FC2ブログ
TOP > ソフト > title - 私がATOKを使い続ける理由

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

私がATOKを使い続ける理由

2019011500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんは、日本語のIMEは何を使っていますか?
私は、かれこれATOKを使い始めて20年ほどになります。20年…。長いですね。
そういうわけで、長年にわたってATOKを使い続けているわけですが、今のところ他のIMEに乗り換えるつもりはありません。PCで文字打ちをする際に、ATOKがないと非常にもどかしい気持ちになってしまいます。とはいえ、音声入力もかなり使っているので、入力方法も多様化している感じではありますけど。
それでも、PCにおいて、きちんとした文章を打つ場合は、音声入力ではなくATOKを使うようにしています。それぐらい、信頼しているし、機能的にも申し分ないと思っているからです。
今回は、それだけ長く使っているATOKの何が良いのか?ということについて、書いていきたいと思います。


  
【 私がATOKを使い続ける理由 】  

 1.変換精度の正確さ

 2.辞書の同期

 3.辞書を自作できる

 4.推測変換の恐るべきパワー

 5.辞書のアップデートがすごい

 6.オプションの辞書と組み合わせると最強







checkmark.png 1.変換精度の正確さ

ATOKといえば、変換精度の高さがあげられることが多いです。本当にそうなのかというと、本当にそうです。
Microsoft IMEは、OSに標準でついてくるので、わざわざIMEにお金を払ってまで使う必要はあるのか?と考える人も多いことでしょう。その気持ちは、分からなくもないです。
でもね、Microsoft IMEもiOS標準のキーボードも使いましたけど、びっくりするぐらい変換精度が悪いんですよ。それでも、だいぶ良くなってきているみたいですけど、足元にも及ばない感じです。よく考えてみてください。あなたは、どれぐらいの時間文字を打っていますか?もしも、1日に短時間しか打たないというならば、別にお金を出してまでIMEを購入する必要はないでしょう。しかし、1日に何時間も打つというならば、真面目に購入をお勧めします。無駄にキーボードを叩く時間が少なくなるはずです。そして、それが生涯レベルで見た場合、バカにならない時間に換算されるかもしれません。1回買ってしまえば、しばらく買う必要がないぐらいには完成度が高いです。費用対効果が、めちゃくちゃ高い買い物だと思います。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、例えばよくある打ち間違いってあるじゃないですか?
例えば、

とか

通信料7ギガ(誤)→通信量7ギガ(正)

など。

やっってしまった(誤)→やってしまった(正)


Microsoft IME(以下、IMEとします)だったら、こうなります。

通信料7ギガ
やtってしまった



ところがですよ、ATOKだと打ち間違っても、本人が気づくこともなく正しく変換されてしまうのです。

通信量7ギガ
やってしまった





えっ?って思ったでしょう??
ささいな打ち間違えで、修正する必要もないし、思考がそのために中断されることもかなり少なくなります。さらに、前後の文脈を判断して、正確な漢字で変換してくれます。
例えば、IMEだと

口座を聞きに行く


しかし、ATOKの場合は

講座を聴きに行く


となります。
あまりにもスムーズに判断してくれるので、文脈で判断して変換してくれているという意識すら持たずに、どんどん変換できているので、その恩恵を感じづらいのが難点とはいえば難点かも。でも、IMEに切り替えると、「えっ…」となってしまうので、十分に恩恵にあずかっているのです。


ちなみに、ATOKは2018年バージョンから機械学習を用いて、さらに変換精度を高めてきていて、これが想像以上にすごかったです。もしも、2018年バージョン以前のをお使いの人は、バージョンアップする価値はあると思いますよ。




checkmark.png 2.辞書の同期

まあ、変換精度に関しては、各社ともしのぎを削ってきているので、次第に詰めて来られる可能性もあります(とはいえ、相当先のことだろうけど)。もちろん、それだけがATOKを使い続ける理由になっているわけではありません。
自分の中で大きな位置を占めているのが、この辞書の同期です。

ATOK Syncという機能で、辞書がクラウドにバックアップされているのです。そのおかげで、新しいPCに引越ししてもすぐに馴染みの変換で打つことができるのです。

2019011502.gif


もはや、

いちいち初めから辞書を育てることをしなくて良い

のです。
この辞書の同期を初体験した時は、本当にびっくりしました。新しいPCなのに、いつもの打ち心地が維持されるというのは、なんと心強いことか。




checkmark.png 3.辞書を自作できる

これ、ATOKユーザーでも知らない人が多いので、声を大にして言っておきたいです。

ATOKは、辞書を自作できるぞ!

辞書を自作するというのは、別に単語登録をちまちまするというわけではなく、本当にユーザー辞書として登録できるということなんです。

ATOKの辞書の作成の仕方に関しては、以下の記事で書いてあるので参照してもらえればありがたいです。

ATOKの辞書を作る

一応、簡単に説明すると、エクセルなどで辞書に登録したい単語と読みの一覧を作成しておき




メモ帳の1行目に

!!ATOK_TANGO_TEXT_HEADER_1

と入力して、2行目以降に辞書にしたいリストをコピペします。





そして、ATOKのツールバーを右クリック→「辞書メンテナンス」→「辞書ユーティリティ」の順にクリック。





「ファイル」→「新規作成」





「ツール」→「ファイルから登録・削除」





「単語一括処理」のタブで、先ほどのメモ帳のファイルを指定して、登録ボタンを押すと辞書の完成です。





あとは、辞書の追加から作成した辞書を追加すれば、OKです。
よく分からんという人は、元記事を参照してください。

ただし、これを体得すると、信じられないぐらいに変換効率が上がります。自分の業界の用語なんて他の人は使わないですから自分のための辞書になるわけです。もちろん、辞書を自分の職場でシェアすれば、みんなが幸せになれるのは間違いありません。

追記:私は、職場の業界用語だけではなく、人名も辞書化しています。そうすると、人の名前で打ち間違えかなくなります。名前ばかりは、変換効率上がらないし、間違えがあると大変だからね。




checkmark.png 4.推測変換の恐るべきパワー

ATOKの凄さは、とにかく少ない入力量で、どんどん入力したい文章を打てることです。その最たるものが、「推測変換」です。そして、推測変換をする上で絶対に欠かせないのが、Tabキーです。意外とATOKユーザーでも知らない人多いので、激推ししておきたいです。
これは、今までの自分が入力した傾向から、「次こうやって変換するんじゃない?」とATOKさんから提案される変換候補のことです。

例えば、

「あま」と入力しただけで、このように推測してくれるのです。

2019011503.png



「きょ」と入力すれば、こんな感じ。

2019011507.png



もしも、最初の1文字目だったら、Shift+Enterで確定できるし、2文字目以降だったらTabキーで選択できます。

もちろん、IMEでも推測変換できますよ?でもね、その賢さや文脈を意識した提案の強さという面では、圧倒的なんですよ。




checkmark.png 5.辞書のアップデートがすごい

さらに、辞書のアップデートが割とあります。特に新語関係のアップデート早いです。
Google日本語入力なんかは、ネットでの変換候補を学習しているので、さすがの早さを誇っていますが、残念ながら変換精度が低い…のですよね(誤変換多いし)。とても、オススメできるとは言いがたいです。

昨年初めあたりに

「まじまんじ」と入力したら「マジ卍」と変換されたのには、ビビりましたけど。

最近だったら、

「TikTok」や「Zaif」なんかも変換できました。

あと、郵便番号から住所も変換できるのですが、市町村合併などで住所が変わっても、割とちゃんと対応してくれている印象です。




checkmark.png 6.オプションの辞書と組み合わせると最強

ATOKすら有料なのに、さらに有料の辞書を買えというのか!と怒られそうですが、そうです。買うのです。そして、買うことで、ものすごい恩恵にあずかるのです。

文字を打っていると、「アレ?どんな意味だったっけ?」となることありますよね?
そういう時に変換するだけで、意味が出てくるのです。もうね、これほどスムーズなことってないと思うのですよ。わざわざGoogleで検索する必要もないのです。

2019011504.png



さらに、私は「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典(ダウンロード版)」を使っているので、




日本語から直接英語に変換したり、英語の意味を調べられるのです。

2019011505.png



スペルが怪しい言葉も、日本語読みから変換できて、意味まで調べられます。

2019011506.png



ATOKは、辞書と組み合わせると最強になるのです。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ATOKで音声入力出してくれないかな?

iOSの音声入力もなかなか良いのですが、ここはATOK(というかJustsystem)で出してくれないかな?と淡い期待を抱いています。やはり、日本語の機微が分かるところが、やってくれた方が絶対に良いに決まっているのです。
ATOKの中の人!よろしくお願いいたします。


何度も書いているけど、一般の人でもアカデミック版買えるからね!あと辞書安くなってる。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1333-94e79c84
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG