TOP > 手帳 > title - 手帳とScanSnapの連携

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

手帳とScanSnapの連携

2011010901.jpg


今回は、手帳ScanSnapでデジタル化し管理する話題です。


  
手帳ScanSnapの連携】  
 1.手帳のデジタル化
 2.ScanSnapは、あえてJPGで取り込み
 3.日付でリネーム
 4.Evernoteに自動取り込み
 5.Picasaでも管理






1.手帳のデジタル化
私は、この記事で実践していた手帳のデジタル化を現在も継続しています。基本的には、手帳に書き連ねたメモをテキストとしてPCに打ち込んでいくというものです。これを日課にしておくと、それほど膨大な量にもならずに、割とすぐにできてしまいます。さらに、自分がメモしたものをいつでも検索できるのは、とても心強いものです。紙copiでテキストを打っているので、fenrirでの検索対象としても使えるので、思いついたときにメモを瞬時に検索できるのです。
しかし、この方法は、基本的にテキストばかりのデジタル化でしかありません。そこで、この方法にさらにScanSnapを使い、デジタル化をさらに加速させてみました。


2.ScanSnapは、あえてJPGで取り込み
ScanSnapに関しては、様々なブログで取り上げられているので、説明の必要もないかと思いますが、大量の紙資料を高速にスキャンできるドキュメントスキャナです。一発でPDFにもでき、さらにOCRでテキスト埋め込みもできるという優れものです。

しかし、私の字はナマズの這ったような非常にひどい字でとてもOCRで正常に読み取られるようなものではありません。
だからというわけではありませんが、あえてScanSnapでは、JPGで取り込みをするようにしています。
なぜJPGかというと、2つ理由があります。

 ・一覧性が高いから
 ・JPGの方が、他ソフトで流用しやすいから


です。

基本的には、1ヶ月単位でスキャンをかけるようにしています。
↓このような感じになります。
2011010903.jpg




3.日付でリネーム
2011010902.jpg

ScanSnapでスキャンすると、スキャンした日や時刻がファイル名となってしまいます。そこで、あとで利用しやすいように「2010-1-001」というように、「年-月-連番」でリネームします。
「連番」ではなく「日付」の方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、必ずしも1ページ1日ではないので、連番の方が都合がよいのです。また、月さえ分かっていれば、基本的には時系列なので検索は容易なのです。


4.Evernoteに自動取り込み
2011010905.jpg

Evernoteには、インポートフォルダという機能があります。これは、指定したフォルダにファイルが保存されれば、自動的にEvernoteにも登録してくれるというものです。
このインポートフォルダで手帳アーカイブ用のフォルダを指定してやると、自動的に登録されていくので、実に手間いらずです。
ただし、私の場合は、ScanSnapで取り込んだフォルダを指定してはいません。一度、リネームしたり、白紙のページを削除したりという作業をしてから、手帳アーカイブ用のフォルダに入れるようにしています。
Evernoteは、プレミアムにしてあるので、いざというときのバックアップにもなってくれるのも心強いです。


5.Picasaでも管理
2011010904.jpg

この手帳アーカイブ用フォルダ(「手帳archive」というフォルダ名にしている)は、Picasaでもフォルダマネージャで常時スキャンの対象にしています。手帳を広い時間軸で眺めることができるので、Evernoteとは違った次元で管理することができるのです。やはり、一覧性という点では、Evernoteよりも画像閲覧ソフトの方が、良いようです。
あとは、PicasaとEvernoteのタグが連携してくれたら、言うこと無しなんですけどね。




関連記事
手帳のデータ移行術
手帳のデジタル化
手帳をデジタル化する(その2)
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/119-e8ff667a
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG