TOP > アプリ > title - Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させる方法(その2)

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させる方法(その2)

2017102700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
先日は、Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させるということについて、色々と実験してみました。やっていく中で、Workflowの挙動がだいぶ明るみに出てきました。さて、次のWorkflowのレシピ連携について記事にしようと思っていたら、なんと探していたActionを教えてくれた方が!
というわけで、一気に解決に向かいそうです。
今回は、Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させる方法の2回目です。


  
【 Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させる方法(その2) 】  

 1.Launch Center Proを使ったレシピ内レシピ発動

 2.助け舟のコメントが!

 3.Run Workflowとは、どんなActionか







checkmark.png 1.Launch Center Proを使ったレシピ内レシピ発動

まずは、前回の振り返りから行きたいと思います。
前回の記事は、こちらです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

iWorkspaceという指定された間隔でアプリを連続起動させるというアプリが、iOS11で使用不能になってしまうということで、Workflowで実現できないか?ということで記事を書きました。
そこで、完成したのが、iWorktaskというレシピ(Workflowでは、ワークフローというのですが、紛らわしいのでレシピと表記しています)です。URLスキームと、指定間隔をまとめて記述するだけで使えるので、これはこれで悪くはない出来だと思います。ここから、Workflowにダウンロードしてください。

2017102302.png



iWorktaskの使い方に関しては、こちらを参照してください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


さて、ほぼiWorkspaceの再現ができたと思っていたのですが、Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させると、その時点でiWorktaskが終了してしまうということが分かりました。図解するとこんな感じになってしまうということですね。

2017102511.png



その時に使ったワザが、LCP(Launch Center Pro)に起動させたいWorkflowのレシピを登録しておき、そこからワークフロー発動用のURLスキームをGETするというものでした。

2017102701.png



自分の中では、最悪多段ロケット式に

レシピA → レシピB → レシピA’

2017102512.png



とやっていくしかないかな?と思っていました。しかし、ここで思わぬ助け舟が出てきたのです。




checkmark.png 2.助け舟のコメントが!

色々試している中で、「Get My Workflow」というActionがあったので、それでなんとかできないかな?と思考錯誤していた時に、ブログにコメントが!

2017102702.png


こ、これは、私が探し求めていたものではないですか!
こういう時にネットの素晴らしさを感じますね。本当に。コメント自体は、非公開コメントだったのですが、お礼の意味を込めて、私の返信部分の引用部分を載せさせていただきました。本当にありがとうございました。

「Run Workflow」というのは、全然注目していなかったActionでした。




checkmark.png 3.Run Workflowとは、どんなActionか

さて、その「Run Workflow」とは、どのようなActionなのでしょうか?
実験用に簡単なレシピを作ってみました。
こんな感じですね。

2017102703.png



「Run Workflow」の「Choose」という部分をタップすると、自分のワークフローの一覧が出てきます。

2017102704.png



これも、先日も助けていただいてできたばかりの「前日の日付をコピーver2」というレシピを登録してみます。
このレシピは、単に前日の日付をコピーするだけの簡単なものです。

2017102705.png

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



では、実際にやってみましょう。
通知センターに「終わり!」と出てくるので、タップするとちゃんと元のレシピに帰ってきました。しかも、ちゃんと結果として、前日の日付がコピーされた状態で。これは、まさに私が求めていたものです。

2017102706.png



とはいえ、これでも完璧とは言いがたく、レシピによっては、元のレシピに戻ってこないものもありました。このあたりの挙動は、もう少し実験しながら確認していきたいと思います。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iWorktask ver2.0まであと少し!

現在、iWorktask ver2.0を作成中です。
今回は、「Workflowのレシピ内で他のレシピを発動したあとに戻って来るまでできた」ので、ほとんどゴール間際みたいな感じです。とはいえ、ゴール前に色々詰めなくてはいけないことが多そうなので、さらに実験をしながら、実用レベルまで持っていこうと思います。まあ、需要があるかどうかは分かりませんが。(^0^;)

インベスターZ」が、まさかの1冊5円でやってます。全巻揃えても95円…。



関連記事

3 Comments

S*******a says..."戻ってこないレシピがあるのですか"
そうですか、知りませんでした。
よく使う処理はサブルーチン化できるかなと思ったのですが、それは残念です。
2017.10.29 17:01 | URL | #- [edit]
hokoxjouhou says..."Re: 戻ってこないレシピがあるのですか"
たぶん、組み込まれる方のワークフローに、少し工夫をする必要がありそうです。
そこのあたりも改善したバージョンも現在作成中です。もうしばらくお待ちください。
2017.10.29 20:11 | URL | #- [edit]
yoshinon says..."Re: もしかして探してるのこれですか?"
Workflowでアプリを連続起動するのではなく、WorkflowでWorkflowのレシピを発動させるというものです。
そちらのブログに関しては、すでに確認済みで

http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-1021.html

で記事にさせていただいております。
この記事は、その流れで書いたものですので、よろしければ他の記事も読んでいただけるとありがたいです。

【関連記事】
http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-1023.html
http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-1024.html
http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-1027.html
2017.11.11 07:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1024-eb360377
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG