TOP > ARCHIVE - 2011年02月

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

ScansnapとEvernoteで年賀状の管理をしてみた


(c) .foto project



季節は、ずれてしまいましたが、Evernoteで年賀状の管理をしてみました。という時季外れもいいとこな記事です。


  
【ScansnapとEvernoteで年賀状の管理をしてみた】  
 1.Scansnapで年賀状をスキャン
 2.住所録の再チェック
 3.Evernoteへ
 4.Evernoteで管理すると良いこと





みなさんは、年賀状をどのように管理していますか?
私は、ある程度の年限が来たら、シュレッダーをかけて捨てていました。とはいいつつも、以外に場所を取るのも事実。そこで、今年はEvernoteに管理を任せてみました。あまりにもあっけなく簡単ですので、Scansnapユーザーの方は、ぜひお試しを。


1.Scansnapで年賀状をスキャン
まずは、年賀状をスキャンします。使うのは、Scansnapです。
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

Scansnapは、一度にスキャンできる枚数が50枚程度なので、50枚ごとに区切っておきます。

設定は、下記の通りです。
 ・カラーモードは、自動
 ・画質は、スーパーファイン(300dpi)
 ・読み取り面の選択は、両面
 ・継続読み取りは、オン
 ・文字列の傾きを自動的に補正しますは、オフ
 ・原稿の向きを自動的に補正しますは、オン
 ・継続読み取りは、有効にチェック
 ・文字認識は、全てのページ


まぁ、他にも設定項目がありますが、だいたいこんな感じで良いと思います。
あとは、どんどんスキャンするだけです。とても快適です。
文字認識に少しばかり時間が取られますが、その後の利用価値を考えれば、それぐらい我慢しましょう。


2.住所録の再チェック
ここで、送ってくれた人の住所が変更になっていないか、チェックします。もしも、住所が変わっていたり、新しい情報などがあれば、住所録を更新します。


3.Evernoteへ
2011022702.jpg

別にEvernoteに入れてから2をしても良いのですが、取り込みミスのチェックなども兼ねるため、チェック→Evernoteという流れでやった方が良いと思いました。

で、これがEvernoteに取り込んだ年賀状です。サイズは、およそ35Mbぐらい。それほどでもないですよね。
2011022701.jpg


4.Evernoteで管理すると良いこと
年賀状をEvernoteに入れてみようと思ったのは、置き場所が邪魔だったからというのが主な動機でした。しかし、実際入れてみて、予想以上に使い勝手が良く「これは、使える!」と思いました。

以下は、私が良いと思った点です。

 ・いつでも見られる
 ・検索できる
 ・年賀状の当選確認もできる


今までだったら、新年が明けて、年賀状を整理してしまえば読み返すこともなくしまっていました。しかし、年賀状って一種のデータベースなんですよね。友人、知人、知り合いの情報が、コンパクトにまとまっているデータベースです。
その年賀状を見ると、その人の近況やその人の人柄が、すぐに思い出せます。
「そういえば、あの人どうしていたっけ?」
と思いついたときに、すぐに検索。という使い方ができるのです。

さらに、おまけ機能として、年賀状の当選チェックもできてしまいます。文字認識をしているので、Evernote上ではさすがに厳しいですが、Foxit J Readerなどで検索をかけると一発でチェックできてしまいます。

と思っていたら、こんな記事が…。



メチャメチャ便利ですね。

NAVERフォトエディタでいいんじゃない?

2011022602.jpg


ブログを更新しているときに、サクッと写真をほんの少しだけ加工したいという時があります。そんな時にいちいち思い画像系のアプリを立ち上げるのは、面倒ですよね?そこで、使いたいときにサクッと使えるNAVERフォトエディタが便利です。


  
【NAVERフォトエディタでいいんじゃない?】  
 1.登録不要
 2.使える機能をざっくりと紹介
 3.保存もラク
 4.残念な点を1つ





1.登録不要
まず、試しに使ってみたいならば、全くの登録不要で使えます。しかし、後述しますが、色々便利に使う場合は、NAVERにアカウント登録しておくと便利です。

まず、NAVERフォトエディターのサイトにアクセス。




2.使える機能をざっくりと紹介
2011022601.jpg


「フォトエディターを起動」をクリックします。
そうすると、このような画面が立ち上がります。
2011022603.jpg


まずは、編集する画像がなくては始まりません。画像に関しては、ローカルファイルか、Flickrにアップしている画像から選ぶことができます。今回は、ローカルファイルを使ってみます。
「参照」からマイコンピュータを選びます。
2011022604.jpg


「開く」を押すとすぐに画面に反映されます。
2011022605.jpg


上のツールバーには、必要十分な機能が付いています。
2011022606.jpg

回転させたり、切り取ったり、リサイズしたりという基本機能はもちろんのこと、画像の補正や簡単なドロー機能、効果などもできます。


これが、レベル補正の画面
2011022607.jpg


せっかくなので、加工してみたいと思います。
このアップした画像に
2011022608.jpg


範囲選択をします。
2011022609.jpg


今回は、これにモザイクをかけてみます。
2011022610.jpg

なんか、アレな感じですね。


これに、テキストも加えてみましょう。
テキストを追加するとレイヤーが自動的に追加されて、その上にテキストが入る形になります。フォントは、ローカルに入っているフォントが使えます。もちろん、日本語はOKです。
2011022611.jpg


レイヤーも低機能な画像ソフト並みぐらいの機能はあります。
右下のアイコンをクリックするとレイヤーを結合できます。
2011022612.jpg


最後に切り取ってバナーにしてみます。
2011022613.jpg


なんか、バナーっぽくなりました。
2011022615.jpg

レイヤーを重ねて文字に影を付けたりとか、凝り始めたら色々できそうですが、今回はしません。



3.保存もラク
保存は、右下の「保存」からできます。
クリックするとマイコンピュータか、Nドライブに保存するか選択できます。
2011022614.jpg


保存形式は、JPG、PNG、NPE(この拡張子なんだ?)から選べます。
2011022616.jpg

圧縮率も選べるのは、良いですね。


上記でNAVERにアカウント登録しておくと便利と書いたのは、この保存でNAVERを選べるからなのです。サクサク画像を作成しておいて、あとで一気にフォルダ毎ダウンロードという使い方もできます。
2011022617.jpg



4.残念な点を1つ
最後にNAVERフォトエディターで残念な点を1つ。
それは、Nドライブに保存した画像は、フォルダ毎の共有はできるものの、ファイル単位で公開したり、共有はできない点です。せっかくブログ用に作っても、Nドライブから画像を引用できなければ、使い勝手は良くないかな?とも思います。今後に期待ですね。




■関連リンク
NAVERフォトエディター
FC2ノウハウ

Evernoteに一番最初に入れたものを振り返ってみる

@nori510さんから始まり、@goryugoさんからビッグウェーブに発展したファーストノートを振り返る企画。情報管理LOGも乗ってみたいと思います。
ちなみにこれが、元記事。

EVERNOTE 発掘!オレオレ大辞典『見返して気がつく!!自分の新事実』ファーストノート | GoTo Number

過去のEvernoteから意外な自分を見つける その1 | goryugo, addicted to Evernote


  
【Evernoteに一番最初に入れたものを振り返ってみる】  
 1.ファーストノートはコレ…だった
 2.ファーストクリップ
 3.ファースト画像
 4.(おまけ)最近のノート





1.ファーストノートはコレ…だった
2011年2月23日現在のノート数は、2141ありました。思った以上に増えている印象です。
で、その2141ものノートの中で一番初めに入れたのは、ミスタードーナツの携帯会員登録用のメルアドでした。

2011022302.png

そういえば、そんなことをメモったような気がするという感じで、思った以上に自分自身覚えていないものだなぁと感じました。


2.ファーストクリップ
次に最初にクリップしたWebは、何かと探してみたら、そのすぐ近くの時系列にありました。それが、これ。

2011022301.png
Evernoteのショートカット一覧でした。手堅いというか、何というか…。面白みのない結果です。
でも、確かにEvernoteの使い始めで、ショートカットをすぐに覚えたくて、クリップしたような気がします。Evernoteのショートカットは、Evernoteに入れておくというのは、良いかもですよ?


3.ファースト画像
続いて、ファースト画像です。
さて、何が出てくるだろうと、思って遡っていって出てきたのが、コレ。

2011022303.png

ある人の名刺でした。載せられない部分だらけで、何が何やらですが、名刺です。名刺は、その後、ノートブックとして1つのカテゴリーになっています。


4.(おまけ)最近のノート
最近のノートからです。
2011022304.jpg
2011022305.jpg
2011022306.jpg

なんかネタ系画像ばかりのような…。
最近は、ネタ系画像やアイデアの引き出しになりそうな画像もたんまり入れるようにしました。だから、ぼんやりと暇なときに眺めているだけで、楽しいEvernoteになりつつあります。

Evernoteのサムネイルの更新方法(またはEvernoteのサムネイルに違う画像が表示されているときの対策)

2011022010.jpg


  
【Evernoteのサムネイルの更新方法】  
 1.デバッグメニューから更新してみる
 2.ノートのエクスポート・インポートで修正する





Evernoteでは、サムネイルに違う画像が表示されてしまうときがあります。今回は、その対処方法です。
2011022001.jpg



1.デバッグメニューから更新してみる
注意!:下記の記事で指摘したとおり、最新版にしない状態で以下の記事を実践するとデータベースがやられる可能性があります。
まずは、Evernoteを最新版に更新してから行うことをオススメします。

Evernote ver4.2不具合続報&対応方法まとめ - 情報管理LOG



まず、下記の手順でEvernoteをデバッグモードで起動します。
①Evernoteを終了させる

②「ファイル名を指定して実行」に「evernote /debugmenu」で起動させる
2011022008.jpg

③メニューの右側に[Debug]と表示されているのを確認

2011022002.gif


デバッグモードで起動しているのを確認したら、メニューから「ノート画像を再作成」をクリックしてEvernoteのサムネイルの再構築を開始します。
2011022003.jpg

ただし、この再構築ですが、かなり時間がかかります。
この再構築ですが、時間が無いときに始めると死亡しますので、時間に余裕のあるときにした方が良いです。ちなみに、環境にもよりますが、だいたい30分以上はかかります。

これでかなり改善されますが、直らないときがあります。
私も直らないサムネイルがありました。
そこで、次の2を試してみましょう。


2.ノートのエクスポート・インポートで修正する
Evernoteには、各ノート毎にエクスポートすることができます。これを使うことで、確実にサムネイルを更新することが可能です。
まず、サムネイルを更新したいノートの上で右クリック。「ノートのエクスポート(x)」を選びます。
2011022004.jpg


保存する場所を聞かれるので、デスクトップにでも保存しましょう。

次に「ファイル」→「インポート(I)」→「Evernoteエクスポートファイル(E)」で先ほど保存したエクスポートファイル(拡張子は、.enex)を選択します。
2011022005.jpg

このようなダイアログが表示されます。
2011022006.jpg


そうすると、Evernote上に「インポート済みノート」というノートブックが作成されます。その中にサムネイルが更新されたノートがあるので、それを元のノートブックに移動し、元の間違ったサムネイルのノートを削除すれば完了です。「インポート済みノート」が邪魔ならば、すぐに削除しても構いません。
2011022009.jpg


完全に一致したサムネイル。
2011022007.jpg



う~ん、2の方がラクで早いかもしれないです。


Associeのノート術特集が熱い

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2011年 3/1号 [雑誌]


今、大変興味のあるのは、Evernoteと手帳術(ノート術)です。片っ端からブログや本、そして雑誌などを読みあさっていました。
ふと見ると目にとまったのは、「Associe」の2011年3月1日号でした。


  
Associeノート術特集が熱い】  
 1.ノート術の達人特集
 2.普通の人たちのノート術が面白い
 3.ノート術関連の文具&オススメ本





今回のノート術特集では、大きく分けて3つの構成になっています。
 ・一流のプロ10人のノートについて
 ・読者(一般の人)のノート
 ・ノート関連の文具&書籍



1.ノート術の達人特集
一流のこれぞプロ!と呼ばれるような方々のノート術について、実際のノートとともに仕事術にまで踏み込んで記事にしています。
美崎栄一郎さんの『ノート術3.0』も、もちろん面白く読ませてもらいました。
しかし、それ以上に生命保険会社の方のノート術というよりも仕事術的な挨拶状を顧客に送ることで、次の仕事を生み出していくというスタイルには、驚くやら感心するやらでした。700人に挨拶状を手書きで年に3回も出すんですよ?すごすぎます。
あと、ホテルマンの顔写真の入った「社長記憶ノート」も、人の名前を忘れやすい自分としては、かなり参考になりました。
「プレゼンテーションzen」で有名なガー・レイノルズさんが、無印良品の4コマノートを活用したプレゼンテーションアイデア出しなどは、かなり実践的な内容だと思いました。
やはり、その道のプロの人が構築している仕事術は、首尾一貫していて気持ちが良いです。
今回のテーマは、「ノート術」ですが、プロの部分に関しては「仕事術」と言っても良いかもしれません。


2.普通の人たちのノート術が面白い
実は、私がとても興味のあることの一つとして、「他の人はどうやってノートや手帳を書いているのか?」というのがあります。

ほぼ日手帳の公式ガイドブックなどもそうですが、他の人の手帳の中身を見られるというのは、とても貴重な機会なので、見逃せません。



そして、普通の人たちのノート術には、完成しきっていない感じ特有の試行錯誤の跡が見えるので、逆に学べることが多いのです。すごい人からも学べますが、すごすぎると真似できませんよね。
今回の特集では、9人の一般の人のノートが公開されていたのですが、どれもとても面白かったです。

私の見るポイントは、以下の4点です。
 ・ノートのレイアウト
 ・何を書いているのか
 ・付箋の使い方
 ・その人なりの使い方の工夫


次の日からでも自分の手帳などに生かせそうなアイデアがあれば、積極的に入れていきます。


3.ノート術関連の文具&オススメ本
今回の特集で紹介された文具や本で気になったものだけを自分メモとして載せておきます。

キングジム レザフェスノ-トカバ- A5 黒
付箋を貼る部分がフラップとしてあるのが、とてもいい感じだと思いました。
キングジム レザフェスノ-トカバ- A5 黒



リサーチラボノートA4 5mm方眼罫
改ざん防止用のノートというのが、興味有りです。特定の分野の人には、重宝しそうです。
コクヨ ノ-LB208S リサーチラボノートA4 5mm方眼罫・署名欄付き80枚


キングジム ショットノ-ト Mサイズ 黒 9101
最近話題のiPhoneと連携するメモ帳。
キングジム ショットノ-ト Mサイズ 黒 9101


以下の2冊は、ノート術関連本としては、鉄板ですよね?


情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
今回の特集で「ノート術3.0」という考え方を提案していました。
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

bit.lyを使い倒してみる(アカウント登録編)

2011021612.jpg



  
【bit.lyを使い倒してみる(アカウント登録編)】  
 1.bit.lyではアカウント登録は必須!
 2.保存件数が増える(アーカイブもできる)
 3.TwitterやFacebookに紐づけできる(マルチポストも!)
 4.URLのカスタマイズもできる
 5.メールにも簡単に送れる





1.bit.lyではアカウント登録は必須!
bit.lyは、アカウント登録しなくても使うことはできます。しかし、これは絶対した方が良いです。
なぜなら、使える機能が格段に増えるうえ、自分が今まで短縮化したURLもきちんとリスト化し、保存しておけるからです。


2.保存件数が増える(アーカイブもできる)
まず、アカウント登録して一番大きい恩恵は、保存件数が増えることです。アカウント登録していない状態では、何件かは保存しておけるものの、上限があって、それを超えると消えていきます。
しかし、アカウント登録することによって、基本的には、今まで短縮URL化したものは、全て残すことができるようです。

さらに、右側の「オプション」で、アーカイブをすることができます。アーカイブ化したものは、上の自分のアカウントをクリックすると「Link archive」という項目が出てきますので、そこから見ることができます。

2011021603.jpg


3.TwitterやFacebookに紐づけできる(マルチポストも!)
そして、もう一つの大きい恩恵が、これ!

Twitterとの紐づけです。

2011021601.jpg


「Share settings」というところをクリックすると設定画面が出てきます。
2011021602.jpg


ここで、「Add Account」で紐づけしたいTwitterアカウントやFacebookアカウントで認証するだけです。

2011021610.jpg


これで、自動的にそれらにURLポストしてくれます。
マルチポストはしたくないという場合も、「Share settings」で自分のTwitterアカウントの横の「Sharing on」をクリックして、オフにすれば良いだけです。この設定は、保存されるので、毎回設定し直さなくても良いのでいい感じです。
「いつもは、Twitterのサブアカにもポストしたいけど、これはしたくない」という場合便利ですね。


4.URLのカスタマイズもできる

bit.lyの短縮URLは、

http://bit.ly/hzqhM0

というように、不規則な文字列で構成されます。しかし、ここはちょっとアピールしたい!という場合、以下の手順でURLをカスタマイズできます。

①各URLの横の「Options」をクリックします。
2011021603.jpg

②「Share」をクリック
③このような画面が出てくるので、短縮リンクの「Customize」をクリック
2011021604.jpg

④お好きなようにいじってください


これでやってみたURLはこれです。

http://bit.ly/hokoxjouhou001



5.メールにも簡単に送れる
上のカスタマイズすると出てくる画面上で「Send to:Gmail Email」という部分からメールを送信することができます。
サクッと短縮化して、サクッと送るという場面で使えますね。
ちなみにこれが、送信画面です。
2011021605.jpg



関連記事
2011.02.12 [Webサービス] bit.lyを使い倒してみる(基本編)
2011.01.29 [Webサービス] 本の管理はメディアマーカー(MediaMarker)に任せた!
2009.03.16 [Webサービス] ***で隠されたパスワードを表示するブックマークレット
2009.02.28 [Webサービス] Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ

bit.lyを使い倒してみる(基本編)

2011021112.jpg



短縮URLサービスとして超有名なbit.lyですが、単に短縮URL機能だけでは、もったいないほど色々使えます。

  
bit.lyを使い倒してみる(その1)】  
 1.今までの短縮した履歴が見られる
 2.個別のURLに対して詳細な情報が見られる
 3.個別のURLに対して詳細な情報が見られる
 4.QRコードも自動生成
 5.アクセス履歴なども見られる
 6.解析結果を視覚的に見ることもできる




2011021101.jpg

bit.lyといえば、短縮URLサービスとしては、知らぬ者はいないというほどです。しかし、実際にbit.lyのサイトにアクセスして、使い倒している人は、そんなにいないだろうということで、紹介もかねて記事を書いてみました。



1.今までの短縮した履歴が見られる

2011021102.jpg

こんな感じで今までに短縮化したサイトの履歴を見ることができます。


2011021103.jpg
こんな風にクリックされた回数も表示されます。
ちなみに上が、自分が貼ったURLがクリックされた回数、下が全体のクリック回数です。



2.個別のURLに対して詳細な情報が見られる

各履歴の横に「Info Page+」とあるので、クリックすると…

2011021104.jpg

このように個別のURL毎に詳細な情報が表示されます。


その詳細ページでは、Tweet数やfacebookでの取り上げられた数、コメント数なども表示されます。
2011021105.jpg
*クリックして拡大してみてください



3.QRコードも自動生成
2011021113.jpg

先ほどの詳細ページ上では、QRコードも自動的に生成されます。
そのページを携帯やスマホでというときに、サクッとbit.lyで短縮して、QRコードを表示みたいな使い方もできますね。



4.アクセス履歴なども見られる
URL毎の詳細ページの下の方では、アクセス履歴も見ることができます。
まず、時間帯別。
こちらでは、時間後とだけではなく、1週間内、1ヶ月内なども見られます。
2011021106.jpg

リファラーもこんな感じ。

2011021107.jpg

国別アクセス履歴も表示されます
2011021108.jpg


2011021110.jpg

さらには、Twitter上で取り上げられた話題も見られます。
サイト管理者的には、ありがたい機能では?



5.解析結果を視覚的に見ることもできる

2011021109.jpg
短縮URL一覧の上の方にグラフのマークがあります。そこをクリックすると…

このように先ほどの詳細ページで表示されていた内容が、グラフ化され表示されます。サイト管理射的には、嬉しい機能ですよね。
2011021111.jpg


今回は、bit.lyのアカウントを取得しなくてもできる基本の機能の解説をしました。しかし、bit.lyは、アカウントを取得してこそ本領発揮です。というわけで、次回に続きます。

ノートンインターネットセキュリティーは、amazonで新しく買う方が良いのでは?

2011021001.jpg


毎年、セキュリティーソフトの更新時期が来ると、通知領域にたびたび出てうるさいですよね?それで、ついついネット上で更新をしてしまうのではないでしょうか?

  
ノートンインターネットセキュリティーは、amazonで新しく買う方が良いのでは?】  
 1.更新サービスの延長はするべき?
 2.amazonは延長よりも安い





1.更新サービスの延長はするべき?
毎年、毎年ノートンインターネットセキュリティーの更新時期が近づくと、うざいぐらいに表示される更新サービスの警告表示。1ヶ月ぐらい前から、何度も何度もPCを立ち上げるたびに表示され、根負けしそうになります。

2011021003.jpg

昨年は、我慢できなくなって、「今すぐ申し込む」をクリックしてしまいました。
しかし、それがベストの選択だったのかと思い、amazonを見てみると…。


2.amazonは延長よりも安い
ほとんど、タイトルに集約されてしまうわけなのですが、通常「今すぐ申し込む」で更新サービスの延長を選択すると、6,000円近くします。
しかし、amazonで見てみると、色々な単にノートンインターネットといっても様々に製品がありますが、「Norton Internet Security 2011 同時購入1年版」というのが、3,650円…(キャンペーン価格)でした。



追記:私が購入したときは、3,650円でしたが、現在(2011/2/10)は4,583円でした。

しかも、昨年から送料無料なので、ただ届くのを待つだけです。

セキュリティーソフトは、年々出てくる新しい脅威に対応するため、様々な工夫を凝らしています。なので、古いソフトの更新サービスの延長をするよりも安全性も高まりますね。




関連記事
2011.01.12 [文具] クールなポケット付箋がいい感じ
2009.04.08 [考察] クーポンメールは本当に得かを考える
2009.04.03 [ソフト] USBメモリのセキュリティを入れてみたよ

fenrirでEvernoteを検索する!

2011020607.jpg


今回は、最近始めたfenrirEvernoteとの連携のお話。

  
fenrirEvernoteを検索する!】  
 1.fenrirEvernoteを検索する?
 2.instant.iniにENScriptを登録する
 3.fenrirで検索してみる
 4.タグも検索してみる





1.fenrirEvernoteを検索する?
Evernoteを検索するときは、Ctrl+Alt+Fで検索窓にフォーカスして、検索語を打ち込んで→検索。という流れでやっているのではないでしょうか?
しかし、現在ランチャをfenrirに統一している現在、もっとfenrirに検索関係を一元化できないものかと思っていました。

そんな時目にしたのが、この記事

Evernote for Windows付属のENScript.exeを使う | DIGINOIZ:NET 3rd

お、おぉぉ、素晴らしい!
紙copiからEvernoteに移動する際に使おうとしたENScriptが、色々使えそうです

ちなみに、ENScriptとは、Evernoteをコマンドラインから色々いじれるようにするためのコマンドラインツールで、Evernoteをインストールしたフォルダに入っています。

2011020602.jpg

これを使えば、もしかしたらfenrirから検索やら何やらできそうな気配あり!


2.instant.iniにENScriptを登録する
fenrirには、インスタントコマンドという機能があって、例えば

/c

と打ち込むと電卓が起動したりします。
これは、fenrirのdataフォルダにあるinstant.iniを編集することで、他のインスタントコマンドも登録することができるのです。

2011020604.jpg

では、instant.iniをメモ帳などで開いて編集してみます。
まずは、fenrirでEvernoteを検索するためのインスタントコマンドを入力しましょう。
ちなみに、ENScriptのコマンド一覧は、こちらで解説されています。
すごい参考になります。

Evernote for Windows付属のENScript.exeを使う | DIGINOIZ:NET 3rd


こちらが、instant.iniに入力したインスタントコマンド

/e=""C:\Program Files\Evernote\Evernote\ENScript.exe" showNotes /q "%A""


これで

/e *検索語

でfenrirからEvernoteを検索できるようになります。


3.fenrirで検索してみる
では、さっそくやってみましょう!

2011020603.jpg

/e 情報管理LOG
と入力して…Enterっと。
一瞬、コマンドプロンプトが表示されますが、気にしません。

おっ、できました!

2011020605.jpg


fenrirで検索するとEvernoteの検索窓には、検索語は表示されないようです。


4.タグも検索してみる
上記のインスタントコマンドを応用して、今度はタグも検索してみます。
私は、思いついたときにEvernoteに、ネットするときに検索したい言葉を「s検索」というタグをつけて入力しています。こうすると、だらだらネットサーフィンをせずにすむのです。
今度は、その「s検索」というタグをfenrirから検索してみます。

/es=""C:\Program Files\Evernote\Evernote\ENScript.exe" showNotes /q "tag:s検索""


showNotes /q "%A"



"%A"

を、tag:*
に指定してみただけです。原理は、とても簡単ですね。
ちなみに、先ほどのインスタントコマンド上でも「/e tag:*」でタグを検索することは、可能です。

fenrirを起動して
/es
と打ち込むと、今度は瞬間的に先ほどと同じようなコマンドプロンプトが表示されて、Evernoteが表示されます。

これも一瞬で表示されました。
2011020606.jpg


タグで検索するのは、結構面倒なので、これでよく検索するタグなどを指定しておくと良いかもしれないですね。




関連記事
2011.01.24 [Evernote] Evernote ver4.2不具合続報&対応方法まとめ
2011.01.21 [Evernote] デバッグメニューを使ってWindows上のEvernoteをスピードアップさせよう!をやってみたが、やるべきでない!
2011.01.11 [Evernote] 紙copiからEvernoteへ移行中
2011.01.28 [ソフト] fenrirを超速化する
2009.03.02 [ソフト] fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)
2009.03.07 [ソフト] fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)

Giurisノートに切り替えた

2011020401.jpg


昨年の10月くらいに自作手帳に切り替えたのですが、つい出来心で新しい自作手帳に切り替えてしまいました。その名もGiurisノート。
今回は、Giurisノートについてです。


  
【Giurisノートに切り替えた】  
 1.GiurisノートのA5サイズで
 2.なぜにルーズリーフ
 3.今回入れたもの





1.GiurisノートのA5サイズで
この前まで前回紹介したあの自作手帳で1年間を過ごすつもりでした。こいつに会うまでは…。
そう、このGiriusジリウス)ノートです。
マルマンというルーズリーフや文具などの老舗が開発したこのノートは、ルーズリーフノートなのです。
しかし、ルーズリーフにありがちな安っぽさはまるでなく、大人が日常使いしてもおかしくない高級感があります。

2011020403.jpg

表紙は、合皮です。色は、黒、白、茶の3色あります。
私が選んだのは、黒でした。
帯を外すとこんな感じ。
2011020404.jpg


2011020407.jpg

開くと真っ先に目が行くのは、モノトーンのグラデーションとグリーンのインデックスです。これが、なかなか得難い美しさを出しています。どうして、普通の市販のタブは、あんなにも派手派手しく使いたくなくなるような色をそろえているのでしょうか?
これが、その美しいグラデーションのインデックス。
2011020409.jpg


リングのところは、金属でできています。リングの口径は、1.5cmで多少多めに入れても余裕のあるサイズです。でも、大きすぎないので、厚みはそれほどありません。
2011020412.jpg
内側の裏表紙は黒のプラスチックの板で挟まれており、書くときに安定感があります(写真右側)。


もちろん、ペンフォルダーもついています。
ペンを挟んでも、外側に飛び出さないのがよいですね。
2011020413.jpg


表紙の内側には、カードフォルダがあります。名刺を挟んだりするのに良いですね。
私は、ここに自分の名刺を入れています。
2011020411.jpg


縫製も思ったよりもしっかりしています。
2011020405.jpg


2.なぜにルーズリーフ
色々悩んだ末に移行したのですが、やはり6つ穴式は、規格化されているのでリフィルはそれなりに流通しているものの、一つひとつの単価が高くついてしまいます。また、コンビニレベルで流通しているほどでもないというのもネックでした。

ルーズリーフである理由としては、上記の点が解消される点と、6つ穴式と同様差し替えができる点でした。差し替えができることによって、Scansnapを使ったデータ化を継続できることのメリットが無くならないというのも魅力でした。


3.今回入れたもの
基本的にRollbhanを使っていた頃から、ずっと方眼を使っていて、その使い勝手の良さから抜け出せないので、すぐに中身を差し替えました。



クリアフォルダ。これは、いつでも必須です。
コクヨ ルーズリーフ用クリヤーポケット A5 20穴・丸穴 8枚 ノ-891N



クリアポケット。前回の自作手帳に組み入れて、その便利さに目覚めました。
コクヨ ルーズリーフ用チャックポケット A5 20穴・丸穴 1枚 ノ-894N


最後に2つ折りルーズリーフです。
これに年間スケジュールを印刷して持ち歩いています。A4サイズで一覧できるので、視認性良し。
マルマン A5 ルーズリーフ ワイド L1391 6mm罫 5冊パック


私は、ロフトでGiriusノートA5を手に入れたのですが、あとでamazonで確認してみたら、19%OFFで売られている!
しまった…。みなさん、どうぞamazonで買ってください。






関連記事
2011.01.12 [文具] クールなポケット付箋がいい感じ
2011.01.10 [手帳] 手帳とScanSnapの連携
2011.01.04 [手帳] Rollbahnから自作手帳に切り替えた
2009.03.14 [文具] ほぼ日カズンはどうだ?

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG