FC2ブログ
TOP > Evernote > title - iPhoneで超実用的な長文対応のEvernote用テキストエディタQisaが素晴らしい

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iPhoneで超実用的な長文対応のEvernote用テキストエディタQisaが素晴らしい

2017122800.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
Evernoteで使えるテキストエディタはないかと物色していたところ、ちょうどよくオフセールしていたのでEvernote界隈で少し有名になっていたQisaを手に入れてみました。実際に使ってみると、これが思った以上に素晴らしく、自分の中で「Evernoteの」という冠を外してもテキストエディタとして有能なのではないか?と思えたので、ご紹介いたします。


  
【 iPhoneで超実用的な長文対応のEvernote用テキストエディタQisaが素晴らしい 】  

 1.Evernoteは、テキストエディタにはなりえない

 2.Qisaの紹介

 3.実際の使用感









checkmark.png 1.Evernoteは、テキストエディタにはなりえない

Evernoteのアプリは、Windowsのモッサリ感にいい加減うんざりしていました。タグ付けをしようとするだけで、固まったり、次々にノートを閲覧できなくなることも多いです。
では、iOSのアプリはどうかというと、Windowsほどではないけど、やはりモッサリ感があります。ノート数が、2万越えというのもありますが、それぐらいでモッサリされてもなぁというのが、正直なところでした。

さらにいうならば、Evernoteをテキストエディタ的に使うというのは、実際上ありえないレベルの挙動なのです。なので、Evernoteにテキストを入れる場合は、基本的にサードパーティ製のアプリでやっていました。短文だったら、FastEver。ライフログだったら、PostEver2やEverGearというように。






しかし、残念なことに、長文向きなアプリってあんまりなかったんですよね。したがって、今までEvernoteでは長文を書くのを諦めていました。他のテキストエディタで書いたモノを、

Ctrl + Alt + v

で直接Evernoteにインポートしていました。




checkmark.png 2.Qisaの紹介

さて、そんなEvernoteにおけるテキストエディタアプリの砂漠問題に一石を投じたのが、今回紹介するQisaです。プレーンテキストではなく、リッチテキストエディタになります。




立ち上がりも非常に軽快ですぐに立ち上がります。
画面としては、こんな感じ。iPhoneの縦置きの場合。

2017122801.png



iPhone横置きの場合。

2017122802.png



iPad mini縦置きの場合。

2017122803.png



iPad mini横置きの場合。

2017122804.png



なぜ、縦横をわざわざ載せているのかというと、テキストエディタとしての使い勝手というのは、横置きにした時に外部キーボードとの連携で打ちやすいかが重要となるからです。




checkmark.png 3.実際の使用感

1.文字量における速度について
さて、実際の使用感ですが、非常に快適極まりない感じです。
昨日の情報管理LOGの原稿データおよそ6000文字分入れてみたのですが、全く速度的に低下することもなく、まだまだイケそうな感じです。

2017122805.png



それではと、こちらの記事の原稿を突っ込んでみます。
こちらは、HTMLタグの半角文字も含めて、およそ30000字です。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

2017122806.png



しかし、全く速度的な変かもなく、その後もサクサクと編集できました。Evernoteでテキストの編集をすると、どうしてもどんどん遅くなってくるという弊害もあるので、その点でも合格点がつきますね。



2.文字の装飾
文字の装飾は、リッチテキストエディタなので、非常に豊富に設定できます。
フォントや文字色はもちろん、

2017122807.png



背景色や下線

2017122808.png



打ち消し線やアウトラインの色

2017122809.png



シャドウなどの設定もできます。

2017122810.png



残念ながら日本語フォントは、ないに等しいので、そのあたりは期待できません。



3.ツールバーのカスタマイズ
ツールバーは、スワイプでプリセットされている他のツールバーに変えることができます。

2017122811.png



予め使いそうなツールバーは、プリセットされているのですが、それらも自由にカスタマイズできるようになっています。設定からこのようにツールバーをカスタマイズできる。中身の編集もできるので、自分がよく使う機能だけにしぼったツールバーにして効率化も図れますね。

2017122812.png



4.正規表現による置換もできる!!
もうね、これ重要なので強調しておきますが、正規表現による置換ができてしまいます。もちろん、通常の検索もできるし、普通の文字列の置換もできます。しかし、正規表現のというのは、大きいですね。今までPCでやっていた作業もiPhoneやiPad miniでできちゃう。

2017122813.png



5.Evernote上のノートも編集できる
このQisaですが、実はEvernoteの検索アプリであるeverPostの作者さんのアプリなのです。なので、Evernote内のノートの検索も強力だし、検索して再編集もできてしまいます。別にQisaで作成したノートでなくても読み込めるし、編集もできるのです。



2017122814.png

2017122815.png

2017122816.png



6.everPostとの連携ができる
最後は、そのeverPostとの連携です。
everPostでは、Qisaをインストールすると、自動的に「外部エディタ」がQisaになります。

2017122817.png



そして、everPostで検索したものを、このように外部エディタで開くと、Qisaが立ち上がり、そこで編集できるようになるのです。

2017122818.png




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 かなり実用的です

今までかなりの数のEvernote関連アプリを試してきました。有料アプリも含めると、どれだけ投資してきたことか…。
そんな中においてもQisaは、かなり有望なアプリだと思っています。すでに私のEvernoteフォルダの一軍の位置につけるぐらいには、重要視しています。実際問題として、実用レベルのEvernote用のテキストエディタというのは、そう多くはないのでとても貴重なアプリだと思います。これだけ軽快に入力できるならば、メインのテキストエディタとしての使用もありだなと思っているぐらいです。


Fire HD 8 タブレットが、またもや安くなってますね。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1069-a28ce343
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG