TOP > アプリ > title - タウンWiFiを使ったら思った以上に良かった

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

タウンWiFiを使ったら思った以上に良かった

2018052100.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
街中を歩いているとたくさんの公衆無線LANありますよね。でも、それを利用するためには、いちいちパスワードや手続きをしなくてはなりません。
そこで、タウンWiFiというアプリを使ってみることにしました。そうしたら、これが予想以上に良かったので、そのあたりをレポートします。


  
【 タウンWiFiを使ったら思った以上に良かった 】  

 1.タウンWiFiとは何か?

 2.予想以上にサクサクとつながる

 3.注意すべき点









checkmark.png 1.タウンWiFiとは何か?

タウンWiFiとは、冒頭にも書いたように街中に設置されている公衆無線LANに自動的に接続してくれるアプリです。



最近では、ギガ放題など容量を気にせず使えるプランなども出てきているので、公衆無線LANに接続しなくても大丈夫!という人も多いとは思いますが、格安SIMやギガ数が少ない(こういう表現は好きじゃ無いけど伝わるので)人にとっては、ライトな用途で使う場合、公衆無線LANは便利なんですよね。

しかし、いちいち登録やら手続きなどをしなくてはならなく、面倒極まりないのも事実です。いちいち公衆無線LANの接続毎に切り替えをするのは、嫌になってしまいます。そこで、タウンWiFiですよ!

2018052101.png



checkmark.png 2.予想以上にサクサクとつながる

まず最初にWi-Fi接続するためのプロファイルをインストールする必要があるのですが、基本的にチュートリアル通りにやっていけば、誰でもインストールできます。
接続設定をインストールします。

2018052102.png



そうすると、あとは自動で接続されるという気軽さ!
ちなみに、一度プロファイルをインストールすると、このアプリを立ち上げておく必要もありません。

一応、設定として以下の設定をしておくと、煩わしさがなくなります。

1.接続時の通知を受け取るをオフ
いちいち、つながる度に通知されていたら、あっという間に通知センターが埋まってしまいますので、

2018052103.png



2.遅いWi-Fiに接続しない設定にする
「管理」→「遅いWi-Fiに接続しない」をオンにしておきます。
私は、500kbps以上で設定していますが、動画とかを観る人ならば、2Mbps以上が良いと思いますよ。そうすると、遅いWi-Fiにはつながらなくなりますので、いきなり見られなくなるというようなことがなくなります。

2018052104.png



checkmark.png 3.注意すべき点

タウンWiFiは、街中を歩いていると、ごく自然に(通知をオンにしていないので)どんどんつながってくれます。1ヶ月あたり、500MBぐらい通信容量を節約できている感じはありますね。
出かける割合が多ければ、もっと節約できそうな気もします。

さて、こんな便利なタウンWiFiですが、気をつけなくてはいけない点があります。

1.第三者に通信内容が傍受される可能性がある
基本的にパプリックWi-Fiに接続するときは、その内容が漏れる可能性を考慮しなくてはなりません。会社の重要な書類のダウンロードとか、パスワードが必要なサイトやサービスを使うなどは、避けた方が良いでしょう。



2.危険なWi-Fiにつながることもある
良心的なWi-Fi設置者だけに接続されるとは限りません。
中には、なりすましWi-Fiを設置して、カモがかかるのを待っているという悪質な者もいます。これは、なりしましアクセスポイントと呼ばれるもので、SSIDを偽装し、自分のPC経由で接続させることで、通信内容を全て傍受されてしまうというものです。
もしも、共有ドライブやクレジット決済などをやってしまったら、恐ろしいことになってしまいそうですね。

メールも盗聴? フリーWiFi「なりすまし」の危険 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
メールも盗聴? フリーWiFi「なりすまし」の危険 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)






3.提供している事業者側に情報が渡ることも
これは、公衆無線LANを提供している事業者が、手続きの時に明示していたりするものです。例えば、利用者にプッシュ通知で宣伝が流れたりするということを、利用規約に書いてあったりした場合、たとえタウンWiFiで自動で接続されたとしても、利用規約に同意したものとされるので、そのような広告が通知されることがあるかもしれません。
とはいえ、今のところそのような広告は目にしたことはないのですけどね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 面倒からの開放

最近、タウンWiFiはセキュリティにも気をつけ始めているようで、VPN接続ができるようになったり、セキュリティアプリなどを併用して使うことを推奨したりするようになっているようです。
自分としては、今まで1つ1つの公衆無線LANを利用規約やら、面倒な手続きなどをポチポチしながらやっていたことを考えると、隔世の感があります。とはいえ、便利の裏側は、先ほども指摘したように、リスクとも背中合わせなので、利用方法なども考えながら利用するのが、吉ですね。
私は、そういうセキュリティが必要なときは、Wi-Fiをオフにして、通常の通信でやるようにしています。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1177-e84edcd1
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG