TOP > ARCHIVE - 2016年12月

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

2016年でよく読まれた記事

2016123100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今年1年の振り返りということで、情報管理LOGで今年更新した記事の中でよく読まれたなという記事を挙げていきます。悲しいことにアクセス解析的には、読まれていると見えていても、はてブがあんまり付かなかったり、その当時はまったく反響がなかったものの、検索から来て読まれていたりと、どうにも予測ができないことが多かったです。上から順番に最近→古いとなっています。アクセス数順ではありません。「ベンジャミン・バトン」的な感じでお楽しみいただけたらと思います。






checkmark.png 2016年でよく読まれた記事


今年導入して良かったアプリ(無料編)
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
有料編もあるのですが、無料編の方がずっと読まれました。自分も一読者だったら、確かに無料編の方を読んじゃうかな?
その代わり、かなりたくさん挙げましたので、ぜひ良かったらダウンロードして試してみてください。

一応、有料編のリンクも貼っておきますね。
今年導入して良かったアプリ(有料編)




人は、なぜ1日10分のことさえも続けるのが難しいのか? #アウトプット思考法
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
自分でも思ってもみなかった記事が、注目されました。はてブは、付かなかったけど。
今年の終盤になってから連載を始めた「アウトプット思考法」の関連記事の1つです。「ゼロ秒思考」を読んでいて、すごく効果が高いと実感している人であっても、半年後にはかなりの人が継続していなかったという記述を読んで、1日あたりたったの10分しかかからないのに、なぜそれを取り組むことが難しかったのか?ということについて書いてみました。






ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
というわけで、「アウトプット思考法」について書いた第1弾記事です。
GTDとかゼロ秒思考とかいう文字を入れたからなのか、予想に反してたくさんの方に読んでいただけました。「アウトプット思考法」に関しては、来年も引き続き連載を継続していきたいと思います。




iPhoneを自動化するアプリやサービスを6つを紹介します
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
「iPhone」+「自動化」という組み合わせが新鮮だったのか、たくさんの方に読んでいただけました。そして、珍しくブクマがたくさんついた!(といっても、33個ですが)
情報管理LOG的には、iPhoneを自動化するという記事をたくさん書いているので、一種のまとめみたいになっています。iPhoneで快適生活を送るには、ぜひとも導入してもらいたいアプリやサービスです。




Google画像検索で画像を保存できるようになりました(便利!)
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
自分の中でも「この記事が?」という感じで軽く書いた記事なのですが、アクセス数が伸びて驚きました。Googleの画像検索で保存できるようになったことを知らない人まだいるのではないでしょうか?
便利ですよ!




手帳と付箋のコンビネーション活用術
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
当ブログのメインコンテンツの一つに手帳ネタがあります。
私の大好きな手帳と付箋という好物について、普段どのように連携させて使っているのかということについて記事にしてみました。

2016071302.jpg

2016071303.png





IFTTTとDay Oneで全自動日記始めました
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
今年、かれこれ5年以上続けているライフログの取り方について、見直せたり強化できる部分はないかな?と試行錯誤をしました。その一つとして、自動的にライフログが残ったらラクでいいよな!と思って取り組んだのが、これでした。
IFTTTとDayOneを組み合わせたら、「いつ」「どこで」「何を」がきちんと時系列で見られるようになりました。現在、もう少しこのあたりを強化している最中ですので、ある程度したらまたお知らせできるかと思います。




Workflowが、IFTTTとついに連携!無限の力を手に入れたWorkflowを見よ!
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
上でも何度か書いていますが、私は「自動化」が大好きなのです。
PCにしても、iPhoneにしても機器を使うというのは、人力ではなしえなかったことを機械(マシン)ができるようにしてくれているということなのです。そして、その機械(マシン)は、自動化が可能である、と。というわけで、ことある毎に自動化できないかな?という視点で考えています。
この記事では、WorkflowというiPhone自動化アプリが、とうとうWeb連携サービスであるIFTTTと連携を始めたという記事です。これによって、

iPhone→Webサービス

という自動化への目処が一歩進んだことになります。
関連記事として、こちらもぜひ参照してみてください。

WorkflowとIFTTTが連携することの何がすごいのか?




iPad miniに外付けキーボードをつなげると、最強の仕事兵器になるのです
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
iPad miniと外付けキーボードという組み合わせは、本当に使っていてとても相性が良いと思っています。モバイルPCよりも軽く、サクサク動くので当分の間はこれでいいかな?と思っています。
情報管理LOGもかなりの部分は、この組み合わせで書かれています。

何度も紹介していますが、このキーボード最高ですよ!軽い&薄い(5mm)&安いの三拍子揃っている一品です!






YouTubeの埋め込みに関わるパラメーターについてまとめてみた
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
YouTubeの動画を埋め込むことが多いので、その時に使えるパラメーターはどんなものがあるのだろう?ということで、ほぼ自分用まとめとして記事にしました。
同じような需要が多いのかな?




GoogleフォトをiPhoneに一括ダウンロードする方法
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
これを書いたときは、本当にGoogleフォトの一括ダウンロードできなかったのですよね。今では、普通にできています。




バイアスの種類について
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
自分自身バイアス関することを記事で書くことが多いので、これまた自分用まとめとして記事にしました。まだまだ、書き足りていない部分があるので、増補版としてリライトしようかと思っています。




小学生にオススメの国語辞書を徹底比較してみた
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
我が家の息子が、学校で国語辞書を使うというので、実際に小学生向けの国語辞書にはどんなものがあるのかと比較検討した記事です。驚いたことに小学生向け辞書って、恐ろしいほどに進化していますね。というか、今や辞書の激戦区は、小学生向けなのではないかと思います。
確かに今や紙の辞書使わなくなったもんなあ…と思ったり。




年度初めの今だから!Googleカレンダーにスケジュールを一括登録しておこう!
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
4月に書いた記事です。
年度初めに、Googleカレンダーに一括してスケジュールを登録しておきたいという人が案外多いのじゃないかな?と思ったら大正解でした(ブクマ数は、少ないけど)。

これは、昨年+Yuhei FUJITAさんという方が、書いてくれたGoogleスプレッドシート用のスクリプトについて取り上げた記事の焼き直しになります。年始めにいかがですか?

これは画期的!GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにスケジュールを一括登録する方法 - 情報管理LOG
これは画期的!GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにスケジュールを一括登録する方法 - 情報管理LOG







IFTTTでPocketに日付区切り線を入れる(解決編)
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
シゴタノ!さんで「Pocketに「日付区切り」を挿入しておくと、消化や整理が捗る」という記事を読んで、これ自動化できたら最高だよな!と思い、取り組んだのがこちらの記事です。

Pocketに「日付区切り」を挿入しておくと、消化や整理が捗る | シゴタノ!
Pocketに「日付区切り」を挿入しておくと、消化や整理が捗る | シゴタノ!




現在でも自動でPocketに日付が入るようにしてあり、Pocketの視認性がものすごく高まりました。




社会人向けのオススメ方眼ノート7選
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
方眼ノート好きですか?
私は、ものすごく大好きです。
かれこれ、長いこと自分が書くノートや手帳などは、ほぼ方眼で揃えるようにしているぐらいです。色々と自分の中でこだわりに強い部分なので、ぜひ皆さんにもその良さを知ってもらおうと思い書きました。




これから一人暮らしをする人にオススメする無線LAN機器5選
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
最近の若い人が一人暮らしをするとしたら、絶対に必要になるモノの一つに無線LANルーターがあるよね!ということで記事にしました。なぜか、かなり無線LANルーターを設置しまくっていた経験を生かし、これだったら良いのでは?というオススメ機種を挙げてみました。




出してしまった郵便物の発送を止める方法
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
今年の初め頃に実際に起こったことを元に書きました。
郵便物を出してしまってから、「あ!!アレを入れ忘れた!!」と大慌てで郵便局に行ったら、きちんと手続きが可能だったのです。これには、かなり驚かされました。皆さんも本当にやばいときは、ぜひ!




Twitterカードって何?誰でもできる設定の仕方
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly
Twitterでブログの記事についてつぶやいたときに、アイキャッチが入った形でツィートされたいですよね?情報管理LOGもそれに対応するために、色々試行錯誤して解決しました。そのわかりにくさを少しでもなくすためにどうやったら、Twitterカードを実装できるか?ということについて、これ以上無いぐらいにかみ砕いて、あとはコピペのみでOKとしました。

Twitterカードで埋め込んでみた例。








 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 303記事書きました

今年1年間で書いた記事総数は、303記事でした(これも含めて)。
随分書いたなとも思いますが、もう少し書けたような気もしています。基本的に1日1記事を目指しているので、1日に2記事できたとしても、日付を分けて配信しています。
今年を俯瞰してみて、自分の好きなiPhoneや手帳の記事は、たくさん書けたような気がしていますが、記事の多様性という意味では、可能性をもう少し探っても良かったかな?と反省しています。それでも、今年の年末からスタートした「アウトプット思考法」は、今まで自分が今までずっと考え、温めていたことを形あるものにし始めることができたことは、成果でした。来年は、この「アウトプット思考法」もメインコンテンツの1つにできるようやっていきたいと思います。

さて、今年最後になりますが、たくさんお読みいただき、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。そして、良いお年をお過ごしください。

2016123101.jpg




2016年に買って良かったもの10選+α

2016122900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
いよいよ年の瀬ですね。でも、全然そんな気分じゃないのです。あともう少し仕事を頑張りたいと思います。

さて、今年も1年を振り返ってみて、「買ってよかったな」と思えたものを挙げていきたいと思います。今年は、若干アウトドア成分高めな感じになりました。それと、10選で選んできていたので10個選んだのですが、どうしてもはみ出てしまいプラスしてしまいました。

2015年に買って良かったもの10選
2014年に買って良かったもの10選(自分用まとめ)





checkmark.png 2016年に買って良かったもの10選


1.Bluetooth対応FMトランスミッター:BESTEK

車の中でiPhoneの音楽を聴きたいということで、Bluetooth対応のFMトランスミッターを買いました。
かなり、いろいろ悩んで検討した挙句これにしたのですが、大正解でした。
Bluetooth経由で音楽が聴けるのはもちろんのこと、USB充電ポートが2つも付いていたり、ハンズフリー通話対応だったりと、この値段で正直大丈夫かと当初は疑っていました。

2016061209.png


しかし、未だにほぼ毎日使用していますが、全く問題なく使えています。良い買い物をしました。

2016061205.jpg



この製品に関しては、記事にもしましたので、そちらも参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly





2.スノーピーク テント アメニティドームM
夏場は、キャンプに行くことが多いのですが、以前使っていたコールマンのテントのメインポールが折れてしまい、使用不能になってしまいました。非常に残念だったのですが、かなりのハードユースだったので、諦めることにしました。そこで、思い切って、今までずっと憧れだったsnowpeak(スノーピーク)のテントを購入することに。しかし、そこはsnowpeakなだけあって非常に高価で、唯一手に入りやすい価格帯だったアメニティードームを購入することにしました。

ファミリーキャンプな我が家なので、家族全員が快適に過ごせるというのが基準です。実際に使用してみると、これが非常に快適極まりない!今までのテントも良かったのですが、それよりも細かな部分の作り込みなどを比較した時にこれにして本当に良かったと思いました。ちなみに、値段的には他のsnowpeakのシリーズと比較しても圧倒的に安いです。エントリーモデルとしての位置付けですね。ついでにsnowpeakの会員になってしまいました。



実は、このテントと併せて、SnowPeakの鋳造ペグも購入してしまいました。今までだったら堅くて打ち込めなかったり、曲がってしまうような場所でもすんなりと打ち込めるので、これまた大満足でした。







3.OLYMPUS PEN Lite E-PL6

今までは、EOS Kissの古いのを使っていたのですが、重かったのです。重くて持ち歩くのが嫌になってきたのです。
そこで、ミラーレス一眼が欲しくなり、軽くてきちんと撮れるもの&お手頃価格なやつと探していた時にOLYMPUS PEN Lite E-PL6に出会いました。
まさに底値という時に「えいやっ!」とポチりました。

思い切って買って良かったです。軽くてそれでいて、前のEOSよりもキッチリ撮れるのですから言うことなしです。カメラって進化しているんだ…と真剣に感心しました。

これが、このOLYMPUS PEN Lite E-PL6で撮影した写真です。悪くないですよね?

2016122901.jpg

2016071701.jpg







4.FlashAir(32G)
PEN Liteだけでは、Wi-Fi対応していないので、メディアとして選んだのが、FlashAirでした。Eye-Fiと最後まで悩みましたが、FlashAirを選んで色々な意味で正解でした。
Eye-Fiこんな記事出てましたよね。こういうクラウドサービスとハードウェアが密接なものは、どちらか一方が終了すると危険ですね。

ASCII.jp:初期Eye-Fiサポート終了「テクノロジーが時代遅れに」
ASCII.jp:初期Eye-Fiサポート終了「テクノロジーが時代遅れに」




FlashAirは、撮った写真を全てiPhoneに転送するのではなく、セレクトして入れることができるのも自分の使い方的に合っていました。



ちなみに、FlashAirをiPhoneに転送する用のアプリは、FlashAir公式のではなく、オリンパスのアプリを使っています。こっちの方が、使いやすい。



あと、「E-PL6とFlashAirが接続できない問題」というのがあるのですが、この記事を見て修正してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly





5.東芝 REGZA ブルーレイディスクレコーダー ブルーレイ3D対応 (USB HDD録画対応) DBR-Z610
2016122904.png

この数年ずっと、REGZAのTVに外付けHDDを接続して、録画していました。これは、これで快適な録画視聴生活だったのですが、「そういえば、バックアップ取りたい時に全くとることできないよね?」ということに気づいてしまいました。そこで、ブルーレイレコーダーを購入することに。
そろそろ東芝からの脱出も考えたのですが、色々と検討した挙句、REGZAブルーレイを買うことに。そして、2TバイトのSeeQVault対応のHDDも併せて購入しました。



SeeQVaultというのは、機種が変わっても録画されたデータを引き継ぐことができるという特殊なHDDなのです。やや割高ですが、機器というのは永遠ではないので、データを優先させることにしました。で、TVから録画したデータを引っ越したり、ブルーレイレコーダーの方で録画したりということをしているうちに、ブルーレイに焼くことをすっかり忘れていました。というか、こうやってHDDをどんどん乗り継いで行っていけば良いかな?という気分になっています。ディスクに残す意義を感じないなぁ。

というわけで、TVとブルーレイレコーダーの2つで合わせて4チャンネル同時録画が可能になったというのも、我が家的には画期的でしたね。見たい番組って、時間がかぶることが多いのですよ。







6.スノーピーク(snowpeak) チタンダブルマグ450ml用フタ MGC053
昨年度、購入したsnowpeakのチタンシングルマグが好きすぎて家でもアウトドアでも使いまくっています。これね。



かなり愛用の一品なのですが、いかんせんアウトドアの場合、虫が入ってしまったり、長いこと放置できなかったりするのです。そこで、このチタンマグ用のフタを買うことにしました。これが、買って大正解で、飲み物の温度が変わりづらくなったり、倒してもこぼれづらくなったりなど良いことづくめでした。チタンマグを買う人は、ぜひ合わせて買うべし!

2016122902.jpg






7.KIPON EF-MFT AF (Ver.2.6) キヤノンEOS/EFマウントレンズ - マイクロフォーサーズ電子マウントアダプター
CanonのEOS KissのレンズをOlympus PEN Lite E-PL6に付けるためのレンズアダプターです。以前使っていたレンズ資産を生かすために買いました。普通に使えるのが、非常にありがたかったです。Olympus PEN Liteに装着すると、やや不格好になるのが玉に瑕。

2016122903.jpg







8.LEATHERMAN WINGMAN
自分の誕生日に自分用に買ったもの。ヴィクトリーノックスも持っているのですが、プライヤーがついているこのレザーマンが欲しくなってしまい買ってしまいました。野外で意外とプライヤーを使う場面って多いんですよね。ナイフは、切れ味良しで、他のギミックもなかなか面白いです。でも、ちょい重いのですよね。もう少し小さいのにすれば良かったかな?と思わないでもないです。



プライヤー全開なところ。

2016071702.jpg


後ろから見るとこんな感じ。

2016071703.jpg





9.SSD 480GB:CFD
メインで使っているlenovoのノートPCのHDDをSSDに換装しました。480GのSSDと(SSDにしては)やや大容量で高かったのですが、思い切って購入しました。結果としては、買って大正解でした!もうPCが、サクサク動く動く。結局PCのボトルネックって、ストレージなのかな?という想いを強くしました。
で、つい最近SSDの値段を見に行ったら、けっこう安くなっていました。







10.アセスL:佐藤製薬
歯肉炎で歯磨きの度に血が止まらず、歯医者さんに相談しに行ったら「医薬品の歯磨きを使いなさい」と言われて買ったのが、これです。
というか、薬局にはこれの他に数種類しかありませんでした。薬用(よく売っているやつ)と医薬品の違いなんて、素人にはさっぱりだったのですが、実際に使ってみて、効果のほどに驚きました。わずか1週間ぐらいで効果が出始め1ヶ月経った頃には、ほぼ直っていました。すごいよ、医薬品。
このアセスに関しては、今も継続して使用しています。
本当にオススメです。しょっぱいけど。



※追記:これに関しては、後日記事にしました。こちらも、よろしければお読みください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly





ここからは、惜しくもランク外になってしまいますが、番外編ということで。



番外その1ランニングシューズ GT-2000 NEW YORK:asics
ランニングを継続してやっているのですが、以前使っていたニューバランスがダメになってので、靴屋さんで相談したら「asicsがいいよ!」とのことだったので、色々計測してもらいながら決めました。
走り始めの頃は、あまり違いが実感できなかったのですが、次第に「むむ、これは良いかも?」と思い始めるに至りました。軽くて、バランスが良いのですよね。クッション性能も悪くないし。愛用中です。




Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




番外その2梵 ゴールド 純米大吟醸
情報管理LOGでは、あまり食べ物関係を扱わないようにしているのですが、でもお気に入りの一品ということで。私は、日本酒大好きなのですが、本当にたまらない美味しさです。常に1本は、確保しておきたい感じですね。日本酒には、珍しい琥珀色で、香り良し、切れ味よし、舌の上に広がるまろやかな味はたまらないです。








 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 愛用できるモノを求めて

こと1年を振り返って、それほど散在はしていないつもりでしたが、けっこう買っていました。でも、買うからには愛用できるモノを求めたいと思うものです。実際、過去数年で買って良かったなと思えたモノは、今も愛用中なモノがほとんどです。
そういう意味では、今年もたくさんの良い出会いがありました。


Evernoteのプレミアムを1年あたり3200円台で更新する方法

2016122800.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
今年は、Evernoteにとって(自業自得な面があるにせよ)散々な感じでしたね。しかし、自分としてはまだ使い続けようと思っています。なぜなら、これに代わるサービスが思いつかないからです。OneNoteは気になっているのですが、PDFの中身の検索や画像内の文字検索という面では、Evernoteに追いついていないように感じるからです。
というわけで、当分の間はEvernoteを使っていくことが自分の中で固まったので、プレミアムを延長することにしました。

しかし、Evernoteのプレミアムを真っ当に買うと、年あたり5200円もするのですよね。というわけで、それを年あたり30%オフぐらいの3200円(税別)で購入する方法についてです。12月31日(土)までの早い者勝ちなので、急げ!


  
【 Evernoteのプレミアムを1年あたり3200円台で更新する方法 】  

 1.ソースネクストのEvernoteプレミアムパックが安い!

 2.Evernoteへのポイントの追加方法

 3.Evernoteポイントをプレミアムに登録する方法




Evernote_signin.png


checkmark.png 1.ソースネクストのEvernoteプレミアムパックが安い!

現在のところEvernoteのプレミアムを安く買う方法は、もはやソースネクストのプレミアムパックを買う以外方法はありません。
で、そのソースネクストのプレミアムパックが、現在本数限定でかなり安くなっています。

EVERNOTE(エバーノート)プレミアムパック|ソースネクスト
EVERNOTE(エバーノート)プレミアムパック|ソースネクスト




Evernoteのプレミアムを通常で更新すると、現在は年間5200円かかります。しかし、ソースネクストのプレミアムパックは、3年版で9800円(税別)なので、年間あたり税別で3200円、税込みで3516円になっています。1ヶ月あたり300円ぐらいですね。これぐらいだったら、見込まれる恩恵から比較しても十分な価格ではないかと思います。

ちなみに、Evernoteには「プラス」というプランがあり、年間で3100円で更新できます。この「プラス」と「プレミアム」の違いは、以下が含まれているかどうかと、1ヶ月あたりのアップロード容量が1Gか10Gの違いです。もしも、1ヶ月あたり1Gも使ってないし、以下の部分も必要ないならば、「プラス」で十分かもしれません。私的には、Office文章内の検索とノートの履歴が大事なので、プレミアムを選んでいます。

 ・サポートのメール対応
 ・サポートの優先対応
 ・PDF 内の文字を検索
 ・Office 文書の中を検索
 ・PDF に注釈を挿入
 ・名刺をスキャンしてデジタル化
 ・ノートをプレゼンテーションに即変換
 ・ノートの履歴を閲覧
 ・関連するノートや記事を閲覧






checkmark.png 2.Evernoteへのポイントの追加方法

ソースネクストでプレミアムパックの3年版を購入するとシリアル番号が表示されます。気をつけて欲しいのは、シリアル番号は、プレミアムパックのシリアル番号であって、プレミアムを追加するためのアクティベーションコードではありません
その下にあるダウンロードを実行すると、プレミアムコードを入力するためのソフトがダウンロードできます。

2016122801.png




これを解凍して、手順に従ってやると簡単に追加できます。

2016122802.png




または、メールで明細書とともにシリアル番号が送られてきます。

2016122803.png



一番簡単なのは、メールから送られてくるURLをクリックして、追加するのが楽ちんです。
ここから、追加できます。

http://go.evernote.com/sourcenext/


右側にアクティベーションコードを入力するところがあるので、先ほどのプレミアムコードを入力しましょう。

2016122804.png



そうすると、メルアドの入力欄が出てくるので、Evernoteで登録しているメルアドを入力しましょう。

2016122805.png



そして、パスワードを入力してログインします。

2016122806.png



すると、きちんとEvernoteポイントが360ポイント分追加された旨が表示されます。

2016122807.png




checkmark.png 3.Evernoteポイントをプレミアムに登録する方法

Evernoteポイントというのは、ポイント数に応じてプレミアムなどを追加できるといもので、このポイントの段階では、プレミアムが追加されてはいません。

こちらで、ポイントを確認の上、プレミアムを追加してください。

https://www.evernote.com/Points.action


1年にするか、1ヶ月にするかも選べます。

2016122808.png




「確認」をクリックすると、追加されます。

2016122809.png



きちんと1年分追加されました。

2016122810.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 3年後は分からないけど、3年間は使うだろう

現在のEvernoteの迷走ぶりを見るにつけ、やや不安な気持ちにはなります。それでも間違ったことをしてしまったときには、しっかりと公式に謝罪し、すぐに撤回したりと自分的には好感が持てる感じです。
日本では、間違ったことをしても、YouTubeでついでのように謝罪し、さらにその動画でお金を稼いだり、なかなか撤回せず最終的に大炎上してしまったり、などまずい対応をしている上場企業がたくさんある中で、良心があるように思えます。

これから先の3年後は、クラウド関係の環境がさらに加速しそうな気がします。
なので、Evernoteに不安があるというよりも、3年後が読めないし、どんな環境が待ち構えているのか予測しづらいという意味において、3年後以降Evernoteに残るかどうか考えていきたいと思います。でも、少なくとも3年間はEvernoteを使い続けるような気がします。

今なら、下のリンクからEvernoteに登録すると、Evernoteのプレミアムが1ヶ月分無料でついてきます。

Evernote_signin.png


GTD、ゼロ秒思考、手帳術、メモ術などに挫折した人たちへ 〜アウトプット思考法が生まれたワケ #アウトプット思考法

2016122700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
アウトプット思考法の連載の第5回目です。
過去の記事に関しては、以下を参照してください。

【過去記事】
ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?
アウトプット思考法の基本的な取り組み方 #アウトプット思考法
アウトプット思考法では、何をアウトプットするか? #アウトプット思考法
人は、なぜ1日10分のことさえも続けるのが難しいのか? #アウトプット思考法


今回は、私が、なぜアウトプット思考法というものを考えるに至ったのか?ということについて述べていきたいと思います。このあたりが分かってくると、今まで様々な思考法やタスク管理術、手帳術などを、うまく使いこなせなかった、または挫折したという人にとっても肩の荷が下りたような感覚を味わっていただけるのではないかと思うのです。


  
【 アウトプット思考法が生まれたワケ #アウトプット思考法 】  

 1.GTD、ゼロ秒思考、手帳術、メモ術に挫折した人たちへ

 2.多少いい加減でも成果が上がるのはどうしてか?

 3.アウトプットそのものに意味がある







checkmark.png 1.GTD、ゼロ秒思考、手帳術、メモ術に挫折した人たちへ

2016122706.jpg


世の中には、数多のビジネス書で溢れかえっていますよね。

「◯◯すれば、必ずうまくいく!」
「◯◯ですぐに解決!」
「◯◯で成果が上がる!」


とかとか。

本屋さん行くとそれこそ、こういうお題の本がズラリと並んでいます。
こういう本が、たくさん並んでいるというのは、たくさん売れるからです。たくさん売れるわけは、買う人がたくさんいるからですよね?そして、毎年、どんどん新しいものが出てくるのは、それにチャレンジしようという人が、後を絶たないからとも言えます。

かくいう私もGTDやらメモ術やら、手帳術など各種の本は、ずいぶん読みました。

「おっ、これいいな。明日からやってみよう!」

などと鼻息が荒くなって、試してみて数日でやめてしまったり、そもそもやりもしなかったことも多いです。きっと、私も本屋さんで並んでいるビジネス本の顧客予備軍というか、そのものだったのかもしれません。

過去形で語っているのは、自分の中では「アウトプット思考法」という考え方を確立することができたからです。なので、現在はビジネス本を読んでも、あくまで傾向や考え方のベースを知る研究資料としての価値しか無くなっています。

現在の私は、タスク管理は、GTD的な運用をWunderlistで行い。手帳や付箋、またはiPhoneなどでアイデアを広げたり、記録をとったり。そして、そういう様々なものをEvernoteに蓄積したりしています。このあたりは、かなりの紙数を必要とするので、また後日書いていきたいと思います(または、過去記事をお読みください)。

一見、バリバリと、そういうツールを使いこなしているように見えますが、実は違います。
GTD一つとっても、本来の運用から考えたら、随分いい加減な運用をしています。手帳だって、そこらへんのビジネス本や手帳術の本の方が、数倍数十倍もしっかり運用しています。実にいい加減な運用をしていますが、それでもきちんと回っています。

そう、実は原理派の方々には大変申し訳ないのですが、アウトプット思考法の原点は、

「何か」にある程度取り組めば、それなりに成果が上がる

というところから来ているのです。
例えその運用が、その原点から多少離れていたり、いい加減であったりしてもです。
もしも、今までGTD、ゼロ秒思考、手帳術、メモ術など、様々な方法論に挫折した人がいたら、思い出してみてください。「それ」に取り組んでいた時は、成果が上がっていませんでしたか?

たぶん、原理派の方々は、「そういういい加減な運用だから長続きしないし、成果もそれ以上に上がらなかったんだよ。」と言うかもしれません。
しかし、それこそが大きな落とし穴だったのです。

提唱されていることを、そのまま出来ないことに罪悪感を抱いたり、自己嫌悪に陥るべきではなかったのです。





checkmark.png 2.多少いい加減でも成果が上がるのはどうしてか?

様々なビジネス本や啓発書に書かれていることを、多少いい加減な取り組みであっても、やっていれば成果が上がってきます。

これを、図解すると以下のようになります。
何も取り組んでいなかった状態。いわゆるゼロ状態ですね。

2016122701.png



そして、何らかのことに取り組んだときです。

2016122702.png



青い線がやったこと。そして、赤い線矢印が気持ちの部分です。
ゼロから比較したら、明らかに外側に広がっている部分があることが分かりますよね?その差を見ると、ゼロ状態からプラスになっているはずです。アクションを起こした段階ですでに気持ちが上がっている状態なのです。だからこそ、わずかながらでも、取り組めば効果があったように感じたのです。赤い矢印で内側に向かっているのは、それに抵抗する気持ちです。100%外向きなことって、ほとんどないでしょう?だからこそ、挫折もするし。

既に改善しようという意思があり、行動を起こしている段階であれば、効果の多少はあるにせよ必ず何らかの成果が上がるのです。

むしろ、それらが「続かなかったこと」そのものが、1番の問題点だったとも言えます。





checkmark.png 3.アウトプットそのものに意味がある

アウトプット思考法の原点は、実際に頭の中で悶々としている状態から、一度頭の外に出してあげれば、それだけで一定の効果が上がるというところからきています。

GTDにしても、ゼロ秒思考にしても、マインドマップや手帳術・ノート術にしても、基本のところは、

まずは、頭の中のことをアウトプットせよ

なのです。
アウトプットする方法などは、それぞれことなりますが根幹はここにあるのです。

以前の記事で、

人間は、メタ認知はできるが、メタメタ認知にはエラーが発生する

と書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

言い換えると、人の脳内だけで2アクション以上のことをしようとした場合、そこではエラーが発生しやすくなるのです。

1.頭の中だけでアイデアを処理しようとした場合
この段階で3アクション発生しています。

2016122703.png




2.一度アウトプットした場合
アウトプットすることで、頭の中のアクション数がリセットされます。

2016122704.png
2016122705.png




この頭の中のアクション数をリセットするという行為が、アウトプット思考法において、とても大事なことなのです。

GTDに取り組んだ人が、最初の気になることを全て書き出すという作業を終えたとき

「頭の中がスッキリする」

という感覚を味わいます。
まさに頭の中のアクション数をリセットする行為に他なりません。エラーの原因になるマルチアクションが頭の中で全てゼロカウントになるのですから、それはスッキリするのは当たり前と言えば当たり前です。

そして、一度アウトプットしたものは、目の前に「成果物」として残っているのですから、失われる危険性からも開放されるので、二重の安心感が生まれるわけです。

頭の中からエラーの原因が取り除かれ、さらに目に見える形で思考の産物が、「可視化」されることで、改めて認知されるのです。その認知された状態から、またカウントが始まるので、2カウント以内に収めることが可能になるわけです。

この原理の発見が、アウトプット思考法を思い至るにあたった理由です。

だからこそ、アウトプット思考法では、細かなやり方や方法は置いておいて、

まずはアウトプットせよ

ということを提唱しているのです。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 アウトプット思考法は、原理に目を向けた方法なのです

何度か記事の中で書いていますが、アウトプット思考法は、今まで提唱されてきた様々な方法(GTD、ゼロ秒思考、マインドマップ、手帳術・ノート術などなど)を包括する考え方です。
なぜ包括できるのかというと、後日また書きますが、アウトプットされたものの処理方法(ツール)にこだわりはないからです。そのツールは、様々なビジネス書や啓発書などに書かれている内容で自分に合うものを実践すれば良いのです。
その各々のツールの使用について書かれているモノを、自体は実に多岐にわたりますが、実は概ねアウトプット思考法で提唱していることに収斂していくような感じになっています。
逆にアウトプット思考法をしっかりと理解できれば、それぞれのツールの良さも見えてきますし、その限界も見極めることができてきます。



システム手帳を始めたい人にお勧めする基本のセット

2016122600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
情報管理LOGでは、システム手帳をオススメしています。もはや、お仕着せの市販手帳を使うメリットが、ほとんど自分の中では感じられなくなってしまいました。
システム手帳に興味のある人は多いと思われるのですが、

始めるのが、大変そう…。

と思われているフシがあるのです。
でも、思ったよりも大変じゃないし、一揃え買ってしまえば、実は市販の手帳よりもランニングコストが安かったりします。
というわけで、今回は、これからシステム手帳を始めようと思う人に、これだけ入れとけば大丈夫!という基本のセットを書いておきますね。


  
【 システム手帳を始めたい人にお勧めする基本のセット 】  

 1.手帳カバー

 2.リフィル

 3.下敷き

 4.あれば便利なモノ







checkmark.png 1.手帳カバー

システム手帳を始めるにあたって、一番最初に考えなくてはいけないのが、手帳カバーです。そして、システム手帳を敬遠している人の大半は、文具売り場とかで鎮座している、高級感溢れる分厚いアレを想像しているのではないでしょうか?
だから、

システム手帳って重そう

と思われたりしているみたいです。
しかし、ここは強調しておきたいのですが、

最近のシステム手帳は、薄い&軽い&格好いいがトレンド

なのです。
そのあたりに関しては、こちらの記事でも書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


システム手帳で一番大切なのは、実はカバーだったりします。中身のリフィルは、あとでいくらでも交換可能ですが、カバーは値段もモノによっては、まあまあしたりするので、よーく吟味した方が良いです。とはいえ、システム手帳の良いところは、カバーもリフィルも自由に変えられるとことなんですけどね。

情報管理LOG的には、初心者のシステム手帳は、

なるべく薄くて軽いモノ

をオススメしたいです。重いと次第に持ち歩きたくなくなるのですよね。また、厚みがありすぎると、カバンにしまえないし。とはいえ、持っていてワクワクしないと意味ないので、それに勝る魅力があれば、何でも良いかな?とは思います。

私が、現在超愛用中なのは、「ASHFORD クラップ」という11mm径のやつです。かれこれ、2年以上使い込んでいます。



これは、今年の日本文具大賞の機能部門でグランプリを獲得したりと、何かと話題の「ノックスブレイン ルフト」というカバーです。一枚皮に金属のバックプレートとリングを付けただけという、非常にシンプルな作りで、なんと8mm径からという極薄を実現しています。


2016102905.jpg



これは、薄くはないのですが、とにかく持っていて格好いいこと間違いなしなPoterの「PORTER FREE STYLE フリースタイル システムバインダー」です。財布代わりにもなりそうですし、いいですよね。


2016102903.jpg


こちらも、Ashfordの11mm径の手帳カバーです。どうですか?システム手帳の概念が揺らぎませんか?







checkmark.png 2.リフィル

次に決めるべきは、リフィルです。
市販手帳から移行する人は、ここでさらに迷うと思われますが、迷うのも楽しいと思うのでぜひ自分に合うものを選ぶと良いですね。
ちなみに、私は今では5mm方眼紙か使っていません。

1.月間ダイアリー



2.週間ダイアリー



3.5mm方眼






checkmark.png 3.下敷き

実は、システム手帳で欠かせないものの1つが、これだったりします。カバーとリフィルだけだと、どうしても書きづらくなってしまったり、リフィル自体が痛みやすくなったりするので、これで挟み込むことで解決できるのです。

こういうのや




こういうので、十分。







checkmark.png 4.あれば便利なモノ

ここからは、あれば便利なモノなので、必須ではありません。
しかし、あるとけっこう便利なので、システム手帳の基本セットを揃えたら、さらに買っても良いかもしれません。

1.リフィル用6穴パンチ
これが、あれば何でも入れることができるようになります。メモ用紙だろうが、地図だろうが、ちょっとした書類でも穴を開けて入れてしまえば良いのです。



2.ファスナーホルダー
領収書でもチケットでも、ちょっとした小銭でも何でも入れられるのが魅力です。これがあるだけで、かなり手帳としての機動力が違ってきます。



3.保存用フォルダ
リフィルが貯まってきてからで良いと思うのですが、捨ててしまうわけにはいかないので、こういうフォルダに年度毎に分けて保存しています。最近では、100均でも売っていたりします。



4.ScanSnap
システム手帳の良いところは、なんと言っても取り外せることなのです。そうすると、データ化も非常に簡単になります。ScanSnapがあれば、爆速でデータ化できるのでオススメです!
このことに関しては、以下の記事で書きましたので、参考までに。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 まずは、3つ揃えよう!

システム手帳への移行を考えて、文具屋さんに行くと、品揃えがありすぎて迷ってしまいますよね。色々とごちゃごちゃ書きましたが、まずは

1.手帳カバー
2.リフィル
3.下敷き


この3つを揃えるだけで十分です。
まずは、システム手帳に移行してみませんか?楽しい世界が待っていますよ!





2016年で面白かった漫画を挙げていく

2016122500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今年は、例年になくマンガを読みました。マンガは、当たり外れが大きいのですが(あと個人的な好みの問題?)、今年は自分の読んだマンガは、ハズレが少なく収穫としては、けっこう良かったと思っています。
というわけで、今回は今年読んで面白かったマンガを、ダラダラと紹介していきます。





checkmark.png 2016年で面白かった漫画を挙げていく


イムリ
今年読んだ漫画の中で、どれか1つを挙げなさい。と言われれば、間違いなくこれを一番に挙げます。それぐらい面白かった。つい、大人買いしてしまったぐらいです。最初の1巻は、独特な語句になじむのにやや時間がかかるのですが、その仕組みや世界観が分かってくると、とたんに面白さが加速していきます。そして、作者が仕掛けた残酷な罠が明らかになってくるにつれ、毎巻「そうきたかっ!」と唸ってしまいました。

「カーマ」「イムリ」「イコル」という3つの種族の争いという世界の物語です。その世界での支配者であるカーマは、賢者というトップを中心に複雑な階層が築かれています。カーマは、「侵犯術」という他者の精神をコントロール術を用いて、支配を強固なものにしています。主人公は、そのカーマのエリートとして、かつて4000年前に氷漬けにされた星に行くところから物語は始まります。その星に住むイコルに待ち受けるカーマの支配層が仕掛けた残酷な罠とそれに抗うイコル。そして、主人公。実に目が離せない展開なのです。古代の武器の秘密が少しずつ解き明かされてゆくに従って、物語が大きく動いていくというのも、展開を加速させていく仕掛けとして優れています。
ダークファンタジーというカテゴリーが、実にぴったりな作品なのです。今年最高に面白かった(まだ続いています)。


ちなみに、現在「イムリ」のまとめ買いがお安くなっています。買うなら今だ!







AIの遺電子

1980年代に史郎正宗が切り開いたサイバーパンクな義体やヒューマノイドが共存する世界の漫画という土壌が、もはや1つの前提として読者と共有されている作品です。
と書くと、なんだかハードなSFみたいなお話しみたいに感じるかもしれませんが、全く違います。むしろそういう世界観が、日常となっている世界に起きる様々な問題をAIの医療(!)という観点で描いた作品なのです。未来版ブラックジャックみたいな?
でも、少しずつ巻数を重ねるうちに、そのAIと共存する世界での問題点みたいなモノもえぐられてきて、物語に深みが増してきています。
なかなか一筋縄ではいかない漫画なのです。





山と食欲と私

単独登山女子が主人公の漫画なのですが、そこで描かれる山ごはんの美味しそうなこと!登山あるある的なこともたくさん描かれていて、山に登る人だったら「あー」となること請け合いです。
でも、登山する人だけが楽しむ漫画かというと全然違うのですよね。自転車漫画を読む人が、全員自転車乗っていなくてはいけないか?というと全く違うように、誰でもが、楽しめる内容になっています。単なるグルメ漫画として読んでも良いし、登山漫画として読んでも楽しいです。

色々理屈は抜きにして、美味しそうなんですけどね!




ごはんのおとも

そして、美味しそうな漫画その2。
こちらに出会ったのは割と最近なのですが、すごく面白くて、一気にランクインしました。あえてカテゴリ分けするならば、癒やし系グルメ漫画かな?
とにかく登場人物達の誰もが、すごく繊細で、そして優しいのです。そして、そのまんまの絵柄。
作者さんは、本当に食べるのが大好きなんだなと思える料理の数々。素敵です!
1話ごとに読みきりなのですが、世界がつながっていて、少しずつ読んでいるうちにつながっていく感が、読んでいてすごく心地よいのです。





春風のスネグラチカ (F COMICS)

今年の春に読んだ作品。
沙村広明さんといえば、「波よ聞いてくれ」とか「無限の住人」とかの作品で有名な方です。この方の作品は、良くも悪くも人間の業の深さを主題にした作品が多いように思います。
この作品は、短編で1巻完結なのですが、世界観の描き方、そして壮大な仕掛けには舌を巻きます。よくぞ、この1巻の中に詰め込んだなと感心してしまいます。帝政ロシアが倒れた直後の物語なのですが、主人公は車いすに乗った両足がない少女とその従者で、その少女の乗る車いすは、一人では動かすこともできない仕組みになっている…。そして、その二人は「あるもの」を探し求めて旅をしている!これだけで、どう考えても面白くないわけない感じがしますよね。
沙村広明さんの作品を読んだことがないという人は、ぜひこちらから入った方が良いです。間違っても、「ブラッドハーレーの馬車」から入らない方が良いです。こちらは、胸糞漫画の王道です。







かくかくしかじか 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

東村アキコさんの自伝的漫画です。
九州の片田舎で芸大受験を目指していた女子高生が主人公(東村さん?)で、絵画教室の「せんせい」との関わりを、やや長めのスパンで書き連ねています。その絵画教室の「せんせい」は、むちゃくちゃな感じの人なのですが、それでも心根は優しくまっすぐな方として描かれています。
その「せんせい」を時には疎んじ、時には尊敬し、今の自分を創ってきた人として描ききっています。こういう作品って、やや湿っぽく描かれてしまいがちですが、さすが東村アキコともいうべく、サラリとした感触の作品になっています。





僕だけがいない街

今年、完結した「僕だけがいない街」の最終巻です。
前にも書いたと思うのですが、アニメーションとこの最終巻は、物語もエンディングも違います。しかし、普通だったらそういう作りをしたら、ファンが怒りそうなものですが、どちらもすごく納得できる終わり方でした。そして、どちらもすごく良かった。
現実が強制的に巻き戻されてしまう再上映(リバイバル)を抜けて、主人公がたどり着いたもの。それが、「僕だけがいない街」だったのです。
この三部けいさんすごいストーリーテーラーだと思います。





山賊ダイアリー

こちらも最終巻になってしまいました。山賊ダイアリー自体は、山賊ダイアリーSCという形で続くようです。狩猟というもの自体よく分かっていなかったので、この漫画を読んで初めて、その実態を知ったり、興味を持った人も多いのではないでしょうか?
かくいう私もその一人でした。
最初の頃は、カラスを食べたりとか、色々ショッキングな部分も大きかったのですが、少しずつ作者の方の成長もうかがわれたりして、狩猟家の日常な感じになっていきました。自分としては、そういう部分も面白かったのですが、それをマンネリと感じた人も多かったみたいです。とはいえ、今なお狩猟漫画という未開拓ゾーンを切り開いた(そして、後続がいない)功績は大きいです。





町田くんの世界

少女漫画なんですけど、あえてオススメしたい漫画です。
この主人公の町田君なのですが、勉強もできなければ、スポーツも得意じゃない。そして、クラスの中で目立つ存在でもない。というおよそ少女漫画で主人公を張ることがなかったような子なのです。
けれども、唯一彼が他の人と違うのは、彼自身が「人が大好き」なことです。だから、男子も女子も関係なく接するし、誰にでも優しいのです。そして、そうした行為に周りが魅了されていくのですが、本人はいたって無自覚というところがこの漫画のすごいところです。なんだろう、このもどかしさ!この人たらしっぷり!
ぜひ、一度読んでみてください。





ミスミソウ

1冊5円というあり得ない値段で揃えて、一気読みしてしまいました。Kindle最高!
内容は、何度も情報管理LOGで書いていますが、とにかく胸糞漫画の王道です。
田舎町に引っ越してきた主人公が、凄惨ないじめを受け続け、復讐をしていくという誰にとっても何の救いもない漫画です。でも、その救いのなさが、この作品を力強いモノにしているのも確かなんですよね。





乙嫁語り

「乙嫁語り」は、中央アジアを舞台にした漫画です。丁寧で緻密な書き込みが特徴で、まさにその当時の中央アジアの風を感じることができるような漫画になっています。最新刊では、いよいよパリヤの恋についてです。前巻からの続きですが、動きがあります。一時期緊迫の展開が多かっただけに、9巻は和みますね。
まだ、未読の方は民族衣装だけでもぜひ見てください。素晴らしく美しいです。




GIANT KILLING

ぜひ、全国の中間管理職に読んでもらいたいと私が勝手に思っている漫画です。もう42巻まできました。
この漫画は、サッカー漫画なのですが、GIANT KILLINGとは「巨人を倒す」という意味です。サッカーという競技は、ジャイキリが起きやすい競技なのですが(逆にバドミントンやテニスは起きにくい)、それを選手目線ではなく、監督目線で描いたのが、この漫画なのです。とはいえ、最近は選手目線からの物語も多くなってきましたけどね。
監督の采配や研究が、試合やチームに与える影響というのを描いた漫画って多くないですよね?また、よくあるスポーツ漫画は、選手の活躍こそ描いても、その周囲のサポーターや地域までは描きませんよね?しかし、そういう周辺も描きこむことで、チーム自体を考える漫画になっています。





亜人

もしも、不死の体を持っていたらという設定を極限まで面白くしていったのが、この「亜人」です。絵柄は、21世紀版大友克洋という感じ。きっと、本人もそれを意識している感じのカットもけっこうあります。
でも、そこにエンターテイメントを持ち込んだらこうなったというのが、本作ですね。9巻は、フォージ安全ビルの攻防の最終局面です。「まさか、こうきたか!」という展開をどんどん繰り出してくるのが、本当に面白いです。
さて、今後どうなることやら。





東京タラレバ娘

今度、ドラマで実写化されるようです。
30代半ばの色々こじらせてしまった3人組の女性が主人公の漫画なのですが、いつも居酒屋でくだを巻いているような生活をしていたのですが、それをモデルの20代の男の子が、

”「いい歳して『痩せたら』だの、『好きになれたら』だの、何の根拠もないタラレバ話でよくそんなに盛り上がれるもんだよな。オレに言わせりゃあんたらのソレは女子会じゃなくてただの…行き遅れの女の井戸端会議だろ。まあいいよ、そうやって一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ!このタラレバ女!!」”

と言われるところからスタートします。
そこから怒濤の如く、厳しい台詞のオンパレード。
とにかく強烈です。心して読まないとやられる人も多いかも。






メイドインアビス

絵柄は、いわゆる萌絵っぽい可愛気のある感じなのですが、内容はダークファンタジーというギャップがすごい漫画です。世界の秘境である「アビス」という底がどこまで続くのか分からない巨大な穴を探検する物語なのです。その大穴は、その昔どこかの文明が残した様々なオーパーツのような遺跡が出土します。それを目指して、たくさんの探窟家が挑んでいるという設定なのですが、まるで深海のように、深く潜れば潜るほど、上に戻るときに体にダメージを受けることから、深く潜る行為そのものに危険がつきまといます。
そして、穴の中には凶悪な生物たちも生息しておりと、なかなか設定だけでも十分に魅力的です。しかし、さらに追い打ちをかけるように、全く先の読めない展開が、たたみかけるように起こっていきます。思わず、ページをめくる手が止まらなくなること必至です。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 たくさん読みました

今年は、ここで紹介した漫画以外にもやたら読みました。漫画は、当たり外れが大きいモノという割り切りが必要ですよね。だからこそ、読んだ分だけ当たる確率が高まるというものです。
とはいいつつも、今年は当たりも多かったように思いました。おかげで楽しく過ごすことができました。もしも、皆様からも「こんな作品も面白かったよ!」という情報があれば、どんどん読んでいきたいと思いますので、コメントなどで教えていただければ幸いです。

2016122501.png

2016122502.png


iPhoneの画面が割れたときにやるべきこと&できること

2016122400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
まさかの年末のこの時期にiPhoneの画面が割れるなんて…と、悲嘆に暮れまくっています。今回は、iPhoneの画面が割れたときに、やるべきことと修理顛末を書いていきます。涙で前が見えん…。

ちなみに、Appleストアに持ち込みができる環境の人は、ジーニアスバーに予約を入れて、即日修理してもらった方が良いです。あくまで、そういうことができない場合についてです。


  
【 iPhoneの画面が割れたときにやるべきこと&できること 】  

 1.iPhoneの画面が割れてしまった…

 2.代替iPhoneを探す→失望

 3.iPhoneの修理の手続き

 4.エクスプレス交換サービス?

 5.iPhoneを送る前にすること







checkmark.png 1.iPhoneの画面が割れてしまった…

先日、飲み会の帰りに、iPhoneをポケットから出したら、手から滑り落ちアスファルトに「コツン」といってしまいました。私は、けっこうポロポロiPhoneを落としてしまう人なので、いつものことだぐらいに拾い上げたところ、右上から強烈なひび割れが…。

酔っていたせいもあり、「気のせいだ、きっと」。とポケットにしまい込み、そのまま帰宅&爆睡。

翌日、目が覚めて、もう一度iPhoneを見てみると、やはり同じように割れているではありませんか!

夢だけど、夢じゃなかった!

的な?
愕然としてしまいましたが、このままの姿では通常使用に差し支えさえ出そうです。

2016122401.png



そこで、まずはできることを、やり始めました。




checkmark.png 2.代替iPhoneを探す→失望

私の知り合いの話から、「iPhoneの代替機がショップにある」とのことだったので、すぐに探し始めました。私は、現在、ソフトバンクなので、iPhoneを契約したソフトバンクのショップに行き、代替機について聞いてみました。すると、

この時期は、画面割れする人が多くて来年の1月ぐらいまでない

とのお返事。
では、他のソフトバンクのショップにないか問い合わせをお願いすると、

うちの系列店は、ここら辺ではここだけなので、他のソフトバンクのショップへはお客さんが問い合わせをしてください。

とのこと。系列店って何??
どうして、ソフトバンクの看板なのに、横のつながりがないの?
という質問をすると、どうやら同じソフトバンク看板をつけていても、系列店が違うとやりとりができないとのことでした。ナニソレ、その融通のなさは。

ソフトバンク同士、お互いに融通しあえよ!

という気持ちもそこそこに、他の系列点やらに、どんどん電話をかけて探してみました。しかし、全て代替機が出払っているか、すでに予約が入っており、難しい状況に。

残念ながら、Appleストアに直接持っていくことができない環境なので、ほとんど諦めの境地に至りました。この時点で、代替機でなんとかするという案は、ほぼ消滅し、5日~1週間程度iPhone無しの生活に切り替えるという気持ちになってきました。

iPhone 修理サービス Q&A センター - Apple サポート
iPhone 修理サービス Q&A センター - Apple サポート







checkmark.png 3.iPhoneの修理の手続き

そうやって腹をくくると、案外行動は素早くなるものです。
すぐにAppleのサイトから、修理の手続きをしました。

iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト
iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト





ここでアドバイスですが、iPhoneの画面が割れていても操作できる状態ならば、iPhoneから申し込むとラクですよ!あとで触れますが、シリアルナンバーなどをいちいち打ち込む手間が省けます。あと、「iPhoneを探す」をオフにしておいてください。

「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」をオフ

の順でできます。

2016122402.png



「配送修理」というのは、運送業者がiPhoneをピックアップして、修理工場に持ち込み、修理が完了したら送り返してくれるサービスです。

iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト
iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト




2016122403.png



さっそく、シリアル番号が必要になるのですが、「サインインして製品を選択する」をタップすると良いです。

2016122404.png



サインインして。

2016122405.png



Apple IDに登録している製品一覧が見えるので、その中からiPhoneを選びます。すると、それだけでシリアル番号が自動入力されます。

2016122406.png



ここからは、スクリーンショットを撮っていなかったので申し訳ないのですが、住所の確認や支払い方法などの選択などを行うと、あっという間にできました。その間10分前後。このあたりの作り込みは、さすがAppleと言えます。





checkmark.png 4.エクスプレス交換サービス?

さて、修理の依頼を出してしまってから、すぐに「エクスプレス交換サービス」というのを発見してしまいました。
このエクスプレス交換サービスというのは、Apple Care+に入っていれば、

新品のiPhoneと交換してくれる

というサービスなのです。
しかも、宅配便で届けてくれるというのですから、至れり尽くせりですよね。

iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート
iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート





さすがに、そんなに美味しい話には、何かあるかも?
ということで、Appleのサポートに電話で確認してみました。
その電話での要点は、以下の通りでした。

・宅配業者が、新品を持っていくので、SIMさえ入れ替えればすぐに使える
 →修理の時間を待つ必要が無い
・Apple Care+に加入している場合、
  画面割れの修理費用は、3800円ぐらい
  エクスプレス交換サービスは、10000円ちょっとかかる

これ非常に分かりづらいのですが、Appleのサイトでは、以下のような料金設定が表示されています。

iPhone のモデル保証対象外修理
サービス料金
交換機価額
iPhone 7 Plus
32 GB34,800 円85,800 円
128 GB34,800 円96,800 円
256 GB34,800 円107,800 円
iPhone 7
32 GB32,000 円72,800 円
128 GB32,000 円83,800 円
256 GB32,000 円94,800 円
iPhone 6s Plus
16 GB33,000 円70,800 円
32 GB33,000 円72,800 円
64 GB33,000 円78,800 円
128 GB33,000 円83,800 円
iPhone 6s
16 GB30,000 円59,800 円
32 GB30,000 円61,800 円
64 GB30,000 円67,800 円
128 GB30,000 円72,800 円
iPhone 6 Plus
16 GB33,000 円61,800 円
64 GB33,000 円67,800 円
128 GB33,000 円110,800 円
iPhone 6
16 GB30,000 円50,800 円
64 GB30,000 円56,800 円
128 GB30,000 円98,800 円
iPhone SE
16 GB26,800 円44,800 円
64 GB26,800 円49,800 円
iPhone 5s
16 GB26,800 円42,800 円
32 GB26,800 円48,800 円
64 GB26,800 円87,800 円


これを真に受けると、「保証対象外修理サービス料金」がかかってしまうのではないか?と思ってしまうのですが、どうも違うようです。
サポートの方とも確認したのですが、私の場合は、10000円ぐらいとのことでした。ここらへんは、非常に分かりづらいなと感じた点です。もう少し親切な表示をしてくれても良いような気がします。

結果として、私は今回はエクスプレス交換サービスを利用しませんでした。
iPhoneが、使えない数日間(5~1週間)は、相当辛いような気もするし、社会人としていかがなものか?という気持ちもあったのですが、

逆にiPhoneなしで生活が可能なのか?

という純粋な好奇心が芽生えてしまったのです。
単にアホという気もしなくもないのですが、悪影響を限りなく減らしつつチャレンジしてみることにしました。
これについては、後日、記事にしたいと思います。果たして、人はiPhone無しで生活できるのか?





checkmark.png 5.iPhoneを送る前にすること

さて、そうと心が決まってしまったら、あとはやるだけです。

1.iPhoneのバックアップをとる
やり方に関しては、ここらへんを参考にしてみてください。完全なバックアップには、暗号化必須です!
iTunes でバックアップをする(Windows® パソコンでの操作方法) | iPhone | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク
iTunes でバックアップをする(Windows® パソコンでの操作方法) | iPhone | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク





2.連絡先&写真の個別バックアップ
普通は、やった方が良いといわれていますが、しませんでした
連絡先は、Googleコンタクトと同期しているし、写真もGoogleフォトと同期しているので、もはややる必要を感じなかったのです。


3.データの消去
「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」

で、できます。
さすがに抵抗感ある。


4.カバーを外す&SIMを抜く
今まで愛用していた「Man&Woodの天然木ケース」ともこれでさようならです。




なぜならば、新しいカバーを買うから。
今度は、絶対に画面が割れないやつを買ってやる!でも、この横に入った木目大好きだったんだよなぁ…。

そして、数時間後に宅配業者が来て、持って行ってしまいました。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 年末、iPhoneなしチャレンジ敢行中!

なんでまた、年末のこの時期にiPhone無しの生活にわざわざ突入しようと思ったのか?なぜ、エクスプレス交換サービスを申し込まなかったのか?

色々なことが、頭をよぎり過ぎるぐらいには、グルグルしています。しかし、純粋な好奇心というやつには、勝てませんでした。

人(というか自分は)は、iPhone無しで生活できるのか?

このあたりに関しては、iPhoneが帰ってきてから記事にしたいと思います。
少なくとも今の心境は、苦しい。言えることは、それだけです。


追記:そして、本日アプリのセールが始まりました。半額だそうです…。






家庭用プリンタvsコンビニプリント ランニングコスト対決!

2016122200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
さて、年賀状の季節ですね。みなさん準備は進んでいますか?
さて以前、ローソンなどで使えるネットワークプリントについての記事を書きました。

コンビニのマルチコピー機をPCの外部プリンタとして使う!

その中で、「本当に家にプリンタが必要なのか?」という疑問を投げかけました。実際問題として、1年間の中で家庭用プリンタを使う機会から考えたら、無理にプリンタを買わなくても良いのではないか?という気持ちが高まってきていたのです。
そこで今回は、実際にコンビニプリントと家庭用プリンタのランニングコスト比較をして、どういう損益分岐点があるのかを見てみました。


  
【 家庭用プリンタvsコンビニプリント ランニングコスト対決! 】  

 1.対戦エントリー

 2.ランニングコスト比較

 3.結論と考察







checkmark.png 1.対戦エントリー

皆さん家には、プリンタありますか?
今では、すっかり安くなってしまって、型落ちであれば、探せば6000円ぐらいで買えてしまいます。



でも、よく聞くのは、「久しぶりに使おうと思って、プリンタを出したら、インクが詰まってたわ。」というものです。
まぁ、ここまで極端な例ではなくても、家でのプリンタの活躍の機会って、家で仕事をしている方以外にとっては、実はほとんど無いのではないでしょうか?
そうなると、ここで一つの疑問が出てきます。

家にプリンタって必要なの?

私の家でも年賀状印刷するときと、あと年数回ぐらいしか使っていません。
というわけで、一番最初にも書きましたが、コンビニプリントなどと比較してみたらどうだろう?と思い立ったわけです。

そこで、以下が今回の対戦エントリーになります。

プリンタ初期投資ランニングコスト
TS8030 BK20,01615.9
PIXUS MG693012,98015.8
PIXUS MG36306,36118.6
EP-879AW21,45720.6
EP-808AW13,93520.6
Colorio PX-045A5,36326.6
コンビニ(フルカラー)050
コンビニ(白黒)010
コンビニネットプリント(フルカラー)060
コンビニネットプリント(白黒)020



なんでプリンタが2社だけなの?という文句も聞こえてきそうですが、家電量販店に行ったら分かるはずです。brotherとかHPなどもあると認識していますが、大プッシュぶりが、全く違います。というわけで、ビック2からフラグシップ、ミドル(型落ち)、エントリーの3つをAmazonさんの人気ランキングを元に選びました。
また、コンビニのコピーおよびネットプリント(ローソンは、ネットワークプリント)に関しては、値段が変わらなかったので、まとめました。

こちらが、今回のランニングコスト比較対象機です。
ちなみに、ランニングコストは、公式サイトの情報を鵜呑みにしました。他の公正な比較方法がなかったので。

Canon キヤノン プリンター インクジェット複合機 TS8030 BK ブラック


Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG6930 BK ブラック


Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG3630 BK ブラック


EPSON プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-879AW ホワイト 6色高画質


EPSON プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-808AW ホワイト


EPSON インクジェット複合機 Colorio PX-045A






checkmark.png 2.ランニングコスト比較

では、ランニングコストの比較をしてみましょう。
概ね比較できれば良いという観点から、プリンタを青系で、コンビニのコピーを赤系、そして、コンビニのネットプリントをグリーン系にしてみました。


1.500枚までの比較



この段階でネットプリントのフルカラーが、ほとんどの機種よりもコスト高になっています。コンビニでカラー印刷する場合、プリンタのミドル機のみとの比較で考えた場合、家で300枚印刷するぐらいならば、コンビニでネットプリントで印刷した方が安そうです。逆に400枚を超えるならば、プリンタの方が、安く済みそうです。


2.1000枚までの比較



コンビニでカラーを印刷するのは、止めた方が良いなという感じになってきましたね。逆に白黒だったらネットプリントでもコピーでも、コンビニの方が安いです。
この段階でプリンタは、印刷コストが当初のプリンタ購入代金ぐらいになっているのが分かりますね。また、ネットプリント(白黒)は、この時点でやっと、フラグシップ機購入代金レベルに近づいたという感じになっています。


3.2000枚までの比較



もはや、コンビニのカラーに関しては、遙か遠くにいってしまい、現実的な比較検討外の領域に…。しかし、それに比して、白黒に関しては、未だ健闘していますね。





checkmark.png 3.結論と考察

まずは、考察から。

1.考察

今回は、単純にプリンタ機器の値段に1枚当たりのランニングコストを積算していっただけですが、実際はプリンタのインクが底をついた時点で、インクの買い換えが発生します。ですから、実際上のグラフは、階段状をイメージしてもらえればと思います。

また、最近は互換インクが、Amazonなどでかなり低価格で販売されています。もちろん、これらを使うと保証外になってしまいますが、私自身使ってみて、それほど不具合を感じていません。発色や耐久性を重んじるならば、純正の方が良いでしょう。
互換インクの場合は、半額以下ぐらいなので、コストのグラフもかなりなだらかな感じになります。

また、インクは均等になくなるわけではないので、キレイなコストグラフにはならないことも付記しておきます。例えば、黄色と黒ばかりが多く減ってしまうなどというときは、バラで購入しなくてはならず、どうしてもコスト高になってしまう可能性もあるということです。





エントリー機は、一見、機器自体が安くて目移りしますが、1000枚~2000枚のあたりを見ていただければ分かりますが、1枚当たりのコストは高めです。しかも、エントリー機の特徴として、インクタンク全色一体型なので、どれか一色でもなくなった時点で、インクタンクを交換となります。そう考えると、先ほどの階段状にコストが上がると考えると、もっと急な角度で上がっていくことが予想されます。

また、果たして年間どれほど印刷するのか?
と考えたときに、結果が変わってくるように感じます。
年賀状のシーズンしか使わないし、200枚前後などという場合は、自宅のプリンタの必要性に関して検討しても良いかもしれません。

また、コンビニの場合は、自宅ですぐに確認できないという不便さがあります。
コンビニが、近所ですぐに足を運べるならばよいですが、そうで無い場合は、何度も足を運ぶ面倒さという点も考えるべきかもしれません。少なくとも試し印刷というのは、現実的でなくなります。時間をお金で買うという発想ですね。


2.結論
A:金銭的コスト面だけを考えるならば

300枚未満の場合は、コンビニの方が安い。
※ただし、エントリー機との比較では、その限りではない。


B:トータルコストで考えた場合

1年間で300枚未満であるならばコンビニだが、試し印刷は現実的ではない。
1日あたり複数枚印刷するならば、プリンタを購入した方が良いかもしれない。


C:年賀状のみなの印刷しか使わないならば
ネット上の印刷屋さんに外注した方が安い。
ただし、宛名書きが必要になるので、かなり安いモノクロレーザープリンタを購入するというのが良いかも!

001:







eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 プリンタのない生活もありかもね

というわけで、今回は、懸案だったコンビニプリントと自宅のプリンタとの比較をやってみました。純粋にコスト面だけを考えるならば、自宅のプリンタの必要性は、かなり低下しつつあるように感じます。
特に1年間に年賀状しか印刷しないという場合などは、真面目にネット上の印刷屋さんに外注するというのは、ありだと思います。

とはいえ、「時代は、ペーパーレス!」とか言われて久しいのに、無くなる気配がないということを考えると、思い切ってプリンタのない生活というのは、難しいかもしれません。けれども、もう一度自分の生活を振り返ってみても良いかもですよ!


Twitterのタイムラインを一瞬でテキスト化する方法

2016122100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
サブアカウントのTwitterのタイムラインをMLに転載しているのですが、毎回、これが非常に面倒な作業の一つでした。しかし、あっという間にテキスト化する方法を思いついたので、シェアしたいと思います。
実は、これの応用範囲すごく広かったりします。

  
【 Twitterのタイムラインを一瞬でテキスト化する方法 】  

 1.Twitterのタイムラインはテキスト化しづらい

 2.Chromeの拡張機能「Scraper」で解決

 3.Twitterのタイムラインをテキスト化する方法







checkmark.png 1.Twitterのタイムラインはテキスト化しづらい

Twitterのタイムラインをテキスト化するなどというネタ自体、あまり需要がなさそうな気もするのですが、世の中にはこの情報を必要とする人が、10人ぐらいはいるだろうという気持ちで書いていきます。

まず、基本的にTwitterのタイムラインをコピペする手順としては、こんな感じかと思います。

1.コピペしたい範囲を範囲指定する
2016122101.png



2.コピーする
2016122102.png



3.テキストエディタに貼り付ける

それで、できたテキストは、こんな感じになります。


yoshinon ‏@yoshinon 9時間9時間前
うわぁぁぁあ、懐かしい…。

【侍魂】インターネット古参が泣いて喜ぶ「テキストサイト同窓会」やってみた【兄貴の館】 | オモコロ

0件の返信 0件のリツイート 1 いいね
返信 リツイート
いいね 1 ツイートアクティビティを表示
その他
yoshinon ‏@yoshinon 17時間17時間前
本当に分かりづらくて困る…。

ソフトバンク解約者は要注意!ヤフーから毎月390円ずつ盗まれるのを止める方法 - ぶかろぐ

0件の返信 1件のリツイート 0 いいね
返信 リツイート 1
いいね ツイートアクティビティを表示
その他
yoshinon ‏@yoshinon 21時間21時間前
漫勉まさかのシーズン4!やりました!!

「浦沢直樹の漫勉」シーズン4決定に歓喜の声!「浦沢回で完全に終了って思ってたらまさかの続編!」 | ダ・ヴィンチニュース

0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信 リツイート
いいね ツイートアクティビティを表示
その他
yoshinon ‏@yoshinon 22時間22時間前
今年導入して良かったアプリ(有料編) http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-763.html …

0件の返信 0件のリツイート 0 いいね
返信 リツイート
いいね ツイートアクティビティを表示
その他


返信とかリツィートとか、いらない情報が、多すぎますよね。
さらに、最近のカードタイプのツィートだとURLがテキストとしてコピーできないのですよ。
これは、痛い…。何とかならないものか。






checkmark.png 2.Chromeの拡張機能「Scraper」で解決

そこで、Chromeの拡張機能である「Scraper」を使います。

Scraper - Chrome ウェブストア
Scraper - Chrome ウェブストア




この「Scraper」という拡張機能ですが、一体どんなものかというと、Web上のデータをスクレイプするものです。スクレイプ?と思った方も多いでしょうから、こちらの動画をご覧ください。




このようにWeb上のデータをテーブルとして抜き出すことができるというものなのです。
これ、何気にすごくないですか?





checkmark.png 3.Twitterのタイムラインをテキスト化する方法

では、このScraperを使って、Twitterのタイムラインをテキスト化してみましょう。

1.スクロールしてテキスト化したい部分を表示する
まずは、テキスト化したい部分が全て入るまでスクロールしてください。

2016122103.png




2.この部分を右クリックする
このScraperは、右クリックした位置の構造を元にデータを抜き出すので、右クリックする位置が重要なのです。

2016122104.png



3.Scraperを選択

2016122105.png



4.「Copy to clipboard」をクリック→テキストエディタへ

2016122106.png
※クリックしたら拡大します。

2016122107.png




これで、できたテキストは、こんな感じです。


うわぁぁぁあ、懐かしい…。 【侍魂】インターネット古参が泣いて喜ぶ「テキストサイト同窓会」やってみた【兄貴の館】 | オモコロhttp://omocoro.jp/kiji/98350/
本当に分かりづらくて困る…。 ソフトバンク解約者は要注意!ヤフーから毎月390円ずつ盗まれるのを止める方法 - ぶかろぐhttp://guchirubuka.hatenablog.com/entry/softbank-steals-390yen …
漫勉まさかのシーズン4!やりました!! 「浦沢直樹の漫勉」シーズン4決定に歓喜の声!「浦沢回で完全に終了って思ってたらまさかの続編!」 | ダ・ヴィンチニュースhttp://ddnavi.com/news/341103/a/
今年導入して良かったアプリ(有料編) http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-763.html …pic.twitter.com/GG1N6pCzJJ



ここまでできていたならば、改行とかを修正するだけで済みますね。

さらに、Googleドライブへのエクスポート機能もあるので、サクッとデータとして抜き出せたりするのも、なかなかの神拡張機能だと思います。

2016122108.png



というわけで、@yoshinonをフォローしてくださると嬉しいです。

Twitter-yoshion.png




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Scraperは、神拡張機能だと思う

今回は、Twitterのタイムラインからテキストを抜き出すということをやりましたが、思いもよらないところに、この拡張機能の可能性が広がっているように感じます。実際、他にもサイトのメニューのテキストを抜き出したり、もう少し工夫すると、「えっ、そこから!?」というところからも抜き出すことができたりします。
あまりメジャーじゃないような気がしますが、素敵な拡張機能なので、皆さんもぜひお試しください。






今年導入して良かったアプリ(有料編)

2016122000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、「今年導入して良かったアプリ(無料編)」として、今年1年間を通して、たくさん試したアプリの中で、現在でもiPhoneに残り、使い続けているアプリを紹介いたしました。今回は、有料編ということで、今年購入したアプリで現在も一線で活躍しているものをピックアップしてみました。



  
【 今年導入して良かったアプリ(有料編) 】  

 1.テキスト系

 2.画像系

 3.ツール系

 4.カメラ系

 5.Evernote系

 6.その他






checkmark.png 1.テキスト系

今年は、テキスト系なアプリを多く導入した年でした。
無料も合わせると、かなりの数をダウンロードして試してみたのですが、残ったのは少なかったな。

7notes SP

手書き文字を認識してメモができる高機能ノートアプリです。
こんな汚文字ですら、スラスラと認識するというスゴさ!その半端ない認識率の高さにひたすら驚いて欲しいアプリなのです。

2016091102.png



そして、こんな文字ですら!

2016091104.png



一歩間違えば、もはや紙のノートなんて要らなくなるんじゃない?と思えるほどの出来です。いらなくならないけど。
詳細は、こちらに書きましたので、どうぞ。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




Drafts


ずっと買うのを悩んでいて、とうとう今年導入したテキストエディタアプリです。なんといっても、マークダウンでゴリゴリ書くときにすごいラク!そして、アクションがやたら便利なんですよ!Javascriptが動くというのも自分的にはヒットだし、マークダウンのプレビューは、モブログには欠かせません。
どうして、もっと早く導入しなかったんだ…と悔やまれたアプリでした。






checkmark.png 2.画像系


Instaflash Pro

写真の写りが悪いことってありますよね?
でも、最近ではあまり気にならなくなりました。なぜなら、このアプリがあるから。
これは、自分の中では今年ナンバーワンに素晴らしかったアプリと断言して良いと思っています。とにかく、写真の補正は、このアプリ1本で済ませてしまっています。

と、私が説明しても、なかなか素晴らしさがあまり伝わらないと思いますので、こちらのブログに丁寧にまとめられていますので、ぜひ素晴らしさにしびれてください。

カメラマンの私が使う最強のiPhone写真編集アプリInstaflash Proを紹介するよ! | studio9
カメラマンの私が使う最強のiPhone写真編集アプリInstaflash Proを紹介するよ! | studio9




EQ補正だけでも使ってみてくれ!というのが、私から言えることです。




ViewingFun


えっ?無料じゃ…。と思った方もいるのでは無いかと思うのですが、全機能を使うために課金したのです。それぐらい気に入ったということです。
このアプリは、写真閲覧アプリなのですが、多彩な方法で写真を見ることができるのです。全部で5つのビューで見ることができます。

 ・カレンダービュー
 ・タイムラインビュー
 ・アルバムビュー
 ・マップビュー
 ・スライドショー


そして、1つ1つの写真の見せ方が、なかなか素敵なんですよね。
私が、一番使っているのが、カレンダービューでカレンダー上の色で写真の枚数が、一目瞭然というのが新しいなと。

2016011903.png



あと、スライドショーも飽きなく写真が見られるので、好きですね。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly





checkmark.png 3.ツール系


PDF Converter

ちょうど50%オフセールの時に買うことができました。
私が大好きなデベロッパーであるReaddleから出しているアプリです。
このアプリは、タイトルのまんまなのですが、iPhoneで表示できるもののほとんどをPDF化できるアプリです。これさえあれば、アプリに依存しないで文章でも何でも送れるので、心強いんですよね。

これと、Printer Proとの組み合わせが最高なんですよ。

サクッとPDF化→印刷

ということが、難なくできるのですよね。
実は、Printer ProでもPDF化できたりするのですが、やはりPDF Converterの方が一枚以上上手です。基本的には、iOS共有から使うので、本体を立ち上げることは少ないです。






Duet Display

iOS端末をサブディスプレイにしてしまえるというアプリです。
いつか取り上げようと思っているうちに今年が終わってしまいそうです。iPhoneやiPadをサブディスプレイにしてどうするの?と思うかもしれませんが、これが案外使えるのですよ。手元で見られるサブディスプレイというのは、ちょっと新しい体験でした。

2016122001.png




CodeCapture

先日、情報管理LOGで取り上げたアプリです。
TwitterやYouTubeなどWebサービスをブログに埋め込みたいときに、コレ一本あるとすごい簡単に埋め込みタグを取得できるのです。
ちなみに、以下のサービスに対応しています。

 ・Instagram
 ・SlideShare
 ・Twitter
 ・Youtube
 ・Vimeo


自分的には、これを共有からサクッと使えるように、Workflowと組み合わせて使っています。これで、共有Extension → Workflow → コード取得 という流れで、ストレス無く使えています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

と紹介したら、作者のふぃーぷれ (@feelingplace) さんからお返事をいただきました。ものすごく楽しみにしています!







広告ブロッカー

これは、つい最近とうとう導入したアプリです。
でも、使ってみて「どうして自分は、今まで入れていなかったのだろう」と思ってしまいました。
とにかくWeb上でのいらない広告を全て非表示にしてくれるのです。事前にブロックしてくれるので、通信量をカットしてくれるので、ありがたいですね。最近じゃ、頼んでもいないのに、勝手に動画を再生してくれる迷惑な広告もあったりするので、そういうのが、表示されないというのは快適極まりないです。
これについては、近いうちに記事にしようかと思っています(問題点も含めて)。






checkmark.png 4.カメラ系


Camera Plus


カメラアプリは、昨日の無料編でも書きましたが、けっこう試しまくりました。けれども、最終的に残ったアプリは、少なかったです。で、現在も使っているのが、このCmera Plusです。カメラ機能としても、まあまあ色々できて優秀なのですが、それよりも特徴付けているのは、Air Snapという機能です。これは、2台のiOS端末のCamera PlusをBluetoothで接続し、遠隔操作できるというものです。何に使うのかというと、集合写真を撮影するときにめちゃくちゃ便利なんですよね。Bluetoothなので、外でも普通に使えるし、何より手元で写真のフレームに収まっているのか確認できるというのが、すごいありがたいのです。Air Snapについてイメージがつかない人は、以下の動画を見て見てください。41秒ぐらいからAir Snapについて説明しています。







checkmark.png 5.Evernote系

今年は、ライフログの取り方を少し変えてみよう!と思い立ち、とにかくEvernote系のアプリを試しまくりました。Evernoteに関しては、最近はあまり良い話を聞かないのですが、自分の中では1軍アプリで居続けています。
OneNoteもいいのですが、画像の中の文字認識とか、タグの管理とか、ライフログにおける追記できる便利さとか、サードパーティー製のアプリの豊富さ、とかとか考えるとなかなか移る気になれないです。


EverGear

ライフログをとるときに写真とコメントを一気に追加したいときがけっこうあります。そういうときにPostEverだと、何度も

写真追加+コメント追加

というのを繰り替えさえなくちゃいけないのですよね。

2016111501.png



そこで、色々試したあげく、EverGearに行き着きました。
もしも、同じような需要がある人は、もうすでに私がかなり試しましたので、EverGear一択で良いと思います。写真を一気に追加、そしてそれぞれにコメントを書くことができ、並び替えもできるというほぼ全部入りなんですよ。

2016111504.png


Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

惜しむらくは、PostEverと同じように同じ日付のEvernoteのノートに追記できるようになれば、神なんだけどな…。




セルメモ

最後までEverGearと迷いに迷ったアプリです。
でも、写真のリサイズされずにそのまま送られてしまうという一点で惜しくもEverGearに破れてしまいました。しかし、その可能性の高さから、未だにEvernote系のアプリフォルダに残り、使われています。
写真がリサイズされなくても、全然OKという人は検討の価値ありです。






checkmark.png 6.その他


Day One

今年、ライフログを見直そうということでやってみたのが、DayOneの導入です。
今まで通り、Evernoteにも日々の記録を残しているのですが、こちらのDayOneには、IFTTTと組み合わせて、全自動日記を作成することにしたのです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

このDayOneには、

「どこで」
 ・Foursqure(現Swarm)のチェックイン

「何を」
 ・Wunderlistの完了タスク
 ・Facebookの投稿
 ・RSSで情報管理LOGの更新履歴


という記録が、自動で送られるようにしています。
DayOneを振り返ると、その日のことが一気に確認できるのです。




Night Sky 4

最後は、星座や星を調べられるアプリです。
キャンプに行ったときに、子どもに星座や星について説明するのに、すごい役立ちました。個人的にも、「この星なんだろう?」というときに、空にかざすだけで分かるので、便利に使わせてもらいました。
なんというか、このインターフェイスに未来を感じましたね。だって、動かした方向に沿って星空が変わるんですよ。

動画を観たら、すごさが少しは分かるはず!







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 宝くじは買わなくては当たらない

上記に挙げたアプリは、今年試したアプリのほんの一部になります。
散在はしたくはないですが、実際に使ってみないことには、自分に合うか合わないか分からないのですよね。
結局、良いアプリとの出会いは、宝くじに似ているなと思うわけです。

買わないと当たらないという点で。

でも、おかげさまで良い出会いがありました。
皆様におかれましては、私が人柱になりましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。


MONOQLOの12 月号で付録で付いている500MbのプリペイドSIMが欲しい!



今年導入して良かったアプリ(無料編)

2016121900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
気づいたらいよいよ年末的な感じになってきました。
今年を振り返ってみると、無料有料問わず、たくさんのアプリを新規導入しました。使い勝手が悪かったり、思っていたのと違ったり、セキュリティ的に問題があったりと、即削除されたものもあれば、1軍2軍アプリとして活躍し続けているものもあります。
今回は、そんなアプリ達の中で、この1年間を勝ち抜き、未だにiPhone上に残って活躍し続けているアプリを厳選してみました。


  
【 今年導入して良かったアプリ(無料編) 】  

 1.テキスト系

 2.画像系

 3.ツール系

 4.カメラ系

 5.SNS系

 6.ゲーム系







checkmark.png 1.テキスト系

テキスト系のアプリ大好きなんですよ。
だから、気になると、すぐに入れて試してみたくなってしまうのです。したがって、残り続けるというのは、伊達じゃないと思って良いです。

MemoFlowy


WorkflowyというWeb上のアウトライナーにメモを送るアプリです。
Workflowyは、アウトライナーとしては最高なのですが、いかんせん使い込んでいくと、パッパと情報を放り込みたくなるのです。そこで登場したのが、このMemoFlowyです。気持ち的には、アウトライナー界のPosteverみたいな存在ですね。

【関連記事】
Workflowlyは、アウトラインエディタとしてすごくいいんじゃないか?
Workflowlyでこれだけ覚えておけば大丈夫!5つのショートカットキーをマスターしよう!
私がブログを書く際に使っているツールやサービス(ライティング編)



アウトライナーって何?っていう人は、こちらを読むと単なるリスト編集ではないということに深い気づきが得られるはずです。超オススメ。





HandyFlowy


同じくWorkflowyを使いこなすのに必須なアプリです。
iPhoneだけでWorkflowyを使うならば、導入必須ではないでしょうか?それぐらい、使い勝手が良いです。というか、本家のアプリは、もう少し頑張って欲しいですね。
アウトライナーを操るための機能が、ほぼ全て使えると言って良いです。「こんな機能があればなぁ」と思っていたら、たいていこのアプリ内にあるみたいな感じですね。

Workflowyについて知りたければ、こちらの書籍も良いですよ。





Dropbox Paper

Dropboxが出した肝いりのアプリです。
最初、テキスト系に入れるか迷ったのですが、自分の中ではテキストメインで使っているので、こちらにランクインしました。
このアプリは、コラボレーションツールとしての意味合いが強い、ワープロアプリです。とはいえ、文字だけではなく、画像も動画もURLも、超簡単に貼り込むことができます。

詳しくは、こちらに書きましたので、参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly






checkmark.png 2.画像系

バッチリサイズ2


かなり前から愛用しているバッチリサイズが、「2」になって登場したので、即導入しました。この名称から分かるとおり、画像をリサイズするアプリです。画像リサイズアプリは数ありますが、自分の中では一番使いやすいアプリですね。
最新版では、リサイズ後に元画像を消すこともできるようになりました。



OLYMPUS Image Share

FlashAirから写真をダウンロードするためのアプリです。本当は、OLYMPUS PENと接続するためのアプリなのですが、もっぱらFlashAir専用アプリになっています。実は、FlashAirには、専用アプリがあるのですが、こちらの方が圧倒的に使いやすいのです。専用の方は、使ってないな。

【関連記事】
FlashAirについてあまり知られていなさそうなこと
Olympus PEN Lite E-PL6でFlash Airの接続できない問題を解決する
FlashAirの脆弱性である不正アクセスを防ぐ方法



Phonto

写真文字入れアプリも今年色々と試してみました。そうして残ったのが、これと下のPERSTEXTです(一番下のCREATEもできる)。
人気があるというのは、一つの指標として十分成立していると思わされました。
このアプリの特徴は、収録フォント数の多さと、プロパティーで設定できる部分の多さですね。ブログのアイキャッチも何度かこれで作成しました(いつもはPCでやっています)。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



PERSTEXT

上のPhontoが、やや女子向きな感じだとしたら、こちらはクールな感じに文字入れができるアプリです。「パース」と書いているぐらいなので、パースに合わせたような文字入れができます。これも、アイキャッチ画像を制作したりするのに使いました。これだけ、かっこいい文字入れが簡単できるならば、よほど凝ったことをしない限りは、PCを使わなくなる人が増えるのは、分かりますね。



CREATE

これは、図形を描画するためのアプリです。
こんな感じの図形を描くのも簡単にできてしまいます。




もっと高機能なこともできるのですが、制限が入っており、レイヤー機能の透明度やアイコンの拡充など全ての機能を解除するには、5.99$かかります。
現在、解除するか悩み中。





checkmark.png 3.ツール系

どのようにカテゴリ分けするか悩んだあげく、ツールっぽいのは全てこちらに入れてしまいました。
Microsoft Flow

Microsoft謹製の自動化アプリです。
満を持して出してきた感満載なアプリです。
IFTTTのようにサービスとサービスを連携させることができます。もちろん、Microsoft製なので、OfficeとやMicrosoftが運営するサービスとの連携はピカ一です!WunderlistもMicrosoftに買収されているので、こちらで使うことができます(IFTTTは、まだWunderlist未対応)。



myThings

こちらも自動化アプリですが、Yahoo!Japanから出しているアプリです。
日本発ということで、はてブを始めとした日本のサービスとの連携が強いというのが、目玉になります。
このあたりと連携しているので、ピンと来た人は、ぜひどうぞ!

 ・はてブ
 ・ヤフオク!
 ・LOHACO
 ・ぐるなび
 ・Zaim
 ・ニコニコ動画


上記2つを含めた自動化アプリやサービスについてまとめた記事を先日アップしましたので、参考にどうぞ!

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



Tap 2 Search

自分の中では、神アプリ認定でした。つい最近までは。
iOS10になってから、ちょいちょい不具合出ているんですよね。もったいない。
このアプリは、テキストさえ選択できれば、どこからでも画面遷移無しで(!)ウェブ検索できるというアプリです。
この画面遷移なしでというのが、画期的なんですよね。検索が終わって閉じたら、元のアプリに戻るというのが、楽すぎなんですよ。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



Push7

これは、Webの更新情報をiPhoneで通知できるというアプリです。
情報管理LOGでも、Push7を設置しています。ぜひ登録していただけると、ありがたいです。



Zeetle

私の知り合いが、機種変更の際に、どうしても連絡先外交できずに困っていたときに助けられたアプリです。本当は、クーポンなんかを受信するアプリらしいのですが、本領発揮は、そっちじゃないです。
音で連絡先情報や写真などをやりとりできてしまうのです。しかも、iOSやAndroid問わずに使えるのが良いですね。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



LCD Clock Lite

ツール系最後は、時計アプリです。

iPhoneに時計ついているからいらないでしょ?

と思われるかもしれませんが、充電時に起動していると、格好いい置き時計みたいな感じになるのですよね。
こんな感じ。

2016121902.png



フェイスも選べるし、アラームも独自で設定できます。
寝る前に充電しながら使うならば、もはや置き時計いらずです。

2016121901.png




checkmark.png 4.カメラ系

今年もたくさんカメラ系アプリは、ダウンロードして試してみました。ここに載せられなかったアプリ達の死屍累々っぷりは、すごいもんです。
というわけで、逆に以下に載せているカメラアプリは、自分的にかなりオススメアプリということになります。

Microsoft Pix

Microsoftが出した無音カメラです。
今までは、OneCamの独壇場だった無音カメラ界に衝撃が走りました。



何よりも無料でというのが、王者Microsoftのなせるワザです。さらに画質も標準カメラで撮影するより良いというのだから、すごいの一言です。
一つ残念なのが、画像サイズを選択できないところなんですよね。その点でOneCamに一日の長ありです。その点以外は、非常に素晴らしいカメラアプリなので、ぜひ!



フォトスキャン

こちらは、Googleが出したスキャナアプリです。
複数の視点から撮影したものを合成することで、高精度かつ影の映り込みが少なくなるというスキャンアプリの弱点を克服したすごいやつです。さすが、Googleというべきアプリでした。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



Flow Camera

これは、すごいですよ。
映像のスピードを自由に変えることができるアプリです。超低速から高速まで直感的に変えることはできるのです。しかも、1つ映像の中で早くしたり遅くしたりは、自由自在なのです。ありそうでなかったところを突いてきました。
イメージがつかない人は、こちらの動画をどうぞ!





夜空におえかき

カメラアプリの最後は、子どもとぜひ一緒に遊んでもらいたいアプリです。
なんとあのタカラトミーから出ているのです。
これは、ライトアートを簡単に撮影できるアプリです。ライトアートって何?という人は、こちらの動画を観てみてください。



こういうのが、非常に簡単にできるというのが、素敵です。
ライトアート系のアプリをかなり試したのですが、これが一番分かりやすかったです。特に子どもと一緒に楽しみたいという人には、これが最高ですよ!





checkmark.png 5.SNS系

クマコポーロ for Twitter

Twitter検索を超便利にするアプリで、先日、情報管理LOGで取り上げさせてもらったアプリです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

単にエゴサーチが捗るだけではなく、ブログにTwitterの埋め込み用のタグを簡単に取得できるのです。これで、さらにモブログが捗ります。

このTwitterの埋め込みは、クマコポーロから取得したモノです。




Nuzzel

Twitterで流れているURLをまとめてくれるアプリです。話題になっているニュースをすぐにキャッチできるので、すごく便利なんです。でも、流行っているという話し聞かないんだよな。自分の中では、はてブに次いでニュース系では、オススメです。






checkmark.png 6.ゲーム系

今年は、Nintendoで始まり、Nintendoで終わるみたいな年でしたね。
というわけで、メジャーでスミマセン。ゲームは、あまりしない人なのです。

Pokémon GO

もはや説明不要なポケモンGoですね。



P-GO SEARCH

そして、ポケモンGoをやるには、欠かせないアプリです。
12月に入って完全復活しました。ハレー彗星は、去ったのです。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 残るアプリには、残る理由があるのです

この1年間、本当に随分たくさんの有料無料問わずにアプリを試しました。
結局、アプリってツールなので、手になじまないと起動しなくなるのですよね。本棚の肥やしって言葉がありますが、まさに起動しなくなるアプリは、iPhoneの肥やしになってしまいます。やっかいなのは、iPhoneの容量を喰ってしまうところですね。
一定期間使っていないアプリは、容赦なく削除するようにしています。そうして、1年間をかけて残ったアプリは、やはりそれなりに意味があると思うのですよね。一つ突き抜けているというか。
というわけで、次回は有料アプリについて書いていきます。




人は、なぜ1日10分のことさえも続けるのが難しいのか? #アウトプット思考法

2016121700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
アウトプット思考法の連載の4回目です。
アウトプット思考法において大事なことは、

「まず、やること」

です。
なぜ、それを強調するのかというと、きちんとした理由があります。
あなたの思考力を高めたい。悩みを軽減したい、タスクを順調に進めたい、アイデアを生み出したい。そういうことに効果が高い「アウトプット思考法」ですが、その最大の障壁である「まず、やること」を、どのように実現していくかということについて書いていきます。

「アウトプット思考法」って何?という人は、過去記事を参照してください。
GTDやゼロ秒思考、マインドマップ、手帳術などを包括する超強力な思考強化法です。

【過去記事】
ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?
アウトプット思考法の基本的な取り組み方 #アウトプット思考法
アウトプット思考法では、何をアウトプットするか? #アウトプット思考法


  
【 人は、なぜ1日10分のことさえも続けるのが難しいのか? #アウトプット思考法 】  

 1.人は1日に10分のことさえ続けることも難しい

 2.習慣化を遮る考え方

 3.習慣化は、システム化できるかということ







checkmark.png 1.人は1日に10分のことさえ続けることも難しい


私は、「ゼロ秒思考」という本に対して、しばらく読まず嫌いでした。しかし、反響があまりにも大きいので読んでみたところ、これがなかなか自分が考えていたことと合致する部分が大きく、かなり面白く読ませていただきました。





私の考えている「アウトプット思考法」とかなり近い考えから出発しているという点で共通点が多く、応用範囲の広さからかなり使える方法論だと思いました。

ゼロ秒思考を、大まかにざっくりと要約すると、

 ・A4一枚に1分以内
 ・1枚につき4〜6項目
 ・なるべく文章で簡潔に書く(1行あたり20~30文字程度)
 ・1回に10枚ぐらい書く
 ・1行目は、タイトルで下に下線を引く
 ・各項目から派生することがあれば、別の紙に項目を起こして書く
 ・貯まってきたら、カテゴライズする


と、こんな感じです。


ゼロ秒思考」の中で著者の赤羽氏は、このようなことを書いていました。

うろ覚えなので、正確には本書を読んでください。


”「いやあ、素晴らしい方法ですね」と感銘を受けてくださるものの、半年後に続けている人は、多くはないのです。”

上で書いたように1回当たりの時間は、およそ10分間です。
しかし、その10分間という取り組みでさえも、(その効果のほどを十分理解しているのも関わらず)続けることができないのです。内容も全く難しいというわけではないのに。果たして、これはどういうことなのでしょうか?




checkmark.png 2.習慣化を遮る考え方

2016121701.jpg



朝起きたときに歯磨きをする。
朝、顔を洗う。
シャワーを浴びたらドライヤーをかける。
鍵を所定の位置に戻す。
ゴミ箱のゴミを定期的に整理する。



これらは、ほとんどの人にとって何の苦痛もなく、淡々とやっていますよね?

「よーし!歯磨きするぞ!!」

なんて、意気込んで歯磨きをする人は、それほど多くないはずです。
もはや、それらの行為は、無意識化され、生活のシステムに組み込まれているはずなのです。

ところが、上記のゼロ秒思考が続かなかった人たちは、どうでしょうか?
私が予想するに、たぶん

「今から、ゼロ秒思考やってみるか!」

と意気込みながら、取り組んでいたのではないでしょうか?

「三日坊主」という言葉がありますが、3年日記ならぬ、3日日記で終わってしまう人が多いというのも、

「日記書いちゃうぞー!」

とか、当初は意気込んでいたのではないでしょうか?
なぜ、そんなにハッキリと断定できるのかというと、恥を忍んで書きますが、過去の自分がそうだったからです。

続ける偉い人の代表としては、タモリさんが挙げられると思います。彼が、続けるコツとして言っているのは、

 ・反省はしない
 ・過去を振り返らない
 ・張り切らないこと


なのです。



Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


まさに、習慣化するというのは、真面目でも不真面目でもなく、ニュートラルな気持ちで、淡々と取り組むだけなのです。
その逆に、習慣化を阻む考え方は、

 ・一生懸命にやらなくては
 ・真剣にやらなくては
 ・なぜできなかったのだろう?(と反省する)


ということなのです。
だってさ、歯磨き中に「一生懸命にやらなくちゃ!」なんて考えながらやらないですよね?




checkmark.png 3.習慣化は、システム化できるかということ


でも、その「淡々と」が一番難しいじゃない!

と思う人がいるかもしれません。まさにその通りなんですよね。
「淡々と」できる境地に達するには、少しだけ訓練が必要なんです。でも、それはものすごい苦痛にはならないはずです。ほんの少しのコツをつかむだけでできてしまいます。

何度も歯磨きのことを引用して申し訳ないのですが、想起しやすい行動なので、引用します。「歯磨きをする」という行動を書いてみると、

 ①ベッドから起きる
 ②洗面台の前に立つ
 ③歯ブラシを手に持つ


他にも色々な行動が付随するかもしれませんが、大まかに書くとこんな感じですよね?

ここで、注目してもらいたいのは、実は②です。

「洗面台の前に立つ」

という何気ない行動に注目してもらいたいのです。
もちろん、歯を磨いたり、顔を洗うために洗面台の前に立つのですが、これがもしも、

 ②テレビをつける
 ③ソファに座る


とかだったら、もしかしたら歯磨きのことを忘れてしまうかもしれませんよね?

具体的なアクションをする前の「トリガー的行動」こそが、最も大事なことなのです。私たちは、つい具体的なアクションに目が行きがちになってしまいますが、実は具体的なアクションは、習慣化の前ではそれほど重要なことではないのです。逆に言えば、「トリガー的行動」を、システムに埋め込んでしまえば、自然と習慣化できるということです。

「アウトプット思考法」では、0番目にやることとして

メモをとるための行為を起こすこと

を挙げています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

これは、まさに「トリガー的行動」を、生活のシステムに埋め込むことを意味します。
これは、非常に大事な考え方なのですが、「意志の力」に頼ると意志の力が低下したときに効力を無くしてしまいます。しかし、「行動」をトリガーにすると、「意志の力」とは関係なく、人は行動してしまうのです。
むしろ「意志の力」は、具体的な行動のスパイスぐらいの位置づけしかないとも言えるのです。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 続けたければ、「トリガー的行動」に注目せよ

よく、親たちの愚痴の一つに「子どもが勉強しない」というのが挙げられます。
でも、子どもをよーく観察してみると、勉強以外のことはしているのです。ネットなり、ゲームなり、マンガを読むなりね。
そして、さらに観察していくと、彼らは、ネットやゲームを始める前に、必ずそれらに直結する「トリガー的行動」をとっているのです。

 ・DSを開く
 ・PCの電源を入れる
 ・ソファに座る


などなど。
つまり、子どもに勉強をさせたければ、これらのトリガー的行動を阻止することと、同時に勉強に取り組むためのトリガー的行動を埋め込めば、うまくいく可能性が高まるわけです。

そして、自分自身の行動で、どうしても取り組みづらいこともまた、同じように取り組むための「トリガー的行動」が組み込まれていないことに気づくのです。
これに関しては、「アウトプット思考法」の中でもかなり重要な面なので、もう少し掘り下げてみますね。


「アウトプット思考法」を考えるにあたり、重要な示唆に富んでいるのが、この「ファスト&スロー」です。まだ未読の方は、どうぞ!



iPhoneを自動化するアプリやサービスを6つを紹介します

2016121600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
スマートフォンになってからというものの、PCの出番が少なくなってきました。さらにタブレットを組み合わせると、ちょっとした仕事ぐらいだったら全然余裕でできるようになってきました。しかし、それだけに留まらず、クラウドと組み合わせたサービスの連携や、自動化などPCでは意外に大変なことも、サクッとできてしまいます。
今回は、そのうち自動化するためのアプリやサービスについて、6つ紹介していきます。


  
【 iPhoneを自動化するアプリやサービスを6つ紹介します 】  

 1.iPhoneを自動化するとは?
 2.Workflow
 3.IFTTT
 4.Zapier
 5.myThings
 6.Microsoft Flow
 7.iWorkspace







checkmark.png 1.iPhoneを自動化するとは?

情報管理LOGをお読みの方ならば、ちょくちょく自動化サービスやアプリについて触れているので、何となくどういうことか分かっていただけるかと思います。しかし、イマイチそっち方面が分からないという方にとっては、

iPhoneって自動化できるの?

ぐらいの認識だと思います。
これが、色々とできるのですよ。

自動化されることで、いちいち手動でやっていたことから解放されることで、すごく楽になります。
例えば、カメラロールの写真をDropBoxにアップロードして、アップロードした写真を削除するとか。Facebookに投稿した写真をDayOneに送るとか。Twitterでつぶやいた内容をEvernoteに送るとか。Wunderlistで完了したタスクをGoogleカレンダーに登録するとか。とかとか。
挙げていったらキリがないぐらいに自動化できることはたくさんあります。最初の手間さえ惜しまなければ、あとは悠々自適な自動化生活が待っていますよ!

それでは、以下に6つのアプリとサービスをご紹介いたします。




checkmark.png 2.Workflow

まずはじめに紹介するのは、Workflowというアプリです。2015年のベストアプリの一つにも選ばれたすごいやつなのです。これは、真の意味でiPhoneを自動化させるアプリです。




これは、事前に登録されているActionを組み合わせることで、一種のマクロのように動くというものです。
非常に奥深く、やり込めばやりこむほどに可能性が広がる神アプリです。

2016121601.png



ただし、初心者は、いきなりWorkflowを組み立てることは、難しいと思われるので、まずは他の人たちが作ってくれているWorkflowを入れて動かすだけでも良いと思います。
ぶっちゃけ、それだけでも十分に便利です。

2016121602.png



他の人が作ったWorkflowは、Galleryというところで公開されているので、そこから用途から選ぶだけで良いのです。


【 関連記事 】
超初心者のためのWorkflow入門
Workflowの使える6つのおすすめレシピを紹介するよ
Workflowが、IFTTTとついに連携!無限の力を手に入れたWorkflowを見よ!
WorkflowとIFTTTが連携することの何がすごいのか?
モブログが捗る!CodeCapture + Workflowの組み合わせ
Workflowのウィジェットが変わりましたよね
WorkflowでWunderlistにタスクを追加するレシピ




checkmark.png 3.IFTTT

こちらは、Webサービスとアプリの両方があるやつです。
かなりメジャーになってきたので、知っている人も多いことでしょう。




IF(もし〜ならば) :トリガー



THEN(〜する):実行されるもの

2016121603.png

という組み合わせで、アプレット(前までは、レシピという)を作っていきます。
メジャーなWebサービスのかなりの部分が、このサービスと連携しており、かなりのことができます。さらにIoT機器との連携も充実しており、自動化の初心者だったらまずは、ここから始めると良いでしょう。

2016121604.png



iPhone版は、Web版でできること以外にも、iPhoneの位置情報やローカル環境と連動して自動化できるようになっています。ただ、Workflowと違うのは、あくまでWeb版のIFTTTとの橋渡し的な役目なので、iPhone単独で自動化できるというわけではありません。

こちらも、既存のアプレットが、山ほどアップされているので、わざわざゼロから組み立てなくても十分に便利に使えます。


【 関連記事 】
IFTTTが、レシピからアプレットへ!
わぉ!LINEがIFTTTと連携開始!LINE Notifyでリアルタイムで通知を受け取れるぞ!
IFTTTとDay Oneで全自動日記始めました
Workflowが、IFTTTとついに連携!無限の力を手に入れたWorkflowを見よ!
IFTTTでPocketに日付区切り線を入れる(解決編)
Yahoo! Pipes終了後の代替サービスを考える





checkmark.png 4.Zapier

IFTTTが、自動化界隈のメジャーリーグだったら、Zapierはややマイナーリーグっぽい感じです。
しかし、その実力は、IFTTTを軽く凌駕します。連携しているサービス自体もIFTTTよりも数は多いです。

The best apps. Better together. - Zapier - Zapier
The best apps. Better together. - Zapier - Zapier
The best apps. Better together. - Zapier - Zapier


また、IFTTTでいうところの「IF」のトリガー部分だけみても、相当細かく発動する条件設定などをすることができます。同じくTHEN部分に関しても、できる範囲がかなり広いです。

2016121605.png



IFTTTで対応していなかったアプリに関しても、Zapierを見たら対応していたということが非常に多いです。

さらに、最近ではMultiZapという複数のZap(IFTTTでいうところのアプレット)をつなげることもできるようになりました。

2016020301.png


ただ非常に残念なのは、Zapierは月あたりでZapを発動できる回数が制限されており、それ以上使う場合は、有料契約をしなくてはならないのです。これさえなければ、まさに神なのに…と思わないでもないです。

以下のリンクから登録すれば、私とあなた両方に月あたりで使えるZapが増量されます。
まだ登録していない方は、ぜひここからどうぞ!

The best apps. Better together. - Zapier - Zapier
The best apps. Better together. - Zapier - Zapier







checkmark.png 5.myThings

Yahoo!Japanが、リリースしている自動化アプリです。



myThings - あなたの毎日が、組み合わせで便利になる
myThings - あなたの毎日が、組み合わせで便利になる
myThings - あなたの毎日が、組み合わせで便利になる




これは、日本版IFTTTともいうべきサービスになっていて、基本の考え方は、ほぼIFTTTと同じです。ただし、アプリのみでしか使えないというところが、IFTTTとの一番の違いになります。

また、IFTTTにはない日本独自のサービスとの連携が、特徴ですね。
例えば、

 ・はてブ
 ・ヤフオク!
 ・LOHACO
 ・ぐるなび
 ・Zaim
 ・ニコニコ動画


ですかね?
もしも、これらとのサービスを日常的に使っているならば、大いに使う価値ありです。





checkmark.png 6.Microsoft Flow

もっとも、新参のサービスで、天下のMicrosoft謹製アプリです。
Microsoftが、満を持して出した感が漂う肝いりサービスですね。これは、Webとアプリ両方で使えます。アプリは、Androidもありますね。



プロセスとタスクの自動化 | Microsoft Flow
プロセスとタスクの自動化 | Microsoft Flow
プロセスとタスクの自動化 | Microsoft Flow




これは、Microsoftが運営しているので、MicrosoftのOfficeのソフト群との連携がスムーズなのは言うまでもなく、大手のサービスも手堅く押さえているところはさすがです。現在は、75のサービスと連携を果たしています(2016年12月16日現在)。

さらには、マルチステップフローというA→Bだけではなく、A→B→Cというような、複数のTHENをつなぎ合わせることができるのです。Zapierが有料で諦めていた人も、これで簡略化できるかもしれませんよ?




checkmark.png 7.iWorkspace

正確に言うと、自動化というか、半自動化みたいな感じなのですが、アプリを指定した順番と指定した時間で次々に起動させることができるというアプリです。




情報管理LOGでは、何度か紹介してきました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

朝のルーチンワークをiWorkspaceで自動化してみる
iWorkspace で朝のルーチンワークを自動化してみる ver2.0


現在やっているのは、朝のルーティンワークを半自動化するということに日々取り組んでいます。詳細は、上の記事を読んでいただきたいのですが、私は以下のタスクを半自動化しています。もしも、このアプリがなければ、こんなマメなことやっていないと思います。

 ①カレンダーを立ち上げて、Googleカレンダーと同期を確実にする
 ②Google+を立ち上げて、カメラロールを自動アップロードする
 ③copydateで、今日の日付をコピーする
 ④Wunderlistを立ち上げて、昨日完了したタスクをメールで送る
  ※この時に先ほどコピーした日付をタイトルにペーストしておく
 ⑤Pictshareを立ち上げて、昨日の写真をEvernoteにまとめて送る
 ⑥Pictshareで送り終わったら、Evernoteを起動するか聞かれるので、Evernoteを立ち上げる
 ⑦Evernoteの同期作業をさせて、未同期がない状況にしておく
 ⑧AutoEverを立ち上げて、自動的にフォルダ分けやタグ付けをさせる
 ⑨DayOneというアプリを立ち上げ、前日の写真を登録する。
 ⑩一連の動作で立ち上げたアプリのうち、不必要なアプリを終了させる
 ⑪SySightをURLスキームで立ち上げて、メモリを解放する



勘の良い人は分かると思いますが、WorkflowなどURLスキームのあるものと組み合わせると、iPhoneの自動化がより一層捗りますね。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iPhoneは、コンピュータなのです

ご存じの通り、iPhoneにはCPUもメモリもストレージも入っています。これは、使い古された言い方で恐縮なのですが、電話もできるコンピュータに他なりません。コンピュータとして考えるならば、いかに自動化し、ラクをするかを考えていきたいですね。



Evernoteのプライバシーポリシーが変更されるけど何が変わるの?

2016121500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
一昨日の夜、Evernoteからプライバシーポリシーを変更する旨のメールが届きました。Evernoteといえば、ユーザーデータを利用しないということが売りの一つでした。それが、プライバシーポリシーの何を変更するというのでしょうか?
今回は、Evernoteのプライバシーポリシーの変更についての解説です。


  
【 Evernoteのプライバシーポリシーが変更されるけど何が変わるの? 】  

 1.Evernote のデータ保護に関する3原則とは?

 2.機械学習による解析を進めるってこと?

 3.必要ならば暗号化を







checkmark.png 1.Evernote のデータ保護に関する3原則とは?

Evernoteには、「データ保護に関する3原則」というのを掲げています。
それは、

・あなたのデータはあなた自身のものです
・あなたのデータは保護されています
・あなたのデータは取り出し可能です


という3つです。

Evernote のデータ保護に関する 3 原則 [更新版] - Evernote日本語版ブログ
Evernote のデータ保護に関する 3 原則 [更新版] - Evernote日本語版ブログ





この3つは、まさにEvernoteをEvernoteたらしめている重要なもので、だからこそ私はEvernoteを使っているとも言えるぐらいに重要な文言です。

ちなみにどういうことかというと、

「あなたのデータはあなた自身のものです」
データの所有者は、ユーザー自身のものでEvernoteのものではないということです。よくWeb系のサービスの規約を見ると、アップロードした瞬間にそれらのデータは、すべてその会社のものになるみたいな鬼畜なサービスも山ほど存在することから考えると、非常に良心的ですね。


「あなたのデータは保護されています」
まあ、これは当たり前といえば当たり前なのですが、基本的に非公開かつバックアップ体制も万全だということになります。


「あなたのデータは取り出し可能です」
これが、Evernoteの理念で素敵なところなのですが、「いつでも辞めていいし、その時にデータは自由に取り出しできますよ」ということです。某企業のどこを探しても辞め方も分からないし、データは取り出せないというような悪質なところがないということですね。




checkmark.png 2.機械学習による解析を進めるってこと?

たぶん、Evernoteではすでにそういう解析を随分前から開始しているようです。それを今後は、さらに加速させていくということのようですね。関連ノートの表示や検索が、さらに賢くなっていくということならば、歓迎ですね。
で、その解析を進めるにあたり、どうしてもエンジニアが、それがきちんと機能しているかを目視する必要があり、エンジニアの限られた人が、ユーザーデータにアクセスすることがあるかもしれないということのようです。

そこまで神経質にならなくても良いかな?
とは、思いますが、もしも一切自分のEvernoteのデータを閲覧して欲しくないという場合は、以下の設定をすることで回避できるようです。もしも、その設定が必要な人は、Web版のEvernoteにアクセスして、アカウントの個人設定の「ユーザ体験を向上させるために、自分のデータを Evernote が使用することを許可します。」のチェックを外せば良いです。

2016121501.png

※クリックすると拡大します。




checkmark.png 3.必要ならば暗号化を

これは、FAQでも書かれているのですが、どうしても心配な場合は、暗号化を処置をすることも考えても良いでしょう。(上でも書きましたが、そこまで神経質にならなくても良いかな?とは思う)

暗号化のやり方は、非常に簡単です。
1.暗号化したいテキストを範囲指定して、右クリック→「選択してテキストを暗号化」

2016121502.png



2.パスフレーズを入力

2016121503.png



以上!簡単ですね。

暗号化されたら、こんな感じで表示されます。

2016121504.png


復号化したい場合は、ダブルクリックすると、このようなダイアログが出てくるので、先ほどのパスコードを入れるとできます。

2016121505.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 良心的な経営だと思う

Evernoteに関しては、色々思うところがありますが、総じて他の悪質だと思われるWebサービスから比較すると、かなり良心的な経営をしているなと思わされます。
今回のプライバシーポリシーの変更に関しても、丁寧な説明が加えられており、安心しました。
100年企業を掲げているEvernoteなので、ぜひともそういう姿勢でずっといてほしいと願っています。


Evernote良いなと思った人は、アカウントを作成してみませんか?
こちらから、作成すると、あなたと私にEvernoteポイントが入ります。お互いに win-winですね。

Evernote_signin.png





読書の時間は有限なので効率化する方法(Evernote&アプリ活用術)

2016121300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
この1年間も色々本やら漫画やらを随分たくさん読みました。そろそろ、今年のベスト本を記事にしようかと思っているのですが、その前に私が日頃どのように次に読む本を決めて読書をしているのか?ということについて、Evernoteやアプリの活用も含めて書いていきたいと思います。


  
【 読書の時間は有限なので効率化する方法(Evernote&アプリ活用術) 】  

 1.読書の時間は有限なのです

 2.次に読む本の情報をストックする

 3.「借りる」or「買う」の選択

 4.読んだら既読へ







checkmark.png 1.読書の時間は有限なのです

2016121301.jpg


皆さんは、1年間でどれぐらいの本を読んでいますか?
または、どれぐらいの時間を読書に割くことができていますか?

案外、社会人にとって読書のための時間というのは、多くは取れないのではないでしょうか?
実際問題として、1日の時間のどれほどを、読書のために割けるかというとごくわずかだと思うのです。学生時代ならば、悩まなくても本を読むための時間は、確保することができました。しかし、社会人にとっての読書は、そういう隙間の時間で行うという場合が多いように思います。

多くの時間を読書に割くことができるならば、環境としては整っているので、この先を読まなくても問題ないです。しかし、そうではない人にとっては、読書の時間というのは、とても貴重な時間なのです。
そこで、その貴重な時間をただの思いつきや偶然だけに頼って本を選んでいたのでは、非常にもったいないことになります。人が、一生のうちで読める本の冊数など限られているのですから。

したがって、「何を読むか」ということを、よく考えていかなくてはいけません。





checkmark.png 2.次に読む本の情報をストックする

そこで、積ん読ならぬ、積み読むリストを私は作成しています。気になる本や話題になっている本などをEvernoteに登録しておくのです。

この登録方法なのですが、これには図書館日和というアプリを使用しています。これは、非常に優れものアプリなので、本好きならばぜひとも導入しておきましょう。




これは、名前の通り自分の住んでいる街の図書館に探している本があるかどうかを検索してくれるアプリです。これが、メインの機能なのですが、それにとどまらないところが、このアプリのすごいところなのです。
まずは、読みたい本を検索してみましょう。通常のキーワードとバーコードから検索ができます。バーコード検索は、何気に便利ですよ。

2016121302.png


毎年この時期に楽しみにしている「この本がスゴい!2016: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」という記事で紹介されていた中で、私が一番気になった「熊と踊れ」を検索してみましょう。

この本がスゴい!2016: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
この本がスゴい!2016: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる







検索は、今回はキーワードで。

2016121303.png




そうすると、すぐに結果が出てきます。
さらにタイトルをタップ。

2016121304.png




本の詳細が表示されます。これだけでも、十分価値がありますよね。
でも、それで満足せず、下にスクロールします。

2016121305.png



すると、自分が住んでいる街での図書館の蔵書状況や予約可能かを見ることができます。※設定する必要がありますが、すごく簡単。

2016121306.png




ここでは、Evernoteへの登録を済ませるのが目的なので、とりあえず図書館はスルーして、下の方にある「MediaMarker」をタップします。私は、メディアマーカーというサービスで読みたい本を管理しています。コレの良いところは、読みたい本を登録すると、同時にEvernoteにもそれを送ってくれるところなんですよね。

メディアマーカー
メディアマーカー




するとすぐにメディアマーカーのその本のページに飛ばされます。
※ログインしていない場合は、ログインを促されます。
あとは、「Myバインダーへ登録」をタップすれば、完了です。超簡単ですね。

2016121307.png



では、本当にEvernoteに登録されたか見てみましょう。

2016121308.png



非常にシンプルで分かりやすい形で保存されていますよね?
ちなみに、タイトルはAmazonへのリンクになっているので、いつでも購入も可能になっています。

あと、メディアマーカーに関しては、PC用のブックマークレットもあるので、Amazonで気になった本があった場合も、どんどん登録するようにしています。

ここで重要なのは、Evernoteに蓄積することなのです。
思いつきで読書をするのをやめることを防ぐためにも重要なステップになっています。





checkmark.png 3.「借りる」or「買う」の選択

ここからが、いよいよ本番です。
Evernoteには、こんな感じでMediaMarkerというノートブックに蓄積されています。

2016121309.png



ここに蓄積しておいてから、読む本を決めるようにしているのです。
こうやって、ワンクッションをおくことで、本当に読みたい本や読むべき本が見えてくるのです。

そこで、次に読む本を決めたら、「買う」か「借りる」かを決めます。
私は、図書館とのアクセスが非常に良い場所にいるので、家の本棚のように図書館を利用できるので、このような贅沢な使い方ができています。すぐに読みたい!今すぐ読みたい!というニーズがある場合は、「買う」を選択します。待つのは全然問題ないという場合は、「借りる」を選択します。

☑「買う」場合
買う場合は、さらにKindleか、リアル本かを選択します。
どうしても、商品として手元に置いておきたいという本の場合はリアル本を、そういうこだわりが無い場合は、夜中でも手に入れられるKindleを選ぶようにしています。


☑「借りる」場合
借りる場合は、先ほどの図書館日和を使います。
登録してある図書館に予約を入れてしまいます。最近の図書館は、予約本が入ったらメールをくれたりするので、本当にめちゃ便利!






checkmark.png 4.読んだら既読へ

最後ですが、読み終わった段階でEvernoteの「MediaMarker」というノートブックに登録してある本に関しては、「既読本」というノートブックに移動させます。そうすることで、MediaMarkerのノートブックに本が貯まりすぎるのを防ぐというのと、読んだ本の軌跡が残るというメリットがあります。

2016121310.png



実は、私自身つい最近まで、ノートブックを移動した時点で、ノートの更新日時が変更されるという思い込みがありました。しかし、実際はノートブックを移動しても更新日時は、更新されないのですね…知らんかった。

というわけで、読み終わったら、PC版のEvernoteで更新日時を変更するのをオススメします。Evernoteは、更新日時を自分の好きな日に変更できるのです。そうすると、読み終わった日付に変更できますよ。

2016121311.png



これらが、きちんとストックされてくると、「あの本いつ読んだっけ?」と思ったときにEvernoteを見ると、確認できて便利なんですよ。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 読書の時間は、有限

若い頃は、「本なんていつでも読めるし、いくらでも読める」ぐらいに考えていました。しかし、それは大きな思い違いでした。一日の時間の中で本当に自分にとって自由になる時間など、自分が思っていたよりもずっと少ないものでした。そして、その少ない時間を積算していくと、自分の一生で読める本の数など、たかがしれていることに気づき愕然としたのです。
だからこそ、その時間を大事にしたいと思ったのです。

とはいえ、時にはむさぼるように無計画に思いつくままに読んじゃうときも実はあるんですけどね。


というわけで、最近読んで面白かった本です。
単なるSFにとどまらない深さがありました。道理でSF好きな人が勧めてくるわけだ。




Googleは、死につつあるのか?(パクリ判別問題編)

2016121200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、「Googleは、死につつあるのか?」という記事を書きました。現在、問題になって大炎上中のキュレーションメディアとGoogleとの関係について書いたものです。今回は、その第2弾ということで、リライト記事によるパクリ問題に対してGoogleが対処しづらいことについて取り上げます。


  
【 Googleは、死につつあるのか?(パクリ判別問題編) 】  

 1.検索スパムまたは検索汚染について

 2.Googleは、必ずしも一次情報を一番とはしていない

 3.記事のパクリ判別問題






checkmark.png 1.検索スパムまたは検索汚染について

先週は、DeNAの運営していたWELQやMERYなどを全て閉鎖というニュースが流れましたね。
それに関しては、こちらの記事がしっかりとまとまっているかと思います。

キュレーションメディアのiemo・MERYに50億円を投じた経営責任 ~DeNAの謝罪会見を解説~ | 中嶋よしふみ
キュレーションメディアのiemo・MERYに50億円を投じた経営責任 ~DeNAの謝罪会見を解説~ | 中嶋よしふみ




また、ネット上の人気者よっぴー氏が、サイバーエージェントが運営するSpotlightという同じようなキュレーションメディアに対して、怒りの声を上げたということがありました。

炎上中のDeNAにサイバーエージェント、その根底に流れるモラル無きDNAとは(ヨッピー) - 個人 - Yahoo!ニュース
炎上中のDeNAにサイバーエージェント、その根底に流れるモラル無きDNAとは(ヨッピー) - 個人 - Yahoo!ニュース






これらに共通するのは、

記事を書いた人に責任があり、運営者には責任はないですよ

ということを全面に押し出しているところです。
しかし、実際のところDeNAの場合は、その記事を書いた人に細かく指示していたことが発覚したわけです。

先日、この記事の第1弾として、「Googleは、死につつあるのか?」という記事を書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

この中でも書いていますが、そのキュレーションメディアによって、検索上位が独占されてしまい、一種の「検索スパム」または「検索汚染」と呼ばれる状況が、起こっています。

そして、記事の量産の現場では、「1本につき90分で書き上げる」という、本当の意味でも粗悪な記事の量産が行われていたことが、明らかになりつつあります。

「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言 - withnews(ウィズニュース)
「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言 - withnews(ウィズニュース)




そのような、正確性に欠け、なおかつ他のサイトの情報をパクって仕上げるような記事が、上位に来るというのは、スパム行為以外何物でも無いわけです。しかし、Googleの検索では、これらを的確に排除はできておらず、Googleの検索攻略としては、完全にハックされているという状況が続いています。





checkmark.png 2.Googleは、必ずしも一次情報を一番とはしていない

2016121201.png

では、Googleはこのような問題を認識して、すぐにアルゴリズムの変更を加えれば良いじゃないか?と思う向きもあるかもしれませんが、これがなかなか容易ではないような気がするのです。

Googleを日常的に使っている方ならば分かると思うのですが、Googleは必ずしも一次情報を一番に扱っているわけではありません。むしろ、検索者にとって一番知りたかったことを、最初に表示しようという意図が感じられる結果になっています。

例えば、「東京 天気」で検索した場合、このように表示されます。

2016121202.png



一番最初に表示されるのは、Googleがウェザーニュースから取得したデータを分かりやすい形で表示するようにしています。そして、2番目にYahoo!天気、3番目に日本気象協会のサイト、そして4番目に気象庁のサイトと続きます。
この場合、一次情報である気象庁のサイトは、4番目となるわけです。

前回の記事でも書きましたが、Googleは、今年の初めの頃に「コンテンツ」と「被リンク」そして、その他多くの要素によってページランクしていることを明かしました。

だからこそ、調べ物をするとき、Wikipediaが最初に表示されたりするのです。もしも、これが一次情報を優先してということならば、学会の論文とかがズラリと並ぶことも考えられるわけです。でも、利用者としては、そんなことを望んでいるわけではなく、

「分かりやすく、それを知りたい」だけ

なのです。
そのため、わかりやすく解説されている記事などに被リンクが集まり、自然とページランクが上位になるという構造でした。この場合、大手が意図的に拡散することでたくさんの被リンクを稼いだ方が有利に働くのは、ご存じの通りですね。




checkmark.png 3.記事のパクリ判別問題

さらに、具合が良くないのは、記事のリライト問題なのです。記事を書いた本人にしてみれば、「私の記事のパクリだ!」と分かるものであっても、アルゴリズムはそのように判断しづらいのではないかと思うのです。

ここからは、素人仮説で申し訳ないのですが、もう少しおつきあいください。

Googleのアルゴリズムは、正確には文章を読んでいません。

基本的には、文章中にある語句を解析しているだけなのです(もう少し高度なところまでやっていそうですが、だいたいこんな感じ)。人間であったら、文脈を理解して、「この文章は似ているかも?」と感じることがあっても、人がリライトすることによって検索エンジンはそれを読み取ることが難しくなっているのです。
語順の並び替えや大意をくみ取り文章を組み立てたものは、同一だと判別しづらいのです。

Googleは、ページランクを下げる「具体的なガイドライン」として

 ●オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
 ●コンテンツの無断複製


ということを掲げています。
しかし、現状としては、すれらがスルーされているというのは、まさしくアルゴリズムの盲点を突いているという証拠に他なりません。

確かに著作権の問題に関しては、人間同士でも時々裁判になったりしますが、これが意外と裁判が長引いたりするのは、「同一性」の証明が、なかなかに難しい問題だからです。

大量のライターを雇って記事のリライトをさせるというのは、「人間という不確定なフィルターを用いて、記事をロンダリングする手法」として秀逸ということなのでしょう。
たとえ、それらに正確性や誠実さやコンプライアンスがなくても、です。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 試される巨人、Google

実際のところGoogle以外の検索エンジンとしては、BingやBaiduなど限られた選択肢しかありません。Yahoo!もGoogleの検索エンジンを使っているしね。実際の規模もGoogl一強という状態は、今後もしばらく続きそうです。
一時期のキーワードを隠し文字として盛り込みまくる手法や、人工的に被リンクを稼ぐ手法などのSEOが席巻したときは、Googleのアルゴリズムの変更があるまで続きました(その後、絶滅)。前回も書きましたが、ここまで検索のハックが明らかにされたからには、これをもう少し巧妙な方法で追従する動きは止まらないでしょう。
まさに試されるGoogleなのです。
まさか、人海戦術で対応するようなGoogleではないので、アルゴリズムによる対応をしてくると思いますが、どのような対応をしてくるか少し楽しみです。




サイバーマンデーなので、大人の自分がサンタにお願いしたいモノを挙げていく

2016121100.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
私の息子が、「サンタさんに何をお願いしているの?」と聞いてみたら、「プリンターとコピー用紙」と答えられて、思いっきりのけぞってしまいました…。なんというか、何か違う。
私は、大人なのでサンタさんは、来る気配はなさそうなので、サイバーマンデーセールの期間中にこれを買っておきたいという願望とありのままにあげていきたいと思います。あ、サイバー乞食とかじゃないので、自分で買いますから。
今回の記事は、私の欲望にまみれています。あと、ややアウトドアよりな感じになっています。





checkmark.png サイバーマンデーなので、大人の自分がサンタにお願いしたいモノを挙げていく


カノーバーのクロスバイク

そろそろ、自宅で使っている折りたたみ式のMTBが、へたってきたので、そろそろ新しいのに乗り換えたいと思っています。そう思っていたら、サイバーマンデーで安くなっているじゃないですか!ポチってしまった…。
この記事を書く前は、迷っていたのに。
自転車のガチな人からすれば、対面販売が絶対!みたいな感じかもしれませんが、別にそこまでガチじゃないし、街などでサイクリングをちょっと楽しみたいというライトな感じなので、クロスバイクは初なので楽しみだな。





Canon プリンター複合機

家のプリンタが、壊れてしまったのですよ…とほほ。
これも仕方なしにポチリ。
電気屋さんとか徘徊してみたのですが、型落ちがことごとく売っていなかったので、わざわざAmazonで型落ちを探して注文するという、ややこやしい状況に。
確かに最新のプリンタの方が良いとは思うのですが、もはや自分の眼には、あまり変わらないように思えるのです。ならば、安さは正義ということで。





ソト(SOTO) いぶし処 スモークポット レッド

冬でも家でスモークしたいのですよ。
夏だったらダンボールスモーカーで冷燻したり、スモーカーでモクモクしたりできるのですが、さすがに冬だと外でというのは、やる気が起きません。
というわけで、これが良いかと。
知り合いで、これを持っている人がいるのですが、「全然家でもできますよ!」との言葉を信じたいと思います。





ソト(SOTO) G'Z シングルバーナー ST-301

今までキャンプでは、ソト(SOTO)の2バーナーを使っていたのですが、ちょいデカイのですよね。腰を据えて、そこでのんびりする分には、全然OKなんです。しかし、デイキャンプとか、ちょっとしたハイキングとかで使用するようなものじゃないのですよ。

これね。



そこで、ついにこれもポチってしまいました。
最後まで、これ(↓)と超迷ったのですが、ソロキャンだけで使うわけじゃないしということで、SOTOのST-301にしてしまいました。







Ozpig(オージーピッグ)


これは、今すごく迷っています。すごく迷ってる。
秋キャンとか寒くなってきたときに、たき火だけじゃなくこれがあったら、タープの中も暖かくすることができそうなんですよね。実際、やっている人けっこういるし。

煙突をテントに通す方法 薪ストーブでキャンプ/ウェブリブログ
煙突をテントに通す方法 薪ストーブでキャンプ/ウェブリブログ

薪ストーブでキャンプ・設置編(くにみオートキャンプ場) ( キャンプ ) - 鉄のテント - Yahoo!ブログ薪ストーブでキャンプ・設置編(くにみオートキャンプ場) ( キャンプ ) - 鉄のテント - Yahoo!ブログ





で、安いホームセンターとかで売っているやつでも良いのですが、この形可愛いと思いませんか?丸いんですよ?ボディーが。
そのくせ機能的というですから、これの愛好家が多いのもうなずけます。





森野帆布 ボディバッグ SF−198P ブラック


カバンが好きなんですよね。
現在、超愛用しているのが、ポーターのヒートというのと、

2016112401.jpg



ホグロフスのCORKERというやつです。

2016052702.jpg



先日、ごりゅご氏の記事での呼びかけを受けて、こんな記事も書いてしまいました。

カバンの重さと中身を晒してみるよ(通勤カバン編)
カバンの重さと中身を晒してみるよ(モバイルバッグ編)


で、今非常に気になっているのが、この森野帆布というところで出しているカバンなのですよ。この森野帆布というのは、海上自衛隊などにも採用されている超頑丈な帆布なのです。これでカバンを作ったら、そりゃあ丈夫で格好いい仕上がりになりますよね。このボディーバックか、このリュックタイプか迷うところです。








[ホグロフス] バックパック KATLA 25


もう一つ、バッグで。
前述の森野帆布でも話題に挙げた、私の超ご愛用のホグロフスのCORKERなのですが、ハードユースしているので、これの代わりになるのとして考えているのが、同じくホグロフスのKATLAというやつです。これに赤いラインの入ったのもあるのですが、あえてのオールブラックでHの字も控えめなのが良いかと。





DBPOWER ドライブレコーダー


最後は、情報管理LOGらしく若干デジタル機器っぽくドライブレコーダーで。
最近は、高齢者の運転が色々問題になっていますが、先日もヒヤッとしたことがありました。向こうは気づいていないようでしたが。そういうときに有無を言わせないドラレコがあれば良いなと思っています。でも、車の中が、ごちゃごちゃするのもイヤで、シンプルなものと考えると、これが評価も高いので候補に挙がっています。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 大人は辛いけど自分で買える!

大人は、色々世知辛くて大変な事も多いですが、けれども自分で自分のモノを買えるというのは、いいですよね。こうやって、自分の欲望と向き合ってみると、隠れた内面が見えるようで面白いですね。


Googleは、死につつあるのか?

2016121000.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
WELQやMERYなどの悪質なキュレーションサイトが、現在大炎上中して非公開化しました。情報管理LOGでもずっとウォッチしてきただけに、やっと世の中が動き出したことに少し安堵しています。
私自身も自らバリューを生み出さず、人のふんどしで利益を得るような企業などは、早々に退場して欲しいとは思っていますが、それよりも深刻なのは検索汚染だと思っています。実際のところ、DeNAのそれらの悪質キュレーションサイトが、巻き散らかしたサイトが常にGoogleの検索上位に位置し、「検索スパム」などという言葉が生まれる事態になっています。
今回は、そのGoogleのジレンマについて書いていきたいと思います。


  
【 Googleは、死につつあるのか? 】  

 1.検索スパムまたは、検索汚染について

 2.Googleはコンテンツの正確性を判断できない(しない)

 3.アルゴリズム vs 資本主義的暴力性







checkmark.png 1.検索スパムまたは、検索汚染について


Googleは、検索という点においては、他を圧倒するほどの存在感があります。私もGoogleが大好きで、Google無しではネットライフが、厳しいと思うぐらいです。
しかし、そのGoogleに少しずつ異変が起きてきています。

それは、「検索スパム」または「検索汚染」と呼ばれるような事例が増えてきている問題です。

今回、大問題になったWELQは、医療関係の情報をほとんど精査せずに、怪しい情報やいい加減だったり、嘘の情報を載せた記事が大量にGoogleの検索上位に来てしまっていました。

WELQ閉鎖以前のGoogleの検索結果。広告を除いて1位が、これだからね…。悪質。

2016121001.png





まあ、ここらへんは、もうすでに十分に周知されているので、もう触れなくても良いかと思いますが、実際問題として以前ほどの検索結果のキレが失われているのは、間違いはありません。自分が知りたい情報にたどり着くまで、何ページ先までいくというのも最近じゃ普通になってきました。

また、まとめ記事(これも一種のキュレーションか)や広告が上位に来ることも多く、検索上位は飛ばし読むというのも常態化していました。

情報管理LOGでも、そういう状況からこういうサービスを紹介したこともありました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


今回一連の騒動で周知された恐ろしいことは、

そのコンテンツが、例え著作権違反であっても、剽窃であっても
リライトした上で、物量をかけていけば上位を独占できる


ということです。

そして、そのための手法として、WELQをはじめとしたキュレーションサイトが、クラウドソーシングなどによって、非常に安価(2000文字につき1000円とか)に記事を大量生産させていたことも話題になりました。

もはや、Google検索は、完全にハックされたと考えても良い状況だということです。





checkmark.png 2.Googleはコンテンツの正確性を判断できない(しない)

2016121002.jpg


Googleは、今年の初めの頃に「コンテンツ」と「被リンク」そして、その他多くの要素によってページランクしていることを明かしました。




特に「コンテンツ」と「被リンク」が、大きな意味を持つことも述べています。
そして、Googleはウェブマスター向けガイドラインにおいて、どのようなサイトを優遇し、どのようなサイトを厳しく扱うかについて明らかにしています。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) - Search Console ヘルプ
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) - Search Console ヘルプ




【具体的なガイドライン】
 ・コンテンツの自動生成
 ・リンク プログラムへの参加
 ●オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
 ・クローキング
 ・不正なリダイレクト
 ・隠しテキストや隠しリンク
 ・誘導ページ
 ●コンテンツの無断複製
 ●十分な付加価値のないアフィリエイト サイト

 ・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
 ・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
 ・リッチ スニペット マークアップの悪用
 ・Google への自動化されたクエリの送信


今回のWELQなどのキュレーションメディアが、行った手法は上記で言うならば、●の付いている部分が、それにあたりそうです。しかし、実際はGoogleの指先を飄々とすり抜けていました。

それは、2つの問題があります。

1.記事が、人によって生成されたものであること
2.Googleによって、コンテンツの正誤が判断されない(しない)


1は、先ほど書いたように、クラウドソーシングによって安価に大量生産されているということと、パクリと言われていても、リライトされているので、アルゴリズム的には判断がつきかねるという問題があります。

ここで、私たちが気をつけなくてはいけないのは、実は2の方です。

Googleは、そのコンテンツの正誤(正確性)を判断していません。このことは、WELQでも十分に明らかになっています。明らかに医療的に間違って記事であっても、上記のガイドラインに則っていて、さらに被リンクを稼いでいるならば、上位に表示されてしまうのです。

では、Google様が、きちんとその正誤を判断して検索結果として表示してくれれば良いのでは?

と考えてしまうかもしれませんが、果たして本当にそれでよいのでしょうか?
ここで考えたいのは、

Googleは検索結果の裁判所ではない

ということなのです。
私たちは(少なくとも私は)、かなりの部分をGoogleに頼った生活をしています。その上、さらに「何が正しくて、何が間違っているか」までも判断してもらうというのは、かなり危険な考え方なのです。もしも、Googleが、某国のように政治のみならず信条や価値観にまでジャッジをやり始めたら、それこそディストピアでしょう。
科学的に判断のつく範囲ならば可能かもしれませんが、それもどこまで範囲を拡大させれば良いのか?という道義上の問題も発生するに違いありません。

Googleの有名な社是である

Don’t Be Evil(邪悪になるな)

は、Alphabet(Googleを含む大本の会社)になってから

Do the Right Thing(正しいことをやれ)

に変わりました。
果たして、「正しい」というのは、何を指すのでしょうか?





checkmark.png 3.アルゴリズム vs 資本主義的暴力性

先ほどの「1.記事が、人によって生成されたものであること」というのは、こちらの記事でも指摘していますが、資本力のあるものが、安価な労働力で大量生産するという、実に資本主義的な手法が使われているわけです。

DeNA他キュレーションメディアが起こした”事件”は、検索エンジンが資本主義に負けたということ。 - mediologic
DeNA他キュレーションメディアが起こした”事件”は、検索エンジンが資本主義に負けたということ。 - mediologic





まさに資本主義的暴力性と言えます。
今回のDeNAの炎上は、企業があまりにもあからさまにやったために発覚し、それゆえに大バッシングに発展したわけです。しかし、もはやGoogleの死角が、公になってしまったのは確かです。まるで、ダムに開いた小さな穴から水が、溢れ出すように、これと同様なことが増えてくるのは、間違いないでしょう。
いくら道義的な問題点を指摘しても、著作権に違反しないギリギリの範囲で記事を大量生産し、ページランクを上げていき、検索汚染を進めていくという流れは変わらないでしょう。
一時期、隠し文字でキーワードを大量に仕込むというSEOが流行したように、それが無効になる日まで続いていくのです。それこそが、資本主義的暴力性なのですから。

唯一、対抗できるのは、企業側のコンプライアンスでもなんでもなく、Googleのアルゴリズムしかありません。
または、それにとって代わる新しい検索サイトか。

少なくともこれを打ち破るアルゴリズム的ブレイクスルーがない限りは、検索汚染は続くことでしょう。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 でもこれ案外ハードル高そうなんだよね…

Googleだったら、これぐらいアルゴリズムの改良でパッと解決してくれそうと思ってしまいそうになりますが、この問題案外難しいなと感じています。このことに関しては、また別記事で書きたいと思いますが、リライトされたものと元記事との関係性をどう読み取るか?というのが、機械的(AI的)にも判別つきがたいような気がするのです。
とはいえ、私たちのGoogleだったら、それさえも克服してくれそうな気もしますけどね。




なんだか、サイバーマンデーセールでおかしな値段になっています。90%オフでJBLのイヤフォンが、700円台って…。



2016121004.png


アウトプット思考法では、何をアウトプットするか? #アウトプット思考法

2016120800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
アウトプット思考法での連載3回目です。
アウトプット思考法というのは、ゼロ秒思考やGTD、手帳術(ノート術)やマインドマップなど、おおよそアウトプットを必要とするツールを貫く考え方です。私が長年取り組んできて、簡単にできるのにものすごく効果が高い思考法なのです。今回は、アウトプット思考法で何をアウトプットするべきか?について書いていきたいと思います。

【過去の連載】
アウトプット思考法の基本的な取り組み方 #アウトプット思考法
ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?


  
【 アウトプット思考法では、何をアウトプットするか? 】  

 1.「アウトプット思考法」基本の考え方のおさらい

 2.アウトプット思考法では何をアウトプットするのか?







checkmark.png 1.「アウトプット思考法」基本の考え方のおさらい

アウトプット思考法の3回目です。
過去記事に関しては、こちらを参照してください。

アウトプット思考法の基本的な取り組み方 #アウトプット思考法
ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?



まず、アウトプット思考法の基本の考え方は、以下の通りです。

<アウトプット思考法の考え方>
・まず、「考え」や「気になること」、「やるべきこと」などを書き出こと
・ツールは問わないが、先人達が良いといっている方法をなるべく採用する
・必ず見直す
・熟成期間をつくる
・書き足し、書き直し、削除は自由



アウトプット思考法自体は、「ツール」ではなく、どちらかというと「考え方」です。
しかし、とても強力でものすごく効果が高い「考え方」なのです。

ものすごく要約して、このアウトプット思考法を表すと

書き出す → 見直す

となります。
このルーティンを確立することが、アウトプット思考法において最重要なことなのです。





checkmark.png 2.アウトプット思考法では何をアウトプットするのか?

2016120801.jpg

アウトプット思考法は、上記でも触れたように、特定のツールというのがありません。むしろ、ツールに関しては、2番目に書いたように「先人達が良いといっている方法をなるべく採用する」でOKなのです。だから、お気に入りのツールがあれば、それを採用するということで良いのです。
ただし、そのアウトプットされたものによって、使い分ける必要はありますけどね。

さて、それでは、いよいよ本題に入ります。
アウトプット思考法においては、何をアウトプットするのか?
実は、

何でも良い

が正解です。

 ・気になったこと
 ・ふとしたアイデア
 ・困ったこと
 ・取り組まなくてはならないこと
 ・悩んでいること、悲しいこと、苦しいこと
 ・気づいたこと
 ・学んだこと
 ・心にとまった言葉
 ・他の人のこと
 ・自分の目標


などなど、何でも良いのです。
なんなら、こんなのでも良いわけです。

 ・買いたい物(買わなくてはいけないモノ)
 ・学んだハウツー
 ・やりたいこと
 ・誰かの面白いつぶやき
 ・珍しいこと
 ・美味しかったモノやレシピ
 ・他の人の考え方


などなど。

たぶん、多くの人は、頭の中だけで完結させてしまって、それをアウトプットしていないのではないでしょうか?

そんな些末なことをアウトプットしても仕方ないし…

と考えてしまう人がいるかもしれませんが、そんな些末なことに頭の中が支配されていませんか?
アウトプット思考法の究極的な目的は、

心を平静に保つこと

なのです。
頭の中に現れる様々な些末な思考やアイデアを外に追い出すことによって、頭の中を空っぽにするのです。もちろん、忙しく生きている我々ですから、頭の中はそんな簡単に空っぽになんかなりません。
けれども、続けているうちに気づくはずです。取り組む前と比較して、気持ちがラクになっていることに。

忙しさで頭の中がパンクしそうなとき
落ち込んでしまっているとき
壁にぶち当たって、身動きが取れないとき


こういう時って誰にでもありますよね?
そんな時こそ、アウトプット思考法をオススメいたします。

ゼロ秒思考では、A4一枚につき1テーマで1分×10枚分=10分と書いてありますが、そこまでやらなくてもいいです(もちろん、やれるならば、やった方が良いのに決まってますけど)。

アウトプット思考法は、先ほども書いたように

書き出す → 見直す

の循環を生み出すことを目標としています。
この好循環が、回り始めると、ゼロ秒思考だろうが、GTDだろうが、あまたのノート術や手帳術も普通に取り組めるようになります

あまたの「これは、効果が高い」というツールに対して、ハードルが高いと感じていいた人にとって、限りなくハードルを下げつつ、それを実現させるための循環を創り上げることができるのが、アウトプット思考法だと言っても良いです。

だからこそ、アウトプットするものは、何でも良いのです。
頭の中に浮かんだ、「気になったこと」を何でも、まずはアウトプットしてみてください。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 「やる」ことが、最大の方法

前回の「アウトプット思考法の基本的な取り組み方 #アウトプット思考法」の中で、メモをとるための行為を起こすことが、アウトプット思考法の0番目に行うことだと書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

これは、本当にその通りで、この0番目さえできれば、アウトプット思考法はスタートできるのです。まずは、メモ帳を手に取る。PCのメモ帳を立ち上げる、iPhoneのメモ帳なり、Evernoteを立ち上げる。でも何でも良いので、メモをとるための行為をまず
実行してみてください。

まずは、「やる」こと。
それが、最大の方法と言っても差し支えないぐらいなのです。


Twitterの埋め込みタグを取得するならクマコポーロが良いかも!

2016120700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ここ最近は、ブログの下書きをiPhoneやiPad miniで書くことが増えてきています。そのため、できるだけPCでできていたことを、モバイルでできるようにしたいと思っています。そこで、現在、モブログ強化月間ということで、色々とパワーアップしようと画策しています。
今回は、Tweetを埋め込むためのタグをサクッとゲットできるアプリをご紹介いたします。

  
【 Twitterの埋め込みタグを取得するならクマコポーロが良いかも! 】  

 1.クマコポーロとは、どんなアプリ?

 2.Twitterの埋め込みタグを取得する方法







checkmark.png 1.クマコポーロとは、どんなアプリ?

クマコポーロというアプリは、Twitterを検索するためのアプリということでリリースされているアプリです。



これが、なかなか優秀なアプリで、検索条件を細かく指定してタブとして保存できるのです。

2016120701.png



タブリストの管理もできます。
これは、エゴサが捗りますね!

2016120702.png

2016120703.png


現在、私は「情報管理LOG」で引っかかったTweetをエゴサしてます。こんな感じで表示されます。

2016120704.png



フォロワー一覧なんかも、アイコンが大きくて好みですね。

2016120705.png



実はそれだけではなく、クマコポーロは、ブロガー御用達の機能が隠れて実装されています。
もうすでにタイトルでバレバレですが、Twitterの埋め込みタグをすごく簡単に取得できるのです。





checkmark.png 2.Twitterの埋め込みタグを取得する方法

それでは、やってみましょう。
検索なりタイムラインなりから、埋め込みたいTweetを表示させます。

2016120706.png



そのTweetを長押しすると、下からニョキッと共有メニューが出てきます。

2016120707.png



これの右側に「埋め込みタグをコピー」という項目があるのが分かります。

2016120708.png



これをタップすると、「成功!」と小さく出てきて、コピーが完了しました。

2016120709.png



では、実際に埋め込めたか、以下に貼り付けてみます。プレビュー表示ができる優れもののテキストエディタであるDraftsに貼り付けてみました。

※このブログは、iPhoneで書いています。

2016120710.png


そして、埋め込まれたTweetがこちらです。




どうでしょうか?
めちゃくちゃ簡単ですね。

最近、ご紹介したCodeCaptureと併せて使うと、かなりモブログが捗りますよ!




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 さらにパワーアップを図りたい

現在、少しずつ脱PC化を図りつつあります。
まだまだ、画像加工とかPCの方が上だったりしますが、それもそろそろ追いつきそうな気配はあります。実際テキストを打つ分には、もはやiPadだろうが、PCだろうが変わらない感じです。Appleの文字入力が、もう少しお利口さんだったら、もっと良いのですけどね。あとは、この情報管理LOGがあるFC2が、マークダウンとかに対応していたら、さらに色々捗るのに…と思わないではないです。




アウトプット思考法の基本的な取り組み方 #アウトプット思考法

2016120600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、「ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?」という記事を書きました。これは、私が長年GTDや手帳、ライフログなどと向き合った結果、導き出した思考法です。とても簡単で「誰でも」「いつでも」「どこでも」取り組むことができるのに、効果は抜群というものです。

「そんなことあるワケけないじゃん!」

という方もぜひ、以下の記事を読んで、まずやってみてください。


  
【 アウトプット思考法の基本的な取り組み方 】  

 1.アウトプット思考法とは何か?

 2.アウトプット思考法の基本の取り組み方

 3.まずは実践してみること







checkmark.png 1.アウトプット思考法とは何か?

「アウトプット思考法」というのは、私が今までGTDや手帳、ライフログ、ブログなど様々なアウトプットに取り組んできてみて、それらに共通するある「考え方」のことです。

こちらが、前回の記事。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


前回の記事では、「ゼロ秒思考」や「GTD」、「マインドマップ」などに共通することと書いていますが、実はノート術やら手帳術、ライフログなどにも共通する部分が多いのです。これらの関係をマトリックスで表してみるとこんな感じになるかな?

2016120601.png



これらに共通することは、

自分の脳内にある事を吐き出すこと



可視化してフィードバックすること

なのです。

アウトプット思考法は、これらを包括する考え方なのです。




アウトプット思考法の基本の考え方は、以下の通りです。

<アウトプット思考法の考え方>
 ・まず、「考え」や「気になること」、「やるべきこと」などを書き出こと
 ・ツールは問わないが、先人達が良いといっている方法をなるべく採用する
 ・必ず見直す
 ・熟成期間をつくる
 ・書き足し、書き直し、削除は自由



とても簡単ですよね。
それだけで、頭の中のモヤモヤしたところが、霧が晴れたようにスッキリしてくるのです。





checkmark.png 2.アウトプット思考法の基本の取り組み方

それでは、実際にアウトプット思考法に取り組んでみましょう。
とはいっても、これが数多に溢れるライフハックなどと根本的に違うのは、これ自体には特定のツールややり方というのが、存在しないのです。一種の「考え方」だと思ってください。

このように書くと、はしごを外されたように感じる人も出てくるでしょうから、具体的なアクションを書いておきます。

1.気になっていることを書く
これは、ノートでも手帳でもEvernoteでも付箋でも何でも良いです。まず書いてみましょう。特にツールの指定はありません。何ならボイスメモでも良いぐらいです。
けれども、必ず守るべきことが1つだけあります。
それは、

頭に浮かんだときに、すぐにアウトプットすること

です。
これだけは、絶対です。
はっきり言って、逆にこれができればアウトプット思考法の50%は完了したも同然です。


2.ツールに投げ込む
1の段階でタスクなのか、単に思い悩んでいることなのか、それともアイデアなのかによって処理が変わります。

「ツールは問わないが、先人達が良いといっている方法をなるべく採用する」

このアウトプット思考法の利点の一つは、ツールを問わないことです。
もしも、タスクを書き出したのならば、GTD的に処理しても良いし、フランクリンプランナー的に処理をしても構わないのです。また、それに取り組むツールも問いません。
Wunderlistが良いならば、それを使えば良いし。
Todoistが合っているならば、それを使えば良いのです。

ただし、「先人たちが~」と書いたのには、意味があります。
世の中に溢れる様々なノウハウがありますよね?
そのノウハウは、大勢の人たちが取り組み、ある一定程度の成果を上げています。それをわざわざゼロから構築し直す必要が無いというだけです。自分でもっと良いと思われる方法があれば、そちらを採用すれば良いだけです。


3.アウトプットした内容を見直す
アウトプット思考法は、「アウトプット」と書いてあるので、アウトプットしたらそれで完了的なイメージを持つ人がいるかもしれません。しかし、アウトプット思考法のもう一つの要点は、この「見直す」なのです。

書き出す → 見直す

この循環さえあれば、他のことは些末なことだとも言えるぐらいです。

「アウトプットしている瞬間に見ているからそれでいいじゃない?」

というのは、ダメです。
あくまで「見直す」という工程を必要とします。
人は、アウトプットしている段階では、そのアウトプットした内容を客体視できない状態なのです。前回の記事では、

人間は、メタ認知はできるが、メタメタ認知にはエラーが発生する

と書きました。
言い換えると、2アクションまでは対応可能だが、2アクション以上のことには対応が途端に難しくなるです。

それは、この図のようになります。

2016120603.png

もうすでに、2アクション消費しちゃっていますよね?

したがって、

 ①頭に思いついたことを、どんどんアウトプットしていく
 ②それを見直す


というのは、別タスクとして処理した方が良いということになります。



4.熟成期間をもつ
この熟成期間というのは、私がアウトプット思考法に取り組んできてみて、かなり有効だと思ったので入れています。

自分が、夜中に書いたメールを後で見読み返してみると、恥ずかしい内容だった…。というような経験ありませんか?
アウトプットをしているときは、アウトプットに集中した方が良いことを上に書きましたが、それを「見直す」ためには、ある程度の熟成期間が必要になります。この熟成期間を経て、アウトプットされた内容が客体視できるようになるのです。この客体視できるようになるまでの時間が、熟成期間ということになります。

では、それぐらいの時間が必要か?

実は、これが一番難しい問題です。
もしも、アウトプットしたのならば、それを数分後、1時間後、数時間後、1日後、数日後、一週間後、数週間後~と日にちをおいて見直してみてください。それらは、時間を追うごとに変質して感じられるはずです。逆に言えば、どれぐらい客体化が必要かによって変わってくるとも言えます。

GTDにおいて、週次レビューが重要だというのは、タスクの進捗状況や次のプロジェクトへの見通しを持つために必要なのですが、それとは別にタスク自体を客体化して見る作業でもあるのです。

この客体化されたアウトプットを「見直す」と、新たな「気づき」や「発見」が生まれることが非常に多いのです。アウトプットと見直すという工程が切り離されることによって、見直す場面で生じるアクションは、2アクション以内になるのです。

2016120604.png



アウトプットしている段階というのは、「ファスト&スロー」でいうところの、システム1で書いている場合が多かったりします。それを、システム2に冷静に分析させるというのが、「見直す」という工程なのです。






5.書き足し、書き直し、削除は自由に行う
最後は、その見直した内容をどうするか?という問題です。
私は、そこら辺は自由で良いと思っています。
自由というのは、「初期にアウトプットしたものは、きちんと『原型』として残しておくべきだ」とか「間違いがあれば削除するべき」という型にはまった対応はすべきではないと思うのです。
むしろ、4の段階までできていれば、ほとんどアウトプット思考法は完成しています。ほとんどといっても8~9割ぐらいですが。
逆に最後の1~2割を埋めるのは、この作業だと思っています。

そこで、見直したときに、アウトプットしたものに対して何らかのアクションを起こさなければ!という強迫観念に晒されるべきではないと考えています。そういう強迫観念で動くとシステム1が作動してしまうからです。
むしろ、心を平静にリラックスして取り組むのが良いです。コーヒーでも飲みながら、のんびりと構えるぐらいでちょうど良いのです。

そうすると、頭の中にアウトプットされた内容から、新しいアイデアや気づきが生まれてくるのを感じるはずです。そうすれば、それをまたアウトプットすれば良いのです。もしも、自分が書いたモノに書き足す必要があれば、そうすれば良いし、新しく項目を起こしても構いません。同様に書き直しや削除も自由に行ってください。それらの行為もまた、一種のアウトプットなのですから。





checkmark.png 3.まずは実践してみること

このアウトプット思考法の最大の障壁は、それを実行し継続することです。
特に一番最初のアウトプットが、きっと最大の障壁になります。
なぜならば、この記事を読んだ方で、

アウトプット思考法?面白そうだな、やってみるかな?

となった人もいるかもしれません。
しかし、実際にそのあとに手を動かすのは、ものすごく少ないはずです。

そこで、ほんの少しのアドバイスがあります。
それは、特に何を書くかを考えていなくても、筆記用具を手に取るでも、iPhoneのメモ帳を起動するでも、PCのメモ帳やEvernoteを起動するでも何でも良いので、まずはメモるための行動を起こしてみてください。オススメは、アナログの紙だったりするのですが、この際はあまりどんなデバイスを使うかは、重要ではありません。

メモをとるための行為を起こすこと

これが、アウトプット思考法の0番目に行うことです。
そして、これさえできれば、数秒でも数分でも、アウトプットしてみてください。

まずは実践することが、アウトプット思考法の効果を感じる最大の近道なのです。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 効果は抜群です

かなり長いことアウトプット思考法に取り組んできたのですが、これの効果は相当なものです。仕組みは簡単で「いつでも」「どこでも」できるにも関わらず、ビックリするほど効果が高いのです。それに対して、懐疑的な人もいるかもしれませんが、懐疑的に見ている時間があるならば、どうぞ、メモ帳を手に取ることをオススメします。
仕事に追われて時間が無い、心に余裕がない、やるべきコトが多すぎるという人にこそ、ぜひ取り組んでもらえればと思っています。
それだけで、無用な不安感は低下していくはずです。

まずは、「メモをとるための行為を起こすこと」から始めましょう。






12月のKindle月替わりセールのオススメはコレです!

2016120500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今月もKindleの月替わりセール始まりましたね。
月替わりセールに出てくる本は、半額以上となかなかお得なのですが、玉石混交で「売れないから安くしたのかな?」というのも多いのですよね。
でも、中には「えっ、この値段なら買いだな」という作品もあるのです。というわけで、情報管理LOG的セレクトで月替わりセールから選んでみました。


Amazon_month.png


checkmark.png 本

アントレプレナーの教科書[新装版]

「起業家の必読書」などとも言われるのが、この本です。
なぜ必読書と言われるのか?
それは、起業する人は、その製品やサービスに熱い想いや考えがあるものの、それを一般に浸透させるための戦略性や戦術性がないために、その想いに反比例して潰れていってしまうものが後を絶ちません。私の観測的に見ても、素敵なサービスが立ち上がったかと思ったら、すぐに競合のサービスに埋もれてしまったり、忘れ去られてしまり、あっという間にネットの海流の中に沈んでしまうというのが多く見られます。
それを顧客に受け入れられ、その中で確たる位置を築くためには、何をするべきか?ということについて、書かれているのです。
これから、アプリをリリースしようとしている人、これから起業しようかな?と考えている人は、一読をお勧めします。




燻製の基本 エイムック

今回の月替わりセールで速攻で購入した1冊です。
燻製大好きなんですよ。
というわけで、燻製作りをしてみたいと思っている人は、買って試してみるのも良いかもしれないです。200円台だし。基本的なことは、ほぼ載っていました。

ちなみに、今一番欲しい燻製器は、SOTOのこれ。
冬でも家の中で燻製できるのいいなぁ。






バリュー・プロポジション・デザイン 顧客が欲しがる製品やサービスを創る


バリュー・プロポーションというのは、価値創造とも訳されます。
これって一体何?という人には、こちらの本を読むとよく分かります。
価格競争などに迷わされず、顧客にとってお金を払いたくなるような「価値」を生み出すことを指すのです。



永井孝尚氏は、かなり早い段階から日本にこの「バリュープロポーション」という考え方を紹介している人です。この本でも敷居が高いという人は、こちらの方がスイスイ読めるかもしれません。600円で安いので。



この「バリュー・プロポジション・デザイン」は、このバリュープロポーションの考え方を実践するためのワークシートになっています。もちろん、単なるフレームワークを提示するだけではなく、それをどのように考えていけば良いかも示されています。
しかし、最終的にそのフレームワークを完成させるのは、読んだ一人ひとりであるという点では、ツールのような本ですね。




システム手帳STYLE


私は、システム手帳推進派です。
こんな記事も書いています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

もしも、システム手帳の魅力がイマイチよく分からないという人は、ぜひこのムック本を手に取ることをオススメします。様々なシステム手帳が紹介されているだけではなく、その活用方法や様々なツールなども紹介されています。
また、もうすでにシステム手帳大好き!という人は、きっとページを開くとニマニマしてしまいますよ!




最後の晩餐


開高健好きなんですよ。
だから「オーパ!」も「風に訊け」も「私の釣魚大全」どれも良いです。
この「最後の晩餐」は、開高健の食にまつわるエッセイ集です。でも、単なるグルメ本なんかでは、断じてありません。むしろ、「食べる」ということは、どういうことなのか?ということを、あらゆる方向に脱線しつつ、追い求める本なのです。Kindle版が出て嬉しいの一言。




ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法


ちきりんさんと言えば、「Chikirinの日記」で有名ブロガーですよね。

Chikirinの日記
Chikirinの日記




そのちきりんさんの本です。
まぁ、炎上することも多い方なのですが、それだけ独自の視点を持っていらっしゃる方と言うこともできるわけです。この本は、彼女の得意な時事問題は載っていません。その代わり、今を生きることに息苦しく感じている人に、「こうやって考えたらラクになるかもよ?」という考え方を提示してくれます。
合う合わないがあるかもしれませんが、私は嫌いじゃないんだよな。




成功する子 失敗する子


今年読んだ教育本の中では、「「学力」の経済学」の次ぐらいに面白かった本です。
というか、「「学力」の~」は、少し注目されすぎていて、逆にどうなんだろう?という気もしなくないですが。



こちらの本は、社会的に見て「成功する子」というのは、どういう特徴を備えた子どもなのか?ということを、様々な実験を通して見えてきたことについて書かれたものです。あの有名な実験である「マシュマロ・テスト」のことも載せられています。
結論としては、認知的なスキル(テストとか学力とか言われるもの)よりも非認知的スキル(社交性、自制心、やる気など)がある子どもの方が、社会的に成功している割合が高いということが述べられています。
教育学的な研究に関しては、日本よりも数段、アメリカの方が進んでいると思っています。対抗できるのは、ベネッセぐらいか…。






伝わっているか? 宣伝会議


「伝える≠伝わる」

一見、同じように考えられがちですが、主体が違うことが分かるはずです。
私たちは、つい伝える(私)側として、伝わる(相手)側のことを想定せずに、話したり、コトを起こそうとしてしまいます。しかし、それでは残念ながら伝わらないし、相手を動かすこともできません。

この本は、ものすごく分かりやすい入門本ですが、その内容は面白いほど実践的です。
そして、すごく読みやすい。

そう、この本自体が、「伝わる」ことを想定して書かれているのです。
そういう仕掛けが、この本にはあるのです。
中身に驚き、そしてこの本の仕組みに驚くという二度美味しい本なのです。






checkmark.png コミック編


ナナのリテラシー3


1巻は、電子書籍の出版、そして2巻はゲーム業界について、そしてこの3巻は表現の
自由についてです。3巻だけが、月替わりセールになっています。
どの巻も鈴木みそさんの経験が色濃く反映されたものになっています。鈴木みそさんといえば、「限界集落温泉」で電子書籍でブレイクした方といった方が通りが良いですね。



その鈴木みそさんの成功譚をnanaさんという女子高生を主人公に物語化したものということで、面白くないわけがありません。ただ、非常に残念なのは、この3巻で完結なことですね。電子版は、売れているものの、紙の方が売れていないらしい。うーむ。複雑な心境です。



田中圭一最低漫画全集 神罰1.1


田中圭一といえば、最近ではきれいな田中圭一と言われるぐらいぐるなびの「ペンと箸」の方が有名になってしまって、明るいエロ方面が見えなくなってきていますよね。でも、こちらもぜひ読んでみてください。
帯の手塚治虫の娘である手塚るみ子の「訴えます!!」が、最高です!
手塚治虫の絵柄をここまで忠実に再現しつつ、全く違った方面で描ける才能。素晴らしいの一言です。内容は、アレだけど。

田中圭一 カテゴリーの記事一覧 - みんなのごはん
田中圭一 カテゴリーの記事一覧 - みんなのごはん







ブラック・ジャック 1


というわけで、最後は罪滅ぼしに手塚治虫のマンガから。
こういう原点にあたるの大事!

うちの奥さんは、「ブラックジャックってアンドロイドじゃなかったの??」と驚いていました。違うって!
未読の方、1冊99円ですので、ぜひ。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 本はつながっている

いつもそうなんですが、情報管理LOGで本や漫画を紹介し始めると、「あ、あれも紹介しなくては!」「これも関連している」と次々に紹介したい本で溢れてしまいます。読書を始めると、それらが1冊の完結したものというよりも、地続きで全てつながっているように感じられるのです。
だからこそ、この本を読んだならば、次はこの本を読んでみよう!と興味がどんどん広がっていくのが、なんとも楽しいのですよね。
ぜひ、皆さんもつながり読書を楽しんでみてください。


Amazon_month.png

ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?

2016120400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、かれこれ10年以上GTDに取り組んでいます。やっとことのある人は、分かってもらえると思うのですが、頭の中にあったモヤモヤが、霧が晴れるようになくなるのを感じる気持ちよさがあります。ここ最近になって、「ゼロ秒思考」や「マインドマップ」などにも通じる「ある法則」に気づいたので、自分なりに考えをまとめてみました。


  
【 ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通するアプトプット思考とは何か? 】  

 1.ゼロ秒思考・GTD・マインドマップ概略

 2.アウトプット思考法とは何か?

 3.脳の外に出すことの効用







checkmark.png 1.ゼロ秒思考・GTD・マインドマップ概略

まず、この3つについて簡単に概略を説明します。

1.ゼロ秒思考
この「ゼロ秒思考」というのは、
赤羽雄二氏が提唱している思考法です。これは、以下のように取り組むことで、脳があらかじめ考え尽くしているという状態にしておき、思考に関わるコストを下げるというやり方です。
非常にざっくりとまとめるとこんな感じです(違ってたら指摘してください)。

 ・A4一枚に1分以内
 ・1枚につき4〜6項目
 ・なるべく文章で簡潔に書く
 ・1回に10枚ぐらい書く
 ・1行目は、タイトルで下に下線を引く
 ・各項目から派生することがあれば、別の紙に項目を起こして書く
 ・貯まってきたら、カテゴライズする


これを毎日約10分ぐらいずつ取り組むと、非常に脳がスッキリして、悩んだり逡巡することがなくなるというものです。

すごく簡単に読めるので、さらに知りたい人は、こちらの本を参照してください。




2.GTD
デビッド・アレンという方が、提唱しているタスクを管理・運用するための方法です。
上にも書きましたが、私は、かれこれ10年ぐらい取り組んでいます。

最初、「こんなシンプルなシステムで、仕事がうまく回るのかな?」と半信半疑でしたが、これが信じられないほどの効果を生みました。
頭だけでタスクのことを思うことで、漠然とした不安感が頭を覆っていたのですが、GTDに取り組んだことによって、霧が晴れたようにスッキリしました。

GTDのシステムは、このようにタスクを処理します。

2016120401.png



GTDの優れているのは、フロー自体は決まっていますが、それを実行するためのツールは特に規定していないところです。

ちなみに、私はGTDには、Wunderlistを使っています。全て無料なのに高機能といういうことなしのツールです。



GTDといえば、私達にとっての聖典は、この本です(本当は、古いバージョンの方が好き)。




3.マインドマップ
様々な書籍が出ているので、目にしたことのある人は多いのではないでしょうか?
こういうの。

2016120402.jpg

とか、こういうの。

2016120403.jpg


これは、頭の中で生成されるイメージを系統立たせ、全体として理解できるというメリットがあります。頭の中のイメージのつながりが明確になることによって、それらの関連性が意識され、問題解決へのヒントになったり、記憶力を高めたりするのに役立ちます。

自分でも意識していなかった物事のつながりが見えてくるというのもマインドマップの面白いところです。また、文字だけではなく、ノード(それぞれのキーワードをつなぐ線のこと)の太さや色、イメージなど文字だけでは表すことのできない部分までカバーしているのが、面白いところです。






checkmark.png 2.アウトプット思考法とは何か?

上に挙げた3つのツールを分類すると、以下のようになるかと思います。

2016120404.png



縦軸を自由度、そして横軸を汎用性で分類したものです。
こうやって見てみると、この3つのツールは、お互いに棲み分けをしていることが分かります。

しかし、この3つに共通することがあります。
それは、

自分の脳内にある事を吐き出す



可視化してフィードバックする

ことです。

3つのツールは、用途やその指向することは異なりますが、実はやっていることは同じことなのです。

そこで、私はそれを「アウトプット思考法」と名付けることにしました。

これの定義は、以下の通りです。

<アウトプット思考法の考え方>
・まず、「考え」や「気になること」、「やるべきこと」などを書き出こと
・ツールは問わないが、先人達が良いといっている方法をなるべく採用する
・必ず見直す
・熟成期間をつくる
・書き足し、書き直し、削除は自由


非常に簡単ですよね?
もっと、ざっくり書くと

書き出す → 見直す

これだけです。
でも、これだけで、本当にものすごい効用があるのです。

「ゼロ秒思考」では、
 ・思考力が高まる
 ・考えるためのコストや時間が限りなく少なくなる


「GTD」では、
 ・タスクが、滞りなく進めることができるようになる
 ・焦りや不安感がなくなり、平静な気持ちでタスクと向かい合える


「マインドマップ」では、
 ・自分の中にあった未知なるつながりや関係性が見える
 ・記憶力や思考力、問題解決力が高まる



という効用(これでも一部ですが)挙げられます。

「アウトプット思考法」では、これらを包括するような考え方と効用があると考えてもらって良いです。

やらなくてはいけないことがあるならば、タスクを書き出す。
気になることがあるならば、その気になることを書き出す。
理解したことがあるならば、理解している範囲のことを書き出す。

これだけで、飛躍的に物事が進むのです。
私自身、色々やってきてみて、もはや核心の域まで達しています。

人は、自分の脳の中のことをアウトプットすることによって、思考力や想像力が高まり、不安感を低減することができるようになるのです。

「そんな簡単なことで、変われるはずないじゃない?」

と疑われる人がいるかもしれませんが、実際にやってみれば良いのです。
すると、その効果に驚くはずです。

ただし、1度だけではダメです。
継続することで、その効用は飛躍的に高まります。
せめて1週間。できたら1ヶ月は最低でも続けることをオススメします。




checkmark.png 3.脳の外に出すことの効用

アウトプット思考法では、脳内にあることを一度外側に引っ張り出すことで成立します。それは、例え頭が良い人でも、頭の中だけで全てを完結させることは難しいという考えから来ています。

よく頭の中が「モヤモヤ」する状態というのがあるかと思います。様々な考えや悩みが、グルグルと頭の中を巡っている状態です。一見、それらは考えていたり、悩んでいるようにも見えますが、頭の中で並列状態で問題が提起されているのに過ぎません。
しかも、それは泡のように消えたり、現れたりを繰り返しているので、把握もできていない状態なのです。

しかし、それを一度、自分の脳外に出すことによって、初めて「それ」を認識することが可能になるのです。
こんな風に。

2016120405.png



そして、一度「それ」を認識すれば、それについて考えることができるようになるのです。メタ認知みたいな感じ?ですね。

だからこそ、GTDではタスクを進めることができるようになり、ゼロ秒思考では思考力が高まるのです。

人は、メタ認知ができる生きものだと言われます。
「考えている自分について考えることができる」のです。

しかし、「考えている自分について考えている」ことについて冷静に分析したり考えることは、極めて難しいのではないでしょうか?だからこそ、仕事に追い込まれているときに、「やらなくてはいけないこと」に「苦しんでいる自分」を認識しても、それ自体を客体視することは極めて難しいのです。人間の限界は、「メタ認知」までで、「メタメタ認知」にはエラーが発生するようにできているように思うのです。

だからこそ、脳の外に出してやるのです。
そうすることで、認知の段階を1段階下げることができるようになるのです。だからこそ、様々なツールでは、共通してアウトプットすることを勧めているのだと思うのです。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これに関しては続きます

この数年、ずっとこの「アウトプット思考法」について考えてきました。そして、実際に実践することで、その効用について確認が得られたので、そろそろ書き連ねていこうかと思っています。

誰でもできるし(小学生でも)、いつでもできるのに効果が異様に高いのが、このアウトプット思考法だと思っています。

今回は、概略だけ書きましたが、これから何回か連載していきたいと思います。


iPhoneのバッテリー交換プログラムが日本でもスタートしたよ!

2016120200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iPhone6s使っていますか?
私は、残念ながら6なので今回の記事の対象にはなりませんが、もしも可能性があるならば、1分もかからずにチェックできますので、ぜひどうぞ!

  
【 iPhoneのバッテリー交換プログラムが日本でもスタートしたよ! 】  

 1.iPhoneが突然シャットダウンする?

 2.こちらでチェックできます

 3.iPhoneのシリアル番号の調べ方







checkmark.png 1.iPhoneが突然シャットダウンする?

iOS10.0になってから、iPhoneが突然シャットダウンするという報告が相次いでいます。

iPhone6sだけじゃない?バッテリー残量が激減、シャットダウンする問題 - iPhone Mania
iPhone6sだけじゃない?バッテリー残量が激減、シャットダウンする問題 - iPhone Mania




実は、私のはiPhone6なのですが、いきなり落ちることが、何度もありました。すでにこの1ヶ月で3度以上。
しかし、AppleではiPhone6sでの問題ということで、他の機種での問題は認めてはいません。というわけで、今回のAppleの対応は、6sということになります。





checkmark.png 2.こちらでチェックできます

もうすでに、バッテリーの無償交換プログラムに関しては、アメリカでは始まっていたのですが、日本でもとうとう始まりました。

「自分の持っているiPhoneが、対応しているか知りたい」

と思われる方も多いでしょうから以下のサイトでチェックしてみてください。
日本語対応しました!

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート
iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート





このサイトで、国を選択して、シリアル番号を入れるだけで、あっという間にチェック完了です。

2016120201.png





checkmark.png 3.iPhoneのシリアル番号の調べ方

iPhoneのシリアル番号の調べ方ですが、これも簡単に調べられるので、以下の手順でどうぞ!

設定 → 一般 → 情報

そうすると、このようにシリアル番号が表示されます。簡単ですね。

2016120202.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iPhone6でも頻発するのですが、なんとかならないものか…

上にも書きましたが、自分のiPhoneでも同様にシャットダウンするという現象が起きています。できたら、何とか調査してもらいたいと思うのですよね。
たぶん、iOSとの関係か何かではないかと思うのですが…。


Lightningコードが、400円台??と目を疑いました。



情報管理LOGが、11月に注目した記事

2016120100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今月も情報管理LOGが注目した記事についてまとめてみました。
今回は、図らずも人工知能がらみの記事が多くなってしまいましたが、どれも興味深い記事ばかりですよ!
未読の記事があれば、ぜひこの機会に読んでみてください。






checkmark.png 情報管理LOGが、11月に注目した記事


2色刷り 色紙チラシ - チラシ印刷よもやま話

2色刷り 色紙チラシ - チラシ印刷よもやま話
2色刷り 色紙チラシ - チラシ印刷よもやま話
2色刷り 色紙チラシ - チラシ印刷よもやま話


印刷会社の方のブログ記事ですが、とあるマンションを売る時に営業マンが出したチラシについてのお話しです。2種類のチラシのうち、片方はフルカラー、そしてもう片方は1色のチラシでした。フルカラーの方は、様々な市場調査をしてデザイナーにも頼んで、万全の体制で臨んだチラシでした。しかし、1色チラシの方は、色紙に印刷してあるだけのものでした。さて、どちらがより効果を上げたか?
まあ、話しの流れから考えたら1色チラシの方だと思いますが、肝心なのは市場調査を忠実に盛り込むだけではダメで、まさに買う人個々の物語にピンポイントで訴えるということが大事なのだということが伝わります。

ここで自分が感じたのは、マンションという生涯で最も大きい買い物をするときに、私達は案外、単純なポイントに引き寄せられてしまうということを表しています。「ファスト&スロー」でいうところのシステム1で判断してしまうということでしょうか。







母親はどこまで息子のTwitterを監視しているのか? | オモコロ

母親はどこまで息子のTwitterを監視しているのか? | オモコロ
母親はどこまで息子のTwitterを監視しているのか? | オモコロ
母親はどこまで息子のTwitterを監視しているのか? | オモコロ



現在の親子関係の全てがそうではないとは思いたいというか、かなり極端な例だとは思いますが、母親が息子のTwitterをある程度見ているというのは考えられます。
この記事では、息子のTwitterの全てのアカウントを把握するまでの過程にも唸るし、それをほとんど干渉せずに、ウォッチに徹する様は、ある意味ストイックですらあります。でも、息子の立場から見ると、大声で叫んで逃げ出したくなること請け合いです。





DMM亀山会長「戦争は正義vs悪ではない」漫画ワンピースから学ぶ“世界平和”のとらえ方 - ログミー

DMM亀山会長「戦争は正義vs悪ではない」漫画ワンピースから学ぶ“世界平和”のとらえ方 - ログミー
DMM亀山会長「戦争は正義vs悪ではない」漫画ワンピースから学ぶ“世界平和”のとらえ方 - ログミー
DMM亀山会長「戦争は正義vs悪ではない」漫画ワンピースから学ぶ“世界平和”のとらえ方 - ログミー



DMMの亀山会長が、地元の中学生を相手に講演した内容です。これが、めっぽう分かりやすく、これを聞けた中学生はラッキーだったと思える内容でした。現在、世界で起こっている紛争やテロを、中学生にも容易に思い浮かべることができるワンピースを例えに使い、説明していました

"ワンピースはマンガの世界なんだけど、じゃあ現実の世界にワンピースを当てはめてみるとどうなると思う? 自分たちはどこの仲間だと思う?

実は、君たちも俺も天竜人なんだよね。"


これを聞いた中学生たちは、「えっ」となってしまいます。
なかなか自分たちの住んでいる世界が、「世界の全て」な中学生にとって、それを俯瞰して客観視することは難しいことかもしれません。しかし、身近なマンガに置き換えたときに、彼らの頭の中にパースが広がるのが見えてくるはずです。

この文章は、中学生だけではなく、ぜひとも色んな世代の人に読んでもらえたらと思います。

【 関連記事 】
DMM亀山会長・特別講演「中学生諸君へ」の記事書き起こし - ログミー




ASCII.jp:電王・Ponanza開発者が語る、プロの定跡を揺らした将棋プログラム発の新戦法“左美濃急戦”|Ponanza開発者が語るディープな将棋AIの話

ASCII.jp:電王・Ponanza開発者が語る、プロの定跡を揺らした将棋プログラム発の新戦法“左美濃急戦”|Ponanza開発者が語るディープな将棋AIの話
ASCII.jp:電王・Ponanza開発者が語る、プロの定跡を揺らした将棋プログラム発の新戦法“左美濃急戦”|Ponanza開発者が語るディープな将棋AIの話
ASCII.jp:電王・Ponanza開発者が語る、プロの定跡を揺らした将棋プログラム発の新戦法“左美濃急戦”|Ponanza開発者が語るディープな将棋AIの話



さて、ここからは、人工知能がらみの記事8連発いきます。
興味の無い方は、サクッと読み飛ばしてください。

まずは、Ponanzaを開発した山本一成氏の記事です。
もはや現代将棋では、コンピュータが発見した戦法を抜きに語れないほど、棋士たちにとってコンピュータを使って研究することが当たり前になりつつあることが分かります。
私も知らなかったのですが、矢倉という戦法が、将棋プログラムが発見した“左美濃急戦”という戦法によって、ほとんど意味をなさなくなってきているということでした。

長い将棋の歴史の中で、様々な定石などが発見されていました。しかし、将棋プログラムによって、人がとっくの昔に意味がないと思って切り捨てていた手からも有益な手筋が続々と発見されてきているという事実から、人間にとって思考のウィークポイントのようなものが存在することが分かります。

山本氏は、このように書いています。

" つまり、今はナンセンスだと思われる技術や方法論でも、周辺技術の蓄積とマシンパワーの向上でうまくいくようになるかも知れないということです。今ダメなものでもずっとダメとは限らないということです。将棋プログラムが何年も当たり前だとされてきたプロの定跡を揺らしたように、機械学習の方法ももっと現在とは違う手法に注目が集まる日が来るかもしれません。そう考えると、私は現在の“評価”が絶対ではないと、肝に銘じておきたくなるのです。"

まさに、人工知能だけにはあてはまらない真実だなと思うわけです。






ディープラーニングは万能ではない:AIとは何か、人工知能学会会長が語った常識と誤解 - @IT

ディープラーニングは万能ではない:AIとは何か、人工知能学会会長が語った常識と誤解 - @IT
ディープラーニングは万能ではない:AIとは何か、人工知能学会会長が語った常識と誤解 - @IT
ディープラーニングは万能ではない:AIとは何か、人工知能学会会長が語った常識と誤解 - @IT



人工知能学会の会長が人工知能について、得意とするところと、不得手とするところについて解説し、今後、人工知能がどのように社会に取り込まれていくかという予想を語っています。

人工知能によって、奪われる仕事はあるかもしれないけれど、総じて仕事は増えていくのではないか?というやや楽観的な予測でした。

人工知能学会が、出版している人工知能についての入門書です。







【寄稿】ブッダの教えを学んだ人工知能が誕生したとき仏教の未来はどうなるか? | 仏教なう | 彼岸寺

【寄稿】ブッダの教えを学んだ人工知能が誕生したとき仏教の未来はどうなるか? | 仏教なう | 彼岸寺
【寄稿】ブッダの教えを学んだ人工知能が誕生したとき仏教の未来はどうなるか? | 仏教なう | 彼岸寺
【寄稿】ブッダの教えを学んだ人工知能が誕生したとき仏教の未来はどうなるか? | 仏教なう | 彼岸寺



実際のお坊さんが、もしも人工知能が全ての経典を読みこなしたときにどんなことが起こるであろうか?ということについて書いた、とてもスリリングな文章です。私は、仏教の経典って7000ぐらいあって、とても一人の人間が、読みこなせるような量ではないこと。各宗派の教祖は、その中で合致する経典の教義を基に作り上げて行ったことなどを、知りませんでした。そこで、そのお坊さんは、人工知能がもしもその経典を全て読み、全体を把握した上で説法をしたらどうなるだろうと思考の翼を広げます。きっと、それは可能だし、実現可能だろうというくだりはなかなか面白いです。また、その時に人間のお坊さんの意味はあるのか?ということも問われるだろうけど、不完全で経典の全ても読み解けない人間だからこそ、不完全さをうめようとすること自体が意味があるだろうということでした。

以前、情報管理LOGで人工知能に任せた方がよい職業という記事を書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

その時は、政治や医療、裁判などが置き換え可能ではないか?ということを書きましたが、まさか宗教までそんなことを考え始めてくるとは思いもよりませんでした。
なるほど、なかなかSF的ではありますが、悟りをもった人工知能が人々に精神の安定をもたらす可能性というのは、完全には否定できない未来だなと思いました。





プロ棋士・羽生善治が語る、AI時代を生き抜くために「身につけるべきスキル」とは?|CodeIQ MAGAZINE
プロ棋士・羽生善治が語る、AI時代を生き抜くために「身につけるべきスキル」とは?|CodeIQ MAGAZINE
プロ棋士・羽生善治が語る、AI時代を生き抜くために「身につけるべきスキル」とは?|CodeIQ MAGAZINE




人工知能について羽生さんが、非常に核心に迫った話をしています。全く違った分野ですが、先ほどの人工知能と将棋の記事でも出てきたように、羽生さんも人工知能と取っ組み合いながら自己を高めている人の一人というか第一人者なのです。だからこそ、その中で感じ取ったことは、非常に的を射ているのです。

この記事の中で印象に残った言葉。

”私はこれまで1900局ぐらい対戦していますが、4時間弱考えたことがありました。ですが、今振り返ると、5秒でも同じ手を指したと思います。”





新Google翻訳を使って3700ワードの技術文書を1時間で翻訳した - 科学と非科学の迷宮
新Google翻訳を使って3700ワードの技術文書を1時間で翻訳した - 科学と非科学の迷宮
新Google翻訳を使って3700ワードの技術文書を1時間で翻訳した - 科学と非科学の迷宮




Googleが、Google翻訳をニューラルネットワークによって、かなり精度を高めたというニュースが流れました。私もすぐに試してみました。





ややふざけていますが、それぐらいGoogle翻訳は使い物にならないぐらいのものでした。かろうじて、意味を読み取れるかな?みたいな感じ。
しかし、その後様々な英文を翻訳させたり、日本語を英語に訳させてみて、思った以上の精度の高さに驚きました。自分の感覚では、5段ぐらい一気にかけ飛ばした感じですね。そんな別物になったGoogle翻訳を使って、技術文章を丸々翻訳してみたというのが、この記事です。確かにこの記事に書かれているように、ほぼ問題なく意味を読み取ることができます。

しかし、そこで逆に

”新Google翻訳は確かに高い品質で訳してはくれますが、それでも誤訳の可能性はあります。当然ながら、英語を理解していなければ誤訳を見つけることができません。以前より自然な文章を生成するようになった分、誤訳の発見にはかなりの英語力と集中力が必要になるでしょう。”

という問題提起もしています。
なるほど、確かにこれだけ精度が高くなってきた時に、文章の流れに破綻がなければ、間違いがあっても気づかない可能性は大いに出てくるかもしれません。機械翻訳は、その時にその翻訳に対する正しさの担保は、何もないのです。逆に人間の翻訳家による正確性の担保というのが、効いてくる時代になるのかもしれません。





GoogleのAI翻訳ツールは独自の内部的言語を発明したようだ、そうとしか言えない不思議な現象が | TechCrunch Japan
GoogleのAI翻訳ツールは独自の内部的言語を発明したようだ、そうとしか言えない不思議な現象が | TechCrunch Japan
GoogleのAI翻訳ツールは独自の内部的言語を発明したようだ、そうとしか言えない不思議な現象が | TechCrunch Japan




そして、Google翻訳を解析してみたら、多言語を翻訳する学習を積ませると、全く予備知識のない言語であっても翻訳可能になるという不思議な現象が起こったという記事です。要するにAI翻訳の中に共通言語(この記事では「内部的言語」と書いている)とも言えるような言語が構築されていないと説明がつかないということらしいのです。
なかなか興味深いですね。

でも以前、情報管理LOGの「○月に注目した記事」で取り上げた、多言語翻訳をしている人について書かれた文章を読んだり、多言語習得者の本を読んだりすると、どうやら言語は習得すれば習得するほど、より他の言語を学びやすくなるらしいです。もしかしたら、人工知能の中にもそのような感じになっているのかもしれませんね。





ドワンゴの人工生命が楽しそうなので、寝ないで自作してみた - Togetterまとめ

ドワンゴの人工生命が楽しそうなので、寝ないで自作してみた - Togetterまとめ
ドワンゴの人工生命が楽しそうなので、寝ないで自作してみた - Togetterまとめ
ドワンゴの人工生命が楽しそうなので、寝ないで自作してみた - Togetterまとめ



NHKスペシャルでやっていた「終わらない人 宮崎駿」ご覧になりましたか?
そこで、ドワンゴの川上会長が実演してみせた人口生命体に対して、宮崎駿がキレたということで、ネットで話題になっていましたね。情報管理LOGでも、違った切り口で書いてみました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

さて、その人口生命体を見て、楽しそうだということで一夜でプログラムを組んで、何世代にもわたって遺伝的進化をさせてみたら面白かったという記事です。人口生命体が、足を獲得する様などは、感動すら覚えますよ。












研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイト

研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイト
研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイト
研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイト



衆議院議員である河野太郎氏が、大学の研究費について調べたことをまとめた記事です。
現在、様々な大学で経営が苦しく、研究費も足りないという状況が続いているという話を色々耳にします。しかし、この記事では、実際には大学に対する予算は増え続けているということが記されています。
まさに、不都合な真実というやつですね。

これに対するアンサーを待ち続けているのですが、大学側からパンチの効いた反論はまだ見ていません。もしも、「こういう反論を見かけたよ」というのがあったら、ぜひ教えてください。





ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと - FNMNL (フェノメナル)

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと - FNMNL (フェノメナル)
ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと - FNMNL (フェノメナル)
ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと - FNMNL (フェノメナル)



アメリカ大統領が、トランプ氏になってから、全米各地でヘイトが起こっているとか色々と大変そうな感じです。でも、そういう日本ではないかというとそんなこともなく、恥ずかしげもなく堂々とヘイトを撒き散らす人が絶えません。さて、そういうヘイトされている人を見かけた時に、どのように対処したら良いかというのを、何枚かの漫画で啓蒙していたのでご紹介いたします。
その後、各所で話題になっていたので、ご覧になった人も多いかと思いますが、まだ未見の方はどうぞ。







ネイティブ広告ハンドブックと広告業界の「蹴鞠おじさん」について - ヨッピーのブログ

ネイティブ広告ハンドブックと広告業界の「蹴鞠おじさん」について - ヨッピーのブログ
ネイティブ広告ハンドブックと広告業界の「蹴鞠おじさん」について - ヨッピーのブログ
ネイティブ広告ハンドブックと広告業界の「蹴鞠おじさん」について - ヨッピーのブログ


完訳「ネイティブ広告ハンドブック2017」(前編)蹴鞠おじさん語→邦訳 | 岡田ぱみゅぱみゅZ女子組 | note

完訳「ネイティブ広告ハンドブック2017」(前編)蹴鞠おじさん語→邦訳 | 岡田ぱみゅぱみゅZ女子組 | note
完訳「ネイティブ広告ハンドブック2017」(前編)蹴鞠おじさん語→邦訳 | 岡田ぱみゅぱみゅZ女子組 | note
完訳「ネイティブ広告ハンドブック2017」(前編)蹴鞠おじさん語→邦訳 | 岡田ぱみゅぱみゅZ女子組 | note



ネイティブ広告ハンドブックが、分かりづらいということで話題になっていたのですが、それにヨッピー氏と広告業界の大物(?)とバトルしたことについて書かれた記事です。
ヨッピー氏の主張は、非常に単純で

Webの世界は、高校生ですら発信者となりうる状況の中で、あのハンドブックの内容は、分かりづらいよ!
だから、もう少し誰でもが分かりやすい形にして。

というものでした。
しかし、なかなか噛み合わない議論が続いた挙句、「広告業界ではマクルーハンぐらい読んでないと話にならない」という発言が飛び出し、ヨッピー氏が呆れてしまったという話でした。簡単に説明すると。

蹴鞠おじさんというのは、蹴鞠というマイナーな界隈でしか成立し得ない言葉を持ち出して「そんなことも知らんの?」というのは、変じゃない?という比喩でした。

「蹴鞠おじさん語→邦訳」は、その分かりづらい、ハンドブックを超分かりやすく要約してみたというものです。うん、確かに分かりやすかった。





インフォグラフィックスで近づく「情報と人の距離」 | Mugendai(無限大)
インフォグラフィックスで近づく「情報と人の距離」 | Mugendai(無限大)
インフォグラフィックスで近づく「情報と人の距離」 | Mugendai(無限大)




分かりにくい情報や情報量が多すぎるものを分かりやすくするための1つの方法として「インフォグラフィックス」というものがあります。一種のデザインですね。
言葉としては、イマイチ浸透感がないのですが、案外様々なところで目にしているはずです。例えば、地下鉄の路線図とか。

情報との距離を縮める

とこの記事で書いていますが、まさにそうかと。
先ほどの蹴鞠おじさんにも読んでもらいたいですね。





チェルノブイリは「ふつう」だった - デイリーポータルZ:@nifty

チェルノブイリは「ふつう」だった - デイリーポータルZ:@nifty
チェルノブイリは「ふつう」だった - デイリーポータルZ:@nifty
チェルノブイリは「ふつう」だった - デイリーポータルZ:@nifty



この「ふつう」という言葉に釣られてしまった人も多いのではないかと思うのですが、この記事で言っている「ふつう」とは、そこで営まれている日常が、日常として「ふつう」という意味です。あれから30年間ずっと現場であり続けているチェルノブイリという街とそこでずっと生活したり、そこで働いたり(新石棺を建造している)している人たちの生活は、やはり日常そのものなのです。

にしても、大山さんが引き合いに「AKIRA」を出すあたり、同年代臭を感じてしまうのです。







ロックがかかったiPhone内の全写真や個人情報を簡単にのぞき見されてしまうバイパス法が発見される - GIGAZINE

ロックがかかったiPhone内の全写真や個人情報を簡単にのぞき見されてしまうバイパス法が発見される - GIGAZINE
ロックがかかったiPhone内の全写真や個人情報を簡単にのぞき見されてしまうバイパス法が発見される - GIGAZINE
ロックがかかったiPhone内の全写真や個人情報を簡単にのぞき見されてしまうバイパス法が発見される - GIGAZINE



こちらで紹介されている方法ですが、あまりにも簡単でハードルも高くないので、かなり致命的だなと思いました。基本的には、iPhoneはロック画面で通知やSiriを許可市内方が良いという結論。





LINE乗っ取られたのでその鮮やかなる手口を恥を忍んで公開しましょう - はてなブログを毎日書いていたら10Kg痩せました!
LINE乗っ取られたのでその鮮やかなる手口を恥を忍んで公開しましょう - はてなブログを毎日書いていたら10Kg痩せました!
LINE乗っ取られたのでその鮮やかなる手口を恥を忍んで公開しましょう - はてなブログを毎日書いていたら10Kg痩せました!




セキュリティ関係の記事2本目。
まさに認知バイアスによって、だまされてしまったという事例かと。

バイアスの種類について

でも、誰もこの事例を見て笑えないはずです。
私も一切笑えませんでした。むしろ、明日は我が身と思わされました。同じ手口だったら見破れるかもしれませんが、これの改変バージョンだったらはなはだ疑問です。
だからこそ、こういう時にしっかりと手口などを込みでこうやって公開してくれることが、最大のセキュリティ対策になり得ると思うのです。ありがたいですね。





マムシグサとその仲間は救荒植物の皮を被った破壊神だった | ざざむし。
マムシグサとその仲間は救荒植物の皮を被った破壊神だった | ざざむし。
マムシグサとその仲間は救荒植物の皮を被った破壊神だった | ざざむし。




なぜ人は、それを食べ物だと認識したのか?
例えば、「なまこ」しかり、「ホヤ」しかり。
それは、先達の人たちが食べることに挑戦したからに他なりません。そうやって、多くの先人達のチャレンジの積み重ねが、現在の豊かな食生活につながっているのです。もちろん、その挑戦の数々は、全て成功だったわけがありません。むしろ、多くの失敗の上に立っていることは明かです。

この記事は、その「失敗」をまさに見せつけてくれます。
これを読んで、マムシグサやウラシマソウを食べようと思う人は、いないはずです。こうやって、貴い犠牲の上に私たちの生活は築かれているのです。

とまあ、真面目に書くといくらでも書けますが、エンターテイメントとしても面白すぎます。ぜひ、一読あれ!





ぼくのカバンの中身とカバンの重さを公開するから、よかったら #カバンの重さ を教えてください – カバン・パブリケーション – Medium
ぼくのカバンの中身とカバンの重さを公開するから、よかったら #カバンの重さ を教えてください – カバン・パブリケーション – Medium
ぼくのカバンの中身とカバンの重さを公開するから、よかったら #カバンの重さ を教えてください – カバン・パブリケーション – Medium




私は、人のカバンや手帳、筆箱の中身にすごく興味があります。
しかし、一応、社会人なのでおいそれとは、「カバンの中身を見せてください」とは言えないわけです。なので、こういう記事があったら、即飛びついてしまうという悲しい性なのです。

こちらの記事は、ごりゅご氏がカバンの中身と重さを公開してみたという記事です。そして、これを受けて、私も自分のカバンの中身と重さを公開してみました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

というわけで、ぜひ皆さんもカバンの中身を公開してみませんか?





寿司をつくろう(寄稿:小林銅蟲) - それどこ
寿司をつくろう(寄稿:小林銅蟲) - それどこ
寿司をつくろう(寄稿:小林銅蟲) - それどこ




世の中には、圧倒的な文体というものが存在します。
その文章を読んだだけで、「これは、あの人が書いた文だ」と分かってしまうのです。
最初、読み始めてすぐに「あれ?既視感があるぞ??」と思い、さらに読んでいくと確信に変わるという感じです。

この記事は、ここ数回連続で「○月に情報管理LOGが注目した記事」シリーズに登場しているパルさんの中の人である小林銅蟲が書いた記事です。

パル
パル




なんというか、お寿司なんですけど、色々凄すぎてお腹いっぱいです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 その人がその人たらしめていること

今回の記事のセレクトで共通していることを挙げるとしたら、「その人がその人たらしめていること」となるのかな?と思いました。何かを極めたり、何かをしてしまったりするのは、結局はその人自身のパーソナリティによるところが大きいような気がします。人工知能一つとってみても、それについてどう感じ、どう反応するのかは、その人のバックグラウンドによって随分変わってくるコトが分かります。
私は、どちらかというとそういうことに興味があるのかもしれないですね。自分の事が、一番よく分からない。

【 関連記事 】

情報管理LOGが、10月に注目した記事
情報管理LOGが、9月に注目した記事
情報管理LOGが、8月に注目した記事
情報管理LOGが、7月に注目した記事
情報管理LOGが、6月に注目した記事
情報管理LOGが、5月に注目した記事
情報管理LOGが、4月に注目した記事
情報管理LOGが、3月に注目した記事
情報管理LOGが、2月に注目した記事
情報管理LOGが、1月に注目した記事


該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG