TOP > ARCHIVE - 2009年01月

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

VAIO type Pレビュー

2009012804

先週の週刊アスキーにVAIO type Pが大々的に宣伝されていたので、さっそく見てきました。

2009012803
すごいピールぶりです。

実際には、VAIO type Pを見てさわってかなり感動しました。
どこらへんが、良かったのかまとめてみました。

VAIO type P ここが良かった】
 1.薄くて軽くモバイルに最適
 2.デザインが素敵
 3.キーボードが意外に良い
 4.小技が効いたボタン



1.薄くて軽くモバイルに最適
実際に手に持ってみて、その軽さに驚きました。カタログ値では、558gということで相当軽いことが分かります(最小構成時)。また、大きさもかなり横長ですが、解像度が高い(1600×768)ので別に気になりません。それよりも、ウィンドーを並べて使えるなど、この大きさならではの使い方があるように感じます。超ミニデュアルディスプレイ的な感じですね。私は、以前VAIO C1を使っていたのですが、形的にはさらに横長です。
vaio c1
2009012802

バッテリーが、4時間と若干少ないのが気になります。大容量バッテリーを使用すると9時間ということですが、この軽さを犠牲にするのは、少し気が引けます。


2.デザインが素敵
2009012805

最近の数多あるUMPCとは一線を画すデザインは、一見の価値ありです。Appleデザイン的な価値観が世界を覆いつつある中で、Sonyの底力を見せていただきました。少なくとも最近のネットブックの安っぽさとは、違った魅力があります。写真では、ややギラギラして見えますが、それほどメタリックな感じではありませんでした。むしろ、上品な感じ。色は、ガーネットレッド、ベリドットグリーン(モスグリーンのような色)、クリスタルホワイトの3色が店頭販売されています。しかし、もし買うとするならば、VAIOのオーナーメードモデルのみのオニキスブラックがそそります。
また、小さいことですが、キー中央のトラックポイントやSDカードスロットなどにも筐体と同系色でそろえており、デザインの統一感を一層かき立てています。


3.キーボードが意外に良い
これだけ、薄い筐体だと若干たわんだり、打ちづらかったりするのですが、これが意外に打ちやすくしっかりとしたキータッチでした。キーピッチもこのサイズにしては、申し分なく大きく十分普通使いできるぐらいの感じでした。意外と重要なポイントですが、キー配置も変な配列ではなく、一般的な配列でした。


4.小技が効いたボタン
下の方についている2つのボタンですが、これがなかなか良いです。左側のボタンを押すとウィンドウを左右に並べてくれます。右にWebを表示しながら、左で文章を書くというような使い方が、一発でできるのが子気味いいです。右側のボタンは、メディアクロスバーを起動するボタンです。最近のSony製品には無くてはならないUIですよね。
2009012806


最近、どのPCを見てもあまり「欲しい」とは思いませんでした。どれを見ても似たり寄ったりで、「安ければいいかな?」という感じでした。たぶん、そういう気分は、全体的にそういう傾向があるのではないでしょうか?だからこそネットブック隆盛につながっていたのだと思います。しかし、VAIO type Pは、久々に「欲しいPC」になりました。
みなさんもぜひ実機をさわってみてください。


関連リンク
Sony Style



Signoのブルーブラック+手帳がいい感じ

2009013001

今年の手帳であるRollbahn2009を選んだ理由の一つに、ペンを挟める大きさのリングがあるという点がありました。手帳は、モバイルパソコン以上にモバイルだと思っているので、開いてすぐにメモできることをとても重視しているのです。
そこで、今年は相棒のペンとして、Signoのブルーブラックを選びました。写真で見るとこんな↑感じです。


Signoブルーブラック+手帳が良い理由】
 1.ブルーブラックとRollbahnの紙色との組み合わせが見やすい
 2.きっちり収まってはみ出ない
 3.インクだまりができにくい
 4.安い
 5.どこでも買える



1.ブルーブラックとRollbahnの紙色との組み合わせが見やすい
Rollbahn2009の紙色は薄いクリーム色なのですが、それとブルーブラックとの色の組み合わせが、とても良いのです。またブルーブラックは、万年筆のブルーブラックインクにも似た味わいがあるので、なかなか良いです。
黒に近いのですが、黒だとちょっと締まりすぎな感じになってしまうんですよね。


2.きっちり収まってはみ出ない
上の写真でも分かるかと思いますが、ちょうど収まってはみ出る部分がほとんどありません。カバンの中とかに入れても邪魔になることはないのです。でも、若干Rollbahnのリングが大きすぎなのが、たまにきずなんですよね。


3.インクだまりができにくい
実用上のポイントとして、たくさん書いているとインクだまりができて、汚してしまうということがあります。そういうインクだまりが、ほとんど起きないにもSignoの魅力です。


4.安い
けっこう大事な点です。手帳を使いこなすには高級なペンである必要はありません。むしろ、どんどん書いて、どんどん減っていってしまうものなので、使い捨てできるぐらいでちょうどいいのです。


5.どこでも買える
これが、一番大事なのですが、全国どこでも買えるので、万が一インクが無くなったときもコンビニに走れば良いだけです。


ペン手帳は、どんどん使ってなんぼです。だから高級である必要もないし、自分にとって使いやすさを重視するのがよいかもしれませんね。


関連記事
2009年の手帳はRollbahn
Rollbahn2009のここが気に入った
手帳に求めること
かわいいクリップを使ってみる
100均のクリア付箋の使い心地は

手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選

年間を通して、けっこうな数のフリーソフトをダウンロードして使っています。しかし、ずっと使い続けるフリーソフトというのは、思ったより限られています。バージョンアップもあまりなく、定番化したある意味「枯れた」ソフトというのは、使い勝手もよく安心感があります。今回は、私が普段からお世話になっていて、「手放せない」と感じている使い勝手の良いフリーソフトを10本紹介します。

【手放せない使い勝手の良い枯れたフリーソフト10選】
 1.VIX
 2.紙copi Lite
 3.+Lahca
 4.MDIE
 5.クセロPDF
 6.IP Messenger
 7.FontPlug
 8.RealSync
 9.GOM Player
 10.いじくるつくーる



1.VIX
2009013101

今や画像ビューアとしては、古典になりつつあるソフトですが、なかなかどうして未だに現役で使っています。というか、私の中では、手放せないソフトの1つです。起動も表示速度も軽く、リサイズやトリミング、明るさ調整やコントラスト調整などは、ほとんどこちらでやっています。リネーム機能は秀逸です。現在は、Picasa3と併用中。
VIXのダウンロード


2.紙copi Lite
2009013103

情報管理LOGでも何度か取り上げているソフトです。Webをクリッピングできたり、テキストを打ったその瞬間に保存するなど、使い込むほどに手放せません。情報管理LOGの原稿は、これで書いています。
紙copi Liteのダウンロード


3.+Lahca
2009013102
圧縮解凍ソフトの定番中の定番。職場のPCに入れています。Sendtoにショートカットを入れて右クリックから圧縮解凍しています。しかし、残念なことにVistaに対応していないため、自宅のPCはLhaplusを使っています。これもなかなか使い勝手良し。
+Lahcaのダウンロード


4.MDIE
2009013104

マウスジェスチャーの使えるタブ型ファイラーです。もはや、Windowsのエクスプローラーを使う気になれません。これも正式には、Vistaに対応していないのですが、XP互換モードで使っています。
MDIEのダウンロード

5.クセロPDF
2009013105

PDF作成ソフトの定番。今では、他にもたくさんPDF作成ソフトが出ていますが、こなれている分、こちらを使うことが多いです。高機能じゃないところが逆にいいです。
クセロPDFのダウンロード


6.IP Messenger
2009013106

これがないと仕事にならないというぐらいにヘビーに使っているメッセンジャーソフト。LAN内でのメッセージのやりとりやデータの受け渡しなどに使っています。シンプルなインターフェイスと機能ですが、必要にして十分ですね。
IP Messengerダウンロード

7.FontPlug
2009013107

フォントをインストールしなくても一時的に使えるようにするソフトです。凝ったフォントを大量にインストールしてシステムを重くするより、必要なときに使いたいフォントのみを有効にするようにしています。
FontPlugダウンロード


8.RealSync
2009013108

フォルダ同期、バックアップソフトです。毎日1回は、必ず起動して仕事のデータのバックアップをとっています。起動から実行まで2クリックでバックアップできる手軽さが魅力です。
RealSyncダウンロード


9.GOM Player
2009013109

別途コーデックいらずの多機能メディアプレーヤーです。高機能で使い勝手の良いインターフェイスなのに軽いのです。ほとんどの動画は、これで再生するようにしています。
GOM Playerダウンロード


10.いじくるつくーる
2009013110

Windowsのカスタマイズソフトの定番。XPのみだったら、窓の手もエントリーされるのですが、残念ながらVistaに対応していませんでした。各カスタマイズ項目1つ1つに丁寧な説明が、載せられているのが好印象です。
いじくるつくーるダウンロード



本当に定番中の定番フリーソフトになってしまいましたが、意外とそういうものなのではないでしょうか?みなさんの定番フリーソフトは、どんなものでしょうか?


関連記事
紙copi Liteのここがすごい!

偽印良品をやってみた

情報管理LOG 1個
トップをアイデアして、件名をきかせて焼き上げました。食べやすい以外なことです。新しい周囲をどうぞところしてください。
税込
525

(本体価格
500円)


J.S. Machさんのブログを見に行ったところ、面白いブログパーツがあったので、紹介。

この明らかに無印良品の値札的なブログパーツは、偽印良品でで作成できます。

2009012701
あくせすして、URLを入れるだけ。
簡単ですね。

525円か…安い。

関連リンク
J.S. Mach
偽印良品

作業効率の上がるWindowsキーを使った11個のショートカット

2009012602

Windows限定のお話になってしまいますが、Windowsキーみなさん使っていますか?
人によっては、「このキー何に使うの?」という人もいますが、Windowsキーとの組み合わせのショートカットは、覚えるとかなり便利ですよ。全部じゃなくても、いくつか常用する機能のみ、ショートカットを覚えても良いかもしれません。
今回は、中でも作業効率を高めるWindowsキーを使ったショートカットのみ11個をピックアップしてみました。


■Windowsキー
スタートメニューを開く、または閉じます。定番中の定番ですね。
もはや説明不要ですが、Windowsはスタートメニューから実行できるものが、多数あるのでキーから手放さずに実行できるのがよいですよね。


■Windowsキー + D
全てを最小化して、デスクトップを表示します。
別名「ボスが来た」キー?


■Windowsキー + M
ウィンドウをすべて最小化します。これにShiftをプラスして

  Windowsキー + Shift + M

とすると、最小化されたウィンドウをデスクトップへ復元します。


■Windowsキー + E
エクスプローラーを開きます。エクスプローラーを使ってファイルを操作する人は、便利だと思いますよ。


■Windowsキー + F
2009012603
ファイルやフォルダを検索します。


■Windowsキー + R
2009012604

「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開きます。もちろん、exeファイルを指定してアプリを起動とかもできますが、このダイアログボックスを利用して漢字を調べたりするために文字を入力スペースとしても活用できます。


■Windowsキー + T

2009012605

タスクバー上のプログラムを巡回します。Vistaでフリップ3Dを使わないでプログラムを切り替えるならば、こちらの方がよいです。


■Windowsキー + Tab
2009012606
タスクバー上の各プログラムを巡回します。Vistaでは、フリップ3Dで画面を切り替えることができます。


■Windowsキー + Space
ガジェットをすべて手前に移動し、Windows サイドバーを選択します。Windowsサイドバーは、Windowsキー + G で選択を切り替えできます。Windowsサイドバーに機能を色々登録している人向き。


■Windowsキー + X
2009012607

Windows モビリティ センターを開く


■Windowsキー + 1~
20090126

クイック起動に登録してあるショートカットからプログラムを起動します。左から1,2,3…と割り振られています。番号さえ覚えておけば、即起動します。ランチャーいらず!?


なかなか使う機会があまりないWindowsキーですが、使ってみるとけっこう重宝しますよ。

これは便利!「FC2ブログの過去ログを編集するブックマークレット」

FC2で「情報管理LOG」を更新し始めて、約2ヶ月。
ブログサービスとして申し分はないのですが、「編集したいときにさっと編集に入れるような機能があれば、もっと便利なのに…」と思っていました。

すると、こんなブックマークレットを作成した方がいました。

FC2ブログの過去ログを編集するブックマークレット(ClearGreen)



1.作成方法
↑こちらにアクセスするとブックマークレット作成が出てきます。

2009012701

そして、「作成」ボタンを押します。
2009012702

そうすると、タイトルで指定した文字列のリンクが作成されるので、それをリンクバーにドラッグすればOKです。

2.使用するには

過去ログで編集したいページを表示して、ブックマークレットを押すと、すぐにそのページの編集画面が表れます。Firefoxでは、ポップアップして編集画面が出てきました。
また、トップページや他のサイト上でこのブックマークレットを実行すると、新規作成の画面になります。他のサイトを見ていて、記事を書きたくなったときに、すぐに書き始められるというのは、なかなか便利ですよ。
Fc2ブログを使っている皆さん、ぜひ使ってみてください。


関連リンク
ClearGreen


関連記事
TomblooでClippやFemoにポストする

容量無制限・無料の「LiveDrive」を使ってみた

2009012501

オンラインストレージ花盛りな昨今ですが、昨年の末にリリースされた「LiveDrive」は、軌道に乗ればすごいサービスになりかねないものです。ちょっとMicrosoftの「Windows Live Skydrive」と名称が似ていますが、使い心地はかなり違います。

【LiveDriveのここがスゴイ】
 1.無料で容量無制限
 2.DropBoxと同じような同期機能がある
 3.画像は、サムネイル化される
 4.ZohoやiPaperなどWebサービスと連携した機能がある
 5.フォルダやファイル毎に共有できる



1.無料で容量無制限
2009012502
現在、ベータ版ということなので、今後どうなるかは分かりませんが、無料で容量無制限というのは、かなり大きなアドバンテージですよね。Skydriveですら、まだ25Gということを考えると、お化けサービスに化ける可能性もあります。アップロードの速度もDropBox並かそれ以上と感じました。もちろん、複数ファイルを一括アップロードできます。
2009012503



2.DropBoxと同じような同期機能がある

2009012507
DropBoxでは、コンピュータにソフトをインストールするとソフトをインストールしたパソコン上のデータを同期できるようになります。それと、同様の機能をこのLiveDriveも備えています。LiveDriveもソフトをインストールすると専用のフォルダが作られ、ファイルを入れると自動的にアップロードされるという仕組みです。



3.画像は、サムネイル化される
2009012506
画像ファイルは、サムネイル化されるので簡易的なフォトアルバムにすることも可能です。もちろん、リスト管理も可能です。



4.ZohoやiPaperなどWebサービスと連携した機能がある
2009012505

Box.netと比較すると連携しているサービスは少ないですが、そのファイルに応じたWebサービス連携を図ることができます。例えば、エクセルのファイルだとZohoシートで開くことが可能だったりします。ただし、iPaperは日本語が文字化けします。



5.フォルダやファイル毎に共有できる
2009012509

フォルダやファイル毎に共有設定できるというのも、最近のオンラインストレージとしては当たり前かもしれませんが、大事な機能です。共有の機能としては、「メールで招待した人のみ」「一般公開」の2つから選べます。
2009012510



6.バージョン管理ができる
2009012504

これが、DropBoxやBox.netと比較して最大の魅力なのではないかと思うのですが、同じファイルをアップロードするとバージョン毎にアーカイブされるので、間違って消してしまった、間違ってアップロードしてしまったというときも安心して使えます。何世代まで管理可能かは、実験していないので何とも言えませんが、少なくともこの機能があるだけでも、このWebサービスを使う価値があると言えます。



関連リンク
Box.netはかなり使えるサービスだ
2008年にお世話になったwebサービス

まだ残っていたPicasa3のバグ

Picasa3で直ったバグ」の記事において、Picasa3タグ付けのバグが直ったと書きましたが、まだ完全には直っていませんでした。というより、日本語でのタグ付けとしては、致命的なバグともいうべき部分があるのです。

それは、「ー」を受け付けないというバグです。

例えば、
「カーナビ」と打ち込むと
「カナビ」となってしまうのです。
2009012401

これでは、正確なタグ付けができません。ただし、以前のバージョンで打ち込んだタグに関しては、「ー」が効いているので、それを参照して、他の文字を消しながら打ち込むしかないという厳しい状況なのです。

そろそろ直っているかな?と確認してみましたが、本日付段階では、まだ改良版は出ていないようです。とても良い具合にバージョンアップされていただけに残念です。


関連記事
Picasa3で直ったバグ
デジカメメモ術(前編)
デジカメメモ術(後編)

百式企画塾に乗ってみた

ieda*idea

百式管理人さんの「百式企画塾」に乗ってみることにしました。

  百式企画塾って何?という人は、こちら

今回のお題は、


そのブロガー向けチョコは、一見チョコとはまったく関係のない(A)と組み合わせることによって考案された。しかもブロガーが抱えている(B)という悩み
を(C)という方法で解決しており、なおかつ(D)という工夫がされていたためブログ上で紹介せざるを得なかった。そのチョコの名前は(E)。

なかなか難しいお題です。


■情報管理LOGは、こう考えた

1.一見チョコとはまったく関係のない(A)と組み合わせることによって考案された。

情報管理LOGが考えたのは、チョコとQRコードの組み合わせです。

choco+qr


2.ブロガーが抱えている(B)という悩み

ブロガーの悩みといえば、アクセス数の伸び悩みです。あぁぁ
2009012303



3.(C)という方法で解決
2009012305
あの有名なDECOチョコのサービスを使ってQRコード入りのチョコを作成します。
または、QRコード入りのチョコを作ってしまいましょう。


4.(D)という工夫がされていたためブログ上で紹介せざるを得なかった

工夫としては、自分の名刺とのセット販売です。
もしも、女性ブロガーが名刺とチョコをセットで渡したら、思わず見ちゃいますよね?

2009012307



5.そのチョコの名前は(E)

というわけで、そのチョコの名前は…
QRチョコ
です。

もちろん、男性でもバレンタインデーでなければ、ありかと思いますよ。
少なくともDECOチョコにQRコードだったら、明日にでもできますよね?


関連記事
名刺にQRコードを入れていますか?
QRコードの作り方


関連リンク
IDEA*IDEA
DECOチョコ

GmailでもEOMが使えます

2009012301

前日の「EOMを周囲に広めよう!」でも触れましたが、EOMとは、End of Message の略です。メールの件名の末尾に[EOM]と入れることで、「これ以上のメッセージはありません」と宣言するためのものです。

Gmailで件名のみで本文無しのメールを送ろうとすると、「このメールを本文なしで送信しますか?」というような確認メッセージが表示されます。しかし、件名の末尾にこの[EOM]と入れておくと、その確認メッセージが出ずに、そのまま送れるようになります。

もしも、Gmailを使っている方でしたら、ぜひお試しください。


関連記事
EOMを周囲に広めよう!


参考リンク
 一行メールのススメ(IDEA*IDEA)
 件名だけで用件を終わらせる「EOM」とは(ライフハッカー[日本版])

EOMを周囲に広めよう!

2009012201

EOMとは、End of Message の略で、「これ以上は、メッセージはありませんよ」という意味です。以前、百式さんのところでも取り上げられていたのですが、実際に使ってみての感想を含めて。

このEOMは、何に使うのかというと、メールの件名だけで用件を済ませてしまおうというものです。

このように、件名の最後に[EOM]と書き添えることで、「これに本文はありませんよ」ということを明示するのです。そうすることで、無駄なメッセージのやりとりを無くして、簡潔に用件のみを伝えることができるのです。

しかし、いきなりこれを周囲に対してやり始めると、
「この[EOM]って何?」
と逆に聞き返されて、より一層無駄なやりとりが増えてしまい、何のためにこれをやっているのか分からなくなってしまいます。

そこで、

EOMを普及する方法】
 1.一番はじめのやりとりに説明を加える
 2.親しい仲間同士の小さなコミュニティーで始める
 3.EOMを使う場面を限定しておく



1.一番はじめのやりとりに説明を加える
まぁ、当然と言えば当然ですが、これをしなくては先ほどのように無駄に説明が増えてしまいます。なので、一番はじめのやりとりできちんと説明をしておけば、わりとスムーズにいきます。
これは、定型文化しておけばさらに省力化できます。

<例文>
件名の最後に着いている[EOM]とは、End of Message の略で、「これ以上は、メッセージはありません」という意味です。件名のみで用件を伝えることができるときは、件名の最後に[EOM]とつけます。
したがって、この[EOM]とついたメールでは、今後、本文は省略させていただきますので、ご了承ください。


2.親しい仲間同士の小さなコミュニティーで始める
いきなり、あまり交流のない方へのメールに[EOM]とつけても、「何これ?」と引かれてしまうだけです。むしろ、最初は親しい仲間同士で始めていって、少しずつ規模を拡大していくのがよいようです。仲間同士だと符丁みたいで逆に親近感が持てたりします。

3.EOMを使う場面を限定しておく
何でもかんでも[EOM]を使うのではなく、「会議の連絡の時だけはEOMをつける」というように使う場面を限定しておくとより一層、周囲への浸透度が高まります。


どんなことでもそうですが、いきなり新しいことというのは、なかなか浸透しないものです。まずは、できるところから徐々に広げていくという感じでやってみるというのは、いいんでしょうね。


参考リンク
 一行メールのススメ(IDEA*IDEA)
 件名だけで用件を終わらせる「EOM」とは(ライフハッカー[日本版])

美しすぎる動画を紹介

先日、偶然見つけた動画が素晴らしかったので、みなさんに紹介します。
まずは、こちらをご覧ください(ちょっと長いです。もし長いのがダメというならば、下の動画を見てください)。


あまりにも美しいこの動画は、コマ撮りした写真をつなぎ合わせたものらしいです。だから、どのシーンも写真のような美しさなのですね。上の動画の方は、2008年のYoutube Award で受賞された作品なのだそうです。納得の完成度ですよね?

この方の作品は、こちらの作品で以前お目にかかっていました。

「都市の美しさをこう表現するか!」驚嘆した覚えがあります。
どちらもおすすめです。ぜひ、見てください。

こちらの作者さんのサイトには、まだまだたくさん動画があります。見に行って、心をいやしてください。


■作者さんのサイト
Continuous Shatter

図書館を外付け本棚と考えてみる

2009012001

家の中において、や紙資料の占める割合というのは、ばかになりません。特には、増えることはあってもなかなか減ることはないので、棚をはみ出し、生活圏内までその勢力を広げてしまうこともありました。
しかし、今ではその勢力拡大も、ある程度封じることができるようになってきました。
どのようにするかというと、図書館を利用するのです。

最近の図書館は、かなりオンライン化が進んでおり利便性が、格段に良くなっています。私の住む街も数年前から、ネットでの予約貸し出しができるようになりました。しかも、受け取る図書館を指定できたり、返す図書館はどこでもよかったりとかなり配慮されています(今はどこでもそうなのでしょうか?)。
少なくともネットでの予約貸し出しは、棚をスリム化する方法としては、なかなか良い方法だと思います。

図書館を使うメリット】
 ①借りるだけなので棚が圧迫されない
 ②返却期限があるので、読むモチベーションになる
 ③蔵書が自宅の棚に比べて格段に多い
 ④検索が使える


図書館を使うメリットとして大きいのは、②の返却期限ですね。いわゆる「積ん読」にはならないです。返却期限は、デメリットにもなり得ますが、長い時間「積ん読」にしておいても、結局は自分のためにならないということを考えると、デメリットになりづらいと思います。また、自宅の本棚と違って、④の検索が使えるというのもメリットとしては大きいです。図書館を外付けハードディスクならぬ、外付け本棚として考えるとよいのではないかと思うのです。

ただし、良いことづくめではなく、もちろんデメリットも存在します。

【図書館を使うデメリット】
 ①読みたい時に手に入るとは限らない
 ②必ずしも読みたい本が、絶対あるわけではない
 ③借りたり、返したりという手続きが必要
 ④自分の本ではないので、書き込みなどはできない


あくまで、公共の施設からお借りするものなので、自分の本のように書き込んだりすることは言語道断です。デメリットととして大きいのは、読みたいときに読みたいタイミングで手に入らないことがあることです。本は、タイミングが大事だと思うので、どうしてもという場合は、買った方がよいでしょう。特に人気本だと手に入りづらいということもあります。

しかし、若干の使い勝手の悪さがあるとしても、物理的な場所を取らないで自分の本棚の延長と考えることで、図書館の利用の仕方も変わってくると思います。


■最近読んでいる本
佐藤可士和の超整理術
佐藤可士和の超整理術
  • 発売元: 日本経済新聞出版社
  • 価格: ¥ 1,575



知って損はしないATOKのショートカット8選

2015051309.png


みなさんは、ATOK使っていますか?
MS-IMEを使っている人は、ぜひ一度ATOKを使ってみてください。日本語変換ソフトとしては、一歩以上秀でていますよ。

さて今回は、ATOKのショートカットについてです。
有名どころから、あまり知られていないものまで載せていますが、どれも覚えたら便利でさらにATOKが手放せなくなりますよ。

  
【 知って損はしないATOKのショートカット8選 】  

 ・Tab
 ・Ctrl + Backspace
 ・Ctrl + insert
 ・Ctrl + F7
 ・Ctrl + Shift + F10
 ・Ctrl + Shift + F11
 ・Ctrl + Space
 ・Ctrl + Tab




・Tab
ワープロ専用機が全盛だった頃、書院というワープロ専用機がありました(年齢が、ばれますかね?)。私は、かなり愛用していたのですが、その中でずば抜けて便利だったのが、推測変換です。
これは、たとえば
「おは」
と打ち込んで
Tabキーを押すと
2009011901

とこのように最小限の文字数で、推測変換候補を挙げてくれるのです。何度も同じフレーズを打ち込んだりする場合には、大いに威力を発揮します。これがあるからATOKを使っているといっても言い過ぎではありません。



・Ctrl + Backspace
変換して確定してから、再変換したいことがありますよね?その時は、このショートカットです。今回紹介しているショートカットは、ATOKのショートカットなので、テキストエディタなども有効です。



・Ctrl + insert
atok direct
ATOK2008から実装された恐るべき機能です。この機能を実装したことによって、もはや単なるIMEを超えたといわれています。
この機能は、Webと連携して検索された結果が返ってくるのです。今のところは、はてなやYahooやGooなどと連携しています。文字打ちしている最中にWebの情報を参照できるというのは、画期的でした。
*この機能は、アドインとして提供されているので、こちらからダウンロードする必要があります。



・Ctrl + F7
2009011902
有名どころのショートカットで、「単語登録」をします。逆に単語登録を削除したい場合は、Ctrl + Deleteでできます。



・Ctrl + Shift + F10
このショートカットを実行すると
2009011903
というダイアログが出てきます。
 1は、辞書ソフトがあれば、それを検索するということです。
 2は、一太郎ファイルの検索を行うメニューを表示します。
 3は、郵便番号を検索してくれるツールです。
特に住所を打ったりする場面が多い人は、結構使うのではないでしょうか?



・Ctrl + Shift + F11
ATOK02
お気に入り文章を表示させるためのショートカットです。用途に応じた定型文を登録して置いて、すぐに使えるようにするための機能です。毎日のように繰り返し入力するものは、定型化して登録しておくとかなり便利です。
■参考リンク(ATOKのお気に入り文章ボックスが使える



・Ctrl + Space
2009011904
変換するときにCtrl + Space を押すと、通常は縦長の変換候補が、横長になり、一気にたくさんの候補を示してくれるようになります。名前を打つときなどは、便利かもしれません。



・Ctrl + Tab
2009011905
これは、連想変換するためのショートカットです。連想変換とは、例えば「1月」と打って連想変換すると

このように1月に関係する言葉を山ほど表示してくれるのです。言い回しが、どうもうまくいかないと思ったときに使うと効果的です。


ショートカットは、覚えて身体にしみこませるまでが、ちょっと大変ですが、一度身についてしまえば、とても大きな武器になります。ぜひ、覚えてみてくださいね。


関連記事
ATOKの辞書を作る
ATOKのお気に入り文章ボックスが使える

Box.netはかなり使えるサービスだ

2009011804

Box.netは、オンラインストレージです。
しかし、単なるオンラインストレージにとどまらない便利さがあります。単に自分のデータを自分だけで管理するというよりは、仲間や様々な人とシェアしたりするのに向いているサービスと言えます。

Box.netのここが便利】
 1.ブログやWebにフォルダを公開できるウジェットがある
 2.画像や写真は、サムネイル表示が可能
 3.Zohoをはじめとして、たくさんのWebサービスと機能面で連携している
 4.ファイル毎にシェアも可能



1.ブログやWebにフォルダを公開できるウジェットがある
Box.netが、数多あるオンラインストレージと大きな違いを見せるのは、ここです。まずは、これを見てください。


このような形でブログやWebに貼り付けることができるのです。もちろん、ブログなどに貼り付けた場合は、ファイルは公開モードになっています。データを配布したいときとかには、便利ですね。

2.画像や写真は、サムネイル表示が可能
上のウジェットの中に何枚か画像が入っています。見ての通り、サムネイルで表示されているので、簡便なフォトアルバムとしても使用可能です。さらに、画像をクリックするとLightbox的に表示してくれます。これだけでも、使用する価値はあります。

3.Zohoをはじめとして、たくさんのWebサービスと機能面で連携している
2009011807
現在確認している連携サービスは、以下の通りです。

Autodesk Freewheel
各種ブログサービス(Blogger,LiveJournal,Wordpress)
ConceptShare
EchoSign
EditGrid
eFax
facebook
freindfeed
Gmail
iPaper
mindmeister
myxer
Outlook
picnik
Snipshot
thinkfree
twitter
Zazzle
Zoho

ものすごい数の連携ですよね。これぐらいあれば、何でもできるだろう?と思わせる実感があります。

4.ファイル毎にシェアも可能2009011806
フォルダ単位ではなく、ファイル単位でも共有化することができます。
人を招待して共有化したり、一般公開するなど公開の方法もいくつか選ぶことができます。

QRコードの作り方

昨日、「名刺QRコードを入れていますか?」という記事を書きました。しかし、意外と未だに「そのQRコード、どうやってつくっているの?」と質問されることも少なくありません。QRコードを作るのは、とても簡単なので、ぜひやってみてください。

まずは、こちらのサイトにアクセスしてください。

QRのススメ
2009011702


この中で名刺に入れるQRコードであるならば、「プロフィール」または「プロフィール上級」をクリック。
そうすると以下のような画面が出てくるので、各項目を埋めていきます。なお、プロフィール上級は、さらに項目数が多いです。
2009011703


全てを埋めて、QRコードのサイズを決定します。名刺に入れるだけだったらサイズは、「小さめ」でも十分かもしれません。
ちなみに、上から順番に「大きめ」「標準」「小さめ」のサイズになっています。
QRコード
QRコード
QR_Code(3)

自分で作成したQRコードは、自分で保存して、あとは自分の名刺に入れるだけです。
昨日の関連リンクにも載せましたが、名刺にQRコードを入れている人は、全体の4%しかいないそうです。今なら差別化を図れるチャンスですよ。


関連記事
名刺にQRコードを入れよう!


関連リンク
QRのススメ
QRコード作成ソフト一覧


■最近読んでいる本
佐藤可士和の超整理術
佐藤可士和の超整理術
  • 発売元: 日本経済新聞出版社
  • 価格: ¥ 1,575

名刺にQRコードを入れていますか?


QRコード

みなさんは、名刺QRコードを入れていますか?

よくクーポンとかについてくるあの四角いやつです。私は、自分の名刺の裏にQRコードを入れています。
「今どき、携帯の赤外線でのやりとりで十分じゃない?」という向きもあるかと思いますが、そうではありません。むしろ、積極的に名刺に入れるべきだと思っています。しかし、残念なことに、あまりQRコードを入れた名刺をいただくことは少ないです。とても大事なチャンスを逃しているような気がしてなりません。


名刺QRコードを入れるべき3つの理由】
 1.必ずしも携帯でアドレスのやりとりするわけではない
 2.自分の情報が必要なときに相手に負担をかけない
 3.アドレス情報以外の情報も盛り込める



1.必ずしも携帯でアドレスのやりとりするわけではない
一番大事な点はこれなのですが、名刺をやりとりする場面では必ずしも携帯でアドレス情報を交換できるわけではありません。むしろ、そうではない場合の方が多いのではないでしょうか?あとで、必要になったときに初めて名刺が活かされていきますよね?


2.自分の情報が必要なときに相手に負担をかけない
相手が、自分に連絡をしたいと思ったときに、名刺の情報を携帯に打ち込む手間というのは、意外と大変です。つまり、相手が自分に連絡を取るためのハードルがその分高くなっているのです。名刺の情報をデータに置き換える際とる方法は、
 ①手打ちで携帯に入力
 ②名刺の情報を見ながら電話やメールを打つ
 ③名刺リーダーに通してデータ化
という3つのことが考えられます。
どれも、それなりに面倒ですよね?
電話番号ならいざ知らず、メルアドやURLなど手打ちしたくはありません。間違ったらイヤだしね。


3.アドレス情報以外の情報も盛り込める
もしも、手打ちで携帯などに打ち込む場合、よほど暇でない限りは全ての内容を打ち込むことはしません。しかし、QRコードならば自分のフルネーム、電話番号を2種類、メルアド、を正確に入れてもらうことが可能です。さらに、凝ったQRコードならば、さらにオリジナルで情報を盛り込むことも可能です。登録したときにプラスアルファの情報が入っていると、先方に「おっ」と思ってもらえるかもですよ。


周囲の人たちには、「積極的に名刺にQRコードを入れよう!」と推進しています。少しずつその輪が広がってきているのですが、世間的にはまだまだという状況です。さぁ、すぐに名刺にQRコードを入れましょう!


関連リンク
名刺に“QR コード”を入れている携帯電話ユーザーは約4%
QRコードのススメ

EasyStepでマインドマップ


easystep03

昨年の後半からマインドマップを勉強しはじめ、少しずつ理解が深まってきたときに出会ったwebサービスが、今回紹介する「EasyStep」でした。

このEasyStepとは、オンライン上でマインドマップを描けるというwebサービスです。
マインドマップって何?
という方は、こちらをどうぞ

【マインドマップ®公式サイト】ブザン・ワールドワイド・ジャパン

EasyStepのすごいところ】
 ・様々なアイコンなどが用意されている
 ・ノード(枝)が、自由自在に描ける
 ・右クリックから様々な機能が使える
 ・ブログやwebなどへの貼り付けタグがある
 ・PDFに変換できる
 ・高機能なのにオンラインソフトとしては軽い使い心地


さて、そのEasyStepでできることですが、これを見ていただければ分かるかと思います。
これは、そこで描かれたマインドマップです。
十分、使えると思いませんか?



ログインして新規作成すると以下のような画面が出てくるので、テーマを配置し、ノードをつないでいくと、すぐにマインドマップが完成します。
easystep
しかも、紙と違って、何度も試行錯誤しながら描けるのがよいですね。


さらに、webアプリの特徴として、貼り付け用のタグが用意されていて、ブログやサイトなどに貼れるのです。
上のマインドマップも、それで貼っています。
easystep02

また、PDF化したり、アウトライン表示できたりと、かなりの高機能ぶりなのです。
easystep04

2008/12/25付けでシナプスというさらに高機能化したバージョンも登場しているようです。

ぜひ、マインドマップに興味のある方は、使ってみてください。


関連リンク
EasyStep



■関連図書
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
  • 発売元: ダイヤモンド社
  • 価格: ¥ 2,310

登録をためらわせるWebサービスとは?

28182443_c

前回、「Webサービスへはどんどん登録しよう」と書きました。しかし、そんな私でも登録をためらわせるようなWebサービスがあります。

登録をためらわせるWebサービス】
 1.必要以上に個人情報を要求する
 2.登録の仕方がわかりにくい
 3.FAQやヘルプがない
 4.どんなサービスなのか説明が不明瞭
 5.解約方法が不明
 6.他のサービスと抱き合わせさせる
 7.メルマガ登録を強制する




1.必要以上に個人情報を要求する
前回も書きましたが、必要以上に個人情報を要求するサービスに関しては、登録を見合わせることも少なくありません。そのサービスを受けるにあたって、電話番号や住所など必要となる場面がないにもかかわらず、本人確認のためという名目で個人情報を収集するようなサービスに関しては、その後のトラブルなどを予防する意味合いから登録しません。
もしも、どうしても登録が必要な場合は、架空の住所や電話番号などを用意するというのも手です。

2.登録の仕方がわかりにくい
登録をしようと思っても、登録の手順が示されていなかったり、登録の仕方が分からないということもあります。その時点で、サービスへの登録の意欲は、半減してしまいます。探しまくらないと見つからないような登録に関しては、時間の無駄だし、他にも似たサービスがあるという理由で登録までいかないことが、たびたびあります。

3.FAQやヘルプがない
意外と重要なのが、FAQやヘルプです。どんなサービスなのか、どのような機能を使えるのかというのは、登録する前に知りたい情報なのです。また、FAQを見れば、どのようなことが疑問にもたれているのかが分かり、実際に自分がそれに遭遇したとしても、大きな不満は抱かないものです。FAQやヘルプが、充実しているかどうかというのは、登録への意志を大きく左右します。

4.どんなサービスなのか説明が不明瞭

そもそもそのサービスが、どのようなサービスなのか分からなければ、登録する気にもなれません。上のFAQやヘルプの充実が望まれるというのは、事前にサービスに関しての全体像を知りたいという疑問を解消するために必要なことなのです。

5.登録解除・解約方法が不明
登録の仕方だけではなく、どうすれば登録を解除・解約できるかというのも、意外と大事なポイントです。別に解約せずとも使わなくなって、放置すれば良いだけなのですが、いつまでも自分のアカウントが残るというのも心地が悪い場合もあります。登録解除・解約を載せるというのは、登録する人にとって安心感を与える意味で、大事なことなのです。

6.他のサービスと抱き合わせさせる
これは、論外というべきものですが、自分が使いたいサービスとは違うサービスも同時に加入させられるということが、ごくまれにあります。やめてほしいですね。

7.メルマガ登録を強制する
よくあるパターンなのですが、メルマガへの強制登録させるサービスは、けっこう多いです。基本的にサービスを使いたいのであって、メールによるサービスを受けたいわけではないので、そういうサービスに関しては登録を見合わせます。
また、メルマガに関しては、登録しないというメニューや、たとえ登録したとしても、いつでもすぐに解約できるような仕組みを用意しているかというのは、安心を与えるという意味において大事ですね。


数年前までは、上記のようなサービスが多かったのですが、最近では随分見かけなくなりました。みなさん、がんばっているんですね。


関連リンク
Webサービスへはどんどん登録しよう

Webサービスへはどんどん登録しよう

2009011301

例えば、はてなブックマークのホットエントリなどを見ているだけでも、ほぼ毎日といって良いぐらいに、新しいWebサービスが出てきています。実際は、毎日無数のWebサービスが誕生しているといっても言い過ぎではないくらいに、たくさんのWebサービスがあふれてきています。
これだけたくさんのWebサービスがあふれてくると、どのWebサービスに登録すべきかと迷ってしまいますよね?
これに対するシンプルな回答は、
とにかくどんどん登録しよう
です。


【どんどん登録すべき3つの理由】
 1.使ってみないと分からないことが多い
 2.あとで検索しても見つからないことがある
 3.登録しても大きな損害は起こらない



1.使ってみないと分からないことが多い
当たり前と言えば当たり前ですが、実際に登録して使ってみないと見えてこないことは多いです。前評判は高いのに、実際使ってみるとすごく使いづらかったり、評判ほどではないことは多いものです。逆に全く無名でも自分にとって無くてはならないツールになる可能性があります。ネット上の評判と自分にとっての必要感は、必ずしも一致しないということです。ただ、経験則としては、ネット上の評判が良いWebサービスは、たいてい良かったりします。

2.あとで検索しても見つからないことがある
見かけたときは、「こんなサービス使わないだろう」と思っていても、あとで必要になることは意外とあったりします。そして、その時には、検索しても見つからないことが多いのです。特に海外のサービスは、見つけづらいですね。しかし、登録しておけば、メールにも登録情報は残るし、ID Managerのようなツールに記憶させておけば、IDやパスワードの管理にも困ることはありません。Firefoxに記憶させておいてもいいでしょう。

3.登録しても大きな損害は起こらない
ここが、大きなポイントですが、個人情報をたくさん入力させるようなサービスでない限り、基本的に大きな損害は起こりえません。
もしも、問題が起こる可能性があるならば、スパムメールが大量に送られてくるぐらいでしょうか?しかし、たとえ大量のスパムメールが送られてきても、ThunderbirdGmailならば、自動的にスパムメールを排除してくれるので、問題はありません。あとは、ウィルスや詐欺の被害が考えられますが、最近のセキュリティーソフトは、ほぼ対応済みなので、気にする必要もないかと思います。もしも、個人情報をたくさん必要とするようなサービスであるならば、登録するとき慎重になった方がよいでしょう。


最近のWebサービスの特徴としては、個人情報をあまり必要せず、メールアドレスとパスワードのみで登録が完了するものが大半を占めます。そのようなサービスであるならば、登録するのにも時間はかかりません。迷うぐらいならば、すぐに登録してしまってから様子を見てもよいかもしれませんね。


■最近読んでいる本




生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)


福岡 伸一

講談社



TomblooでClippやFemoにポストする

2009011201


FirefoxのアドオンであるTomblooとは、Tumblrというウェブクリップを目的としたブログ(?)のようなものです。

Tumblr はじめてガイド(なつみかん@はてな)

このTomblooを使うと、Tumblrだけではなく、FlickrやTwitterやはてなブックマークなど様々なところにポストすることができます。右クリックだけでどんどん登録していけるので、とても気軽にそして素早くポストしてしまいます。

さて、そんなとて便利なTomblooなのですが、使っているうちに「あそこのサービスにもポストしておきたいな」と思うようになります。私の場合、クリッピングサイトとして、ClippFemoなども使っているので、別にログインして使うのが、少々面倒になってきます。できたら、Tomblooでポストしたいと思っていました。

そうしたら、ありました。

Tomblooでclippにポストする(早漏)


スクリプトを書いて配布していらっしゃったので、早速いただきました。そして、さらに「Femoにもポストしたいので、作ってください」と要望したところ、なんと、すぐに対応してくださいました。
ありがとうございます!

TomblooでFemoにポストする

素晴らしすぎます。
というわけで、今や最強化したTomblooを実装しています。


関連リンク
早漏
Tombloo
Tumblr
Clipp
Femo


■今読んでいる本




酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記


恩田 陸

講談社


Googleカレンダーの意外と便利な機能5選

Googleカレンダーをメインのスケジューラーとして使い始めて長くなりました。とにかくスケジュール関係は、全てGoogleカレンダーに入れてしまうことで、一元化を図っています。そんな、なくてはならないGoogleカレンダーですが、使っていてこれは意外と便利だなと感じた機能を5つピックアップしてみました。

【Googleカレンダーの意外と便利な機能5選】
1.地図表示
2.「10時会議」と打ち込むだけで登録
3.カレンダーの共有
4.他サービスとの連携
5.ブログやウェブにカレンダーを貼る



1.地図表示
かなりの方向音痴なので、とにかく地図がないと色々厳しいのです。しかし、スケジュールが詰まっているときに、いちいち地図を調べて行動している暇が無かったりします。そんなときは、スケジュールを入れるときに、場所を明記しておくと、スケジュールに「地図」が出てきます。企業名や店名だけでも出るので、登録の手間はわずかです。
2009011101


2.「10時会議」と打ち込むだけで登録

マウスでドラッグするだけで時間指定できて便利ですが、さらに「10時会議」と打つだけで、10時にスケジュール登録してくれるのです。月表示をしていてスケジュールを登録する際にいちいち週表示などに切り替えなくても登録できるのが便利ですね。

3.カレンダーの共有
Googleカレンダーは、1つのアカウントで複数カレンダーを作ることができます。それぞれの用途でカレンダーを作っておくと、色も変えられて便利なのですが、さらに公開設定をすることで、さらに用途が広がります。スケジュールは、案外、自分だけが使うものとは限りませんよね?仕事上でお互いにスケジュールを共有する必要がある場合も少なくありません。そこで、「共有の設定」で招待したり、一般公開することができます。ちなみに共有をしている相手が、カレンダーを更新したらすぐに自分のカレンダーにも反映されます。

4.他サービスとの連携
今やGoogleカレンダーは、様々なサービスとの連携が図れるようになってきています。特にRemenber The Milkとの連携は秀逸です。Googleカレンダーにおいて苦手とする、タスク管理を補ってくれます。
また、情報管理LOGでも何回か取り上げているLinoとの連携も便利です。Linoに貼り付けた期日指定の付箋が、カレンダーに反映されるのです。これも、ToDo管理として使っています(Linoは、すごい(前編)(中編)(後編))。

5.ブログやウェブにカレンダーを貼る
結構便利なのにあまり使われていない機能として、Googleカレンダーをブログや自分のサイトに貼ることができるというものです。大きさなども自由にカスタマイズできるので、サイトへの埋め込みも違和感なくできます。
ただあまり小さくしてしまうと、見づらくなったり、使い勝手が悪くなってしまいます。あえて、週表示や月表示ではなく、予定一覧にしておくと意外と見やすくて便利ですよ。

これは、日本の祝日を貼ってみた例です。

あまり、目新しい機能ではありませんが、使ってみることでその良さが実感できます。もしも、まだやったことがないというのであるならば、ぜひお試しください。


関連リンク
Linoは、すごい(前編)
Linoは、すごい(中編)
Linoは、すごい(後編)

100均のクリア付箋の使い心地は

たびたび、情報管理LOGで100均グッズを取り上げてきましたが、侮れないですよ、100均は。

というわけで、今回は100円ショップのクリアメモについてです。
これと酷似した製品としては、無印良品「貼ったまま読める透明付箋紙」があります(というよりも、この100均のクリアメモの方が、酷似しすぎ)。
2009011005

無印良品「貼ったまま読める透明付箋紙」は、空想無印というサイトで、要望が多かったために商品化されたものなのだそうです。しかし、20枚で525円とちょっとお高めなのがたまにキズでした。


しかし、これとほとんど同じ物が、100均で「クリアメモ」という名称で売られているのですから驚きです。
2009011001
こちらは、12枚入りで100円。


このクリアメモは、パッケージを開けるとプラスチックの台紙に貼り付けられていて、そのままでも折りたたんで持ち運びができるようになっています。これは、なかなか使い勝手がよさそうです。
2009011002
こんな感じで折りたたんで携帯できる。
2009011003


実際に本に貼ってペンで書いてみました。
2009011004

貼ってみると、予想以上に透明で付箋が貼られていることを意識せずにすみます。書き味も普通のプラスチック付箋とほぼ変わりありませんでした(どこに付箋が貼られているか分かりますか?)。

結局、私の手帳の付箋シリーズに新しく加わることになりました。
100均侮りがたいです。


関連リンク
手帳と相性の良い付箋
手帳のデータ移行術
100均の「写真ポケット」が使えるよ

ATOKの辞書を作る

ATOKは、日本語文字打ちソフトとしてはかなりの完成度を誇っています。日々のテキストを打つ際には、ATOK無しではあり得ないとまで思っています。変換精度も年々高まってきているように感じますが、それでも仕事ならではの独自の言葉や、固有名詞などに関しては、正確に変換されないこともしばしばです。

ATOK 2008 for Windows

そこで、私はATOK用の辞書を作成して、それを活用しています。
「ATOKの辞書を作るなんて難しそう…」と思っている方でも、これを見ればできるようになりますよ。


まずは、ATOKに登録する単語の一覧を作成します。これは、Excelで作成するのがよいです。
1列目から「読み仮名」、「変換するべき単語」、「品詞」の順番になっています。
excel

これができたら、次にテキストエディタ(メモ帳でOK)にエクセルのデータを貼り付けます。範囲指定して、コピー&ペーストでよいです。
2009010901

ただし、これだけではATOKの辞書として機能しないので、1行目に必ず

!!ATOK_TANGO_TEXT_HEADER_1

と入れておきましょう。


これで、辞書の元データができました。分かりやすいファイル名をつけて保存してください。例では、「ATOK辞書実験」で保存してあります。

次にATOKのツールバーを右クリックしましょう。表示されるメニューの中に辞書メンテナンス」があるはずです。その中に「辞書ユーティリティ」という項目があるので、それをクリックします。
2009010902


たぶん、日頃使っているユーザー辞書の単語登録一覧が表示されるはずです。
2009010903

気にしないで、「ファイル」「新規作成」しましょう。
ファイル名を入れるところの横に「参照」とありますが、気にせずに分かりやすいファイル名を入力してください。ついでにタイトルも入れてしまいましょう。そこまでできたら、OKを押してください。


次に「ツール」「ファイルから登録・削除」を選択します。
2009010904


今回は、単語の一括登録をするので、「単語の一括処理」の他部を選択してください。
2009010905

単語ファイルとして、先ほどのテキストファイルを参照しましょう。そして、登録ボタンを押すとほぼ一瞬のうちに単語登録が終了します。
2009010906


さて、ここまでできれば、あと一歩です。がんばりましょう!


今度は、ATOKのツールバーをもう一度右クリックし、メニューを表示させ、「プロパティ(環境設定)」をクリックします。
2009010907

ATOKプロパティが立ち上がるので、その中の「辞書・学習」タブを開きます。標準辞書セットとして現在登録されている辞書一覧が表示されているはずです。
「辞書の追加・削除」をクリックし、「追加可能な辞書の一覧」から先ほど保存した辞書を追加すれば、ATOKへの辞書登録は完了です。
お疲れ様でした。

これをマスターすれば、仕事専用辞書を複数作成して、職場内で共有することも可能になります。各自が、ストレスを感じながら単語登録をする手間が無くなりますよ。


【辞書を作るメリット】
  ・変換効率が上がる
  ・職場内や仲間内で辞書をシェアできる
  ・一つ一つ単語登録をしていくよりも効率的







ATOK 2008 for Windows


ジャストシステム



とにかく小さいWalkmanケータイ(au X mini)

先日発売されたauのウォークマンケータイことXminiですが、店頭で見て驚きの小ささでした。基本的に携帯は、軽い、薄い、小さいがよいと思っているので、若干心が揺れました。現在の私の携帯は、Xminiと同じSony EricssonPreminiなのですが、その当時からXminiが発売される今までずっと最小携帯でした。Sony Ericssonは、小さい携帯が好きなのでしょうか?

さて、実機をさわってみた感想はこんな感じでした。

Xminiの印象】
  1.とにかく小さい
  2.思ったよりも押せるボタン
  3.音楽プレーヤーとしては、必要十分
  4.色のバリエーションがいまいち…
  5.機能は絞ってある




1.とにかく小さい
Xmini
写真を見てもらえれば分かりますが、相当小さいです。44×75×20(最薄部18)ミリという大きさは、手に持つと隠れてしまうサイズです。会話をすると独り言を言っているように見えるかもしれません。でも、ポケットに入れても、全く邪魔にならないサイズという点は、すごいの一言。

2.思ったよりも押せるボタンXmini02

スライド式なので、さらに狭い中にボタンを配置しています。指の大きな人は辛いかもしれませんが、押せないことはないです。むしろ、「このサイズなのにけっこう打てる」と思いました。

3.音楽プレーヤーとしては、必要十分
Walkmanケータイと銘打っているだけあって、音楽プレーヤーとしては必要最低限は、きっちりとそろっている印象です。イコライザーなどもついているので、最近のシリコンオーディオプレーヤーとして考えても良いかと思います。

4.色のバリエーションがいまいち…
しかし、色の配色はちょっといまいちかなと思いました。
もう少し、シックなものがあっても良いかな?もしも、購入するならば黒がよいと思いました。最近のsonyの製品は、色がいただけません。

5.機能は絞ってある
ワンセグもなければ、カメラもお財布機能もついていません。でも、実際問題として、それがどうしても必要かと言われれば、そんなに必要じゃないんですよね。あえて、機能を絞って「小さい」+「音楽」を前面に出すというのは、悪い戦略ではないと思いました。

2008年にお世話になったwebサービス

昨年は、魅力的なwebサービスがたくさん出てきた1年でした。私もたくさん登録して使わせていただきました。中には、登録したきりになってしまい、ほとんど利用することもなく終わったサービスもけっこうありました。また、最初のうちは便利だと思っても、次第に使わなくなってしまうサービスもありました。今回は、そんな中でも、私が半年以上愛用しているwebサービスを取り上げてみました。

【2008年お世話になったwebサービス
Box.net
オンラインストレージなのですが、ブログパーツなどの形で自分のフォロだを公開することもできるのが、すごく便利です。

Clipp
Tumblrと同じ感じのミニブログ兼、オンラインメモ帳という感じ。私は、主にオンラインメモとして使っています。

DropBox
昨年、爆発的ヒットを飛ばしたオンラインでのファイル同期ツールです。もう、USBメモリいらないかな?とか思ったりします。

DIYNOTE
手帳を自作する人には、必見のサービス。様々なリフィルをダウンロードできます。

Flickr
言わずとしれた写真共有サイト。でも、今までほとんど使っていなかったのですが、tomblooのお陰で一気に日常使いのサービスになりました。

Femo
Clipp
と同じようなオンラインメモ帳。しかし、公開・非公開の設定やタグでの管理など多機能で使いやすいです。

Googleのサービス群
もはや、説明不要のサービス群。これがないと、仕事になりません。

Last.fm
たまに音楽でも流しながらと思ったときに使っています。意外な選曲も楽しいです。

Lino
このブログでも何回かにわたって取り上げたオンライン付箋です。多機能でありながら軽快ということなしです。フリーソフトでも同じようなソフトがありますが、断然Linoの方が良いと思います。Firefoxとの組み合わせは、最強。

Logmein
昨年の後半から使い始めたリモートアクセスサービスです。「こんなに簡単につながっていいのか?」と心配になるぐらいにリモートアクセスが、ラクになりました。

MAILPIA
RSSの更新情報をメールで知らせてくれます。私は、Box.netとの組み合わせで使っています。

Qooqle News
del.icio.usやはてなブックマークをはじめとして、ネット上の話題を一覧にしてみられます。はてブのホッテントリを見るよりこちらでチェックする方が多いです。

Rember The Milk
タスク管理ツール。Googleカレンダーとの組み合わせが、非常に便利です。様々なwebサービスとの組み合わせができる面白さも人気の秘密かもしれません。

Skydive
昨年、25Gに大増量したオンラインストレージです。Microsoftが運営している安心感もあります。今後の展開に大期待しています。

track feed
リンクが張られたときに知らせてくれるサービスです。この情報管理LOGにも貼られています。

Tumblr
ものすごく気軽にできるウェッブクリッピングサービスです。気になった情報などは、どんどん何も考えずにTumblrに投げ入れています。FirefoxのアドオンであるTomblooとの組み合わせによって、ウェッブクリッピングの手間が、ゼロになったといっても良いほどです。

あとで新聞
あとで読むもかなり使っているのですが、そのまとめサイト。

どこいる?ドットコム
各自の動静の把握のため、仕事で使っています。使い方が簡単なので、教える手間が少なくてラクです。

はてなブックマーク
言わずとしれたソーシャルブックマークサービスです。昨年末にリニューアルされてさらに使い勝手が良くなりました。

はてなフォトライフ
おなじく、はてなのサービス群から。Flickrと同じような写真共有サイトです。なぞなぞ認証が、意外に便利です。サービスに登録していなくても見ることができます。

紙copi.net
フリーソフトである紙copiのオンライン版です。自動保存や素早い全文検索などが、特徴のオンラインメモ帳です。まだ、βサービスなどで今後に期待です。

こうやって眺めてみると、意外に少ないですね。
結局、よく使うサービスというのは、限られてくるということなのかもしれませんね。


関連記事
Firefox3で使っているアドオン一覧
Linoは、すごい(前編)
Linoは、すごい(中編)
Linoは、すごい(後編)

Rollbahn2009のここが気に入った

2009010507

今年の手帳として、DELFONICSRollbahn2009を使い始めて1ヶ月たちました(この手帳は、10月からスタートできる)。そこで、1ヶ月使ってみて、ここが良かった、または気に入ったと思えるところを、メモ的にエントリー。


Rollbahn2009ここが良かった&気に入った】
  ・表紙がちゃんと堅い
  ・年間、月間カレンダーが使いやすい
  ・角が丸い
  ・クリアポケットが12枚ある
  ・方眼の使い勝手がよい
  ・薄いクリーム色の紙が、意外にいい



・表紙がちゃんと堅い
立ちながらだったり、乗り物に乗っているときに膝に載せてメモを取ったりする場面があるので、表紙がちゃんと堅くないとメモが取りにくくて仕方がないのです。Rollbahn2009は、表紙も背表紙も両方ちゃんと堅いので、なかなか良いです。たまに使っているうちに柔らかくなってきてしまうものがありますが、そういうこともなさそうです。

・年間、月間カレンダーが使いやすい

2009010502

週間や月間カレンダーというのは注目されがちなのですが、年間カレンダーは見落とされがちなポイントです。写真のように年間カレンダーは、半年分を一覧で見ることができます。さらに2010年の3月分まで印刷されていて好感がもてます。


・角が丸い
2009010504

これ、意外と大事なところです。昨年まで使っていたCOATED DESIGN GRAPHICSの手帳も角が丸かったのですが、Rollbahn2009も角が丸く一安心です。
手帳は、鞄などに入れて持ち運ぶ場面が多いですよね?もしも、角が丸くないと、角が曲がったり折れたり、と痛んでしまうのです。


・クリアポケットが12枚ある
12という数字が大事で、要するに12ヶ月分ということです。
私の場合は、特に月ごとに入れているわけではないので、1年分とかは気にならないのですが、枚数が多いのは、とても喜ばしいことです。私は、さらに100均のクリアポケットを貼って増量しています(100均の「写真ポケット」が使える)。

・方眼の使い勝手がよい
たまに方眼や罫線が、主張しすぎている手帳がありますが、そういう感じが無く、わずかに見える程度なので、自由に書き込みができます。
図や絵を描き込んだりすることが多いので、薄い方眼はありがたいです。

・薄いクリーム色の紙が、意外にいい
最初、Rollbahn2009を買うことにやや抵抗がありました。それは、紙の色がクリーム色ということとA5サイズではなかったところでした。しかし、実際に使ってみると大きさ的にも色的にお問題はありませんでした。逆に薄いクリーム色が目に優しくて意外にいいです。


今回は、良かった&気に入った部分を取り上げましたが、「ここがちょっと…」というところも実はあります。

【ここはちょっと…】
・表紙に指紋がつきやすい
2009010501

私が買った色が良くなかったのか、やや指紋がつきやすいように感じます。自分しか使わないから良いといえばよいのですが、気にはなります。

・リングの部分がやや大きすぎ
私は、リングの部分にSignoを挟んでいるのですが、大きすぎるためにペンが丸ごと挟まってしまうこともあるのです。もう一回り小さくても良いかな?と思わなくはありません。


使ってみると、Rollbahn2009は使い勝手がよく、今のところ買って良かったと思える手帳でした。もしも、まだ手帳を買っていない人は、選択しに入れておくのも良いかもしれませんよ?


関連記事
2009年の手帳はRollbahn
手帳に求めること
手帳のデジタル化
手帳と相性の良い付箋


■今読んでいる本

モダンタイムス (Morning NOVELS)







モダンタイムス (Morning NOVELS)


著者:伊坂 幸太郎
出版社:講談社
出版日:2008-10-15

手帳のデータ移行術

みなさんは、前年の手帳をどうしていますか?

手帳は、一種のデータベース化していて、様々な情報が詰まっています。中でもアイデアや備忘録、アドレスなど常に手元に置いておきたい情報があるはずです。そう考えると新しい手帳に移行するのを、少し躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか?

今回は、新しい手帳にどのように情報を引っ越しすべきかについてのエントリーです。

私は、以前のエントリーでもふれましたが、手帳の中身をデジタル化しています(手帳をデジタル化する)。したがって、以前の手帳の中身に関しては、PCで検索をかければ、即座に参照可能な状態になっています。しかし、これは手の届く範囲にPCがある場合です。出先などで、PCが手元にない状態の場合、やはり最低限必要な情報は、手元に置いておきたいと思うものだし、ぱっと開いてすぐ参照できる紙の良さは捨てがたいものがあります。しかし、いちいち書き写すのは、面倒くさいですよね。
そこで、2つの方法で情報を移動しています。

【手帳のデータ移行術】
1.クリアポケットの活用
2.よく使う情報は付箋



1.クリアポケットの活用
年間スケジュールや連絡を取る人のリストなど、特に追記する必要のない物に関しては、クリアポケットに入れています。データ移動をするときは、そっくりそのまま、移してしまえばいいのでラクです。

2.よく使う情報は付箋
よく使う情報というのは、年をまたいでよく参照する情報ということです。そういう情報をいちいち新しい手帳になるたびに書き写すのは、面倒くさいですよね。なので、そういう情報は付箋に書いておき、新しい手帳に移行する際に貼り直せばよいです。
私の場合は、以下のものを付箋に書いています。

  ・電話番号や連絡先
  ・バスや公共機関の時刻表
  ・レストランなどの定休日や営業時間などの情報


なお、付箋に関しては、以前(手帳と相性の良い付箋)に触れましたが、全面ノリの付箋を使うのが、剥がれづらいので良いです。


関連記事
手帳と相性の良い付箋
手帳のデジタル化
手帳のデジタル化する(その2)


■現在読んでいる本

Firefox3で使っているアドオン一覧

firefoxlogo

Firefox3の魅力は、アドオンによるカスタマイズと機能の強化にあります。今回は、私がFirefox3で使っているアドオンのリストを挙げておきます。

2008122901

<仕事・プライベート共通>
DownloadHelper
FireGestures
GMarks
Greasemonkey
IE Tab
Japanize
SBMカウンタ
Tab Mix Plus
Tombloo
Ubiquity
紙copi-Add-on


<仕事のみ>
BetterGcal
Google Gears
Gmail Manager
RAMBack
Stylish



<仕事とプライベート両方に入れているアドオン解説>
DownloadHelper
Youtubeをはじめとして画像や動画などをダウンロードするためのアドオン。YoutubeのHD動画を自動検出してくれるのが、結構便利です。

FireGestures
マウスジェスチャーを実現するためのアドオン。マウスジェスチャーに様々な機能を独自に割り当てることができます。私は、「進む」と「戻る」ぐらいしか使っていません…。

GMarks
Googleブックマークをお気に入りのようにメニューバーから使えるようにするアドオンです。Tomblooとの組み合わせは、最強過ぎです。
あと、地味にブックマークの管理が、Googleブックマークと連動していて感動します。

Greasemonkey
様々な機能を追加するためのアドオン(説明が難しいなぁ)。スクリプトなどを組み込むことで、様々なことを実現します。私は、AutoPagerizeとGoogle SBMを使っています。AutoPagerizeは、自動ページ送り機能です。もうこれがないと検索もブログの記事を読むのも疲れてしまいます。無くてはならない機能ですね。Google SBMは、Googleの検索結果にはてなブックマークのブックマーク数を表示する機能です。

IE Tab
タブ毎にIEベースのエンジンにするかを設定できるようにするアドオン。クリック一つでエンジンを切り替えることができます。

Japanize
英語のWebサービスのメニューなどを自動的に日本語化するアドオンです。対応サイトが広く、一瞬日本語のサービス化と見間違うこともあります。

SBMカウンタ
はてなブックマークをはじめとする各種ソーシャルブックマークにどれぐらい登録されているのかが分かります。特にブックマークコメントが、左下に出るのが、意外に便利。

Tab Mix Plus
Firefoxを導入したら、すぐに入れるべきアドオンの一つ。細かいタブ操作を設定できます。マウスのクリックやマウスホイールによる動作設定は、必須かなと思います。

Tombloo
Tumblrをしている人は、絶対に必須なアドオンです。右クリックからTumblrにワンクリックでポストできます。あまりにも楽すぎて手放せません。しかも、はてなブックマークやFlickerなど、様々なサービスにも同時にポストできるのが、素晴らしすぎます。GreasemonkeyのAutoPagerizeを使ったときと同じくらいの衝撃度でした。

Ubiquity
Firefox上からコマンドラインで様々なサービスを呼び出すことができるアドオンです。もう少し日本語対応してくれれば、利用頻度がさらに上がると思うんだけどなぁという感じです。でも、キーボードから手を離さずに、様々な操作をできるのは、感動します。

紙copi-Add-on
紙copi Liteを使っている人は、必須のアドオンです。右クリックから文字だけ取り込みなどが、簡単にできるようになります。

<仕事用のみに入れているアドオンの解説>
BetterGcal
カレンダーの表示画面を大きくしたり、現在時刻のところを赤線で表示したりと、細かな使い勝手をよくしてくれるアドオンです。Googleカレンダーをメインで使っているならば、使って損なしですよ。

Google Gears
オフラインでもwebサービスを使えるようにするためにGoogleが開発したアドオンです。まだ対応サービスが、少ないのが難点ですね。でも、少しずつ拡大してくることを期待して入れています。

Gmail Manager
Gmailチェッカーです。メールが届いたらステータスバーにその件名などを表示してくれます。しかも、マルチアカウント対応なので、複数のアカウントを持っている人は、チェックがラクになりますよ。

RAMBack
Firefoxのメモリを解放してくれるアドオンです。実際、あまり効果を感じませんが、タスクマネージャーでメモリの消費量を確認してみると、ある程度は解放してくれているみたいです。「重くなったな」と感じたときに、実行すると良いです。

Stylish
Webページの外観を劇的に変えることができるアドオンです。今では、Gmailもテーマが使えるようになったので、利用する頻度は減ってしまいましたが、使いようによっては、なかなか使えますよ。

今回は、さらっと入れているアドオンについて取り上げましたが、近いうちに使わなくなったアドオンやおすすめアドオンについて取り上げてみます。

手帳と相性の良い付箋

手帳付箋を入れて一緒に持ち歩くという人は多いですよね。ちょっとした目印代わりにもなるし、手帳の中で目立つので「これは」という場面で貼ることもできます。
私は、手帳に何種類かの付箋をいつも貼って持ち歩いています。今まで様々な付箋手帳に挟んできました。

この中でも手帳と相性がよいと感じる付箋が、3つあります。

手帳と相性がよい付箋
1.全面ノリの付箋
2.プラスチックの付箋
3.ガムのボトルに入っている捨て紙


1.全面ノリの付箋
2009010201

全面ノリの付箋は、主にラベリングなどの用途として使われることが多いのですが、意外に手帳とも相性よしです。数年前までは、全面ノリの付箋は、数が出ていなかったためか、若干の高めだったのですが、最近では100均でも売っています。この全面ノリの付箋は、はがれづらいという特徴があるので、ずっと貼っておく必要のある情報を書き込むのに使います。年度をまたいで、次の手帳に乗り替えるときに、はがして情報を移動するのに便利なのです。

2.プラスチックの付箋

2009010202

今や付箋界(というものがあるやら)でもメジャーになったプラスチックの付箋ですが、とても用途が広いです。しおり代わりに使ったり、目印として使用したり、プラスチックなので下が透けていることを利用して上に文字を書いたりと何かと使う場面が多いです。プラスチック付箋に関しては、手帳以外でもかなり多用しています。

3.ガムのボトルに入っている捨て紙
「え~」と思われるかもしれませんが、使ってみると分かります。絶妙な大きさなのです。手帳に貼っても邪魔にならない大きさというのは、意外に探してもあまりありません。逆にミニ付箋的な大きさだと、目印的な用途にはなりますが、文字を書き入れるにはいまいち使い勝手が悪かったりします。大きからず、小さからずという大きさは、なかなか使えますよ。

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG