FC2ブログ
TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Googleマップの超細かい改良点について

2019100700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、気付く人は気付いているかもですが、Googleマップの超細かい改良点についてレポートします。アプリの更新履歴にも載っていなかったりするので、どの時点で付け加わった機能なのか、いまいち判明しないものもあるので、もし情報があったら教えてください。


  
【 Googleマップの超細かい改良点について 】  

 1.ナビをしながら曲を流すと曲をコントロールできる!

 2.イベント情報が見られるように

 3.乗車位置、出口まで教えてくれる







checkmark.png 1.ナビをしながら曲を流すと曲をコントロールできる!

まず、一つ目は、Googleマップでナビゲーションをしてもらいながら、曲を流すときってありますよね?そうすると、今までは音楽アプリとGoogleマップを行ったり来たりしながら操作する必要があったのですが、これを見てください。

2019100701.png



なんと、Googleマップ上で曲の再生・停止、前の曲、次の曲と操作できるようになったのです。今までいちいちコントロールセンターでやるか、アプリを切り替えるしか方法がなかったので、神対応と言えるのではないでしょうか。
細かいけど、超有能な改良だと思いました。




checkmark.png 2.イベント情報が見られるように

先日、Googleマップでナビしてもらったとき、そこで行われるイベント情報が表示されるではないですか!これは、度肝を抜かされました。

ZeppTokyoを検索するじゃろ…すると、次の日に行われるイベントが表示されるのです。すげー。

2019100702.png



下から引っ張ると、こんな感じ。
で、そのイベント名をタップすると、

2019100703.png



イベントの概要と、情報元のWebサイトへのリンクも載せられてる!

2019100704.png



さらに、「カレンダーに追加」をタップすると、「カレンダーアプリに追加」と出てくるので、タップ。

2019100705.png


カレンダーに追加されました。わぉ。

2019100706.png



checkmark.png 3.乗車位置、出口まで教えてくれる

あとね、最高な機能として、最近ではJRに乗るときに、乗車位置とか出口まで教えてくれるのですよね。適切な乗車位置教えてくれるの、本当にありがたいです。やたら遠くの車両に乗っていたら、それだけでも大変だしね。

2019100707.png



出口を教えてくれるのもありがたいですよね。特にいつも降りている場所じゃないところで降りるときとか、これがあるだけで本当に助かります。

2019100708.png



あと、これは前からあったと思うけど、「出発時間になったら通知を受け取る」と「乗り換え時間になったら通知を受け取る」は、本当に何気に便利なので、みんな使おう。

2019100709.png



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleマップの進化が早すぎて追いつけない

この1年間ぐらい、Googleマップが圧倒的に変化し続けていて、その変化を追うのが大変なぐらいです。ゼンリンの地図からGoogle独自になってしまい、どうにも「うーん」と思う時期もありましたが、やはり地図の便利さでは、一歩も二歩も進んでいると思わざるを得ないのですよね。というわけで、なかなか目が離せないのです。


最近、この2冊を読んでから、AppleWatchが欲しくてたまらなくなっている病に罹っています。

Apple Watchで何ができるか: 〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜
小田 やかた (2019-09-24)
売り上げランキング: 2,563

目の前の仕事に集中するためのApple Watch起きてから寝るまでの使い方が分かる本
金風舎 (2018-03-15)
売り上げランキング: 1,096


GoogleフォトでOCRができるようになってテキストを抽出できるようになりました

2019082400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今まで無かったのが不思議なくらいだったのですが、GoogleフォトでOCRができるようになりました。そして、そこからテキストを抽出して取り出せることも可能になりました。一眼レフカメラで撮影したものも、iPhoneで撮影したモノも、全てGoogleフォトで管理しているので、非常にありがたい機能です。
今回は、GoogleフォトのOCR機能について取り上げます。


  
【 GoogleフォトでOCRができるようになってテキストを抽出できるようになりました 】  

 1.なぜか今まで無かったGoogleフォトのOCR

 2.GoogleフォトでOCRをするには

 3.テキストの抽出







checkmark.png 1.なぜか今まで無かったGoogleフォトのOCR

今までとても不思議だったのが、GoogleフォトにOCR機能が無かったことです。
8月23日付けのGoogleフォトのツィートで新機能として紹介されていました。自分的には、「そういえば、そうだったかも?」ぐらいの意外な感じ。




Googleといえば、文字認識の世界でも一歩以上先を行く企業なのです。情報管理LOGではOCR界隈に興味があるので、随時情報を追っています。

GoogleのOCR関係の過去記事。

GoogleドライブでOCRできることが知られていなかったようなのでもう一度解説する
Office Lens VS Google KeepのOCRガチンコ対決!
Google Keepでいつの間にか日本語のOCRもできるようになってた!
Google翻訳さんの未来感がハンパない!
Google Keepの文字認識を使ってみた


特にGoogleドライブとGoogle KeepのOCRは、日常レベルでもよく利用しています。アナログ読書メモをするとき、テキスト化ができるのが強みなんですよ。

アナログ読書でのデジタル読書メモ術




checkmark.png 2.GoogleフォトでOCRをするには

さて、GoogleフォトでOCRをやってみましょう。
Googleフォトにアップされている写真を選択します。

2019082401.png



こういう画面になるので、フォーカスアイコンっぽいやつをタップ。

2019082402.png



そうすると、一瞬キラキラとしたみたいな感じになって、テキストが認識されます。このあたりは、動画を観てもらうと一発で分かります。こんな感じ。

Image from Gyazo


どこかで見たことあるなと思ったら、Google Lensそのものですね。
Google Lensというのは、検索アプリであるGoogle検索にある機能の一つです。

Google アプリ

Google アプリ

Google LLC無料posted withアプリーチ




Google Lensは、テキストで検索するのではなく、画像を認識して検索するという未来的な機能です。
先ほどと同じようにフォーカスアイコンっぽいやつをタップすると、カメラが起動します。

2019082408.png



そして、文字を認識すると、自動的にOCRをかけてくれるのです。

Image from Gyazo


これは、これで非常に便利なんですよね。




checkmark.png 3.テキストの抽出

テキストの抽出は、非常に簡単なのですぐできます。
OCRされたテキストは、薄白っぽくなっているので、それを長押しして選択していきます。

2019082404.png



そうすると、下の方にメニューが出てくるので、「コピー」をするか「共有」で他のアプリに送ってしまいましょう。これで、テキストの抽出は完了です。

2019082403.png



ちなみに、OCR精度に関しては、Googleなので折り紙付きです。

2019082405.png



GoogleフォトでOCRされたテキストを選択すると、その選択された文字列によってメニューが変わります。

電話番号を選択すると、発信したり、連絡帳に登録できたりします。

2019082406.png



URLを選択すると、「サイト」というメニューが出てくるので、タップするとそのURLのサイトが立ち上がります。

2019082407.png



そして、極めつけは、QRコードをタップすると、ブラウザが立ち上がってサイトまで表示してくれます。

Image from Gyazo


ただ単に文字列をコピーして終了ではないところが良いですよね。

もちろん、OCRしやすい画像だけではなく、こんな画像でもテキストを認識してくれます。この画像の場合は、天地逆なんですけど、正確に読み取っていますよね。

2019082409.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleフォトでの検索

Googleフォトでは、かなり前から画像に写っているテキストも検索に引っかかってくると感じていたので、内部的にはできていたのでしょう。それを一般ユーザーにも使いやすい形にしてくれたというのが、今回のアップデートだったのかな?と思いました。とはいえ、OCR結果がそのまま検索に反映されるわけでもなさそうなので、その関連性はいまいち見えないですね。ユーザーにとって便利になってくれるのは何よりです。

小林銅蟲の「めしにしましょう」の最終巻が出ましたね!

めしにしましょう(8) (イブニングコミックス)
講談社 (2019-08-23)
Kindle 価格: ¥ 648


SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2019-07-04)
Kindle 価格: ¥ 492


Googleでショッピング履歴を見る方法

2019052200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、またもやGoogleの個人情報の取り扱いに関してニュースになっていました。個人に許諾なく、Web上での購入履歴をリストにして保管しているというのです。
今回は、そのショッピング履歴の閲覧方法について書いていきます。


  
【 Googleでショッピング履歴を見る方法 】  

 1.Googleが、Web上のショッピング履歴をリスト保管しているらしい

 2.実際にアクセスしてみる

 3.ショッピング履歴をGoogleに残さないためには







checkmark.png 1.Googleが、Web上のショッピング履歴をリスト保管しているらしい

Googleが、Web上で購入したショッピング履歴をリスト化して残しているらしいという記事が上がっていました。

Gmailで受信したショッピング履歴のデータ、リスト化されていたことが判明し騒動に【やじうまWatch】

え?ナニソレ便利じゃん!

と思った私は、心の芯までGoogleに取り込まれている感じです。
とはいえ、何でもかんでも残しているわけではなく(そりゃそーだ)、Gmailで受信したショッピング履歴を残しているそうなのです。

確かにAmazonにしても楽天にしても、購入したら全てGmailで受信するようにしていました。ぶっちゃけ、今さら驚くまでもなく、旅行サイトで予約をすると、その受信メールから、Googleカレンダーに自動的に登録されたり、

2019052201.png



買い物をして、宅配便などで送られてくるとき、その送付状況をGoogleアプリで確認することもできたり、通知として送られてきたりもしています。

荷物の追跡 - Google Store ヘルプ


そう考えると、今さら何を言っているの??
と思わないでもないです。




checkmark.png 2.実際にアクセスしてみる

では、実際にその問題になっているショッピング履歴にアクセスしてみたいと思います。
こちらからアクセスできます。

お支払いと定期購入


特別なリンクでも何でも無く、Googleアカウントの項目の一つに「お支払いと定期購入」という項目があるのが、それです。

見てみると、まずは購入履歴が見られます。

2019052202.png



「購入を管理」をクリックすると、さらにズラリと過去何年分も遡って見ることができます。購入した際にGmailに送られてくる情報から登録されているようです。

2019052203.png



先日、購入したばかりの「空挺ドラゴンズ(6)」もきちんと登録されていました。

2019052204.png

空挺ドラゴンズ(6) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2019-05-07)

Kindle 価格: ¥ 648




あとは、「定期購入」ということで、これはGoogle Oneで100GB購入しているのが、表示されていました。iCloudの50GBも定期購入しているのですが、それはこちらには表示されていないので、Googleサービスのみなのかな?

2019052205.png



過去に宿泊予約をして行ったホテルやお店が表示されます。これ、何気に便利だなと思いました。

2019052206.png

2019052207.png



checkmark.png 3.ショッピング履歴をGoogleに残さないためには

さて、私のように便利だなと思う人と、「Google勝手に個人情報を残さないでよ!」と怒ってしまう人に分かれるのではないかと思います。したがって、これらを残さないようにしたいと思う人も中にはいるのではないでしょうか?

いくつかのニュースサイトでも今回のGoogle側の対応を非難する記事が見られたのですが、現在のところこれらをオフにする手立てが見当たらないとのことでした。

今のところ考えられる手段としては、

1.アクティビティ管理をオフにする
確実になくせるという補償はありませんが、

アクティビティ管理

にアクセスして、ウェブとアプリのアクティビティやデバイス情報をオフにする。
※これらをオフにすることによって生じるいかなる損害に関して、当方では一切責任を持ちません。あくまで自己責任でどうぞ。

2019052208.png



2.Gmailに購入や予約関連のメールを受信しない
これが、一番ではないかと思うのですが、購入や予約の際に送られてくるメールの宛先をGmail以外をしてするのが、確実だと思われます。Outlookでも、Yahoo!メールでもお好きなメルアドに変更することで、Googleには捕捉されなくなります。



3.1件1件削除する
これは、苦肉の策ですが、残された履歴を1件ずつ削除するという方法もあります。
「購入を削除」などの項目があるので、そこから削除できます。

2019052209.png




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 誰に握らせるか?

Webで様々な活動をしていると、自ずと履歴が残ります。これは、ほぼ否が応でも残ってしまうと言えます。それが、どうしても嫌ならば、Torブラウザなどのセキュリティ的にしっかりしたものを使い、さらにWebサービスを利用しないことです。しかし、それはかなり難しい状況ですよね。そうなると、どこを信用し、どこに個人情報を握らせるか?という問題になってきます。そう考えたときに、Googleは比較的マシなのかな?と思うのですよね。



日本酒に恋して
日本酒に恋して
posted with amazlet at 19.05.21
主婦と生活社 (2018-11-30)

紙の本の価格: ¥ 1,296
Kindle 価格: ¥ 499
¥ 797の割引 (61%)

映像研には手を出すな!(4) (ビッグコミックス)
小学館 (2019-05-10)
紙の本の価格: ¥ 638
Kindle 価格: ¥ 594
¥ 44の割引 (7%)

Gmailの送信予約ができるようになりました!!

2019050700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
もうすでにアメリカでは、実装済みで、徐々にできるようになるであろうと言われていたGmailの予約送信機能が、私ところにも来ました。
ものすごく便利な機能なので、ぜひ使っていただけたらと思います。
今回は、このGmailの予約送信機能についてレポートします。

  
【 Gmailの送信予約ができるようになりました!! 】  

 1.Gmailの予約送信機能とは?

 2.ついに来た!

 3.実際に使ってみる







checkmark.png 1.Gmailの予約送信機能とは?

Gmailの予約送信機能というのは、今まではGmailは送信したタイミングが、そのまま送信時刻でした。しかし、これは月日や時間など好きなタイミングで送信できるようになるという機能なのです。確かにあまりにも早朝や深夜にメールを書いたけど、そのタイミングで送りたいわけではないということありますよね?そういう時に、この予約送信機能があると、受け取り側にとって都合の良い時間に送ることができるのです。
今までかなり望まれていた機能でしたが、逆にGmailになかったのが不思議なくらいでした。

さて、このGmailの予約送信機能ですが、実はアメリカでは、2019年4月2日にはローンチしていました。

Gmail、予約送信機能を追加

約2週間ぐらいかけて、広げていくということでした。この段階では、日本でのリリース時期は未定とされていました。




checkmark.png 2.ついに来た!

実は、本日記事を書いていますが、私がGmailの予約送信機能に気づいたのは、4月後半でしたので、日本にも約束通り、2週間ぐらいでリリースされたことになります。

でも、あまりにも地味な感じだったので、リリースされたことに気づかない人も多いのではないのではないでしょうか?
10連休明けの本日から、Gmailを触るという人もいるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

チェックポイントは、こちらです。

2019050701.png



分かりづらいですよね…。

ちなみにiPhoneでも使えるようになっています。

「えっ…」ってなった人すぐチェックしましょう。
iPhoneは、ここを見ると良いです。

2019050702.png




checkmark.png 3.実際に使ってみる

では、実際に使ってみましょう。

1.PCからの予約送信
「送信」ボタンの右側にある逆三角形のところをクリックすると、「送信日時の設定」と出てきます。

2019050703.png



クリックすると、おおよそこの時間に送ったらどうですか?という選択肢が出てきます。もちろん、ここから選んでも良いのですが、他の日時や細かく設定したい場合もありますよね?そういう場合は、「日付と時刻を選択」をクリックしてください。

2019050704.png



ここで、好きな日時を設定できます。確認した限りは、何年先までも送ることができそうです。

2019050705.png



送信日時をを設定すると、Gmailの項目に「予定」という項目が追加されます。ここで、送信予定を確認することができます。

2019050706.png



2.iPhoneからの予約送信
iPhoneからでも大きく変わりません。
右上の三点アイコンをタップして出てくる「送信日時の設定」をタップしましょう。

2019050702.png



そうすると、PCよりもさらに直感的な感じで、送信予約ができます。もちろん、カスタムして送りたい場合は、「日付と時間を選択」をタップしましょう。

2019050707.png

2019050708.png


そうすると、PCと同じく「送信予定」という項目ができるので、それで確認できます。

2019050709.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 こんなことにも使えるよね?

待ちに待ったというか、なぜ今まで無かったのかと思ってしまうぐらいに待ち望まれていた機能である予約送信機能ですよね。使い始めると、昔からあった機能のような気がしてしまうぐらいには、違和感がありません。
相手側のタイミングに合わせて送るだけではなく、自分宛のリマインダーとしても使えそうですよね。特に何年先にも送れるので、忘れがちだけど期間が非常に長い車の免許更新とかそういうのの自分用のお知らせに使うと良いかもですよ?





Evernote for GmailのiPhone版出たよ!




情報管理LOGの@yoshinonです。
以前、PC版のEvernote for Gmailについて記事にしました。「これのiPhone版があれば、便利なのになー」と思っていたら、ついに対応しましたよ!
なかなか気付かないところにあるので、気付かない人は、全く気付かないかも??
というわけで、今回は「iPhone版Evernote for Gmail」についてです。

  
【 Evernote for GmailのiPhone版出たよ! 】  
 1.Evernote for Gmailとは

 2.iPhone版が出た!

 3.使ってみた







checkmark.png 1.Evernote for Gmailとは

先日、PCでのEvernote for Gmailについて、取り上げました。

Evernote for Gmailを導入してみました



これが、ものすごく簡単なのですよ。
今までEvernoteに転送して送っていたのが、一切必要なくなったのです。これは、とても画期的なことでした。わざわざ、Evernoteに転送するためだけにメールを一通送るという手間がなくなったのです。

私は、アマゾンで購入したものや、ホテルの予約など重要なメールはEvernoteに保存するようにしていました。なので、ちょいちょい転送を使っていたのです。




PCでのEvernote for Gmailは、このように便利に使っていたのですが、モバイルでの転送には対応していませんでした。そのため、iPhoneではいつも通り転送を使ってやらざるをえなかったのです。





checkmark.png 2.iPhone版が出た!

しかし、先日iPhoneのGmailを開いてみたらこんなマークが出ていました。なんだコレ?




「もしかしたら、できるのでは?」

しかも、「利用可能なアドオン」とあるではないですか。これは限りなく、「Evernote for Gmail」のようにしか見えません。




checkmark.png 3.使ってみた

というわけで、早速使ってみました。
転送したいメールの文面の最後までスクロールすると、このような先程のアイコンが見えてくるはずです。





設定は、三点アイコンのところをタップすれば出てきます。





基本的にPCの方で設定が完了していれば、その設定内容も同期されているように思われます。もしも、まだ設定してないならば、規定のノートブックぐらいはinboxに設定した方が良いかもしれません。





設定が完了したら、元に戻り、「保存」をタップしてください。





これだけで、Evernoteの保存が完了します。ものすごく簡単ですよね。







eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
よい連携

Gmailで、まさかEvernoteとの連携を図るとか思いもよりませんでした。最近のGoogleは、他社サービスとの連携に力を入れつつあるなと思っています。記事にはしていませんが、Google マップでも他社サービスとの連携を始めたようですし、なかなか目が離せません。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG