FC2ブログ
TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

GoogleフォームでバーコードやQRコードを発効するシステムを組んでみる

2019021700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、「GoogleスプレッドシートでバーコードやQRコードを表示させる方法」についてやりました。Web上のジェネレーターと上手く組み合わせれば、かなり簡単にできることがわかりやすよね?
今回は、それをさらに進めて、Googleフォームで入力された情報を元に、バーコードやQRコードを発効するシステムを組んでみたいと思います。



  
【 GoogleフォームでバーコードやQRコードを発効するシステムを組んでみる 】  

 1.フォームの作成

 2.スプレッドシートの準備

 3.入力して確かめてみる







checkmark.png 1.フォームの作成

まずは、Googleフォームで受付する部分を作成していきます。今回は、実験ですので、非常にシンプルな形にとどめておきます。もちろん、皆さんが使うときは、必要項目を全て盛り込んでください。

1.Googleドライブで新規作成
2019021701.png




2.その他>Googleフォーム
Googleフォームは、その他の中にあります。

2019021702.png




3.必要項目を入力
必要な項目を作成してください。非常に簡単にできますよ。

2019021703.png



Googleフォームの作成の仕方に関しては、関連記事を参照してみてください。なかなか高機能なのですよ。これが、無料とは恐れ入る。

【 関連記事 】
Googleフォームで受付業務もできるぐらいに進化していた件
Googleフォームでアンケートを集計するとすごいラク




4.回答をクリック
2019021704.png




5.「回答をスプレッドシートに表示」をクリック
グリーンの十字のアイコンがあるので、それをクリックします。

2019021705.png



そうすると、スプレッドシートが立ち上がります。そこにGoogleフォームの回答が蓄積されていくのです。ファイル名などは、自分で好きに変更しましょう。

2019021706.png



完成したフォーム。



実験のために入力&送信してみてください。




checkmark.png 2.スプレッドシートの準備

では、次にスプレッドシートを改造していきます。
先ほどできたフォームの回答先であるスプレッドシートを開きましょう。

6.シートを追加する
スプレッドシートの下の方にある「+」ボタンをクリックして、シートを追加しましょう。

2019021707.png



7.新しくできたシートに項目をコピペする
新しくできたシートに「フォームの回答」の項目をコピペします。
そして、さらに新規入力として、「受付番号」「BarCode」と入力しました(この項目名はご自由にどうぞ)。

2019021708.png



8.数式をコピペする
さて、新しく作成したシートにデータを反映させて、それをバーコードにしていくわけですが、普通にセルを参照しても上手くいかないのです。なぜならば、フォームでの回答は、行が挿入される形で入力されるので、シート2でフォームの回答部分を参照しても数式が飛んでしまうのです。

そこで、数式自体を工夫します。

たとえ参照先のシートの行が挿入されても問題なく、参照させるために「indirect関数」というのを用います。

したがって、例えばA2には、

=indirect("'フォームの回答 1'!"&cell("address",A2))

という数式を入力します。
B2,C2も同様にindirect関数を入れていきます。

受付番号は、今回はタイムスタンプを活用しようと思うので、タイムスタンプを数値に変換する数式を入れます。
例えば、D2は

=if(A2="","",value(A2))

となります。

そして最後は、バーコードを表示させる部分です。
ここの数式は、前回のimage関数を使った数式を入れます。

=if(A2="","", image("https://www.barcodesinc.com/generator/image.php?code="&D2&"style=197&type=C128B"))

こんな感じになりますね。
image関数に関しては、前回記事を参照してください。

GoogleスプレッドシートでバーコードやQRコードを表示させる方法 - 情報管理LOG


さて、長々と数式の説明をしましたが、サンプルをを用意しましたので、そのスプレッドシートからコピペしてください。
※必ず「ファイル>コピーを作成」で、自分のGoogleドライブにコピーを作成してから、お使いください。

Googleフォームでの受付システム(バーコード版)




checkmark.png 3.入力して確かめてみる

では、実際に動くかどうか、試してみましょう。
まずは、こちらで入力して、送信してみてください。




そうしたら、こちらに反映されるか確認してください。



もしも、変わらない場合は、フレームの再読み込みをしてみてください。
自動的にバーコードが、生成されているのが分かるはずです。
※それでも、反映されないときは、4~5分程度お待ちください。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 受付システムできるよね

現在、Googleフォームでは、GAS(Google App Script)を使えば、項目にメルアドがあった場合、自動返信も可能なのです。そうすると、受付完了と同時に、バーコード生成のためのURLも送れば、あっという間に受付システムができてしまうのですよね。しかも、無料で。もちろん、何千人とかいう規模には向いていませんが、普通のちょっとした集まりなどの受付システムだったら、これで十分ではないかと思います。





【悪用厳禁】歌詞をコピーする方法(2019年版)

2019011600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、タイトルにも書きましたが、悪用厳禁です!
それなのになぜ書くのかというと、Google先生大丈夫かな?と思ったからです。
そういうわけで、裏技的ではない歌詞コピーの方法です。


  
【 歌詞をコピーする方法(2019年版) 】  

 1.歌詞をコピーする方法(2019年版)

 2.著作権法的には







checkmark.png 1.歌詞をコピーする方法(2019年版)

まずは、情報管理LOGで過去にも同じタイトルで記事を書きました。
こちらですね。

うたまっぷの歌詞をコピーする最も簡単な方法

このときは、うたまっぷの歌詞をコピーするという内容でした。
※ちなみに現在では、この方法は使えません。

さて、歌詞をコピーする方法ですが、超簡単すぎて逆に引くぐらいです。
それは、

Googleで「歌名 歌詞」で検索する

です。
えっ?と思いますよね。私も思いました。
しかし、最近のGoogle先生の動向から考えたら、他のサイトにアクセスさせるよりもGoogle検索のみで完結する方向を目指しているので、あり得る展開ではあるのですよね。でも、そんなに簡単で良いのか?

ということで、やってみましょう。

紅白に出場した米津玄師さんの「Lemon」の歌詞を検索してみましょう。良い歌ですよね。「Flamingo」も好きですけど。

米津玄師 MV「Lemon」


Google検索に「Lemon 歌詞」と入力します。

2019011601.png



そうすると、Google検索のトップに歌詞のフルがあがっているではありませんか!

2019011602.png



まさかと思って、範囲指定して右クリックすると…コピーできてしまう。

2019011603.png



じゃあ、iPhoneではどうかというと、同じようにGoogle検索してみると同じように一番最初に表示されます。

2019011604.png



そして、範囲指定もコピーもできてしまいます。

2019011605.png



checkmark.png 2.著作権法的には

著作権的には、私的複製の範囲内でとどまるならばOKと解釈されているようです。

複製権と私的複製 - これだけ知っとけ著作権講座

私的使用のための複製(著作権法第30条) 自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができる。ただし、デジタル方式の録音・録画機器等を用いて著作物を複製する場合には、著作権者に対し補償金の支払いが必要。コピープロテクション等技術的保護手段の回避装置などを使って行う複製については、私的複製でも著作権者の許諾が必要。私的使用目的の複製であっても、違法著作物であることを知りながら音楽又は映像をインターネット上からダウンロードする行為は、権利制限の対象から除外される。

著作物が自由に使える場合は? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC



しかも、コピーガードをクラックして突破したわけでも何でもなく、普通にGoogle検索して出てきたものをコピーするだけだったら、何の問題もなさそうです。
というか、逆にGoogle先生の対応が大丈夫か心配になるレベルですね。でも、Google先生のことだから、とっくに解決済みかもしれませんけどね。

皆さんにおかれましても、くれぐれも著作権法の範囲の中でお楽しみください。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 最近のGoogle先生は

上にも書きましたが、最近のGoogle先生は、ことごとく検索に関しては、個別のサイトを案内するよりも、Google検索内で完結することを目指しています。今回の件は、たぶんその一環なのでしょう。
確かに便利なのですが、そのGoogleが表示している内容は、誰かが記述したものなんですよね。それにフリーライドしていると言えば、そうかも?と思ってしまう自分がいます。




ブログでコードを簡単に載せたければGoogleドキュメントで十分かも

2019011300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ブログにコードやタグを載せたい時ってありますよね?
でも、意外に面倒くさかったりするのも事実です。そこで、Googleドキュメントを使えば、超簡単にブログに掲載できよ!ということについて書いていきます。



  
【 ブログでコードを簡単に載せたければGoogleドキュメントで十分かも 】  

 1.ブログにコードやタグを載せるの面倒問題

 2.Googleドキュメントで解決したよ

 3.コードの載せ方







checkmark.png 1.ブログにコードやタグを載せるの面倒問題

皆さんは、ブログにHTMLタグやコードをどのように載せていますか?
これが、意外に面倒なんですよね(特にHTMLタグ)。

例えば、コードを掲載する時には、こういうサービスを用いたり

ブログにいい感じにソースコードを埋め込むために、GitHubの「Gist」を導入してみた!


こんなのを使って、載せたりすると見栄えが良かったりします。

ブログでソースコードをキレイに表示できるJavaScriptライブラリ「highlight.js」の導入方法


また、さらに厄介なのは、HTMLタグです。もともとブログは、HTMLで記述されているので、

<span style="font-size:12pt;"><strong>ああああ<a href="" target="_blank" ></a> </strong></span>


というタグを載せようと思っても、リンクの記述だとブラウザで認識されてしまうので、タグ自体が表示されないのですよね。(※上のは、<>の部分を全角に置き換えた)

そこで、HTMLタグを載せるために、preタグとcodeタグを使って載せられないこともないのですが、それでも特殊文字などがあると、ちゃんと表示されないので、このようなツールを使って変換しなくてはいけないのです。
これは、超めんどい…。

HTML特殊文字変換|コードをホームページに載せる時に便利 | すぐに使える便利なWEBツール | Tech-Unlimited




checkmark.png 2.Googleドキュメントで解決したよ

そこで、情報管理LOG的にお勧めしたいのは、Googleドキュメントを使う方法です。
えっ、と思うかもしれませんが、これが意外に便利なんですよ!
まずは、これをご覧ください。



これは、先日、「FC2ブログのスマートフォン用のテンプレートを使わないようにしたらモバイルでのアクセス数が増えたよ」という記事で紹介したタグのスクリプトの記述です。

FC2ブログのスマートフォン用のテンプレートを使わないようにしたらモバイルでのアクセス数が増えたよ

ちゃんと、コード表示されてますよね?
しかも、コードが見やすく色分けされていませんか?
でもね、これ

自動でコードの色分けされている

のですよ!
Googleドキュメントなのに。Googleドキュメントってそういう機能が実装されているのです。

では、HTMLタグはどうかというと、こんな感じ。HTMLタグでは、さすがに自動色分けには、対応していませんが、何の工夫もなくできてしまいます。






checkmark.png 3.コードの載せ方

さて、では実際にコードを載せる方法について書いていきます。

1.Googleドキュメントの新規作成
Googleドキュメントにアクセスして、普通に新規作成してください。

2019011301.png


2.コードを記述する
コピペなり入力なり好きに記述しましょう。

上の埋め込みコードは、こういう風になります。



3.ページ設定をする
「ファイル」→「ページ設定」
で、カスタマイズしていきます。これは、見栄えに関わる部分になります。

2019011302.png


そうすると、こういう項目が出てきます。

2019011303.png


そこで、以下のようにカスタマイズすると見栄えが良くなります。余白を0。背景の色を灰色にしてそれっぽく。

2019011304.png



4.タグを取得する
最後にタグを取得するのですが、このままでは誰も閲覧できない状態なので、Webに公開する状態にします。

「ファイル」→「ウェブに公開」

2019011305.png




そうすると、このようなウィンドウが出てくるので、「公開」をクリックしましょう。

2019011306.png



さらにダイアログが出てくるので「OK」

2019011307.png



あとは、出てきたタグをコピペすれば、とりあえずはできました。

2019011309.png



最後に表示したいサイズに合わせて、高さと幅の数値をタグに記述してあげればOKです。

width="幅" height="高さ"

最終的には、こういう感じになります。






eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleドキュメントの応用範囲広すぎ

Googleドキュメントは、もはやWordなんかを相手にしているのではなく、互換性を維持しながらも、独自に進化を遂げています。特にGoogleの得意とするWebへの対応や、OCRなどの機械学習方面への対応が、ずば抜けているように思えます。
というわけで、便利なので使ってみてください。


Kindle版が、半額になっています。





Google Canvasを試してみたよ

2018122900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Google公式で新しいお絵かきサービスを始めました。その名も「Google Canvas」です。
ものすごく緩めな感じのサービスなので、使ってみました。


  
【 Google Canvasを試してみたよ 】  

 1.Googleのお絵かきサービス

 2.できること







checkmark.png 1.Googleのお絵かきサービス

Googleのゆるーいお絵かきサービスができたというので、さっそく試してみました。
URLは、こちらになります。

https://canvas.apps.chrome/

アクセスしてみると、こういう画面が出てくるので「設定を開始」をクリック。

2018122901.png



関連付けるアカウントを選択します。

2018122902.png



そうすると、すぐにキャンバスが出てきます。

2018122903.png



ものすごいシンプルな!



checkmark.png 2.できること

さて、できることですが、多くはありません。
最近のお絵かきアプリの方が100倍ぐらいは、高機能ですね。
ざっくりと機能解説!

2018122904.png



書くツール毎にサイズと透明度の設定ができます。

2018122905.png



色の設定は、こんな感じ。

2018122906.png



カスタム色もできます。

2018122907.png



サクッと描いてみました。

2018122908.png



ちなみに、保存ボタンなどはありません。自動的に保存されています。そのあたりは、Googleですよね。
ホームに戻って、画像の下の3点アイコンをクリックすると、書き出しや名前の変更もできます。

2018122909.png



画像の書き出しは、PNGファイルでダウンロードできます。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 同時編集できなかった…

Chromeだけかと思いましたが、今のところIEやFirefoxでもアクセスできました。
で、これ同時編集できたら、簡易的なホワイトボードになるのではないか?と思ってやってみましたが、これっぽっちもできませんでした。
まあ、そういうためのものではないということなのでしょう。あくまで簡易的にお絵かきできるというぐらいの位置づけですね。
(すぐに墓場行きになりそうな…)


この2作品気になっています。



Googleのサービスでなくなったら困るもの

2018120400.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleのハングアウト、そしてGoogle+の終了が発表されましたよね。
Googleといえば、自らのサービスへの見切りが速いということに定評がありますよね(褒めてない)。裏を返せば、自らのサービスを長続きさせることが難しい会社というイメージが定着してきているような気がします。それでもなお、私はGoogleに激しく依存しています。
そういうわけで、自らの依存ぶりの開陳とともに、これだけはお願いしますという願いを込めて書きます。


  
【 Googleのサービスでなくなったら困るもの 】  

 1.失われし数々のサービス

 2.まず、前提条件として

 3.失われたら絶望するレベルのサービス







checkmark.png 1.失われし数々のサービス

先日、Googleが、ハングアウトを終了するという宣言をしました。

Google、「ハングアウト」を2020年に終了か - ITmedia NEWS
Google、「ハングアウト」を2020年に終了か - ITmedia NEWS





どうやら、この記事は正確ではなかったようで、実際にはChatと音声&動画通話であるMeetに分離するという話しみたいですが…。

Google、一般向けのハングアウトをMeetとChatに移行予定。従来版の終了予定は未定 - Engadget 日本版
Google、一般向けのハングアウトをMeetとChatに移行予定。従来版の終了予定は未定 - Engadget 日本版




とはいえ、長年使ってきたユーザーとしては、またか…というため息しか出てこない状況ではあります。

さらには、Google+も来年2019年8月に終了させると宣言していました。

「Google+」の一般向け終了へ 個人情報関連バグ発見と「使われていない」で - ITmedia NEWS
「Google+」の一般向け終了へ 個人情報関連バグ発見と「使われていない」で - ITmedia NEWS





Googleは、次々に企業買収をしては、「使えない」と判断した際に即切り捨てるということでも有名で、サービスクラッシャーという一面も持っています。
また、経営判断がシビアで、サービスの停止は躊躇しないというのも、もはや有名な話しですよね。そういう死屍累々のサービス群を弔う墓場まで出現するというのは、もはや笑い事ではないなと思ってきています。

Googleのサービスで墓場入りした者達。
Google+まで入っている…うぅぅ。

The Google Cemetery
The Google Cemetery







checkmark.png 2.まず、前提条件として

まず、失われたら困りはするものの、失われる可能性が(少なくとも数年レベルの範囲でなさそう)少ないサービスについては、除外したいと思います。それは、Googleの基幹サービスをなしていたり、ある程度有料ユーザーがいるので、即廃止できないであろうというものたちです。

1.G Suiteに含まれるもの
G Suiteは、企業向けGoogleサービス群なのですが、Gmailを始めとする仕事に欠かせないツールたちですね。

Gmail
Googleカレンダー
Google Office群(ドキュメント、スプレッドシート、フォームなど)

などが、含まれます。


2.Googleマップ
これは、APIとして企業に有料でサービス提供している関係や、収益面としても大きいであろうと考えられるため。


3.YouTube
YouTubeは、もはや動画関係で鉄板サービスということもあるので、これを閉鎖することは今のところ考えづらいです。
しかも、YouTube Musicもスタートさせたばかりで、さらなる収益化が見込めそうなので、辞める意味が分からないです。


4.Google検索
まあ、ここから始まったわけですから。しかも、未だに広告収入でかいです。


5.Chrome
サービスに含めるか迷いましたが、Googleの捉え方としては、他のサービス群と変わらないであろうと思いました。IEを抜かし、今や世界で一番使われているブラウザになり、検索と併せることで、自社の収益を最大化させるためには必要不可欠ですね。


6.Android
もはや、Googleの事業の大黒柱の1つとなっているので、辞める意味が分からないですよね。まあ、当分大丈夫でしょう。



と、ここまで挙げてきたものは、当分大丈夫だろうと思えるものです。
とはいえ、Google様のシビアさは、私たちの予想を軽く超えてくるので、「絶対大丈夫!」とは言えないところが、恐ろしいのですけどね。




checkmark.png 3.失われたら絶望するレベルのサービス

ここからは、私も愛用しており、なくなったら本当に困るというサービスを挙げていきたいと思います。

1.Google Play Music
どうやら、YouTube Musicとの統合が、噂されているサービスです…。
確かに音楽という面で被っていますが、カンベンしてください。私の音楽資産をかなりアップロードしてストックしているので、これがなくなると、今後何で音楽を管理すれば良いのか分からなくなります。また、iTunesに戻れというのか。今や、iTunesは、単なるリッピングソフトと化しています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

YouTube MusicやSpotifyを始めとする定額サービスも良いのですが、そこに含まれない音楽というのが、この世には存在するのです。



2.Googleグループ
私は、これでいくつものMLを管理しています。
もし、これがなくなったら、仕事面でも困ったことになってしまいそうです。とにかくGmailとの連携が優秀なMLサービスが、なくなってしまったら、もはや絶望しかないです。

えっ?メールでまだ消耗しているの?

って?うるさいわ。
Slackとかが、便利なのは100も承知だよ。でも、それが使えない人達がたくさんいる世界というのが、この世に存在するのです。



3.Googleフォト
前までFlickrと併用して写真のバックアップをしていたのですが、Flickrがほぼ有料化に舵を切ったので、諦めざるを得ない状況になりました。

Flickrがサービス改定を発表、無料プランは保存容量1TB→保存枚数1000枚へと激減で物議【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

まあ、年間5000円ちょっとなので、最悪Flickrとの併用も考えないわけではありません。
しかし、現状として、無料で無制限に写真をストックしておけるGoogleフォトは、最強と言わざるを得ず、写真のクラウド側のバックアップ先として唯一の存在になってしまいました。
もしも、Googleフォトが、サービスを終了するということになったら、ものすごい困ってしまいます。しかも、枚数がハンパないので、一括ダウンロードするのももはや大変という状況。



4.Google Keep
Google謹製のメモアプリです。
OCRも簡単にできるなど、ものすごい便利でハードユースしているのですが、あっさりと

「他のサービスと統合するわ」

とか言いかねないのが、Googleの怖いところです。
Googleノートの件もあるしね!



5.Googleコンタクト
まあ、いわゆる連絡先ツールです。
Gmailがある限りは、大丈夫だと思っているので、安心しきっているのですが、もはやココにしかない連絡先がありすぎる!
時々、エクスポートしているのですが、管理の便利さを考えたときに、これを上回るのが考えられないのですよね。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 自分の依存ぶりにゾッとする

あくまで一企業が、無料で提供しているサービスなので、永久に存在するなどと考えるのが間違っていることは、十分に理解しています。しかし、それでももはや依存レベルで使わざるを得ないというのも事実なんですよね。
この便利さを手放せるか?と言われると、それは否です。
しかし、一極に依存する危険性というのも、自覚しているので、来年度は脱Google(というかGoogleとの共生)をもっと真剣に考えていこうかと思います。


このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG