FC2ブログ
TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Googleでショッピング履歴を見る方法

2019052200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、またもやGoogleの個人情報の取り扱いに関してニュースになっていました。個人に許諾なく、Web上での購入履歴をリストにして保管しているというのです。
今回は、そのショッピング履歴の閲覧方法について書いていきます。


  
【 Googleでショッピング履歴を見る方法 】  

 1.Googleが、Web上のショッピング履歴をリスト保管しているらしい

 2.実際にアクセスしてみる

 3.ショッピング履歴をGoogleに残さないためには







checkmark.png 1.Googleが、Web上のショッピング履歴をリスト保管しているらしい

Googleが、Web上で購入したショッピング履歴をリスト化して残しているらしいという記事が上がっていました。

Gmailで受信したショッピング履歴のデータ、リスト化されていたことが判明し騒動に【やじうまWatch】

え?ナニソレ便利じゃん!

と思った私は、心の芯までGoogleに取り込まれている感じです。
とはいえ、何でもかんでも残しているわけではなく(そりゃそーだ)、Gmailで受信したショッピング履歴を残しているそうなのです。

確かにAmazonにしても楽天にしても、購入したら全てGmailで受信するようにしていました。ぶっちゃけ、今さら驚くまでもなく、旅行サイトで予約をすると、その受信メールから、Googleカレンダーに自動的に登録されたり、

2019052201.png



買い物をして、宅配便などで送られてくるとき、その送付状況をGoogleアプリで確認することもできたり、通知として送られてきたりもしています。

荷物の追跡 - Google Store ヘルプ


そう考えると、今さら何を言っているの??
と思わないでもないです。




checkmark.png 2.実際にアクセスしてみる

では、実際にその問題になっているショッピング履歴にアクセスしてみたいと思います。
こちらからアクセスできます。

お支払いと定期購入


特別なリンクでも何でも無く、Googleアカウントの項目の一つに「お支払いと定期購入」という項目があるのが、それです。

見てみると、まずは購入履歴が見られます。

2019052202.png



「購入を管理」をクリックすると、さらにズラリと過去何年分も遡って見ることができます。購入した際にGmailに送られてくる情報から登録されているようです。

2019052203.png



先日、購入したばかりの「空挺ドラゴンズ(6)」もきちんと登録されていました。

2019052204.png

空挺ドラゴンズ(6) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2019-05-07)

Kindle 価格: ¥ 648




あとは、「定期購入」ということで、これはGoogle Oneで100GB購入しているのが、表示されていました。iCloudの50GBも定期購入しているのですが、それはこちらには表示されていないので、Googleサービスのみなのかな?

2019052205.png



過去に宿泊予約をして行ったホテルやお店が表示されます。これ、何気に便利だなと思いました。

2019052206.png

2019052207.png



checkmark.png 3.ショッピング履歴をGoogleに残さないためには

さて、私のように便利だなと思う人と、「Google勝手に個人情報を残さないでよ!」と怒ってしまう人に分かれるのではないかと思います。したがって、これらを残さないようにしたいと思う人も中にはいるのではないでしょうか?

いくつかのニュースサイトでも今回のGoogle側の対応を非難する記事が見られたのですが、現在のところこれらをオフにする手立てが見当たらないとのことでした。

今のところ考えられる手段としては、

1.アクティビティ管理をオフにする
確実になくせるという補償はありませんが、

アクティビティ管理

にアクセスして、ウェブとアプリのアクティビティやデバイス情報をオフにする。
※これらをオフにすることによって生じるいかなる損害に関して、当方では一切責任を持ちません。あくまで自己責任でどうぞ。

2019052208.png



2.Gmailに購入や予約関連のメールを受信しない
これが、一番ではないかと思うのですが、購入や予約の際に送られてくるメールの宛先をGmail以外をしてするのが、確実だと思われます。Outlookでも、Yahoo!メールでもお好きなメルアドに変更することで、Googleには捕捉されなくなります。



3.1件1件削除する
これは、苦肉の策ですが、残された履歴を1件ずつ削除するという方法もあります。
「購入を削除」などの項目があるので、そこから削除できます。

2019052209.png




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 誰に握らせるか?

Webで様々な活動をしていると、自ずと履歴が残ります。これは、ほぼ否が応でも残ってしまうと言えます。それが、どうしても嫌ならば、Torブラウザなどのセキュリティ的にしっかりしたものを使い、さらにWebサービスを利用しないことです。しかし、それはかなり難しい状況ですよね。そうなると、どこを信用し、どこに個人情報を握らせるか?という問題になってきます。そう考えたときに、Googleは比較的マシなのかな?と思うのですよね。



日本酒に恋して
日本酒に恋して
posted with amazlet at 19.05.21
主婦と生活社 (2018-11-30)

紙の本の価格: ¥ 1,296
Kindle 価格: ¥ 499
¥ 797の割引 (61%)

映像研には手を出すな!(4) (ビッグコミックス)
小学館 (2019-05-10)
紙の本の価格: ¥ 638
Kindle 価格: ¥ 594
¥ 44の割引 (7%)

Gmailの送信予約ができるようになりました!!

2019050700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
もうすでにアメリカでは、実装済みで、徐々にできるようになるであろうと言われていたGmailの予約送信機能が、私ところにも来ました。
ものすごく便利な機能なので、ぜひ使っていただけたらと思います。
今回は、このGmailの予約送信機能についてレポートします。

  
【 Gmailの送信予約ができるようになりました!! 】  

 1.Gmailの予約送信機能とは?

 2.ついに来た!

 3.実際に使ってみる







checkmark.png 1.Gmailの予約送信機能とは?

Gmailの予約送信機能というのは、今まではGmailは送信したタイミングが、そのまま送信時刻でした。しかし、これは月日や時間など好きなタイミングで送信できるようになるという機能なのです。確かにあまりにも早朝や深夜にメールを書いたけど、そのタイミングで送りたいわけではないということありますよね?そういう時に、この予約送信機能があると、受け取り側にとって都合の良い時間に送ることができるのです。
今までかなり望まれていた機能でしたが、逆にGmailになかったのが不思議なくらいでした。

さて、このGmailの予約送信機能ですが、実はアメリカでは、2019年4月2日にはローンチしていました。

Gmail、予約送信機能を追加

約2週間ぐらいかけて、広げていくということでした。この段階では、日本でのリリース時期は未定とされていました。




checkmark.png 2.ついに来た!

実は、本日記事を書いていますが、私がGmailの予約送信機能に気づいたのは、4月後半でしたので、日本にも約束通り、2週間ぐらいでリリースされたことになります。

でも、あまりにも地味な感じだったので、リリースされたことに気づかない人も多いのではないのではないでしょうか?
10連休明けの本日から、Gmailを触るという人もいるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

チェックポイントは、こちらです。

2019050701.png



分かりづらいですよね…。

ちなみにiPhoneでも使えるようになっています。

「えっ…」ってなった人すぐチェックしましょう。
iPhoneは、ここを見ると良いです。

2019050702.png




checkmark.png 3.実際に使ってみる

では、実際に使ってみましょう。

1.PCからの予約送信
「送信」ボタンの右側にある逆三角形のところをクリックすると、「送信日時の設定」と出てきます。

2019050703.png



クリックすると、おおよそこの時間に送ったらどうですか?という選択肢が出てきます。もちろん、ここから選んでも良いのですが、他の日時や細かく設定したい場合もありますよね?そういう場合は、「日付と時刻を選択」をクリックしてください。

2019050704.png



ここで、好きな日時を設定できます。確認した限りは、何年先までも送ることができそうです。

2019050705.png



送信日時をを設定すると、Gmailの項目に「予定」という項目が追加されます。ここで、送信予定を確認することができます。

2019050706.png



2.iPhoneからの予約送信
iPhoneからでも大きく変わりません。
右上の三点アイコンをタップして出てくる「送信日時の設定」をタップしましょう。

2019050702.png



そうすると、PCよりもさらに直感的な感じで、送信予約ができます。もちろん、カスタムして送りたい場合は、「日付と時間を選択」をタップしましょう。

2019050707.png

2019050708.png


そうすると、PCと同じく「送信予定」という項目ができるので、それで確認できます。

2019050709.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 こんなことにも使えるよね?

待ちに待ったというか、なぜ今まで無かったのかと思ってしまうぐらいに待ち望まれていた機能である予約送信機能ですよね。使い始めると、昔からあった機能のような気がしてしまうぐらいには、違和感がありません。
相手側のタイミングに合わせて送るだけではなく、自分宛のリマインダーとしても使えそうですよね。特に何年先にも送れるので、忘れがちだけど期間が非常に長い車の免許更新とかそういうのの自分用のお知らせに使うと良いかもですよ?





Evernote for GmailのiPhone版出たよ!




情報管理LOGの@yoshinonです。
以前、PC版のEvernote for Gmailについて記事にしました。「これのiPhone版があれば、便利なのになー」と思っていたら、ついに対応しましたよ!
なかなか気付かないところにあるので、気付かない人は、全く気付かないかも??
というわけで、今回は「iPhone版Evernote for Gmail」についてです。

  
【 Evernote for GmailのiPhone版出たよ! 】  
 1.Evernote for Gmailとは

 2.iPhone版が出た!

 3.使ってみた







checkmark.png 1.Evernote for Gmailとは

先日、PCでのEvernote for Gmailについて、取り上げました。

Evernote for Gmailを導入してみました



これが、ものすごく簡単なのですよ。
今までEvernoteに転送して送っていたのが、一切必要なくなったのです。これは、とても画期的なことでした。わざわざ、Evernoteに転送するためだけにメールを一通送るという手間がなくなったのです。

私は、アマゾンで購入したものや、ホテルの予約など重要なメールはEvernoteに保存するようにしていました。なので、ちょいちょい転送を使っていたのです。




PCでのEvernote for Gmailは、このように便利に使っていたのですが、モバイルでの転送には対応していませんでした。そのため、iPhoneではいつも通り転送を使ってやらざるをえなかったのです。





checkmark.png 2.iPhone版が出た!

しかし、先日iPhoneのGmailを開いてみたらこんなマークが出ていました。なんだコレ?




「もしかしたら、できるのでは?」

しかも、「利用可能なアドオン」とあるではないですか。これは限りなく、「Evernote for Gmail」のようにしか見えません。




checkmark.png 3.使ってみた

というわけで、早速使ってみました。
転送したいメールの文面の最後までスクロールすると、このような先程のアイコンが見えてくるはずです。





設定は、三点アイコンのところをタップすれば出てきます。





基本的にPCの方で設定が完了していれば、その設定内容も同期されているように思われます。もしも、まだ設定してないならば、規定のノートブックぐらいはinboxに設定した方が良いかもしれません。





設定が完了したら、元に戻り、「保存」をタップしてください。





これだけで、Evernoteの保存が完了します。ものすごく簡単ですよね。







eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
よい連携

Gmailで、まさかEvernoteとの連携を図るとか思いもよりませんでした。最近のGoogleは、他社サービスとの連携に力を入れつつあるなと思っています。記事にはしていませんが、Google マップでも他社サービスとの連携を始めたようですし、なかなか目が離せません。





GoogleドライブをメインクラウドストレージにするとGmailが捗るよ

2019040900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、3年ほど前からGoogleドライブをメインのクラウドストレージにしています。今のところ大きなトラブルには、見舞われていないので、Dropboxの3台制限のことを考えるとメインのDropboxを引き上げることも検討しようかと考えています。
さて今回は、Googleドライブをメインクラウドストレージにしていたら、副次的な効果として、Gmailが便利になったということについてです。


  
【 GoogleドライブをメインクラウドストレージにするとGmailが捗るよ 】  

 1.Googleドライブをメインのクラウドストレージにしてから3年経ちました

 2.Gmailにファイルを添付する

 3.Gmailに届いた添付ファイルを保存する







checkmark.png 1.Googleドライブをメインのクラウドストレージにしてから3年経ちました

かれこれ、Googleドライブをメインのクラウドストレージにしてから3年が経過しようとしています(実際は、試行期間も入れると4年目か?)。最初は、2015年頃に行われたGoogleの1TBチャレンジという企画に乗って、Googleドライブの容量を1TBにしたところがスタートでした。

Googleマップのローカルガイドの1Tバイト特典にチャレンジしてみました!


最初は、「Googleドライブが、1TBになるなら便利じゃない?」程度の軽い気持ちでした。しかし、実際に1TBになってみると、「バックアップとして使ってみるか」となり、使い始めると、他のクラウドストレージサービスとも見劣りしないので、問題なく使い続けていました。

そして、1TB使用期限である2年が経過したときに、案の定容量が足りなくなりました。しかし、便利に使っていたのは事実なので、容量を課金して追加することに。



Googleドライブの容量がなくなったので追加した話


で、こんな感じになりました。




そして昨年、GoogleドライブからGoogleOneと名称が変わり、なぜかその時、空き容量が増えるという副次的な効果がありました。




現在では、同期速度もかなり改善し、Dropbox程度ぐらいにはなっているのではないか?と思っています。Googleドライブでもファイル履歴使えるし、そろそろ完全移行も視野に入ってきました。




checkmark.png 2.Gmailにファイルを添付する

さて、今回の本題に入ります。
Googleドライブをメインクラウドストレージにしてから、色々便利になったのですが、その中でも恩恵が大きかったのが、Gmailです。
今のところ私の仕事的には、Gmailを中心に回しているので、これとGoogleドライブの相性の良さは最高ですね。

まずは、ファイルの添付ですが、ものすごく簡単です。
Gmailの作成画面の下の方にGoogleドライブのアイコンがあるので、それをクリックすると

2019040901.png



Googleドライブ上のファイルを選択できるので選び、それのリンクを送信するか、添付ファイルとして送信するか選択するだけです。リンクを送信する場合は、共有設定を変更する必要があります。相手側が、リンク先からダウンロードする形になります。

2019040902.png



もちろん、これでも十分便利なのですが、モバイル上での利用が便利なのですよね。
iPhoneのGmailの場合、上にある添付ファイルのアイコンをタップ。

2019040903.png



そうすると、下からニョキッと添付できるファイルが出てきます。主にカメラロールですね。で、それを上に押し上げると

2019040904.png



このように「ドライブ」と出てくるのが、Googleドライブです。タップすると、クラウドに保存しているファイルが見えるので、選んで添付することができます。
このあたりの速度感は、自分のローカルストレージを使用しているのと、あまり変わらない速度感です。

PCで作成したデータであろうが、モバイルで作成したデータであろうが、関係なく添付できるのが、便利ですよね。

2019040905.png





checkmark.png 3.Gmailに届いた添付ファイルを保存する

私の中では、ファイルを添付することもそうなのですが、それよりも届いた添付ファイルをGoogleドライブに保存できるのも便利なんですよね。
要するにどこからでも受信した添付ファイルを自分のマイドライブに保存できるということなのですよ!

では、実際にやってみます。
iPhoneのGmailに届いたメール一覧です。最近では、メール本文を開かなくても、直接添付ファイルを開くことが可能になりました。

2019040906.png



添付ファイルを開いたところ。右上のGoogleドライブのアイコンをタップ。

2019040907.png



そうすると、即Googleドライブに保存されます。このあたりは、さすが同じGoogleのサービスだなと感じますね。このままだと、Googleドライブのマイドライブ直下に保存されるだけなので、右下に表れる「ここに移動」というところをタップします。

2019040908.png



そうすると、Googleドライブのどこに保存するかというのを指定できるのです。これで、バックアップと同期で指定しているフォルダにすれば、PCでもどこでもすぐに添付ファイルを開けるのです。

2019040909.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Dropboxでもできるけどさ

Gmailにファイル添付なんて、Dropboxだってできるじゃん!っていうツッコミも入りそうですが、Dropboxからの添付ファイルって、iPhoneからだと共有Extentionからなんですよね。だからメールを書いている最中に「あ、添付ファイル」とか思い出して、とかには向いていないのです。そういう面も含めて、Googleサービスでまとめることの優位性って確かにあるなと実感中です。




Googleカレンダーのスケジュール一括登録にアドオンタイプが登場!

2019032700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
年度末、そして年度始めの時期って本当に忙しいですよね。私も毎日忙しく働いています。
さて、新年度になったらやることの一つに、1年分の予定を入力するようにしています。個人的な予定もそうですが、それと併せて、職場の年間スケジュールも入力しています。数年前までは、1件1件ポチポチと手作業で入力していましたが、今ではGoogleカレンダーに一括自動入力しています。もう、手作業で入力していたあの手間何だったの?ってなります。
これに関しては、過去記事でも扱っているので、ぜひとも参照していただきたいのですが、

年度始めだからこそやりたい!Googleカレンダーにスケジュールを一括入力する方法(安定版)

今回は、このスケジュール一括登録のGASを作成してくださった@Yuhei_FUJITA氏が、新たに開発したChromeのアドオンタイプが登場したよ!ということについて書いていきます。
これは、ぜひとも期待したいですね。



  
【 Googleカレンダーのスケジュール一括登録にアドオンタイプが登場! 】  

 1.Googleカレンダーにスケジュールを一括登録する(GAS版)

 2.Chromeのアドオンタイプが登場!

 3.現在の問題点







checkmark.png 1.Googleカレンダーにスケジュールを一括登録する(GAS版)

上でも書きましたが、年度の終わりや年度の初めに1件1件ポチポチとGoogleカレンダーにスケジュールを入力していませんか?10件20件程度だったら、まあ手入力でも良いと思うのですが、100件とかになると、人の手でやるものではないなと思ってしまいます。

そこで、情報管理LOGで毎年のように記事にしていますが、Googleカレンダーへのスケジュール登録は、一括でやってしまいましょう。ただでさえ忙しい時期の仕事を少しでも減らしませんか?

やり方に関しては、非常に簡単です。こちらの方に詳細を書いていますので、ぜひ参照してください。

年度始めだからこそやりたい!Googleカレンダーにスケジュールを一括入力する方法(安定版)



まずは、このGoogleスプレッドシートを自分のGoogleドライブにコピーしましょう。

スケジュール登録 ver.1.1 (安定版) 情報管理LOG版


1.自分のGoogleドライブにコピーを保存する


絶対にコピー元でやらないでください。
このように、コピー先での名称を決めてコピーしましょう。




2.スクリプトエディタを起動




3.「実行」→「onOpen」




4.承認をする




5.カレンダーの一覧取得をする
「自動処理」→「カレンダー一覧取得」
で、自分のGoogleカレンダーの一覧を取得しましょう。




そして、承認。








6.スケジュールの入力
項目毎に入力していきましょう。とはいっても、職場の年間スケジュールなんて、エクセルとか何らかの形でデータ化されていますよね?それをコピペで良いと思います。



 ・入力したいカレンダーの選択
 ・スケジュール名
 ・日付形式(終日か日時指定)
 ・日付(日時指定だったら、「開始日時」「終了日時」を指定)

  →終日の場合:2019/04/01のように記述
  →日時指定の場合:開始日時と終了日時を2019/08/01 10:13:00のように記述



7.一括登録!
「自動処理」→「作成」
で一括入力が、始まります。200件程度だったら、数分で完了します。




ちょっとすごいと思いませんか?
一見、難しく見えるかもしれませんが、このままの通りやっていけば、誰でもできます。




checkmark.png 2.Chromeのアドオンタイプが登場!

このGoogleカレンダーへの一括登録を開発してくれたのは、上でも紹介しました@Yuhei_FUJITA氏です。

その彼から久しぶりに連絡がありました。その中でなんと例のGoogleカレンダー一括登録のGASの代わりに、Chromeのアドオンを作成したというではありませんか!

Google Apps ScriptでスプレッドシートとGoogleカレンダーを連携させて予定一括登録アドオンを作った - Qiita

これは、久々のビックなヤツが来た予感がする!!
使い方やスクリプトに関しては、上の記事に書いてあるので、ぜひとも見ながらやっていただきたいのですが、イマイチ分かりづらかった面もあったので、画像付きで紹介いたします。併せて読んでもらえると、素人でも使えると思いますよ!


1.スプレッドシートを作成する
まずは、何でも良いのでGoogleスプレッドシートを作成しましょう。分かりやすい名称にしたら良いですね。

2019032701.png



2.スクリプトエディタを起動
ツール > スクリプトエディタ
でスクリプトエディタを開きます。

2019032702.png



3.スクリプトファイルを作成
スクリプトエディタを起動したら、すでに「コード.gs」というのが、作成されていますので、そのままでも良いですし、新規にスクリプトファイルを作成しても良いです。

2019032703.png



4.コードをコピペ
さあ、ここから本番ですよ!
Githubから「ScheduleGenerator」のコードをコピペします。こちらにアクセスしてみてください。

YuheiFUJITA/schedule-generator-for-qiita

そこにある「code.js」を開きましょう。

2019032704.png



コードが表示されるので、右上にある「RAW」をクリック。

2019032705.png



コードが全て表示されるので、それを全て選択してコピーします。

2019032706.png



そして、スクリプトエディタに貼り付け。

2019032707.png



5.HTMLファイルを新規作成
HTMLファイルを新規作成します。

2019032708.png



そして、名前を「sidebar.html」とします。

2019032709.png



6.sidebar.htmlのコードをコピペ
先ほどと同じように前述のGithubから、「sidebar.html」をクリックします。

2019032710.png



先ほどと同じ流れで「RAW」をクリックして、コードを表示させ、それを全て選択してコピーです。

2019032711.png



HTMLファイルを新規作成すると、デフォルトで<body>とかが最初から入っているので、全て消してから、貼り付けしましょう。

2019032712.png



7.保存する

2019032713.png




8.スプレッドシートを再読込
GASが設定されましたので、F5を押して再読込しましょう。GASが、反映されるまで時間がかかる(1分ぐらい)かかることもあります。大抵はすぐに反映されます。



9.アドオンから呼び出す
この手順で先ほどの「sidebar.html」を呼び出しましょう。

2019032714.png



途中、「承認」が求められます。

2019032715.png



そして、さらに警告が出てきます。「怖い」と思うかもしれませんが、気にせずに「詳細」をクリックしてください。

2019032716.png



そして、「(安全ではないページ)に移動」をクリック。

2019032717.png



アカウントへのアクセスのリクエストを「許可」します。ふぅ。長い。

2019032718.png



そうすると、やったー!サイドバー出てきた!!

2019032719.png




10.シートの追加
サイドバーの「シートの追加」をクリックしましょう。すると、このように新しいシートが作成され、テンプレートが読み込まれます。

2019032720.png



11.スケジュールを入力する
スケジュールを入力していきます。「タイトル」にスケジュール名を。カレンダーは、どのカレンダーに追加するか。終日の予定だったら「終日」にチェック。そして、開始日と終了日の設定をします。日時の設定は、「2019/06/22 12:16」みたいな記述をしましょう(時間は、省略可)。

2019032721.png



12.登録をクリック

2019032722.png



13.登録完了!
スケジュール無事登録されると、左側にチェックがつきます。

2019032723.png



では、本当にカレンダーに反映されているか見てみましょう。
ちゃんと反映されていますね!

2019032724.png




checkmark.png 3.現在の問題点

非常におしゃれな感じになったアドオン版なのですが、既知の問題点があります。上の方で「終日」で登録できていましたが、実際は終日での登録だと上手く登録できません。
現在、制作者の@Yuhei_FUJITA氏にバグの報告と修正の依頼をしています。

2019032725.png



しかし、リアル生活の方が、忙しいようなので、少し待ちましょう(リアル生活大事!)。
そういうわけで、お急ぎの方は、今まで通りアドオン版ではないタイプの安定版をオススメします。

スケジュール登録 ver.1.1 (安定版) 情報管理LOG版




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 スケジュール登録は、自動化がオススメ

Googleカレンダーを使っていても、昔ながらに1件1軒手作業で登録しているのでは、アナログと大差ありません。Webサービスを使う利点、デジタルを使う利点とは、手作業を離れ、自動化が可能な点にあります。100件超のスケジュールを手でやる必要はないのです。また、スケジュール登録が、自動的にWunderlist(タスク登録)と連動したりとか、自動化ポイントはたくさんあります。とにかく、「繰り返し」「同じ作業」をするものに関しては、基本的に自動化を目指した方が良いと思っているのですよね。




このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG