FC2ブログ
TOP > アプリ > title - ScanSnap Cloud(アプリ版)が、かなり強まった!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

ScanSnap Cloud(アプリ版)が、かなり強まった!

2018103100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ScanSnapの最新型であるiX1500が、かなり話題ですよね。
私は、iX500を持って使わない日はないというぐらいには、超ご愛用しています。さて、そんな華々しいiX1500の登場と同時にScanSnap Cloudが、バージョンアップしたのはご存じでしょうか?
使っている人は、その性能がかなり向上したのが、実感できているはずです。今回は、アプリ版が、かなり強まったので、そのあたりをレポートします。


  
【 ScanSnap Cloudが、かなり強まった! 】  

 1.ScanSnap Cloudって何だ?

 2.ScanSnap Cloudのアプリ使ってます?

 3.この機能が、なかなか素晴らしい







checkmark.png 1.ScanSnap Cloudって何だ?

まず、ScanSnap Cloudとは何か?ということからいきます。
これは、ScanSnapの公式サイトに明記されています。

「ScanSnap Cloud」とは、コンピュータやタブレット、スマートフォンを使わずに、様々なクラウドサービスにスキャンデータを直接つなげるサービスです。
 スキャンした原稿を「レシート(領収書)」「名刺」「文書」「写真」の4つの種別に自動的に判別し、お客様がご利用するクラウドサービスに振り分けて保存します。

ScanSnap Cloud | PFU


ということで、基本的にはScanSnapから自動でクラウドサービスを振り分けて保存するサービスなのです。

この図のように振り分け先のクラウドサービスもかなり充実していますね。

2018103101.png



特に企業や個人事業主などは、領収書やレシートなどをを自動的に会計処理してくれたりするので、便利極まりないという機能なのです。

さらにドキュメント管理なども、対応のクラウドサービスとして、DropboxやOneDrive、Googleドライブ、Evernoteなど主要どころには、ほぼ対応しているというのも心強い限りです。
これらを自動仕分けでやってくれるというのも、スキャンしたら完了という便利さも相まって使う人もかなり増えているようです。

しかし、私はPC版のScanSnap Cloudは、初めの方に使ったきりで、すぐに手動に切り替えてしまいました。それは、スキャンしたモノを加工してからアップロードしたりしたかったからというのと、自動仕分けがその当時は、自分の中では完璧ではなかったからという理由でした。




checkmark.png 2.ScanSnap Cloudのアプリ使ってます?

とはいえ、それはPC版の古いバージョンの話です。
使っている皆さんの評判を聞く限りは、かなり精度が高くすごいことになっているみたいです。このあたりのレビューは、近々再アタックして確認してみたいと思います。

さて、今回の本論は、ここからです。
ScanSnap Cloudは、何もScanSnapだけのものではありません。実は、アプリからもできてしまいます。

ScanSnap Cloud

ScanSnap Cloud

PFU LIMITED無料posted withアプリーチ



さらに付け加えるならば、このアプリ版のScanSnap Cloudは、ScanSnapが手元になくても全然オッケーだったりします。
※ただし、ScanSnapアカウントは必須です。
※ScanSnapアカウントにScanSnap製品が必須かは確認できませんでした。ただし、ScanSnap製品がなくても、アカウント登録はできるので、実質ScanSnap製品がなくても、ScanSnap Cloudは利用可能ではないか?と予想されます(未確認)。

ScanSnap アカウント登録
ScanSnap アカウント登録




ScanSnap Cloudのアプリは、何のためにあるのかというと、手持ちのiPhoneやAndroidで、スキャンし、さらにそれをScanSnap Cloudにアップロードするアプリなのです。
つまり、手持ちのスマホが、ScanSnapに代わって、スキャンしてくれるのです。そして、かなり高機能なScanSnap Cloudを使用できるということです。

レシートや名刺をわざわざPC横に置いてあるScanSnapまで行かなくても、サクッと撮影してアップロードできるということですね。




checkmark.png 3.この機能が、なかなか素晴らしい

では、実際にどんな感じか使ってみましょう。

まずは、名刺を撮影してみます。
カメラをスワイプするとモードの切替ができます。名刺モードで撮影。

2018103102.png



自動で名刺を認識し、自動で撮影してくれます。今どきのスキャンアプリって感じですよね。

2018103103.png



撮影が終わったら、撮影ボタンの横に「送信」と出るので、それをタップ。もしも、調整したい場合は、左下の撮影画像をタップしましょう。
まずは、何も考えずにそのまま送信してみます。

アップロードされています。そのあと、すぐに処理が始まります。ScanSnap Cloudの方でOCRなどをやってくれているようです。

2018103104.png



処理が終わると、このように名刺に記載されている会社名や氏名が、きちんとファイル名として設定されているのが分かります。

2018103105.png



Evernoteでも確認してみましょう。
このように正確に認識しているのが分かりますね。

2018103106.png



さらに、この前購入したキャンプ用チェアの取り扱い説明書の表紙を撮影してみます。



先ほどと同じように撮影して、撮影したものを即送信します。
同じようにちゃんとタイトルが認識されています。

2018103107.png



でも、「取扱説明書」という文字も入れて欲しいんだよね。ということで、修正をかけます。画像をタップすると、このような画面になります。

2018103108.png



OCRされた文字列から選ぶこともできます。

2018103109.png



とはいえ、今回はその中に使いたい文字がなかったので、手動で修正することに。
ちゃんと、Evernoteにも反映されていますね。

2018103111.png



レシートもやってみましょう。
カメラをレシートモードに変更して撮影します。

2018103113.png


特に何も修正せずに、そのまま送信します。

2018103114.png



ちゃんと、購入した日付がファイル名になっていますね!

2018103115.png



確認するとこうなります。

2018103116.png



このファイル名をいちいち指定しなくても良いというのは、かなり便利感ありますね。ただし、OCR精度という面では、Googleと比較すると(酷だけど)今一歩かな?と思いました。今後に期待ですね。とはいえ、実用的ではないかと言われれば、十分実用レベルだと思いました。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 アプリ単体で使っていても良いかも!

上でも少し書いていますが、ScanSnap自体は、ScanSnap Cloudを使っていません。画像加工したり、ファイル名のリネームを自分でやりたいからです。しかし、出先でサクッとレシートをアップロードしたり、名刺を取り込んだりという用途ではもはや十分レベルの域に達しているなと思いました。
お財布の中に貯まっているレシートをすぐにその場で処分できるならば、それに超したことないですよね。


Kindle版も出ました!



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1281-2769b881
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG