FC2ブログ
TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Googleフォトでのムービー作成がさらに便利になりました

2018100100.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんGoogleフォト使っていますか?
無料で無限に写真を蓄積できるGoogle様のサービスです。
我が家の写真やiPhoneのカメラロールのバックアップ先として、活用させていただいています。さて、めちゃくちゃ便利なGoogleフォトですが、Googleフォトアプリにおけるムービー作成が、さらに使い勝手が良くなったのをご存じでしょうか?
今回は、Googleフォトでムービー作成がさらに便利になったということについてのレポートです。


  
【 Googleフォトでのムービー作成がさらに便利になりました 】  

 1.Googleフォトでムービー作成が改良されました

 2.実際にGoogleフォトでムービー作成してみる

 3.







checkmark.png 1.Googleフォトでムービー作成が改良されました

Googleフォトというのは、上でも書きましたが、Googleに(画像サイズの上限はあるものの)無限に写真をバックアップできるというとても太っ腹なサービスなのです。こんなことができるのは、もはやGoogleしかないのではないか思えますね。
で、iOSにもGoogleフォトのアプリがあります。



このアプリ自体かなり写真閲覧アプリとしては、かなり優秀です。私は、iPhoneの写真アプリから日常使いのアプリをこちらに切り替えたぐらいです。

さて、このGoogleフォトですが、実はかなり高機能で、ムービー作成やコラージュ、アニメーションの作成などもできたりします。

2018100101.png



2016年の記事でもGoogleフォトによるムービー作成について取り上げていたので、最近のGoogleフォトと比較してみましょう。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


まず、一番の違いは、それぞれの写真から生成されるムービーの長さを簡単に指定できるようになった点です。
以前は、このようにムービーのタイムライン上で編集する必要がありましたが、




最新のGoogleフォトでは、このように各写真毎に長さを調整できるようになりました。

2018100102.png



さらに、ムービーを追加した場合は、トリミングも容易になりました。

2018100103.png



単に写真のスライド映像を作るだけだったら、Googleフォトだけで良いかもと思える手軽さです。


さて、実は機能改善のことばかりについて書きましたが、改悪もありました。ひっそりとですが、ムービーのエフェクトが、なくなってしまっています。
以前の画面では、ここからムービーにエフェクトをかけることができました。




しかし、残念なことにエフェクトの機能ごと、ごっそりと失われてしまいました。

2018100104.png



checkmark.png 2.実際にGoogleフォトでムービー作成してみる

では、実際にGoogleでムービー作成してみましょう。

1.アシスタントを選択
下の項目の「アシスタント」をタップします。

2018100105.png



2.ムービーを選択
上にある「ムービー」のアイコンをタップ

2018100106.png



3.作りたいものを選択
成長期録やペットなど、自動でやってくれるものもあります。
今回は、フルスクラッチで作るので、「写真や動画を選択」をタップ。

2018100107.png



4.ムービーに使いたい写真を選ぶ
好きなモノを選びましょう。今回は、私のホーム画面にあるフォルダの中身のスクショでムービーを作成することにしました。選び終わったら、上の「作成」をタップ。

2018100108.png




5.編集する
あっという間にムービーができるので、下のまん中のアイコンをタップ。

2018100109.png



そして、先ほど書いたように、それぞれの写真などの表示時間を変えていきましょう。

2018100110.png



音楽を変えたい場合は、この部分をタップすれば音楽の選択をできます。マイミュージックからも選択できますよ。手軽に作成したいならば、Googleが用意してくれている「テーマ音楽」からも選べます。

2018100111.png



できたムービーは、こんな感じ。
作成時間1分未満です。サクッと写真からスライド形式の動画を生成するならば、これで十分ですね。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 成長記録が良いのですよ!

今回は、取り上げませんでしたが、自分の子どもの成長記録のムービーをGoogleフォトで作成しています。先ほどの作成段階で「成長記録」を選択して、子どもの顔を選ぶだけで自動で作成してくれるのです。「へぇ、その写真をチョイスするんだ」という驚きもあるので、楽しいのですよね。気に入らなければ、入れ替えれば良いだけですしね。
そういうわけで、写真を死蔵させるのがもったいないという人は、Googleフォトでムービーを作成すると良いですよ!


名前からは、想像できないほど素敵な歌を歌っています。平成最後の天才だな。





Googleマップのマイマップを統合する方法

2018090900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、非常時に災害マップを自作する方法について書きました。皆さんそちらも災害が起こる前に、ぜひとも目を通しておくと良いですよ。

災害マップを自作する方法

さて今回は、もしも上で挙げた災害マップが複数あって統合した方が良い場合や、マイマップが複数あって、それを統合した方が良い場合のやり方についてです。
意外と難しくないので、マイマップたくさん管理している人は、やってみても良いカモですよ。

  
【 Googleマップのマイマップを統合する方法 】  

 1.マイマップとは何か?

 2.マイマップをエクスポートする

 3.マイマップをインポートする







checkmark.png 1.マイマップとは何か?

まず、Googleマップのマイマップとは何かということについてです。これは、Googleマップ上に自分だけのピンなどを置いたマップを作成することができる機能のことです。

イメージがつかめない方もいるかもしれませんので、前回作成した実験用マイマップがありますので、それを参考にしてみてください。

これですね。



こちらのリンクからでもいけます。

実験用地図By情報管理LOG

この作成方法に関しては、前回の記事で詳しく説明しましたので、そちらを参考にしてみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

ちなみに、上記の「実験用地図By情報管理LOG」は、あくまで公開用に作成したので、非公開にしてしまえば自分専用のマップになるわけです。私も気になるお店のマップや、旅行で行きたい場所を予めチェックしておく用のマップなど複数運用しています。

さて、マイマップのアクセス方法ですが、Googleマップのサイドメニューを開いて、その中の「マイプレイス」をクリック!

2018090901.png



その中の「マイマップ」というタブの部分が、それです。

2018090902.png




checkmark.png 2.マイマップをエクスポートする

さて、複数あるマイマップを統合したり、他の人のマップと統合する方法です。
まずは、統合してもらいたいマップからエクスポートしてもらいます。

地図の名称の横にある三点アイコンをクリック。

2018090903.png



そうすると、メニューが出てくるので、「KMLをダウンロード」をクリック。

2018090904.png



ポップアップでウィンドウが立ち上がります。

2018090905.png



「地図全体」ではなく、そのマイマップ部分だけをダウンロードしたいので、選択しましょう。チェックボックスについては、どちらもオンで構わないと思います。ただし、オンラインの状態が難しい場合は、上の方のチェックは外しても良いです。

2018090906.png



OKを押すと、ファイルがダウンロードされます。

2018090907.png



中身をメモ帳で開いてみると、こんな感じのデータになっています。XMLで定義されているのね。

2018090908.png



これで準備完了です。



checkmark.png 3.マイマップをインポートする

さて、次に統合したい方のマップを開きます。一応、実験のためにさらにマップを作成しておきました。

上野界隈地図By情報管理LOG


地図のメニューにあるレイヤーの下に「インポート」という項目がありますね?そこをクリック。

2018090909.png



そうすると、「インポートするファイルの選択」というウィンドウが立ち上がるので、そこに先ほどのKLMファイルをドラッグ&ドロップすればOKです!

2018090910.png



そうすると…ハイ!先ほどの「実験用地図By情報管理LOG」のピンなどの内容が、そのままインポートされているのが分かるはずです。
こんな感じね。



2018090911.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 地図のインポート&エクスポート

このワザを知っていると、他の方が作成した様々な有益な地図を自分だけの地図に加えることができるのですよね。例えば、自分が住んでいる地域のカフェ情報の地図をインポートして、さらに自分だけの情報を加えるとかできるわけです。
このマイマップという機能は、とても便利なので覚えていて損はないですね。


このマンガすごく面白いです!



災害マップを自作する方法

2018090800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日から引き続き、災害に向けてどのように立ち向かうかについて書いていきます。
今回は、災害マップを自作する方法です。例えば、給水情報や炊き出し情報などを地図上でシェアできると、すごく助かりますよね。
もしものために知っておいて損はないと思いますよ!


  
【 災害マップを自作する方法 】  

 1.災害時におけるマップの重要性

 2.災害時にマップを自作する

 3.シェアする







checkmark.png 1.災害時におけるマップの重要性

災害時に自分たちの地域がどうなっているのか?
救助や救援物資は、どうなっているのか?
復旧状況は、どうなっているのか?

という情報は、被災しているときには、なかなか手に入りづらい情報の一つです。
実は、被災している人にとって一番重要な情報そのものが、被災していない人よりももっていないという非対称性が生まれます。そもそも、被災地においては、ラジオやネットが、情報の頼みに綱であり、テレビなどのマスコミ情報は、ほぼ手に入りません。

そういう時にありがたいのが、ネット上で被災者同士による情報の交換が役に立ちます。
マスコミは、被害の状況や全体的な状況を伝えるのを得意としていますが、ローカルな情報の共有という点においては、劣ってしまいがちです。

「○○に△△があった」
「○○で炊き出しをやっている」
「○○に給水車が来ている」


みたいな情報は、マスコミを通じて流れない情報の一つです。
多くは、大きな音声によって知らされることになります。

今回の北海道の地震では、このような地図が作られていました。

北海道停電解消マップ - Google マイマップ



この作者さんは、このホッテントリを書いた方のようです。

北海道地震とそれに伴う39時間の停電を乗り切った時にあって良かったもの - らっこのじゆうちょう
北海道地震とそれに伴う39時間の停電を乗り切った時にあって良かったもの - らっこのじゆうちょう





こういう素早い対応本当にスゴイですね。見習いたいです。




checkmark.png 2.災害時にマップを自作する

さて、上記の北海道停電解消マップのような地図は、Googleマップの機能で作成することができます。

割と簡単に作成できますので、やり方をマスターしておくと、もしもの時に色々使えるはずです。残念ながら、この機能はPCとAndroidからでしかできませんので、気をつけてください。iPhoneでは、使用のみです。今回の説明は、PCでの方法について説明しています。基本的には、Androidでも変わりません。


1.マイプレイスを表示
Googleマップを開いて、左のメニューを表示させ、「マイプレイス」をクリック。

2018090801.png



2.「地図を作成」
マイマップの一番下に「地図を作成」とあるので、クリック。

2018090802.png



そうすると、新しいウィンドウが立ち上がり、新規地図が作成されます。

2018090803.png



3.場所を指定する
このままだと、日本全土が対象になっているので、場所をスクロールや拡大で指定していきます。




4.地図のタイトルとレイヤの名称を変更
地図のタイトルを変更しましょう。この時に地図の説明とかを詳細に書いておくと、良いですね。

2018090804.png




さらに、実際に情報を寄せてもらうレイヤの名称も変更しておきましょう。

2018090805.png



5.デフォルトビューを設定
そこまでできたら、あと少しです。ちなみにこのままで良ければ、デフォルトビューの設定をします。もしも、航空写真の方が良ければ、そちらに変更しておきましょう。
デフォルトビューの設定は、地図のタイトルの横にある三点アイコンのメニューにあります。

2018090806.png



6.共有設定をする
準備が整ったので、最後は共有設定をして、一般の人が見られるように変更しておきましょう。地図の説明の下の方にある「共有」をクリック。

2018090807.png



「アクセスできるユーザー」を変更します。
今回は、災害時の共有マップの作成なので、「ウェブで一般公開」かつ、アクセスを「編集者」に設定しておきましょう。これで、この地図にアクセスしてくれた人も編集できるようになります。

2018090808.png

2018090809.png



7.オーナーの設定
勝手に第三者が、アクセス権の設定などができないように設定しておきましょう。必須です。

2018090810.png




checkmark.png 3.シェアする

さて、ここからが実は、本番だったりします。
誰にも知られることがなければ、全く意味がないので、これをシェアしなくてはいけません。むしろ拡散されることによって、効力を発揮します。

これも、「共有」をクリックし、

2018090807.png



あとは、メールなり、Twitterなりで広めれば、OKです!

2018090811.png



その地域に住んでいるインフルエンサーな方に拡散をお願いするのが、手っ取り早いかもしれません。
というわけで、実験用の地図を作成してみましたので、使い勝手の検証してみてください。

実験用地図By情報管理LOG




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 乱立も困るので

今回は、あまり知られていないであろう地図の作成方法について書いてみました。
でも、これが乱立すると、逆に情報が混乱するので、もしも重複する地図があったときは、所有者同士で話し合って、統合するとかも検討しなくてはいけないかもしれません。地図の統合の方法については、次の記事で載せておきたいと思います。


これを買っておくべきか、真剣にお悩み中。



Googleマップが、Yahoo!マップみたいになってしまった件について

2018083000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
つい最近、Googleマップをアップデートしたら、なんだか情報過剰気味でYahoo!マップっぽい感じになっていました。今回は、どのように変わったのかレポートしたいと思います。


  
【 Googleマップが、Yahoo!マップみたいになってしまった件について 】  

 1.Googleマップのアップデートで変わったこと

 2.Yahoo!マップとの比較








checkmark.png 1.Googleマップのアップデートで変わったこと

ちょっと機を逸してしまった感はありますが、書かずにはおられなかったので、書いておきたいと思います。
最近のアップデートでGoogleマップが、随分変わってしまいました。立ち上げると、こんな感じですね。

2018083001.png



今までは、割と地図画面が広々としていたイメージなのですが、立ち上げ時の画面が狭くなって、Yahoo!マップみたいな感じになってしまったのです。



checkmark.png 2.Yahoo!マップとの比較

では、Yahoo!マップは、どんな感じかというと、こういう画面です。
んーかなり似てますね。

2018083002.png



周囲のスポットとかは、ほとんどそっくりと言っても良いぐらいです。

実際に周囲のスポットを見てみましょう。
こちらが、Googleマップ。
どちらかというと、口コミ情報などに力を入れていることが分かります。

2018083003.png



そして、こちらがYahoo!マップ
網羅性にこだわっていますね。あとクーポンが何気に便利だったりします。

2018083004.png



周囲のコンビニを探してみましょう。
こちらが、Googleマップ。

2018083005.png
2018083006.png


そして、Yahoo!マップ。

2018083007.png





収録されている情報は、どちらもそれぞれ一長一短という感じですね。Yahoo!マップの方が、iPhoneなどの小さな端末でもタップしやすい工夫がされているように感じます。
ただし、お店などの情報に関しては、Googleマップの方が、情報量がかなり多いですね。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleマップは、シンプルさが好きだったんだけどな

どうも、最近のGoogleは、ちょっとごちゃついている印象です。
Googleのサービスの良さって、もう少しシンプルさがあって、それでいて情報量がとてつもなく多いというのが、良かったのですが…。うーん、こういうのが、好まれるということなんですかね?
とにかく地図部分は、広くとってほしいと思いますね。


Googleっぽい詐欺に気をつけよう!→Chromeでの超簡単対処法編

2018073100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、情報管理LOGでも取り上げた「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!(1)件のGoogleギフトが当選しました!」というGoogleっぽい詐欺にリダイレクトされてしまうという件が、どうやら蔓延を見せているようです。

Googleっぽい詐欺に気をつけよう!

私も何度か有名なサイト上でもリダイレクトされて、このwinmoreprize.comに飛ばされてしまうということが何度かありました。単にタブを閉じれば良いのですが、何度もやられると貯まったものではありません。
そこで、今回はChromeにおいて、どのように対処すべきかということについて取り上げます。


  
【 Googleっぽい詐欺に気をつけよう!→Chromeでの対処法編 】  

 1.Googleっぽい詐欺とは何か?

 2.何度もリダイレクトされてしまう

 3.ChromeでCookieを削除する方法







checkmark.png 1.Googleっぽい詐欺とは何か?

さて、先日お知らせしたGoogleっぽい詐欺が、あれからさらに蔓延しているようですね。この件に関しては、以下で記事にしました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

このGoogleっぽい詐欺とは、どんなものかというとこんな感じのが表示されたら、まさにそれです。



自分が、表示しようとしたサイトからリダイレクトされ(勝手に飛ばされちゃうこと)、上のサイトにアクセスしてしまうのです。
情報管理LOGの記事でも書いていますが、個人情報抜き取り、クレジットカードの番号を入力させるなど、知らないでやってしまったら大変な事になってしまいます。





基本的には、一切何も入力せずに即タブを閉じるだけで良いかと思います。

ちなみに、「Googleだから安全なのでは…」とか思ってしまう人もいるかもですが、見分け方としては、2つあり1つは、このように肝心のそれっぽところが、全て単なる画像だったりします。





そして、もう一つがURLです。

https://winmoreprize.com/in/n25/?ppp=111#


ドメイン名が、winmoreprize.comというのになっているはずです。




checkmark.png 2.何度もリダイレクトされてしまう

さて、基本的にはそっ閉じで良いかと思うのですが、何度も同じようにリダイレクトされてしまうという事例も報告されています。これは、かなりウザイですね。

しかも、全然関係ない大手ニュースサイトなどからもリダイレクトされてしまうので、困惑してしまう人も多いのではないでしょうか?

しかも、戻ろうにも何重にも飛ばされ、いちいち面倒くさい。

2018073101.png



これは、Cookieを利用してアクセスさせているのです。




checkmark.png 3.ChromeでCookieを削除する方法

そういうわけで、ChromeからCookieを削除すれば問題は解決しそうですね。

でも、どれを削除すれば良いか…

となってしまいますよね。
一気に全消しするのも良いのですが、あとで困ったことになってしまうことも想定されるので、オススメしません。

でも、一応知識としてどうすれば良いか知っておいて損はないと思いますので載せておきます。

Chromeの設定→詳細設定

2018073102.png



コンテンツの設定

2018073103.png



Cookieをクリック

2018073104.png



すべての Cookie とサイトデータを表示

2018073105.png



すると、このように全てのCookieが見られます。検索して削除しても良いですね。


しかし、それよりももっと簡単に対処する方法があります。
それは、ChromeのアドレスバーのURLの左側にある「保護された通信」などと書かれた部分をクリックします。

2018073107.png



ポップアップで出てきた「Cookie」という項目をクリック。

2018073108.png



ここで、削除も可能です。何ならブロックしてあげても良いでしょう。下の画像は、もうすでに「winmoreprize.com」を削除してしまった後の画像です。

2018073109.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 覚えておいて損はない

Chromeは、アップデートが頻繁なので、1年前の記事であっても、機能や設定が変わっていたりするので、今回の方法が数年後でも有効化は分かりません。しかし、基本の考え方は、大きくは変わらないと思いますので、知っておいて損はないですよ!





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG