FC2ブログ
TOP > アプリ > title - iPhoneで手書き文字を変換するならば、Google翻訳が使えるよ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iPhoneで手書き文字を変換するならば、Google翻訳が使えるよ

2018080700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんは、読み方が分からなくて変換に難儀したことってありますよね?
そういう時は、どうしていますか?色んな方法が考えられますが、その中でも最近自分の中でヒットしているのが、Google翻訳を使うという方法です。

えっ、なぜにGoogle翻訳??

と思う人もいると思われますが、まあ読んでみてください。


  
【 iPhoneで手書き文字を変換するならば、Google翻訳が使えるよ 】  

 1.読み方が分からない文字を変換に困る

 2.手書き文字変換アプリでは?

 3.Google翻訳を使う方法







checkmark.png 1.読み方が分からない文字を変換に困る

皆さんは、こういう経験はないでしょうか?

これ、打ち込みたいけど、なんて読むの?

とか

読み方が分からないので、検索したいけど、そもそも読み方が分からないから変換できない…。

などなど。

つい最近読めなかったのは、これですね。

繊芥

「せんかい」と読むのですが(読めなくはないのだろうけど)、iPhoneのATOKで変換しても
出てこなかったのですよね。そのため、意味も調べられないという。

2018080701.png



ちなみに、Google様のキーボードアプリであるGboardでもこんな感じ。

2018080702.png



そして、iOS標準のキーボードでもこんな感じ。

2018080703.png



でも、ちゃんと辞書で調べると、こうやって意味が出てくる…。うむむ。そもそも「芥」という字は、「かい」で打っても変換されないし。

…みたいな経験ありますよね?




checkmark.png 2.手書き文字変換アプリでは?

手書き入力アプリでは、MetaMoJi Corporationのmazecというアプリが有名ですよね。ちょい高いのが玉にきずなんですけど。



こんな感じで、いい加減な書き方をしても、高精度に変換してくれるというスグレモノです。まあ、これ1本あれば大丈夫でしょう。ぐらいの信頼度はありますよね。

なので、手書き文字入力アプリをお探しの方は、これをキーボードアプリに設定すると、万事解決となります。

2018080704.png



checkmark.png 3.Google翻訳を使う方法

とはいえ、ありきたりでは面白くないので、軽くて無料で使えるGoogle翻訳を使って実現してみたいと思います。これ、裏技的なんですが、意外に使えるのですよ!

Google翻訳というアプリは、これです。




これ自体、めちゃくちゃ面白いアプリなので、入れて損無しですので、この機会に入れちゃてみてください。
過去記事でも取り上げていますので、こちらも参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


Google翻訳で手書き文字入力するためには、

日本語から日本語

にします。ちょっと裏技っぽいですよね?

言語のところをタップすると、

2018080705.png



翻訳する言語選択の画面になるので、ここで日本語を選ぶのです。

2018080707.png



そして、ペンのアイコンをタップすると、手書き入力になります。あとは、文字を指で書くだけです。
かなりいい加減な文字でも認識してくれるのは、さすがGoogleといったところですね。

2018080708.gif



翻訳された文字は、この部分を長押しすると、クリップボードにコピーされるので、他で利用するのも楽ですね。

2018080708.png


ちなみに、「繊芥」の意味は、こんな感じです。

2018080709.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Google翻訳は、スゴアプリです

Google翻訳は、海外に行く予定がなくても入れておくと何かと使えるスゴアプリだと私は思っています。特に過去記事でも書いたように、カメラで英語の文字を捉えるだけで、その場で翻訳してくれるのは、未だに未来感あります。

とはいえ、手書きで文字入力する方法は、実はこれだけではなかったりするので、これについては、明日も続きます。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1231-80d7653e
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG