TOP > ARCHIVE - 2015年03月

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

情報管理LOGが3月に読んだ、これは読んでおけっていう注目記事



  
【 情報管理LOGが3月に読んだ、これは読んでおけっていう注目記事 】  

 1.Webで話題になったこと

 2.iPhone関係

 3.経済関係

 4.Tecnical関係

 5.その他の話題になった記事






checkmark.png 1.Webで話題になったこと

変化するリーダーの資質:あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由 - @IT
3.11の日に、なぜTwitterが落ちずにいられたかという真実が明らかに。
現場の判断が、あの日の日本を陰ながら救ってくれたという話題でした。


あのドレスの本当の色 : ギズモード・ジャパン
「白と金」「青と黒」騒ぎであのドレスが激売れ 本物の「白と金」も発売へ - ITmedia ニュース
あの白と金か、青と黒かという話題のドレスネタ。
実は、青と黒だったということで、二度衝撃が。


将棋ソフトの死角をついた“ハメ手”で100万円獲得【将棋電王戦レポート】 | 日刊SPA!
羽生善治「コンピュータ将棋により人間が培った美意識変わる」│NEWSポストセブン
将棋電王戦FINALにおける異文化の衝突
電脳戦関係の話題。
まさに今生きているこの時代が、一番面白いところをリアルタイムで見られる幸せ。
人間が、必敗と言われる電脳戦において、ぎりぎりのラインでしのぎを削る棋士と技術者のどちらの話もとても面白いです。


これ、やってませんか?ブルーレイディスクを不織布ケースで保管していると…
あ、これやってました…。


Googleが数ヶ月以内に通信キャリアになることが明らかに、気球とドローンでいつでもどこでもネットOKの驚愕の未来像とは? - GIGAZINE
紛争地域やネット切断された場所でも、ネットにつなげられるかもしれないということですよね。


Appleのイベント総括:Apple Watchの価格、新型MacBook、HBO Nowの要点 - TechCrunch
そういえば、新型MacBookの発表があったのも、今月でした。MacBookAirとの棲み分けどうするんだろう?と思わないでもないです。


日本の中学生のPC保有率が世界で図抜けて低いことはどういう結果になるか | More Access! More Fun!
日本の場合、家族で共有というパターンが多そうな気もしますが、ゲーム機やスマホを与えるよりは、良いような気もするな。






checkmark.png 2.iPhone関係

DeNAの無料通話アプリ「comm(コム)」がサービス終了へ - ねとらぼ
まぁ、そうだわなという印象。


Dropbox、グループ機能を追加--複数メンバーで特定フォルダにアクセス - ZDNet Japan


iPhone向け「Google Calendar」 がリリース - CNET Japan
使ってみて、記事にしました。

Googleカレンダーのアプリを試してみた - 情報管理LOG
Googleカレンダーのアプリを試してみた - 情報管理LOG




たすくまというタスク管理アプリを200日ほど使い続けてわかったこと | ごりゅご.com
タスクシュートをするアプリである「たすくま」というアプリについて。
人が本当に自由に使える時間というのは、すごく少ないのが分かります。


Facebook、「Messenger」に手数料無料の送金機能を追加 | マイナビニュース
少額決済や少額送金というインフラをどこが担うのかという争奪戦が始まっています。


もはやEvernoteを超越? OneNoteがすごすぎる《戸田覚「iPhone仕事術」》
OneNoteは、気になっています。


iOS 8の通知センターに各種ショートカットを登録出来るアプリLauncherが復活!! | 気になる、記になる…
Launcherが、出た瞬間に導入しました。そのあと、すぐにリジェクトされたのですが、未だになんであれがダメだったのか、よく分かりません。
でも、まぁめでたい。





checkmark.png 3.経済関係

日本郵便、封筒型郵便の普及版を半額の180円で ヤマトのメール便廃止ニーズ奪う - 産経ニュース
メール便がなくなるのは、かなりキツイです。そろそろ、こういう規制やめればいいのに。


タイでの最低月給は日本人の国内初任給平均を上回った!タイで働くほうが日本より給与が高いってほんと? | タイの不動産と保険のことならグロビジ
ちょっと、ミスリード感はあるものの、いつまでも日本が覇者ではないということを認識するのには、良いかもしれません。


クラウド会計ソフトで保有クレジットカードの利用履歴を同期したら、各カード発行会社のネット明細書に対する本気度が見えてきた話。 - クレジットカードの読みもの
クレジットカード会社によって、ネット対応にかなり差がありますよ、という記事。


公共交通を無料にしたら、という社会実験の結果 « WIRED.jp
まぁ、日本の場合、すでに朝の時間帯は、キャパをオーバーしているので、意味がなさそうですけどね。


“電気を使わない”自動ドア|NHKニュースおはよう日本|NHKエコチャンネル
2011年の記事みたいなのですが、なぜ今頃!?
でも、このスムーズな動きは、どんどん取り入れてもいいような気がします。


ママチャリ価格の上昇が止まらない理由 | 週刊東洋経済(経済・政治) | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
中国の人件費が上がったから。ただ、それだけ。


旅行を格安に!LCC国内線8社のサービス比較とLCCを使うメリッ
ト・デメリット - ノマド的節約術

かなり徹底比較しています。参考にしましょう。






checkmark.png 4.Tecnical関係

Ajaxを劇的に簡単にするReact.js – @masuidrive blog

ポートに挿すとPCを物理的に破壊してしまう驚異のUSBメモリ「USB Killer」 - GIGAZINE
仕組みは、難しくないだけに、怖いです。

POLAR BEAR BLOG: クレヨンはIoTの夢を見るか
全てが、ネットに接続された未来では、クレヨンさえも受かった分だけ課金されるというデストピアな話題。

SSDにデータを書込みまくり再起不能に追い込む耐久試験で分かった信頼性に関する真実とは? - GIGAZINE
SSDの耐久性能実験から明らかになった、意外な事実。サムスン意外に強くて驚きました。どちらにしても、HDDとは、比較にならないぐらい強いことが分かりました。

定期的にバックアップしているけど、本当にリストアできるのか?:永井孝尚のMM21:ITmedia オルタナティブ・ブログ
バックアップはしているけど、いざそれが必要になったときに、リストアできるのかは検証してないよね?という記事。背中が冷えます。

Excelの最強機能"ピボットテーブル"が便利すぎ - NAVER まとめ
今までピボットテーブルが分からなかった人も、これを読めばスッキリするはず!

外出先からテレビが見られる「Slingbox」がWi-Fi対応に--再認証不要でリモート視聴 - CNET Japan
日本の著作権周りがうるさすぎて、正常な発展が阻害されている感がはんぱないですよね?

アニメーターが紙と鉛筆を捨てるとき: ACTFが予見するペーパーレス、そして「波乱」の兆し « WIRED.jp
コマとコマの間は、自動で生成されるという。
アウトソーシングしていた部分が、元に戻ってくるかもね。






checkmark.png 5.その他の記事

言い切りの言説に気をつけよう - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト
村上春樹風に書くのが流行っていますが - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト
村上春樹さんの特設サイト見ています。そのなかで行われている、質問に村上さんが答えてくれるというコーナー。毎回、名回答の数々に驚きましょう。


「夢」を追いかけるのは本当に良いこと? いろんな酔っ払いに聞いてきた - トゥギャッチ
上司の誕生日をパレードで祝う - デイリーポータルZ:@nifty
どちらもおバカ企画もの。でも、どちらも面白いです。

ガチャガチャのカプセルで作れる! たんぽぽの綿毛をペーパーウエイトにして長期間楽しむ方法 - ねとらぼ
できたものを見ると、すごく驚きます。


田中圭一のゲームっぽい日常 最近ちっとも見なくなった「赤っぽいマンガ」 | OPTPiX Labs Blog
二色刷りが、なくなったのって、フルカラーとのコストの差が無くなってきたからなのね。かなり、マニアックなお話し。


この装丁がすごい!~漫画装丁大賞~2014 【ベスト100+α】 良いコミック
知らない漫画ばかりで、驚きます。

英語で書いたブログの添削をoDeskにアウトソースしたら衝撃を受けた | うめのんブログ
英語の添削は、いちいち悩まずに、どんどんアウトソースしても良いんじゃないか?という記事。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 シンギュラリティと技術者の心意気

今月、特に注目したのは、電脳戦関係と3.11にTwitterが落ちなかったという記事でした。

シンギュラリティが、話題に上ることが多い昨今ですが、それの最前線あたりのお話しは、面白いです。
シンギュラリティって何?という人は、以下を参照のこと。

技術的特異点 - Wikipedia
技術的特異点 - Wikipedia




3.11の日にTwitterが落ちなかったのは、技術者がアクセス過多になるだろうことを見越して、ラックを上に相談する前にしたからという内容でした。やっぱり、あの日は、様々なことが綱渡りで繰り返されていたのだということが、再確認できた両記事です。
それでも、あの日、Twitterに救われた人のなんと多かったことか…。最善を尽くすということは、大事ですね。




魅力的なスタイラスペン2本の紹介

2015033000.png


  
【 魅力的なスタイラスペン2本の紹介 】  

 1.JOT SCRIPT EVERNOTE EDITION

 2.Paper 専用スタイラスペン







checkmark.png 1.JOT SCRIPT EVERNOTE EDITION

2015033001.png


スタイラスペンの有名メーカーであるADONITとEvernoteが、タッグを組んだ意欲的なスタイラスペンです。

なんと言っても、特徴は先端の細さです。
1.9mmというスタイラスペンの中では、最も細い部類を実現しています。
文字をスタイラスペンで書くときに、どうしてもその太さが気になってしまいます。しかし、これだけ細ければ、文字を書いたり、細かな表現をするにも問題なくできてしまえそうです。
2015033002.png



重さは、単四電池が入っていたりするために、22gとやや重め。
少し重めのペンが好きな人は、良いと思います。逆に軽いのではないといやという人は、ちょっとオススメできないかも。

でも、見た目は、超かっこいいです。また、金属の質感が好きな人には、たまらないかもしれないです。


EvernoteのiPad向けアプリである「Penultimate」とは、相性ばっちりです。

Penultimate
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ





今まで8000円以上もするという高級スタイラスペンでしたが、公式サイトで期間限定で現在5999円で販売しています。
しかし、Amazonだともっと安くなっていました!
送料無料で5800円。こっちで買いですね。









checkmark.png 2.Paper 専用スタイラスペン

もう一つは、以前、情報管理LOGでも紹介した53(フィフティースリー)が出しているアプリ「Paper」対応のスタイラスペンです。

Paper by fifity threeのアドオンが全て無料に - 情報管理LOG



iPad用のアプリは、こちら。

Paper by FiftyThree
カテゴリ: 仕事効率化, エンターテインメント




まずは、この動画を見てもらうと良いかも。





色は、黒・シルバー・ウォールナット(木製)の3種類です。

2015033004.png



これは、Paperで使うことを前提に作られているスタイラスペンですが、他のアプリで使用できないというわけではありません。
しかし、Bluetooth同期の簡単さや、ひっくり返して使うと消しゴム代わりになるなど、Paperで使ってこそという感じがします。

2015033003.png



私は、ウォールナットが一押しですね。







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 いつも持って歩くものだからデザインはかっこいい方がいい

スタイラスペン使っていますか?
文字を書いたり、スケッチを描いたりと、実はタブレットを使っていると、使う機会は意外に多いものです。

自分的には、一時期、手帳の代わりにならないかなぁと試行錯誤の段階で、文字なども書いていましたが、結局、普通に手帳にペンで書いた方が早いという結論に達しました。まだ、スタイラスペンの追従性能が、文字を書く速度に達していないから。

しかし、スケッチを描いたり、図で書きあらわすには、指だけではどうしても難しいのです。だから、スタイラスペンが必要になります。

今や100均でも打っているスタイラスペンですが、いつも持って歩くことを考えると、少し値段が高くても、デザイン性に優れて、使い勝手の良いものを使いたいですよね。というわけで、今回ご紹介した2つのスタイラスペンは、情報管理LOG的には、すごくオススメです。

日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.5 (総集編)

2015032900.png


さて、いよいよ日産リーフの長期モニター記事も最終回です。今回は、総評ということでまとめてみました。



  
【 日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.5 】  

 1.加速性能

 2.航続距離

 3.充電環境

 4.コスト






checkmark.png 1.加速性能

2015031205.png

まず、加速性能について。
これは、ECOモードとノーマルモードでは、雲泥の差があります。

ECOモードだと、下手な軽よりも加速性能は良くないかもしれないです。感覚としては、かなりゆっくりとした走り出しになります。ただし、一定の速度に乗ってしまえば、ECOモードとノーマルモードの違いはほとんど感じられなくなると言って良いでしょう。

ノーマルモードは、逆にものすごい加速性能があります。
公道を走る分には、一般の車よりもあるような印象です。しかも、モーターなので、「ふかす」という感覚では無く、「気づいたら、すごい速度になってた」という感覚です。「加速してやろう」と思って、アクセルを深めに踏んだら、シートに押しつけられる感覚を味わうことになります。見た目の環境重視車っぽさがゼロのきびきびとした走りをすると言えます。

最初の走り出しをノーマルモードで始めて、速度が軌道乗ったら、ECOモードに切り替えるというのが、賢い使い方なのかなぁと思いました。
通勤に使うためだったら、ずっとECOモードで良いかもしれません。






checkmark.png 2.航続距離

電気自動車で一番気になる点は、ここではないかと思います。

1.まずは結論
まず、結論から書きますと、タウン乗りだったら十分な航続距離があります。買い物や往復40kmぐらいの通勤距離なら、全く問題ないでしょう。

しかし、遠出をすると考えると、ちょっと厳しい感じがしました。少なくとも100kmを超える遠出は、正直おすすめできないです。満充電で130kmぐらい走行可能になるのですが(後述しますが、これも可変的)、坂道や発進&ブレーキを多用する状況、エアコンなどを使う状況になると、とても100kmを走りきれるようには感じませんでした。


2.ECOモードとノーマルモード
また、ECOモードとノーマルモードでは、かなり航続距離が変わってきます。20km~30kmぐらい変わります。基本は、ECOモードを主体にした方が、良い感じです。


3.坂道と回生ブレーキ
私は、坂道の多いところにドライブに行ったのですが、坂を上り始めると、一気に航続距離が短くなります。もしも、山に向かおうとするならば、全くオススメできません。
しかし、逆に下り坂では、回生ブレーキが効き、少しずつ充電されていきます。航続距離が、どんどん伸びていくのを見ると、不思議な感じになりました。
また、回生ブレーキは、通常のブレーキングでも起こります。ただし、ECOモードでは、頻繁に発生しますが、ノーマルモードではあまり起こりません。回生ブレーキが、効いているときは、ちょっと引っかかった感じがします。
ついつい、回生ブレーキで充電したくて、ソフトなブレーキを心がけるようになってしまいます。


もしも、電気自動車に課題があるとするならば、この航続距離を今後どのように伸ばしていくかだと思います。それだけで、実用性が格段に変わってくるような気がします。






checkmark.png 3.充電環境

2015032901.png

2015年春段階で日本全国に6000カ所の充電施設を拡充するとアナウンスされていたようですが、どう見ても4000箇所未満な感じが…。また、大都市圏には、充電施設が密集していますが、それ以外だとスカスカです。
上でも述べたように、タウン乗りなのでしょうね。

また、急速充電器を使っても、最低30分以上かかります。これは、充電池の性質上仕方が無いことなのかもしれませんが、気温によって、充電時間も変わってきてしまうのです。ガソリン車のように、スタンドに入って、すぐ出られる感じではありません。なので、ある程度見通しを持って、充電しておく必要はあります。

通常充電の場合だと、8時間ぐらいかかるそうなので、夜間電力での充電と考えたら良いみたいです。

さて、家庭用の充電器なのですが、200Vの電源があるというだけでは充電できません。EV用のコンセントボックスまたは、EV充電用の屋外コンセントなどを設置する必要があります。ただし、これに関しては、日産の方から、実質無料で設置してくれるとのことでした(2015年3月段階)。






checkmark.png 4.コスト

2015032902.png

1.充電コスト
ガソリンスタンドで1度充電したのですが、満充電で500円でした。
500円で約130kmならば、かなり燃費(って言わないんですよね。電気自動車の場合)は良いと思います。
もしも、夜間電力などで充電した場合は、300円ぐらいで充電できる計算です。


2.車体価格
また、日産リーフは高いイメージがあったのですが、270万~350万ぐらいの価格帯でした。まぁ、このクラスの車にしては、普通かな?

エコカー減税額、自動車税減税額、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金、などを含めた場合、30万~40万ぐらいの優遇措置があります。さらに、地方で独自に実施している補助金制度などを使うと、さらに割り引かれる可能性があります。


3.バッテリー
さて、バッテリーを積んだ自動車の宿命として、バッテリーの劣化という問題がつきまといます。ディーラーさんのお話を聞く限りでは、「10年間はもつことを前提に作っている」とのことでした。しかし、「どうしても、少しずつ性能が低下していくので、満充電時の航続距離は、少しずつ短くなっていき、70%台になるだろう」とも言っていました。もしも、日産リーフのバッテリー交換する場合は、約70万かかるそうなので、果たしてそれだけのコストをかけるだろうかと悩むところです。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 日産リーフの長期モニターは純粋に楽しいぞ

トヨタからmiraiという燃料電池車が出たり、各国で電気自動車開発が、盛んに行われたり、全自動自動車の開発にGoogleが乗り出したりと、次世代の自動車開発がスゴイ勢いで進んでいます。
車というのは、経済効果の高い商品なので、ここでブレークスルーを出したら、国が栄えるぐらいのインパクトはあります。
それぐらい、しのぎを削る激しい技術革新の最前線なんでしょうね。

さて、実際に日産リーフの長期モニターに登録してみての感想なのですが、2週間という期間、無料でしかも一切のレポートなども要求されず、さらに日産のショップで無料で充電できるという非常に美味しい企画でした。
電気自動車というものを体感できるだけでも、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

下記から、簡単にお申し込みできるので、純粋に2週間を単に楽しむというスタンスで登録しても良いかもしれません。


日産リーフを長期無料トライアル!モニターキャンペーン実施中
日産リーフを長期無料トライアル!モニターキャンペーン実施中






【 関連記事 】
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)vol.2
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.3 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.4 (装備編)


PrinterProさえあれば、何でもPDF化できるぞ

2015032800.png




  
【 PrinterProさえあれば、何でもPDF化できるぞ 】  
 1.PrinterProとは

 2.PDF化できるもの

 3.PDF化する方法

 4.他のアプリで開く







checkmark.png 1.PrinterProとは

PrinterProというのは、AirPrint対応でなくても印刷を可能にするアプリです。
実際、AirPrint対応ではないプリンタというのも、かなり多いので、すぐに印刷したいというときに助かります。このアプリとデスクトップ用のPrinterProがあれば、たいていのものをiPhoneから印刷できるようになります。

Printer Pro - 対応フォーマット 文書 メール ウェブページ クリップボード
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス



印刷の使い方に関しては、以下が詳しいので見ていただければ良いと思います。


iPhone・iPadからAirPrint未対応プリンタで印刷できるアプリ「Printer Pro」
iPhone・iPadからAirPrint未対応プリンタで印刷できるアプリ「Printer Pro」




[名作iPhoneアプリ]AirPrint非対応プリンターでもプリントできる Printer Pro - NAVER まとめ
[名作iPhoneアプリ]AirPrint非対応プリンターでもプリントできる Printer Pro - NAVER まとめ









checkmark.png 2.PDF化できるもの

さて、iPhoneでPDF化できるものですが、これがほとんどできるといって良いかと思います。
AppExtentionに対応しているアプリであれば、作成可能です。

また、アプリ上からも直接PDF化できます。
以下は、対応しているものです。
これ以外に、DropBoxやGoogleドライブなど、クラウドストレージに対応しているのも、ありがたいですね。

2015032804.png






checkmark.png 3.PDF化する方法

PDF化する方法ですが、以下のようにやっていきます。

1.PrinterProのインストール
アプリをインストールしたときに、まず「プリンタの選択」を聞かれます。「プリンタの追加」をタップ。

2015032801.png



「プリンタの選択」を聞かれるので、「PDFプリンタ」を選択しておきます。
※これは、あとからでも設定変更可能です。

2015032802.png



このようになれば、準備完了です。

2015032803.png


2.AppExtentionからのPDF化
以下は、カメラロールからのPDF化の手順ですが、基本の流れは、どれも同じです。

まずは、カメラロールにアクセスして、「選択」→好きな枚数だけ、写真を選びます。

2015032806.png


下のAppExtentionから、「PrinterProで印刷」を選びます。

2015032807.png



プリンタの選択を聞かれますが、「PDF Printer」を選びます。

2015032808.png


「その他オプション」を選ぶと、印刷設定が出てきます。
面白い設定としては、「用紙全体を埋める」です。これによって、9分割や16分割など、サムネイルを印刷することも可能になります。

2015032809.png


元の画面に戻って、「印刷」をタップすると、ほぼ一瞬でPDF化が完了します。

2015032810.png


ちなみに、AppExtention対応のアプリでしたら、ほとんど同様の手順でPDF化できます。





checkmark.png 4.他のアプリで開く

制作したPDFですが、最初、どこに保存されているのか分かりづらいので、書いておきます。

保存されたPDFは、「文章」のところに入っています。

2015032813.png


これを利用するには、右側の矢印をタップします。
これが、なかなか反応せずに、直接開いてしまう感じになってしまうので、注意です。

2015032811.png


ここから、メールに送信したり、iCloud Driveに保存できたりします。
しかし、私はもっぱら、「別アプリで開く」から、このPrinterProを出しているReaddleの万能閲覧アプリ、Documentsに送るようにしています。

2015032812.png







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 PDF化することのメリットは大きいぞ

PDF化することのメリットは、どんなデバイスでも見ることができ、複数のファイルを1つにまとめてみられるということが上挙げられます。少なくとも、アプリ固有のファイル形式ではない汎用性が、何よりもの魅力です。

今回は、触れませんでしたが、とっておきたい時刻表やら、ちょっとした記事などは、PrinterProからDocumentsへ。
そして、Evernoteへという流れで保存しています。

ほとんどのアプリからPDF化できることの恩恵は、すごく大きいですよ。





バラのお風呂は、プレゼントにありじゃないかな?

2015032700.png




先日、奥さんの誕生日にある方から、バラ風呂のプレゼントが届きました。
これが、なかなか良かったので、ご紹介させていただきます。



  
【 バラのお風呂は、プレゼントにありじゃないかな? 】  

 1.バラのお風呂はすごいゴージャスだ

 2.3000円台で購入できるぞ







checkmark.png 1.バラのお風呂はすごいゴージャスだ



皆さんは、バラ風呂に入ったことはあるだろうか?
私は、ない。いや、なかった。


先日、奥様の誕生日にバラ風呂のセットが届いたのです。
最初は、「バラの花が届いたんだ。オシャレなプレゼントだな。」と思っていたのですが、よく見ると「バラ風呂セット」と書いてあるじゃないですか。

こんな感じで届きました。

2015032701.png



「バラ風呂!?」と我が目を疑い、しばし読み込んでしまいました。

さっそく、その日の夜にご相伴させていただきました。

以下は、その時の写真です。
「数が少ない」と思われるでしょうが、1/3以下ぐらいしか入れていない状態です。

2015032702.png


実際に全部入れると、こんな感じになります。

2015032703.png



入った感想としては、めちゃくちゃゴージャスです。
バラの香りもほんのりして、かなりリッチな気分を味わえるのは、間違いないです。

ちなみに後片付けが大変なんじゃ…と思われるでしょうが、意外に花がバラバラになることもなく、簡単に片付けできました。






checkmark.png 2.3000円台で購入できるぞ

さて、このバラ風呂。その方に聞いてみたら、色々な方にもプレゼンとしていて、とても喜ばれているそうです。
「楽天やAmazonで3000円ぐらいで買えるから、また試してみて~」
とのことだったので、さっそく調べてみたら、簡単に見つかりました。

50輪ぐらいでも十分バスタブ一杯という感じになりますよ。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 プレゼント好適品かも

最初は、驚きを。
そして、実際に使ってみて、リッチでゴージャスな気分を。
そして、終わった後にすごく満足な気持ちに。

これって、プレゼントとして、最高の体験ですよね。

ぜひ、お花が嫌でなければ、気軽に、でも特別な感じでプレゼントできる好適品だと思いますよ。



CamScannerのOCRが、高性能過ぎる

2015032600.png

※注:2015年9月28日(月)現在、CamScannerの新しいバージョンでXcodeGhost対策版が出ています。

※注:2015年9月24日現在、CamScannerはXcodeGhostに感染している可能性が高く、インストールするのは控えた方が良いと考えます。以下の記事は、削除せずに残しておきます。


  
【 CamScannerのOCRが、高性能過ぎる 】  

 1.CamScannerとは?

 2.OCR機能がすごい

 3.縦書きもOCRしてみる






checkmark.png 1.CamScannerとは?

CamScanner とは、スキャナアプリです。
斜めから撮影しても、キレイに補正してくれたり、画質なども調整できるすぐれもののiOS・Androidアプリです。

“CamScanner CamScanner Free
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス




AppStoreで確認




例えば、こんな斜めからでも…
※ちなみに、かなり薄暗い中でやっています。

2015032601.png



自動的にスキャンしたい部分を判断してくれて

2015032602.png



このようになります。

2015032603.png



とても、優秀なアプリで、これだけでも1本記事が書けちゃう感じなのですが、今回はOCRについてです。





checkmark.png 2.OCR機能がすごい

さて、このCamScannerの底力とも言うべき部分としては、OCR機能がすごいことです。
まず、やってみましょう。

1つめは、横書きのものということで、うちの子どもが大好きなカレー職人の原材料の部分をスキャンしてみたいと思います。

2015032604.png



さて、やってみます。
先ほどと同じように、まずはスキャン開始!
スキャンしたい場所が、概ね範囲指定されています。
というか、どうして、そこスキャンしたいって分かった?と思えるほどの以心伝心ぶり。
OKだったら、右下の☑をタップ。

2015032605.png



すると、ほぼ一瞬で補正された画像が出てきます。
今回は、OCRをかけるので、白黒モードを指定しました。
下の方の真ん中にあるOCRという虫眼鏡のアイコンをタップします。

2015032606.png



OCRテキスト認識させるか聞かれるので、OK。

2015032607.png



すると、これもほぼ1、2秒でOCRが完了します。
認識された部分が、どんどん黄色に変わってくるのが、気持ちいいです。

さて、では認識されたテキストを見てみたいと思います。
以下が、認識されたテキストです。

2015032608.png
2015032609.png


ほぼ完璧にテキスト化されているのが分かるでしょうか?

ちなみに、失敗した部分は、
左が、原文。右が、OCR。

じゃがいも → じゃがいb
たん白加水分解物 → たん臼加水分解物
含む → 含43
西淀川区 → 西刑Ⅱ区



これ、先ほども書きましたが、かなり薄暗い中でやっています。
通常のドキュメントスキャナのOCRとは、圧倒的に状況の差があることをふまえると、かなり優秀な方だと思いますよね。






checkmark.png 3.縦書きもOCRしてみる

次に縦書きのものをスキャンしてみたら、どうなるでしょうか?
一般的にOCRは、縦書きに弱いという定説があります。OCRが、英語圏で発展してきたことを思うと、さもありなんですよね。

さて、実際にやってみます。
先ほどの「100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか」から、マイケル・サンデルの白熱教室などでも有名になった、踏切でどちらを死なせるのか?という一説をスキャンしてみます。

2015032610.png



さすがに、少し微調節が必要なので、スキャンする部分を指定していきます。

2015032611.png



整ったら、先ほどと同じ手順でスキャン→OCRの流れで行きます。

2015032612.png



気持ちよく、テキスト化されていきます。
テキスト化された部分は、黄色になっています。

2015032614.png



きちんと、何の指定もしていないのに、縦書きの文字だと判断しています(!)。
さらに、精度も見てみましょう。

2015032615.png

左が原文。右が、OCR。

選べるか? → 選べるマ
苦しい選択 → 苦しい還
時間 → 時問
向かってくる。 → 向がってくる
遠い先で → 還い先で
四0人の → 四0人の
作業をしている → 作業をしてぃる
失われる → 失ゎれる
確実だ → 硫実だ


句読点が失われがちなのと、一昔前の女子高生的な感じの表現(笑)っぽい感じになりがちでした。
しかし、これもなかなか優秀な感じだと思います。
そもそも、縦書き認識しないものも多いし。



ちなみに、テキスト化されたものは、このようにクリップボードにコピーしたり、メールで送ることもできます。
また、「開く方式」というのは、App Extentionのことです。ここから、様々なアプリにテキストを渡すことができます。

2015032616.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 とっさの時のOCR

日常でOCRを使う場面というのは、そうそう多くは無いと思います。私もたまに使うぐらいです。
しかし、「文字の打つのめんどくさいし…」というときに、サッとテキスト化できると気分的にかなりラクになれます。
少なくとも、頭の片隅に「困ったときのCamScannerのOCR」と覚えておけば、きっと助かるはずです。


今回の記事にもちょっと登場した、現在読んでいる「100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか」は、頭の体操にちょうどいい感じの本です。
様々な思考実験が載っているのですが、若干こじつけ?と思わなくもない部分もあるのですが、堅くなった脳みそを解きほぐしてくれますよ。





あと、関連本として、マイケル・サンデルの「これからの「正義」の話をしよう 」のKindle版が、すごい安くなっていて驚いたわ…。ナニコレ。





教育機関必見!Volume Purchase ProgramでiPad導入の障壁を下げる

2015032500.png



さて、前回の記事で企業や機関において、アプリを購入する際に発注書でできるようにするVolume Purchase Program(VPP)ついて書きました。
今回は、Appleが力を入れている、教育機関でもVolume Purchase Programが利用できるよ!という話です。



  
【 教育機関向けのVolume Purchase ProgramでiPad導入の障壁を下げる 】  

 1.教育機関でiPad導入が進まない理由は会計上アプリ購入が難しいから

 2.発注書でアプリや本を購入できる

 3.Volume Purchase Programに登録する

 4.教育機関向けのVPPはアプリが半額!?

 5.1つのIDで管理できる







checkmark.png 1.教育機関でiPad導入が進まない理由は会計上アプリ購入が難しいから

前回、企業や機関において、発注書によるアプリ購入の仕方について書きました。

iPadやiPhoneのアプリを発注書で購入する方法 - 情報管理LOG
iPadやiPhoneのアプリを発注書で購入する方法 - 情報管理LOG



さて、企業や機関は、内部監査さえなんとかクリアできれば、なんとかなるという側面がありますが、公的な機関である教育機関では、そうはいかないようです。
確かに公的機関でiTunesカードのような金券購入はできなさそうですよね…。
クレジットカードの利用に関しては、言わずもがな。

そういう面で、教育機関でiPadを導入したものの、有料アプリの決済手段がなく活かせていないという事例も散見されます。
例えば、こんな例。

iPhone/iPadを教育現場に導入する際の課題とは – キートン・コム Blog
iPhone/iPadを教育現場に導入する際の課題とは – キートン・コム Blog




そういう意味で、教育機関がiPad導入に踏み切れないというところもあるみたいです。





checkmark.png 2.発注書でアプリや本を購入できる

さて、前回、企業や機関において、発注書でアプリを購入できるVolume Purchase Programというものがあると紹介させていただきました。

実は、教育機関向けのVolume Purchase Programもあるのです。
これは、昨年に開始されたもので、まだまだ知れ渡ってはいないと思います。
この教育機関向けのVolume Purchase Programも、ビジネス版と同じく、発注書でも、本やアプリを購入できる仕組みです。

教育向け Volume Purchase Program
教育向け Volume Purchase Program



これを使えば、正規代理店に対して「○○アプリ40本分」という請求書や領収書も可能になるということです。
ちなみに、Apple本社の中の人に聞いたのですが、「iPadを購入した業者に『Volume Purchase Program』でお願いします」と言えば、大丈夫」とのことでした。
「もしも、代理店が把握していないようならば、本社に連絡を…」とのことでしたので、そのように対処すれば良いかと思います(というか、代理店すら把握していない場合があるのか?)。

ちなみに、発注した分のアプリは、アプリとしてダウンロードされるのではなく、アプリ購入分のVPP Creditが、メールで届くようです。






checkmark.png 3.Volume Purchase Programに登録する

教育機関向けのVolume Purchase Programに登録する方法ですが、以下から登録する必要があります。

Apple Deployment Programs
Apple Deployment Programs



ここで、注意しなくてはならないのが、教育機関のメルアドが必要になるということです。
「@edu」などの、教育機関としてのメルアドであれば、たぶん大丈夫です。逆にGmailなどのフリーメールは、基本不可です。

「今すぐ登録」かアカウントを持っている場合は、「サインイン」から。
Volume Purchase Programの「登録」をクリック。

2015032501.png


必要事項を記入していきます。
この中で確認用の連絡先や機関の詳細なども問われますが、基本的に教育機関としての所在地や連絡先を明確に書くことが求められます。
基本的に教育機関として、契約を結ぶことになります。
また、本当にその教育機関があるかどうか、確認の電話などが入る場合もあるようです。

2015032503.png




checkmark.png 4.教育機関向けのVPPはアプリが半額!?

実は、教育機関向けのVolume Purchase Programの最大の特徴は、アプリが半額になるということです。
これは、一度に購入する量が多くなる学校としても、ありがたいのではないでしょうか?


2015032504.png

ちなみに、一度に20以上購入する場合に適用されるようです。教育機関の場合に一度に100以上などという場合も多いでしょうからこれは、かなりお得ですね。
ただし、全てのアプリに適用されるわけではないので、ご注意を。
しかし、かなりのアプリが対象になっているようなので、教育に使う分に関しては、問題ないかと思います。





checkmark.png 5.1つのIDで管理できる

また、企業のVolume Purchase Programでもそうでしたが、1つのIDで全てのiPadを管理できるようになります。
それによって、配付や監視、削除などが、一括で行うことが可能になるのです。

卒業するときに、端末のアプリの一括削除や停止、そして新入生の端末に導入といった手続きが、簡単にできるようになります。端末を生徒が用意して、学校側がアプリを配付する場合などは、有効ですよね。
また、1度の購入で使い回しが効くので、予算面でも効率的です。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 あまり知られていないのがもったいない

中小企業もそうですが、教育機関でも、Volume Purchase Programがあまり知れ渡っていないように感じます。
「本当は、iPadの方が、アプリが豊富で使い勝手が良いのだけど、有料アプリの購入が大変そう…」と敬遠されているとkろが多そうな…。
色々、メリットも多いので、会社、組織、教育機関など、もっと利用するべきだと思います。

この発注書でできるという部分ですが、もっとAppleも宣伝して良いのではないかと思いました。


意外と安いような気がする。







【関連記事】
iPadやiPhoneのアプリを発注書で購入する方法 - 情報管理LOG

iPadやiPhoneのアプリを発注書で購入する方法

2015032400.png


企業や組織などで、iPadやiPhoneを支給したいけど、アプリを購入するのって、クレジットカードやiTunesカードでないと買えないんだよなぁ…。とお嘆きの皆様。
アプリは、発注書で買うことができますよ。というお話。


  
【 iPadやiPhoneのアプリを発注書で購入する 】  
 1.企業や組織でiPadやiPhone導入をためらう理由の一つは会計が難しくなるから?  
 2.Volume Purchase Programで発注書による一括購入が可能に
 3.管理者として一括管理ができるようになる
 4.適用する手順







checkmark.png 1.企業や組織でiPadやiPhone導入をためらう理由の一つは会計が難しくなるから?

2015032401.jpg

企業や組織において、iPadなどの導入の妨げになるのは「アカウントに応じたクレジットカード払いか、iTunesカードなどの金券でないと買えないのでは?」という思い込みです。
確かに会計上、コンプライアンスの関係で金券の購入がはばかられたり、クレジットカード払い(法人カードってあるけどね)をいやがる場合ってありますよね。
そのため、「iPadはすごく便利だと分かっているけど、導入できない…」と嘆いている組織も多いはずです。

さらに、「導入してもアカウント毎に管理しなくちゃいけないから、1台1台管理しなくてはいけなさそうだから管理者が大変そう…」と思い込んでいる人も多いはずです。

しかし、以下の方法を使えば、通常の物品やソフトと同じように購入が可能になるのです。しかも、管理も非常にラクになるはずです。






checkmark.png 2.Volume Purchase Programで発注書による一括購入が可能に

2015032402.png

Volume Purchase Programとは、組織単位で本やアプリを購入・配付できるようにするための方法です。
これを使えば、小規模オフィスであっても、大規模な企業であっても、発注書によって一括購入することが可能になるのです。

Apple - ビジネス - プログラム
Apple - ビジネス - プログラム




Volume Purchase Programを適用すれば、「○○アプリを40本分」というような形で、Apple正規取扱店から発注書で購入することができるのです。それによって、会計上もきちんと「発注書」「明細書」「領収書」が揃うことになり、監査上問題ない形になるのです。






checkmark.png 3.管理者として一括管理ができるようになる

2015032403.png


台数が増えてくると、1台1台に対して、アカウント毎に色々設定しなくてはいけないことが増えてきて、破綻してしまいそうなイメージがあります。
また、アカウント毎にアプリを入れたり、設定したりという手間を考えると、管理者の業務負担はかなりのものになってしまいます。

しかし、Device Enrollment Programを適用すると、購入だけではなく、管理しているiOS端末を一括管理し、アプリの配付や無効化ができるようになります。

しかも、いちいちデバイスに触れることなく、様々な設定やフィルタリングなどの監視、アクティベーションなどの管理などを、一括して行うことができるようになるのです。






checkmark.png 4.Volume Purchase ProgramやDevice Enrollment Programを適用する手順

Volume Purchase ProgramやDevice Enrollment Programを適用する手順としては、以下のようにします。

1.DUNSナンバーを申請する
まずは、DUNSナンバーを申請する必要があります。
DUNSナンバーとは何かというと


The Data Universal Numbering System (D-U-N-S®)、1962年にD&Bが開発した9桁の企業識別コードのことで、世界の企業を一意に識別できる企業コードです。D&Bが独自に管理をしており、日本企業についてはTSRが運営しています。D-U-N-S® Numberを用いることで、データベース上での企業の識別が容易になるため、顧客管理や、調達先管理、さらには各企業が運営する様々なプログラムで活用されています。


日本では、東京商工リサーチというところが請け負っています。

Duns Number Search
Duns Number Search




ここで、登録を行っていることが前提になります。
\10,500でできるようです。



2.所属する組織の登録
次に、こちらにアクセスして、組織の登録を行ってください。
ここで、所属する機関や組織の詳細を登録し、それが実在するものであることを確認していきます。
そして、Apple Deployment Programの専用アカウントを作成します。
これが、管理アカウントになります。

Apple Deployment Programs
Apple Deployment Programs






3.管理者アカウントの追加とデバイスの管理
実際に管理を担当する方の管理者アカウントを追加します。
さらに、管理するデバイスを追加していきます。



これで、準備は終了です。
意外に簡単…かな。



あとは、ビジネス向け Volume Purchase Programのサイトにアクセスし、アプリの購入などを行うことができます。


ビジネス向け Volume Purchase Program
ビジネス向け Volume Purchase Program





ちなみに、購入についてですが、管理者アカウントによって、Volume Purchase Program Credit(VPP Credit)を購入し、それでアプリを購入するという流れになります。
発注書による購入の場合は、Appleの正規代理店に(VPP Credit)をアプリ名と購入金額分を告げて、購入すれば可能になるという仕組みです。
これで、会計上問題が無くなりますね。

詳細に関しては、下記を参照してください。

images.apple.com/jp/business/docs/VPP_Business_Guide_JP_Aug2014.pdf
images.apple.com/jp/business/docs/VPP_Business_Guide_JP_Aug2014.pdf







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 意外に知られていないVPP

たぶん、大企業などで、大量購入されているところは、すでにご存じのことだと思うのですが、中小企業や機関でこの制度を活用されているところは、案外、少ないのではないかと思います。

アプリを導入したり、管理したりする障壁が下がるこのVolume Purchase Program(VPP)やDevice Enrollment Program(DEP)を利用しない手はないと思いますよ。

さて、この記事には、続きがあります。
次回は、教育機関でもVolume Purchase Programが利用できるよ!
ということについて、書いていきたいと思います。



日産リーフの長期モニターに登録してみた(装備編)vol.4

2015032300.png


日産リーフの長期モニターに登録したという記事を書いてきましたが、第4回目の今回は、装備関係の中のBluetoothの接続関係を中心に見ていきます。


  
【 日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.4 (装備編) 】  
 1.Bluetoothへの接続の仕方
 2.音楽の再生 
 3.ハンズフリー機能






checkmark.png 1.Bluetoothへの接続の仕方


ナビの真上あたりに、「Bluetooth」と書かれていたので、「これは絶対に試さなくては!」と思っていました。
今回は、Bluetooth接続関係を中心に取り上げます。

日産リーフでのBluetoothのつなぎ方ですが、以下にようにやっていきます。

ナビについている「メニュー」を押します。
すると出てくる画面は、こんな感じ。
この中の「設定」をタップ。

2015032301.png



「Bluetooth」をさらにタップ。

2015032302.png



メニューの中の「機器登録」をタップ。

2015032303.png



「登録するBluetooth機器は携帯電話ですか?」と聞かれるので、「はい」をタップ。

2015032304.png



このような画面が出てくるので、今度はiPhone側の操作をします。

2015032305.png



iPhoneの設定→Bluetoothで、「MY-CAR」というデバイスを見つけて、接続します。
この時、パスワードを求められるので、「1234」を入力します。
※ナビの画面に出ているパスキーを打ち込む。
これで、接続が完了しました。

2015032306.png




checkmark.png 2.音楽の再生

2015032307.png


ナビでAUXにしてやると、iPhoneの音楽が流れ始めます。
こりゃあ、便利だ。
わざわざ、外付けでなくても、Bluetooth機器が使えるというのは、いいですね。


ちなみに、車の電源を落とすと、iPhone側の音楽も自動的にストップします。
さらに、再び乗り込んで電源を入れると、自動的に接続され、続きから再生されます。
これ、楽すぎて最高です。

今自分の乗っている車は、FMトランスミッターで音楽を聴いているので、どうしても音が悪いんですよね。
そういう意味でもすごく良かったです。




checkmark.png 3.ハンズフリー機能

2015032204.png

これは、絶対に試してみなくちゃと思っていたのが、ハンズフリー機能でした。
ハンドルの所に付いている、あの電話ボタンが使いたくて仕方が無かったのです。
というわけで、使ってみました。


通話ボタンを押すと、以下のようなメニューが出てきます。
できることは、
・電話を使う
・ゼロエミッション(充電施設の検索)
・カーウィングス(ナビゲーション)

です。

2015032308.png



さて、実際に使ってみましょう。
ここからは、全て音声でやりました。(※タッチパッドでも可能です)
「電話」または「電話をかける」と言うと、ハンズフリー通話機能になります。

2015032309.png



ハンズフリー電話帳や短縮ダイヤルは、事前に登録しておかないといけないみたいです。
今回は、長期モニターのため、断念しました。
なので、ダイヤルを選択。

2015032310.png



番号を言うと、どんどん入力されていきます。
最後に「開始」というと、通話開始します。

2015032311.png



おっ、できました!
これは、運転中にかかってきても、電話ボタンを押せば、この写真のように通話できます。

2015032312b.png


使用感としては、若干、大きめな声で話さないと、音声認識しません。
なので、同乗者がいるときは、ちょっとためらわれるかもしれないです。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Bluetoothは、標準装備でもいいんじゃないかな

今回は、日産リーフの装備関係の一つとして、Bluetoothを見てきましたが、これって他の車も標準で装備したら良いのではないでしょうか?
それとも、最近の車は、ついているのが普通なのか?

わざわざ外付けで、Bluetoothの機器を付ける必要も無いと思うんですよね。
そうそう、仕様が変わるわけでもないし、音楽程度の使用だったら、Bluetoothのバージョンが古くてもいけると思うので。
車会社の中の人がいらっしゃいましたら、ぜひご検討を。

【 関連記事 】
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)vol.2
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.3 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.4 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.5 (総集編)


日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.3 (装備編)

2015032200.png




日産リーフの長期モニターに登録したという記事を書いてきましたが、第3回目の今回は、装備関係を中心に見ていきます。


  
【 日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.3 (装備編) 】  
 1.ハンドルウォーマーとシートウォーマー
 2.USBジャック
 3.音響関係
 4.シフトノブ







checkmark.png 1.ハンドルウォーマーとシートウォーマー

まずは、日産リーフの特徴ともいえるハンドルウォーマーとシートウォーマーです。
リーフは、電気自動車のため、電気を大量に消費するエアコンや暖房を推奨していません。後日書く予定ですが、がっくり減ってしまいます。その代わりに、あまり電気を消費せずに、快適に過ごせる仕組みとして、ハンドルウォーマーとシートウォーマーを設けているのです。

最初は、「エアコンや暖房が使えないからって、こういうのどうなの?」と思っていましたが、いざ使ってみると、評価を改めました。
これは、一般の乗用車にも搭載すべきです!


2015032201.png

まず、ハンドルウォーマーですが、寒い日の運転の場合、たとえエンジンスターターなどで暖房をオンにしていても、ハンドルは冷たいまま…ということあると思います。
しかし、このハンドルウォーマーを入れると、一気にハンドルが温かくなり、手袋いらずになるのです。
冷たいハンドルに触らなくてもいいというのは、精神的にもありがたいし、何よりも気持ちいいです。


2015032202.png

また、シートウォーマーはオンにすると背中が、ポカポカになります。
本当に寒いとき以外は、つけない方が居眠り防止になるかな?
hiとloを選べるのですが、極寒でもない限りは、hiは必要ないかもしれないです。






checkmark.png 2.USBジャック

2015032203.png


さて、コンソールあたりを見ていたら、「これ何だろう?」というような小さなプラスチックのカバーがあったので開けてみました。
驚いたことに、USBのジャックでした。
これ、最近の車じゃ普通なんでしょうか?
さっそく、iPhoneをつないでみます。すると、きちんと充電されるじゃないですか。
しかも、iPhoneの音楽まで自動で流れます。
むむ、これは、便利だぞ。

でも、電気自動車だし、充電しながらなんて、燃費が…と思う必要はないです。
iPhoneの充電ぐらいは、全く燃費(燃費じゃないよな)に影響はありませんでした。






checkmark.png 3.音響関係

2015032204.png

これは、もしかしたらグレードによって、変わるのかもしれないのですが、ハンドル周りに音響操作ができるようになっています。
2で触れたUSBジャックでiPhoneをつないで、ここで操作できます。

音質関係ですが、これが想像以上に良かったです。
たぶん、エンジン音が全くしないため、音楽がしっかりと聞こえるということと、ドアのサイドとフロントガラスの横に小さなサブスピーカーがあるため、音の広がりが感じられるためと考えられます。

ちなみに、BluetoothでもiPhoneを接続できるのですが、それについては明日の記事で取り上げたいと思います。





checkmark.png 4.シフトノブ

2015032205.png

リーフに乗って、一番気になるのは、このシフトノブですね。
このちょっと未来的なカラーリング(透明のブルーが入っている)と、ものすごく高さが低いのが特徴です。
Pを押したまま斜め上に入れるとバック、斜め下に入れるとドライブになります。
パーキングは、Pを押すだけという簡単さ。

最初は、この低さに戸惑いましたが、これは単に慣れの問題だと思います。
マニュアルでもないので、たくさん触る部分でもないので。

電気自動車特有のシフトの軽さも特徴と言えるかもしれないです。「コトッ」という感で、ちょっとボタンを押した感でシフトが入る感じは、不思議な感じです。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 明日は、Bluetooth編です

今回は、装備関係といっても情報管理LOG的に気になる点だけを見ていきました。
なかなか、他のブログでは取り上げないポイントじゃないでしょうか?

というわけで、明日は、Bluetooth編です。
車で使うBluetoothは、なかなかいいぞというところを取り上げてみたいと思います。

【 関連記事 】
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)vol.2
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.3 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.4 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.5 (総集編)




これは画期的!GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにスケジュールを一括登録する方法

2015032100.png


先日、情報管理LOGで「Googleカレンダーに一括してスケジュールを登録する方法」という記事を書きました。そして、それをGoogle+のコミュニティに書き込んだところ、画期的な展開を見せましたので、ご紹介いたします。



  
【 これは画期的!GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにスケジュールを一括登録する方法 】  
 1.Googleカレンダーは、スケジュールを一括登録できる
 2.Googleスプレッドシートにスクリプトを組み込む
 3.GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにスケジュールを登録してみる







checkmark.png 1.Googleカレンダーは、スケジュールを一括登録できる

先日書いた「Googleカレンダーに一括してスケジュールを登録する方法」というエントリーを書きました。

この記事では、GoogleカレンダーにCSVをインポートして、一気にスケジュール登録をすることができるよ、というものでした。

Googleカレンダーに一括でスケジュールを登録する方法 - 情報管理LOG


その記事をGoogle+に書き込んだところ、冬木照さんという方から

2015032101.png

「今ふと思ったのですが、スプレッドシートでスケジュールの一覧を作成してGASでカレンダーに読み込ませるスクリプト組んだらいろいろ便利なんじゃないかと
(ちょっとやってみます)」


というコメントが。

おっ?これは、とんでもないのが来る予感!





checkmark.png 2.Googleスプレッドシートにスクリプトを組み込む

ほどなくして(!)、冬木照さんから

「遅くなりましたが、一応簡単なものは出来ました
リンク先のスプレッドシートを自分のGoogleドライブにコピーしてもらえればよいかと
多分、最初だけスクリプトの実行に認証画面が出ると思いますが、承認してもらえれば実行できます
https://drive.google.com/open?id=1YhLCA1D0tzc-90puX23d60kZSCuzzlz4PwFlpOpkgAE&authuser=0

時間がかかってしまったのにはわけがありまして、バグが残っているのに気づかずに実行してしまい、「テストだよん」という予定が1000件ほど大量発生してしまいw」

※2015年05月29日リンク修正しました

という返信が。
さらに、丁寧な使い方の説明までいただきました。

では、さっそくやってみましょう。
このやり方すら、冬木さんが、丁寧に解説してくださっているので、順番を追って見てみましょう。



1.スプレッドシートのURLにアクセスする
↓これね。

https://drive.google.com/open?id=1YhLCA1D0tzc-90puX23d60kZSCuzzlz4PwFlpOpkgAE&authuser=0

※2015年05月29日リンク修正しました

2.「ファイル」→「コピーを作成」→自分用にコピーを作る
冬木照さんが作成したGoogleスプレッドシートにアクセスできるので、そこから「ファイル」→「コピーを作成」で自分のスプレッドシートにコピーします。

2015032102.png

2015032105.png



3.「ツール」→「スクリプトエディタ」
メニューの「ツール」→「スクリプトエディタ」から、スクリプトエディタを起動します。

2015032103.png


4.「実行」→「onOpen」
スクリプトエディタのメニューから「実行」→「onOpen」。

2015032104.png



5.承認画面が出たら「続行」
承認を求められますので、「続行」。

2015032106.png


カレンダーへのアクセスを求めてきますので、「承認する」。

2015032107.png


6.スプレッドシートに戻るとメニューに「自動処理」が増える
スプレッドシートに戻って、メニューの「自動処理」の中身を見ると、増えてます。

2015032108b.png





checkmark.png 3.GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにスケジュールを登録してみる

では、さっそくスプレッドシートから、Googleカレンダーにスケジュールを登録してみましょう。

1.登録するカレンダーを設定する
まずは、登録するカレンダーを設定します。

2015032109.png


2.スケジュールの入力
一括登録の実験ですので、適当な名前のスケジュールを5つほど。
スケジュール登録の際は、予定が終日であれば「終日」、そうでなければ「開始日時」・「終了日時」を入力します(両方入力すると、「終日」が優先されます)。
また、説明や場所などは、任意です。

2015032110c.png



3.自動実行でカレンダーに反映
それでは、いよいよGoogleカレンダーに反映させてみます。
「自動実行」→「作成」をクリック。すると、「スクリプトを実行しています」と出るので、しばらく待ちましょう。

2015032111.png


数秒したら、「処理状況」が、全て「完」になれば、終了です。

2015032112.png


では、確認してみます。
おおっ!きちんとGoogleカレンダーに反映されています。これは、すごい!

2015032113.png


2015032114.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これは、Googleカレンダー一括登録の革命です

冬木照さんの恐ろしく素早い動きと完璧な仕事ぶりに驚かされまくっています。
今回のスプレッドシートからのGoogleカレンダーへの一括登録は、Googleカレンダー界隈に与えた衝撃はかなりのものではないかと思っています。それぐらい、かなり画期的なワザだと思います。

そもそも、「エクセル」→「CSV」→「インポート」というまどろっこしい流れがなくなり、いきなりインポートできちゃうというのは、すごいとしか言いようがないです。

今回ご紹介したスプレッドシートのデータには、ヘルプだけではなく、Q&Aまで掲載されていますので、使い方に迷うようなことはないはずです。みなさん、ぜひ今回のスプレッドシートを使った、Googleカレンダーへの一括登録を試してみてください。
きっと、驚くはずです。



送別会・結婚式などにどうぞ!オンライン寄せ書きがスゴイ!

2015032000.png



  
【 送別会・結婚式などにどうぞ!オンライン寄せ書きがスゴイ! 】  
 1.オンライン寄せ書きサービスyosettiとは
 2.登録方法
 3.使い方
 4.メッセージを送る







checkmark.png 1.オンライン寄せ書きサービスyosettiとは

オンライン寄せ書きyosetti(ヨセッティ)
オンライン寄せ書きyosetti(ヨセッティ)




yosettiとは、オンライン上で寄せ書きを作成できるというものです。
これは、かなり画期的で、オンライン上で作成できるので、どこからでも書けるのです。
つまり、距離や時間にとらわれずに、寄せ書きを作成できるということです。

渡す方法も3種類あります。
・メールやFacebook、Twitterなどで送る
・PDFにして、メールなどで送る
・実際に印刷したものを贈る



このyosettiは、こういう人に向いているのでは無いかと思います。

□結婚式の場合、全国に友人達が散っているけど、メッセージを渡したい
□急な転勤などでみんなの寄せ書きを集められなかった
□部署が違っていたり回覧することが難しい
□転校する子に、小学校や中学校時代の友達からもメッセージを渡したい


などなど。

ありそうで、なかったサービスですよね。






checkmark.png 2.登録方法

登録方法は、2種類あります。
1つは、Facebookでログインする方法です。
もう一つは、メールで会員登録する方法です。

このように会員登録をする必要があります。
※寄せ書きを書く人は、会員登録の必要はありません。あくまで、募る人だけで良いです!
2015032001.png





checkmark.png 3.使い方

ログインして、上のメニューから「新しく寄せ書きを作る」を選びます。

2015032003.png



まずは、デザインを選びます(全部で64種類あります。※2015年3月18日段階)。
かなり、豊富にあるので、ぴったりくるのを選びましょう。
ちなみに、デザインによって、最大人数が変わってくるので、何人に呼びかけるか考えた上で、選ぶとイイかも。

2015032002.png



選んだら、「このデザインで寄せ書きを作る(無料)」をクリック。

2015032004.png



ここから、いよいよ項目の作成です。
「寄せ書きの枚数を自動的に増やす」というのは、人数が増えた場合、色紙の枚数を自動的に追加するかどうかを選べます。
誰に贈るのかとか、メインのタイトル「結婚おめでとう!」とか「祝卒業」などを書きましょう。

2015032005.png



さらに、利用目的にチェックを入れて。寄せ書きを募りたい人に、お誘いのメッセージを書きます。
最後に寄せ書きの締切日を決めたら、「この内容で寄せ書きを作る(無料)」をクリック。

2015032006.png



これで、準備は完了です。
いよいよ、呼びかけ開始です。
「寄せ書きの管理ページへ」をクリック。

2015032007.png


ここで、寄せ書きされる人の写真を追加できます(デザインによってはできないことあり)。→コアラの画像にしてみました。
下の方にある「この寄せ書きに友達を招待する」をクリック。
2015032008.png



ここから、招待のメッセージを送ることができます。
Facebookやメール。さらに、招待用ページなどを表示できます。

2015032010.png


招待された人には、こんな感じのページが表示されます。
ここから、メッセージを書き込むことができます。

2015032011.png





checkmark.png 4.メッセージを送る

さて、実際にメッセージを書き込んでみましょう。

自分のメッセージの背景色や自分の写真を追加できます。

2015032012.png



フォントの選択や文字色の選択、自分の名前、そしてメッセージを書き込みます。
これで、メッセージが集まれば、完了です。

2015032013.png



情報管理LOGへの応援メッセージを書き込める、お試し寄せ書きを作成してみましたので、試してみてください。

情報管理LOGさんへの寄せ書きに参加しよう!
オンライン寄せ書きyosetti(ヨセッティ)




さて、完成した寄せ書きは、以下の方法で届けることができます。

1.メールやFacebookなどで完成した寄せ書きのURLを送る
2.PDFデータとして、直接送る
3.プリントして届ける

引っ越しなどで「これ以上荷物が増えると…」という人には、1や2がいいかもしれないですね。
なお、結婚式などでメッセージボード代わりに、大きな寄せ書きを作成することもできます。

[新登場]特大寄せ書きボード | オンライン寄せ書きyosetti(ヨセッティ)
[新登場]特大寄せ書きボード | オンライン寄せ書きyosetti(ヨセッティ)








 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 メッセージを送りたいという気持ちが大事なのです

寄せ書きといえば手書きで気持ちを込めて、というのが一般的ですが、必ずしも全員のメッセージを手に入れることが難しいことも多いはずです。
上でも書いたように、「離れていてもメッセージは送りたい!」という場合もあるはずです。
そんな要望を叶えてくれる、このyosettiは、なかなか優れているなと思いました。




Googleカレンダーに一括でスケジュールを登録する方法

2015031900.png


先日、かなり膨大な量のスケジュールをGoogleカレンダーに登録しなくてはならないことがありました。
意外とあっさりできてしまった部分と、ちょっと手間取ってしまった部分があったので、備忘録として書いておきます。



  
【 Googleカレンダーに一括してスケジュールを登録する方法 】  
 1.CSVファイルを準備する
 2.Googleカレンダーにインポートする
 3.Googleカレンダーにインポートしたデータが文字化けする場合の対処法







checkmark.png 1.CSVファイルを準備する

まず、登録すべきスケジュールのデータを準備します。大方、大量のスケジュールを登録する場合、エクセルなどにデータがあるかと思います。
これを、カンマで区切られた、CSVにする必要があります。

ちなみに、Googleカレンダーは、以下の書式で記述しないと、認識しないので、注意して下さい。

Subject,Start Date,Start Time,End Date,End Time,All Day Event,Description,Location,Private



(参照:Googleカレンダーヘルプ)
CSV ファイルについて - カレンダー ヘルプ
CSV ファイルについて - カレンダー ヘルプ






皆さんが、使いやすいように、エクセルファイルをダウンロード出来るようにしておきますね。

Googlecalendar_Format.csv

さて、このエクセルファイルの1行目がとても重要になります。
各レコードについては、以下の通りです。

Subjectスケジュールの件名
Start Date開始日
Start Time開始時間
End Date終了日
End Time終了時間
All Day Event終日かどうか(TRUE か FALSE で記述)
Descriptionメモ
Location場所
Private公開するか否か(TRUE か FALSE で記述)


エクセルファイルをCSVにする手順は、以下の通りです。

2015031901.png

上記のレコードで必須なのは、「Subject」「Start Date」「Start Time」の3つです。
それ以外は、使う項目のみ残して使えます。

名前を付けて保存で、ファイル形式をCSVにします。
これで、オッケーです!簡単!

2015031902.png


ファイルの中身は、こんな感じ。

2015031903.png





checkmark.png 2.Googleカレンダーにインポートす

さて、いよいよカレンダーに登録します。
先ほどのCSVのファイルに4月4日に大事な会議という予定を入れます。

カレンダーの設定から

2015031905.png


カレンダーを選択。

2015031906.png


真ん中ぐらいに「カレンダーをインポート」という項目があります。

2015031907.png


ファイルの選択から、先ほどのCSVファイルを読み込みます。
その時にどのカレンダーに取り込むかも指定できます。

2015031908.png

あっさり、インポート完了です。

2015031909.png


実際に反映されているか、見てみましょう。
はい、されていました。これで、何十件、何百件ものスケジュールも登録できますね。

2015031910.png





checkmark.png 3.Googleカレンダーにインポートしたデータが文字化けする場合の対処法

さて、ここまでは、案外すんなりいった場合でした。
しかし私は、以下の症状に悩まされました。
登録したスケジュールが、文字化けしているのです。

2015031911.png


これは、文字コードに原因があるなと思ったので、確認してみました。

変更方法は、先ほどのCSVファイルを右クリック。
プログラムから開くで、メモ帳を指定します(メモ帳にファイルをドラッグしてもOK!)。

カンマ区切りのテキストファイルが見られますので、それをさらに「名前を付けて保存」します。
この時に文字コードをUTF-8に変更します。

2015031904.png


さて、これで、もう一度2でやった手順で登録してみてください。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 年間スケジュールを3月、4月に登録してしまいましょう

どんな組織でも、ある程度年間スケジュールというものがあるかと思います。
年度単位で出る場合は、サクッと年度末ぐらいには、登録してしまいましょう。
最近では、エクセルで年間スケジュールを作成しているところも多いでしょうから、今回の技でGoogleカレンダーに一発でやってしまうと、後々ラクですよ。


今年度(第35回)のSF大賞作品を読んでみた

2015031800a.png


SFが、好きでよく読んでいるのですが(ガチ勢の人からすれば全然でしょうが)、偶然続けざまに読んでいた作品が、第35回SF大賞に選ばれていたので、レビューを書いてみます。


  
【 今年度(第35回)のSF大賞作品を読んでみた 】  
 1.My Humanity
 2.オービダルクラウド







checkmark.png 1.My Humanity



長谷敏司といえば、「円環少女」シリーズや、「あなたのための物語」などで有名な作家さんです。
今回受賞した「My Humanity」は、今まで書きためていたものの作品集になります。
収録されている話は、「地には豊穣」「allo,toi,toi」「HollowVision」「父たちの時間」全部で4話。
「地には豊穣」「allo,toi,toi」は、「あなたのための物語」で使われていた、経験を伝達する疑似神経制御言語ITPを軸に描かれている作品です。


「地には豊穣」は、前述の経験を脳の中に擬似的に構成することができるITPという技術を日本語にローカライズする研究者が主人公です。近未来でも英語圏での技術開発がメインで、日本人が脳の中で経験を構成するには、日本語ベースのローカライズが必要だからというもの。まぁ、大いにありうる設定かと。
その主人公は、英語圏で開発されている仕様を日本人に違和感なく利用できるようにするために、日本人のサンプルである協力者からデータを提供してもらったり、そのデータを元に作り出したミフネ(三船敏郎からとってる?)という疑似人格を使って、ローカライズするためのコードを書いています。
しかし、どうしても自分の帰属する文化というものから乖離していると感じていた主人公が、ある日、自分自身にミフネのITPを取り込み、日本人としての文化基盤の拠り所を獲得しようとしてしまうという物語でした。
この主人公が、ミフネを取り込んだあたりから、世界のものの見方が変わってくる様は、一体どこからが自分で、どこからが再構成された経験なのか判別がつかなくなってきます。個人の人格というものの境界は、どこからなのか?ということが問われています。まぁ、人格というものは、常に変化するものだと思っているので、別に気にならないといえば、気にならないのですが。ただし、技術がもたらす、人格に与える変化というものには、敏感でありたいなとは思いました。


「allo,toi,toi」は、小児性愛者を前述のITPによって、矯正するという物語。
絶望的な凶悪悪犯罪者収容施設に収監されている小児性愛者で殺人者だった主人公に、小児性愛を矯正するためのITPを入れる実験をするというもの。
ここまでくると、一種の洗脳に近いなと思わされます。「時計じかけのオレンジ」に近いような気もします。
最終的には、とても残酷な結末で終わるのですが、そこに至る過程が、どうにも救いようがないです。


「HollowVision」は、「BEATLESS」という作品のスピンオフらしいのですが、うーん、ちょっと楽しめなかったな。でも、液体コンピュータや霧状のコンピュータというのは、ありだな。実現性って面では、分からないけど。


「父たちの時間」は、霧状の放射性物質を取り除くためのナノマシンが、次第に人間達の制御を離れて行ってしまい、取り返しの付かない状況までいってしまうという話です。主人公は、そのナノマシンの制御を研究を仕事としているのですが、どうしても家族とうまくコミュニケーションをとれず、ついつい研究と仕事に没頭してしまうという人。
次第に自分が意図した方向とは違う方向に自分の研究が使われ、それが元でさらに事態が悪化していく様は、どんな仕事をしていても、あり得る話ですよね。
霧状のナノマシンが、対抗策を施すことによって、次第に(勝手に)進化していき、しまいには一つの生物として振る舞いを始めてしまうというくだりには、なんだか「パラサイト・イブ」を読んでいる感じになってしまいました。
また、自分の息子が、そのナノマシンによって原因不明の病気にかかり、余命幾ばくもなくなっていくということによる仕事との葛藤や、オスのもつ自然界での生殖後の意味のなさなど、多重の意味で「父たちの時間」というタイトルに収斂していきます。

この本の題名である「My Humanity」=「私の人間性」というのは、この4つの話全てに共通するテーマである「人間性とは、何なのか?」ということを突きつけるタイトルでした。SFが、面白いと思うのは、もちろん技術的な未来性を予言すること、ばかりではなく、その技術がもたらすことによる「人との関わり」をも内包することの面白さかな?と思いました。






checkmark.png 2.オービダルクラウド


この本については、以前の記事でも軽く触れています。

年末年始に読んで「おっ!」となった本5選 - 情報管理LOG


この作者は、AmazonのKindleが出始めの頃に話題になった「Gene Mapper -full build-」という作品の作者による2作目です。


「オービダルクラウド」の世界観としては、本当の近未来の設定になっています。
もしも、人工衛星が、一斉に使えなくなってしまったらどうなるか?
GPSが使えないことによって、飛行機が飛べなくなるばかりか、あらゆる交通機関が使えなくなります。さらに、明日の天気も分からなくなれば、どこの国で何をしているのかという軍事的な均衡も崩れてしまいます。
実は、我々の住んでいる技術的な基盤というのは、薄氷を踏むような薄い基盤の上に成り立っているのかもしれません。
主人公は、東京で流れ星の予想サイトをやっていて、コワーキングスペースで働いています。凄腕のエンジニアの女子がいたりと、ありうる設定かと。

この作品のすごさは、前述の人工衛星に対するテロの方法です。
キューブサットのような小型の超小型テザー衛星を大量に気球で打ち上げ(!)、それを群体で管理し、人工衛星にアタックをかけることで壊してしまうという手法です。
これは、とても恐ろしいことで、今ある技術の延長線で、さらに低金額で実現してしまいそうだというところです。

また、この本のテーマの一つに、エンジニアの地域格差と報われないエンジニアはどうすべきかがあります。
前述の主人公は、東京に住み何の疑問もなく、今の仕事をやっています。しかし、そのスペーステザーを考案したイランの研究者やテロリストの白石というJAXA崩れは、今の格差のある状況をテロによって覆そうとします。イランの研究者は、地域による格差を垣間見ることによって(すごい天才なのに)絶望の淵に立ってしまいます。また、JAXA崩れのテロリストは、自分の生き場所がもはや先進国にないので、北朝鮮に協力することで、後進国のエンジニアに救いの手を差しだそうとします。

低金額で先進国に対して、テロで一発逆転を狙うというのは、追い詰められた者の発想そのものです。以前、日本の技術者が、かなり流出しているというニュースがありましたが、追い詰められたエンジニアが目指すのは、自分の技術が生きる場所であるのです。

この作品そのものは、そういう背景の暗さはあるものの、一貫してライトな語り口で進んでいきます。かなり読みやすいし、読後感は悪くないですよ。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 SFが見せてくれるものは、未来と人間の関係性かもね

もう少しライトに書評を書こうと思っていたら、思った以上に長くなってしまいました。書評ってムズイ。

私は、SFが好きでよく読みます。
テクニカルなものの未来を予言してくれるという、わくわく感も好きですが、そこから紡ぎ出される「人間とは何だろう?」という根本的な問いも好きです。
結局は、どんなにぶっ飛んだ設定であっても、根本的な問いが常についてくるような気がします。むしろ、SFという設定だからこそ、見えてくる部分ってあるよなと思うのです。

第35回SF大賞受賞おめでとうございます。
どちらの作品も楽しめますので、みなさんお時間のあるときにでも、どうぞ。




写真のバックアップをどうするか?

2015031700.png




  
【 子どもの写真のバックアップをどうするか? 】  
 1.失われてからでは遅すぎる
 2.バックアップ先
 3.どうやってバックアップするか?






checkmark.png 1.失われてからでは遅すぎる

lost-place-298762_640.jpg


先日の3月11日で大震災から4年が過ぎました。
ふと、「写真のバックアップは、どうなっていたんだったけか?」と思い、確認してみました。

我が家では、現在、小学生の子どもがいます。
子どもが生まれてきてから撮影した写真は数知れず、膨大な量になっています。
生まれる前のおなかが大きい状態から、生まれた直後の目が開いたばかりの写真など、絶対に無くせない写真やビデオが、山のようにあるのです。
これが、失われたら…と思うと、冷や汗が出ます。

自分の知り合いにも「HDDが、突如動かなくなって、子どもの写真が全滅した…。」という人もいました。

こうならないためにも、バックアップをきちんと取っておく必要があります。





checkmark.png 2.バックアップ先は?

バックアップする写真としては、以下のものが対象になります。

□デジタル一眼レフカメラで撮影した写真
□コンデジで撮影した写真
□iPhoneで撮影した写真



まずは、バックアップ先ですが、我が家では、以下の場所にバックアップしています。

□PCのハードディスク
□外付けハードディスク×3
□Google+のフォト
□Flicker
□DVD






checkmark.png 3.どうやってバックアップするか?

さて、バックアップに関しては、意識してやることと、自動でされるようにしているものの2通りで行っています。

<意識してやること>

意識してやることというのは、実際に手を動かして、やらなくてはいけないもののことです。
我が家では、以下の手順で定期的に行っています。Wunderlistに定期タスクとして、入れてあります。

□デジ一とコンデジの写真は、ある程度たまった段階で、PCのHDDに移動する
□外付けHDD(1台目)に半年に1回バックアップする
□外付けHDD(2台目)に正月にバックアップする
□2年に1回程度、バックアップのバックアップとしてDVDに焼く



<自動でされるようにしているもの>

□Googl+ Auto Backupで、マイドキュメントのピクチャーに新しい写真が入ったら、自動でアップロードする
パソコンやカメラの写真の自動バックアップ - Google+ ヘルプ
パソコンやカメラの写真の自動バックアップ - Google+ ヘルプ



□同じくマイドキュメントのピクチャーに新しい写真が入ったら、外付けHDD(3台目)に、Bunbuckupというフリーソフトで、バックアップされる
BunBackup バックアップソフト
BunBackup バックアップソフト



□iPhoneの写真は、毎朝、ほぼ自動でGoogle+が立ち上がり、自動的にGoogleフォトにバックアップされる
朝のルーチンワークをiWorkspaceで自動化してみる - 情報管理LOG
朝のルーチンワークをiWorkspaceで自動化してみる - 情報管理LOG






こうやって、冷静に振り返ってみると、クラウドストレージには、Googleしか使っていませんね。
今後の課題としては、IFTTTなどで他サービスにもミラーリングしていくような仕組み作りが、急務かも。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 バックアップを見直してみることは必要です

写真に限らず、日頃失われて困るデータというのは、けっこうあります。
それを、いかにダメージを少なくバックアップするというのは、意外に骨が折れます。
できることならば、そんなことに頭を悩ませたくはないはずです。
しかし、失われてからの方が、もっと頭を悩ませるはずです。

少しまとまった時間がとれるときにでも、バックアップを見直してみることは、将来の不安をなくすためにも大事なことです。
また、自動でできるならば、なるべく自動でやれるといいですね。





WorkflowのUpload Screenshotsは、IFTTTを超えた!

2015031400.png



以前、「IFTTTでスクリーンショットをDropBoxに送ったら捗った」という記事を書きました。
今回は、さらに簡単に、もっと便利に捗る方法についてです。



  
【 WorkflowのUpload Screenshotsは、IFTTTを超えた! 】  
 1.IFTTTでの問題点を挙げてみる
 2.WorkflowのUpload Screenshotsを導入する
 3.WorkflowのUpload Screenshotsのここがいい!







checkmark.png 1.IFTTTでの問題点を挙げてみる

以前、情報管理LOGでスクリーンショットだけをDropBoxにアップロードする方法として、IFTTTを使う方法をご紹介しました。

IFTTTでスクリーンショットをDropBoxに送ったら捗った - 情報管理LOG
IFTTTでスクリーンショットをDropBoxに送ったら捗った - 情報管理LOG




撮ったスクリーンショットが、自動でアップロードされていくので、これは、これで便利だったのですが、問題もありました。

それは、

バックグランドでIFTTTを起動させておかなくてはならない。

アップロードされるまで、しばらく待たなくてはいけない(数分程度~10分)。


というところが少しスッキリしていませんでした。
撮ったスクリーンショットは、すぐ使いたい。そして、できたら、iPhoneから消してしまいたいという欲求が高まってきました。





checkmark.png 2.WorkflowのUpload Screenshotsを導入する

そこで、自動化といえば…Workflowしかないな。
ということで、Workflowのワークフロー(これややこやしいですよね?IFTTTでいうところのレシピにあたります)を探してみることにしてみました。

Galleryの「PHOTOS」中に「Upload Screenshots」というワークフローがあるので、それをタップ。

2015031401.png



「GET WORKFLOW」で自分のWorkflowに取り込みましょう。

2015031402.png



ちなみに、「Upload Screenshots」の内部処理は、このようになっています。
※注:超長いです。タップして拡大。

2015031404.png





checkmark.png 3.WorkflowのUpload Screenshotsのここがいい!

実際にやってみましょう。

Workflowで実行すると、まずは端末内のスクリーンショットを検索して一覧表示してくれます。
必要ななスクリーンショットを選びます。複数選択可能です。

2015031405.png



あとは、自動的にDropBoxにアップロードされていきます。
Wi-Fi環境ならば、すぐに完了するはず。

最後に写真の削除するか聞かれるので、削除するならば「削除」を選択。
あとで、ちまちまスクリーンショットを探し出して、削除していた苦労がウソのようです。

2015031406.png


ここまでで、ほんの数十秒ぐらいでできます。
IFTTTでのあの待ち時間のことを考えると、自分の好きなタイミングでできるのはすごく捗ります。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 端末内の自動化はWorkflowの方に軍配か?

IFTTTは、Webサービスを組み合わせて使う分には、未だに最強なのですが、端末内の自動化と考えたときには、逆にバックグランドでの起動が必須だったり、すぐに実行されなかったりと、もたつき感は否定できません。

その点、Workflowは、端末内で実行することが前提のアプリなので、非常に快適に動作します。
今のところ、IFTTTよりもiPhone内で実行する分には、軍配が上がりそうな感じです。


“Workflow: Workflow: Powerful Automation Made Simple
価格: ¥500
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




AppStoreで確認



“IF IF by IFTTT
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




AppStoreで確認



ATOK for iOSがバージョンアップ!スタイル選択や着せ替え機能など

2015031600.png

ATOK for iOSが、またさらにアップデートです。
今回は、スタイル選択や着せ替え機能、記号や顔文字入力などができるようになりました。


  
【 ATOK for iOSがバージョンアップ!スタイル選択や着せ替え機能など 】  
 1.スタイル選択とは
 2.着せ替え機能
 3.記号や顔文字なども簡単に入力できるように







checkmark.png 1.スタイル選択とは

ATOK for iOSの設定画面に新たに登場したのが、スタイル選択です。
これは、キーボードをカスタマイズできるという機能なのです。

2015031601.png


まずは、基本のATOKのスタイルです。これは、今まで通りです。

2015031602.png


「トグル」は、標準キーボードに近いデザインです。

2015031603.png


「トグル」で「フリックのみ」「カーソルキー表示」にすると、このように変化します。
数字やアルファベットへの入力切替が、ラクになりますね。

2015031611.png


「カーソル」は、そのまんまのカーソルキーを多く使う人向けのスタイルです。
左右へのカーソル移動が、かなりラクになりそうな印象です。

2015031604.png






checkmark.png 2.着せ替え機能 

ATOKにも着せ替え機能が、つきました。
しかし、Yahoo!キーボードのように、背景に自由に画像を選べたりするのではなく、あくまで色調を変える程度のものです。
でも、シックでそういうの好きだなぁ。

設定画面です。
「自動」を選択すると、アプリによって、ホワイトとダークを自動的に切り替えてくれます。
ちなみに、下の画像は、ホワイトです。

2015031605.png


こちらは、「ダーク」です。

2015031606.png


こちらは、「ゴールド」です。iPhoneのゴールドとかに合うのかな?

2015031607.png





checkmark.png 3.記号や顔文字なども簡単に入力できるように 

2015031608.png


キーボードの「A」を長押しすると出てくる、キーボード選択に「記号」「顔文字」「絵文字」が、加わりました。

こちらは、「記号」です。
個人的には、この記号入力が一番嬉しいです。

2015031609a.png


「顔文字」は、さすがATOKという感じで、豊富な品揃えです。
顔文字専用のキーボードを使っていた人は、もういらないんじゃないかな?

2015031609.png


「絵文字」は、最近全然使っていませんが、しっかりと全部入りです。

2015031610.png






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 完成度が高まってきたATOK for iOS

先月のアップデートのATOK sync対応に引き続き、攻めの姿勢のATOKです。
徐々に完成度が高まってきた感じがしますね。

スタイル選択は、文章編集によって、使い分けるのが吉かと思いました。
個人的には、記号入力や顔文字入力が追加されたのは、ありがたいです。

今後は、ATOK Syncで、iOSと相互同期ができれば、最強かな?
今後のバージョンアップが、楽しみです。


“ATOK ATOK for iOS -日本語入力キーボード
価格: ¥1,500
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化




AppStoreで確認



【 関連記事 】
【速報!】iOSのATOKにATOK Syncキター!
iPad miniのキーボードもATOKにしたら快適過ぎる
iPhoneのキーボードをATOKにしたら快適過ぎる

Wunderlistに待望の新機能!フォルダや簡単追加など

2015031500.png



Wunderlistが、2015年3月12日に大型のアップデートを行いました。
待望のフォルダ機能や簡単追加機能など、さらに使い勝手をアップするアップデートでした。
今回は、その新機能解説です。




  
【 Wunderlistに待望の新機能!フォルダや簡単追加など 】  
 1.フォルダ機能
 2.簡単追加







checkmark.png1.フォルダ機能 

2015031501.png

今回のアップデートの目玉であるフォルダ機能ですが、アップデートしたWunderlistを立ち上げると、すぐにチュートリアルが出てきます(写真上)。
これだけで、十分伝わるような気もしますが、詳細に見ていきましょう。


リストが増えてくると、どうしてもカテゴリ毎にまとめたくなってきます。
今回のフォルダ機能は、そんな要望に応えてのアップデートでした。
このようにまとめたいリストが複数あったとします。

2015031502.png


このリストを重ね合わせると…

2015031503.png


フォルダに格納されます。この段階でフォルダ名をつけることができます。

2015031504.png


フォルダの右側の方にある「・・・」をタップすると、フォルダ名の変更やそのフォルダを解除してリストに戻すことができます。

2015031505.png


ちなみに、フォルダから複数のリストの中にあるタスクを見ることはできません。あくまで、それぞれのリストから参照するしかありません。これは、今後、要望したいことの一つですね。





checkmark.png2.簡単追加 

もう一つの大きなアップデートは、簡単追加という機能です。
下の方にある青色の+マークがそれです。

2015031506.png


青色の+をタップすると「新規リスト」と「新しいTODO」という二つが出てきます。

2015031507.png


「新規リスト」をタップするとリストの作成ができます。
この段階で共有なども設定できます。

2015031508.png


「新しいTODO」をタップすると、このような画面が出てきます。
ここから、タスクを追加することができるのです。

2015031509.png


期限やリマインダーもここから設定できます。
これは、とてもありがたい!

2015031510.png

2015031511.png


さらに、今回のアップデートでさらにビックなのは、予定を自動で認識してくれる機能です。
このように「日曜日午前8時にゴミ捨て」というようにタスクを追加すると…

2015031512.png


「ゴミ捨て」というタスクに対して、期日とリマインダーが自動的にセットされるのです。

2015031513.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 より直感的になってきた印象

もともと、かなり使い勝手の良いタスク管理アプリですが、さらに直感的に操作できる良さがパワーアップしてきた印象です。
iOS標準のキーボードであれば、音声で「3月28日送別会」でタスクを追加すると、同時に期日やリマインダーまで追加できたりと、大変優秀なタスクアプリになってきた感じがします。

私的には、リストをあまり作成する方じゃないので、+ボタンをタップした段階ですぐにタスク入力できると、より直感的で良いのになぁと思いました。


“Wunderlist: Wunderlist: To-Do List & Tasks
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス




AppStoreで確認




日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)vol.2

2015031200.png




前回、日産リーフの長期モニターに登録について書きました。
今回は、実際に乗ってみての感想です。

日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記) - 情報管理LOG
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記) - 情報管理LOG




  
【 日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)vol.2 】  
 1.走行前の確認
 2.走り始めてみる
 3.ECOモードのオンオフによる違い







checkmark.png 1.走行前の確認

まず、走行前にバッテリーの残容量の確認をします。
担当の方が、前の日に満充電にしてくださったとのことで、130km航続可能と表示されていました。
この航続可能距離というのが、ガソリン車との大きな違いです。ガソリン車の場合は、ガソリンの残容量のが示されますが、逆に航続可能距離は表示されません。
電気自動車は、バッテリー容量よりも、航続可能距離というのが重要になってくるのです。航続可能距離というのは、現在のバッテリー容量でどれぐらい、連続走行可能かという意味です。

これが、メーター類なのですが、とても独特ですよね。
実は、ここの読み取りが、リーフにとっては大事だということが分かりました。

2015031201.png



①は、バッテリー容量計です。
これは、どれぐらい充電可能かということを示しています。どういうことなのかというと、バッテリーなので、温度などによって、充電可能な容量が変わってくるのです。例えば、非常に寒いと、そもそもの充電可能な容量が、少なくなってしまったりするわけです。

②は、バッテリー残量計です。
これは、そのまんまで、現在、バッテリーがどれぐらい残量があるかが分かります。後述しますが、ものすごく可変的です。

③は、航続可能距離です。
バッテリー残量計と連動していますが、あとどれぐらい走行可能か?ということが距離として示されています。写真の場合は、132km航続可能ということですね。

④は、パワーメーターというものです。
これこそ電気自動車!ともいうべきものなのですが、出力と回生を表しています。「POWER」と書かれている方向に振れると、エネルギーを消費していることを示します。そして、リサイクルマークっぽい方向に振れると、今度は回生といって、発電されている状況を表します。坂道やブレーキを踏んだときに、充電されるという仕組みなのです。

⑤は、バッテリー温度計です。
先ほどいったように、温度によって満充電の容量が変わってきたり、航続可能距離も変わってきたりするので、意外に重要。


こちらが、速度計です。
シンプルな数字のみの表示になります。

2015031202.png






checkmark.png 2.走り始めてみる

さて、実際に走ってみます。
ブレーキを踏んだまま、電源ボタン(!)を押すだけで、起動します。
エンジンではないので、静かだろうなとは予想していましたが、本当に無音です。
起動時に「ピロリ~ン」というような音が鳴るだけで、本当に動くのか心配になるぐらいです。

2015031203.png


セレクトレバーは、アーケードゲーム機のスティックみたいな印象。
ブレーキを踏みながらPを押して、下方向に「コトッ」と押してあげるだけで、ドライブに入ります。

2015031204.png



アクセルを踏むと、小さく「ウィーン」というような、モーター音がします。
さすがに、電気自動車という気持ちになります。
かなり静音設計されているのか、それともそういうものなのかは分かりませんが、走っている間は、かなり静かでした。

ブレーキは、回生ブレーキが効いているのか、少し引っかかり感がありました。
効き過ぎるブレーキという感じなので、ちょっと慣れが必要な気がします。
静かに踏んでいくと、充電されているのが分かるので、ちょっと面白いです。

それと、印象的だったのは、速度感を感じないことです。
気づいたら、60kmだったという感じで、自分が速度を出している感じがしません。
たぶん、静音性のせいもあると思うのですが、スッと加速していく加速感というのも大きいような気もします。






checkmark.png 3.ECOモードのオンオフによる違い

2015031205.png


実は、リーフには、ECOモードと通常モードの2つがあります。
ECOモードは、発進時は急発進できず、少しずつ加速していく感じです。ブレー記事の回生も通常モードよりも多いらしく、本当にエコな走りができます。

ECOモードで走ってみると、確かにふんわりとした感じの初速で走り始めます。
そして、ブレーキは強めにかかる印象です。
下り坂時の回生も強めに入るとのことなので、坂道でさらに検証して未定と思います。

逆にECOモードを解除して走ってみます。
走り出しは、全く違います。
かなり快速な走り出しで、これぞモーターという加速感が得られます。
あっという間に60kmまで出てしまうので、驚きます。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 未来の走りなんだろうな

加速感やECOモードなどについて書きましたが、走りそのものは快適でした。
モーター音など慣れない感じもありますが、やっぱり身近に感じられる未来なんだなと思わされました。

モーターで動くというと、ついAKIRAを思い出してしまいます。

「やっとモーターのコイルが暖まってきたところだぜ」
2015031206.png


という台詞が頭をかすめてしまうところがなんとも…。

でも、ECOモードとかなんだよなぁ…という未来のイメージと現実とのギャップもまた楽しからずや。



【 関連記事 】
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)vol.2
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.3 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.4 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.5 (総集編)

Googleカレンダーのアプリを試してみた

2015031300.png




  
【 Googleカレンダーのアプリを試してみた 】  
 1.Google謹製のカレンダーアプリ
 2.カレンダービューは4種類
 3.便利だと思った機能







checkmark.png 1.Google謹製のカレンダーアプリ

GoogleカレンダーのiOS版が、2015年3月10日に公開されました。
待望のとも言うべきGoogle謹製アプリということで、かなり注目されているアプリです。

“Googleカレンダー” Googleカレンダー
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化




AppStoreで確認




Andoroidでは、もうすでにおなじみのという感じではありますが、iOSでもマテリアルデザインのアプリが堪能できるようになりました。

ダウンロードして起動すると、まずはどのアカウントをアクティブにするかを選択します。
カレンダーに反映したいアカウントを選びます。

2015031302.png


そうすると、ツアーが始まります。

2015031303.png
2015031304.png


そして、スケジュールビューの状態で立ち上がります。
※今回は、見せられない部分が多く、ぼかしがスゴイです。すみません。

2015031305.png





checkmark.png 2.カレンダービューは4種類

さて、Googleカレンダーですが、カレンダービューは、全部で4種類あります。
3つのカレンダービューと月表示の4つです。

2015031308.png



上で取り上げた「スケジュール」。
日ごとの予定が一覧で表示されます。

2つ目は、「一日」。
一日のスケジュールが、見やすく表示されます。

2015031306.png


3つ目は、「3日」。
そのまんまなのですが、3日分のスケジュールが表示されます。
終日の予定で表示されない分は、タップすると全て表示されます。

2015031307.png


4つ目は、「月表示」。
左上の月をタップすると、1ヶ月分のカレンダーが表示されます。
任意の日をタップすると、その日のスケジュールが表示されます。

2015031309.png



こうやって見てみると、1週間を俯瞰して見られるビューはないようです。
横向きにしてもダメでした。これは、ちょっと不便かな。
それと、月表示での予定の表示もないので、長期のスパンで見たいならば、きついかもしれないです。
まぁ、iOS標準のカレンダーよりは、使い勝手は良さそうですが。





checkmark.png
 3.便利だと思った機能

さて、では実際に触れてみて、これは便利だと思ったのは、以下の機能です。

まずは、マテリアルデザインの良さです。
iOSにはない独特の配色ですが、色合いとしては、とても見やすいです。
特にスケジュールビューの時に良さが発揮されるように思いました。
↓こんな感じね。

2015031312.png


2つ目は、地図表示です。
これは、他のカレンダーアプリでも、ぜひ取り入れてもらいたいと思えるものです。
スケジュールビューでも簡易的に表示されるだけではなく、スケジュール詳細でも地図表示されるので、いちいち「場所どこだっけ?」などということにはなりません。
さらに、地図アイコンをタップすると、Googleマップが立ち上がるのです。さらに、Googleマップからきちんと、コールバックされカレンダーに戻って来ることができます。ここらへんは、さすがGoogleとしか言いようのない連携っぷりです。

2015031310.png
2015031311.png




3つ目は、Gmailとの連携です。
好みの分かれるところですが、Gmailで受信した予約確認メールなどから、自動的にスケジュールが追加されるというものです。
設定→「Gmailから予定を作成」で設定できます。
いちいち、メールを見ながら、予定を打ち込む手間が省けるのが、いいですね。

2015031313.png

これは、公式画像から。
フライトの遅れを知らせるメールから、自動的にカレンダーに反映させています。

2015031314.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 まだ未完のアプリかも

さて、散々持ち上げておいてなんですが、Googleカレンダーは、まだまだ発展途上だなという印象でした。
もちろん、なかなか使い勝手の良い面もありますが、月表示でスケジュール確認できなかったり、1週間分の表示ができなかったりと、もう少し頑張ってもらえたら嬉しいと思えました。

また、ちょっと致命的だと思ったのが、ATOKのキーボードで入力ができないことです。
これは、ATOKの問題なのか、Googleカレンダーの問題かは、判別できませんが、かなり困りました。

それと、予定の入力時にサジェストで補完してくれるとのことだったのですが、全く機能していませんでした。
きっと、2バイト文字には反応しないのかな?

まだ、できたてほやほやのアプリなので、Googleのことなので、きっちりバージョンアップしてくると思われます。
さらに楽しみに待っていたいと思います。




日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)

2015031100.png


今回の記事は、日産リーフのステまではなく、リアルに長期モニター登録した体験記を数回にわたって、書いていこうと思います。良いところ、いまいちなところも含めて、ぶっちゃけ書いていきたいと思います。



  
【 日産リーフの長期モニターに登録してみた 】  
 1.日産リーフってどんな車?
 2.日産リーフの長期モニターとは
 3.長期モニターの登録方法
 4.店舗で手続きする







checkmark.png 1.日産リーフってどんな車?

日産リーフとは、バッテリーとモーターで動く完全な電気自動車(EV)です。
日本で発売されている電気自動車で有名どころといえば、三菱のi-MiEVと、この日産リーフぐらいな感じです。
まぁ、あとはTESLR(テスラモーターズジャパン)の電気自動車ぐらいかな?(ものすごく高いけど。確か800万以上だったかな)

実際に電気自動車を日常使いの車として手に入れられるとするならば、現状二択しかない状況なのです。

外観は、こんな感じ。
ちなみに、今回お借りしたのは、このブラック。

2015031101.png
2015031102.png
2015031103.png



全面から充電するようになっています。

2015031104.png


バッテリーは、座席のちょうど真下あたりにあるそうです。
なので、走行時に安定性が増すのだとか。




checkmark.png 2.日産リーフの長期モニターとは

2015031105.png



さて、そんな未来を先取りするEVですが、このリーフを2週間も無料で借りることができるというのが、「日産リーフ長期モニター」なのです。
なかなか太っ腹な企画ですよね。

実際に乗ってみて、その感触を確かめるだけじゃなく、電気自動車としての使い勝手なども検証してみるというのが、この長期モニターなのです。
じゃあ、すごいレポートとか書かなくちゃいけないの?
と思うかもしれないですが、特にそのようなこともないようです。

本当に2週間、普通に無料で借りることができるという企画みたいです。
いいのか?それで。




checkmark.png 3.長期モニターの登録方法

さて、長期モニターの登録の仕方ですが、すごく簡単です。
まずは、日産リーフのWebにアクセスし、長期モニターの申し込みをWeb上でしてしまいます。

日産リーフを長期無料トライアル!モニターキャンペーン実施中
日産リーフを長期無料トライアル!モニターキャンペーン実施中





住んでいる地域を選択します。

2015031106.png


次に自分の住んでいるあたりの郵便番号で検索。

2015031107.png


そうすると、店舗一覧がずらりと出てくるので、借りたいところを選択します。

2015031108.png


最後に個人情報を書き込みます。

2015031109.png


これだけで、仮登録は終了です。
すごい簡単に手続きが完了してしまって、逆に不安になるぐらいです。

そうすると、担当者からメールなり、電話なりがかかってきます。




checkmark.png 4.店舗で手続きする

あとは、実際に店舗に赴く日を打ち合わせてから、その日に日産の店舗に行きます。

担当の方と顔合わせを行い、リーフについての簡単な説明と、今回の長期モニターに関しての簡単な注意事項の説明を受けます。
初めての電気自動車なので、逆にこちらから色々聞いてしまいました。

長期モニターについての注意書きなどのプリント。

20150311010.png


そして、実際の契約書(というか申込書)。
えっ?これでいいの?という実に簡略な感じです。
一応、免許証のコピーは求められます。

20150311011.png


これで、完了です。
2週間の長期モニターができるというのですから、ワクワクしますね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 実際の乗り心地などは次の記事で

さて、ここまでは、長期モニターへの登録まででした。
次回は、実際の乗り心地や使用してみての感想など取り上げてみたいと思います。
2週間なので、その間に何回か気づいたことも、載せてみたいと思います。

レポートは、書かなくてラクだなぁと思ったけど、こうやって詳細に記事に書いていたら、あんまり変わらないか…という気になってきた。
まぁ、得がたい経験なので、引き続きレポートしていきたいと思います。








【 関連記事 】
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)
日産リーフの長期モニターに登録してみた(体験記)vol.2
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.3 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.4 (装備編)
日産リーフの長期モニターに登録してみたvol.5 (総集編)

Workflowのキモは、「Set Variable」だ

2015031000.png


Workflowをいじっている中で、なかなか苦戦していたのが、変数の扱いでした。
こんなことを書くと、ゴリゴリ使っている方から見たら、鼻で笑われそうな内容ですが、Workflow初心者な自分用のメモもかねての記事です。



  
【 Workflowのキモは、「Set Variable」だ 】  
 1.自分でワークフローを組むときにつまずいたこと
 2.Set Variableを使うのは、そんなに難しくない!







checkmark.png 1.自分でワークフローを組むときにつまずいたこと

先日の記事で「Workflowで前日の日付をコピーするワークフローを作ってみた」というエントリーを書きました。

私自身のプログラミングスキルは、BasicとHTMLを少々ぐらいなものなので、まぁはっきり言って、全然ないといって差し支えないと思います。
そんな自分なので、初心者の皆さんも安心して読んでください。

ワークフローで今日の日付から、日にちだけを取り出し、それをマイナス1するという部分を見てもらいたいと思います。
今日の日付を取り出すのは、そのままズバリ「Date」です。

2015031001.png


それを、「Format Date」のCustomで「dd」という形で、日にちだけを取り出しました。

さらに、「Calculate」で、マイナス1しました。

ここまでは、なんとなくできたのですが、このあとちょっと苦しみました。
これを、年月と合わせるためには、一度、変数に格納しなくては、前に進めません。
これがWorkflowのキモだなぁと思ったのが、「Set Variable」でした。

これは、Workflowにおける変数を扱うActionだったのです。
プログラマー的には、それ(jk 的な感じでしょうが、そういうレベルなのです(汗)。





checkmark.png 2.Set Variableを使うのは、そんなに難しくない!

Set Variableは、変数を定義して、その中に値を格納するという役割を果たします。

では、実際にやってみましょう。
Action から、「Set Variable」をワークフローにドラッグします。

2015031003.png


先ほどのワークフローの下に入れます。
さらに、変数として、「dd」を定義します。この文字列は、自由に設定できます。
これで、値が「dd」に格納されました。

2015031004.png



これを、使うには、出力したいところで、変数名を打ち込めば、使えます。
ちなみに、そのワークフローで使える変数に関しては、一覧から選べるように、なっているので、迷うことはないと思います。

2015031002.png




これを使うときは、変数名を使いたい場所に入れるだけで、使えるようになります。
「前日の日付をコピーする」では、TextというActionで、事前に値を格納したyymm(年月)とdd(日)を並べて、アウトプットします。

Set Variableを使うことによって、例えば、URLの後ろに特定の文字列を追加したり、Twitterにハッシュタグを追加したりということが、容易にできてしまうのです。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 実は、条件分岐も大事だったり

今回は、「Set Variable」を取り上げましたが、込み入ったことをやり始めるならば、IFを始めとする条件分岐が必要な場面も出てきます。
でも、まずは、Set Variableあたりから攻めていくことを、おすすめします。


“Workflow: Workflow: Powerful Automation Made Simple
価格: ¥700
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




AppStoreで確認





超いい加減タスクシュートで単純作業を効率化

2015030900.png


  
【超いい加減タスクシュートで単純作業を効率化】  
 1.タスクシュートとは?
 2.かなりいい加減にタスクシュートしてみる
 3.効果が上がる理由






checkmark.png 1.タスクシュートとは?

タスクシュートというのは、大橋悦夫氏が開発しているエクセル(!)のソフトです。
このタスクシュートというのは、簡単に言うと、「仕事をスムーズに効率化するための習慣をつくり出す」というものです。
タスクシュートの解説は、こちらが詳しいです(というか本家)。

タスク管理ツール・TaskChute2


イマイチ、理解しがたい表現ですが、まさにそうとしか言いようがないのです。
では、実際にどんなことをするかというと、実に簡単で、

①タスクに取り組むときに時間を計る
②それをタスクシュートに記録する
③あとで記録を見返す


と、たったこれだけです。
(まぁ、本当はその後が重要なんだけど)

さて、これで何が分かるかというと、実際に自分が取り組んでいることの実時間が「見える」ようになります。
自分自身が、思い込んでいる時間の感覚と、実際に計測して得られる時間との間には、かなりの開きがあります。

さらに、ずっと計測し続けることによって、タスクに割り当てができる見積もり時間ができるようになってくるのです。
そうすると、タスクのスケジューリングが、正確に出来るようになってきたりとか、一日に「できること」と「できないこと」の見極めが、きちんとできるようになってきます。

ちなみに、「たすくま」というタスクシュートのためのiPhoneアプリもあります。でも、3000円もするんだよなぁ。

Taskuma -- TaskChute for iPhone -- 記録からはじめるタスク管理 1.1.2(¥3,000)



AppStoreで確認







checkmark.png 2.かなりいい加減にタスクシュートしてみる

しかし、このタスクシュートという考え方は、大変素晴らしいし、賛同できるのですが、誰にでもオススメできるか?
と問われれば、自分はオススメできないです。
なぜなら、かなりこまめじゃないとできないから…。

タスクのたびに時間を計って、記録していくというのは、最初は「楽勝だろ?」と思うのですが、だんだんしんどくなってくるのです(自分は)。

しかし、あとで詳しく触れますが、この時間を計るという行為自体にものすごい効果があるのです。

さて、私が実践している超いい加減タスクシュートをご紹介いたします。

それは、
「時間を計ること」
ただ、それだけです。

しかし、それだけで、かなり劇的に成果が上がるはずです。
そして、特に単純なタスクほど効果が高いです。

記録は?記録は、とらなくていいの?
と思われるかもしれませんが、どっちでもいいです。
まずは、「計ること」が、効果を生むことを知ることが大事なのです。


道具は、時間を秒単位で計れるものだったらなんでもいいです。
ただし、ずっと表示され続けている方が、いいです。スクリーンセイバーがかかったり、ブラックアウトしないものの方が良いような気がします。
ウェブブラウザ上で動く、ストップウォッチもあるので、それを表示しながらというのも良くやっています。

大きいストップウォッチ


どこでも使えるストップウォッチとしては、これが超オススメです。
何よりもシンプルでかっこいい。







checkmark.png 3.効果が上がる理由

さて、こんないい加減でも、本当に効果が上がるのでしょうか?
ところが、これが不思議と効果が上がります。

これは、レコーディングダイエットのタスク版と考えてもらっても良いかもしれません。
つまり、計ることで、自分の時間(カロリー)を「見える化」して、意識化させるというところが、ポイントなのです。
さらに、時間を計ることで、「タイムを良くしたい」という欲が、無意識にでも働くのです。


レコーディングダイエットって何?という人は、この本を読んでください。
ダイエット本のベストセラーですが、他にも応用できるヒントが詰まってます。



実は、はまラボの中の方も、Twitterでこのようにつぶやいています。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
  超いい加減でも効果は出るぞ!

「こんなのは、タスクシュートではない!」と言われるかもしれません。
確かにそうだと思います。これは、あくまで「少しでも自分の業務改善をしよう」という意識を持った人が、とっかかりとして始めるためのものです。
この方法をやっていくと、すぐに記録を取りたくなってきますし、記録を取ると、もっと効率的にしたいという欲求も出てきます。その時に、本物のタスクシュートに出会えば良いと思っています。

何よりも、こんな超いい加減な方法でも、ちゃんと効果が出るのが面白いと思いますよ。
ぜひ、皆さんも試してみてください。



URLスキーム検索+でURLスキームをラクに使う

2015030800.png




  
【 URLスキーム検索+でURLスキームをラクに使う 】  
 1.URLスキームとは何か?
 2.URLスキーム検索+とは何か?
 3.手間がかからない感じがいい






checkmark.png 1.URLスキームとは何か?

知っている人にとっては、どうでも良いことかもしれませんが、説明すると、URLスキームというのは、iOSアプリを立ち上げるためのキーのようなものです。
iOSアプリの大半が、このURLスキームを持っています。
中には、パラメーターを渡せたりするアプリもあるので、アプリを単に起動する以上に便利な挙動をさせることができます。
iPhone使いを極めるためには、避けては通れない道ともいえるでしょう。

例えば、TumbeditでAppHtmlを検索したのちに、Textforceに渡すというようなこともできてしまいます。

(・ω・)モブログでThumbEditからiWorkspaceを起動するとアプリの移動がスムーズ! - ぴろんぱん工房
(・ω・)モブログでThumbEditからiWorkspaceを起動するとアプリの移動がスムーズ! - ぴろんぱん工房







checkmark.png 2.URLスキーム検索+とは何か?

URLスキーム検索+とは、iPhoneを使いこなす上で欠かせない、URLスキームを簡単に使えるようにするためのアプリです。
一見、初心者向きなアプリのようですが、これが意外に使えます。

URLスキーム検索+ 1.4(¥100)



AppStoreで確認



現在(2015/03/05)、1400ものURLスキームが登録されています。
メジャーどころは、大まかに押さえられているという印象です。でも、AppStore全体から見たら、まだまだかもしれません。

今までURLスキームを使う場合、このようなページでいちいち調べる必要がありました。


iPhoneアプリのURLスキーム @ ウィキ - ページ一覧
iPhoneアプリのURLスキーム @ ウィキ - ページ一覧



しかし、このアプリを使うことで、回り道をしなくても良いのが、ラクで良いです。






checkmark.png 2.手間がかからない感じがいい

使い方ですが、非常にシンプルです。
使いたいURLスキームを検索して、タップするだけ。ただ、それだけです。

2015030801.png


候補サジェストで出てくるので…

2015030802.png


タップすると、URLスキームが、コピーされます。

2015030803.png


あとは、ランチャーアプリに登録するなり、Workflowで使うなり、好きに使えば良いと思います。


ちなみに、右上にある「実行」は、選んだアプリのURLスキームを起動させることができます。まぁ、簡易的なランチャーといえなくもないかな。あくまで、おまけな感じです。

2015030804.png






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 URLスキームという概念は必要かな?

Androidから、iPhoneに移動して最初に戸惑ったのが、このURLスキームという概念でした。
「どうして、こんなにも回りくどいことをしなくちゃならないんだ?」
という思いを強く持ちました。

いわゆる裏技っぽいですよね?

本来だったら、ショートカットを整備したり、Androidのように共有機能をアプリをまたいで、簡単に使えるようになれば良いだけです。
もちろん、Workflowのようなアプリを使いこなすためには、それなりの知識が必要になるのは仕方がないとしても、通常使う分に関しては、そのような裏技を使わないと
便利になれないというのは、ユーザーを選びすぎるような気もします。
iPhoneは、初心者には優しいけど、それ以上には厳しい設計とも言えるでしょう。

まぁ、そこを楽しむというのも、一つの楽しみではあるんですけどね。




Google+を使わないのはもったいない!

2015030700.png



  
【 Google+を使わないのはもったいない! 】  
 1.Googleから突然発表されたGoogle+の分割について
 2.Google+は、ダメなSNSなのか?
 3.Google+のここがイイ!







checkmark.png 1.Googleから突然発表されたGoogle+の分割について

先日、Googleから突然Google+の分割について発表されました。
今までのSNSとしてのGoogle+を「ストリーム」、そして写真に特化した「フォト」というふうに分けるということらしいです。

確かに写真のバックアップ先としては、写真のサイズにさえこだわらなければ、無制限にバックアップできるGoogle+は、とてもありがたい存在です。

しかし、写真のバックアップ先としては、Googleが運営するPicasa Webアルバムという存在もあります。現在では、検索からでないとPicasa Webアルバムにたどり着けません。Googleのサービス群の中からいくことが難しいサービスの一つです。
それは、どうしてもGoogle+の中で取り組んでいる「フォト」とのバッティングを避けたいというGoogle側の思惑が見て取れます
なので、どうにも微妙な位置づけになっています。

また、SNSとしてのGoogle+は、盛んに言われ続けているように、イマイチ盛り上がりに欠け、アクティブユーザー数も伸び悩んでいるようです。
Googleの肝いりのサービスということでスタートし、Googleのサービス群とのシームレスな連携を図れるようにということで、かなり強引な展開をしてきたこともあったのですが、Facebookには遥かに及んでいないというのが、現状です。





checkmark.png 2.Google+は、ダメなSNSなのか?

さて、そこまで散々な言われようのGoogle+ですが、ではSNSとしての使い勝手や、使い心地はどうかというと、実は、ちまたで言われているほど、ダメな感じはありません。

むしろ、使い勝手のいいSNSといえる気がします。
アカウントは持っているけど、使ったことないという人が多いと思われるので、まずはアクセスしてみることをお勧めします。

基本的な感じとしては、TwitterとFacebookを足して、Facebook寄りにした感じです。

全体的な機能としては、「ホーム」「フォロー・サークル」「フォト」「コミュニティ」「場所」「イベント」「ハングアウト」があります。

20150307003.png



まずは、これが「ホーム」です。
自分がフォローしている人や所属しているコミュニティーのタイムラインが、ここで見られます。
「いいね」の代わりに「+1」を押して、いいねできます。コメントなどもここでできます。

20150307001.png




「フォロー・サークル」は、知り合いをフォローするというFacebook的なフォローもあれば、Twitter的なもっとゆるい感じのフォローもありという感じです。
サークルというのは、そうやってフォローした人たちをタグ付けして、カテゴライズするようなイメージです。
自分の投稿範囲もサークルごとに決めたりもできます。そういうところは、ラクですね。


「フォト」は、先ほど書いた、今回の発表のあった分割対象の部分です。
カメラロールを自動的にアップロードすることもできます。2048ピクセル以下であれば、容量を使用しないでバックアップできるので、事実上の無限バックアップが可能になります(ちなみに、動画は15分以内)。サイズもバックアップ設定で標準サイズを選んでやれば、自動的にサイズを合わせてくれるので、気兼ねせずに使えます。

20150307002.png



「コミュニティ」は、趣味や嗜好に合わせた、集まりです。
フォローなどの関係なしに、好きなコミュニティに参加できます。EvernoteやiPhoneなどのコミュニティは、活発かな。そこに、直接投稿することもできます。もちろん、複数のコミュニティに参加可能なので、自分の好きなコミュニティを検索して、どんどん入ってしまいましょう。

20150307004.png



「ハングアウト」は、Googleが提供している無料通話およびチャットです。
複数人でのテレビ電話などもできるなど、かなり使えます。
ちなみに、これは別アプリとして起動します。私は、格安電話アプリとして使っています。



ハングアウト 2.6.0(無料)



AppStoreで確認




「場所」は、今いる場所を共有できたりします。また、「イベント」は、Facebookにおけるイベントとほぼ同じです。

こうやって見てみると、SNSに必要な機能は、一通り揃っていますね。
しかも、Googleのサービス群との連携の良さや、写真の自動バックアップなど他にはない機能も備わっています。

しかし、各種の調査結果から出ているとおり、アクティブユーザー数の少なさが、最大のネックとなっています。そして、アクティブユーザー数が伸びないのは、TwitterとFacebookの良いとこ取りをしたつもりが、どちらのユーザーからも、中途半端な印象を与えてしまっていることが最大の要因ではないかと思っています。
確かにTwitterやFacebookから置き換える必要性を感じないし、新たに3つめのSNSとして運用するモチベーションがあるわけでもありません。
実に「惜しい…」と言えます。





checkmark.png 3.Google+のここがイイ!

さて、機能としては申し分ない。しかし、中途半端な存在になってしまっているGoogle+ですが、それでも、ここが良い!と言える部分があります。

昔の掲示板のような、コアな感じがある
これは、どこか気になるコミュニティーに所属し、何か投稿してみたら分かるのですが、意外にレスポンスが良いです。
きっと、Google+を使っているユーザーは、アーリーアダプター層が多いのかなぁ?
Twitterは、様々な層が入り乱れて、荒れたり、クソリブに代表されるようなレスがつくことも、しばしばです(観測範囲でね)。
そういう意味では、Google+は、まだまだ層が限定されている感じで、少ないからこその良さが感じられます。


サークルでの管理が、すごくラク
サークルというのは、「タグ」のようなものと考えると分かりやすいです。
あるAという人は、「友達」でありながら、「趣味」の面でもつながっているという場合は、「友達」のサークルだけではなく、「趣味」のサークルにも追加できるのです。
そして、サークル内限定の投稿もできるので、細かな投稿指定ができるということです。


写真が使いやすい&キレイ
写真の自動アップロード機能を使っていれば、ほとんど意識することなく、どんどんバックアップされるので、写真を使った投稿をするときは、ほぼシームレスに行うことができます。
さらに、ストリームでの写真表示が、Facebookよりも大きく、かなりキレイに表示されます。写真をやっている人で、Google+をやっている人が多いというのもうなずけます。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 コアなやりとりができる楽しさ

Google+は、確かにアクティブユーザー数は少ないかもしれません。しかし、集まってきている人たちは礼儀正しくて、コアな感じの方が多い印象です。
なので、人数の少なさを嘆くよりも、その中で何を得るのかということで考えると、利用すべきだと思います。

「フォト」と「ストリーム」を分けていくという判断が、どう転ぶかは不透明ですが、さらに使い勝手を高めてくれる方向で改善して欲しいですね。


“Google+” Google+
価格: 無料
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング




AppStoreで確認






iWorkspace で朝のルーチンワークを自動化してみる ver2.0

2015030500.png



2月22日の記事で朝に必ずiPhoneで行うルーチンワークを、なるべく自動化してみるという記事を書きました。

朝のルーチンワークをiWorkspaceで自動化してみる

そこから、先日の「Workflowで前日の日付をコピーするワークフローを作ってみた」という記事で取り上げたワークフローを用いて、さらに朝の定型ルーチンワークを簡略化してみました。



  
【iWorkspace で朝のルーチンワークを自動化してみる ver2.0】  
 1.朝のルーチンワークを振り返る
 2.前日の日付をコピーしてWunderlistを立ち上げるまでをWorkflowでやる
 3.WorkflowをiWorkspaceに登録する
 4.ビフォー・アフター






checkmark.png 1.朝のルーチンワークを振り返る

2015030501.png



私が、朝にiPhoneを使って行っているルーチンワークは、以下の通りです。
今のところ、これで落ち着いている感じです。

①カレンダーを立ち上げて、Googleカレンダーと同期を確実にする
 ※これは、iPhoneの標準のカレンダーが、Googleカレンダーと同期されないことがあるため。一度立ち上げておくと確実に同期がとれるからです。

②Google+を立ち上げて、カメラロールを自動アップロードする

③copydateで、今日の日付をコピーする

④Wunderlistを立ち上げて、昨日完了したタスクをメールで送る

 ※この時に先ほどコピーした日付をタイトルにペーストしておく

⑤Pictshareを立ち上げて、昨日の写真をEvernoteにまとめて送る

⑥Pictshareで送り終わったら、Evernoteを起動するか聞かれるので、Evernoteを立ち上げる

⑦Evernoteの同期作業をさせて、未同期がない状況にしておく

⑧AutoEverを立ち上げて、自動的にフォルダ分けやタグ付けをさせる

⑨一連の動作で立ち上げたアプリのうち、不必要なアプリを終了させる

⑩SySightをURLスキームで立ち上げて、メモリを解放する



この中で③~④の流れを自動化できないかとやってみたのが、「Workflowで前日の日付をコピーするワークフローを作ってみた」というエントリーでした。
さて、これを実際にiWorkspaceに組み込んでみます。



checkmark.png 2.前日の日付をコピーしてWunderlistを立ち上げるまでをWorkflowでやる

以前のエントリーで「Workflowで前日の日付をコピーするワークフローを作ってみた」という記事を書きました。


これを、使って、Wunderlistを起動するところまでやってみたいと思います。
以下が、更新版のワークフローです。
※注:超長いです。

2015030502.png





checkmark.png 3.WorkflowをiWorkspaceに登録する

Workflowで作成したワークフローをiWorkspaceに登録するには、起動URLが必要になります。

Workflowの共有(左上のやつ)からの「Copy Link」は、作成したワークフローをダウンロードするためのリンクにしかならないので、ここは一工夫します。

先ほどの共有から「Add to Launch Center Pro」を選んで一度、Launch Center Proに登録し、そこから起動URLを抜き出します。

2015030503.png



Launch Center Proに先ほど登録したワークフローが入っているので、編集から起動URLをコピーします。

2015030504.png


これね↓

2015030504b.png


それをiWorkspaceに登録します。
iWorkspaceの+をタップします。

2015030507.png



タイトルは分かりやすい名前を、URLは、先ほどのコピーした起動用URLを入れます。
通知メッセージは、次に起動したい起動用URLを登録しておきます。
さて、これで完成です。

2015030508.png



ちなみに、Launch Center Proがないという方は、以下を参考にして作成することもできます。でも、ムズイなぁ…。

workflow://x-callback-url/run-workflow?name=<起動用URLをエンコードしたもの>&x-source={{Launch Center Pro}}&x-success={{launchpro://}}





checkmark.png 4.ビフォー・アフター

さて、これで準備は整いました。
こちらが、以前の朝のルーチンワーク用のiWorkspaceです。

2015030505.png


そして、こちらが、今回簡略化したiWorkspaceです。
ちょっと、すっきりしたのが、分かるでしょうか?
まぁ、1個分だけど…。

2015030506.png

しかしながら、前日のコピーを打ち直すこともなければ、WunderlistをiWorkspaceの通知で立ち上げることもしなくても良いというのは、かなりの省力化につながりました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 手数を減らす

今回の記事は、ほんのちょっとした手数を減らすための工夫でした。
それでも、「前日の日付をコピー」→「Wunderlist立ち上げ」の流れが、かなりスムーズになりました。
実は、まだ簡略化できそうなポイントを発見しているのですが、それはまた別記事で取り上げたいと思います。

もしも、「私だったら、こうするよ!」というのがありましたら、ぜひ教えてください。


“Workflow: Workflow: Powerful Automation Made Simple
価格: ¥700
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




AppStoreで確認



“iWorkspace” iWorkspace
価格: ¥300
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化




AppStoreで確認





超初心者のためのWorkflow入門

2015030401.png


Workflow使っていますか?
iPhoneを自動化させる脅威のアプリを試さない手はありません。
ちょっと敷居が高いなぁと思っていた方は、この記事を読んで、ぜひ試してみてください。


  
【超初心者のためのWorkflow入門】  
 1.Workflowとは?
 2.ワークフローの超簡単な組み方
 3.Workflowを実行する方法








checkmark.png Workflowとは?

2015030401a.png


Workflowというのは、iPhoneを自動化させるアプリです。
Actionと呼ばれる様々なパーツをくみ上げて、実行できるので、非常に応用範囲が広いアプリです。

“Workflow: Workflow: Powerful Automation Made Simple
価格: ¥300
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




AppStoreで確認


これについては、過去記事でも取り上げています。

Workflowで前日の日付をコピーするワークフローを作ってみた


これによって、例えば、帰るメールを作成して、すぐに送信したり。
PostEverじゃなくても、Evernoteのノートブックに追記できたりと、幅広い用途で使えるようになります。





checkmark.png 2.ワークフローの超簡単な組み方

WorkFlowを最初からゴリゴリと組み立てられる方は、これ以降は読まなくても良いと思います。
そうではない方は、まずWorkFlowを立ち上げたら、上の方にある「Gallery」にアクセスしてみてください。

2015030402.png


すると、すでにたくさんのワークフロー(←WorkFlowで組み上げたプログラムのことをそう呼びます。紛らわしいな)が、登録されているのが分かるはずです。
まずは、ここから使ってみたいワークフローを選んでみてください。

2015030402c.png



さらに、もっとワークフローを見つけたいという人は、すでに世界中でかなり方がワークフローを作成し、公開しているので、それをまずは手に入れて、動かしてみるところから始めると良いと思います。

最近、この件で記事を書いている方がいましたので、ご紹介。

Workflowで何をすればいいか分からなかったら、ここで検索しよう - W&R : Jazzと読書の日々


そして、こちらが紹介されていた世界中から寄せられたワークフローを見ることができるサイト。

www.workflow-vcs.de
www.workflow-vcs.de





これらを使うことで、ほとんど自分で組まなくても、ほぼ事足りてしまうかもしれません。




checkmark.png 3.Workflowを実行する方法

さて、Workflowを実行する方法ですが、いくつかやり方があります。
1つ目は、Workflowから直接実行する方法です。
ワークフローをダブルタップするか、ワークフロー内の再生ボタンを押すことで、実行できます(ダブルタップで実行は、ver1.1から)。

2015030403.png


2015030402d.png



2つ目は、ホームにボタンを追加して、それから実行する方法です。
これをすることによって、ほとんど通常のアプリと違わない感じで実行することができます。
やり方は、ワークフロー内の上にある

➀共有マークをタップ
➁「Add to Home Screen」をタップ

2015030404.png


➂Safariが立ち上がるので、またApp Extentionから「ホーム画面に追加」を選択

2015030405.png


2015030406.png


④「追加」でホーム画面に追加できました!

2015030407.png


こんな風にホーム画面に表示されます。
アプリと同じ扱いで使えるようになるのです。

2015030410.png


3つ目は、App Extensionから実行する方法です。
これは、App Extensionから「Run Workflow」を実行を選びます。
そうすると、そのApp Extensionで関係するワークフローのみが表示されます。

2015030408.png



4つ目は、ワークフローのリンクをランチャーアプリに登録する方法です。
ランチャーアプリの中には、先日記事にしたiWorkspaceのように様々なアプリと連携させて使うと、実行させるのがすごくラクにできます。
Workflowには、Luanch Center proに簡単に登録できるので、Luanch Center proからワークフローを実行させると便利かもしれません。

2015030411.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Workflowは、まず使ってみないと分からない

プログラミングの知識がなくても、自動実行させることができるアプリということで、プログラミングよりは敷居が低いものの、やはり普通の悩まずに使えるようにアプリからすると、十分に敷居は高いです。

しかし、敷居が高いからと言って、使わないのはもったいないです。
今回、触れたように、まずはGalleryのワークフローを使うところからでもやってみると、iPhoneの世界が一気に広がるのを感じるはずです。



Workflow: Powerful Automation Made Simple 1.1(¥300)



AppStoreで確認






Apple careよりお得!?タブレット使い放題・スマホ使い放題

2015030301.png


タブレット使い放題・スマホ使い放題という、月額500円で雑誌296冊が読み放題になるサービスが、昨年の11月に始まりました。それたけでも、なかなか面白い試みなのですが、さらに端末保障というおまけのサービスが、侮れないというお話です。


  
【Apple careよりお得かも!?タブレット使い放題・スマホ使い放題】  
 1.タブレット使い放題・スマホ使い放題とは
 2.Apple careのランニングコスト
 3.タブレット使い放題・スマホ使い放題のランニングコスト
 4.Apple careは、お得とは言い難いかも







checkmark.png  1.タブレット使い放題・スマホ使い放題とは

OPTiMが、昨年の11月に始めたサービスです。
このサービスは、16社雑誌296冊読み放題、端末保証、家族共有カメラ(※まだ公開されてません)、クラウドストレージ、ネットプリントなどが、全て入って、月額500円という格安で提供しています。


タブレット使い放題/スマホ使い放題|株式会社オプティム
タブレット使い放題/スマホ使い放題|株式会社オプティム




特に目玉なのは、雑誌296冊読み放題です。
dancyuやプレジデント、MacFAN、デジキャパ!など、有名どころの雑誌が全て込みで、月額500円というインパクトは、大きいです。
2015030302.png

雑誌一覧は、こちら

ただし、これは最新号ではなく、1回分遅れての配信となります。
速報性が、重視される雑誌ならばいざ知らず、内容重視の雑誌ならば、たいした影響はありませんよね。

端末保証というのは、端末を購入してから2年以内のものという制限はあるものの、どこで購入したかは問われません。
修理費なども負担してくれるというサービスで、後ほどApple Careの話と関連するので、3で触れます。

端末保証について

クラウドストレージは、1Gのクラウドストレージがついてくるというものです。
まぁ、昨今の大容量化を考えると、おまけ程度のものと考えると良いかもしれません。


ネットプリントというのは、月15枚まで無料で写真をプリントできるというサービスです。

こうやって見ていくと、けっこうお得な感じはしますね。
特に上記の雑誌を月に1冊以上買っているという人は、検討してみても良いかもしれません。





checkmark.png  2.Apple careのランニングコスト

さて、この「タブレット使い放題・スマホ使い放題は」、もしかしてApple Careよりお得なのではないか?ということについて、検証してみたいと思います。
まずは、Apple Careから。


すべてのiPadには、製品購入後1年間のハードウェア製品保証と90日間の無償電話サポートがついています1。AppleCare+ for iPadに加入することにより、ハードウェア製品保証とテクニカルサポートがiPadの購入日から2年間に延長されます。さらに、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、1回につき4,400円 (税込) のサービス料で最大2回まで受けることができます (1)

Apple Careは、9400円で2年間の端末保証であることが分かると思います。
しかし、万が一、故障などで修理する場合、1回あたり、4400円かかります。
さて、そうなると、

9400円+4400円=13800円

となります。

2年間(24ヶ月)で等分すると、

13800円÷24=575円

となります。

つまり、万が一破損した場合の月額は、575円ということが分かります。





checkmark.png 3.タブレット使い放題・スマホ使い放題のランニングコスト

では、「タブレット使い放題・スマホ使い放題」は、どうでしょうか?


自然災害による破損から物損や水没といった自身の不注意による破損まで保証致します。
修理時の追加費用も一切かかりません。
また、端末購入時以外も加入OK※2です。
※1 購入から2年以内のWi-Fiモデルタブレット端末、simフリースマートフォン限定となります。
※2 アプリ内課金でご購入頂いた場合、端末保証サービスを提供しておりません。


と、あります。

つまり、月額500円のみで、破損などにも対応するということです。






checkmark.png 4.Apple careは、お得とは言い難いかも

さて、これを比べてみると、2年以内の破損時では、

Apple Careは、月額575円
タブレット使い放題・スマホ使い放題は、月額500円


月額換算で75円分安いことになります。
総額で考えても、24ヶ月で12000円となり、AppleCareよりお得であることが分かります。

一見、AppleCareは、9400円なので安く見えますが、破損時に4400円かかるというのがネックになっていくのです。そもそも、端末保証としての契約として考えた場合、何もなく2年間無事で良かったと考えるよりも、何かあった場合も込みにして考えないと、いけないと思います。
では、破損しない前提で考えたらどうかというと、AppleCareは電話サービスがあるぐらいしかメリットがなく、様々なサービスが付帯する「タブレット使い放題・スマホ使い放題」と比較すると、どうしても見劣りがしてしまいます。
何もなく2年間を過ごした場合、雑誌も読めるし、良いことづくめですよね?




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 雑誌を読むならベストチョイス

正直、「タブレット使い放題・スマホ使い放題」の雑誌読み放題サービスと端末保証以外は、さほど魅力を感じませんが、この2つが合わさったサービスとして考えるならば、十分以上に魅力的です。
もしも、上記の雑誌を月に1冊以上読むならば、AppleCareをつける必要を感じません。
むしろ、「タブレット使い放題・スマホ使い放題」は、新しい端末を購入した場合の保証としては、ベストチョイスかもしれませんね。



大人も子どもも楽しめる教育番組7選

2015022501cc.png



今回は、NHKのEテレで放送されている番組で、子どもも大人も楽しめる番組を取り上げてみます。
教育番組だからと言っても、ついつい釘付けになること必至です。
子どもと一緒に観てみませんか?


  
【大人も子どもも楽しめる教育番組7選】  
 1.ピタゴラスイッチ
 2.大科学実験
 3.デザインあ
 4.考えるカラス
 5.できたできたできた
 6.ひらめき工房ノージー
 7.ビジュチューン






checkmark.png  1.ピタゴラスイッチ

もはや老舗といっても良いぐらいの長寿番組になった「ピタゴラスイッチ」。
ピタゴラ装置をはじめとして、アルゴリズム体操など、有名どころも良いのですが、所々に散りばめられた「えっ!?そうなの?」というミニ知識的な内容は、十分楽しめます。

番組キャラクターとゲームで遊ぼう! - キッズワールド NHK Eテレ-こどもポータル




ちなみに、このピタゴラ装置だけを集めたDVDは、流しっぱなしにしておくだけで釘付け間違いなしです。




checkmark.png 2.大科学実験

「やってみなくちゃわからない」という合い言葉で、とてつもない規模の実験をやってくれる番組。
タモリのトリビアの泉にも通じるような馬鹿馬鹿しさもありながら、きちんと科学的な謎解きにもなっているところがすごいです。


大科学実験 -大科学支援- NHK Educational Corp.



進んでいる方向と逆向きに同速にボールを打ち出したら、どうなるか?
という基本的な物理も、実際に目で見ると、驚きがあります。







checkmark.png 3.デザインあ

佐藤卓という超有名デザイナーが、手がけているデザインに関する番組。
デザインというものの概念をものすごい勢いで広げてくれます。15分という短い番組ですが、内容の充実度や満足度は、高いです。

デザインあ













checkmark.png 4.考えるカラス

科学の基本的な考え方を学ぶ番組。
ピタゴラスイッチのユーフラテスが手がけているので、面白くないわけがないです。
様々な課題が提示され、それについて考えていくのですが、「ここから先は自分で考えよう。これからはみんなが考えるカラス」と、答えが示されないまま唐突に終わる展開が、とても新鮮です。
番組を見終わったあとに、あーでもない、こーでもないと、頭がフル回転していきます。

考えるカラス [理科 小中高]|NHK for School






checkmark.png  5.できたできたできた

子どもの基本的な生活について、楽しみながら学べる番組。
実は、この番組は3種類あって、「学校生活編」・「家庭・社会生活編」・「健康・からだ編」と分かれています。
ガッツ王子というキモ可愛い主人公(ジャングルポケットの斉藤慎二)が、色々失敗しながら、礼儀作法や運動の方法などをかみ砕いて教えてくれます。
小1ギャップなどの問題もこれで解決かな?

できた できた できた ~学校生活編 [特別活動 幼保・小学校1年生]|NHK for School






checkmark.png 6.ノージーのひらめき工房

「つくってあそぼ」の後番組。
あのワクワクさんとゴロリという強烈キャラの後番組なだけに、どうなるんだ?との心配をよそに、きちんと良い番組を作れるのが、NHKだなぁと思います。
「つくってあそぼ」が、ゴールが決まった作品を作っていくのに対して、「ノージー」は、一人ひとりの思いやひらめきをどうやって形にするかということを大事にしています。

ノージーのひらめき工房 - キッズワールド NHK Eテレ-こどもポータル



何もない暇なときにめくってみると、色々な工作のアイデアが載っているので、つい子どもと盛り上がってしまいます。





checkmark.png 7.ビジュチューン

まずは、この動画を見れば、どんな番組か分かります。



こんなような、美術の先生が見たら、怒られそうな内容です。
でも、つい観てしまうし、頭に残ってしまいます。

びじゅチューン!






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
  Eテレは、凄いぞ

NHK教育という名称から、Eテレに変わってずいぶん経ちますが、確実に進化しています。
上に挙げた番組は、特にオススメな番組ですが、これ以外にもまだまだ、子どもと観ていて面白いと感じるものもあります。
Eテレだからこそ、ブレずに面白いものを作っている感じますね。

気になるモノはメディアマーカーでEvernoteにストックしておく

2015022701aa.png


皆さんは、今欲しいモノがありますか?
今回は、欲しいモノがあったときに、冷静になりつつ、きちんと忘れないでおくためにEvernoteにストックしておくための方法です。


  
【気になるモノはメディアマーカーでEvernoteにストックしておく】  
 1.メディアマーカー(Media Marker)って何?
 2.メディアマーカーは、モノもスクラップできる
 3.Evernoteにストックしておく方法







checkmark.png 1.メディアマーカー(Media Marker)って何?

メディアマーカー(Media Marker)というのは、情報メディアの記録・管理・共有ができるサービスです。
私は、主に気になる本や読みたい本の管理などに使っています。
後ほど触れますが、Evernoteにもストックしておけるので、本屋とか図書館に行ったときに、「読みたかった本は…」とEvernoteを見て、次々に読むようにしています。

メディアマーカー
メディアマーカー




過去記事にも書いていますので、そちらも参照していただければありがたいです。

【関連記事】
本の管理はメディアマーカー(MediaMarker)に任せた!

図書館日和は本好きにはたまらない




checkmark.png 2.メディアマーカーは、モノもスクラップできる

さて、このメディアマーカーですが、実は本だけではなく、欲しいモノの管理にも向いているのです。
ウェブ上で「これいいなぁ」と思ったり、街で「これ、欲しいな」と物欲が刺激されることがありますよね。
しかし、すぐにはポチらずに、メディアマーカーに登録するようにしています。
そうすることで、衝動買いから、距離を置けるようにしているのです。

では、メディアマーカーへの登録の仕方についてです。

まずは、Amazonで気になるモノを検索します。
私は、最近ネットで見つけたマイクロソフトの「Universal Mobile Keyboard」が気になって仕方がない。



では、それをAmazonで検索します。
見つかったら、メディアマーカーのブックマークレットで登録をします。
メディアマーカーのブックマークレットは、こちらで入手できます。

メディアマーカー - メディア登録方法


2015022701.png



そうすると、「登録してMyバインダーを表示」というボタンをクリック。
※ログインしていない場合は、ここでログインを促されます。

2015022702.png



はい!登録されました。とても、簡単ですね。

2015022703.png





checkmark.png 3.Evernoteにストックしておく方法

Evernoteへのストックは、とても簡単で、しかも自動でされるので、ぜひ設定しておいたほうが良い機能だと思います。

「設定」→サイドバーの「Evernote投稿」から設定できます。

Evernoteへの投稿用メルアドを入力します。
自分の投稿用メルアドが分からないという人は、

PCのEvernoteだったら、「ツール」→「アカウント情報」
iPhone版のEvernoteだったら、「設定(歯車マーク)」→「全般」→「Evernoteメールアドレス」
で確認できます。

○○○@m.evernote.com
というメルアドです。
これを登録し、「Myバインダーに登録されたとき」にチェックを入れます。

2015022704.png



そのように設定しておくと、このようにEvernoteに登録したモノが、Evernoteにも自動的に登録されます。
ちなみに、リンクがAmazonに張られているので、EvernoteからすぐにAmazonに行けます。

2015022705.png


その後、メディアマーカーに登録されたノートで、「0226モノ」というタグの付いたものを、「モノメモ」というノートブックに移動します。
その下の「購入関連」というのは、実際に購入した物の取り引きデータを入れています。
Amazonの明細書や領収書などを入れておいています。

2015022706.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 自分の欲望から距離を置くためのEvernote

Amazonのウィッシュリストを使えばいいじゃないという向きもあるかと思いますが、あくまで自分の欲しいモノを管理したいので、あえてEvernoteで管理するようにしています。

さて、Evernoteで欲しいモノを管理することによって生まれるメリットというものがあります。

それは、自分の欲望から距離を置けるからです。

Evernoteに記録しておけば、失われることがないので、まずはそれだけで少し安心してしまいます。
さらに、「これで、いつでも買える」と思えることで、「今、買わなくては!」という状態から解放されるのです。
これで、衝動買いを免れることができます。

さらに、いざ買う段階になったときに、ストックしておいた情報を取り出し、比較検討するのです。
とはいえ、自分の物欲に逆らえない時もあるんですけどね(^^;)



該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG