TOP > 手帳 > title - 来年こそは、システム手帳にしたい!という人は、薄型バイブルサイズがオススメです

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

来年こそは、システム手帳にしたい!という人は、薄型バイブルサイズがオススメです

2017120800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
かれこれ現在のシステム手帳に切り替えてから3年が終わろうとしています。
手帳であれこれ悩んでいた頃は、毎年年末になるにしたがってそわそわしたものでしたが、今では心静かに(文具好きなので、色々物色はするけど)過ごすことができています。それは、何よりも今の手帳がものすごく気に入っているからです。

もしも、まだ手帳選びに迷っていて、「システム手帳もいいけど、どうしたら~?」とか思っている人がいるならば、ぜひともチャレンジしてみませんか?
はっきり言って、良いことづくめで驚くはずです。


  
【 来年こそは、システム手帳にしたい!という人は、薄型バイブルサイズがオススメです 】  

 1.薄型バイブルサイズのシステム手帳をオススメする理由

 2.オススメの薄型バイブルサイズ







checkmark.png 1.薄型バイブルサイズのシステム手帳をオススメする理由

情報管理LOGを長くお読みの方は、このブログのメインコンテンツの1つに手帳がある事をご存じだと思います。そして、この数年は、ずっとシステム手帳推しを続けています。しかも、薄型バイブルサイズのシステム手帳を推しています。

なぜならば、手帳を習慣化するためには、いつも身につけるように持ち運んでいなければ、結局は活用しなくなるからです。まるでiPhoneや財布レベルで、いつも持ち歩くようになれば、自然と手帳は習慣化するからです。
その持ち歩きへの最大の障壁が、

大きさと重さ

なんですよね。

たくさん書きたいから!
といって、重くて厚くて大きいのにしても、結局は持ち歩かなくなるんですよ。

もしも、たくさん書きたいならば、ページ数をたくさん書けば良いのです。システム手帳なんだから。これが、1日1ページタイプだったら、1日に1ページしか書けません。しかし、システム手帳だったら、好きな分だけページ数を書けるのです。

しかも、薄型バイブルサイズだったら、下手な手帳より軽くて持ち運びしやすいんですよね。実は。ジブン手帳なんか目じゃないぐらいにカスタマイズし放題だし。
システム手帳のメリットに関しては、こちらの記事でも書きましたので、参考にどうぞ。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

上の過去記事でも書きましたが、システム手帳にするメリットってすごくあるのです。

 1.リフィルが選び放題
 2.カバーだって選び放題
 3.カスタマイズで自分仕様にできる
 4.データ化しやすい
 5.重い手帳を持ち運ばなくて済む
 6.過去の手帳を参照するのが容易になる
 7.手帳だけでなんとかなるようになる
 8.時系列の入れ替えも容易
 9.年や年度をまたいで使える
 10.長く愛用できる


でも、やっぱり重いのでは…?
と思った方、これから紹介する薄型バイブルサイズをぜひ手に入れて、持ってみてください。これならば、続けられるかもというサイズと重さであることに気づくはずです。




checkmark.png 2.オススメの薄型バイブルサイズ


ノックスブレイン ルフト

まず最初は、2016年に文具大賞を受賞した薄型バイブルサイズ界の中でもかなりの軽量薄型手帳です。
リング径は、11mmmで、一枚皮でできているのが、最大の特徴です。
これに、特殊な金具で背中を閉じているという機構になります。表紙が柔らかいので、リフレクターを入れることが必須になりますが、この質感やおしゃれな感じは、なかなか良いですね。

2017120801.jpg
2017120802.jpg




デザインフィル PLOTTER Puebro

上で紹介したルフトは、今後販売終了されてしまいます。
その代わり、このPLOTTERが展開されていきます。システム手帳界隈で今年一番のニュースでした。カバーから中のリフィル、それから様々なアクセサリー類などトータルでコーディネートできるものすごいオシャレなヤツです。
自分の中では、今年一番のオススメですね。

2017120806.jpg

色の展開もかなり豊富で選ぶだけでも楽しいです。
リフィルなども含めて、統一感をもってやりたい人は、これがイチオシです。





ダヴィンチ エアリーゴート

ダヴィンチのシステム手帳というとイメージされるのは、重厚で重い感じですが、こちらのエアリーゴートは、全く違います。

まず、驚かされるのが、リング径です。なんと8mm!
かなりの薄型です。これだけ薄いと、カバンでも邪魔になりませんね。11mmでも全く邪魔にはなりませんが。
カード入れやペンフォルダーもついていたり、背中の部分に補強の皮がついていたりと、さすが老舗のシステム手帳のノウハウが詰まって感じです。

2017120803.jpg




ASHFORD イシュー

システム手帳界の超有名なAshford(アッシュフォード)です。
Ashfordは、かなり早い段階から薄型バイブルサイズを出していたのですが、ここに来てさらにラインナップを充実させてきました。
そのうちの1つであるイシューシリーズです。アメリカ産の牛革(ステア)をヘビタン鞣しを行い水染めで丁寧に仕上げてあります。
リング径は、11mmmです。

2017120804.jpg




ASHFORD ビバーチェ

Ashford続きます。次は、ビバーチェというシリーズです。
こちらは、なんといっても、チャックで閉じられるカバーが特徴です。中を保護したいとか、色々一緒に持ち運びたいという場合、こういうカバーいいですよね。
カバーのサイズは、一般的なものよりも少し大きくなってしまいますが、カバン代わりに持ち運ぶという使い方もできるので、トータル的には軽くなるかもしれません。
中が、鮮やかなカラーリングというのも格好いいですね。
リング径は、15mmです。

2017120805.jpg




ファイロファックス ホルボーンヌバック

ファイロファックスの手帳もダヴィンチと同じく重厚なというイメージがあるのですが、こちらは全く違って、リング径11mmのかなりの薄型です。でも、バックスキンや皮の感じは、通常のファイロファックスの手帳と同じような作りになっており、ビジネスで持っていても、悪くない感じですよね。




ブレイリオ システム手帳 R&J

カバーの際が鮮やかなカラーリングで施されているのが特徴です。
ビジネスで使っていても違和感のないおしゃれ感ですね。
ペンフォルダーなどもついており、必要最小限の構成ですが、実際のところシステム手帳は、自分でカスタマイズが基本なので、これぐらいのシンプルさでも十分なんですよね。

2017120807.jpg




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 まずは安いのからでも良いです

いきなり高いシステム手帳は気が引けるという人もいるのではないでしょうか?
そういう人は、ちょっと質感で劣っても、まずは安いのから試してみても良いかもですよ。もしも、安いのでも試してみたい!と思った方は、こちらがオススメです。



こういうのを使ってみて、「なるほど、システム手帳は最高だ!」と思えたら、どんどん質感の良いのに変えていっても良いかもしれません。
まずは、試してみること!これしかないのです。


「試してみることに失敗はない」という名言を残した名著です。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1055-5895b04f
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG