FC2ブログ
TOP > CATEGORY - 文具

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

クリップボードをクリアフォルダ代わりに持ち歩くことにした

2019031100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、仕事用のカバンに、仕切りのあるタイプのクリアフォルダを使っていました。しかし、長く使っていたので、思い切って違うものに替えることに。そこで急浮上してきたのが、クリップボードでした。
今回は、私がクリップボードからクリップボードに切り替えた理由などを書いていきます。


  
【 クリップボードをクリアフォルダ代わりに持ち歩くことにした 】  

 1.クリアフォルダからクリップボードへ

 2.なぜクリップボードなのか

 3.リヒトラブ クリップファイル概要

 4.クリップボード+透明クリアフォルダ構成に







checkmark.png 1.クリアフォルダからクリップボードへ

今まで長い間、仕事用のカバンの中には、仕切りがあるタイプのクリアフォルダを持ち歩いていました。これですね。

ミドリ クリアホルダー 5ポケット A4  ダイカットナンバー柄 アオ 35102006


これは、これで便利で、ずっと愛用していました(5年ぐらい?)。
しかし、徐々に自分の中で、不満も溜まってきていたし、ボロボロになってきたので、思い切って替えることにしました。

どのような不満かというと、

 ・色々入れておきたくなり必然的に嵩張りがち
 ・仕切りをそれほど機能的に使えていなかった
 ・カバンの肥やしになってしまうこともあった


という点です。
まあ、定期的にクリアフォルダの整理はしていたので、それほど分厚くなるようなことは無かったのですが、これは構造的な問題だなと思ったのです。




checkmark.png 2.なぜクリップボードなのか

では、なぜクリップボードにしようと思ったのかというと、

 ・筆記ボードとして使用できる
 ・あまり多くは、挟めないだろう


という2点から、そのようにしました。

特に前者の筆記ボードとして使えるというのは、動機としては大きかったのです。ちょうどここ1年ばかりは、外勤先で立ちながら筆記する場面が多く、どうせならばストック部分と筆記ボードを一緒にできれば、カバンの軽量化も図れるのではないか?と考えていました。

また後者は、クリップボードは、そもそもの構造が書類の束を挟むだけというシンプルな構造なので、書類をたくさんストックするのには向かないので、いつまでもカバンの肥やしになるということが、必然的に防げるだろうと思ったのです。




checkmark.png 3.クリップボード+透明クリアフォルダ構成に

そういうわけで、色々文具屋さんで比較検討を綿密に行った結果(文房具を頻繁に替えるタイプではないのです)、3つの視点で選びました。

 ・薄い&軽い
 ・A4サイズに限りなく近い
 ・カバーがある


です。

どれも、鞄に入れて持ち歩くことを想定すると、必須だなと思ったからです。

そこで、選ばれたのが、これです。

リヒトラブ クリップファイル F5067-24 A4 黒
リヒトラブ(Lihit lab.)

価格: ¥ 541
OFF: ¥ 301 (36%)




ぶっちゃけ言うと、上の3つを全て兼ね備えるものってあまりなかったのですよ。というか、ほとんど無かった。
その中でも、ベストだったのが、これでした。
文具売り場の中でも、かなり地味な位置にあったのですが、いやコレなかなか素晴らしいですよ。

なんと言っても、薄い!この薄さを見よ。

2019031101.png



そして、意外になかったのが、限りなくA4サイズに近いものです。このリヒトラブのクリップファイルは、とにかくギリギリまで幅が詰められていて、ほぼA4と言って良いぐらいの大きさになっています。

また、開くとこんな感じです。左にポケットがあるので、クリップボードに止めることができないようなモノでも、放り込んでおけますね。

2019031102.jpg



クリップの仕方ですが、よくあるクリップボードは、このような金具なので、どうしても厚みが出るのですよね。

2019031104.png



ところが、この製品は、これを…

2019031104.jpg



こうやって、挟むので、厚みが出ないのです。

2019031105.png



あまり挟めないのでは?と思うかもしれませんが、20枚ほどは挟むことができます。
逆にたくさん挟めない方が、こまめに整理するきっかけになるので、いつも薄い状態を保てるという利点が、あるのですよね。




checkmark.png 4.クリップボード+透明クリアフォルダ構成に

とはいえ、今のところこのクリップボードと透明クリアフォルダを1枚という構成で持ち歩いています。ただし、仕切りがない本当に普通の透明クリアフォルダなので、何が入っているのかよく見えるのと、基本的には文章ではなく定形外のモノを放り込んでおく用として使っています。

あくまで文章類は、クリップボードにというスタイルです。

この2つにしたことで、鞄の中でなんとなくモッサリしていた、書類の管理もスッキリしました。なんといっても、入る量が少ないというのは、弱点のように感じますが、自分的には、必要なものだけを必要分持ち歩くことができるようになったことが、大きな改善点ですね。

行動を変えるために、行動を変えざるを得ないモノにチェンジするというやり方です。
今のところ上手くいっているので、特に不満は無いですね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 そういうわけでオススメです

今回文具屋さんで色々探してみて、薄い&軽い+A4サイズに近いというクリップボードが、案外少ないことに気づきました。その中でも比較検討して、ベストなものをと考えたら、ほぼ一択みたいな状況だったのですよね。
デザイン的にも悪くないので、自分的にはかなり気に入っています。
もしも、鞄の中が書類の肥やしになっている人がいるなら、これはオススメですよ!



リヒトラブ クリップファイル F5067-24 A4 黒
リヒトラブ(Lihit lab.)
価格: ¥ 541



色も4色あります。



Kaze guru ma (カゼグルマ)で生活に風を感じよう

2018082800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、一目惚れで雑貨を買ってしまいました。
それが、今回紹介する「Kaze guru ma」です。
これが、なかなか素敵なデザインだったので、紹介したいと思います。暮らしの中で風を感じられますよ!

  
【 Kaze guru ma (カゼグルマ)で生活に風を感じよう 】  

 1.「Kaze guru ma」とは?

 2.パターンがたくさんある

 3.実際に使ってみた







checkmark.png 1.「Kaze guru ma」とは?

先日、文具屋さん巡りをしていたときに、偶然目にとまったのが、今回紹介する「Kaze guru ma」です。「カゼグルマ」と呼ぶようです。

ちょうど暑いときだったので、このデザインの涼しさとコンセプトにやられて衝動買いしてしまいました。
動画を観てもらうのが、一番分かりやすいかも。



こんな感じですね。




小さなマグネットが付いたピンでその頭のところにとても小さな風車がついているのです。これが、よくできていて、ちょっとした風邪でもクルクルとよく回るのです。

2018082801.gif



checkmark.png 2.パターンがたくさんある

この「Kaze guru ma」の魅力の一つは、デザインパターンの豊富さです。

こんな感じでたくさんのパターンがあります。



基本的には、3個入りですが、1個入りのもあります(でも、Amazonでは、1個入りは売ってない)。




実際に購入してみて思ったのが、一つだけでは面白みがないということです。この複数色が、クルクルと回ることで生み出される美しさが、この製品のポイントですね。



checkmark.png 3.実際に使ってみた

というわけで、実際に我が家では、冷蔵庫に貼ってみました。なぜ冷蔵庫かというと、開閉のたびに風が起こりますよね?そして、閉めたときにもずっとクルクルしているのが、可愛いと思ったからです。

それに冷蔵庫に貼るマグネットが味気ないと面白くないからかな。
というわけで、こんな感じです。

2018082802.gif



マグネット部分は、割と強力なので、メモならば全然余裕で留めておけますね。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 何の役にも立たないけれど

「何の役に立たない」と書いてしまいましたが、実際は実用的なマグネットなのです。しかし、別に役に立つ立たないというコンセプトで買ったというよりも、あくまでも、あるだけで生活が面白く感じられるという意味で良いなと思ったから購入したのですよね。
まあ、別にミニマリストでも何でもないので、好きなモノを好きに飾るというのもたまには、良いですよね。とはいえ、なんとなく夏の雰囲気のあるものなので、もしかしたら季節が過ぎれば、一度お蔵入りするかもですが。まあ、今年も残暑が厳しそうなので、当分冷蔵庫にいることでしょう。






100均の製図用フォルダーが極太シャープペンシルとして素敵な件

2018060800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、100均で商品を眺めていたら、なかなか素敵な一品に出会いましたので、皆様にご紹介いたします。最近の100均は、予想外なものが売っていて、驚きますね。
というわけで今回は、100均で手に入る製図用フォルダーが、なかなか素敵な件についてです。


  
【 100均の製図用フォルダーが極太シャープペンシルとして素敵な件 】  

 1.100均で見つけた製図用フォルダー

 2.使い心地について

 3.極太シャープペンシルとしての需要







checkmark.png 1.100均で見つけた製図用フォルダー

まず、

「製図用フォルダー」って何?

という人も多いと思われるので、簡単に説明。

別名「芯フォルダー」とも呼ばれたりするのですが、主に2mmの太さの鉛筆の芯をフォルダーに入れて使うものです。

芯ホルダー - Wikipedia
芯ホルダー - Wikipedia




こういうのですね。

Leadholder(stationery)2.jpg
By Tomomarusan - This is the creation of Tomomarusan, CC 表示 2.5, Link




製図用フォルダーとも呼ばれるのは、今ではCADなどでエンピツを使って製図する場面というのは、ほとんどないと思うのですが、その昔はこの製図用フォルダーを使って製図していたことから、このように呼ばれています。

これの一体何が良いかというと、エンピツのようにいちいち軸毎削る必要がないのですよね、シャープペンシルのように「カチカチ」と芯を出して行くことができるので、頻繁にエンピツを使う人にとっては、面倒がないうえ、経済的でもあるわけです。




checkmark.png 2.使い心地について

製図用フォルダーの説明は、これぐらいにして実際に100均で売られている製図用フォルダーを見ていきましょう。
これですね。

2018060801.jpg

写真には、同じく100均(Seira)で売られていた替え芯も併せて載せています。

子細に見ていきましょう。
近づいて見てみると、こんな感じ。
思ったよりも、質感は悪くありません。というより、知らない人が見たら100均とは思わないかも。

2018060802.jpg



全体的には、こんな感じ。

2018060803.jpg




先端部分は、こうなっています。

2018060804.jpg



シャープペンシルのようにカチカチすると、このように先端から芯が出てきます。

2018060805.gif



要するに極太シャープペンシルなんですよね。

実際に書いてみましょう。
書き心地は、当たり前ですが、エンピツそのものです。

2018060806.jpg



このようにエンピツのように描くこともできます。

2018060807.jpg



ちなみに、エンピツと同じなので先が丸まってきますが、後ろに付いている簡易的な芯研器がついていますので、それを使えばいつでもとがった状態で使うことができます。

2018060808.jpg



checkmark.png 3.極太シャープペンシルとしての需要

大人になってからエンピツを持つシーンってかなり減りました。しかし、エンピツの持つ柔らかな感じって好きなんですよね。しかし、エンピツって持ち運びがあまりスマートじゃないのですよ。キャップとか付けないといけないし。

しかし、この製図用フォルダーを使えば、普通の極太シャープペンシルのような扱いでペンケースに入れられるので、好きな固さの芯を入れておけば、いつでもエンピツとして使用できるのです。

うちの妻もこの極太シャープペンシル的な使い方が気に入っていて、日常的に愛用しています。

100均じゃあな…と思っている方は、このあたりを買っておけば間違いないですよ!






最近では、大人のエンピツみたいな扱いで使っている人も増えてきているようですよ。




ちなみに本格的な芯研器は、こういうのを使うと良いですね。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 持ち歩きのラクな鉛筆なのです

鉛筆って意外と扱いが面倒なんですよね。すぐに先端が丸くなるし、削らなくてはいけないし。キャップしないと周囲のものを汚してしまうしね。
しかし、製図用フォルダーがあると、そういうことに気兼ねしなくても良くなるので、1本もっておくと便利ですよ。
ペンだけではダメな場面って、案外あるので。

とはいえ、こういう格好いい鉛筆フォルダーを見てしまうと、心が揺れてしまうのですけどね。




24時間限定で「羊と鋼の森 (文春文庫)」が、299円で売ってます。

STIICA Plusは、ヒミツの伝言にも使える付箋です

2017112600.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、「これは、最高に面白い付箋が登場した!しかも無料だ。」ということで、STIICA Plusという無料付箋とアプリをご紹介しました。
今回は、このSTIICA Plusを使って面白いことができないか実験してみます。


  
【 STIICA Plusは、ヒミツの伝言にも使える付箋です 】  

 1.STIICA Plusとは何か?

 2.ヒミツの伝言に使ってみる

 3.既読機能付き付箋として考えてみる







checkmark.png 1.STIICA Plusとは何か?

まずは、STIICA Plusとは、無料の付箋&アプリです。
これの概要や基本的な使い方などについては、前回記事にしました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


簡単に説明すると、

1.STIICA Plusのアプリ上から無料で付箋が届く(送料も無料)
2.付箋には1枚1枚違うQRコードがついている
3.それをSTIICA Plusのアプリで撮影するとオンライン上にアップされいつでも確認できる
4.同じQRコードのついた付箋を他の人がSTIICA Plusのアプリで撮影すると、複数人で共有できる
5.コメントもやりとりできる
6.撮影元の人が、その付箋を書き替えると、付箋をシェアした人にも即時反映される


というものです。

STIICA Plusのアプリは、こちらです(無料)。
このアプリから付箋を無料で申し込むことができるのです。




そして、STIICA Plusのサイトです。
こちらにも詳細が載せられています。

STIICA+
STIICA+





※スタバのドリンクチケットのプロモーションに関しては、11月24日付で終了しました。
※注:情報管理LOGは、一切STIICA Plusから利益供与などはいただいておりません。単なる好奇心のみでやってます(それが、方針)。




checkmark.png 2.ヒミツの伝言に使ってみる

さて、このSTIICA Plus(以下、STIICA+)は、付箋をシェアできるという機能があります。

同じQRコードがついた付箋を他のSTIICA+アプリユーザーが撮影すると、コメントのやりとりなどができるという機能です。

2017112511.png



さらに、ここからがスゴイのですが、上でも書いたように、撮影元(最初に付箋を撮影した人)で付箋に書き加えると、それが即座にシェア先にも反映されるのです。

2017112512.png



ということは…こういうこともできるのではないか?
と思い立ちました。

準備するモノは、こちらです。
フリクションボールですね。いわゆる消すことができるボールペンです。





ここに、まず「ヒミツの伝言」を書きます。

2017112601.jpg



これを読み取りましょう。

私のSTIICA+のアカウントで読み取ってみました。
こんな感じですね。

2017112602.jpg



さて、そろそろ鋭い人は、仕組みに気づいてきたでしょうか?
フリクションボールで書いてあるので、先ほどのヒミツの伝言は、全て消してしまいます。その上に違うものを書いておきます。

2017112603.jpg



そして、それを伝えたい人に読み取らせると…
はい!消す前の付箋が出てきました!
これ、すごくないですか?

2017112604.png



要するに、撮影元の人が付箋の撮影を更新しない限りは、シェア先の人には更新前の付箋が届くということなのです。




checkmark.png 3.既読機能付き付箋として考えてみる

さらに、前回もチラリと書きましたが、STIICA+では付箋をシェアしている人が明示されるんですよね。つまり、これはLINEでいうところの既読管理ができるということなのです。

既読機能付き付箋と考えると、ものすごく便利だなと思いませんか?相手が読んだことを確認できるというのは、ものすごく便利だと思うのですよね。
こんな風にコメントも残せるしね。

2017112605.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 というわけで、未来の付箋なのです

デジタル界隈では、どちらかというとアナログをデジタルへという方向に行きがちでしたが、このSTIICA+は、デジタルをアナログ寄りにしたというところが、新しいなと思いました。

既読機能付き付箋

ありそうでなかったアイデアだなと思うのです。






これは、最高に面白い付箋が登場した!しかも無料だ。

2017112500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、偶然目にしたアプリを使ってみたら、思わぬすごい展開になりました。
なんと無料で付箋が届くのです。
しかも、その届いた付箋は、最高に面白いギミックがあったのです。
今回は、そのものすごく楽しい付箋を皆さんに紹介いたします。そして、みんなもぜひ使ってみよう!


  
【 これは、最高に面白い付箋が登場した!しかも無料だ。 】  

 1.STIICA Plusというアプリ

 2.本当に付箋が届いた!!

 3.実際に使ってみた







checkmark.png 1.STIICA Plusというアプリ

先日、インストールした「STIICA」というアプリが、想像の斜め上を行く感じだったのでご紹介します。




これは、QRコードがついた専用の付箋を共有するためのアプリなのですが、

なんと専用付箋が、無料でもらえる

のです。
さすがに、そんな美味しい話はないんじゃないのかな?
と思ったのですが、ものは試しということで申し込んでみました。

付箋の申し込みは、STIICA Plusを立ち上げると、画面の下の方にある「[無料]スティーかプラス付箋(20個入り)を申し込む」をタップします。すると、送り先などの入力欄が出てくるので、自分の住所などを入力するだけでOKです。

2017112501.png

2017112505.png



ちなみに、このアプリ単体だけでは、全く撮影もできず何もできません。
ただし、QRスキャナとしては、使えます。

2017112502.png




checkmark.png 2.本当に付箋が届いた!!

さて、本当に付箋が無料で届くのか?
と思っていたら、本当に届きました!!

しかも、かなりしっかりした箱に入って。

2017112503.jpg



箱を開けてみると、こんな感じ。

2017112504.jpg



一番上の紙は、11月24日までに、この付箋をスキャンしたらスタバのチケットが当たるかも?というプロモーションでした。

Promotion – STIICA+
Promotion – STIICA+




残念ながら、第1期のプロモーションは終わりましたが、12月からはMacBookがあたる新しいプロモーションが始まるようなので、これもぜひチャレンジしてみたいと思います。

ちなみに、私はハズレでした。

2017112506.png



付箋は、この箱一杯に詰められています。
これが、無料なんてすごいですね。これが、フリーミアムってやつか?




checkmark.png 3.実際に使ってみた

さて、すぐにやってみましょう。
カメラのガイドラインに付箋を合わせると、すぐに撮影されます。スキャナアプリのように、台形補正とかはされず、そのまま撮影される感じです。QRコードを見つけたらすぐに撮影されるので、タイミングがちょっと難しい感じかな?
「登録」をタップすると、付箋が登録されます。

2017112507.png



下の方にコメント欄などもあるので、付箋にコメントを付けることもできます。
これは、あとでシェアしたときに便利なんですよね。

それでは、次に別のiPad miniで同じ付箋を撮影してみます。すると、下の「シェアしている人」の人数が、「1」になっていることが分かるかと思います。

2017112508.png



これは、撮影元のiPhoneにもすぐさま反映されます。一種の既読として使えるんじゃないかな?

さらに、撮影元のiPhoneで、今度は先ほどの付箋を書き加えてみます。

2017112509.png



そうすると、シェア先のiPad miniのにもすぐに反映されます。この付箋が更新されるという感覚面白くないですか?

2017112512.png



もちろん、iPad mini側からもコメントが残せます。すげー。

2017112511.png



では、iPad mini側でさらに新しく書き加えたものを撮影したらどうなるでしょうか?

2017112510.png


しかし、撮影元のみでしか反映されないようで、撮影しても過去の画像しか撮影(?)されませんでした。これ、何かに使えそうな…。でも、双方向で変更を更新し合えると、すごく面白いだろうなと思ったり。

2017112513.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これは面白い付箋ですよ!

まさか、本当に無料で届くのかな?とか思っていたのですが、本当に届きましたね。
しかし、これどうやって儲けを出すんだろ?
その仕組みが、イマイチ分からないのですが、無料でもらえるし、みんなでシェアできるという感覚が新しいですよね。さらに、付箋の既読管理にも使えそうです。
その付箋をチェックしましたよ!と分かるというのも面白いよね。


これ、買おうか迷ってます…。




雑誌読み99円セールやってますね。




このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG