FC2ブログ
TOP > 注目した記事まとめ > title - 情報管理LOGが、2018年4月に注目した記

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

情報管理LOGが、2018年4月に注目した記

2018050200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
あれ?気づいたら、1年の1/3が終了してしまいましたね。そろそろ目標のもう一度振り返りと、全体計画の見直しをしなくちゃと思っているところです。
さて、先月も面白い目白押しでしたね。まあ、ニュース系で言うならば、サイトブロッキング関係の記事が熱かったですね。もしも、まだ読んでいない記事などありましたら、ぜひどうぞ!






checkmark.png 情報管理LOGが、2018年4月に注目した記事


ScrapBoxを使い始めて1年で得られたこと | 知的生活ネットワーク

ScrapBoxを使い始めて1年で得られたこと | 知的生活ネットワーク
ScrapBoxを使い始めて1年で得られたこと | 知的生活ネットワーク



Scrapbox関連記事2連発!
Scrapboxを使い始めて1年という知的ネットワークのlyustyleさんの記事。

何か生まれなくてもいいんだ!
味わっていればそのうち何かが生まれるかも・・


という一文、まさにScrapboxの一面を表していると思います。



Scrapboxでの記事執筆 – R-style

Scrapboxでの記事執筆 – R-style
Scrapboxでの記事執筆 – R-style



Scrapboxを使っての記事の執筆についてのノウハウ記事です。
Scrapboxって、上の記事でも指摘していますが、まずは書けば良いのですよね。それだけで、広がっていくから。
そして、「仮」が、いつの間にか「本文」に置き換わる感覚をぜひ皆さんも味わってみませんか?



Scrapbox の効果を図解してみた – 長沢智治のブログ

Scrapbox の効果を図解してみた – 長沢智治のブログ
Scrapbox の効果を図解してみた – 長沢智治のブログ



Scrapboxの本質を表しているなと思った記事です。




今まで水面下(暗黙知化していた知)を水面自体を下げてくれるのが、Scrapboxというのは、非常に腑に落ちる表現した。



Twitterの名前を5分毎に東京の天気☼☂☃と連動させるサーバレスプログラムを書いたら色々知らないことが出てきた話 - Qiita

Twitterの名前を5分毎に東京の天気☼☂☃と連動させるサーバレスプログラムを書いたら色々知らないことが出てきた話 - Qiita
Twitterの名前を5分毎に東京の天気☼☂☃と連動させるサーバレスプログラムを書いたら色々知らないことが出てきた話 - Qiita



これは、本当にただただびっくりという技術。




この方は、Ponanzaという超強いAI将棋ソフトを開発されている人で、その界隈では超有名人な方です。




で、サーバーレスでTwitterの名前部分を動的に変化させるということをやったわけです。これ、すごい面白いと思いませんか?




モノを作るとモノを観る目が深くなる - karaage. [からあげ]

モノを作るとモノを観る目が深くなる - karaage. [からあげ]
モノを作るとモノを観る目が深くなる - karaage. [からあげ]



モノをつくると、「モノ」自体の見る目が深くなるという話です。
これは、本当にそう思うのですよね。というか、モノに限らず、文章を読む深さを増したいと思ったら、文章を書くべきだし、絵を見る眼を深くしたいと思ったら、絵を描くべきなんです。そうして、そこに潜む知見を得ることによって、「見る眼」にフィードバックされていくのですよね。




日本人デザイナーが手がけた、文字と点字が共存するフォントBraille Neue | ギズモード・ジャパン

日本人デザイナーが手がけた、文字と点字が共存するフォントBraille Neue | ギズモード・ジャパン
日本人デザイナーが手がけた、文字と点字が共存するフォントBraille Neue | ギズモード・ジャパン



このフォントすごいと思いませんか?




フォントと点字が1つになっています。
デザインは、世界の問題を解決する手段の一つだと思っているのですが、まさにこれなんかは、その最たるものですよね。問題は、日本語はかなり難しいことですが、これもいつかは違う形で解決できそうな気がしますよね。




アーティストグッズから花器まで!主役を守る「梱包材」「緩衝材」の目立たないけどスゴい技術

アーティストグッズから花器まで!主役を守る「梱包材」「緩衝材」の目立たないけどスゴい技術
アーティストグッズから花器まで!主役を守る「梱包材」「緩衝材」の目立たないけどスゴい技術



デザインつながりで。
梱包材、緩衝材の世界です。
そう、よく家電なんかを購入したら、包まれているアレですね。
アレに、どのようなクリエイティブが?と思われる人がいるかもしれませんが、そう思う方は、ぜひともこちらの記事を読んでいただけたらよいかと思います。

当たり前のように存在するから意識されませんが、そういうモノにこそ、アイデアと智恵の結晶だったりするのです。




本当に優れた「デザインの勝利」は空気のような存在になり知覚すらされない - Togetter

本当に優れた「デザインの勝利」は空気のような存在になり知覚すらされない - Togetter
本当に優れた「デザインの勝利」は空気のような存在になり知覚すらされない - Togetter



というわけで、さらにデザイン関係の記事。
最近、デザインの敗北的な記事をよく見かけたりするのですが、残念ながら「デザインの勝利」というのをあまり目にしないのは、優れたデザインというのは、優れている故、まるで当たり前のように存在してしまうために知覚されづらいというだけの問題だったりします。皆さんの回りにも実は、近くされていないけど、優れたデザインがあるはずですよ。




改善リストは大事 - 佐々木正悟の「のきばブログ」

改善リストは大事 - 佐々木正悟の「のきばブログ」
改善リストは大事 - 佐々木正悟の「のきばブログ」



ここで書いている「カイゼンリスト」とは、日々失敗して困ったことなどをEvernoteに書いているそうです。そうすることによって、失敗を自分自身に客観的に見つめることが可能になるということでした。

実は、私はここまで厳密ではありませんが、実はちょっと似たようなことをしていました。




ライフログの中に「はぁ…」と思った事や、失敗したことなどを正直に書き、最後に「orz」と書いておくのです。そうすると、あとでLiflogというノートブックで「orz」を検索すると、自分のがっかり出来事リストが現れるという…。

そうすると、自分が一体何で間違いをやらかしたのか、または何に困ったのかというのが、明らかになるのですよ!というわけで、これはオススメですよ。
これについては、今度記事にしてみます。




10年以上日記が続いている私が断言する「Evernote」「Taskuma(たすくま)」「CalEver (NotesViewer)」を使えば誰でも継続的に日記が書ける

10年以上日記が続いている私が断言する「Evernote」「Taskuma(たすくま)」「CalEver (NotesViewer)」を使えば誰でも継続的に日記が書ける
10年以上日記が続いている私が断言する「Evernote」「Taskuma(たすくま)」「CalEver (NotesViewer)」を使えば誰でも継続的に日記が書ける



私の愛読ブログの一つ冷えとりパパ氏の「いつもていねいに」から。
タスク管理を行うたすくまでライフログを取るというのも面白いですよね。そして、それをEvernoteに蓄積し、CalEverで振り返るという一連の流れ、とても参考になります。

記録→蓄積→振り返り

という流れが、とてもスムーズに無理なく行われていることこそが、2005年からずっと日記が続いている秘訣なのかもしれませんね。




メモのフォーマット – R-style

メモのフォーマット – R-style
メモのフォーマット – R-style



メモというものを俯瞰的にまとめた良記事。

「メモ」にはどんな形式があるだろうか。
 リスト
 ツリー
 マップ
 リゾーム

とりあえず、この四つがあるだろう。

メモのフォーマット – R-style


なかなか、単なるメモを網羅的に捉えることってしないので、新たな視点を得ることができました。




❏ サイトブロッキング関連記事
NTTによるブロッキングの何が許せないのか - Software Transactional Memo

著作権侵害サイトへのブロッキングに関する声明 | お知らせ | 一般社団法人インターネットコンテンツセーフティ協会 - ICSA

第391回:政府与党の行政指導による著作権ブロッキングという最低最悪のネット検閲へと突き進む日本: 無名の一知財政策ウォッチャーの独言

「海賊版サイト対策へ本当に手を尽くしていたのか、権利者団体に聞く」技術的理解を深める - orangeitems’s diary

海賊版サイト対策へ本当に手を尽くしていたのか、権利者団体に聞く | 日経 xTECH(クロステック)

今回の「漫画村」などの著作権無視したサイトに対処するために、急きょ寝耳に水のように政府が発表したサイトブロッキングの要請に端を発した諸々の記事です。
これに関しては、他にも紹介したい記事が山ほどあるのですが、これぐらいで辞めておきます。
情報管理LOGでは、明確にサイトブロッキングには、反対しています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




プログラム同士の「超高速取引」で、株式市場がクラッシュする日がやってくる|WIRED.jp

プログラム同士の「超高速取引」で、株式市場がクラッシュする日がやってくる|WIRED.jp
プログラム同士の「超高速取引」で、株式市場がクラッシュする日がやってくる|WIRED.jp



ウォール街では、トレーダー達が大量解雇されているという話が出てきていますね。もはや、コンピュータによる自動取引が日常レベルになってきている象徴と言えるでしょう。アルゴリズムによる取引は、問題が無いわけではなく、時々恐ろしい結果を残すことは知られています。さて、そんな自動取引ですが、このまま行けば、コントロール不能な被害をもたらしかねないという警告的記事です。
確かにコンマ秒以下で繰り返されるトレードにおいて、莫大な資産が一瞬のうちに消えるというのは、容易にあり得ることなんですよね。




女人禁制の「伝統」は明治以降の相撲界による虚構なのか?【論文:相撲における「女人禁制の伝統」について】 - おまきざるの自由研究

女人禁制の「伝統」は明治以降の相撲界による虚構なのか?【論文:相撲における「女人禁制の伝統」について】 - おまきざるの自由研究
女人禁制の「伝統」は明治以降の相撲界による虚構なのか?【論文:相撲における「女人禁制の伝統」について】 - おまきざるの自由研究



大相撲の土俵に女性が上がることについて、話題になっていましたね。
大昔から続く大相撲ですが、果たして女人禁制というのは、遙か昔から続く伝統と言えるのか?ということを調べてまとめてある記事です。

ちなみに、相撲が国技となってから、まだ109年だとか知ってました??

このブログの元になっているのが、吉崎祥司,稲野和彦(2008)『相撲における「女人禁制の伝統」について』(北海道教育大学)の論文です。

59-1-zinbun-06.pdf

ぜひとも、こちらも併せて読むことをオススメします。




土俵上の救命「集まった人々の行動模範的」 AED財団:朝日新聞デジタル

土俵上の救命「集まった人々の行動模範的」 AED財団:朝日新聞デジタル
土俵上の救命「集まった人々の行動模範的」 AED財団:朝日新聞デジタル



そして、事の発端となった大阪での救急救命の様子をAED使用という観点で分析した記事です。あの映像を見たのですが、非常にテキパキと指示しながら、救命している様子が映し出されていました。逆に異様だったのが、あの場内アナウンスだったという…。
心臓が停止しているかもしれないことを前提に行動するということが、大事だということを知りました。




「無許可録音」のデータは裁判で証拠として認められるか…パワハラ訴訟を事例に検証  - 弁護士ドットコム

「無許可録音」のデータは裁判で証拠として認められるか…パワハラ訴訟を事例に検証  - 弁護士ドットコム
「無許可録音」のデータは裁判で証拠として認められるか…パワハラ訴訟を事例に検証  - 弁護士ドットコム



無許可録音には、証拠としての価値はないみたいな言説を繰り返す方々がいるのは知っていましたが、あれは完全にデマですからね。
なんだろうね?ああいうデマは。




軍人が議員に罵声を浴びせた「黙れ事件」 80年前の結末を知っていますか?

軍人が議員に罵声を浴びせた「黙れ事件」 80年前の結末を知っていますか?
軍人が議員に罵声を浴びせた「黙れ事件」 80年前の結末を知っていますか?



自衛官が、国会議員に対して、罵声を浴びせたということがニュースになっていましたね。シビリアンコントロールの観点から、即刻解雇処分すべきだと思う案件だとおもうのですが、どうにも動きがありませんね?あったら、教えてください。

歴史に学ぶということで、同じようなことが過去にあったので、見ていきましょう。。

「諸君、私は確信するのでありますが、かかる非常の場合におきまして、国民の頼みは何であるかということ、議会と政府、行政と立法との関係というような問題ではなくして、何か強力な力、強い力によって敏活機敏に処理さるということであります」

こうした「説明」には、議員からも「あれは誰なんですか」「討論は許されませぬ」などと野次が続々とあがり、議場は大きく混乱する。

そこにしびれを切らした佐藤中佐が、「黙れ!」と声をあげたのだ。

もちろんそうした発言は許されなかった。「黙れとはなんだ」などという野次も相次ぎ、板野議員や委員長から発言の取り下げを求められた。

佐藤中佐は撤回に応じ、そのまま議場を退出した。

軍人が議員に罵声を浴びせた「黙れ事件」 80年前の結末を知っていますか?


これ、当時の国会での様子ですからね。
なんか、似ていると思いませんか?

その当時ですら、こういうことはおかしいと声を上げる人がいたということを知ることもできますし、もはや軍のシビリアンコントロールが利かなくなってきていたことの証左だとも言えます。

今の日本は、民主主義だし、ちゃんと反対する勢力もいるから大丈夫!と言える人は、当時のそういう様子を見ると、そうも言えなくなるのではないかと思うのです。




切なくて震える。あの感動のゾンビショートフィルム「Cargo」がついに長編映画化!ネットフリックスでも配信決定! : カラパイア

切なくて震える。あの感動のゾンビショートフィルム「Cargo」がついに長編映画化!ネットフリックスでも配信決定! : カラパイア
切なくて震える。あの感動のゾンビショートフィルム「Cargo」がついに長編映画化!ネットフリックスでも配信決定! : カラパイア



ゾンビ映画って「追うか」「追われるか」というのが、基本構成かと思うのですが、その思い込みを思いっきり、打ち破ってくれる新たなゾンビ映画がこの「Cargo」です。噛まれると48時間でゾンビになってしまうという状況で、48時間後に自分自身もゾンビになってしまうという小さな子持ちの父親が主人公の映画です。
自分の子どもを守るために、その48時間以内になんとか子どもを安全に生きてけるよう手配しないと、自分が子どもを襲ってしまうかもしれないという恐怖との闘いを描いたものです。これだけで、かなり一線を画しているのが分かりますよね。

Netflixでの配信ということで、一般公開はなさそうなのが残念なところです。






届くこと|ミツコ|note

届くこと|ミツコ|note
届くこと|ミツコ|note



とても短い短編漫画です。
孫が「彼氏が、彼氏が既読なのに返信が来ない」ことに不満を漏らしていたら、そのおばあちゃんが、「読んだことが分かる」ということに対して驚いているところから始まります。

これは、とても短い漫画だけど、コミュニケーションの密度と質の問題なのだなと思い至りました。




そして、この漫画に触発されて書いたのが、この記事です。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

コミュニケーションコストが、低下するとコミュニケーション量は増大する。しかし、その反面、コミュニケーション密度は低下する。という趣旨の記事でした。
私たちは、まだこの新しい状況に対応し切れていないのだなと感じてしまったのです。




その知識、本当に正しいですか?|KaoRi.|note

その知識、本当に正しいですか?|KaoRi.|note
その知識、本当に正しいですか?|KaoRi.|note



アーティストとモデルの関係に関して、Metooと声を上げた記事です。
とても貴重な発言録ですので、ぜひとも目を通してみてください。アーティストとモデルって対等な立場が築かれていると思ってしまいがちですが、残念ながら荒木氏とミューズと呼ばれていたKaoRi氏との関係は、残念ながらそのようなものではなかったようなのです。どちらかというと、アーティストが、モデルを搾取する関係ですね。
海外では、契約書を交わすのが一般的ということなので、そういう面でも日本は遅れているのかもしれません。




【藤本健のDigital Audio Laboratory】iPhoneからBluetoothで聴くと音質はどう変わる? 波形で比較した-AV Watch

【藤本健のDigital Audio Laboratory】iPhoneからBluetoothで聴くと音質はどう変わる? 波形で比較した-AV Watch
【藤本健のDigital Audio Laboratory】iPhoneからBluetoothで聴くと音質はどう変わる? 波形で比較した-AV Watch



これ、自分が一番知りたかったヤツだー!!と即座に読んだ記事です。
Blutoothは、近距離無線通信の規格なのですが、データの転送量から考えると音声データを100%転送しているとは考えられなかったのですよね。なのでどれぐらい Bluetooth に入って、音質が劣化してるのかということを検証している記事が読みたかったのです。
この記事では AAC による変換後の音声じゃね比較をしているので完全な比較とは言いえませんが、それでも普通によるある程度の影響について知ることができました。
逆にある程度の音質以下であるならば Bluetooth で足もも変わらないということが理解できました。

逆にいうとAACやMP3の128~192kbps程度のデータの再生なら、Bluetooth接続でも大きな影響はないが、それ以上のフォーマットだと音質劣化の大きな原因になることが分かってくる。最近は結構高価なBluetoothイヤフォン、Bluetoothヘッドフォンも増えているが、iPhoneで使うのであれば過剰な期待は禁物だ。

【藤本健のDigital Audio Laboratory】iPhoneからBluetoothで聴くと音質はどう変わる? 波形で比較した-AV Watch





フェモラータオオモモブトハムシの味を侮っていました | ざざむし。

フェモラータオオモモブトハムシの味を侮っていました | ざざむし。
フェモラータオオモモブトハムシの味を侮っていました | ざざむし。



もしも虫嫌いな人が飛んだら卒倒する記事です。
今回は昆虫食の記事なのですが、 現在三重県で大発生している外来種のフェモラータオオモモブトハムシの幼虫を実際にとって食べてみたという内容です。これが、かなりの美味らしく、頭の中でもその味をかなり絶賛していました。




まあ、実際にこうやって写真で目にすると、 かなり衝撃的なビジュアルなんですけどね。
杏仁豆腐のような匂いと濃厚な味というのが、気にならないではないです。



AIがAIを「だます」ことで賢く成長:日経ビジネスオンライン

AIがAIを「だます」ことで賢く成長:日経ビジネスオンライン
AIがAIを「だます」ことで賢く成長:日経ビジネスオンライン



Google のAlphaGoでもそうでしたが、 AI 同士が対戦することによって学習速度を高めていくという試みがなされていました。これと似たような形で、 AI 同士が敵対的ネットワークによって教師なし学習をしていくということがこれからトレンドになりそうな気がします。 この記事では、この敵対敵ネットワークによって AI 同士の学習速度上げることについての詳細なレポートが載っています。教師なし学習っていうのはどういうことかということについて知りたい人がぜひ読んでみてください。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 技術と政治と

私たちの住んでいる世界では、急速にテクノロジーの進歩が訪れています。そのため、過去の判例では裁けないような事例も多々見られるようになってきました。その当時では、想定していなかったような事例が、出てくるためです。私たちは、 何のために法を整備し、法のもとに暮らしてるのかというと、それが平和的な生活において欠かせないからです。逆にその当の法施行するものが、私たちの生活を圧迫したりとか、平和的な生活を脅かす存在になるとしたら、それは危険なことだなと思うのです。たぶん、このテクノロジーの進歩は、まだ止まらないだろうと思っています。そのため、この問題はこれからもさらに議論の対象になっていくのではないかと考えています。そういう時に常に考えておきたいのは、「どうしてそれが必要なのか?」という、 根本を問う問いなのです。




2018050201.png



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1165-533c8170
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG