TOP > 手帳 > title - Giurisノートに切り替えた

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Giurisノートに切り替えた

2011020401.jpg


昨年の10月くらいに自作手帳に切り替えたのですが、つい出来心で新しい自作手帳に切り替えてしまいました。その名もGiurisノート。
今回は、Giurisノートについてです。


  
【Giurisノートに切り替えた】  
 1.GiurisノートのA5サイズで
 2.なぜにルーズリーフ
 3.今回入れたもの





1.GiurisノートのA5サイズで
この前まで前回紹介したあの自作手帳で1年間を過ごすつもりでした。こいつに会うまでは…。
そう、このGiriusジリウス)ノートです。
マルマンというルーズリーフや文具などの老舗が開発したこのノートは、ルーズリーフノートなのです。
しかし、ルーズリーフにありがちな安っぽさはまるでなく、大人が日常使いしてもおかしくない高級感があります。

2011020403.jpg

表紙は、合皮です。色は、黒、白、茶の3色あります。
私が選んだのは、黒でした。
帯を外すとこんな感じ。
2011020404.jpg


2011020407.jpg

開くと真っ先に目が行くのは、モノトーンのグラデーションとグリーンのインデックスです。これが、なかなか得難い美しさを出しています。どうして、普通の市販のタブは、あんなにも派手派手しく使いたくなくなるような色をそろえているのでしょうか?
これが、その美しいグラデーションのインデックス。
2011020409.jpg


リングのところは、金属でできています。リングの口径は、1.5cmで多少多めに入れても余裕のあるサイズです。でも、大きすぎないので、厚みはそれほどありません。
2011020412.jpg
内側の裏表紙は黒のプラスチックの板で挟まれており、書くときに安定感があります(写真右側)。


もちろん、ペンフォルダーもついています。
ペンを挟んでも、外側に飛び出さないのがよいですね。
2011020413.jpg


表紙の内側には、カードフォルダがあります。名刺を挟んだりするのに良いですね。
私は、ここに自分の名刺を入れています。
2011020411.jpg


縫製も思ったよりもしっかりしています。
2011020405.jpg


2.なぜにルーズリーフ
色々悩んだ末に移行したのですが、やはり6つ穴式は、規格化されているのでリフィルはそれなりに流通しているものの、一つひとつの単価が高くついてしまいます。また、コンビニレベルで流通しているほどでもないというのもネックでした。

ルーズリーフである理由としては、上記の点が解消される点と、6つ穴式と同様差し替えができる点でした。差し替えができることによって、Scansnapを使ったデータ化を継続できることのメリットが無くならないというのも魅力でした。


3.今回入れたもの
基本的にRollbhanを使っていた頃から、ずっと方眼を使っていて、その使い勝手の良さから抜け出せないので、すぐに中身を差し替えました。



クリアフォルダ。これは、いつでも必須です。
コクヨ ルーズリーフ用クリヤーポケット A5 20穴・丸穴 8枚 ノ-891N



クリアポケット。前回の自作手帳に組み入れて、その便利さに目覚めました。
コクヨ ルーズリーフ用チャックポケット A5 20穴・丸穴 1枚 ノ-894N


最後に2つ折りルーズリーフです。
これに年間スケジュールを印刷して持ち歩いています。A4サイズで一覧できるので、視認性良し。
マルマン A5 ルーズリーフ ワイド L1391 6mm罫 5冊パック


私は、ロフトでGiriusノートA5を手に入れたのですが、あとでamazonで確認してみたら、19%OFFで売られている!
しまった…。みなさん、どうぞamazonで買ってください。






関連記事
2011.01.12 [文具] クールなポケット付箋がいい感じ
2011.01.10 [手帳] 手帳とScanSnapの連携
2011.01.04 [手帳] Rollbahnから自作手帳に切り替えた
2009.03.14 [文具] ほぼ日カズンはどうだ?
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/133-5ac27ea9
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG