TOP > Google > title - iOS版Chromeがパスワードの一括エクスポートに対応!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iOS版Chromeがパスワードの一括エクスポートに対応!

2018042600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。先日のiOS版のChromeが、アップデートでパスワードの一括ダウンロードに対応しました。
今回は、このやり方と問題点についてです。


  
【 iOS版Chromeがパスワードの一括エクスポートに対応! 】  

 1.Chromeはパスワードを保存している

 2.iOS版で一括ダウンロードが可能に

 3.気をつけるべきこと







checkmark.png 1.Chromeはパスワードを保存している

Google Chromeをお使いの方はご存じですが、Chromeはパスワードを保存しています。そのため、PCだろうが、iOSだろうが、Androidだろうが、ログインしたChromeでアクセスすると、自動的に保存されたパスワードのあるサイトに関しては、入力の必要が無く、非常に快適にブラウジングできるのです。

こんな感じで、IDとPASSが、自動的に入力される。

2018042601.png



checkmark.png 2.iOS版で一括ダウンロードが可能に

さて、そんなChromeですが、先日来よりパスワードの一括ダウンロードの話題が出ていました。

Google、Chromeに保存したパスワードの一括ダウンロード機能を開発中。CSV形式で他のソフトに取り込み可能 - Engadget 日本版
Google、Chromeに保存したパスワードの一括ダウンロード機能を開発中。CSV形式で他のソフトに取り込み可能 - Engadget 日本版




こちらのニュースは、PC版でしかもベータ版の位置づけ機能としての提供だったのですが、iOS版のChromeで正式にできるようになったようです。
※PC版のChrome66でもできるようです(2018/04/26現在)。追ってレポートします。

2018042602.png



さて、やり方ですが、すごく簡単すぎて逆に危険レベルなので、警告の意味合いを兼ねて、取り上げます。

右上の三点アイコンをタップ。

2018042603.png



「設定」をタップ。

2018042604.png



「パスワード」をタップ。

2018042605.png



そうすると、パスワードが保存されているサイトの一覧が出てきます。ずっと下の方にスクロールしてください。

2018042606.png



そうすると、「パスワードをエクスポート」という項目があるので、タップ。

2018042607.png



「パスワードをエクスポート」をタップ。

2018042608.png



TochIDを要求されるので、おとなしく指紋認証しましょう(対応機種のみ)。

2018042609.png



そうすると、共有Extensionが立ち上がるので、保存させたい場所を指定してください。今回は、Dropboxを指定してみました。

2018042610.png



さて、本当に保存されているでしょうか?
確認してみましょう。Dropboxにアプリでアクセスすると、ハイ!ありました。

2018042611.png



中身を見てみましょう。
CSV形式でまさに平文でパスワードが保存されています。
※この右側に全て平文で記載されている。

2018042612.png




checkmark.png 3.気をつけるべきこと

さて、パスワードのエクスポートですが、あまりにもライト感覚でできてしまうので、ヒヤヒヤものだなと思わされました。しかも、平文での保存なので、取り扱いに注意しなければ、重大なセキュリティリスクにもつながりかねません。

上で挙げたように、共有Extensionから保存するときに、SNSに上げてしまったりしてしまったら、目も当てられません。なので、基本的にはどうしてもその必要があるとき意外は、やらない方が良さそうです。

私も即Dropboxから消しました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 他のアプリへのパスワードの移行はラクになりますね

今回のChromeによるパスワードのエクスポート機能に関しては、Chromeで管理しているパスワードを他のアプリでも使えるようにという意味合いがあるようです。ユーザーのデータは、ユーザーのモノであるという認識に立てば、これができて本来は当たり前なんですけどね。
今回、エクスポートしてみて、ずいぶんGoogleに握られているなぁと再認識しました。



マンガ大賞にもなっていたこの作品。作風は独特だけど、面白かったです。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1161-d79495d0
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG