク処理してもらう方法 】  

 1. Google マップのストリートビューでモザイク処理を見てみる

 2.自宅をモザイク処理する方法

 3.







checkmark.png 1. Google マップのストリートビューでモザイク処理を見てみる

皆さんは、 自宅をストリートビューで見たことがありますか?
案外くっきりはっきりと自宅が映されてるので、驚くことがあるかもしれません。中には、家人の姿が映されていたりして、二重にびっくりすることがあるかもしれません。
とはいえ、 上でも書きましたが、最近のストリートビューはかなりアルゴリズムが発達しており、ほぼ自動でモザイク処理がされるようになっています。

それでは、実際に見てみましょう。
適当に選んだ任意の地点での画像です。
このように車のナンバーは的確にモザイク処理がされていますね。また、人の顔にもピンポイントでモザイク処理がなされているのが分かります。
これと同じような原理で、民家の表札も自動的にモザイク処理がかかるようになっています。
※さすがに自宅の画像を引用するのは気が引けるのでやめておきます。

2018050701.png



一方、家屋へのモザイク処理というのは、なされてないのが実情です。確かに建物自体にモザイク処理をかけていってしまえば、ストリートビューの意味を成さなくなってしまいますよね。しかし、空き巣などが下見としてストリートビューを使って様子見を行っているというのはよく聞く話です。また、ストーカーに自宅を特定されてしまうきっかけを与えることになっていることもあるようです。

アメリカなどでは、セレブの自宅付近がモザイク処理されている人もいるそうです。
これと同じように犯罪被害を未然に防ぐという意味はにおいて、自宅を隠したいという要望はきっとあるのではないでしょうか。

実は、ストリートビューで自宅をモザイク処理かけるのは難しくはないのです。




checkmark.png 2.自宅をモザイク処理する方法

それでは実際にやってみましょう。
今回は、あくまでも記事のために擬似的にやってるので、むやみやたらに関係のない建物までモザイク申請をすることは、 アカウントごとBANされる恐れがあるので、オススメしません。あくまでも自宅などをモザイク申請するだけにとどめた方が良いでしょう。

今回は、こちらをモザイク処理申請してみます。

2018050702.png



右上の三点アイコンをクリックします。
そうすると、「問題の報告」と出てくるので、それをクリック。

2018050703.png



そうすると、別ウィンドウが立ち上がり、問題について申請画面になります。
※今回は、擬似的に申請をする手続きについての解説をするためだけにやっているので、実際の申請は行ってはいません。

まずは、どの部分が問題なのかを明らかにしておきます。

2018050704.png



次になぜ問題なのかについての設問に答えます。

2018050705.png



最後にメルアドと自分がBotではないことの証明をして、「送信」で完了です。

2018050706.png



簡単でしたね?




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 割と簡単にできますよ!

モザイク処理の申請は、想像以上にサクッと簡単にできてしまいます。しかし、注意して欲しいのは、絶対にそれで処理されるかどうかは、Google様にかかっているので、保証はできません。
とはいえ、最近、このあたりのプライバシー関連については、Googleも気を尖らせているところなので、申請があれば速やかに処理されそうな気もします。
防犯上怖いなと思ったら、やってみたら良いですよ。


亜人」12巻でましたね!いよいよ物語も佳境ですかね。



新しいGmailを試してみました!変更点や新規機能まとめ

2018042700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日、新しいGmailが開始されました。
私は、メールのほぼ全てをGmail上で完結させているので、生命線だったりするので、新しさよりも安定感重視なのですが、それでも試してみたい欲求に逆らえずに移行してみました!
というわけで、何がどのように変わったのか。そして、新しい機能などについてや、困った点などについて書いていきます。


  
【 新しいGmailを試してみました!変更点や新規機能まとめ 】  

 1.新しいGmailへの移行方法

 2.変更点は?

 3.新機能について

 4.困った点







checkmark.png 1.新しいGmailへの移行方法

昨日、Googleブログで新しいGmailに関する告知がありました。

Google Japan Blog: 新しい Gmail をお試しください
Google Japan Blog: 新しい Gmail をお試しください





そういうわけで、早速新しいGmailに切り替えてみることにしました。
上でも書きましたが、Gmailをメインのアカウントとして運用しているので、変な感じになってしまって使いづらくなってしまったら嫌なんですよね…。しかし、早めに知っておくのは、悪くはないだろうということで、思い切ってやってみました(人柱です)。そういうわけで、悩んでいる方は、以下を読んで決断してみてください。

まず、新しいGmailへの切替ですが、以下の手順でやります。

歯車アイコンから出てくる「新しいGmailをお試しください」をクリックします。

2018042701.png



新しいGmailが読み込まれます。

2018042702.png



「次へ」

2018042703.png



「ビューの選択」というのが、出てきます。とりあえずは、デフォルトにしました。
※あとで変更可能です。

2018042704.png



これが、新しいGmailの外観です。

2018042705.png



checkmark.png 2.変更点は?

まずは、変更点から確認していきます。

まず、目に付くのが、返信重要度と添付ファイルですね。

2018042706.png



添付ファイルは、クリックすると、メール本文を開かなくても、いきなり確認可能でした。これは、ありがたい!

2018042707.png



アイコンやフォントなども変更になっていますね。
ちなみに、ハンバーガーアイコンをクリックすると…

2018042708.png



このようにサイドバーを最小化できます。

https://gyazo.com/6c3ac93849fe2eda98f01efd958523a3



また、メールにマウスオーバーすると、このようにアーカイブや削除などのアイコンが出てきて、直接できたりします。※スヌーズ機能については、後述。

2018042709.png



ちなみに、先ほどの表示間隔は、歯車アイコンから設定できます。

2018042710.png


こちちらが、「標準」の間隔です。

2018042711.png




そして、こちらが「最小」の間隔。

2018042712.png




checkmark.png 3.新機能について

新機能です。実は、私の環境では、できていない部分もあるのですが、そういうのも含めてレポートします。

1.カレンダー、GoogleKeep、ToDoがサイドバーに
これは、目立つ特筆すべき点ですね。

今まで、メールを見ながら別タブに開いているカレンダーに入力したり、別のソフトを立ち上げて、メモをしていたりしたのがサイドバーで完結するようになりました。素晴らしい。

Googleカレンダーでスケジュールの確認をしたり、その場で入力できたり。

2018042713.png



Google Keepのメモを確認したり、即メモできたり。

2018042714.png



メールからタスクの作成が、即できたりと使い勝手がめちゃくちゃ向上してる!

2018042715.png



2.メールのスヌーズ機能
とうとうメールのスヌーズ機能が実装されました!
今すぐ返信できないので、明日表示するとか3時間後に見るとか、そういうのができるようになります。

2018042716.png



3.AIからの提案
これは、完全に意見が分かれるとことかと思いますが、AIによってメールの中身を判断し、返信する必要があったり、返信していないメールがあったら促しがあるという機能です。


※画像引用:Google Japan Blog


上でも載せたようにメールの内容などによって、重要度が明示されたりする機能です。

「設定」→「受信トレイ」に設定項目があります。

2018042717.png



嫌な人は、オフにすると良いかも。

2018042718.png



4.その他の機能
その他の機能としては、G Suiteのみの機能として、転送やコピー、ダウンロード、印刷を制限するとともにメールに閲覧期限を設定することができます。私は、G Suiteユーザーではないので、この機能は未確認です。




あと、スパムや危険なメールを分かりやすく明示するようになったようです(未確認)。




checkmark.png 4.困った点

困った点は、実はあまり無かったりします。最近のGoogleの改変は、がっかりすることが多かったのですが、ことGmailに関しては、自分的にはアリだと思いました。かなり練られたUIだし、以前のショートカットなどもほぼ使えるので、使い心地に関しても戸惑うことは少ないと思います。

しかし、もしも一点挙げるとするならば、以前のGmailだったら、「連絡先」へのアクセスが、すぐにできたのですが、それがなくなってしまったのが困りました。

2018042719.png



とはいえ、実はここからアクセスできるのですけどね。
※ない人は、「もっと見る」から追加できます。

2018042720.png



あと、せっかくサイドバーにGoogleカレンダーやGoogle Keepが追加されたのに、そこからドラック&ドロップでメールに追加できなかったりするのは、機能の統合という面では、今一歩な感じがしました。今後に期待ですね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 新しいGmailアリですよ!

上にも書きましたが、最近のGoogleの改変は、いまいちな例が多いので(Googleカレンダーとか)、正直あまり期待していなかったのですが、期待以上の素晴らしさでした。
そういうわけで、完全に新しいGmailに移行してしまいました。
まだ、深く使い込んでいないので、ちょっとした違いなどが気になるかもしれませんが、スヌーズ機能や添付ファイルの扱いなど、ちょっとした部分の使い勝手が上がっているのが、ありがたかったです。




このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG