TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Gmailのメールの振り分け設定を「Delete me」にすると捗るよ

2017091400.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、メインのメルアドをGmailにしています。Gmailには、優秀なスパムブロックがあり迷惑メールには煩わされることは少ないです。しかし、迷惑メールではないものの、業者メールやタイトルだけチェックするだけで、削除するようなメールってありませんか?
私は、毎日ものすごい数のそういう迷惑メールではないものの、削除するメールと戦ってきました。しかし、ある日を境にそういうのが、とても楽になりました。今回は、メールの振り分け設定を見直すことで、画期的にメール処理が早くなる方法です。


  
【 Gmailのメールの振り分け設定を「Delete me」にすると捗るよ 】  

 1.扱いが微妙なメールたちの処理

 2.メールの振り分け設定を「Delete me」にする

 3.ほとんど全てをアーカイブで対応する

 4.月に一度整理する







checkmark.png 1.扱いが微妙なメールたちの処理

Gmailを使い始めて、最初の頃に一番感動したのが、迷惑メールを選り分ける精度の高さでした。今までの迷惑メールとの戦いはいったい何だったんだ…と思えるぐらい楽になった記憶があります。

しかし、そんな快適さも今は昔になり、またもや受信ボックスは大変なことになっています。






その原因は、ハッキリしています。
それは、業者のメルマガ関係だったり、クーポン情報だったりです。
ほとんど目を通す必要は無いけれど、ぱっと見ちょっとだけ見てみたり、タイトルだけチェックすれば済むというものが、ほとんどです。
しかし、中には時々「おっ!」と思うものも混じっているので、一律即削除とはいかないのです。

これらが、メールボックスの「プロモーション」のタブに盛大にたまってしまうのです。毎日、だいたい20~30ぐらいです。

2017091403.png




checkmark.png 2.メールの振り分け設定を「Delete me」にする

今までは、ずっといちいちタイトルや内容を確認してから、即削除したり、アーカイブしたり、スターをつけたりしていました。
しかし、これ自体はそれほど時間はかからないにせよ、確実に時間を奪う原因になっており、1つ1つ判断する際に確実に脳のMP(マジックポイント)を消費していました。

2017091402.png


※脳のMPについては、こちらのツィートが分かりやすいです。





そこで、かなり前から導入していた「Delete me」というタグを大々的に適用してみることにしてみたのです。これについては、過去にも書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


これは、

単に不要なメールや一定期間後に不要になるメールに「Delete me」というラベルをつけておくという方法

です。
こうしておくことで、いちいち削除すれば良いか、アーカイブすれば良いか迷わずに済みますよね?全てアーカイブしてしまえば良いのです。

やり方としては、以下の通りです。

1.メールの返信の横をクリック→「メールの振り分け設定」

2017011003.png




2.検索オプションを設定する

2017011004.png




3.条件の設定

2017011005.png




この方法で、最終的には削除するであろうメールは、全て「Delete me」というタグをつけました。





checkmark.png 3.ほとんど全てをアーカイブで対応する

これの何が気持ちが良いかというと、

全てアーカイブでOK

な点です。

2017091407.png



でも、中には削除しないでおきたいメールもあるのでは?

と思う人もいるでしょう。
そういう場合も、一応全て「Delete me」のタグをつけるようにしています。なぜならば、とっておきたいと判断した段階で、確実に本文などを読んでいるので、その時に「Delete me」のタグを削除すれば良いだけなのです。

私の中では、

最終的に一時的にとっておきたいが、最終的には削除するであろうメールの場合は、「Delete me」を残しておく

どうしても、とっておきたい場合だけ「Delete me」を削除する

というルールでやっています。
基本的には、ザッと受信箱を見て、範囲指定して、即アーカイブという流れで済みます。削除するかしないか、アーカイブすべきかどうか?という点で一切の迷いがなくなるのです。




checkmark.png 4.月に一度整理する

過去記事にも書きましたが、この「Delete me」タグのついたメールは、およそ月に一度、削除するようにしています。

タスク管理アプリの定型タスクに「Delete meをチェックする」というのを入れているのです。

2017011006.png



このタスクが現れたら、Gmailの「Delete me」タグをチェックし、一杯たまっていれば左上のチェックボックスの部分をクリックして、「すべて」を選択します。

2017091405.png



そうすると、「このページ内のスレッド ●件すべてが選択されています。 "delete me" のスレッド ●件をすべて選択」と上のバーに出てくるので、その「"delete me" のスレッド ●件をすべて選択」の部分のリンクをクリックします。

2017091406.png



そうすると、何千件あろうが、全てのメールが選択されているので、そのまま削除してしまいます。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 即削除されないという安心感

本当にいらないメールならば、振り分け設定で受信箱をスキップして、即削除とか、そもそもそのメール自体を配信停止したりします。しかし、微妙なメールの場合、そうもいかないというもどかしさがあるのですよね。
今回紹介した方法だと、即削除されることはなく、一定期間はアーカイブとして残っているという安心感があります。この安心感が、すごく大事で、結局は消すという行為に対して、躊躇しなくなるのですよね。万が一、復活させることもできますしね(ほとんどないけど)。



Google Sync and Backupを1ヶ月ほど使ってみて使用感など

2017082400.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleのバックアップ&同期ツールであるGoogle Sync and Backupが発表されてから1ヶ月ほど経ちました。私は、非常に楽しみにしていたため、即導入し運用していました。その使い勝手や、課題などについてまとめてみました。


  
【 Google Sync and Backupを1ヶ月ほど使ってみて使用感など 】  

 1.Google Sync and Backupとは?

 2.同期設定のポイント

 3.使用感(Dropboxとの比較)







checkmark.png 1.Google Sync and Backupとは?

Google Backup and Syncとは、Google謹製のバックアップ&同期ツールです。
ちょうど1ヶ月ぐらい前に登場し、話題となりました。

Download Backup and Sync - Free Cloud Storage
Download Backup and Sync - Free Cloud Storage





私は、すぐに導入して、実際に運用してみました。導入してすぐの解説は、こちらに書いてあります。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

イメージとしては、Googleが運営するDropboxみたいなものと考えれば良いかと思います。
※でも、実際はちょっと使用感が違ったりします。このあたりは、後述。

Googleドライブにアクセスしたら、このような項目が追加されていて驚いた人もいるのでは?それが、Backup and Syncになります。

2017072001.png


Googleフォトの機能も内包し、写真などはGoogleフォトにアップロードされ、要領を消費しないというのもポイントですね。

2017082401.png





checkmark.png 2.同期設定のポイント

最初は、Dropbox的に運用しようとして、少し手こずりました。
そのあたりは、ここに書きましたが、一応解説しておきます。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


Dropboxの場合も、このGoogle Backup and Syncも、PC内に同期用のフォルダが作成されます。ただし、Google Backup and Syncの方は、あとでその場所を自分で指定することができます。

2017082402.png



で、一番の違いというか、やり方の点で戸惑ったのが、Dropboxだとそのフォルダに入れたものが、自動で同期されるますよね?この点は、一切迷いがありません。
しかし、Google Backup and Syncは、2つあり、その点がユーザーが混乱する部分なのではないかと思います。

どういうことかというと、Googleドライブにある「パソコン」というのは、あくまで「バックアップのみ」だということです。
Backup and Syncのソフト上でも、同様の扱いです。このあたりが、非常に分かりづらいです。

2017082404.png



では、Dropbox的に運用したい場合は、どうすれば良いかというと、一度Googleドライブの方に同期したいデータをフォルダ毎アップロードしてしまいます。それから、PC上のGoogle Backup and Syncでアップロードしたフォルダを指定して、同期するという流れになります。

2017082405.png




checkmark.png 3.使用感(Dropboxとの比較)

1.同期の安定感
Dropboxとの比較ですが、ぶっちゃけ同期の安定感という面で考えた場合、Dropboxの方が上だなと思います。Dropboxで同期ミスを体験したことはありませんでしたが、Google Backup and Syncでは、何度か「アレ?」と思う場面がありました。
1つ、2つ同期されていないことがあったのです。
この点は、厳密さが要求される場面では、微妙だなと思いました。しかし、きっとGoogle様なので、改善をしてくるとは思いますが。


2.速度
同期速度に関しては、これまたDropboxの方に軍配が上がりますね。環境にもよりますが、同じものを同期しても、Dropboxの方が、速く同期される感じがあります。
とはいっても、Backup and Syncもいうほど遅くはありません。自分の中のオンラインストレージの同期速度的には、

Dropbox > Backup and Sync > OneDrive > Box.net

みたいな感じかな。
なので、それほど不満を感じないレベルです。


3.世代管理
Dropboxは、万が一ファイルが失われても、世代管理が行われており復活が可能になっています。では、Backup and Syncは、どうかというと、これができるのですよ!

こんな感じで、「版の管理」という項目があるのです!

2017082406.png



「版の管理」を見てみると、このように表示されます。きちんと世代バックアップが残されていますね。どうやら、30日間はGoogleドライブに残しておいてもらえるようです。これは、ありがたいですね。このあたりは、Dropboxも同じですね(Dropboxの有料版は、1年間だけど)。

2017082407.png



4.共有機能
共有に関しては、DropboxもBackup and Syncもフォルダ毎、ファイル毎の共有が簡単にできます。しかし、Dropboxは、Windowsのシェルと統合しているので、右クリック上から共有や世代管理などができます。しかし、Backup and Syncは、そこまでは至っていません。


5.編集機能
編集に関しては、Google Backup and Syncの方に軍配が上がります。Dropboxは、あくまで同期機能に重きがあるので、どうしても編集機能の面では、GoogleのOfficeの方が優れています。エクセルやワード、パワポなどのMicrosoftのOfficeだったら、問題なく編集できてしまいます。


6.総評
全体的には、Dropboxの方が、同期させるという機能においては、何枚も上手で洗練されている感じがしました。しかし、写真のバックアップを無制限にできたり、Googleドライブとの連携があるなど、実際上の使い勝手的には、予想以上によいです。
現在では、Dropboxは、メモなど要領を消費しない系のモノを。そして、Google Backup and Syncは、写真や仕事上のファイルなど、メインのデータの同期に割り当てています。そう考えると、もはやGoogleドライブの方が、メインと言ってもよいぐらいな扱いになっていますね。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 さらなる安定と機能の拡充を!

Googleのオンラインストレージは、価格的にもかなり安く、外付けHDDやUSBを持ち歩く危険度から考えたら、圧倒的に安全な気がします。とはいえ、Google様のサービスなので、問題のないファイルに限られてきますが(Googleのスキャン対象)、それでもDropboxよりも安価に大量なデータを同期できる快適さは、なかなか捨てがたいものがあります。
良くをいえば、上にも書いたように、機能の拡充と安定化をさらに図ってくれるならば、完全にDropboxからの乗り換えも検討しても良いかも?ぐらいには、考えています。




【Kindleセール情報】
【全品100円】 ビジネス・自己啓発からカメラ・料理まで(8/24まで)
【期間限定無料&50%OFF】「夏☆電書」少女・女性コミックセール (8/24まで)
【50%OFF以上】 アクション・バトルマンガフェア期間限定(8/24まで)

【50%OFF以上】お家・暮らしワンランクアップ特集 (8/31まで)
【40%ポイント還元】講談社BOXフェア (8/31まで)
【100円&20%OFF】「夏☆電書」上巻&合本フェア (8/31まで)
【30%OFF】「夏☆電書」ブルーバックス「理系の雑学本」フェア (8/31まで)
【全品100円】「夏☆電書」週刊現代&FRIDAYバックナンバーフェア (8/31まで)
【30%OFF】古典名作タイトル(期間不明)
【50%ポイント還元】 エンタメから新本格まで 講談社のミステリーフェア期間限定(8/24まで)
【50%OFF】そうだ 異世界、行こう。 異世界ラノベキャンペーン (8/31まで)
【一巻無料&半額】 夏のDCAフェア(8/31まで)
【50%ポイント還元】学研セレクト 人気のベストセラータイトル200 (8/31まで)
【最大50%OFF】「夏☆電書」グラビア祭り (8/31まで)
【50%OFF以上】 出版社横断企画 写真・カメラ関連本フェア期間限定(8/31まで)
【40%ポイント還元】 西尾維新フェア期間限定(8/31まで)
【20%OFF】 夏☆電書2017 まとめ買いセール期間限定(9/7まで)

電子書籍で読みたい!懐かしの名作を読む(9/7まで)

これから旅行に行く人は、Googleマップのレビューを参考にしよう!




情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんは、夏の予定は立っていますか?
美味しいものを食べに行ったり、どこか遠くへ行ったりするという人も多いのではないかと思います。
さて、そういう時には、皆さんは何を参考にしていきますか?
私は、実は最近は、Googleマップのレビューを参考にすることが多くなってきています。なぜ、Googleマップなのかということも含めて、レポートします。


  
【 これから旅行に行く人は、Googleマップのレビューを参考にしよう! 】  

 1.信用できないレビュー

 2.Googleマップのレビューを利用するわけ







checkmark.png 1.信用できないレビュー

これからお出かけや美味しいものを食べに行くぞ!という時にどんなサイトを使っているでしょうか?
最近では、食べログのやらせ問題など、いまいち信用できないレビューが載っているサイトも多く、あまり積極的に使う気になれそうもありません。
※クーポンは、使わせてもらうことがありますけどね…。

食べログの悪い評判を削除してしまうというのは、有名ですよね。



私たちは、別に良いレビューだけを読みたいのではありません。むしろ、悪いレビューも含めて、総合的に判断したいだけなのです。現にAmazonのレビュー欄は、良いレビューも悪いレビューも両方載っていますが、別に悪いレビューが書かれているからといって、それだけで買い控えるということはありません。どんな世界であっても、必ず物事の負の側面に目を向けてしまう人というのは、一定数いるものだからです。

だから、無理やりに悪いレビューを削除したり、逆にステルスマーケッティングでレビュアーを買収して書かせたりということは、決してプラスに働かないなと思うのです。




checkmark.png 2.Googleマップのレビューを利用するわけ

そこで、最近ではGoogleマップのレビューを参考にすることが増えてきました。
私が、Googleマップを利用するのには、いくつか理由があります。

 1.不当な理由で消されることがない
これは、やはり大きいですよね。
私は、以前も記事にしましたが、ローカルガイドで初期に特典をたんまりといただきました。かなりの数のレビューも書いたのですが、中には辛口な内容のものも書きました。しかし、Googleからは削除の要請がきたこともありません。また、そのようなことをされたレビュアーも聞いたことがありません。ローカルガイドコミュニティでも、そういう操作が行われたという報告も聞いたことはありません。だからといって、店の宣伝のために書いたという人もいないとも限りませんが、その店のトータルのレビューで判断すれば良いのです。また、2でも触れますが、ローカルガイドの星も観点の一つとして見てみると良いかもしれません。



 2.ローカルガイドの星で信用度が分かる
Googleマップのローカルガイドは、その貢献度に応じて、レビュアーのアイコンについている星が変わります。最近、ローカルガイドの星の形状が変わったので、さらにどれぐらいのレベルのレビュアーかというのが、わかりやすくなりました。
こんな感じですね。

 レベル4
ここから星がもらえる。



 レベル7
現在の私のレベル



 レベル10
現在の最高ランク





この星のトゲトゲの数が多い方が、よりローカルガイドへの貢献度が高いということになります。で、このローカルガイドの星ですが、トゲトゲの数が多くするためには、相当レビューを書いたり、写真を投稿したり、その店の評価をしなくてはならないので、ステマ目的のレビューアーにとって、かなりハードルの高い行いが要求されるのです。しかも、そこまでレビュアーを育てても、たったの1人分にしかならないのです。これは、操作しづらいのではないかと思うのです。



 3.マップと連動しているので使いやすい
あまり行ったことのない場所に訪れた時に、その場所のカフェやレストランなどを探したいですよね?
そういう時に、今いる自分の場所を起点に、簡単に探すことができます。詳しい使い方に関しては、下記を参照してもらいたいのですが、マップと連動していることによって、

 ①現在地を表示
 ②現在地周辺を検索
 ③経路を表示


という流れが、1つのアプリで完結するのです。
検索から、その場所までの案内まで全てをまかなえるアプリって、あまりないですよね?



 4.海外のレビューは自動翻訳される
実は、これもイチオシの理由なのですが、海外などに行った時に、海外の方が書いたレビューを参考にするのって大変ですよね?しかし、Googleマップだと海外の方のレビューも自動翻訳してくれるのです。
もちろん、例の怪しい感じの翻訳ではありますが、それでも大まかな意味は伝わってきます。これって、下手なガイド本より役に立ったりします。世界中のローカルガイドのレビューを参考にできるのは、心強いですよ。





 5.写真が予想以上に豊富
Googleマップで検索すると、その場所の写真が予想外に多いことに気づきます。
行きたい店の料理や内装&外観など、下手なグルメアプリよりも充実していることも少なくありません。私は、かなり行きたい店の事前調査に、この写真を見るようにしています。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleマップは、地図を超えた地図

Googleマップを長い間使っていますが、もはや他の地図アプリの追従を許さないぐらいに、内容が充実しています。iOS の標準の地図アプリもだいぶ以前よりも良くなってきていますけどね。それでも、Googleマップの素晴らしさの前では、まだまだ感があります。そして、Googleが目指しているこの世界の全てを検索できるようにしたいという目的に、実に合致しているなと思うのです。
そういう意味ではGoogleマップは、地図アプリですが、地図以上をずっと目指しているように思えるのです。

【 Kindleセール情報 】
【50%OFF以上】趣味・実用書 フェア(7/30まで)
【30%OFF以上】ひかわきょうこ特集(8/3まで)
【200円均一】青年マンガ 1~5巻セール(8/3まで)
【50%OFF】夏☆満喫本セール (8/3まで)
【30%OFF】「夏☆電書」プリキュアフェア (8/3まで)
【最大50%OFF】「夏☆電書」グラビア祭り (8/3まで)
【30%OFF】「夏☆電書」10代に読みたい小説特集 (8/3まで)
【200円均一】青年マンガ 1~5巻セール(8/3まで)
【50%OFF】NHKテキスト・バックナンバーフェア(8/3まで)
【50%OFF多数】夏サミ記念 エンジニア応援セール(8/3まで)
【50%OFF】夏休み、社会科学特集キャンペーン (8/4まで)
【50%OFF】 ゴマブックス上半期感謝セール (8/10まで)
【99円均一】夏のスクエニ祭り2017 ヤングガンガンバックナンバー(期間不明)
【全点70%OFF】三栄書房70周年記念セール(期間不明)
【50%OFF】将棋関連本フェア(期間不明)
【99円均一】大人の科学マガジンセール(期間不明)
【30%OFF】歴史小説フェア(期間不明)
【最大50%OFF】サスペンス・ホラー作品(期間不明)





GoogleのBackup and Syncを使う上での要点について

2017072200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleが、「Backup and Sync」というバックアップ&同期を行うソフトをリリースしました。もうすでに、Googleドライブで使えるようになっています。
昨日の記事では、「Backup and Sync」の始め方について取り上げました。今回は、この「Backup and Sync」について、理解を深めるためのポイントをいくつか書いておきます。


  
【 GoogleのBackup and Syncを使う上での要点について 】  

 1.Backup and Syncとは何か?

 2.Googleフォトとの統合である

 3.「パソコン」はGoogleへのバックアップのみ

 4.Dropbox的な使い方をする場合は







checkmark.png 1.Backup and Syncとは何か?

今回Googleが発表した「Backup and Sync」とは、PCとGoogleドライブを同期し、バックアップを取るためのソフトです。

Download Backup and Sync - Free Cloud Storage
Download Backup and Sync - Free Cloud Storage






これに関しては、「Backup and Sync」の始め方について記事にしました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


しかし、実際に記事にしてみて、始め方については説明できたものの、肝心な要点が分かりづらかったり、抜けている部分があると感じたので、補足として書いておきます。




checkmark.png 2.Googleフォトとの統合である

今回、発表された「Backup and Sync」は、以前からあったGoogleドライブのクライアントソフトとGoogle Photos Backupとの統合であるということが、非常に重要な点です。

それで、一番強調しておきたいのは、「Backup and Sync」を導入することによって、

Google Photos Backupが、作動しなくなる

という点です。
というか、Google Photos Backupが、立ち上がらなくなります。※注:参照

それじゃあ、Googleフォトにバックアップできなくなるじゃん!
とか思わないでください。その代わり、「Backup and Sync」が「Google Photos Backup」を統合したと考えると良いです。
これに関しては、設定から

2017072009.png



「写真と動画をGoogleフォトにアップロード」にチェックを入れれば、Googleフォトにバックアップされます。その時に、今までGoogleフォトにバックアップしていたフォルダを指定することを忘れないようにしてください。

2017072201.png



今まで、別々のソフトでバックアップしていたのが、統合されスッキリしたと言った方が良いかもしれないですね。

※注:PCを再起動すると、Google Photos Backupも立ち上がるようになります。その場合、二重にバックアップされるように感じますが、自動でそうならないようになっているようです。しかし、この2つのソフトを共存させておくメリットはないので、Google Photos Backupは、削除しても構わないと思います。





checkmark.png 3.「パソコン」はGoogleへのバックアップのみ

Googleドライブにアクセスすると、「パソコン」という項目が追加されていて、驚いた人もいるかもしれません。この「パソコン」というのは、「Backup and Sync」でPC上の任意のフォルダをバックアップできる機能でバックアップされるところです。

2017072001.png




で、重要な点なのですが、この「パソコン」でバックアップ&同期できるのは、

Googleドライブと1対1の関係のみ

だということです。
つまり、複数台のPCをこの「パソコン」でバックアップ&同期した場合、このようになってしまうのです。

2017072014.png




つまり、こういうことですね。

2017072202.png




checkmark.png 4.Dropbox的な使い方をする場合は

では、「Backup and Sync」は、Dropbox的な使い方はできないのか?
というと、そうではありません。
その代わり、一手間かけなくてはいけません。

まずは、一度Googleドライブに同期させたい自分のPC上のフォルダをまるごと、Googleドライブの「マイドライブ」にアップロードします。

2017072203a.png



そして、「Backup and Sync」の設定から

2017072204.png



「Googleドライブ」の項目で

2017072205.png



「マイドライブをこのパソコンに同期」にチェックを入れ、「フォルダの場所」を同期させたいPC上のフォルダに変更します。そして、「これらのフォルダのみ同期」にチェックを入れ、先ほどアップロードした同期したいフォルダを指定すればOKです!

2017072206.png



これで、Dropboxのような使い心地が実現します。しかも、Dropboxのように裏技を用いなくても、任意のフォルダを指定できるというのも、アドバンテージがありますね。

さらに、動画や画像は、Googleフォトにアップロードされるので、「高画質」でのバックアップにしてある場合は、Googleドライブの容量を消費せずに無制限にバックアップできるというのも、非常に大きなアドバンテージになるかと思います。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 まさにDropboxキラーの出現

今回登場した「Backup and Sync」は、まさにDropboxキラーだなと思いました。とはいえ、まだ洗練された感じがしないので、これからな気もします。しかし、そういうのもある意味、非常にGoogleらしいといえばらしいですよね。
自分的には、Dropboxはテキスト系を主体に入れ、Googleドライブにはメインのデータ関係を入れていこうかと思っています。たぶん、しばらくの間は、共存関係が続きそうです。


安定の面白さです。




【Kindleセール情報】
【50%OFF】サイエンス・アイ新書10周年 第二弾 「雑学王になろう」 フェア(7/27まで)
【50%OFF】2017夏のビジネス・実用書フェア (7/27まで)
【30%OFF】真夏の海外文学キャンペーン(7/27まで)
【50%OFF】アライブ11周年祭(7/27まで)
【50%OFF】「夏☆電書」大人になってもディズニー大好き! フェア(7/27まで)
【50%OFF】『兎 -野性の闘牌-』最終巻配信記念 長編麻雀漫画特集(7/27まで)
【50%OFF】イラスト、マンガ、キャラ表現の技法書セール(7/27まで)
【50%OFF】宇宙英雄ローダン・シリーズ(7/27まで)
【30%OFF以上】ひかわきょうこ特集(8/3まで)
【200円均一】青年マンガ 1~5巻セール(8/3まで)
【50%OFF】夏☆満喫本セール (8/3まで)
【30%OFF】「夏☆電書」プリキュアフェア (8/3まで)
【最大50%OFF】「夏☆電書」グラビア祭り (8/3まで)
【30%OFF】「夏☆電書」10代に読みたい小説特集 (8/3まで)
【200円均一】青年マンガ 1~5巻セール(8/3まで)
【99円均一】夏のスクエニ祭り2017 ヤングガンガンバックナンバー(期間不明)
【全点70%OFF】三栄書房70周年記念セール(期間不明)
【50%OFF】将棋関連本フェア(期間不明)
【99円均一】大人の科学マガジンセール(期間不明)
【30%OFF】歴史小説フェア(期間不明)
【最大50%OFF】サスペンス・ホラー作品(期間不明)


Googleの新しいバックアップツール「Backup and Sync」を使ってみた

2017072000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
6月28日に発表すると心待ちにしていたGoogleの新しいバックアップツール「Backup and Sync」が、一度延期になっていました。それが、いよいよ本格的に登場したので、レビューいたします。
これは、なかなか素晴らしいバックアップツールですよ!

  
【 Googleの新しいバックアップツール「Backup and Sync」を使ってみた 】  

 1.Googleの「Backup and Sync」とは何か?

 2.インストールしてみる

 3.バックアップの設定をしてみる

 4.同期してみる







checkmark.png 1.Googleの「Backup and Sync」とは何か?

「Backup and Sync」とは、Googleが満を持して出したファイルのバックアップツールです。上でも書きましたが、6月28日に発表される予定でしたが、なぜか延期されてしまいました。
それが、いよいよ先日正式発表されたのです。

Download Backup and Sync - Free Cloud Storage
Download Backup and Sync - Free Cloud Storage




もしかしたら、Googleドライブにアクセスしたら、見慣れない「パソコン」という項目があって「?」となって人もいることでしょう。それが、「Backup and Sync」でバックアップされる先になります。

2017072001.png




checkmark.png 2.インストールしてみる

というわけで、早速インストールしてみます。
先ほどのサイトから「Dounload Backup and Sync」のボタンをクリックして、ソフトをダウンロードしましょう(下の画像からも行けます)。

2017072002.png



こんなダイアログが出ますが、「Agree and download」をクリック。

2017072003.png



すると、このようなのがダウンロードされます。迷わずにダブルクリックしてください。そうすると、関連ファイルがダウンロードされ、さらにインストールされます。

2017072004.png



インストールが完了すると、タスクバーにこのようなアイコンが追加されます。

2017072005.png





checkmark.png 3.バックアップの設定をしてみる

そのタスクバーのアイコンをクリックすると、ログインを促されるので、Googleアカウントにログインしましょう。

2017072006.png
2017072007.png



「ドライブに継続的にバックアップするフォルダをパソコンから選択してください」と出るので、OKしましょう。

2017072008.png



そうすると、このようなダイアログが出てきます。

2017072009.png




初期状態では、マイドキュメントのフォルダが選択されていますが、他のフォルダをバックアップしたい場合は、「フォルダ」を選択してください。
ちなみに、選択したフォルダのサブフォルダで除外したいというようなオプションは、今のところないようです。この部分は、今後の改善を望みたいところですね。
また、写真に関しては、「元の画質」を選ぶとGoogleドライブの容量を消費します。もしも、ドライブの容量が気になるならば、「高画質」を選択すると、リサイズされてしまいますが、無限バックアップできます。

2017072010.png



他の設定としては、以下の項目があります。

2017072011.png

①削除するアイテム
これは、同期しているファイルを削除するときに、どのような形で削除をするか設定できます。

 ・すべての場所から削除する
 ・他の場所から削除しない
 ・すべての場所で削除する前に確認する

②Googleフォト
指定したフォルダに写真があった場合にGoogleフォトの方にアップロードするかの設定。

③USBデバイスとSDカード
このようにUSBデバイスを接続したり、SDカードを接続すると、それをバックアップするかを選択できるようになります。

2017072012.png



checkmark.png 4.同期してみる

さて、実際に同期してみます。

その他のフォルダに指定してのも、どんどんアップロードされていきます。速度的には、なかなかな速度感です。Dropboxにも負けていないような気がします。

2017072013.png



さて、ここで気をつけなくてはいけない点があります。
「Backup and Sync」は、まるでDropboxのように、全てのPCに対して、同期してくれるようなイメージがありますが、完全にはそうではありません

その他のフォルダで指定したフォルダは、今のところ他のPCでは同期できませんでした。もしかしたら、私の設定が悪いのかもしれませんが、それをやる方法が見いだせませんでした。あくまで、そのPC上のファイルをGoogleドライブに同期&バックアップできるものと押さえると良いかと思います。

このように同じフォルダを指定しても、別のPCからのバックアップとして扱われてしまいます。

2017072014.png




もしも、Dropboxのような感じで、どのPCからも同期をしたい場合は、マイドライブに一度同期したいデータをアップロードしておくか、「マイドライブをこのパソコンに同期」でバックアップ先を指定することで、同期をとるかしかないです。

逆にそのように指定すれば、Dropboxのような使い心地で使用が可能になると考えて良いです。

2017072015.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleドライブをバックアップ先にしてみようと思います

今までは、Dropboxにテキストや同期したいフォルダのみを厳選して同期させていました。しかし、Dropboxは容量あたりの単価が高いので、どうしても慎重にならざるを得ず、自分のPC上のデータを同期させようとは思えませんでした。
ここに来て、「Backup and Sync」が出たことによって、その状況が変わるかもしれませんね。Googleドライブの容量あたりの単価は、かなり安いというのも、状況を変える力を持ってくるかもしれません。あとは、クライアントソフトの使い心地かな?


めしにしましょう(3) 」発売されましたね!さて、読むか。



おっ、あと「山賊ダイアリー」の人の新作出てる!



セールが大量に増えています。

【Kindleセール情報】
【一巻無料&50%OFF】夏のスクエニ祭り2017】ヤングガンガン作品(7/21まで)
【期間限定無料お試し&通常版半額】『夏のスクエニ祭り2017』春夏メディア化タイトル (7/21まで)

【50%OFF】サイエンス・アイ新書10周年 第二弾 「雑学王になろう」 フェア(7/27まで)
【50%OFF】2017夏のビジネス・実用書フェア (7/27まで)
【30%OFF】真夏の海外文学キャンペーン(7/27まで)
【50%OFF】アライブ11周年祭(7/27まで)
【50%OFF】「夏☆電書」大人になってもディズニー大好き! フェア(7/27まで)
【50%OFF】『兎 -野性の闘牌-』最終巻配信記念 長編麻雀漫画特集(7/27まで)
【50%OFF】イラスト、マンガ、キャラ表現の技法書セール(7/27まで)
【50%OFF】宇宙英雄ローダン・シリーズ(7/27まで)
【30%OFF以上】ひかわきょうこ特集(8/3まで)
【200円均一】青年マンガ 1~5巻セール(8/3まで)
【50%OFF】夏☆満喫本セール (8/3まで)
【30%OFF】「夏☆電書」プリキュアフェア (8/3まで)
【最大50%OFF】「夏☆電書」グラビア祭り (8/3まで)
【30%OFF】「夏☆電書」10代に読みたい小説特集 (8/3まで)
【200円均一】青年マンガ 1~5巻セール(8/3まで)
【99円均一】夏のスクエニ祭り2017 ヤングガンガンバックナンバー(期間不明)
【全点70%OFF】三栄書房70周年記念セール(期間不明)
【50%OFF】将棋関連本フェア(期間不明)
【99円均一】大人の科学マガジンセール(期間不明)
【30%OFF】歴史小説フェア(期間不明)
【最大50%OFF】サスペンス・ホラー作品(期間不明)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG