FC2ブログ
TOP > Google > title - YouTubeの収益化条件が厳しくなったことについて

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

YouTubeの収益化条件が厳しくなったことについて

2018020900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
YouTubeの収益化条件が2月20日からさらに厳しくなります。知ってました?
今までなんとなく上げていた動画から収益が入らなくなってしまう人が多数出てくる感じの厳しさなのです。
今回は、どのように厳しくなったのか、そしてそれによるYouTubeへの影響などについて考えてみます。

  
【 YouTubeの収益化条件が厳しくなったことについて 】  

 1.YouTubeの収益化条件が厳しくなります

 2.使えなくなる機能

 3.格差の拡大







checkmark.png 1.YouTubeの収益化条件が厳しくなります

1月にYouTubeから収益化条件を厳しくするということを発表しました。

2018020901.png



より詳細な情報。

YouTube Creator Blog: Additional Changes to the YouTube Partner Program (YPP) to Better Protect Creators
YouTube Creator Blog: Additional Changes to the YouTube Partner Program (YPP) to Better Protect Creators





整理すると、今後YouTubeで収益を受けるためには、

 ・チャンネル登録者数1000人以上
 ・過去12ヶ月の総再生時間4000時間


というハードルを乗り越えなくてはいけなくなりました。

これに関しては、YouTubeは、

 ・前年比で40%以上チャンネル数が増加している
 ・99%のチャンネルは、年間の収益が100 ドル未満
 ・さらに、その90%は先月の収益が 2.5 ドル未満
 ・それまでの分は、ちゃんとAdSenseが払われる


ということを言っています。




checkmark.png 2.使えなくなる機能

私自身は、別にYouTubeでの収益化とかは、どうでもよいと思っていたのですが、思わぬ方向からこの問題に直面することになりました。

私がアップしている動画は、主にブログで説明するための操作動画です。なので、1本あたりの再生時間は、数十秒レベルですね。ちなみにチャンネルは、こちらになります。

hoko Y - YouTube - YouTube
hoko Y - YouTube - YouTube





さて、収益化はどうでも良いのですが、困ったのがカード機能の一部が使えなくなってしまったことです。このカード機能というのは、こういうのです。

この右上の部分をクリックすると、

2018020902.png



こんなのが出てきたり

2018020903.png



再生したら、指定時間にこんなのが出てくるヤツです。

2018020904.png



この動画だったら、8秒あたりですね。




これが、使えなくなってしまったんですよね…。
これが、意外に痛手なんです。だって、自分としては、動画を観てもらいたいのではなく、動画からブログへの動線を確保したいだけなので。

2018020905.png




checkmark.png 3.格差の拡大

さて、私はこれらのブログの記事のように前向きには、一つも考えられませんでした。

YouTubeの収益化条件が2018年2月20日変更!規約内容がむしろ歓迎な理由とは | 自信がないあなただから成功出来る!やりたいことを見つけて、お仕事にしていく動画カフェ
YouTubeの収益化条件が2018年2月20日変更!規約内容がむしろ歓迎な理由とは | 自信がないあなただから成功出来る!やりたいことを見つけて、お仕事にしていく動画カフェ



YouTubeの収益化、10,000再生以上が条件に!悲報ではなく、朗報!
YouTubeの収益化、10,000再生以上が条件に!悲報ではなく、朗報!






バリバリとYouTubeで活躍されている方にとっては、大したことはない条件かもしれませんが、逆にYouTubeのブログでも書いてあるとおり、大多数の動画をアップしていたユーザーにとっては、ハードル高めなんですよね。

YouTube側のブログを読むと、そういう収益が2.5ドル未満の層が収益を受けられなくなってしまう代わりに、悪質なユーザーやスパム動画などを、排除しやすくなるというようなことが書いてありました。

確かにそうかもしれませんが、果たしてそうか?とも思うわけです。

例えば、音楽系の動画の中に紛れ込んでいる全く関係ない音楽を流して、関係ない字幕を永遠流し続けるだけの動画とか、これ著作権大丈夫かな?というような長時間BGM動画とか。クリエイターというには、さすがにどうなんだ?と思いたくなるような人に迷惑をかけまくるYouTuberとか。これらは、全然削除されているのを見ません。

むしろ、そういう人たちは、ある程度の長さの動画をアップしており、チャンネル数もあったりします。クリエイター支援には、残念ながらなっていないといえます。

現在のYouTubeによる収益構造が、こういう感じだとすると、

2018020906.png



今後は、こんな感じになるのではないでしょうか?いわゆる二極化ですね。
注目され、収益を上げる人は、さらに上げるでしょうし、上がらない人にはよほどのチャンスがない限りは、ずっとないという状態です。

2018020907.png



さて、YouTubeの他にシェアしやすく、収益構造が開かれている第三のサービスが現れたら、一気に流れていくかもしれませんね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 二極化に拍車をかける施策かな?

今回のYouTubeの施策は、現状の一握りのYouTuberによる収益の総取り状態をさらに加速させるだけだろうなと思います。別に2.5ドルでも良いのですよ。実際のところは。
なんか自分がアップした動画が、ほんの少しお金になったというのが、モチベーションにもなるし、なんか嬉しいのですよね。
今回の流れが、YouTubeの終わりの始まりにならないことを祈るばかりです。
当分は、ならないだろうけどね。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1103-20211e32
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG