TOP > ソフト > title - fenrirのスキャンを高速化する!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

fenrirのスキャンを高速化する!

2011012701.jpg


fenrirというランチャを使い始めて、早2年。
ファイルのスキャンが、やや遅く感じ始めたので徹底的にチューニングしてみました。

  
【fenrirのスキャンを高速化する!】  
 1.fenrirとは?(おさらい)
 2.fenrirのスキャンのボトルネックを探す
 3.スキャンの対象から外す





1.fenrirとは?(おさらい)
fenrirとは、高速に起動するコマンド型ランチャです。
以前、情報管理LOGでも何回か取り上げました。慣れると本当に俊足でソフトが起動したり、ファイルを検索できたりするので、今や手放せないソフトの一つです。
さて、このfenrirですが、ランチャとして使用するためには、ファイルを検索する必要があります。その時に行うのがスキャンなのですが、デフォルトのスキャンでは遅いのです。そこで、同じフォルダの中に入っている「docs」→「omake.zip」というファイルがあるので、解凍します。そうすると、その中にfenrirScan.exeというファイルがあるので、それをfenrir本体が入っているフォルダと同じディレクトリに入れてください。この「fenrirScan.exe」は、本体に附属しているscan.exeよりも高速かつ高機能なので、絶対です。

fenrirScan.exeを起動するまえにメモ帳などでScanRule.iniというファイルがをつくります。拡張子をtxtからiniに変更すればOK!
その中身を編集することで、スキャンする場所やスキャンから除外するフォルダなどを細かに指定することが可能になるのです。
そして、このScanRule.iniの編集こそが、fenrir攻略の第一段階なのです。

ちなみに
C:\Program Files\fenrir074d,*.ini,*.exe,\
と指定すると、fenrir074dのフォルダの中の拡張子iniとexeをスキャンするようになります。特に指定のない限りは、サブフォルダもスキャンされます。複数の拡張子を指定することが可能です。
さらに
-H:\2010年度\写真
などと、-をつけて指定すると、そのフォルダはスキャンから除外されるのです。これを利用すれば、かなりスキャンの速度は改善されます。


2.fenrirのスキャンのボトルネックを探す
ここからが本番です。
基本的にfenrirScan.exe自体は、かなり高速に動作するのですが、それを上記のように

-○\○○

と、スキャンする必要のないフォルダをどんどん指定していくことによって、高速化を図っていきます(スキャンするフォルダは、少なければ少ないほどよい)。
そこで、注目していきたいのが、どのフォルダがボトルネックになっているのかということです。
fenrirScanを実行しているときに、プログレスバーが出てきます。

2011012702.jpg


これをよく観察すると、現在どのフォルダをスキャンしているのかが見えます。同じディレクトリで、長い間スキャンしている様子であるならば、そこはボトルネックになっているということです。基本的にほとんどの場合は、その上位ディレクトリに必要なものがあり、それ以外のサブフォルダは余計なものばかりという場合がほとんどです。

3.スキャンの対象から外す
そこで、以下のように記述していきます。

C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\device
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\gallery
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\gmdata
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\hmdata
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\imgindex
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\sample
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\template
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\templateB
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\theme
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\vedata
-C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\wizard


この場合、IBM Homepage Builder V10関連のexeファイルが必要なだけで、他のメディアが必要なわけではないので、全て除外しました。fenrirScanは、一応指定されているところは、すべてスキャンするので、これを丁寧にやり混んでいくことが、高速化へのまず第一段階かと思います。


今回は、とてもベーシックな形の高速化について取り上げました。次回からは、高速から超速レベルへと飛躍を遂げたいと思います。




関連記事
fenrirで各ドライブを表示する方法
fenrirで瞬間アドレス帳検索を実現する
fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/129-e88b29f9
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG