FC2ブログ
TOP > アプリ > title - Documentsでデバイスを超えて、簡単に写真を表示できるようになったよ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Documentsでデバイスを超えて、簡単に写真を表示できるようになったよ

2018112900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Documentsは、私的にはiOS最強のドキュメント閲覧アプリだと思って愛用しまくっています。今回は、最新アップデートで、iPhone(iOS)の写真をどこでもデバイスを選ばずに、表示させることができるようになったことについて書いていきます。
どこまで、進化すれば良いんだ!と思うはずです。


  
【 Documentsでデバイスを超えて、簡単に写真を映せるようになったよ 】  

 1.Documentsがアップデート

 2.写真をデバイスを超えて表示できる!

 3.ブラックフライデーで半額セールでReaddleの製品と併せて使おう







checkmark.png 1.Documentsがアップデート

Documentsが、つい先日アップデートしました。
ここ最近のDocumentsのアップデートは、革新的なものが多く、進化の速度が速い!と思わされます。

例えば、「Wi-Fi Transfer」という機能では、iOSにファイル転送するのに、iTunesなんてもはやいらない感じになってきています。楽すぎる。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

Wi-Fi Transferは、Documentsで、このサイトで表示されているQRコードを読み込むと

Wi-Fi Transfer
Wi-Fi Transfer




このように、受け手側の方でiPhone(iOS)のDocumentsの中身が簡単に閲覧できるのです。




さらに、受け手側からiPhoneにファイルのアップロードもできるので、PC→iPhoneや、iPhone→PCのデータの受け渡しが、ものすごくラクになったのですよね。iTunesの入っていない、他の人のPCからもブラウザ経由でファイルを受け渡しできるというこの楽さ!

今回の内容は、このWi-Fi Transferの機能拡大みたいな感じです。
更新内容としては、こんな感じ。

2018112901.png



でも、この更新情報だけだと、イマイチよく分からないのですよね。
というわけで、実際にやってみましょう。



checkmark.png 2.写真をデバイスを超えて表示できる!

まず、送り手側であるiPhone(iOS)のDocumentsの設定でカメラロールを表示できるようにしておきます。

設定 > ファイルマネージャ > 写真を表示

で、Documentsからカメラロールにアクセスできるようにしておきます。

設定から

2018112902.png



ファイルマネージャをタップして

2018112903.png



「写真を表示」をオン!

2018112904.png



そうすると、このように「写真」というフォルダが出現します。

2018112905.png



閲覧速度もサクサクでかなり快適です。

さて、その「写真」のフォルダにアクセスすると、カメラロールを表示するのですが、一番上に「Wi-Fi経由で共有」とあります。これをタップしましょう。

2018112906.png



そうすると、Wi-Fi Transfer用のQRコードスキャナが起動するので、

2018112907.png



表示させたい側のデバイスで先ほどのWi-Fi Transferのサイトを表示させます。
ここですね。

https://docstransfer.com/

ここに表示されているQRコードを読み込むと…

2018112908.png



そのデバイスと「接続済」になるはずです。

2018112909.png



で、その接続されたデバイス側を見てみると…おぉ!ちゃんとカメラロールが、表示されていますね。

2018112910.png



かなり快適に写真を見ることができます。

2018112911.png



フルスクリーンにすると、写真閲覧アプリと変わらない感じですね。

2018112912.png



右上のダウンロードアイコンをタップすると、写真をデバイスにダウンロードすることもできます。この手軽さになれてしまうと、なかなか元に戻れそうにないです。

2018112913.png



checkmark.png 3.ブラックフライデーで半額セールでReaddleの製品と併せて使おう

さて、Documents自体は、無料のアプリなのですが、




Documentsを最強に高めるためには、Readdleのアプリ群を入れておくと良いです。
特に情報管理LOG的にこれだけは、入れておけというのは、PDF ExpertとPrinter Proというアプリです。




特にPDF Expertを入れると、Documents上でPDFの編集が解除され、本来の力を解き放った感じになります。なので、PDF Expertは、まず入れるべきですね。

しかし、PDF Expert自体は、1200円とやや高いのですが、現在ブラックフライデーパックというセットが、総額3,360円のところ、1400円で購入できるようになっています。

2018112914.png
Readdle ブラックフライデーパック


というわけで、買うなら今かもです。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Documentsの進化ぶりがすさまじい

この1年ぐらいのDocumentsの進化が、素晴らしくすっかりiTunesいらずな感じになってきています。また、同期フォルダ機能のお陰で、過去の手帳もDocumentsに集約できるようになったし、もはや手放せないアプリの一つです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

ずっと、Evernoteユーザーだっったのですが、次のプレミアム更新(来年末)の時にどうしようかと迷っているぐらいです。いっそのこと、メモはDropboxとScrapboxに。そして、PDFや画像類は、Documentsでも良いのではないか?と考え始めています。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1299-befb3681
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG