TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

家族で音楽をシェアするならばGoogle Play Musicが一番です

https://gyazo.com/2e8a1ef47758106170e949f99997f3b0


情報管理LOGの@yoshinonです。
しばらくずっとiTunesを中心に家庭内の音楽環境を整えていたのですが、実際問題としてiTunesよりもGoogle Play Musicの方が、家族で音楽をシェアするという意味で優れているという結論に達し、ほぼ完全にシフトしたという話です。

  
【 家族で音楽をシェアするならばGoogle Play Musicが一番です 】  

 1.かつての我が家の音楽環境

 2.iTunesのもどかしさ

 3.Google Play Musicにシフトする

 4.Google Play Musicにして変わったこと







checkmark.png 1.かつての我が家の音楽環境

かつてと言ってもこの1年以内なのですが、まずは我が家の以前の音楽環境について。

妻、子ども(小学生中学年)、自分の3人家族。
で、以下それぞれの音楽環境。

<自分>
・基本PCを操作するのは、自分がメイン。
・iTunesで曲を買ったり、YouTubeで聴いたり、Google Play Musicで聴いたりしている。
・iPhoneでは、Google Play Musicをメインで使っている。
・車の中では、FMトランスミッターでGoogle Play Musicの曲を飛ばして聴いている。


<妻>
・iTunesでCDから曲を取り込むぐらいだったらできる感じ。
・基本、オーディオ機器にCDを入れて聴くか、iPod nanoに入れた曲を聴いている。
・iTunesからiPod nanoに音楽を入れるのは、私がやっている。本人はよく分からないというスタンス。


<子ども>
・オーディオ機器にCDを入れて聴くか、iPadでYouTubeで聴いたりしている。
・レンタル屋さんでCDを借りてきたのを、私がiTunesで取り込んでCDに焼いたりしている。


要するにiTunesが要なわけなのですが、そのiTunesを操作する主体が自分だけになってしまっているという点と、そもそものiTunes自体の問題点の多さから、どうにももどかしい状況が続いていました。





checkmark.png 2.iTunesのもどかしさ

iTunesは、当初はシンプルな操作で色々できて画期的だったのですが、今や自分の中ではレガシー化しつつあります。皆さん、iTunesに満足しています?
むしろ、私は今や不満しかない訳なのですが。

どこらへんに不満を感じているのかという点を挙げてみます。

・もはや直感的に操作できる感じじゃない。
・iTunes Storeで購入したものは、同期されるけど、CDから取り込んだものは同期されない。
・PCを引っ越すたびに面倒な移動の手続きをしなくてはいけない。

 →今さらどうして、あんな面倒な方法をユーザーにとらせるのだろうという謎
・今さら認証できる機器が5台とか少なすぎ。10台でもどうなの?と思う。

Apple ID と iTunes には、一度に 10 台のデバイス (うちコンピュータは 5 台まで) を関連付けておくことができます。

関連付けられているデバイスを iTunes で表示・削除する - Apple サポート



しかし、実際問題として、ずっと以前からiTunesを使い続けているので、なかなか家庭の音楽環境を改善するというのは、けっこう大変だろうなと思っていたのです。





checkmark.png 3.Google Play Musicにシフトする

しかし、ふと

Google Play Musicに切り替えてみたら幸せになれるんじゃない?

と思い至ったのです。

とはいえ、完全に切り替えるというのではなく、現実的に可能な部分のみを切り替えるだけで、ものすごく改善するのではないかと考えました。

そこで、以下のようにすることにしたのです。

1.CDなどのリッピングは、iTunesでやる
2.Google Play Musicに自動同期させる
3.iPadやiPhoneのメインのミュージックアプリをGoogle Play Musicにする



1.CDなどのリッピングは、iTunesでやる
これは、妻がCDのリッピングは、できるという前提条件があったので、リッピングソフトを別に切り替える必要がなかったからです。あと、iTunesでリッピングすると、2の自動同期ができるというのも大きかったです。


2.Google Play Musicに自動同期させる
これは、情報管理LOGでは何度も取り上げているので、ご存じの方も多いと思いますが、Google Play ミュージック マネージャというソフトを使うと、自動でiTunesの曲をGoogle Play Musicにアップロードしてくれるのです。これで、もはやiTunesは、単なるリッピングソフトと成り果ててしまいました。

アップロード - Google Play Music
アップロード - Google Play Music




やり方に関しては、以下の記事で書いていますので、参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


3.iPadやiPhoneのメインのミュージックアプリをGoogle Play Musicにする
最後の仕上げとして、iPadなどのメインのミュージックアプリをGoogle Play Musicに変更すると宣言しました。妻も子どもも別にどんなアプリでもよく、音楽が聴けたら良いというスタンスなので、すんなりと移行できました。

図にするとこんな感じになりました。

https://gyazo.com/8904e9bb190c7529b70ed8f8f8a9b0f5




checkmark.png 4.Google Play Musicにして変わったこと

案外、あっさりと移行できたのですが、これにより私の負担が劇的に少なくなりました。
今までiTunesでリッピングしたものをCDに焼いたりという手間から解放されたのです。

CDは、iTunesでリッピングした時点でGoogle Play Musicに同期されるので、それぞれの機器に入れる必要もなくなりました。
それぞれの機器で聴けば良いという感じに移行しました。

とはいえ、まだ課題はあり、iPod nanoはオンライン同期ができなかったり、オーディオ機器にAirPlayで飛ばすための機器を整備しなくてはいけないといった部分は残されています。

しかし、それもiPod Touchへの移行やAirPlay対応のアダプタなどを購入することで、カバーできそうな見通しは立ってきました。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iTunesは、そろそろ抜本的な改革の必要性があるかもね

iTunesを使っていて思うのは、建て増しし、増築し続けた建物のようだなという印象です。一応、Appleらしくシンプルっぽく仕上げていますが、それでも覆い隠せないぐらいには、なってきていますよね。
かれこれ、何だかんだと使い続けいますが、そろそろ抜本的な改革が必要なのかもしれません。そうしなければ、Google Play Musicの単なるリッピングソフトに成り下がるだけかもしれませんね。


【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール
【全点30%OFF】小学館新書祭り!(5/25まで)
【1巻100円&続巻30%OFF】森博嗣特集(5/25まで)
【最大50%OFF】ヤングエース7周年記念「エヴァンゲリオン一気読み」フェア(5/25まで)
【50%OFF】「キクタン・ユメタン単語特集」セール(5/25まで)
【50%OFF以上】祥伝社×ぶんか社 内田春菊キャンペーン(5/25まで)
お仕事「時短術」関連本半額(5/25まで)
【50%OFF】ガジェット&ゲーム関連書特集(5/25まで)
【40%OFF】かんき出版40周年記念 悩みにこたえる、自分を変える40冊(5/25まで)
【50%OFF】サブカル本特集(6/1まで)
【30%OFF】紙書籍の新品が入手困難な作品特集 (6/1まで)
【ALL200円】講談社の実用書100冊フェア(6/1まで)
【30%OFF】幻冬舎ビジネス書フェア (6/1まで)










最近追加されたGoogleマップの便利な機能5選

2017051700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんは、Googleマップ使っていますか?
私は、方向音痴なので、これがないと死ぬぐらいな感じです。また最近のGoogleマップは、超絶進化しまっていて、こんな機能もあったの⁉︎と思えるぐらい高機能化しています。そんなGoogleマップで最近追加された機能で、これは便利だなと思った機能を5つご紹介いたします。

  
【 最近追加されたGoogleマップの便利な機能5選 】  

 1.駐車場所を記憶する

 2.クチコミの自動翻訳

 3.ホテルの予約

 4.リストの保存

 5.現在地の共有




2017051601.png


checkmark.png 1.駐車場所を記憶する

まず一つ目は、駐車場所の記憶についてです。
よく広い駐車場とかに駐車した時に、「アレ?どこらへんだったけ?」となってしまったり、初めて訪れた街で駐車場をロストしたという経験ありますよね?私はしょっちゅうあります。
そういうわけで、ゴールデンウィークの時に旅行した時に、これが遺憾無く発揮され、ありがたかった機能です。

自分が、駐車した場所をGoogleマップが自動的に記録してくれるのです。

2017051701.png



もちろん、自分で記録させることも可能です。
右上の3点メニューをタップすると、下からニョキッとメニューが出てきます。この中の「駐車場所として設定」をタップすると、その場所を駐車場所としてGoogleマップに記録できるのです。

2017051702.png



あとで、駐車場所を探す時に、地図上に記録されているので、それを見れば一発で解決します。
誰だこれ考えた人。天才でしょ。




checkmark.png 2.クチコミの自動翻訳

私は、最近ではGoogleマップをグルメの口コミ情報として使うようにしています。それぐらい、Googleマップの口コミが充実しているのです。まだ見たことがないという人がいるならば、ぜひチェックして見てください。ヘタなグルメ情報サイトよりも充実の口コミっぷりですよ!

さて、このクチコミに関しては、レストランなどのグルメ情報だけではなく、様々な場所についています。海外旅行などに行った際に、今までだったら、日本人の口コミを探して読むという感じでした。しかし、先日これに口コミの自動翻訳機能がついたのです。

ニューヨーク現代美術館(MOMA)での口コミ。

2017051703.png



中国語もこの通り。
やや、翻訳が怪しいですが、大まかに意味が掴めるはずです。

2017051704.png



これで、現地人しか書き込みのなかったところでも、臆することなく行くことができるようになりますね。




checkmark.png 3.ホテルの予約

まあ、これはじつは最近ではないのですが、かなり便利に使わせてもらっているので、これも紹介しておきます。
Googleマップでホテルの予約すらできるんですよ!実は。
こうやって、ホテルを検索して…

2017051705.png



下にスクロールすると、「空き室状況の確認」と出てきます。これは、Google自体が提供しているのではなく、いくつかの旅行業者と提携している機能のなんですけどね。

2017051706.png



ここから、チェックインとチェックアウトを設定して、予約を取りたいサイトを指定すると、ブラウザが立ち上がってサクッと予約できるのです。

2017051707.png



複数のホテル予約サイトを横断して、値段比較できるのラクですよね。
最近では、Googleマップで良いかな?と思うようになってきています。




checkmark.png 4.リストの保存

これ、すごく便利な機能なんですよ。
ようするに地図のブックマークみたいなものです。
例えば、行ったことのある場所を表示しておいて、「保存」のボタンを押すと…

2017051708.png



下からニョキっとリストが現れます。追加したいリストをタップすると保存されるのです。

2017051709.png



例えば、「行った場所」というリストに保存しておくと、「マイプレイス」の

2017051710.png



「保存済み」に自分のリストがあるので、いつでもそこから呼び出すことができるのです。

2017051711.png



もちろん、リストは自分でいくらでも作成可能です。

2017051712.png



checkmark.png 5.現在地の共有

これは、リアルタイムで自分の場所を相手と共有することができる機能です。今までだったら、静的にしか場所を共有できなかったのが、動的に共有できるようになったのです。これは、待ち合わせの概念が変わりますよね。

やり方は、ハンバーガーメニューからメニューを開いて、「現在地の共有」をタップします。

2017051713.png



下の「使ってみる」をタップしても良いし、上の検索欄でいきなり共有したい相手を指定しても良いです。

2017051714.png



共有するための時間を区切ることができます。無闇にずっと共有しっぱなしだったら嫌ですよね(よく考えられていますね)。

2017051715.png



「ユーザーを選択」をタップすると、連絡先から共有相手を選ぶことができます。

2017051716.png



あとは、地図上に現れるアイコンを見れば、分かるという仕組みです。ちなみに、共有はLINEでもメールでもそのURLを送れば、可能というのも簡単で良いですね。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleマップは、確実に進化してますよね

実は、まだまだ紹介し切れていない細かい機能もたくさんあるのですが、こうやって見てみると、Googleマップは、恐ろしいほどに着実な進化を遂げていますね。Appleのマップもかなり良くなってきていますが、それでもまだまだ足下にも及んでいない感があります。
Googleは、地図というキーを元に、もはや地図以上のことを提供しているのですよね。そして、それが確実に成果を上げているのが、すごいのです。




【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】サバイバル特集(5/18まで)
【無料試し読み&50%OFF】ハーパーBOOKSタイトル(5/18まで)
【50%OFF】毎日の仕事がスムーズに進む「仕事のお悩み解決」キャンペーン(5/18まで)
【期間限定無料多数】汗かきガンバル! 女子特集(5/18まで)
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール
【全点30%OFF】小学館新書祭り!(5/25まで)
【1巻100円&続巻30%OFF】森博嗣特集(5/25まで)
【最大50%OFF】ヤングエース7周年記念「エヴァンゲリオン一気読み」フェア(5/25まで)
【50%OFF】「キクタン・ユメタン単語特集」セール(5/25まで)
【50%OFF以上】祥伝社×ぶんか社 内田春菊キャンペーン(5/25まで)
お仕事「時短術」関連本半額(5/25まで)

YouTubeのダークモードって知ってる?

2017050500.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
連休中は、家で動画三昧という人もいるかもしれませんね。
さて、YouTubeにダークモードが新しく搭載されたって知っていますか?たぶん、まだ知らない人も多いのでは無いかと思われるので、ご紹介いたします。
目に優しくなるので、長時間観る人には良いかもですよ。


  
【 YouTubeのダークモードって知ってる? 】  

 1.YouTubeの新デザイン

 2.以前のYouTubeとの比較

 3.ダークモードを試す







checkmark.png 1.YouTubeの新デザイン

現在、Googleでは、Google系サービスをマテリアルデザインにする方向で進めています。YouTubeもご多分に漏れず、マテリアルデザインにシフトしようとしています。
マテリアルデザインって何?という人は、こちらを参照してみてください。

マテリアルデザインについて少し調べる - Qiita
マテリアルデザインについて少し調べる - Qiita





単なるフラットデザインと違って、奥行き感があったり、ユーザーライクなデザインを目指しています。


YouTubeでは、まだ完全にマテリアルデザインに移行していないので、一足先に体験してみたい人は、こちらからどうぞ!

YouTube
YouTube




https://gyazo.com/844bc54f2d11e7015ebeb0eeccea1602




checkmark.png 2.以前のYouTubeとの比較


さて、先ほどのリンクから「今すぐ試す」をクリックすると、すぐに新しいYouTubeにアクセスできます。
上が、新しいYouTubeで、下が従来のYouTubeです。
マテリアルデザインは、全体的なデザインが、さらに洗練されている感じがしますね。

https://gyazo.com/c0bdf18f321e0f81f596f2f3e15460eb


でも、以前の方が、一覧性は良いですね。

https://gyazo.com/5509c0b47a93cd6794d636d9f28ae543





checkmark.png 3.ダークモードを試す

この新しいマテリアルデザインのYouTubeには、ダークモードがあります。
早速やってみましょう。

右上のユーザーアイコンをクリックして、メニューを表示。「ダークモード:オフ」と書かれている部分をクリック。

2017050501.png



ダークモードをオンにします。

2017050502.png



すると、一気に画面が黒く変わりました。
トップページは、こんな感じ。

2017050503.png



再生すると、こんな感じです。

2017050504.png



周りが、白いと目が痛くなってきますが、これだと見やすいですね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 長時間観る人には、良いかも!

このYouTubeのダークモードは、長時間動画を見る人には、かなり良いですね。私には、YouTubeのというか、白いフラットなデザインって、目が痛くなるのですよね。だから、こういうのが本当にありがたく感じます。



このiPhone充電器ケース良いと思いません?



【Kindleセール情報】
【超大幅値下げ】インベスターZ「右肩上がりセール」(5/7まで)
【全点50%OFF】光文社 思想・哲学フェア(4/28(金)~5/11(木))
【30%OFF以上】「週刊東洋経済eビジネス新書」200号記念CP(5/11まで)
【50%OFF】「子どもの日」に子どもと読みたい児童書特集(5/11まで)
【期間限定無料多数】完結ホヤホヤマンガ特集(5/11まで)
【最大50%OFF】STEM力UPキャンペーン (5/11まで)
【30%OFF以上】「週刊東洋経済eビジネス新書」200号記念CP(5/11まで)
【最大80%OFF】「鉄道本」フェア(5/11まで)
【30%OFF】「日本国憲法」関連本フェア(5/11まで)
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール


GoogleのAutoDraw使ってみたよ~これは一体なんなのか?

2017041300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleが先日発表した「AutoDraw」というサービスですが、なかなか面白そうなので、さっそく使ってみました。
使ってみてのレビューや考察です。

  
【 GoogleのAutoDraw使ってみたよ~これは一体なんなのか? 】  

 1.Googleが出したAutoDrawとは何か?

 2.実際に使ってみた

 3.ショートカットキー使えます







checkmark.png 1.Googleが出したAutoDrawとは何か?

Googleが、人工知能による画像解析でイラストを出してくれるというAutoDrawというサービスを始めました。

AutoDraw
AutoDraw




これは、手書きで描いた絵からマッチするイラストを、専門のイラストレーターが描いたイラストの中から探してくれるというものです。AutoDrawという名称なので、人工知能が代わりに描いてくれるというものではありません。

どちらかというと、画像マッチングサービスと考えると良いかもです。






checkmark.png 2.実際に使ってみた

さて、使ってみないとその良さは分かりません。
というわけで、さっそく使ってみました。

アクセスしてみると、このように表示されます。
簡易的なドローソフトみたいですね。

2017041301.png



ツールバーのそれぞれの機能は、こんな感じです。分かりやすい。

2017041302.png



それでは、描いてみます。情報管理LOGのアイコンにもなっている眼鏡を描いてみますか。

2017041303.png



あっさりと、認識されました。一応、眼鏡のつもりで描いたので、それが一番先に出てきて良かったです。

2017041304.png



一番上のアイコンをクリックして、画像を選択して位置調節や大きさの調整を行います。
大きくしたり、

2017041305.png



角度を変えてみる。

2017041306.png



文字も打ってみます。
日本語も打てますが、フォントは対応していません。ま、そんなもんか。

2017041307.png



色は、カラーパレットから選択できます。思ったよりも色のバリエーションがあって驚きました。

2017041308.png



色を塗りたい部分をクリックすると、色が塗られました。気持ち悪い色の組み合わせになってしまいました…。

2017041309.png



気を取り直して、眼鏡の形も変えてみました。

2017041310.png



Shapeも使ってみます。どうやら、○△□しかない模様。

2017041311.png



こんな感じでロゴができました。

2017041312.png



できた画像は、ダウンロードできます。左上のハンバーガーアイコンをクリックすると、メニューが出てくるので、そこから「Download」を選択すると、画像がダウンロードされます。

2017041313.png


形式は、PNGでした。これが、ダウンロードされた画像です。
※クリックすると、元画像が表示されます。

2017041314.png



じゃあ、他にもどうかな?ということで、まずはカタツムリ。

2017041315.png

2017041316.png


つぎに、お猿さん。これ厳しいかな…。

2017041317.png



と思ったけど、なんとか認識してくれた!

2017041318.png



じゃあ、これだったら、どうだ!

2017041319.png



おぉ!

2017041320.png



というわけで、人工知能半端ないですわ。




checkmark.png 3.ショートカットキー使えます

AutoDrawを使ってみて、これ良いなと思ったのは、ショートカットキーが使えることですね。といっても、基本的なモノしか使えませんが。

私が、確認したのは、以下のキーです。

Delete  :消す

Ctrl + C :コピー

Ctrl + V :貼り付け

Ctrl + Z :やり直し





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ちょっとしたイラストを使うには良いかも

AutoDrawを試してみて感じたのは、まだまだ簡易的ということですね。それでも、著作権的にクリアされたイラストが、本当にサクッと手に入るのは、ありがたいです。いちいちゼロから描くのも面倒ですし。

画像検索と何が違うんだ?

というご意見もありましたが、画像検索は、有象無象なんですよね。でも、クオリティがある程度揃っているというのは、実はけっこう使いやすかったりします。


現在、再読中。
原点に帰るってすごく大事だなと、激しく実感中。







【Kindleセールのまとめ】
※期日が迫っているものがあります。
【最大50%OFF】KADOKAWA メディアミックスフェア(4/13まで)
【50%OFF以上】IT書合同キャンペーン(4/13まで)
【50%OFF】新生活のためのビジネス書 特集(4/13まで)
【最大30%ポイント還元】40周年記念 かんき出版ベスト100タイトル(4/13まで)
【30%OFF】新社会人&就職生応援 仕事術フェア(4/13まで)

【120冊半額】春の光文社新書フェア(4/20まで)
【50%OFF以上】学研リレーセール春の超拡大版第2弾(4/20まで)
【30%OFF】はじめての現代新書フェア(4/20まで)
【30%OFF】本屋大賞関連作フェア(4/27まで)
竹書房コミック半額セール(期間不明)
【70%OFF以上】写真集セール(4/30まで)
集英社春マン2017 第4弾(期間不明)
集英社春マン2017 第3弾



年度始めだからこそやりたい!Googleカレンダーにスケジュールを一括入力する方法(安定版)

2017040100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
いよいよ4月になってしまいましたね。皆さん新年度準備でお忙しい時期では無いかと思います。
私は、スケジュールを全てGoogleカレンダーで管理しているのですが、年間の予定を4月の初めに入力するようにしています。けれども、1件1件すべて手入力なんて、たるいことをやってられないので、自動で一括入力するようにしています。
というわけで、Googleカレンダーでスケジュールを一括入力する方法についてです。これで、一気に数百件の予定もサクサクできますよ!


  
【 年度始めだからこそやりたい!Googleカレンダーにスケジュールを一括入力する方法(安定版) 】  

 1.Googleカレンダーに一括でスケジュール入力したい!

 2.スケジュール登録(安定版)

 3.スケジュールを一括入力する方法




2017033110.png



checkmark.png 1.Googleカレンダーに一括でスケジュール入力したい!

皆さんは、スケジュールの管理をどうされていますか?
私は、全てのスケジュールをGoogleカレンダーで一元管理しています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


もはや、日々変わるスケジュールを紙で管理することの方が難しいと感じています。なので、手帳はあくまでも、スケジュールをメモするぐらいで、最終的に全てGoogleカレンダーに入れるようにしているのです。

そのように、Googleカレンダーに一元化しているわけですが、仕事上のスケジュールや個人の趣味のスケジュールなど、年間分まとめて入れたい!と思うことってありますよね?
でも、スケジュールをポチポチと1件ずついれるのも正直たるいですよね?

そこで、Googleカレンダーに一括入力してしまいましょう!
これを覚えてしまったら、

今までの苦労は一体…

と心底思うはずですから。





checkmark.png 2.スケジュール登録(安定版)

実は、情報管理LOGをずっと読んでくださっている方は、分かると思うのですが、このGoogleカレンダーにスケジュールを一括入力するという記事は、何度か書いています。
昨日、久しぶりに年間スケジュールをGoogleカレンダーに一括入力するために、やってみたのですが、エラーが出るバージョンがあったり、うまく登録できないものがあったりしたので、2017年版の安定版として、再公開したいと思います。

これが、今のところ最も安定してスケジュール登録できるバージョンです。

スケジュール登録 ver.1.1 (安定版) 情報管理LOG版


これは、Yuhei FUJITA氏というGoogleプロダクトフォーラムでTCをしているすごい方が、作成されたGoogleスプレッドシートのスクリプトです。
とにかくすごすぎるので、ぜひ体験してみてください。





checkmark.png 3.スケジュールを一括入力する方法

では、使い方です。

1.自分のGoogleドライブにコピーを保存する
先ほど上で挙げたスケジュール登録 ver.1.1 (安定版) 情報管理LOG版にアクセスしてください。そして、すぐにコピーを作成してください(絶対にコピー元でやらないように!)。

2015032102.png



で、保存したい名称を決めて「OK」。

2015032105.png




2.スクリプトエディタを起動
メニューの「ツール」→「スクリプトエディタ」を起動します。

2015032103.png




3.「実行」→「onOpen」
メニューの「実行」→「onOpen」をします。

2015032104.png




4.承認をする
すると、ポップアップで「承認が必要です」と出るので、「続行」をクリック!

2015032106.png




5.カレンダーの一覧取得をする
「自動処理」という項目が、メニューに増えているはずなので、
「自動処理」→「カレンダー一覧取得」
で、自分のGoogleカレンダーの一覧をゲットします。
※当たり前ですが、一覧を取得したいGoogleカレンダーのアカウントでログインしていることが必須です。

2015032108b.png



この時、4と同じように承認を求められることがあるので、以下のように承認してください。

2017040101.png

2017040102.png




6.スケジュールの入力
さて、ここで1件ずつポチポチと入力するのも良いのですが(Googleカレンダー上で入力するよりは圧倒的にラク)、エクセルなどのスケジュールが入力されているところから引っ張ってくると良いでしょう。そのためのスクリプトなのです。

最低でも

 ・入力したいカレンダーの選択
 ・スケジュール名
 ・日付形式(終日か日時指定)
 ・日付(日時指定だったら、「開始日時」「終了日時」を指定)

  →終日の場合:2017/04/01のように記述
  →日時指定の場合:開始日時と終了日時を2017/08/01 10:13:00のように記述

を入力しましょう。
なお、スケジュール名と日付指定は、セルの連続コピーでザーッとやってしまうと超ラクです。



7.スケジュール一括入力!
「自動処理」→「作成」
で一括入力が、始まります。200件程度だったら、数分で完了します。

2015032111.png


圧倒的な楽さで、本当に今までの苦労って一体…。と思うはずです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 自動化できる部分は、自動化しよう!

特に業務に関するスケジュールだったら、エクセルで管理していたり、何らかの形でデータ化されていますよね?
それを、あえて手入力する必要は無いのです。人はやるべき仕事は、そういうことではありません。数時間かけて、数百件の予定を入れるぐらいだったら、数分で数百件の方が、良いはずです。

コンピュータを使う意義って、そういうことだと思うのですよね。

それにしても、Googleスプレッドシートってエクセル越えしているなと、しみじみ思います。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG