FC2ブログ
TOP > iPhone > title - iOS12のショートカットに登録したいレシピ7選

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iOS12のショートカットに登録したいレシピ7選

2018101600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iOS12.1が出たので、遅まきになってしまいますが、やっとiOSのバージョンアップしました。
(実は、慎重派なのです。)
iOS12で楽しみにしていたのが、「計測ツール」とショートカットでした。というわけで「Workflow」改め「ショートカット」になったオススメレシピを7つご紹介したいと思います。
まだやったことないという人は、ここからダウンロードしてすぐに使えますので、やってみてください!

  
【 iOS12のショートカットに登録したいレシピ7選 】  

 1.ショートカットとは何か?

 2.レシピの登録の仕方

 3.おすすめショートカットレシピ7選







checkmark.png 1.ショートカットとは何か?

まず、iOS12から登場した「ショートカット」というアプリは何者か?
ということですが、実はiOS12以前もあったのですよね。名称は、「Workflow」というアプリでした。そのWorkflowというアプリは、iOS自動化アプリとして、一部のコアなメンバーを中心にレシピの作り込みされていました。
情報管理LOGでも、Workflowについては、かなり記事にしていました。一応、よく読まれている記事を2つ挙げておきます。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | EmbedlyBookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


要するにWorkflowというアプリは、iOSのアプリ同士をつないだり、自動化させるのに役立っていたのです。そして元々は、サードパーティ製のアプリだったのですが、Appleに買収され、いよいよ名称も新たに登場したのが、今回のショートカットだったというわけなのです。



しかも、Siriとも結合され、OSレベルでの自動化に向けてリニューアルを図ったのです。
これは、期待しないわけにはいきません。

ちなみに、基本的にはWorkflowのレシピ(Workflowでは、レシピのことを「ワークフロー」と言っていたのですが、便宜上ここでは、レシピと呼ぶことにします)は、ショートカットアプリでも動くことを確認しています。
したがって、今回の記事を読んで興味をもたれたのならば、Workflow関連のレシピも漁ってみると面白いかもしれません。



checkmark.png 2.レシピの登録の仕方

さて、オススメのレシピの紹介の前に、レシピの登録の仕方について触れておきます。せっかく、紹介しても登録の仕方がわからなかったら意味ないしね。

(公式ギャラリーから追加する)
1.ショートカットアプリの「ギャラリー」をタップ
ショートカットアプリの下の方にある「ギャラリー」をタップしましょう。

2018101601.png


2.ギャラリーから気になるレシピを選ぶ
この「ギャラリー」というのは、公式で発表しているレシピです。これだけを眺めるだけでも面白いはずですよ。
まずは、ここからダウンロードするというのも手ですね。


3.「ショートカットを取得」をタップ
タップすると、すぐさま「ライブラリに追加されました」と出ます。これで登録完了です。

2018101602.png



本当に登録されているか「ライブラリ」を見てみましょう。ハイ、ありますね。

2018101603.png



(サードパーティ製レシピを追加する)
1.レシピのURL(リンク)をタップする
紹介されているレシピのURLをタップしてください。

あとは、上で紹介されている流れ(2,3)と同じです。超簡単ですね。



(Siriに追加する)
せっかくiOS12でSiriに対応したので、音声でレシピを発動させてみましょう。
1.レシピの「…」アイコンをタップ

2018101604.png


2.パラメーターアイコンをタップ
パラメーターアイコンをタップします。ここね。

2018101605.png


3.「Siriに追加」をタップ
「Siriに追加」をタップしましょう。

2018101606.png



4.録音ボタンをタップ
録音ボタンをタップすると、フレーズをSiriに登録することができます。

2018101607.png



これでおしまい!


あとは、実際にSiriにそのフレーズで話しかけてみましょう。
そうすると、実行されるはずです。
こんな感じ。これは、私が毎朝起きた時刻を、PostEverでライフログに登録するというショートカットです。

2018101608.gif



checkmark.png 3.おすすめショートカットレシピ7選

ここからは、情報管理LOGがオススメするショートカットのレシピを7つ選んでみました。

1.Resize&Trimming
これは、iPhoneで撮ったスクショで上のバーをトリミングして、さらにサイズを縮小するというレシピです。iPhone7で調整しているので、他の機種の方は、若干調整が必要になります。あと、リサイズの幅もレシピ上で調整すると好きなサイズにしてくれます。

2018101609.png

2018101617.png



2.写真をDropboxに保存
これも私は、多用しまくってます。これを起動すると写真をカメラロールから選択して、自動的にDropboxにアップロードしてくれます。いちいちDropboxアプリなどを立ち上げなくても良いのが、本当にラク。

2018101610.png



3.iWorktask
情報管理LOG謹製のレシピです。これがあれば、ショートカットが最強に強まるはずです。それぐらい強力なレシピです。これは、一体何かというと、URLスキームを連続起動させるレシピです。その昔、iWorkspaceというアプリを連続起動させるアプリがあったのですが、iOS11と同時に消えてしまいました。そのため、その代わりになるものをと作ったのが、このレシピです。ショートカット対応バージョンとして若干リニューアルしています。

2018101611.png

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



4.連続Workflow
3がアプリの連続起動だったら、こちらはレシピの連続起動です。
名称が古いままですが、ご愛敬と言うことで。これによって、複数のレシピをつなげることができるのです。あらかじめ1の「Resize&Trimming」と2の「写真をDropboxに保存」を入れてあります。試してみると、その便利さにシビれるはず!

2018101612.png


詳細は、こちらも参照してください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



5.クリップボードからPushbullet
Pushbulletというデバイスをまたいで送れる超絶便利なアプリがあるのですが、それにクリップボードの中身を渡すことができるレシピです。

2018101613.png


iPhoneで調べたURLをPCのChromeに送るとかお茶の子さいさいです。あまりにも簡単過ぎて笑います。メールで自分のPCに送るとか馬鹿らしくなりますよ。

Pushbullet

Pushbullet

Pushbullet無料posted withアプリーチ





6.帰るメール
ショートカット初心者の方だったら、最初はこんなので良いと思います。というか、私はめちゃくちゃ多用しています。シンプルだけど、今までメールアプリを立ち上げて、奥さんのメルアド入れて、「帰ります」とか打っていたのが、馬鹿らしくなるぐらいのレベルです。そんなメール打っている時間があるならば、このショートカットでサクッと送って、早く帰ろう!

2018101614.png



7.Tag Widget v2
これは、Siriとかで使うものではなく、通知センターのウィジェットに登録して使うタイプのレシピです。どういうものかというと、Settingで設定したEvernoteのタグに合致するノート名を表示してくれるというレシピです。そして、そこから当該ノートを開くことができるのです。Evernoteのショートカット機能よりも数倍早いし使いやすいですよ。

このレシピは、しかさ氏が作成したものです。




2018101615.png

2018101618.png


Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ショートカットによる自動化は楽しい!

iPhoneをやっていて一番素晴らしいと思う瞬間は、こういう自動化に関わる技術がちゃんと確立されている点だと思うのですよね。Workflowが、Appleに買収されたときは、一瞬ヒヤヒヤしましたが、こうやってきちんとOSレベルでサポートされるようになって、嬉しい限りです。
そして、何よりも自動化最高!楽しいです。
皆さんも1つぐらい試してみてください。


とうとうKindleも6周年ですか。早いものですね。
というわけで、50%以上OFFセールしているみたいです。
2018101616.png




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1272-a75839d4
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG