TOP > CATEGORY - Webサービス

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

急げ!Dropbox3年版がおよそ半額に!(44%オフ!)

2017052500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
久しぶりのDropbox有料版の値下げ情報です。
なんと、Dropboxの3年版がおよそ半額(44%オフ)になるというチャンスです!6月1日(木)までなので、お考え中の人は急げ!

  
【 急げ!Dropbox3年版がおよそ半額に!(44%オフ!) 】  

 1.Dropbox3年版がおよそ半額!

 2.有料版Dropboxにすると何が良いのか







checkmark.png 1.Dropbox3年版がおよそ半額!

まずは、ニュースということで、Dropbox3年版が、期間限定でおよそ半額である44%オフで買えてしまいます。

通常価格は、

3年版 36,000円(1,000円/月)

となっています。

しかし、今回のセールでは、

3年版 19,800円(550円/月)

となるのです。まさに、コーヒー1杯分の値段でDropbox Plusに移行できるというチャンスなのです。

しかし、これはDropboxの公式サイトで購入するのではなく、ソースネクストで購入することになります。ソースネクストの場合、3年版は元々24,000円ということで、本家で買うよりは安いのですよね。しかし、さらに安くなっているので、買うなら今という状態になっています。






checkmark.png 2.有料版Dropboxにすると何が良いのか

そもそも、Dropboxを使っているけど、それが有料版になったからといって何が変わるの?と思っている人もいるかと思います。有償版は、以下の部分が無料版と比較して優れています。

1.1Tバイトの容量
容量が、1Tバイトになります。ぶっちゃけ、これだけあったら、今あるデータをほとんど突っ込んでおいても余裕で足りてしまいますよね。Dropboxの唯一の欠点である容量の少なさというのが、これでカバーされるわけです。

ちなみに、有料版の期間が終了したら、ファイルがどうなるかというと、削除されないのですよね。実は。単に追加や上書きができなくなってしまうだけなのです。そして、サーバーからのダウンロードは、いつでもできます。だから、こう考えることもできるのです。一度、有料版で手持ちのデータを全部アップロードしておいて、あとは倉庫代わりとして使うということもできるわけです。Dropboxの安全なクラウドにずっと保管しておいてもらえるならば、安いものですよね。



2.共有機能の強化
Dropbox Plus(有料版)にすることで、共有機能がパワーアップします。
通常のDropboxでも十分に共有機能が優秀で、ファイルの受け分けたしなどにも日常的に使えますが、有料版にすると以下の部分が強化されます。

・共有リンクの有効期限の設定
・パスワードによる制限の設定
・共有フォルダの管理権限の設定


Dropboxの無料版の場合、共有リンクでファイルを共有したときには、そのファイルはほとんど自由にできてしまう感じなのですが、Dropbox Plusだときちんと人に応じて、制限をかけられるというのは、良いですね。

例えば、写真をアップロードしておいて、パスワードで制限をかけつつ、さらに管理権限で自由に削除されないようにしておくというようなことが可能になるということです。



3.無料版からのスムーズなアップグレードが可能
現在使っている無料版のDropboxのデータはそのままで、有料版に移行します。なので、環境を移行するといった手間は一切かかりません。さらに、有料版が終了しても、そのまま無料版のDropboxに移行するだけなので、これも別に気にすることはない感じになっています。



4.モバイル版でオフラインアクセスが可能になります
モバイル版のDropboxでどうしても通信が安定せずに、オフラインで使いたいときがありますよね。そういうときもオフラインアクセスが可能になります。事前にモバイル版でオフラインアクセス用にファイルやフォルダを設定していれば、オフラインアクセスできるのです。もちろん、オンラインになれば、通常に同期されるので、移動中での作業が安心してできるようになりますね。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Dropboxは優秀なオンラインストレージですよね

DropboxとGoogleドライブは、安定性&安全性という面から考えたときに優秀なオンラインストレージだなと思っています。特にDropboxは二重認証や万が一のバックアップ機能が優秀なんですよね。元のファイルを誤って削除してしまっても、Dropbox上から復帰させることができるので、何度助けられたことか…。
また、数あるオンラインストレージの中でも、自分の中ではダントツに同期が速いと感じます。なので、テキスト関係のデータを入れておいて、どんどん更新しても、全く遅延を感じたことがありません。
当初、群雄割拠のごとくオンラインストレージが、しのぎを削っていた時代がありました。しかし、なぜ無料版で容量の少ないDropboxが生き残ってこられたか?というのは、なんとなく分かる気がします。





【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール
【全点30%OFF】小学館新書祭り!(5/25まで)
【1巻100円&続巻30%OFF】森博嗣特集(5/25まで)
【最大50%OFF】ヤングエース7周年記念「エヴァンゲリオン一気読み」フェア(5/25まで)
【50%OFF】「キクタン・ユメタン単語特集」セール(5/25まで)
【50%OFF以上】祥伝社×ぶんか社 内田春菊キャンペーン(5/25まで)
お仕事「時短術」関連本半額(5/25まで)
【50%OFF】ガジェット&ゲーム関連書特集(5/25まで)
【40%OFF】かんき出版40周年記念 悩みにこたえる、自分を変える40冊(5/25まで)

【50%OFF】サブカル本特集(6/1まで)
【30%OFF】紙書籍の新品が入手困難な作品特集 (6/1まで)
【ALL200円】講談社の実用書100冊フェア(6/1まで)
【30%OFF】幻冬舎ビジネス書フェア (6/1まで)

パワポだけじゃない!プレゼンツール5選

2017052300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんは、プレゼンするときにどんなツールを使っていますか?たぶん、大方の人は、MicrosoftのPowerPoint(略:パワポ)やAppleのKeynoteを使っているという人が多いと思います。しかし、プレゼンツールって他にも色々あるんですよ。というわけで、今回は、パワポ以外にも使えるプレゼンツールをご紹介します。

  
【 パワポだけじゃない!プレゼンツール5選 】  

 1.Prezi

 2.Sway

 3.Slides

 4.Googleスライド

 5.Scrapbox







checkmark.png 1.Prezi

最初出てきたときは、この斬新さに「おおっ!」と唸ったものです。
PowerPointやKeynoteに慣れていると、この動き方にかなりシビれます。

プレゼンソフト | オンラインプレゼンツール | Prezi
プレゼンソフト | オンラインプレゼンツール | Prezi





また、考え方もパワポやKeynoteが、紙芝居形式であるのに対し、Preziは一枚の大きな紙をイメージすると良いです。こちらの動画を見ると、よく理解できるかも。




一枚の大きな紙上にプレゼンしたいことを貼り付けていって、それを結びつけるだけでできてしまうというのは、なかなか斬新な体験ができます。しかし、残念なことに基本有料なんですよね。

2017052301.png


もしも、学生さんや教育機関ならば、無料で使えますので、ぜひチャレンジできる方はどうぞ!

2017052302.png




作成はできないけど、iOS上でPreziを動かすためのアプリもあります。







checkmark.png 2.Sway

Preziだったら、「大きな一枚の紙」のようなサービスだと説明できるのですが、このSwayというのは、さらに説明が難しいなと感じます。あえていうならば、スクロールでプレゼンするツールかな?

Sway - 自分の Sway
Sway - 自分の Sway




縦のスクロールも横のスクロールでもできてしまうというのが、すごく新鮮です。
特に横スクロールは、パワポを見慣れていても、驚き感がありますね。



写真も動画も自由に貼れるし、TwitterやFacebook、さらにはYouTubeなどのオンラインコンテンツも入れ込む事ができるなど、自由度は高いです。
私の知り合いは、プレゼンツールというよりは、資料をまとめたりするツールとしても活用していたりします。

ちなみに、これMicrosoftの運営なんですよ。





checkmark.png 3.Slides

オンラインで作成することが前提のツールです。これが、めちゃくちゃ高機能で圧倒されます。様々なものを埋め込めるのは、もちろんのこと、iPhoneと連携してプレゼンできたりするのが、超便利です。

詳細に関しては、私よりもずっとこちらが詳しいので、これを読むとほぼ理解できます。

Slides – Create and share presentations online
Slides – Create and share presentations online




こちらが、Slidesで作成されたもの。横だけじゃなく、縦にも進むことができるって面白いと思いませんか?



ただし、一つ残念なことがあるとするならば、基本的に全てオンラインで公開されてしまうコトなんですよね。公開しても問題ないプレゼンだけにしておきましょう。





checkmark.png 4.Googleスライド

Googleスライドは、Googleドライブから作成できるプレゼンです。
実は、私はけっこう使っているんですよね。Googleドライブにアクセスして、サクッとオンライン上で編集できるのが便利なんですよね。前述のツールのような目新しさは、皆無ですが、それだけにツールに対する習得時間が全くかからないというのが、良いのです。
Google スライド
Google スライド






また、パワポのデータも読み込むことができます。パワポである程度下書きしておいて、それをGoogleスライドに読み込ませて、最後はオンラインで編集とかできるのです。

こうやって、Webに埋め込みも簡単なのも良いですね。







checkmark.png 5.Scrapbox

最後は、私が一番注目しているScrapboxをプレゼンツールにするというものです。Scrapboxには、元々プレゼンモードが最初から組み込まれており、ページに書いたものがすぐさまプレゼンに転用可能なのです。
ページの右上にあるアイコンをクリックすると、メニューが出てくるので「Start perezentation(beta)」をさらにクリックすると始まります。

2017052303.png


Scrapboxのヘルプを参照に用に貼っておきますね。
これで、プレゼンテーションモードを実験してみてください。

Scrapboxの使い方 - Scrapbox ヘルプ - Scrapbox
Scrapboxの使い方 - Scrapbox ヘルプ - Scrapbox





これの良いところは、メモがそのままプレゼンできるというところですね。気軽に作成からプレゼンまでが、すごくカジュアルにできるというところは、良いですね。どちらかと言えば、身内に対して説明する時用に使っていますね。

2017052304.png
2017052305.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 プレゼンツールは多様化しています

プレゼンの現場では、ちょっと前まではPowerPoint一択でした。しかし、「もういい加減パワポには飽きた」と思う場面も多くなってきました。内容よりもありきたりな構成や見せ方にうんざりしてしまうのです。
しかし、こうやってカジュアルに使えたり、見せ方にプラスワンがあるだけで、説得力は高まるとは思えませんが、少なくとも引きつけられるのは間違いないですよね。
パワポしか使ったことがないという人は、ぜひ一度使ってみてください。


「BLAME!」の映画化に併せて、1,2巻無料になっていますね。
にしても、これを連載として載せていた月間アフタヌーンの懐の深さよ!



【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール
【全点30%OFF】小学館新書祭り!(5/25まで)
【1巻100円&続巻30%OFF】森博嗣特集(5/25まで)
【最大50%OFF】ヤングエース7周年記念「エヴァンゲリオン一気読み」フェア(5/25まで)
【50%OFF】「キクタン・ユメタン単語特集」セール(5/25まで)
【50%OFF以上】祥伝社×ぶんか社 内田春菊キャンペーン(5/25まで)
お仕事「時短術」関連本半額(5/25まで)
【50%OFF】ガジェット&ゲーム関連書特集(5/25まで)
【40%OFF】かんき出版40周年記念 悩みにこたえる、自分を変える40冊(5/25まで)
【50%OFF】サブカル本特集(6/1まで)
【30%OFF】紙書籍の新品が入手困難な作品特集 (6/1まで)
【ALL200円】講談社の実用書100冊フェア(6/1まで)
【30%OFF】幻冬舎ビジネス書フェア (6/1まで)

TodoistがGoogleカレンダーと相互同期が可能に!

2017052000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
タスク管理サービスであるTodoistが、つい先日Googleカレンダーと正式連携をしました。実際に連携させてみましたので、やり方や感触などをレポートします。


  
【 TodoistがGoogleカレンダーと相互同期が可能に! 】  

 1.TodoistがGoogleカレンダーと正式連携しました

 2.実際に連携させてみる

 3.タスクを登録させてみる




2017051601.png


checkmark.png 1.TodoistがGoogleカレンダーと正式連携しました

つい先日である5月17日にTodoistが、Googleカレンダーとのリアルタイム相互同期(!)に対応したことを発表しました。こういうタスク系のサービスとしては、Remenber The Milk以来ではないでしょうか?

速報、TodoistとGoogleカレンダーがリアルタイム相互同期 | Todoist 公式ブログ
速報、TodoistとGoogleカレンダーがリアルタイム相互同期 | Todoist 公式ブログ







このリアルタイム相互同期というのは、画期的ですよね!Wunderlistユーザーである私もさすがに度肝を抜かされました。

Todoistに登録したタスクをGoogleカレンダーに即座に表示させることができ、さらにGoogleカレンダー上からもTodoistにタスクを登録させることができるというのは、夢のようですね。

Googleカレンダーとのリアルタイム相互同期を有効にすると、TodoistのタスクがGoogleカレンダーに表示されます。同期の速度は0.1秒から数秒です。そして、GoogleカレンダーでTodoistのタスクを作成・編集もできます。

速報、TodoistとGoogleカレンダーがリアルタイム相互同期 | Todoist 公式ブログ



というか、正直うらやましい。
もはや、WunderlistはMicrosoftの固い殻に閉じこもり始めているので、こっち方面の連携は望めそうにありません…。うぅ。

私は、かなり強引にZapierやWunderlistのカレンダーフィードなどを使って、実現していました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

それでも、相互同期のような柔軟性はないのですよね。




checkmark.png 2.実際に連携させてみる

さて、実際にGoogleカレンダーとTodoistを連携させてみたいと思います。
連携させるには、iPhoneアプリ上からはできず、ウェブアプリからしかできません。

さらに、実際に連携を始める前に気をつけなくてはいけないことにIFTTTやZapierなどでTodoistとGoogleカレンダーを連携させている人は、連携を停止させてください。
そうしないと、無限にタスクが増産されてしまうので。

さて、準備が整ったら、始めて行きましょう。

1.設定を開く
Todoistのウェブアプリにアクセスして、右上の設定アイコンをクリックします。

あなたと共にTodoist。
あなたと共にTodoist。




2017052001.png



そして、「設定」をさらにクリック。

2017052002.png




2.「連携」をクリック

2017052003.png



3.Googleカレンダーとの連携
Googleカレンダーの項目に「連携する」というボタンがあるので、それをクリック。

2017052004.png



4.アカウントの選択
連携させたいアカウントを選択します。

2017052005.png



5.カレンダーの権限の許可
許可してください。

2017052006.png



6.Googleカレンダーとの連携の詳細を設定する
既存のカレンダー上に書き込ませるか、新たなカレンダーを作成するか、同期するプロジェクトは全てか、単位時間はどれぐらいか、というようなことを設定していきます。

2017052007.png



最後に「連携する」をクリックすれば完了です!




checkmark.png 3.タスクを登録させてみる

では、実際にタスクを登録してみて、それがきちんと相互同期されるか確認してみましょう。

1.Todoistからのタスクの登録&完了
Todoist側からタスクを登録させてみると、0.1秒というのはさすがに大げさな感じですが、だいたい数秒以内に同期されるのが確認できました。
さらに、完了させて、「非表示」をさせると、やはり同じく数秒でGoogleカレンダー上からも消えました。

https://gyazo.com/1f7ca0316e399959640201dabbb0484a



2.Googleカレンダー上からのタスク登録&削除
今度は、逆にGoogleカレンダー上からタスク登録をすると、Todoistにやはり数秒で同期されました。また、Googleカレンダーからタスクを削除すると、Todoist上のタスクも削除されているのが分かるはずです。

https://gyazo.com/636b9ea2c16172c0ed74e4f4d57b8898


とにかく、数秒内できちんと同期されるというのは、かなり画期的だし、気持ちよいですよね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Todoistに乗り換えるか迷うところです

Todoistは、使いたい機能はすぐに有料になってしまうという悪い印象しかなかったのですが、Googleカレンダーとの連携はかなり心をぐらつかせています。今までWunderlistでは、登録したタスクを表示するのは簡単だったのですが、相互同期されていないので、一方的にWunderlistからGoogleカレンダーへ反映させるということをやってきていました。

しかし、ここに来てGoogleカレンダーとの相互同期を見せられると、カレンダー上で考えたいとき、リストを見ながら考えたいときというのが、両方できる良さというのを再認識しています。

さて、Todoistに乗り換えるべきか…。Microsoft To-doが、どこまでWunderlistに近づけるか、そして、さらにプラスアルファの価値観を提示できるかどうか?で決めたいと思います。




【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール
【全点30%OFF】小学館新書祭り!(5/25まで)
【1巻100円&続巻30%OFF】森博嗣特集(5/25まで)
【最大50%OFF】ヤングエース7周年記念「エヴァンゲリオン一気読み」フェア(5/25まで)
【50%OFF】「キクタン・ユメタン単語特集」セール(5/25まで)
【50%OFF以上】祥伝社×ぶんか社 内田春菊キャンペーン(5/25まで)
お仕事「時短術」関連本半額(5/25まで)
【50%OFF】ガジェット&ゲーム関連書特集(5/25まで)
【40%OFF】かんき出版40周年記念 悩みにこたえる、自分を変える40冊(5/25まで)
【50%OFF】サブカル本特集(6/1まで)
【30%OFF】紙書籍の新品が入手困難な作品特集 (6/1まで)
【ALL200円】講談社の実用書100冊フェア(6/1まで)
【30%OFF】幻冬舎ビジネス書フェア (6/1まで)

ブログにDripボタンを設置してみた

2017051800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近、毎日のようにDrip(旧hilight)を使っています。このDripというのは、記事の中で気になった部分をクリップし、共有できるというアプリ&Webサービスです。これのブログやサイトに埋め込む用のウィジェットができたので、さっそく使ってみました。


  
【 ブログにDripボタンを設置してみた 】  

 1.Dripとは、どんなサービスか?

 2.Dripウィジェットでできること

 3.Dripウィジェットの埋め込み方




2017051601.png


checkmark.png 1.Dripとは、どんなサービスか?

まず、Dripとはどんなサービスか説明します。
例えば、色々記事を読んでいて、気になる部分ってありますよね?そういう時に、皆さんはどうしますか?
ブックマークしたり、Pocketに保存したりしますよね。
しかし、時間が経つと、「一体、この記事のどこに注目したのだったっけ?」となってしまったり、「あのフレーズってどこで見かけたっけ?」となってしまうことが多いです。

しかし、Dripを使うと、フレーズ単位でクリップして保存しておけるので、そういう心配がなくなるのです。
例えば、こんな感じ。

偶然手にした本が、その後の自分を変えるということもまあまああることです。出会いは多く、その中から最良を選べば良いだけなのです。

良書が半額以上!「Kindleビジネス書・自己啓発書フェア」からピックアップしてみた - 情報管理LOG



さらに、TwitterやFacebookへの共有ができたり、

2017051801.png



ブログなどへの埋め込みタグの取得ができたります。特に埋め込みタグの取得は、他の記事の引用をするのが、すごくラクになりました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




checkmark.png 2.Dripウィジェットでできること

さて、そんな使えるサービスであるDripですが、つい先日ブログやサイトにDripの機能を埋め込むことができるタグが公開されました。
これが、それですね。

drip - dripボタン | widgets
drip - dripボタン | widgets






これを使うと何ができるかというと、

例えば、他の誰かが自分のブログの中の記事を引用しようとして範囲指定した時にこのように「引用を保存」と下の方に出てきます。

2017051802.png



これをタップすると、別ウィンドウが立ち上がります。
そうすると、特に拡張機能やアプリを入れていなくても、クリップできるのです。

2017051803.png



もしも、アカウントを持っていない人が、クリップしてくれようとした場合、「ログインしてクリップ」をタップ。

2017051804.png



そして、TwitterやFacebookでログインしてくれれば、誰でもできてしまうのです。自分のブログで他の人に刺さった部分が分かったり、ブログの宣伝になったりと、良いことづくめですね。

2017051805.png




checkmark.png 3.Dripウィジェットの埋め込み方

では、Dripウィジェットをブログに埋め込む方法ですが、先ほどのウィジェットを埋め込む用のタグを任意の場所に入れるだけでOKです!

2017051806.png



私は、FC2ですが、サイドのプラグインのフリー欄に貼り付けてみたら、できてしまいました。簡単すぎですね。

2017051807.png



ぜひ、情報管理LOGの適当な部分をクリップしてみてください。面白いので。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これは、言葉のブックマークなのです

上にも書きましたが、単なるブックマークやPocketのようなサービスとは違うのですよね。そう、どちらかと言えば、これは言葉のブックマークなのです。あの言葉、あのフレーズ、あの文章。それを確実にストックできるというのは、自分の中ではすごく大きいです。だから、現在ではフレーズのみを残しておきたいときはDripで、そして記事とどこが気になったのかを残しておきたいときは、Pocket+Dripで残すようにしています。これによって、どうしてその記事が気になったのかということが、確実に残るからです。
というわけで、Dripを広めるために、皆さんも自分のブログに入れてみませんか?スゴイ簡単に導入できますよ!


今頃?と言われるかもですが、マスターキートンのReマスターを読みました。
すげー面白いですね。浦沢直樹の最高傑作は、やっぱりマスターキートンとパイナップルアーミーだと思います。



【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】サバイバル特集(5/18まで)
【無料試し読み&50%OFF】ハーパーBOOKSタイトル(5/18まで)
【50%OFF】毎日の仕事がスムーズに進む「仕事のお悩み解決」キャンペーン(5/18まで)
【期間限定無料多数】汗かきガンバル! 女子特集(5/18まで)
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール
【全点30%OFF】小学館新書祭り!(5/25まで)
【1巻100円&続巻30%OFF】森博嗣特集(5/25まで)
【最大50%OFF】ヤングエース7周年記念「エヴァンゲリオン一気読み」フェア(5/25まで)
【50%OFF】「キクタン・ユメタン単語特集」セール(5/25まで)
【50%OFF以上】祥伝社×ぶんか社 内田春菊キャンペーン(5/25まで)
お仕事「時短術」関連本半額(5/25まで)

Gyazoをメインの画像キャプチャにするか迷っています

https://gyazo.com/9909fe85f093eb19be4362c20b99f3b2

情報管理LOGの@yoshinonです。
Scrapboxからの流れで、Gyazoを使うようになってきました。これが、今さらながら素敵なサービスで、まだ使っていない人には、オススメしたい感じです。
さて、情報管理LOGでは、基本的にFC2の画像アップロードを使って画像を表示させているのですが、そろそろGyazoをメインにしようかと見直したい気持ちになってきています。
今回は、そんな迷いも含めての記事です。


  
【 Gyazoをメインの画像キャプチャにするか迷っています 】  

 1.Gyazoとは、こういうサービス

 2.モバイル版もイケてる

 3.ブログの画像埋め込みをどうするか問題







checkmark.png 1.Gyazoとは、こういうサービス

まず、Gyazoって何?という人のために、ざっくりと解説します。

1.ローカルに保存されない
Gyazoは、キャプチャソフトです。ただし、他の画像キャプチャソフトと決定的に違うのは、キャプチャされた画像は、ローカルには保存されず、基本的にGyazoに直接保存される点です。

https://gyazo.com/670bbee0969ba6bed0eb3750ab153f52
Gyazoヘルプより引用

上の動画を見てもらえば、分かりやすいと思いますが、キャプチャしたものがすぐにGyazoにアップロードされ、アップロードされた画像を利用することになります。



2.Gyazoソフトを使ってキャプチャする
だからといって、Webアプリではありません。あくまでもローカルソフトウェアを用いてキャプチャします。
Gyazoのダウンロードは、こちらから。

Gyazo - ダウンロード
Gyazo - ダウンロード


また、Chromeの拡張機能もあります。

Gyazo - Chrome ウェブストア
Gyazo - Chrome ウェブストア






3.発行されるURLは、複雑かつ推測が難しい
とはいえ、アップロードしたスクリーンショットに発行されるURLには、複雑かつ推測が難しいアドレスが割り振られます。

例えば、こんな感じ。

https://i.gyazo.com/6ac18fb50765d68f399d177316031ee1.png

アップロードされた画像は、Gyazoから発行されるリンクタグを貼り付けているだけで簡単にブログに埋め込むことが可能です。

https://gyazo.com/6ac18fb50765d68f399d177316031ee1



3.シェア方法が多彩
スクリーンショット自体は、それを活用できなければ意味がありません。その点、Gyazoはかなり多彩なシェア方法が用意されています。
これだけあれば、とりあえずは十分ではないでしょうか?

2017041901.png

特に私が便利に感じたのは、埋め込みタグの取得です。
これで、簡単にブログ用の画像を埋め込みタグ込みで取得できるので、楽なんですよね。

https://gyazo.com/28e92589b8be2e9884cc0ebc980c554e



4.有料プランもある
無料プランと有料プランであるPro版があります。その違いは、以下の通りです。
Pro版は、月額490円または、年額4680円です。画像の編集ができる有料版が、気になるな。

無料版Pro版
最新の画像10件をブラウズべての画像のブラウズ
Windows, Mac, Linux, Chrome/Firefox拡張機能の無料アプリケーションWindows, Mac, Linux, Chrome/Firefox拡張機能の無料アプリケーション
最大7秒の動画キャプチャーテキスト・矢印・描画の挿入機能
最大60秒の動画キャプチャー
画像内のテキストを自動認識して検索とコピーができるOCRスキャン
パスワードによる画像の保護
広告の非表示化
プレミアムサポート



5.動画も撮影できます
無料版だと7秒、そしてPro版だと60秒分の動画を撮影できます。動画は、GIFで保存されます。

https://gyazo.com/e8fd5e2ce6c1c55d90ac3292fe42267d





checkmark.png 2.モバイル版もイケてる

実は、Gyazoにはアプリ版もあります。





立ち上げると、カメラで撮影できるようになっています。

https://gyazo.com/8768f1e2e09d2ce026948dd9176d5660


撮影したものからGyazoにアップロードすることもできますし、すでにスクリーンショットを撮ったものからアップロードすることもできます。

https://gyazo.com/6a3dbae1a11e0be2725c712c7be1a214



アップロードしたものも、アプリから確認できます。

https://gyazo.com/dfd9502d5980a176b1c5c79d39d8ec70



そして、アプリ上から埋め込みタグも取得できるのです。今までモブログでタグのことで苦労していたのって一体…ってなります。

https://gyazo.com/74c88dfbb53949c7901e7c5097cfb1d5





checkmark.png 3.ブログの画像埋め込みをどうするか問題

さて、ここまで色々できることが多いと、さすがに迷ってしまいます。

自分が、現在FC2の画像アップロードを完全に切れない理由は、以下の通りです。

・Gyazoは、無料枠だと10件までしかアップロード画像を参照できない。
 ※でも、画像自体は消えないので、ブログに埋め込んでも大丈夫。
 →月額490円を支払うべきか…。

・情報管理LOGの画像の管理は、全て日付で管理しているので、画像の再利用がしやすかった。
 例:2017050804.png

・ScreenPressoの優秀な画像注釈を使っていきたい。
 →これは、両立が可能な気がする。というか、ScreenPressoで加工したものをGyazoにアップロードすれば良いだけの話。

・PNGの圧縮がされない。
 情報管理LOGで使っているPNG画像は、TinyPNGというところで画像の最適化を行っていて、かなり軽量化しているのです。しかし、Gyazo自体かなり高速に画像を表示するので、その必要もないかも。

TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency
TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency




と、ここまで書いてきて、迷っているポイントとして一番大きいのは、有料化するかどうかだということが、見えてきました。
ブログにそこまでお金をかけるのか?って問題なんだよな。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 書いてみて見えてきました

今回、この記事を書く前は、少し頭がモヤモヤしていて、Gyazo便利なんだけどどうするか?とずっと考えていました。しかし、実際にブログにアウトプットしてみると、すごく論点が自分の中でハッキリと見えてきました。

要するに有料化してまで使うかどうか?

なんですよね。とりあえず、自分の中の論点が整理されたので、現実的な落としどころとして、当分の間は無料化の枠の中で工夫しながら部分的に使っていく(特にモブログでは)ということにしておきたいと思います。
Gyazoは、モブログでこそ真価を発揮しそうな気がします。




【Kindleセール情報】
【50%OFF】学園作品集結キャンペーン(5/11まで)
【30%OFF】「魔法使いハウル」電子化記念 徳間ファンタジーフェア(5/11まで)
【全点50%OFF】光文社 思想・哲学フェア(4/28(金)~5/11(木))
【30%OFF以上】「週刊東洋経済eビジネス新書」200号記念CP(5/11まで)
【50%OFF】「子どもの日」に子どもと読みたい児童書特集(5/11まで)
【期間限定無料多数】完結ホヤホヤマンガ特集(5/11まで)
【最大50%OFF】STEM力UPキャンペーン (5/11まで)
【30%OFF以上】「週刊東洋経済eビジネス新書」200号記念CP(5/11まで)
【最大80%OFF】「鉄道本」フェア(5/11まで)
【30%OFF】「日本国憲法」関連本フェア(5/11まで)
【期間限定無料多数】春の女子電書(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【200点100円均一】西東社大感謝フェア(5/25まで)
【70%OFF以上】ガガガ文庫セール

このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG