FC2ブログ
TOP > iPhone > title - 使いづらいiTunesを使わずにファイルを転送するいくつかの方法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

使いづらいiTunesを使わずにファイルを転送するいくつかの方法

2018081000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iTunes使ってますか?
私は、この頃めっきり使わなくなってしまいました。
だって、重い上に直感的でなく使いづらくないですか?
初期のiTunesのワクワク感ももはや失われて久しいですし。というわけで、できるならばiTunesを使わないで過ごしたいと思っています。そこで、iTunesを使わずにファイル転送などをやれるならやろうということをしています。今回は、iTunesなんかよりよほど良いファイル転送方法についていくつか紹介していきます。


  
【 使いづらいiTunesを使わずにファイルを転送するいくつかの方法 】  

 1.iTunesがひたすら使いづらい

 2.iCloudドライブを使う

 3.クラウドストレージを使う

 4.DocumentsのWi-Fi転送を使う







checkmark.png 1.iTunesがひたすら使いづらい

まずは、iTunesに対する文句から。

皆さんは、iTunes使ってますか?

私は、上でも書いたように、しばらくiTunesを使っていません。

2018081001.png


iTunesって、とても使いづらくないですか?

CD一枚焼くにしても、素人さんだったらどうやれば良いか全く理解できないはずです。ましてやiPhoneやiPadなどのアプリにファイルを転送するとか、直感的になど到底ムリレベルなぐらいに、

非直感的操作感

だと思わざるを得ない感じだからです。
昔から使い続けている人だったら、「こうかな?」ぐらいに想像を働かせて使うことはできますが、そうではない人には、無理目な相談というものです。

初期の頃のシンプルにして、誰でも分かりやすいUIからほど遠く遥か銀河の彼方に来てしまった感はありますよね?

2018081002.png




checkmark.png 2.iCloudドライブを使う

というわけで、iTunesを使わずにファイルを転送する方法の1つ目は、iCloudドライブを使う方法です。

iOS11になってから、ファイルという概念が導入されましたよね。以前は、アプリ毎にデータを入れなくてはいけなかったのを、WindowsやMacOSと同じようにファイルはファイル。アプリは、アプリと区別できるようになったのです。

そういうわけで、これを使うと、ファイル転送が捗ります。

まずは、iCloudにブラウザでアクセスしましょう。

iCloud
iCloud





iCloudのアカウントでログインすると、このように画面が出てきます。
その中にiCloud Driveというアイコンがあるので、それをクリック!

2018081003.png



そうすると、なにやら見慣れた画面が出てきますね。Keynoteならば、Keynoteのフォルダに直接データを入れれば良いし、PDFだったら対応するアプリのフォルダに入れればOKです。もしも、そういうのがなければ、新しいフォルダを作成してもOKです。
今回は、新しいフォルダを作成してみましょう。

2018081004a.png

2018081005a.png



新しいフォルダを開いて、その中にファイルをドラッグ&ドロップで入れます。これは、通常のファイルを扱う感覚と同じで直感的ですね。
今回は、エクセルとパワポ、そしてPDFを入れてみました。

2018081006.png



iPhoneの「ファイル」アプリからアクセスしてみましょう。

2018081007.png



ブラウズからiCloud Driveを開いてみましょう。

2018081008.png



ちゃんと「実験」というフォルダできていますね!
そこをタップして開きます。

2018081009.png



ちゃんと3つデータが入っています。

2018081010.png



ちなみに、PCでファイルを入れたらリアルタイムでファイルが転送されてくるので、めちゃくちゃ便利!

2018081011.gif



試しにPDFを開いてみます。PDFだったら直接開くことができます。

2018081012.png



共有Extentionから他のアプリに送るのもできますね。

2018081013.png



エクセルやパワポの場合は、タップすると該当のアプリが立ち上がります。



checkmark.png 3.クラウドストレージを使う

まあ、これは一般的なやり方ですよね。
やりかたについては、もはやいちいち説明しなくても良いかと思います。

私は、現在のところ、Googleドライブ、Dropbox、OneDrive、Box.netの4つを主に使っています。

使用頻度としては、

Googleドライブ>Dropbox>>>OneDrive>Box

みたいな感じですね。




checkmark.png 4.DocumentsのWi-Fi転送を使う

最後は、DocumentsというアプリのWi-Fi転送を使う方法です。
Documentsとは、万能ファイル管理アプリです。無料なので、入れておいて損はありません。



このDocumentsが、つい最近アップデートでWi-Fi転送というのができるようになりました。これによって、Documentsによるファイル管理に隙がなくなったと言えます。
これについては、過去記事でも書いているので、参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

まずは、PC側のブラウザでこちらにアクセスします。

Wi-Fi Transfer
Wi-Fi Transfer




すると、こういうQRコードがついたサイトが出てきます。ブックマークすると良いですよ。





次にiPhoneまたは、iPadのDocumentsで「サービス」をタップ。





「Wi-Fi転送」という項目をタップ。





バーコードリーダーが起動するので、先ほどのPCのブラウザに表示されているQRコードをスキャンしましょう。





すると…このように接続されます。





PC側からiPhoneのDocumentsに入っているデータが見えます。PCからデータを送る場合は、「アップロード」というボタンをクリックします。




そして、送りたいファイルを指定すると…ちゃんとiPhone側に転送されます!





Documentsに送ることができれば、あとは共有Extentionから自由に他のアプリに転送できます。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iTunesは、歴史的使命を終えたのかもしれません

ファイル転送などを担っていたiTunesというソフトは、もはや歴史的使命を終えつつあるような気がします。Appleもそれほど力を入れているように見えないしね。iOSのバックアップなども、iCloud上でできてしまえることを考えると、あとはiTunesストアのみぐらいしかないような気もしてます。しかし、それさえもiOSからできてしまえるので、iTunesの役割がいかに微妙かが分かりますね。
とはいえ、なくなってしまうともったいないような気もするので、もう少し延命してもらいたい気もしますけどね。


31年ぶりの新刊というパワーワード!!



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1234-16bc48aa
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG