FC2ブログ
TOP > 文具 > title - STIICA Plusは、ヒミツの伝言にも使える付箋です

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

STIICA Plusは、ヒミツの伝言にも使える付箋です

2017112600.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、「これは、最高に面白い付箋が登場した!しかも無料だ。」ということで、STIICA Plusという無料付箋とアプリをご紹介しました。
今回は、このSTIICA Plusを使って面白いことができないか実験してみます。


  
【 STIICA Plusは、ヒミツの伝言にも使える付箋です 】  

 1.STIICA Plusとは何か?

 2.ヒミツの伝言に使ってみる

 3.既読機能付き付箋として考えてみる







checkmark.png 1.STIICA Plusとは何か?

まずは、STIICA Plusとは、無料の付箋&アプリです。
これの概要や基本的な使い方などについては、前回記事にしました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


簡単に説明すると、

1.STIICA Plusのアプリ上から無料で付箋が届く(送料も無料)
2.付箋には1枚1枚違うQRコードがついている
3.それをSTIICA Plusのアプリで撮影するとオンライン上にアップされいつでも確認できる
4.同じQRコードのついた付箋を他の人がSTIICA Plusのアプリで撮影すると、複数人で共有できる
5.コメントもやりとりできる
6.撮影元の人が、その付箋を書き替えると、付箋をシェアした人にも即時反映される


というものです。

STIICA Plusのアプリは、こちらです(無料)。
このアプリから付箋を無料で申し込むことができるのです。




そして、STIICA Plusのサイトです。
こちらにも詳細が載せられています。

STIICA+
STIICA+





※スタバのドリンクチケットのプロモーションに関しては、11月24日付で終了しました。
※注:情報管理LOGは、一切STIICA Plusから利益供与などはいただいておりません。単なる好奇心のみでやってます(それが、方針)。




checkmark.png 2.ヒミツの伝言に使ってみる

さて、このSTIICA Plus(以下、STIICA+)は、付箋をシェアできるという機能があります。

同じQRコードがついた付箋を他のSTIICA+アプリユーザーが撮影すると、コメントのやりとりなどができるという機能です。

2017112511.png



さらに、ここからがスゴイのですが、上でも書いたように、撮影元(最初に付箋を撮影した人)で付箋に書き加えると、それが即座にシェア先にも反映されるのです。

2017112512.png



ということは…こういうこともできるのではないか?
と思い立ちました。

準備するモノは、こちらです。
フリクションボールですね。いわゆる消すことができるボールペンです。





ここに、まず「ヒミツの伝言」を書きます。

2017112601.jpg



これを読み取りましょう。

私のSTIICA+のアカウントで読み取ってみました。
こんな感じですね。

2017112602.jpg



さて、そろそろ鋭い人は、仕組みに気づいてきたでしょうか?
フリクションボールで書いてあるので、先ほどのヒミツの伝言は、全て消してしまいます。その上に違うものを書いておきます。

2017112603.jpg



そして、それを伝えたい人に読み取らせると…
はい!消す前の付箋が出てきました!
これ、すごくないですか?

2017112604.png



要するに、撮影元の人が付箋の撮影を更新しない限りは、シェア先の人には更新前の付箋が届くということなのです。




checkmark.png 3.既読機能付き付箋として考えてみる

さらに、前回もチラリと書きましたが、STIICA+では付箋をシェアしている人が明示されるんですよね。つまり、これはLINEでいうところの既読管理ができるということなのです。

既読機能付き付箋と考えると、ものすごく便利だなと思いませんか?相手が読んだことを確認できるというのは、ものすごく便利だと思うのですよね。
こんな風にコメントも残せるしね。

2017112605.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 というわけで、未来の付箋なのです

デジタル界隈では、どちらかというとアナログをデジタルへという方向に行きがちでしたが、このSTIICA+は、デジタルをアナログ寄りにしたというところが、新しいなと思いました。

既読機能付き付箋

ありそうでなかったアイデアだなと思うのです。






関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1046-ef5a9c52
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG