TOP > ARCHIVE - 2015年01月

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

通話アプリのオタクが実際に使用しているを通話アプリを評価する

iphone-410324_640.jpg


先日、仲間内で通話アプリについて話していたら、私のアプリの種類が豊富で少し話題になりました。
確かに色々試しながら、いつの間にか増えてしまいました。
今回は、使える通話アプリを、まとめてみまた。皆さんの通話料金を大幅に圧縮してみてください。


  
【電話アプリを通話先で切り替えて通信費を大幅に節約する】  
 1.通話アプリを比較してみる
 2.通話料金を圧縮する






checkmark.png 1.通話アプリを比較してみる


以下は、実際に使っている通話アプリを載せています。
ソフトバンクで1年、DoCoMoで1年使ってみた感想です。


Viber
固定電話に無料でかけられる、素敵アプリです。これで、固定電話への通話代は、0になりました。

Viberについて書いた記事は、こちら
固定電話は、Viberで無料でかける - 情報管理LOG

通話品質 ☆☆☆
通信費  ☆☆☆☆☆

Viber 5.2.1(無料)



AppStoreで確認





MobileVOIP
MobileVOIPは、固定電話に1分0.6円、携帯電話に1分4.0円で電話をかけることができます。携帯電話に1時間かけていても、240円ぐらいにしかならないという驚愕のIP電話です。
私は、半年ぐらい前に2000円ほど、チャージしたのですが。まだ使い切っていません。

通話品質 ☆☆☆☆
通信費  ☆☆☆☆☆

MobileVOIP 1.08.255(無料)



AppStoreで確認




ハングアウト
天下のGoogleが出しているIP電話アプリです。
メッセージも、通話も、テレビ電話もできてしまう優れもの。もちろん、ハングアウト同士は、無料です。
固定電話や携帯電話にかける際は、前述のMobileVOIPと同様に、事前にチャージしなければなりません。

通話品質 ☆☆☆☆
通信費  ☆☆☆☆

ハングアウト 2.5.0(無料)



AppStoreで確認





楽天でんわ
楽天でんわは、楽天が出している通話アプリですが、IP電話アプリではありません。
0037-68という番号をつけて通話することで、フュージョンという回線業者経由で通話をするという仕組みです。
したがって、通話品質はとても良いです。
IP電話は、相手側に自分の携帯電話の着信履歴は残りませんが、これはそういうわけで、きちんと残ります。ただし、通話料金は、半額程度とお考えください。

通話品質 ☆☆☆☆☆
通信費  ☆☆☆

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得- 2.3.0(無料)



AppStoreで確認





050 plus
050 plusは、DoCoMoが出しているIP電話アプリです。当初は、通話品質も安定していなかったものの、メキメキと大企業の本領発揮して、高品質な通話アプリになりました。
050の番号を持てるのがいいですが、月々料金がかかるのが難点。

通話品質 ☆☆☆☆☆
通信費  ☆☆

050 plus~アプリ間無料通話/携帯・固定への通話も安い 4.2.3(無料)



AppStoreで確認





SMARTalk
SMARTalkは、無料で050で始まる番号をもつことができるというアプリです。
DoCoMoの050plusは、月々料金がかかりますが、それがなく、使った分だけ請求されるというのが、ありがたいです。
通話品質は、悪くはないですが、私の環境のせいなのか、時々ノイズが入るときも。

通話品質 ☆☆☆
通信費  ☆☆☆

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする- 1.3(無料)



AppStoreで確認





LINE
LINEは、もはや説明不要のメッセージアプリですね。
初期の頃から、アプリ間の通話はできていました。これも、一般回線に通話ができるようになりました。電話帳に載っているような会社や施設などには、10分間無料でかけられるうえに、事前にコールクレジットをチャージしておくことで、携帯電話にもかけられるようになります。これは30日プランなどあって、30日で使い切らなくてはならないという、果たして本当にお得かというと微妙という感じです。

通話品質 ☆☆☆
通信費  ☆☆☆

LINE 4.9.0(無料)



AppStoreで確認





Skype
Skypeは、超老舗のIP電話アプリです。
Microsoftに買収されて、基盤としては盤石な感じ。世界的なユーザー数も多いです。
固定電話や携帯電話にかける際は、SkypeOutでかけるのですが、Skypeクレジットという形でチャージするか、Skypeのサイトで月額プランというのを契約します。
当初は、競合も少なく「格安の」というイメージも強かったですが、今やそうでもないです。
ただし、Office360を契約している人は、60分分の無料通話がついてくるので、割安感はあるかも。

通話品質 ☆☆☆☆
通信費  ☆☆☆  (ただし、Office360を契約している人は、☆☆☆☆☆)

Skype for iPhone 5.9(無料)



AppStoreで確認





Messenger
Messengerは、Facebookのメッセンジャーアプリです。
昨年、Facebookからメッセンジャー機能だけ分離されて、独立したアプリになりました。
このアプリで通話ができることを知っている人は、案外少ないような気がします。
Facebookつながりで連絡先がわからないけど、どうしても電話しなければならない場合だけ使っています。でも、ほとんど使わないなぁ。固定電話や携帯電話にはかけられません。
あくまでFacebookつながりのみの連絡手段といった感じ。

通話品質 ☆☆☆
通信費  ☆☆☆☆☆

Messenger 19.1(無料)



AppStoreで確認





FaceTime
FaceTimeは、iOS同士で無料の通話ができるというものです。
iPhone同士だったら、キャリアを超えてもちろん無料。
出たての頃は、つながらないことが多く、「使えん!」と思うこともありましたが、今ではとてもクリアな音質で、通常の電話とほとんど変わらない音質になりました。
テレビ電話までできるすぐれもの。

通話品質 ☆☆☆☆
通信費  ☆☆☆☆☆

Apple - iOS 8 - FaceTime





checkmark.png 2.通話料金を圧縮する

上の通話アプリを場合分けによって使うことによって、大幅に通信費を圧縮することができます。

<固定電話の場合>
ちなみに、私の使い方は、固定電話の場合は、Viberほぼ一択です。
ただし、ときどきIP電話を受けとらない設定になっているのか、かけられない場合があります。
また、ダイヤル表示をしている場合、050などの番号割り当てのあるアプリでない場合、不審がられることも…。


<携帯電話の場合>
携帯電話にかける場合は、相手側の場合によって変える必要があります。

もしも、相手がiPhoneだった場合は、FaceTimeだとキャリアを考えずに無料で通話できるうえに、きちんと自分の名前が通知されるので、オススメです。

相手側の機種が分からないけど、極力通信費を抑えたい場合は、MobileVOIPを使います。1分4円というのは、どう考えても破格の安さです。
次点としては、Googleハングアウトですね。PCからもかけられるうえ、米ドルでの支払いとなるため、円高の時にチャージするのがおすすめです。
この2つに共通するというか、050の番号が割り当てられていないIP電話アプリの場合、相手側にはナゾの電話番号が通知されるか、非通知になってしまうのです。これが、OKな相手ならば、問題なくこれがオススメとなります。

でも、携帯電話の場合は、どうしても非通知だと嫌われる傾向にあるので、そういう相手には楽天でんわかSMARTalkでかけるということになります。どうしても、自分の番号を通知しなくてはいけないという場合は、楽天でんわ一択になります。

ここで気をつけなければいけないのは、携帯電話の場合、キャリア間(または家族間)で無料の場合があるということです。その場合、その方が圧倒的に安いので、上記の方法をとることもありません。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ゲイツの言っていたことは確かだった

ビル・ゲイツが、かなり前(2000年前かな)に「通信費にかかる費用は、限りなく無料に近づくだろう」ということを言っていました。
今まさに、MVNOやらこういった無料通話アプリの登場によって、その予言に近づいて来ているように感じます。少なくとも人と人のコミュニケーションに関わるコストが低下していくことは良いことだなぁと単純にそう思います。




固定電話は、Viberで無料でかける

2015012901.jpg



Viberを使い始めてから、固定電話への通信費は、ほぼ無料になりました。
とてもオススメできるこのアプリについてです。

  
【固定電話は、Viberで無料でかける】  
 1.Viberとは?
 2.固定電話への通話が無料!?
 3.楽天ポイントとの提携ができる






checkmark.png 1.Viberとは?

Viberは、楽天が運営するIP電話アプリです。

Viber 5.2.1(無料)



AppStoreで確認



LINEなども出る前からあった、今となっては老舗のIP電話アプリ兼メッセージアプリになりました。
日本では、あまりユーザー数が伸びてない印象ですが、世界中では4億人ぐらいのユーザー数がいるらしいです。
海外の方が、ユーザー数的には多いみたいですね。

機能的には、Facebookメッセンジャー的にメッセージのやりとりや、通話機能、スタンプなど一通りそろっています。




checkmark.png 2.固定電話への通話が無料!?

Viberの最大の魅力は、固定電話への通話が無料だということです(2015年1月現在)。
そんな馬鹿な!?
と思われる向きもあるでしょうが、全く問題なく話せています。
なので、私は固定電話へかけるときは、Viberを使うようにしています。
公式には、期間限定と言うことですが、1年以上無料が続いています。

連絡先は、iPhoneの連絡先を取り込んで参照できます。

2015012902.png


Viberで通話する時は、Viber Outといいます。

2015012903.png



実際に電話してみると、こんな感じ。

2015012904.png


通話品質もクリアで、全く問題なく話せます。LINE電話よりクリアかも。
ダイヤルパッドで直接電話することも出来ます。

2015012905.png


ちなみに、このようにメッセージアプリとして使うことも出来ます。
でも、Viberをもいっていないとダメなので、難しいか…。

2015012906.png



checkmark.png 3.楽天ポイントとの提携ができる

昨年、楽天がViberを買収しました。
そのため、楽天ポイントと提携もできるのです。

今は、Viberでメッセージを送るだけで、楽天ポイントがもらえたり、紹介で登録しても、ポイントがもらえたりします。
もし、興味があったら、以下から登録してみてください。

下記リンクから登録で
楽天スーパーポイントを100ポイントプレゼント!



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼

 固定電話への通話無料はとてもいい!

楽天ポイントは置いておいても、固定電話へ無料でかけられるというのは、とても魅力です。
通話アプリをかける先で切り替えることで、通信費をかなり抑えることができます。
まぁ、期間限定と謳っていますが、1年ぐらい無料で使えてしまっています。
無料で使えているならば、何の問題も無いのでは無いでしょうか?
とても、おすすめですよ!



Viber 5.2.1(無料)



AppStoreで確認


近未来型外付けキーボードのTextBladeがかっこよすぎる



できるだけ、持ち物を軽く少なくしたい、けれども便利でありたいそう願っている人は多いはず。
TextBladeは、スマートフォンの外付けキーボードの新しい形かもしれません。


  
【近未来型外付けキーボードのTextBladeがかっこよすぎる】  
 1.TextBladeは、超小型外付けキーボードです






checkmark.png 1.TextBladeは、超小型外付けキーボードです

TextBladeとは、超小型外付けキーボードです。


こんな風にかっこいい外見です。


パーツが、3つに分かれていて、マグネットでキーボードと下の方にある電池とくっついて、給電されるようになっています。




薄さは、iPhone6よりも薄くできているようです。




しまうときは、キーボード同士がマグネットでくっつく仕組み。





さらに、スタンドがそのままケースになります。





ファンクションキーを組み合わせることで、カーソル移動や範囲指定、など多彩なキーアクションができるようです。




42.5gの本当に軽量かつ、クリック感のあるキーボード。ものすごく魅力的ですね。


実際に使用している動画は、こちらです。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 こういうプロダクトは、大好きだ!

2月に米国で発売とのことなので、ちょっと楽しみですね。
こういう製品どんどん出てほしいですね。






iPad miniのキーボードもATOKにしたら快適過ぎる

2015012201.png


前回は、iPhoneのキーボードをATOKにすると快適だということについて書きました。
今回は、iPad miniでも断然、ATOKの方がいいよというお話です。



  
【iPadminiのキーボードをATOKにしたら快適過ぎる】  
 1.なぜ、iPad mini?
 2.iPad miniは、縦で使うといい感じ
 3.日本語入力に細やかに対応している
 4.単語登録の壁を乗り越えことさえできれば






checkmark.png 1.なぜ、iPad mini?

なぜかというと、私がiPad miniユーザーだからです(笑)。
というのは冗談として、iPhoneなど、入力に負担がかかるような場面こそ、ATOKが威力を発揮すると思います。前回のATOKの記事でも書いたように、変換までの手数をかなり減らしてくれるキーボードが、ATOKなのです。
iPadだったら、キーボード自体が大きいので、多少強引にでも変換をガシガシやれないこともないです。しかし、iPad miniだったら、キーボード自体の大きさが小さくなってくるので、変換効率の良さで大きく変わってくると考えられます。



checkmark.png 2.iPad miniは、縦で使うといい感じ

2015012701.jpg


さて、iPad miniですが、おすすめの入力スタイルとして、縦でiPad miniを使うのが良いです。
iPhone6plusが、イマイチ入力しづらいと言われる理由として、その中途半端な大きさがあると思っています。
フリック入力するには、少し指が届かない感じ。そして、QWERTY入力をするには、キーボードが小さい感じ。
ここら辺に入力のしづらさがあるのではないでしょうか?

しかし、iPad miniは、自分的には絶妙な大きさでした。

iPad miniを両手で縦に持ち、QWERTY入力にして、左右の親指で打つとこれ以上ないぐらいにしっくりきます。逆に、手の小さな女性だと、厳しいかもしれませんが。
そうすると、片手親指で打たざるを得ないiPhoneとは、別次元の速度で打ち込みができます。

iPad miniは、片手だと少し重く感じますが、両手でがっちりホールドすると、ほぼ疲れを感じずに入力できますよ。




checkmark.png 3.日本語入力に細やかに対応している

縦持ち両指スタイルでQWERTY入力すると、色々良いことがあるのですが、一番ラクなのは、カーソルの移動です。

このように、右下にある←→キーで、左右にカーソル移動ができるのです。
これが、地味に便利で、あるとないとでは、雲泥の差です。

2015012702.png

あと、シフトキーによる入力補助が、なかなか優れています。
よく使う文字に最短で行けるような細かい配慮が見られます。
2015012704.png


さらに、これが文字打ち最強機能なのですが…
例えば「文節変換が素敵」と打ちたいとします。通常打った場合では、「文節変換がすてき」と「すてき」の部分がひらがなのままです。
しかし、変換キーを押すと、先ほどのカーソルキーが文節区切りモードになって、変換位置を自由に指定できるのです。
コレになれると、文字入力の正確さと速度がものすごい速くなってしまいます。

2015012705.png

2015012706.png




checkmark.png 4.単語登録の壁を乗り越えことさえできれば

さて、ATOK自体に問題はないのですが、もうすでに標準キーボードで単語登録をたくさんしているという人にとっては、少し敷居が高いのも事実です。
残念ながら、iPhoneの標準キーボードで単語登録したものは、Windowsでは今のところエクスポートできないようです。

Macの方は、以下の方法でできるようなので、ATOKへのインポートも可能になります。

iOS標準キーボードの登録単語をMac経由でATOK for iOSへインポートする - Qiita


ほんの少し手間はかかりますが、乗り換えてみたら、別次元の入力環境が整いますよ。

前回も書きましたが、ATOK syncまだー的状況。


 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 変換効率で生産性はかなり変わります

文字の変換なんて、そんな大して変わらないでしょう?
などと思ってはいけません。
ATOKのアプリは、前回も取り上げましたが、推測変換の賢さや、変換のしやすさ、キーの打ちやすさなど、細かなチューンがされています。
特にテキストを多く打つ人ほど、ほんの数秒の積み重ねが、とても大きくなりますよ。
アプリとしては、少し高い方ですが、本を1冊買うと思ったら安いかも。これで、ずっと、快適になるなら安い買い物だと思いますよ。


ATOK for iOS 1.2.1(¥1,500)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: JUSTSYSTEMS CORPORATION - JustSystems Corporation(サイズ: 70.3 MB)
全てのバージョンの評価: (2,876件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

iPhoneのキーボードをATOKにしたら快適過ぎる

2015012201.png


APP StoreにATOKが、登場してからしばらくたちます。最初の頃の評判があまりにも良くなかったために、その後使ってい ない人も多いのではないでしょうか?
今回は、バージョンアップで少しずつ、使い勝手が良くなってきたATOKについてです。

“ATOK ATOK for iOS
価格: ¥1,500
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化




AppStoreで確認



  
【iPadminiのキーボードをATOKにしたら快適過ぎる】  
 1.インライン入力は、かなり快適
 2.推測変換は賢い!
 3.カーソルの移動が素敵
 4.全角スペースが簡単
 5.ペースト機能が便利すぎ
 6.やっぱり改善してほしいところ





checkmark.png .1.インライン入力は、かなり快適

ATOKのバージョンが、1.2.1になってから、インライン入力に対応しました。

2015012202.png


このインライン入力とは、入力位置に文字が表示されるというものです。Appleの仕様によって、せっかくキーボードが自由に選べるようになったかと思われましたが、自社のキーボード以外は、インライン入力に非対応というひどい仕様だったのです。
それをATOKが、擬似的にインライン入力対応させることに、成功したのです。
初期の評価の大半が、インライン入力に非対応ということに対する批判だったので、そういう点ではかなり改善されたといえます。
まだ使えないアプリなどもあるようですが、現在のところ、私の普段使っているアプリでは、特に大きな不具合もなく使えています。



checkmark.png 2.推測変換は賢い!

ATOKといえば、賢い日本語と言われるぐらい、変換能力に優れていることが、あげられます。
実際の変換効率で考えたら、自分的には1.5倍ぐらいにはなった感じがします。それぐらい賢いなと感じる場面が多いです。特に推測変換が、なかなか優れていて、今まで変換した中で使用頻度が高かったものを先に「これでしょう?」という感じで表示してくれます。

標準のキーボードで「じょ」まで打ち込んだ場合
写真 2015-01-21 4 14 51


変換候補一覧
写真 2015-01-21 4 14 56


ATOKで「じょ」まで打ち込んだ場合
写真 2015-01-21 4 15 08


変換候補一覧
写真 2015-01-21 4 15 13



あくまで、標準のキーボードは、打ち込まれた文字のみの変換候補を示すにとどまっています。
しかし、ATOKの場合は、その先まで踏み込んでくるので、次々に変換が進んでいくのです。
なので、似たような言い回しをする場合は、数文字打ち込むだけで、あとは次々に選択していくだけで、文章が完成してiいたりするのです。この体感速度だけでもATOKにして良かったと感じる点です。



checkmark.png 3.カーソルの移動が素敵

最近では、アプリ側でもカーソル移動に配慮したアプリも増えてきましたが、ATOKの場合はキーボードなので、どのアプリでもいけてしまうのがありがたいところです。

「→」をタップすると右側にカーソルが移動します。

そして、「→」を左にフリップすると、左側にカーソルが移動するのです!
写真 2015-01-21 4 22 24写真 2015-01-21 4 18 26



checkmark.png 4.全角スペースが簡単

全角スペースを入れたい場面ってありますよね?
標準のキーボードでは、全角スペースを入れるのに苦労しますが、ATOKは「空白」を下にフリップするだけ!
写真 2015-01-21 4 21 54


checkmark.png 5.ペースト機能が便利すぎ

そして、これがブログを書いたりするときに、ものすごく便利なペースト機能です。
定型文のボタンを上にフリップすると、簡単にペーストできてしまいます。長押しして、ペーストなんてことをしなくても、キーボードから指を離さずにできるというのは、すごく使い勝手がいいですよ。
写真 2015-01-21 4 26 02



checkmark.png 6.やっぱり改善してほしいところ

とはいえ、改善して欲しいところは、まだまだあります。
以下にATOKのここが改善ポイント!というところを挙げておきます。ATOKの中の人に届け!

その1:PC版ATOKと同期してほしい
これは、このままその通りなのですが、単語登録など、全てPC上で培ってきた財産があるので、それと同期できないのは、とても苦しいです。
もしも、これが実装されたら、最強のキーボードといえるようになると思います。


その2:音声入力もできるボタンをつけてほしい
これは、ATOK自体に音声入力をつけてほしいということではありません。標準のキーボードには、Siriに直接入力できるような、音声入力がついています。それに、入力できるようなショートカット的なものを実装してくれるだけでいいです。
手の放せないときに、音声入力って案外使うんですよね。


その3:テンキー日本語入力の時に同じ文字を楽に打てるようになってほしい
標準キーボードだと、同じ文字を打つときに、例えば、「たた」と打つ場合
まず「た」と打ってから、ほんの少しだけ「た」を長押しするだけで「たた」と、なります。
ところが、ATOKの場合は、「た」の打ったあとに、長押しすると「ち」になってしまうのです。そのため、同じ文字を連続して打ち込む場合は、「た」と打ったあとに、フリック入力で一瞬「た」の外側に出てから、すぐに「た」に戻ると入力できます。
2015012203.png


他にも、ATOKPadに実装されている、Ctrlキーも実装して欲しいとか色々ありますが、まずはこれだけ!



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 日本の入力は快適な方がいい

ブログを書いたり、メールを書いたりと、スマホの中で日本語を入力する時間というのは、ものすごく多いです。
そんな日本語入力環境をもっと快適にするという意味においては、ATOK for iOSは、なかなか良いと思います。
最初の設定などに若干の時間は取られたり、単語登録の問題などありますが、せっかく、キーボードが解禁になったのですから、ぜひ自分の入力環境を見直してみるのは、悪くないですよ。
私は、ATOKにしてとても快適になりましたよ。オススメです。


ATOK for iOS 1.2.1(¥1,500)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: JUSTSYSTEMS CORPORATION - JustSystems Corporation(サイズ: 70.3 MB)
全てのバージョンの評価: (2,870件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

ニトリが無印良品化していた件について

2015012301.png

先日、久しぶりにニトリに行ったら、ニトリの文具類や収納関係が、無印良品をかなり意識した商品構成になっていました。


  
【ニトリが無印良品化していた件について】  
 1.以前からニトリと無印良品の類似性は気になっていたけど
 2.実際に比較してみる
 3.文具でついニトリ購入してしまったモノ






checkmark.png 1.以前からニトリと無印良品の類似性は気になっていたけど

今年のお正月にがっちりマンデーという番組で毎年「スゴイ社長集合新年会SP」という企画をやっています。この企画は、すごい面白くて、つい見てしまうのですが、国内の有名な企業の社長さんがやってきて、ぶっちゃけトークをしていくという内容なのです。その中で無印の社長さんが、「ニトリさんとはライバルだから」というような発言をしていました。

その時は、「似ているといえば、似てるけど。コンセプト違うし」ぐらいにしか思っていませんでした。

実際、こんなムック本も出ているぐらいなので、そう考えている人も多いのでしょう。




checkmark.png 2.実際に比較してみる

では、どれぐらい似ているか見てみましょう。
自分が、実際に見た文具・収納関係から。

↓こちらが、ニトリ。
2015012302.jpg


↓こちらが、無印。
2015012303.jpg


↓こちらが、ニトリ。
2015012304.jpg


↓こちらが、無印。
2015012305.jpg


↓こちらが、ニトリ。
2015012306.jpg


↓こちらが、無印。
2015012307.jpg


↓こちらが、ニトリ。
2015012308.jpg


↓こちらが、無印。
2015012309.jpg


かなり、似ていることが分かるかと思います。
実際にどちらもシンプルな製品ゆえに、似てしまうという側面もあるかもしれないのですが、木製の収納などは、「それ無印でやったたやつだ!」と思わずにはいられませんでした。
一部しか比較を載せていませんでしたが、実際に店舗に足を運んで見ると、「それ無印で(ry」となってしまうモノが多く見られました。

実際に手にとってみた感触としては、ファイルケースなどのプラ系は、ニトリの方が薄く感じました。
また、木製収納は、逆にあまり大きな差が感じられなかった印象です。
無印の方が、高級感と耐久性がありそうです。逆にニトリの方は、無印よりも値段を抑えていて、気軽に買える設定でした。



checkmark.png 3.文具でつい購入してしまったモノ

さて、ニトリで実際に購入したのは、以下のものです。
上でも書きましたが、高級感と耐久性が若干劣るように感じられたので、消耗品と割り切って購入してみました。

<A4のファイルケース>
机の中でクリアフォルダを入れるのに使っていたケースがへたってきていたので、その代わりに3つ購入。
色が統一されたので、すっきりと綺麗な感じになりました。
2015012304.jpg


<木製引き出し収納>
自宅用にコード類などを入れるために購入。100均のプラ籠でもいいのですが、見た目の良さでつい。
無印だったら、さらに1000円高いから…などと考えてしまった。
2015012310.jpg



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 つい、手に取ってしまう値段設定に「クラッ」

頭の中で何度も「これは、無印良品のパクリなのでは?」という思いが去来しつつも、つい手に取ってしまう値段設定に「クラッ」と来てしまいました。
それでも、作りの良さや耐久性は、やっぱり無印良品の方が上だと思いました。
どちらも、似たようなシンプルで飽きのこないデザインというのを志向しているので、使い処を考えながら利用するというのが良いのかな?と思います。
今のところ、ファイルケースには満足しています。




角川書店 冬の大型フェアの情報管理LOG的オススメ本

現在、角川書店 冬の大型フェアが、開催されています(2015年1月29日まで)。
そこで、情報管理LOG的オススメ本のご紹介。

  
【角川書店 冬の大型フェアの情報管理LOG的オススメ本】  
 1.「アルゴリズムが世界を支配する」
 2.「ボナンザVS勝負脳 ――最強将棋ソフトは人間を超えるか」
   「決断力」
 3.「小学4年生の世界平和」






checkmark.png 1.アルゴリズムが世界を支配する

まず1冊目が、クリストファー・スタイナーの「アルゴリズムが世界を支配する」です。年末に読んだ、「フラッシュボーイズ」で株式取引のアルゴリズムによる高速取り引きの話に関連して、買ってみました。
株式取引だけではなく、日常のあらゆる面に人間を超える力で押し寄せるこの波をきちんと見極めていきたいと思います。



こちらが、関連本のマイケル・ルイスの「フラッシュボーイズ」です。
年末に読んで思わずうなってしまった面白本。
記事にも書きましたので、こちらも読んでみてください。
年末年始に読んで「おっ!」となった本5選 - 情報管理LOG





checkmark.png 2.ボナンザVS勝負脳 ――最強将棋ソフトは人間を超えるか
 決断力

アルゴリズムつながりで、将棋ソフトの進化についての本。
この本自体は、2007年の本なので、今となっては技術的に古さを感じる部分もあります。
しかし、ボナンザをはじめとして、有限組み合わせのゲーム(この場合、将棋)をどのようにソフトウェアによって攻略していくかということについて、とても興味深く書いてあります。


その関連本として、週刊アスキーで連鎖していた電脳将棋戦の進化の軌跡を丹念に綴ったムック本です。
これを読むだけでも、電脳将棋戦がすごく楽しめるようになると思います。



現世、最強の棋士であり、将棋ソフトの開発にも協力しつつ、さらにその将棋ソフトからさらなる学びを引き出してしまうという怪物、羽生善治さんの本。
将棋を知らなくても、その思考過程を知るだけでもとても参考になると思います。


「決断力」の関連本として、ダニエル カーネマンの「ファスト&スロー」を挙げておきます。
しかも、これ、角川本じゃない…。
でも、我々の直感や思考の仕組みについて、速い思考による「システム1」とそれより慎重に物事を考える「システム2」という考え方で説明しているスゴ本です。どうして、これが羽生さんの「決断力」と関連するかは、読んでみて考えてみてください。すごい関連しまくっています。
ん??今、値段を確認したら、すごい安くなっていて驚いた!





checkmark.png 3.「小学4年生の世界平和」

これは、上の本との関連性はないですけど、とても面白い教育者の本。
以前、TEDで「ジョン・ハンターの世界平和ゲーム」という回で取り上げられていました。
教室の中に設置された、4層に分かれた透明なアクリル板の上に、仮想の国家があり、それをめぐって子どもたちが「世界を平和にするための」課題を解決していくという授業について書かれた本です。何を言っているか分からないという人は、下の動画を見てもらった方が、分かりやすいかもしれないです。でも、TEDで触れられていなかった部分も、かなり載っているので、興味を持たれた方は読んでみても良いかもしれません。







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 本はつながっている

Kindleが登場してから、本のオフセールが出てきて嬉しい限りです。しかも、いつでも読めるというのは、いいですよね。
なるべく、他のサイトで紹介されている本とかぶらないよう、自分のオススメ本を紹介させていただきました。
皆さんの紹介本を見てみるのも大好きなので、ぜひ色々とつながっていきたいなと思っています。
もし、「この本は、情報管理LOGにオススメだ」という本などございましたら、ぜひ教えてください。




たった300円でiPhoneの充電環境が整った




前回のダイソーのLightningアダプターの記事からの続編です。

ダイソーに売っているLightningアダプターがiOS8でも使えたよ! - 情報管理LOG





  
【たった300円でiPhoneの充電環境が整った】  
 1.ダイソーのLightningコードと充電器で充電できるか?
 2.活躍する場面を考える






checkmark.png 1.ダイソーのLightningコードと充電器で充電できるか?

さて、前回の記事の続きになりますが、ダイソーに売っているLightningコードをとうとう手に入れました。
また、ついでにUSB充電器も買ったので、これで本当に充電できるか試してみたいと思います。

まず、こちらが、Lightningコードです。



アダプターの時と同じように、「UPSIDE」と書かれた方を上に接続します。リバーシブルじゃないというのが、ポイントなのです。


そして、こちらが、USB充電器です。




iPhoneやiPad miniについてくる充電器にそっくりです。でも、手に持ってみると、ちょっと軽いような…。大丈夫か、これ?


では、実際に充電できるか、試してみます。


おっ、充電されてる!



その後も安定して、充電されているのを確認しました。




checkmark.png 2.活躍する場面を考える

さて、使えることは、確認しました。
これを、どんな場面で活用できるか考えたいと思います。

自分は、これを活動する範囲の中で、充電器が使えない場所に配置することにしました。
まぁ、逆に使えなくなっても、あまりダメージのないところがいいかな、と。

というわけで、私が配置したところです。

1.車の中
車のダッシュボードに入れておいて、もしもの時に使えるように。

2.いつも使っているバッグの中
常用しているバッグの全てに忍ばせてみました。モバイルバッテリーを入れていても、コードを忘れた…というような、ことはなくなりそうです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 もしものための保険代わりに忍ばせる

Lightningコードは、1600円ぐらいするのに、すぐに首が折れてしまったりするので、乱暴に鞄に入れたりということにちょっと抵抗がありました。
しかし、たった300円で(コードだけだったら100円だ)それが、クリアされるならば、自分の生活する範囲にどんどん配置すればいいのではないかと思います。

あとは、Appleが、また対策してくれないのを期待するしかないですね。
ダイソー頑張れ!

紙copiの一歩上を行く使い方(ショートカット編)

2015012101.png


2015年になって、まさか自分がEvernoteではなく、紙copiの方の記事を書いていることになるとは思いませんでした(Evernoteも書くけど)。
というわけで、紙copiのちょっとしたショートカットの便利Tipsを取り上げます。


  
【紙copiの一歩上を行く使い方】  
 1.初級編
 2.中級編
 3.上級編





checkmark.png 1.初級編

まずは、これだけは知っておくと、捗るというショートカットです。

<起動>
Shit + Ctrl + k

実は、終了もこれでできるのです。

<箱の選択>
Alt + ↑ or ↓
<ページめくり>
Alt + → or ←

起動から、箱の選択、そして目的のファイルまでが、かなり校則に出来るようになります。

2015012103.png


checkmark.png 2.中級編

さらに編集が捗るというショートカットを2つ。

<ファイルの移動>
よく使うショートカットの一つです。

Ctrl + m

これで、ゴミ箱に送ったりもします。

2015012104.png


<重要度の設定をする>
Ctrl + l

2015012105.png



checkmark.png 3.上級編

<直前の編集していたファイルを開く>
これは、いくつかのファイルを行き来しつつ編集する際に、かなり効果的です。

Ctrl + u

<前回編集していたファイルを開いて起動する>
紙を終了した状態から、前回編集していたファイルを開くショートカットです。
仕事を中断してもすぐに復帰できるので、これも捗る!

Ctrl + j

<定型文を呼び出す>
地味に便利な機能なのに…非常にマイナーな気がする。

Alt + 1

こんな感じで、定型文というファイルに記述した一覧が出てきます。
よく使う表現などを登録しておくといいかも。
2015012102.png


 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ショートカットでテキスト編集が爆速に

紙copiというある意味枯れたソフトを使って久しいのですが、一度使い始めたら辞められない便利さがあります。
起動も終了もショートカットで、しかも保存する必要が無いので、いつでもどこからでも書き留められるというのは、自分的には最強のテキストエディタだなと思っています。


【速報!】CloudOnがDropboxに統合?

2015012108.png


本日付(2015年1月22日)のメールで、CloudOnが閉鎖する旨のメールが届きました。この件を速報します。


  
【CloudOnがDropboxに統合?】  
 1.CloudOnって何?
 2.CloudOnがDropboxに統合する?
 3.DropBoxの容量が1G増えた!






checkmark.png 1.CloudOnって何?

まず、CloudOnというのは、クラウドストレージを横断して使えるサービスで、iPadやiPhoneでOfficeを編集できるというものでした。Officeのリボンなどの再現性が高く、Officeのアプリがないときには、大変重宝していました。

このように、複数のクラウドストレージを横断して、Office系のアプリとの互換機能がありました。
2015012110.png


機能的な説明に関しては、以下が詳しいです。

スマホでMicrosoft Office最強アプリ「CloudOn」無料でこんなに使えていいの? - NAVER まとめ


Word・Excel・PowerPointをiPadで使えるアプリ「cloudon」の使い方と登録の仕方 | あぷつう







checkmark.png 2.CloudOnがDropboxに統合する?

私は、CloudOnに登録していて、けっこう使っていたのですが、今朝のメールに「DropBoxののチームに参加するので、サービスを停止する」という旨の内容が期さされていました。

2015012106.png


・今日付で新規のアカウントの作成は停止
・2015年3月15日でCloudOnのアプリとサービスが利用できなくなる


という内容でした。




checkmark.png 2.CloudOnがDropboxに統合する?

さらに、ブログを見てみると、DropBox陣営に参加し新規のサービスを立ち上げるというようなことが書いてありました。
今までは、CloudOnはGoogleドライブやBox.net、OneDriveなどの複数のクラウドストレージを横断して使うことができていました。
しかし、正式にDropBox陣営への参加を表明しましたので、そのような機能がなくなってしまうだろうと思われます。

DropBoxとしては、Officeアプリをクラウド上で走らせることができるCloudOnを取り込むことによって、単なるクラウドストレージを超えていこうという意志が見られます。
もしかしたら、DropBox上にOfficeの編集アプリが登場するかもしれませんね。




checkmark.png 3.DropBoxの容量が1G増えた!

さて、今回の発表の副産物として、DropBoxの容量が1G無料で増えました。
送られてきたメールに

2015012107.png

とあったので、クリックすると…

2015012109.png


クーポンが発行されました!
これをクリックすることで、DropBoxの容量が、確かに1G増えました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Officeアプリの戦国時代の到来です

昨年、Googleが公式のOffice系アプリを出しました。そして、それに対応するようにMicrosoftからExcelやWordなどの無料アプリも出てきました。
そして、今回のこの発表です。
Office系のアプリというのは、どれだけデファクトスタンダードをとれるかが正部になります。
今までPC上では、Microsoftの一人勝ちという状況でした。しかし、次はタブレットにその戦場が移ってきています。ここは、まだ群雄割拠状態ですので、これから個々が主戦場になってきそうな感じです。
勝者は、Microsoftか、Googleか、それともDropBoxか?
まだまだ先が見えません(でも、Microsoftが若干有利かな?)。



Dropbox 3.6.3(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Dropbox - Dropbox, Inc.(サイズ: 55.1 MB)
全てのバージョンの評価: (7,261件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Google ドライブ - Google の無料オンライン ストレージ 3.4.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Google, Inc. - Google, Inc.(サイズ: 49.8 MB)
全てのバージョンの評価: (1,884件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Microsoft Excel 1.5(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Microsoft Corporation - Microsoft Corporation(サイズ: 240.3 MB)
全てのバージョンの評価: (393件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Microsoft Word 1.5(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Microsoft Corporation - Microsoft Corporation(サイズ: 264 MB)
全てのバージョンの評価: (326件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

EvernoteのWebクリッパーで取り込まれないサイトを取り込む方法

2015012001.png


EvernoteのWebクリッパーを使っていて、どうしても取り込みができないサイトというのがあります。そういうときに、どのようにしたら取り込めるかについてです。


  
【EvernoteのWebクリッパーで取り込まれないサイトを取り込む方法】  
 1.EvernoteのWebクリッパーで取り込めないサイトがある
 2.紙copiでWebをクリップしてみる
 3.紙copiで取り込んだWebクリップをEvernoteに入れる方法







checkmark.png 1.EvernoteのWebクリッパーで取り込めないサイトがある

まず、以下の画像を見てほしいのですが、あるサイトでWebクリップをしようとしたところ、全然できないことがありました。

取り込みたいページで範囲指定して…


Evernoteで見てみると…取り込まれない。

範囲指定の仕方を変えてみたり、色々試してみましたが、全くダメでした。

また、よくやる方法でPocketに一時入れておいて、それをEvernoteに入れるというワザがあるのですが、それでもダメというサイトもあります。




checkmark.png 2.紙copiでWebをクリップしてみる

さて、こういう手強いサイトに関しては、どうすれば良いかというと、なんと紙copiを使うことで解決することが多いです。
紙copiに関しての記事は、こちら。

紙copiからEvernoteへ移行中 - 情報管理LOG

Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ - 情報管理LOG



さて、やり方に関しては以下のようにします。

まず、範囲指定をして…



それを、画面の右側にドラッグすると、紙copiの箱が出現するので、それに放り込むだけで取り込みが完了します。

さて、本当に取り込まれたか確認してみましょう。
おっ、あれほど取り込みに困難していたのが、嘘のようにきちんと取り込まれています。







checkmark.png 3.紙copiで取り込んだWebクリップをEvernoteに入れる方法

さて、紙copiまでは、取り込みに成功しましたが、ここからEvernoteに入れるには、少しだけコツがいるのです。
右側のファイル一覧で右クリックして、コピーします。
そして、Evernoteの取り込みのショートカットである

Ctrl + Alt + v

で取り込みます。
そうすると…

見事に取り込めました!しかも、レイアウトもきちんと再現されています。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 紙copiは、取り込みツールとして優れています

EvernoteのWebクリッパーは、とても優秀です。
ChromeのClearlyというアドオンによって、Webの取り込みがとても楽になりました。
しかし、どうしても取り込めないサイトというのが、若干あるのです。そういう時の対応策として覚えておいても、損はないと思いますよ。
それにしても、紙copiは万能だなぁ。

PoiCaで財布の厚みをダイエットする




皆さんは、会員証やポイントカードをどれくらい持ち歩いていますか?
今回は、前回のJAFカードのアプリに続いて、アプリによって、財布をダイエットする方法についてです。



  
【PoiCaで財布の厚みをダイエットする】  
 1.PoiCaってなに?
 2.PoiCaでできること、できないこと
 3.PoiCa対応店舗を増やそう!







1.PoiCaってなに?

PoiCaというのは、バーコードタイプのポイントカードなどを取り込み、アプリをポイントカード代わりに使えるというものです。

PoiCa ポイントカード電子化アプリ 2.2.10(無料)



AppStoreで確認



使い方としては、
この動画をみてもらえると、一発で分かるかと思います。




一部のポイントカードは、最初から登録しやすくなっています。
また、アイコンなども用意されているので、ジャンル別にまとめやすくなっています。







2.PoiCaでできること、できないこと

PoiCaは、基本的にバーコードタイプでないと登録できません。したがって、磁気タイプや、QRコードタイプのポイントカードは、対応していません。
また、登録できたとしても、それが必ずしも店舗で使えるとは限らないのです。
なぜなら、公式にPoiCaに対応しているとアナウンスされているわけではないので、お店側が「対応しません」と言ったら、それに従うしかないのです。
逆に言えば、何も言われなければ、使える可能性があるということです。




実際に使ってみると問題なく、普通のポイントカードとして使えます。
しかも、
バーコードタイプは、サーバー上でポイントを管理していると考えられるので、ポイントもきちんと貯まります。
実際に貯まったポイントで値引きなどもしてもらっています。
※注:これは、私の観測範囲なので、絶対に貯まるという保証は、できないです。





3.PoiCa対応店舗を増やそう!



さて、ここまでPoiCaの良さについて述べてきました。しかし、PoiCaの対応店舗が増えないと、いつまでも重い財布を持ち続けなくてはいけなくなります。
そこで、PoiCaのサイトには、PoiCaを使用する際に店舗側へ理解をしてもらうためのカードが、掲載されています。

これですね。

PoiCaリクエストカード

コレを持って、対応店舗を増やしてみませんか?
そして、財布を軽くしていきましょう。


PoiCa







財布を分厚くしているのはポイントカードです

この10年間で、年々財布が分厚くなってきています。
ついには、ポイントカード用のカード入れまで持って、出かける始末です。
「ポイントをもらって、割り引いてもらっているんだから、トレードオフだろ?」
と言われれば、そうかもしれません。
でも、利用者にとって、それが最適解かというとそうでもないなと思います。
最近では、カードが見つけられなくて、
「じゃ、いいです。」
となることすらあるぐらいです。
こうなると、店舗側にもプラスはないのではないでしょうか?
PoiCaは、そういう状況に一石を投じているなぁと思っています。


Textforceと紙copiの連携でどこでも執筆

2015011701.png


iPhoneで書いた文章の続きを、PCでも書きたいということは、よくあります。
また、逆にPCで書いた続きを、iPhoneでも書きたいということも、多いはず。
今回は、双方向にスムーズなテキスト編集についてです。



  
【Textforceと紙copiの連携でどこでも執筆】  
 1.Textforceって、どんなアプリ?
 2.紙copiって、どんなソフト?
 3.Dropboxで連携させる
 4.







1.Textforceって、どんなアプリ?


“テキスト編集 テキスト編集 Textforce for Dropbox
価格: ¥300
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス




AppStoreで確認

Textforceとは、Dropboxと連携できるテキスト編集アプリです。
また、他のアプリでDropboxと連携できるという触れ込みのアプリでも、PC上から編集した内容が、アプリ上に反映されるものは、とても稀です。
しかし、このTextforceは、双方向からの編集が可能なアプリなのです。
これは、とても大きなアドバンテージで、PCで編集していた続きを、iPhoneやiPadから、何の違和感もなく書けたり、逆にiPhoneで打ち込んだテキストの続きを、PCで仕上げるということが、意識せずにできてしまうのです。
Dropbox連携を謳っているアプリで、これができるアプリってほとんどないんですよね。

2015011702.png



また、iPhoneなどでは、範囲指定が面倒だったりするのですが、これは範囲指定モードがあって、行や文字単位で簡単に選択可能です。
これも、ものを書くときに、ストレスを減らしてくれます。

2015011703.png
2015011704.png



さらに、直接メールを送信(メールアプリに送る)したり、ATOK Padと連携してATOK Pad上で編集できたり、Textexpanderと連携しているのも、使い勝手を良くしています。

ブログの下書きや、仕事上のテキスト作成などは、これで十分な気もします。

少し縦長ですけど、設定画面を載せておきます。

2015011707.png




2.紙copiって、どんなソフト?

WEBページやニュース・ブログの保存なら「紙copi」


2015011401.png

紙copiとは、かなり古参のWindowsのソフトです。
文字を打ったその場ですぐに保存されていくという仕様で、フリーズによって書いた文章が消えてしまったりということがないのです。だから、保存という概念がありません。
一時期は、Evernoteに完全に乗り換えを検討し、書いたメモのすべてをエクスポートしたのですが、結局、立ち上がりに軽快さ、検索の容易さ、純粋なテキストファイルであることなどから、PCでとるメモは紙copiに戻ってしまいました。

ショートカットで呼び出して、サクッとメモをとり、サッと終了する。
(ちなみに、ショートカットは Shift + Ctrl + k
文句につけようのないメモソフトです。
一つだけ難点があるとすれば、ネット対応ではなかった点です(最新の紙copiは、対応したみたいですが)。私が、一時期、Evernoteに移行しようと思ったのも、そこら辺がネックになっていました。
しかし、Dropboxで劇的に状況が変わりました。




3.Dropboxで連携させる

さて、双方をDropboxを使って、接続してみます。
といっても、大げさなものではありません。
Textforceは、Dropboxに接続すると、Dropboxのテキストファイルにアクセスできるようになります。フォルダ構成もDropboxのままです。
紙copiの方は、Dropbox上のフォルダに紙copiの箱(フォルダみたいなもの)を指定するだけでOKです。

2015011708.png


さて、実際に打ってみましょう。
まず、紙copiから。
Dropboxに接続しているフォルダの箱の文章を編集してみます。

2015011709.png



そして、次にTextforce側からも同じファイルにアクセスしてみます。先ほどPC上で打った文章が、見えました。

2015011710.png



編集してみます。

2015011711.png


さらに、これが本当にPCにも反映されるか確認してみましょう。

2015011712.png




おっ、できていますね。


リアルタイムにテキストが反映されるのは未来的です。

実は、リアルタイム変超されるか試してみたのですが、きちんと目の前でPC上のテキストが書き換わっていきました。
この組み合わせは、かなりおすすめですよ。




デバイスにこだわらずに書けるメリットは大きい

Dropboxをキーにして、あらゆるデバイスで文字を書くことが出来るというのは、かなり大きいメリットだと思います。
iPhoneで思いついたことをパッと書き、PCに戻ったらその続きを書ける。
そして、その逆も意識しないでできる。
この「意識しないで」というのが、とても大事だと思うのです。
いちいち、保存して~同期して~ということすらも考えなくて良いというのは、すごいことだと思いませんか?

JAFカードが、アプリになったので持ち歩く必要がなくなった



ほぼ、題名で言い切った!
というわけで、今回は、昨年出てきたJAFの会員カードアプリについてです。


  
【JAFカードが、アプリになったので持ち歩く必要がなくなった】  
 1.JAFカードアプリで財布スッキリ!
 2.JAFカードでできること








1.JAFカードアプリで財布スッキリ!

JAFカードのアプリが、昨年後半にAPPストアにひっそりと登場しました。このアプリは、JAFカードの代わりとなるカードです。
iPhone版とAndroid版があります。

JAFデジタル会員証 1.0.2(無料)



AppStoreで確認






JAFカードとは、車を乗らない人にとっては、なんなの?という感じですが、万が一、車にトラブルが発生したときに、全国どこでも駆けつけて、対応してくれるJAFという機関の会員証のことです。

立ち上げると、こんな感じ。
まさに会員証です。






2.JAFカードでできること
さて、単に会員証の提示だけができるわけではありません。
このアプリのメニューを開くと、こんな感じです。





JAFお得ナビというのは、会員の優待施設の検索などができます。
でも、これは、おまけのようなもの。
それよりも、アプリとして優れているのは、「ロードサービスを呼ぶ」です。





「電話で呼ぶ」と「メールで呼ぶ」という2つから選べます。
メールで呼ぶは、メールシステムへの登録など、色々しなくてはいけないことが多いので、緊急時には活かせないかもしれません。





「電話で呼ぶ」をタップすると、なんとGPSと連動して、現在地を知らせつつ、電話対応してくれます。
出先で住所も分からないということは、十分にありえることなので、これはかなり助かる機能ですね。




カード関係はアプリ化でいいのでは?

このアプリが、出てから財布からJAFカードは抜いてしまいました。
ただでさえ、様々な会員証やら、ポイントカードなどで膨れ上がっている状態なので、こういう対応はとても助かります。

ぜひ、他のポイントカードなどを発行しているところは、見習ってほしいなと思いますよね。

年賀状は、Evernoteで管理するとラクだ

20150118002.png



皆さんは、年賀状をどのように管理していますか?
私は、この5年ぐらいEvernoteで年賀状を管理しています。今回は、年賀状の管理についてです。


  
【年賀状は、Evernoteで管理するとラクだ】  
 1.年賀状は、ScanSnapでスキャンして処分してしまう
 2.いつでも見られる便利さ
 3.検索できてしまう
 4.当選番号の当たり判定をするためのスキャン設定






1.年賀状は、ScanSnapでスキャンして処分してしまう

20150118001.jpg

皆さんは、年賀状の管理をどうしていますか?
年賀状ケースなどに入れて、大事にとって置いている人も多いかと思われます。
しかし、私は年賀状は、ScanSnapでスキャンしてEvernoteに入れてしまい、バッサリ処分しています。
この件に関しては、以前も記事にあげていましたので、そちらもご覧ください。

ScansnapとEvernoteで年賀状の管理をしてみた - 情報管理LOG


年賀状というのは、意外と場所を取ってしまいますよね。
そこで、データ化することで、場所を取らなくしてしまうことが出来るのです。その入れ物が、Evernoteであるというだけです。
「処分することに抵抗がある」
という方もいらっしゃるかもしれませんが、永久にとっておくこともできませんよね?
お気持ちは、十分いただいたと思いますので、それを違う形にしてとっておくという考え方で良いと思います。
しかも、スキャンすると5年経っても10年経っても、いつでも呼び出し可能になるのです。



2.いつでも見られる便利さ

年賀状をスキャンし始めてから4年目になりますが、年賀状をいつでも見られるのは、案外便利なものです。
たぶん、普通にケースに入れて取っておくだけだったら、ほとんど見る機会は年間を通して無いと思います。
しかし、Evernoteに入っていると、いつでも参照できるので、
「そういえば、あの人の子ども何歳になったんだっけ?」
というときに、パッと調べてしまうことが可能なのです。
覚えてられないけど、久しぶりに会うときなどに事前にチェックしておくといいですよね。



3.検索できてしまう

20150118005.jpg

さらに、強調しておきたいのは、ScanSnapでスキャンしてOCRをかけることで、検索できてしまうことです。
なので、第二の住所録的な使い方も出来るのです。
特に最近は、手書きよりも差出人の部分も印刷の場合が多いので、ほぼ正確に検索可能です。



4.当選番号の当たり判定をするためのスキャン設定

お年玉付き年賀状の当選確認というのは、毎年面倒なものです。
でも、「当たっているかも?」という思いでつい調べてしまいます。
さて、いくら優秀なScanSnapとはいえ、実は完全にOCRできないところがあります。それが、肝心要のお年玉付き年賀状の抽選番号の部分なのです。

よく見ると、波線模様が入っていたり、色が塗られていたりしているのです。
これが、OCRを妨げてしまう原因なのです。

20150118004.png

この状態でOCRの結果を見ると、全然読み取れていなかったり不思議な文字の羅列になってしまったりします。

そこで、一手間かけてしまいます。
何をするかというと、当たり判定をするため用のスキャンをするのです。

「めんどくさい」

と思ったあなた!1枚1枚めくりながら、確認するより早いのでやってしまうと良いですよ。
設定は、スーパーファイン(300dpi)の白黒モードでスキャンします。もちろん、OCRはかけます。

20150118003.png


そうする、見事に模様や色の部分が消し飛びました(飛ばない場合もあります。その場合は、設定を見直してください)。
OCRもチェックすると、きちんと数字の部分が認識されています。

あとは、PDFリーダーなどで検索をかければ、瞬時に当たり判定ができますよ。



年賀状は素敵なデータベースだ

年賀状の中には、お子さんのことや趣味のこと、個人的なことなど、たくさんの内容が詰まっています。
通常の住所録などでは、掬いきれない素敵なデータベースになり得る貴重な情報の塊です。
Evernoteを保存庫として、年賀状をスキャンしてとっておくと個人の財産になっていくなと思っています。

ライフログは、1年後に読み直す

2015011501.png

ライフログをつけている人は、読み返していますか?
ライフログは、読み返さないともったいない!
今回は、ライフログを1年後に読み返す方法についてです。


  
【ライフログは、1年後に読み直す】  
 1.ライフログを読み返していますか?
 2.WithEverで一年前のライフログを検索する
 3.一年前のライフログを読み返すための仕組み作り





1.ライフログを読み返していますか?

皆さんは、ライフログつけていますか?
私は、2011年からつけ始めて、今年で4年目になります。

さて、ライフログをつけている人は、読み返していますか?
ライフログは、読み返さないともったいないです。
せっかく、日々を記録しているのに、ただ単にストックしておくだけだと、宝の持ち腐れです。実は、ライフログというのは、つけて終わりではありません。
むしろ、それを未来の自分が活用することで、完結します。過去の自分が過ごした時間を振り返ることで、未来の自分がそこから学ぶのです。
と、かっこいいことを言ってますが、実際に読んでみると、単純に楽しいです。




2.everPostで一年前のライフログを検索する

では、ライフログを読み返すには、どうしたらよいかというと、everPostというアプリでEvernoteを検索するのです。このeverPostというのは、Evernoteを検索することに特化したアプリで、Evernote本体よりも高速に検索が可能なのです。

everPost - Evernoteをお手軽操作。検索してジェスチャー。整理も簡単。 2.7.2(¥300)



AppStoreで確認




ただし、検索するには少しコツがいります。
検索するための演算子を下記のように入れます。

notebook:Lifelog created:day-365 -created:day-364

すると、一年前のライフログが表示されました!




説明すると、
notebook:Lifelog
は、「Lifelog」というノートブックの中で
created:day-365 -created:day-364
は、今日を起点として365日前までに作成されたノート全てから、364日分を除外して検索するという意味です。

しかし、これを毎日繰り返すのは、大変です。
なので、一週間分をまとめて検索して、読んでしまいましょう。

先ほどの演算子を工夫して、このようにします。

notebook:Lifelog created:day-365 -created:day-358





そうすると、このように1週間分まとめて表示されました。
これを、順番に読んでいくと、1年前の自分が何をしていたか分かってきます。
Evernote側でもこの検索を保存しておくと、便利です。



3.一年前のライフログを読み返すための仕組み作り

さて、いくら過去のライフログを読み返すことが大事とはいえ、毎週これをくりかえすのは骨が折れます。
そこで、これを毎週ゆっくり落ち着いて時間のとれる日にリマインダーをかけてしまいます。
しかし、ただToDoとして「ライフログを読み返す」などと表示しても、次第に見なくなってしまいます。

私は、土曜日の朝に強制的に通知するようにしています。

やり方としては、Launchcenter proにeverPostのライフログ検索のURLスキームを登録し、さらにリマインダーをかけるのです。そうすることで、指定日時になったら通知が来て、それをタップすると検索されたライフログが出てくるというふうにしています。

“Launch Launch Center Pro
価格: ¥300
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




AppStoreで確認



このように、登録しています。
fc2blog_20150113232608126.jpg


登録の仕方としては、このようにURLスキームを入力します。

everpost://?query=[notebook:Lifelog created:day-365 -created:day-358]




これで、スケジュールを毎週土曜日の同じ時間に通知するようにしておくと…



このように、通知センターに表示されます。
これを、タップすると、先ほどのeverPostで検索されたライフログが、表示されます。
こうなると、読むしかないですよね?


 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ライフログを読み返すのは単純に楽しい

一年前の自分が何をしていたかというのは、なかなか思い出せません。
さらに、その時、何を考えていたのかなんて、忘却の彼方もいいところです。
でも、日々の細かな部分を記録しておき、それを未来の自分が振り返ってみることで、思わぬ発見がたくさんあります。
つい忘れがちなことも思い出せるトリガーにもなります。
しかし、最大の楽しみは、未来の自分が過去の自分を客観的に見られることなのかもしれません。
皆さんも、ぜひ一年前、二年前のライフログを振り返ってみることをおすすめします。





年末年始に読んで「おっ!」となった本5選

この年末年始にかけて、普段読み切れなかった本などを一気に読みました。
そこで、この年末年始に読んだ本で、個人的に勉強になったり、心動かされた本を紹介します。



  
【年末年始に読んで「おっ!」となった本5選】  
 1.「シンプル・プレゼン」:ガー・レイノルズ
 2.「オービダル・クラウド」:藤井太洋
 3.「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」:マイケル・ルイス  
 4.「行動分析学入門」:杉山 尚子
 5.「失踪日記2 アル中病棟」:吾妻ひでお





※注:順番は特に意味はありません。Evernoteに記録されている順番に載せただけです。

1.「シンプル・プレゼン」:ガー・レイノルズ

ガー・レイノルズといえば、「プレゼンテーションZEN」で、ごちゃごちゃしたパワーポイントのプレゼンテーションに渇を入れてくれた方です。
そして、私がこの数年の中で、大いに影響を受けた本でもあります。もしも、みんなが眠くなるようなプレゼンテーションをしているならば、すぐに読んだ方が良いです。
そのより実践に近い本が、本書です。
実際にプレゼンを作る際に気に留めなくてはならない点、準備するものやこと、などについて書かれています。
また、前作の「~Zen」でも示された、ダメなプレゼンと良いプレゼンの違いについて、かなり分かりやすく開設してくれています。なお、こちらには、実際のプレゼンテーションのDVDまで入っているというおまけ付きでした。
お得感は、こちらの方が高いかも。



2.「オービダル・クラウド」:藤井太洋

Kindleで「Gene Mapper」というSFでデビューし、一躍注目された方の作品。
こちらも、ジャンルとしてはSFになりますが、近未来というよりも現在起こってもおかしくないというような設定で書かれています。
軌道上に浮かぶ人工衛星が、アッと驚くような手法でテロに遭うという物語です。
もしも、現在、人工衛星が消滅してしまったら…恐ろしいですね。
テロの手法としても、あり得るかもしれないと思わせるところが、すごかったです。



3.「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」:マイケル・ルイス

昨年末に読んで衝撃を受けた本です。
いや、衝撃は受けていないな。それよりも、やはりそんなことになっていたかという思いが先に立った本です。
ジャンルとしては、ノンフィクションになります。
株式取引が電子化されて、アルゴリズムによる取り引きが支配している中で、利益のさやどりを公然としているフラッシュボーイズ(10億分の1秒の世界で取引をしているコンピュータを操っている人たち?)とそれに立ち向かうために、新たな証券取引所を開設しようとしている人たちの物語です。
ちなみに、著者であるマイケル・ルイスは、「マネー・ボール」で、映画化もされている方ですね。
そちらも、オススメ本です。



4.「行動分析学入門」:杉山 尚子

最近、行動分析学に関する本を続けて読んでいるのですが、その中でも入門書として読み始めるのに、とても良かった本です。
人が行動できない理由やまたは逆にやってしまう理由を行動随伴生という考え方で読み解いていくという学問なのですが、自分自身に当てはめながら読んでいくと、その「あるある」っぷりに目から鱗が落ちました。
最近では、つい「好子出現の強化だな。」などと、解釈してしまう自分がいます。
子育てをしている方も読むと良いかもしれないです。
他の著者の方ですが、「メリットの法則 行動分析学・実践編」という本も良くまとまっていて、分かりやすかったです。


5.「失踪日記2 アル中病棟」:吾妻ひでお

お正月にお酒を飲みながら(!)読んでしまったマンガです(本じゃなかった)。
前作の「失踪日記」は、いろんな意味でぶっ飛んだ内容でしたが、こちらは入院生活に焦点を絞った内容です。
あまり書くとネタバレになってしまうのですが、かなりリアルなアル中患者の皆さんの生活が垣間見られます。
でも、あまり暗くならず、何となく笑いながら読めてしまえるのが、この人の作家性であり、力量なんだろうなと思います。
お酒は好きだけど、アル中はかなり苦しそうだなぁ…と最後はしみじみ。



 今年は色々な本を読もうと思います

上記に上げた以外も、けっこう読んでいたのですが、できれば今年は「誰かが読んでいるから」ではなく、自分にとって必要か?という視点の読書もしていきたいなと思います。
自分のEvernoteには、まだ「これも読まなくては!」という本のリストが、いっぱいあります。
少しでもこのリストを減らせるように読もうと思います。
さて、どうなるやら。


定型タスクは、ListBookで忘れずチェック

仕事をしているしていないに関わらず、毎週のように繰り返すタスクというのがあります。
つい、忘れてしまいがちなタスクをもれなくするためには、ちょっとした工夫が必要です。
今回は、ListBookを使った定型タスクのチェックについてです。




  
【定型タスクは、ListBookで忘れずチェック】  
 1.毎週繰り返されるタスクはタスクといえるか?
 2.ListBookでチェックするメリット
 3.ListBookでチェックするタスクをチェックする






 1.毎週繰り返されるタスクはタスクといえるか?

仕事をしていてもしていなくても、必ず毎週のように繰り返されるタスクというのがありませんか?
忘れるとあとで厄介なのに、重要度はそれほど高くない。そんなタスクの1つや2つぐらいあるはずです。

さて、そういうタスクは、一般の仕事上のタスクと同列に扱って良いのか?
という問題は、GTDなどでタスク管理し始めると悩む問題の一つです。

私は、試行錯誤の上、仕事上のタスクと分離して管理することにしています。
そうすることで、タスクリストが細々としたことで埋まってしまい、やる気が損なわれないようにしています。

以下は、私が毎週やる「定型タスク」の一部です。

☐スター付きメールをチェック
☐机のinbox整理点検
☐カバン整理点検
☐ゴミ箱整理
☐ライフログを読む
☐家計簿
☐付箋チェック





確かに細かくて、一般タスクに入れると煩雑になりそうでしょう?
しかし、これら(実はこれ以外にもまだたくさんある)のタスクは、やらないでいるといつの間にか、細かなミスを誘発してしまったりするので、必ずチェックする仕組みが大事なのです。




 2.ListBookでチェックするメリット

ListBookでチェックするメリットは、チェックを一括で外すことができることです。
毎週チェックするので、ここらへんの簡便さが重要なのです。

これで、一括でチェックを外せます。

2015011301.png




 3.ListBookでチェックするタスクをチェックする

さて、一般のタスクリストに入れると煩雑になってしまうので、一つ一つのタスクは入れません。
しかし、ListBookをチェックするというタスクは、一般タスクに入れてしまいます。
そうすることで、チェック忘れを未然に防ぎます。

私は、この1年以上Wunderlistというアプリで、日々のタスクを監理しています。
Wunderlistの中に「定型」という、必ず繰り返されるタスクを入れておくリストを作っています。
これで、毎週必ず金曜日に通知させて、チェック忘れを防いでいるのです。






 繰り返されるタスクをチェックする仕組みが大事です

「ゴミを出す」「机の中を整理する」「家計簿をつける」など、日々、大したことではないけれど、必ず時間がとられるタスクというものがあります。
必ずこの日にやらなくてはいけないというものではないけれど、やらないでいると苦しくなったり、環境が悪くなったりすることってありませんか?
それも、きちんとルーチンの中に組み込む仕組みを作るのが、結果的には自分をラクにしていくなと思っています。




Chromeの新規タブは超クールなMomentumで

2015011201.png


皆さんのChromeの新規タブは、何が開かれるようになっていますか?
今回は、Chromeの新規タブのかっこいい有効活用についてです。


  
【Chromeの新規タブは超クールなMomentumで】  
 1.Momentumとは何か?
 2.Momentumをカスタマイズしてみる
 3.Momentumの活用法





1.Momentumとは何か?

まず、Momentumというのは、Chromeの拡張機能です。
Chromeの新規タブを開いたときにこのような美しい写真と時刻を大写しにしたタブが開くのです。

2015011101.jpg

殺風景で機能的なものよりも、ちょっと心が和むような景色が見えた方が、気分的に良いのです。
しかも、この写真は、毎日日替わりで変わります。なので、見飽きるということがありません。

さて、インストールですが、こちらからいけます。

Momentaumのインストール

これで、Chromeに組み込まれます。
これによって、こんな美しいタブが、毎日見られるようになります。

2015011105.jpg

2015011106.jpg

2015011107.jpg



2.Momentumをカスタマイズしてみる

さて、これだけでも十分なのですが、最初にメルアドとパスワードを登録することによって、毎回名前を聞かれないですむようになります。
さらに、天気なども自分の地域にあったものが、表示されます。

もっと、カスタマイズしていきましょう。
左下の歯車のアイコンから設定が出来ます。
2015011104.jpg


カスタマイズの項目は、以下の通りです。
けっこう、変えられるポイントがありますね。これを全てオフにすると、かなりスッキリした感じになってしまいます。
好みに応じて、オンオフを切り替えてみてください。
2015011102.jpg


3.Momentumの活用法

私は、デュアルディスプレイにしているので、いつもサイドのディスプレイにChromeが開かれた状態になっています。
そこで、いつもメールなどに気を取られているわけにはいかないので、このタブを開いています。
また、そうすることで、目の前のディスプレイに集中できるだけでなく、プライバシーも保たれるのです。

それと、右下に「ToDo」という項目があるのですが、ちょっと忘れたくないことをメモするのに重宝します。

2015011103.jpg


また、仕事から帰るときは、このMomentumのタブを全画面表示にして帰るようにしています。
そうすると、次の日にPCを立ち上げたときに、また新しい写真が見られて、気持ちが高まりますよ。



 新規タブだからこそフレッシュに

新規タブというのは、あんまり意識しないものです。
そこで、ついつい機能性を持たせたり、便利な方向に行きがちですが、このMomentumは真逆の方向です。
でも、それによって、気分が良くなったり、気持ちがリフレッシュできるならば、いいのではないかなと思っています。

図書館日和をQuickaで検索する

前回、取り上げた「図書館日和」ですが、いつも検索に使っているQuickaからも検索できるようにしたいと思います。


  
【図書館日和をQuickaで検索する】  
 1.図書館日和とは?
 2.Quickaで検索するためのURLスキーム






1.図書館日和とは?

図書館日和とは、図書館の蔵書を検索するためのアプリです。
これについては、前回、記事にしましたので、参照してみてください。

“図書館日和” 図書館日和
価格: 無料
カテゴリ: ライフスタイル, ブック




AppStoreで確認






 2.Quickaで検索するためのURLスキーム

図書館日和のURLスキームは、このアプリの作者さんのサイトに掲載されています。

図書館日和 | hiroto_jp's blog



ここで、注意しなくてはならないのが、URLスキームが

toshokanbiyori://search?q=検索ワード

となっているのですが、Quickaでは、検索ワードのところを[U]としなくてはいけないのです。

toshokanbiyori://search?q=[U]

これで、簡単にQuickaから呼び出すことができるようになります。






Quickaは、万能検索ツールだ

何か検索したいなと思ったら、まず立ち上げるのが、Quickaです。

「調べたい」=Quicka

という流れが身についているので、そこから図書館も調べられるというのは、ありがたいです。

Scannable全機能解説

2015011100.png


突如として、先日登場したEvernoteから出たスキャンアプリであるScannableの全機能解説をします。

  
【Scannable全機能解説】  
 1.起動してみる
 2.スキャンしてみる
 3.Evernoteに保存してみる
 4.共有してみる






1.起動してみる

まず、Scannableを起動してみます。

パタパタと蝶が羽ばたくデザインがかっこいいです。



















名刺をスキャンするとLinkedInと連携するみたいです。LinkedInを使っている人は、便利かも。





2.スキャンしてみる

では、さっそくスキャンしてみましょう。

ここで、2つのメニューが表示されます。
普通にスキャンするならば、上の方。
EvernoteのScanSnapを持っているならば、こちらこらコントロールできます。
fc2blog_20150110130431457.jpg



さて、スキャンしてみましょう。
手元にあった本の表紙を読み取ってみます。
ここで、このアプリのすごいのは、全自動で原稿を認識して、撮影してくれるところです。
何度も撮影してみましたが、基本的には、この自動モードで何の問題もなかったです。
もしも、手動の方がいいという場合は、下にある「手動」というところをタップすれば、自分の好きなタイミングで撮影できます。
fc2blog_20150110131637f00.jpg


撮影されると即座に、切り取り→調整までやってくれます。細かな調整などはできませんが、ほぼ文句ない感じです。
色のついた紙などもスキャンしてみましたが、文字が読み取りやすいように、白黒に変換されました。
fc2blog_20150110131738360.jpg





3.Evernoteに保存してみる

なんと言っても、Evernoteで出しているアプリです。
Evernoteとの連携は、完璧です。
ちなみに、タイトルの変更は、下の図の場所からできます。
様々な連携から、Evernoteを選びましょう。
fc2blog_20150110132850ee0.jpg



保存するノートブックなども選べます。
慣れると、スキャンからEvernoteへのアップまで、かなりのテンポでできます。
fc2blog_201501101331320e8.jpg






4.共有してみる

その他の機能として、カレンダーにアップして、共有したりも出来ます。
ちなみに、下の画像は先ほど書いた色の付いた上をスキャンしたものです。クッキリしていますよね。
fc2blog_201501101517134bc.jpg


エクスポートを選ぶと・・・
fc2blog_20150110175346bdc.jpg


接続されているネットサービスにつながります。
私の場合は、Dropboxと連携しているので、Dropboxにつながります。
ここらへんは、大変スムーズでオンラインドライブを使っている感じがあまりしません。
2015011101.png


ちなみに、こんな感じのサービスと連携できます。
2015011102.png
2015011103.png



Scannableは日常使いのスキャンアプリかも

あ、これをスキャンしておこうというときに、何気なく出来る感じが、このScannableだと感じました。
Evernoteとの連携も非常にスムーズなので、スキャンしたものは、Evernoteに入れていますという人は、これで良いかもしれません。
ただし、細かなチューニングなどがなかったり、あとで様々なパラメーターをいじりたいというときには、向きません。
専用のスキャンアプリを使う方が良いかもしれません(私は、CamScanner+が、オススメ)。
日常使いで画質など気にしないで、どんどん撮っておきたいということであるなら大いにありだと思いました。


CamScanner+ 3.5.2(¥100)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: INTSIG Information Co.,Ltd - INTSIG Information Co.,Ltd(サイズ: 25.4 MB)




「スイッチ!」「アイデアのちから」など、スゴ本の著者の最新作です。
これも、なかなか興味深いです。

図書館日和は本好きにはたまらない

皆さんは、図書館を利用していますか?
私は、住んでいる場所が、ラッキーなことに図書館の近くで、とても利用する機会が多いです。
そこで、図書館をかなり便利に使えるアプリが、「図書館日和」なのです。


  
【図書館日和は、図書館好きにはたまらない】  
 1.図書館日和とは?
 2.図書館にその本があるか検索する
 3.メディアマーカーへの登録も簡単
 4.Evernoteへの登録もラクラク






1.図書館日和とは?

図書館日和とは、最寄りの図書館の蔵書を検索するためのアプリです。
しかし、それだけにとどまらない、魅力的な機能がたくさん入っています。
ネットで見つけた気になる本、話の中で出てきた本などを、サッと検索して図書館で予約が出来たり、Evernoteに登録などもできてしまうそんなアプリです。


図書館日和 1.4.5(無料)App
カテゴリ: ライフスタイル, ブック
販売元: hiKnowledge Software - Hiroto Kusuda(サイズ: 3.9 MB)





2.図書館にその本があるか検索する

検索する方法は、2通りあります。
一つは、キーワード検索。もう一つは、バーコードを読み取って検索する方法です。

特に検索する本がなくても、他の人のオススメやTwitterでのつぶやかれている本を見ているだけでも、面白いです。
2015011001.png


さて、検索してみましょう。
最近気になっているハヤカワSFコンテスト大賞を受賞した「ニルヤの島」を検索してみます。



2015011002.png


あっさり、見つかりました。

2015011003.png



事前に済んでいる地域などを登録しておくと、自分の地域の図書館に蔵書されているか分かります。
もしも、あれば「貸出可」と表示されます。

2015011004.png



さらに、「貸出可」をタップすると、自分の地域のどの図書館にあるのかさえも一覧で出てきます。
もっとすごいことに、そこから予約までできます。
※予約に関しては、各地域の予約システムを使うことになります。

2015011006.png


気になって、「読みたい」と思ったら、すぐに予約できるのは、素敵ですね。



3.メディアマーカーへの登録も簡単

私の使い方としては、いきなり図書館で予約をすることは少なく、一度メディアマーカーに登録してしまいます。
後述しますが、Evernoteと連携を取っているので、後日、その中から本当に読みたい本を図書館に予約したり、購入したりしています。

メディアマーカーへの登録もこの図書館日和からできてしまいます。
というか、メディアマーカーのアプリがダメすぎるので、こちらから登録するのが良いです。
下にスクロールすると、様々なサービスと連携できるのが分かります。
メディアマーカーに限らず、自分のお使いのサービスを使うのが良いかと思います。

2015011005.png


メディアマーカーをタップすると、メディアマーカーのサイトに行くので、そこで登録してしまいましょう。
パスワードなども一度覚えさせておくと、繰り返し使えてラクです。

2015011007.png




4.Evernoteへの登録もラクラク

メディアマーカーは、Evernoteと連携させることが出来ます。
メディアマーカーでEvernoteを登録すると、登録した本がEvernoteの専用のノートブックに次々に登録されていきます。

2015011008.png


メディアマーカーのサイトの右側にEvernote連携などのツールがあります。
そこから、認証申請できます。
2015011010.png


ちなみに、Evernoteに登録されたノートはこんな感じです。

2015011009.png



図書館日和は本好きのための素敵アプリだ

もしも、皆さんが本を読むのが好きならば、これを導入しない手はないですよ。
「これ、近くの図書館にないかな?」
という疑問をすぐに解消してくれますよ。


PostEver2とPostEver(前バージョン)を共存させてみる

PostEverというアプリが出てから、ライフログを記録するのが圧倒的にラクになりました。
そして、昨年、iOS8対応版である、PostEver2が出ました。こちらにしてから、さらに使い勝手がアップして、ますます神がかっています。
しかし、そうすると、今まで使っていたPostEverは削除してまえばいいのか?
いいえ、違います。
今回は、前バージョンのPostEverを使い倒してみようという記事です。


  
【PostEver2とPostEver(前バージョン)を共存させてみる】  
 1.PostEverってどんなアプリ?
 2.Evernoteへの即メモアプリとして使えるじゃない!
 3.チェックリスト作成
 4.写真付きメモの作成






1.PostEverってどんなアプリ?

PostEverとは、Evernoteに簡単にポストできるアプリです。
なんといっても、PostEverエンジンと呼ばれる機能で、Evernoteにどんどん追記できるのが特徴です。
しかも、日付が変わると自動的に新しい日付のノートを作成してくれるので、まさにライフログのためのライフログアプリといえます。

PostEver 2 - ライフログ,ToDo,日記を素早くEvernoteに記録 1.5(¥800)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Atech inc. - Atech inc.(サイズ: 4.5 MB)



簡単な機能説明をします。
ざっと、以下のような感じ。
2015010901.png


そして、投稿するときは、サクッと打ち込んで、送信するだけ。
2015010902.png


送信すると、どんどん下の方に追記されていきます。
送信時刻なども一緒に記載されます。
2015010904.png


一応、設定画面も載せておきます。あとで、旧版のPostEverと見比べてみてください。
2015010903.png



2.Evernoteへの即メモアプリとして使えるじゃない!

さて、余ってしまった旧版のPostEverですが、削除してしまうのはもったいないです。
そこで、その機動力を活かして、Evernoteへの即メモアプリとして第二の人生(?)を歩んでいただきます。

これが、旧版PostEverです。
見た目は、あまり変わらないけど、送信ボタンが上に付いているぐらいかな。
あと、フラットデザインじゃないというのも、旧版らしい感じ。
20150105.png


これの設定を変えて、即メモアプリにしてしまいます。
追記を特にしないというならば、PostEverエンジンは、オフにしておきます。

20150106.png

さて、これで完成です。
これで、いつでもサクッとEvernoteにメモを送信できるようになります。
普通のメモだけだったら、これで十分だと思います。



3.チェックリスト作成

実際に使ってみて、これは使えるなぁと思ったのは、チェックリストの作成です。
簡易的なチェックリストの作成ならば、これで十分です。
空き時間に気づきリストなどを作成するのに使っています。
20150107.png


4.写真付きメモの作成

写真付きメモもサクッとできてしまいます。
Evernoteを立ち上げるより、はるかに早くポストできます。




PostEverは、やっぱり神アプリです

PostEver2の影に隠れてしまって、すっかり影がうすくなってしまった旧PostEver。しかし、もともとライフログのためのアプリなので、立ち上げが瞬間的ですぐに記録がとれるというのは、大きなアドバンテージになりますね。
まだまだ、現役で使えそうです。


ダイソーに売っているLightningアダプターがiOS8でも使えたよ!




もうすでに、かなりの方が話題にしているダイソーで売っているLightningケーブルですが、アダプターも売っていたので試してみました。


  
【ダイソーで売っているLightningアダプターを試してみた】  
 1.アダプターも売られていた
 2.充電できるか試してみた





1.アダプターも売られていた

昨年末に話題になっていたダイソーのLightningコード。
ダイソーが、特許を回避したとかしないとかもすごいですが、普通に使えているという報告がどんどん寄せられているのもすごいです。

さて、近所のダイソーに売られているかと偵察に行くと、売り切れていた…orz。
その代わり、Lightningアダプターが売られていたので、買ってきました。



出してみると、こんな感じ。
こちらが、表面なのですが、端子がない。
片面接触というのが、特徴なのです。



2.充電できるか試してみた

さて、実際に充電できるか、試してみます。
Ankerの充電器につないでみましょう。

ちなみに、このAnkerのモバイルバッテリーは、昨年買って良かったものの一つです。

   2014年に買って良かったもの10選(自分用まとめ) - 情報管理LOG



さて、つないでみます。
おっ、充電できた!


ちなみに、私のiPhoneは、5sのiOS8.1.2です。
ダイソーやるな!


ダイソーパワーは、あなどれない!

ダイソーのデジタル系のグッズには、かなりお世話になっています。
今回もダイソーの商品開発のすごさ感心しました。ぜひ、これからも、意欲的な商品開発を期待しています!






Post-itアプリは、お手軽手書きメモにする!

2015010701.png

  
【Post-itアプリをお手軽手書きメモにする!】  
 1.Post-itアプリとは?
 2.単なる手書きメモアプリとして使う
 3.手書きメモ化する方法
 4.Evernoteに保存する






1.Post-itアプリとは?

Post-itアプリとは、Post-itでおなじみの3Mから出された付箋をデジタル化するアプリです。
使い方などに関しては、こちらの方が詳しいです。
このアプリがすごい No.015 Post-it Plus …単なるポストイットがこんなに楽しくなるなんて! | reliphone


Post-it® Plus: ポストイットを撮影してデジタル化できるアプリ。自動認識で保存と共有がラク! - たのしいiPhone! AppBank



一応、説明すると
このように付箋を写真にとると(※付箋は、3MのPost-itでなくても構いません)
2014010701.png

このように自動的に認識されて
2014010702.png

デジタル付箋として取り込まれるというアプリです。
2014010703.png


2.単なる手書きメモアプリとして使う

さて、このPost-itアプリは、単に付箋をデジタル化するだけではなく、別な使い道があるのではないか?と思ったのです。
何に使うのかというと、手書きメモに使うのです。実は、Post-itアプリ上で取り込んだ付箋以外に空のメモも作成できるのです。

このようにペンなども豊富にある!
2014010704.png


さらに背景色も自由に選べちゃう!
2014010705.png

この機能を使わない手はありません。


3.手書きメモ化する方法

まず、アプリを起動するとこんな感じです。
fc2blog_20150106134326b35.jpg


カメラアイコンがあるので、何でもいいので(できたら付箋ぽっいのがいい)、撮影します。
今回は、付箋が手元になかったので、昨日食べたラーメンの写真。
取り込まれたら、下の方にある「create board」を押します。
fc2blog_20150106135338e21.jpg

そうすると、アプリ側で適当に切り出ししてくれて、グループAというのが作成されます。
写真もコントラストが上がって、変な感じになりますが、気にしない!
fc2blog_20150106135609bcd.jpg


さて、ここからが本番です。空のPost-itの作成をします。
右上にある+マークのアイコンをタップします。
fc2blog_201501061537014cf.jpg


すると先ほどのような、ペンツールなどが出た画面になります。
fc2blog_20150106155524141.jpg

書きたいのを我慢して、右上の「add」をタップ。
すると、Group Bが作成されたはずです。
2014010706.png


これれで、満足してはいけません。
さらに、どんどん空のPost-itを作成していきます。この作成された数が、メモできる枚数になります。
この場合、5枚分がメモ用紙になりました。
2014010707.png


最後の仕上げです。
最初に作成したどうでもいい付箋を削除してしまいましょう。グループ名を長押しすれば、削除できます。
2014010708.png

これで、いつでもアプリを立ち上げたときに空のメモが使える状態になっているはずです。
2014010709.png


4.Evernoteに保存する

さて、メモをとったあとに、Evernoteに保存してみます。
シェアをタップして、保存先にEvernoteを選びます。
2014010710.png


もちろん、ノートブック名や保存先も選べます。
2014010711.png


情報管理LOGはこう考えた

ここでは触れませんでしたが、Evernote意外にもTwitterやメールなどにもシェア可能ですので、サクッと手書きメモを作成して他の人に配付するというのも楽ですね。
このアプリは、立ち上げも軽く、本当に気軽に手書きメモをとるのには、最適かもしれませんよ?

Fastnoteをサクッと起動する方法

2015010601.png


Fastnoteというのは、Windowsからでも簡単にPostEverのようにEvernoteに追記できてしまうというソフトです。
詳しくは、以前取り上げているので、そちらを参照を。

  FastnoteでPCでもPostEverのようにEvernoteに追記する - 情報管理LOG

このFastnoteをPCでの作業中にサクッと起動させるには、どうしたらよいかという記事です。


  
【Fastnoteをサクッと起動する方法】  
 1.どんな場面でも起動したい
 2.Windows7だったらこんな方法
 3.Fenrirでもサクッと起動
 4.マウスでもサクッと起動





1.どんな場面でも起動したい

ライフログをとるときは、なるべく現在の作業を中断させずに、自分の気づきや状態を記録したいものです。
そのため、PCでの作業中にスマホに持ち替えて~ということがないように、Fastnoteというソフトを導入しています。

  FastnoteでPCでもPostEverのようにEvernoteに追記する - 情報管理LOG


しかし、なるべくPCでの手を休めずに起動するためには、ちょっとだけ工夫が必要です。
そこで、キーボードでの起動を2つ。マウスでの起動を1つ仕込んでいます。



2.Windows7だったらこんな方法

まず、Windows7での起動方法です。(Win8は、使っていないので分かりません)
Win7では、タスクバーに固定という方法で、それ以前にあったクイック起動を擬似的に再現できます。
まず、Fastnoteを立ち上げて、タスクバーの上で右クリック。

2015010603.png

タスクバーにこのプログラムを表示を押すとタスクバーのクイック起動のようにショートカットが登録されます。
それをタスクバーの好きな場所に移動すれば良いのですが、ここがポイントです。
このタスクバーに固定されたショートカットは、左から順番にWinキー + 番号で起動することが可能なのです。
私は、下のようにWin + 2 で起動するようにしています。
これは、他のソフトでも同様ですので、ぜひお試しあれ。

2015010602.png



3.Fenrirでもサクッと起動

私の長年愛用しているfenrirというテキスト入力型ランチャーソフトがあります。
ここら辺を参照していただけると、分かりやすいかも。

 fenrirで高速快適ランチャ生活(前編) - 情報管理LOG
 fenrirで高速快適ランチャ生活(後編) - 情報管理LOG
 fenrirを超速化する - 情報管理LOG
 fenrirでEvernoteを検索する! - 情報管理LOG

このfenrirにインスタンドコマンドという機能があって、例えば
 /n
と入力すると、メモ帳が起動するというような感じです。
私は、
 /f
でFastnoteが起動するようにしています。

2015010604.png




4.マウスでもサクッと起動

これも、オススメのランチャーソフトで、Orchisという起動するという方法です。
こちらに関しては、以下のブログが詳しいです。

Orchis(オーキス)で自由に呼び出せるオリジナルショートカットメニューを作ろう!



【ITサービス】現時点で最高峰のファイラー&ランチャー!「Orchis(オーキス)」が壮絶便利!! | 快適風味



私は、マウスのスクロールボタンをクリックすることで呼び出すように設定しています。

こんな感じで立ち上がって、クリックするだけ!
2015010605.png



FastnoteでPCでも快適ライフログ生活を!

Fastnoteを開発してくださったvalinstさんには、ものすごく感謝しています。
スマホでもPCでもタブレットでも同じ事ができるというのは、ありがたいですね。
というわけで、皆様も快適なライフログ生活を!

Fastnoteをバージョンアップしました。 - valinstの日記



2014年に買って良かったアプリ(自分用まとめ)

2015010501.png


 前回は、買って良かったモノをまとめてみましたが、今回は買って良かった「アプリ編」です。
というわけで、実際に自腹を切った有料アプリで使い勝手ありなアプリを紹介いたします。
あくまで、自分用のまとめとして使っているので、「なんで、そんなアプリを…」と思いながら見てもらえたらありがたいです。


  
【2014年に買って良かったアプリ(自分用まとめ)】  
 1.仕事関係(仕事効率化)
 2.ユーティリティ
 3.テキスト関係
 4.ランチャー系
 5.写真・動画系
 6.ソーシャル系
 7.Evernote関係





※App Storeのカテゴリとは、一致しないものもありますが、自分的な運用方法としてまとめてます。

1.仕事関係(仕事効率化)

Staccal
Staccalは、一日中ほぼ立ち上げっぱなしにしているアプリの一つ。
なんといっても、「見やすい」「打ち込みやすい」「見た目よし」の三拍子そろったカレンダーアプリです。KickCalとか、カレンダー入力補助系アプリも使っていましたが、今では結局これ1本で済ませています。
Staccal - 11種類レイアウトの高機能カレンダー 2.3.2(¥200)App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: gnddesign.com - Go Ando(サイズ: 13.5 MB)



ListBook
ListBookは、毎週繰り返す定期的なタスクを入れています。また、出張やキャンプなど出かけたりするときの準備リストなどもこれで監理しています。
一括でチェックを外せるのが、ラク!
ListBook - Lists done right 5.1.1(¥300)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: noidentity gmbh - noidentity gmbh(サイズ: 2.4 MB)



PDF Expert 5
これは、愛用しているDocumentsのサポートアプリとして購入しました。
PDF への書き込みや、PDF化など多機能です。でも、ちょっと高い…。
PDF Expert 5 - Fill forms, annotate PDFs, sign documents 5.2.2(¥1,000)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Readdle - Igor Zhadanov(サイズ: 65.1 MB)



連絡先+
iPhoneに元から入っている連絡先は、どうも使いにくいというのを、ほぼ解消してくれました。アドレス関係のアプリをさまよって、やっとここに落ち着きました。
連絡先+ 1.12(¥100)App
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: SHIBUYA Masanori - MASANORI SHIBUYA(サイズ: 2.7 MB)




2.ユーティリティ

MyShortcuts
iOS8にしてから、急に使えなくなってしまったアプリ…。通知センターからアプリを起動するために使っていました。
まぁ、通知機能は、現在の方が正常な気がするのでいいか。
MyShortcuts+Viewer 1.7(¥100)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Takeyoshi Nakayama - Takeyoshi Nakayama(サイズ: 0.5 MB)



wipewrite
日付関係のコピーで使用しています。
これも、ほぼ毎日使っています。
実は、コピーした文字列をタグで囲むとかの機能もあるのですが、使ってないな。
wipewrite 2.1.2(¥200)App
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Takahiro Ishihara - Takahiro Ishihara(サイズ: 2 MB)



iworkspace
毎朝、必ず自動的に起動させているアプリ。
毎朝必ず立ち上げるアプリを自動で連続して立ち上げをやってくれます。朝のタスクが、かなり軽減しました。
iWorkspace 1.9(¥300)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Takeyoshi Nakayama - Takeyoshi Nakayama(サイズ: 0.8 MB)



workflow
昨年末に登場したiPhoneを自動化する脅威のアプリ。
今は、まだノウハウの蓄積がまだまだですが、これから面白くなってくるアプリだと思います。
私は、帰るメールや、Evernoteへの追記などに使っています。これについては、後日記事にする予定。
Workflow: Powerful Automation Made Simple 1.0.1(¥300)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: DeskConnect - DeskConnect LLC(サイズ: 17.8 MB)




3.テキスト関係

Textforce for Dropbox
テキスト編集の鉄板アプリ。
Dropboxと連携しているので、PCで書いた続きをiPhoneで、とかが簡単にできます。ブログの下書きや、仕事の文章の下書きなどこれでやることが多いです。
テキスト編集 Textforce for Dropbox 3.0.4(¥300)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Yutaka Yagiura - Yutaka Yagiura(サイズ: 2.5 MB)



ATOK for iOS
待ちに待ったiOS版のATOK。
しかし、Appleの意地悪(?)のせいでインライン入力ができない、単語登録がPCと同期されない、など散々な評判になってしまいました。
でも、最近では擬似的にインライン入力に対応したりと、着実に進化しています。
このブログもATOKで執筆してます。
早く単語登録の同期機能をアップデートしてほしい。
ATOK for iOS 1.2.1(¥1,500)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: JUSTSYSTEMS CORPORATION - JustSystems Corporation(サイズ: 70.3 MB)



TextExpander
スニペットと呼ばれる文字列を打つと、登録しておいた文字列に置き換えてくれるという魔法のようなアプリ。
でも、使えないアプリも多いです。
TextExpander 3だったら解決されているのかなぁ?
ちょっと高いので、様子見してます。
誰か教えてくれると嬉しいです。
TextExpander 3 + custom keyboard 3.2.2(¥500)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: SmileOnMyMac, LLC - SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 23 MB)




4.ランチャー系

quicka2
これもほぼ毎日使っています。
検索の入り口は、quicka2からという感じで、webからマップ、辞書までここに入力すれば解決です。
Quicka2 - 検索を快適に 1.3(¥100)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Koichiro OCHIISHI - Koichiro OCHIISHI(サイズ: 0.9 MB)



Launch center pro
鉄板のランチャーアプリ。
高機能過ぎて使い切れてない感がすごいですが、アプリの起動や、前述のworkflowに渡してメールを作成したりとか、とにかく便利に使ってます。
Launch Center Pro 2.4.1(¥300)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Contrast - Contrast Apps LLC(サイズ: 38.2 MB)





5.写真・動画系

Spark カメラ
昨年もたくさんカメラ系アプリを試しましたが、短い動画を撮影する際は、必ずこれを使っています。
45秒という長さが、ちょうどいいのかな?
Spark カメラ 2.5.6(¥200)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: IDEO LP - IDEO LP(サイズ: 19.1 MB)



picport
実は、picportは持ってません。その前のバージョンであるPictShareを使っています。紹介しようにも。すでにAppStoreになかったので。でも、PictShareの機能強化版と考えてもらうと分かりやすいかもしれません。
私は、これで前日の写真をEvernoteに送っています。
写真のバックアップは、これとGoogle+の両方にとってます。
Picport 1.3.3(¥300)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok - 啓 Ito(サイズ: 16.1 MB)




6.ソーシャル系

Runtastic PRO
ランニングのお供。
Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキング 5.5.1(¥500)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, スポーツ
販売元: runtastic - runtastic(サイズ: 48.1 MB)



Sylfeed
Googleリーダー亡き今、Feedlyだけが頼みの綱になっています。
そんな、情報収集のための最強アプリが、Sylfeedです。
Twitter やらはてなやら様々なところと連携が、容易です。
Sylfeed 3.3.3(¥200)App
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: GACHANET - GACHANET(サイズ: 10.3 MB)



MobileVOIP
格安IP電話アプリ。ソーシャル系でいいのか??
固定電話にもケータイにもかけられます。PayPalで2000円ほどチャージしたのですが、半年以上使っても、まだ1000円以上残ってる
これで、こちらの電話番号が通知されたら、データのみのSIMに乗り換えちゃうんだけどな。
MobileVOIP 1.08.255(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
販売元: Finarea SA - Finarea SA(サイズ: 8.7 MB)




7.Evernote関係

PostEver2
日々、立ち上げっぱなしのアプリ。
ライフログは、ほぼこのアプリでとっています。Evernoteに日毎にノートが作成され、追記できます。
PostEver(前バージョン)から使い始めて、かれこれ4年目になります。
PostEver 2 - ライフログ,ToDo,日記を素早くEvernoteに記録 1.5(¥800)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Atech inc. - Atech inc.(サイズ: 4.5 MB)



情報管理LOGはこう考えた

こうやって振り返ってみると、かなり買ったなぁという印象。
実際は、さらに多くのアプリを買っているわけで。
今年もさらに使い勝手アップを目指して、色々試してみます。

2014年に買って良かったもの10選(自分用まとめ)

ブロガーの皆さんの年末年始特集に「買って良かったもの」のまとめがあります。
私の買って良かったものは、あくまで「自分的」にということで、まとめてみました。


  
【2014年に買って良かったもの10選(自分用まとめ)】  
 1.HAGLOFS CORKER
 2.NEOスーパースリッパ
 3.アシュフォードのバイブルサイズの手帳
 4.バーコードリーダー
 5.モバイルバッテリー数種
 6.セブンイレブンのタンブラー
 7.PaSoRi (パソリ)
 8.サイバーショット DSC-WX220
 9.mobus タテショルダー
 10.PIXUS MG5530 BK





1.HAGLOFS CORKER
HOGLOFSといえば、アウトドアグッズのメーカーだったりするのですが、そこで出しているバックパックがかっこいいんですよね。
あまりにも好き過ぎて、LサイズとMサイズ両方一気に買ってしまいました。
ちなみに、下の写真はLサイズの方です。

サイドが開く、というのが特徴。
2014010403.jpg

中は、こんな感じ。
結構容量があって、自分の持ち物を全て入れても余裕があります。
2014010404.jpg

自転車に乗って通勤するときには、必ず背負って行きます。
Mサイズは、手頃な大きさでどこに行くのにも便利なバックパックですね。
ちなみに、AmazonのレビューでA4が入らないと書いてありますが、私はA4の書類を入れています。





2.NEOスーパースリッパ
スリッパがとてもダサい…。そう思っていた時期が自分にもありました。
しかし、スリッパ特有の分厚い感じがなく、気軽な感じがします。また、軽く折りたためたりするので、旅行などに携帯するのにもよい感じです。JRでの移動でこれに履き替えると、楽ですよ。
20140105.jpg




3.アシュフォードのバイブルサイズの手帳
昨年の1月に購入してからというもの、iPhoneと同じく、常に携帯するものリストに入っています。

以前、Giurisノートにしてから、ずっと愛用していました。しかし、ちょっとかさばるし、重いんですよね。
そこで、A4の約半分であるバイブルサイズに切り替えたのです。と、理路整然と説明できればよいのですが、実は一目惚れで切り替えました。
アシュフォードの手帳は、前から気になっていたのですが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。
しかし、東急ハンズのワゴンセールにあるのを発見して、そのまま購入してしまいました。

「Giurisノートに切り替えた」:情報管理LOG


シグノの黒をペンフォルダーに入れて使っています。
裏に付いている、ファスナーに小物のを入れることも可能。
2014010401.jpg




4.バーコードリーダー
まぁ、個人でバーコードリーダーを持つ必要があるのかと問われれば、返答に窮するわけですけど、私的には昨年買ってかなり活躍しています。
ここら辺の利用の仕方については、後日、記事にしたいと思います。




5.モバイルバッテリー数種
昨年は、モバイルバッテリーを買いに買いました。
実は、ここに載せていないものもあります。(買って良かったモノだけ載せたいと思うので)
とにかく、スマホのバッテリー切れを起こさないようにするにはということだけを考えて、買い足した感じです。でも、モバイルバッテリーって重いのですよね。なので、用途別に使い分けているという現状です。
ちなみに、上から順番に
重さは、「軽い」→「中ぐらい」→「重い」
バッテリー持ちは、「短い(iPhone1回分ぐらい)」→「中ぐらい(iPhone2回分ぐらい)」→「長い(iPhone4回分以上?)」
です。
※iPhone換算は、自分の実測値です。Ankerのは、完全にカラになるまで使ったことがないので、予想値。

おかげで、バッテリー切れに悩まされることは、なくなりました。
また、出かけていくカバン毎に入れてあるので、常に携帯しているというのも維持されていて、大満足しています。






6.セブンイレブンのタンブラー
主に職場でご愛用中の一品。
夏場はアイスコーヒー、冬場はホットコーヒーと、コーヒー専用に使っています。
特に夏場は、氷がずっと残っていて、しかも外側に汗をかかないというのが、とても助かっています。
このタンブラーを持って、セブンイレブンで入れもらうことも可能です。
なんと言っても、デザインがシンプルで机の上に置いておいても、存在感を主張しすぎないのが気に入っています。

2014010402.jpg



7.PaSoRi (パソリ)
以前使っていたVAIOには、ICカードリーダーが付いていて、Edyの残高確認やチャージなどをしていました。しかし、それが使えなくなってしまったために仕方なく購入したもの。
ところが、いざ使ってみると、Suicaやnanacoなどの電子マネーの残高確認や明細確認などもできて、今までの何だったんだ!となってしまったものです。
家計簿が捗ります。




8.サイバーショット DSC-WX220
今まで愛用していたCanonのIXY600Fが壊れてしまったために、替わりのコンデジを探していて購入したもの。
そんなに期待していなかったのですが、Wi-Fi対応していて、これがめっぽう便利でした。
「Eye-Fiがあれば、いいじゃない。」とか思っていましたが、間違っていました。好きなときにWi-Fi をオフにできるし、カメラ側からでもスマホ側からでも転送できたりと便利きわまりないです。




9.mobus タテショルダー
これは、かなり小さいカバンです。カバンというより、ポシェット?
飲み会とかに行くときに、なるべく持ち物を少なくしたいという場面で使っています。というより、財布代わりに持ち歩くという感じですね。

大きさ的には、こんな感じです。
縦17cm、横12cmぐらいかな。ちょっとぐらいの雨ならば、全く問題なく防水してくれます。
20140106.jpg

一番の手前を開くとこんな感じ。コード類とかを入れています。
20140107.jpg

真ん中を開くとこんな感じ。ここが、とても財布っぽい。
内側のデザインは、好みの分かれるところです。自分的には、無地の方が好きだなぁ。
20140108.jpg

ちょっと、暗くて見えませんが、一番大きなものが入るところ。
ここにメモ帳やモバイルバッテリー(ELECOMの)などを入れています。
20140109.jpg

裏から見るとこんな感じ。
カラビナが付いていたり、ベルトに固定するためのモノが付いていたりして、持ち方を選びません。
20140110.jpg





10.PIXUS MG5530 BK
すでに型落ちのプリンタです。
でも、プリンタは型落ちでいいんじゃないかなぁ。あまり、機能的にも変わらないし。とにかく安いし。
無線LAN対応のプリンタというものを初めて買ったのですが、線をつながなくても使えるというのは便利ですね。
スマホからPDFを印刷したりとか、印刷する場面が広がりました。





あんまり、他の人から見ても参考にならないラインナップかもしれませんが、使い勝手が良くて気に入っているモノばかりです。それでは!

FastnoteでPCでもPostEverのようにEvernoteに追記する

私は、2011年からEvernoteにライフログを取り始めました。
なので、かれこれ今年で4年目に突入しようとしています。
その間、様々なツールを組み合わせて記録してきたのですが、最近はiPhoneのPostEverでEvernoteに記録するというスタイルでずっときていました。しかし、どうしてもPCで作業しているときにも、思いついたことをどんどん記録したいという欲望が…。
というわけで、今回はPCでもPostEverのようにEvernoteに追記できるという素敵ツール「Fastnote」の紹介です。


  
【FastnoteでPCでもPostEverのようにEvernoteに追記する】  
 1.PostEverとはとんなアプリ?
 2.PC版PostEverであるFastnote
 3.iPhoneとPC両方でライフログを更新する方法





1.PostEverとはどんなアプリ?
もはや、説明不要なぐらいのライフログアプリのど定番です。
Evernoteにどんどん追記でき、一日分のノートをまとめることができるという機能があります。また、ノートは次の日になると、新しい日付のノートとして新しく作られるので、その日に、あったことをまとめるのに、これ以上ないぐらいに便利なのです。

PostEver 2 - ライフログ,ToDo,日記を素早くEvernoteに記録
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化


2015010301.png



2.PC版PostEverであるFastnote
いつもiPhoneを触っているわけではないし、PCで作業をすることが多いので、文字を打つならばPCでやりたいというもの。
ましてや、ラフログを書くためだけに、キーボードの手を休めてまでしたくはない…。
という不満を一気に解決するソフトが、Fastnoteなのです。

新しいFastnoteの機能解説 - valinstの日記


↑こちらからインストールしてみてください。
かなり軽いアプリです。

立ち上げるとこのような画面。
ここに文字を打って、Ctrl + EnterですぐにEvernoteに送信できるのです。
この気軽さは、素敵ですね。
2015010302.png


Fastnote関係の詳しい説明に関しては、以下のブログが参考になります。


Evernoteに一撃でメモを送れるFastnoteが超絶便利すぎる | delaymania


Evernoteへ超絶簡単にメモできるFastnoteが素晴らしすぎる! | Punksteady




3.iPhoneとPC両方でライフログを更新する方法
これで、PCからもライフログを更新できる!というのは、ちょっと早いです。
いくつか設定しなくてはいけません。

まずは、Evernoteへの認証を済ませます。
歯車アイコンから設定できます。

2015010303.png


PostEverでは、デフォルトのノート名称は
「yyyy/mm/dd」
となっているはずです。
そこで、ノート名の設定もそれに合わせます。そうしないと別々のノートになってしまいます。

2015010304.png


そして、さらに重要なのが、ノートブック名の設定です。設定のキモの1つ目になります。
私の場合は、
「Lifelog」
というノートブック名なので、そのように記述します。
このときに、気をつけなければならないのが、""でノートブック名を囲うことです。

2015010305.png


ここは、好みの問題ですが、私の場合は投稿後すぐにFastnoteを終了するようにしています。
また、立ち上げ時には、IMEをONに設定し、すぐに書き始められるようにしています。

2015010306.png


設定のキモの2つ目です。
毎日、ライフログの書き始めがPostEverなのか、Fastnoteなのか決まっていない場合は、このように

<本文><改行>
<改行>

とすることで、はじめに変な改行が挿入されずに済みます。

2015010307.png


というわけで、WindowsとiPhoneどちらからでも、ライフログがとれるすぐれものツー-ルですので、ぜひお試しを!

iPhoneの画面を録画する(Windows編)

約4年の時を超えて更新再開いたします。
一発目は、iPhoneの画面をどうしたら、録画できるか?です。

  
【iPhoneの画面を録画する(Windows編)】  
 1.iPhoneの画面を録画するには
 2.Reflectorをダウンロード
 3.Reflectorの使い方






1.iPhoneの画面を録画するには
iPhoneの操作説明など、どうしても動画の方が伝わりやすいということがあるかと思います。
そういうとき、みなさんどうしていますか?
iPhoneのアプリでは時々アップされては、すぐに消されてしまうなどして、安定運用が難しい状況です。
そこで、PC側から録画しようというのが、今回の記事です。
結論から言うと、Reflectorというソフトを使うといとも簡単に録画可能です。
ちなみに、こんな風に録画できます。




2.Reflectorをダウンロード
まず、Reflectorをダウンロードします。
ここからダウンロード可能です。

Reflector Airplay Receiver - Mirror an iPhone or iPad to a Mac, PC or AndroidReflector Airplay Receiver - Mirror an iPhone or iPad to a Mac, PC or Android


右上の方にある「Try Reflector」をクリック。
このReflectorは、Mac用、Windows用、Android用とマルチに対応しています。

2015010201.png

ここは、真ん中のWindows用をダウンロードしますが、お試しとして「Trial」の方をダウンロードすると良いかもしれないです。気に入ったら、買うのも良いかもしれないです。


3.Reflectorの使い方
まず、PC上でReflectorを起動しても何も起こりません。

2015010202.png

タスクバーに待機している上体になっているのです。

2015010203.png

ここで注意しなくてはならいのが、iPhoneと同一無線LAN上になければいけないということです。
そうでなければ、以下の操作ができません。

2015010204.png

iPhone上でコントロールセンターから「AirPlay」を選択します。
そうすると、自分のPCが一覧に出てきますので、それを選択し、ミラーリングをオンにします。

2015010205.png

すると…
Windows上の画面にiPhoneの画面が!

2015010206.png

録画方法ですが、最初分かりづらいです。
なぜなら、どこにも説明がないから…。
右クリックするとメニューが出てきます。(最初、かなり悩みました)

2015010207.png

「Start Recording」を押すと録画が開始されます。
あとは、録画したい操作をiPhoneでするだけです。

2015010208.png

録画を終えたいときは、また右クリックをして「Stop Recording」を押せばOKです。

2015010209.png

録画が終了すると、自動的に保存先を聞かれますので、指定すればすぐに動画を保存してくれます。
これで、ゲーム実況もやりたい放題ですね?
さぁ、レッツ録画ライフ!

※注:Trial版は、6日間のみしか使えません。気に入った場合は、12.99ドル(1500円ちょっと)で解除できます。

該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG