FC2ブログ
TOP > 子育て > title - 子ども向けのプログラミングスキルを伸ばすためのサービスを5つ紹介します

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

子ども向けのプログラミングスキルを伸ばすためのサービスを5つ紹介します

2019012600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、我が家の子どもがプログラミングにハマるまでの流れを書きました。今回は、子どものプログラミングスキルを伸ばすであろうビジュアルプログラミングについて、紹介していきます。
だから、Scratchしかないとか考えている人は、ちょっと目を覚まそう!


  
【 子ども向けのプログラミングスキルを伸ばすためのサービスを5つ紹介します 】  

 1.Scratch

 2.Studuino

 3.Blocky

 4.VISCUT

 5.プログラミン







checkmark.png 1.Scratch

以下に紹介するのは、全てビジュアルプログラミングというもので、テキストベースではなく、ブロックやイメージなど、ビジュアルを操作したり、組み立てることでプログラミングできるというものです。したがって、小学校からも割ととっつきやすいのかな?と思えます。

まずは、子ども向けプログラミング教材として超有名なScratchからです。
我が家の息子もScratchからスタートさせています。

ベーシックな機能で言うと、スプライトといわれるキャラクター(オブジェクト)をプログラムで自由に動かしたりできます。
これね。





もちろん、このスプライト自体も自由に変えることもできるし、自分で描いたモノを使うこともできます。

これらを、ビジュアルなコードを組み合わせることで、組むことができるのです。





さらに、条件分岐やルーティンなど、プログラミングの基本も全て揃っています。

2019012601.png
2019012602.png



それどころか、簡単な演算や変数なども組み込めます。

2019012603.png
2019012604.png



それでも飽き足らない場合は、自分でブロックを定義することも可能です。
ここまでいくと、Scratchでやらないで他の言語でやったら良いのでは?とか思うのですが、そこまで導いてくれるというのは、ある意味スゴイと思います。

2019012605.png



Scratch自体は、ブラウザベースなのでタブレットPCでも使うことができます。
昨年末ぐらいにver3になり、音楽の編集機能も充実したりと、ハマる要素も多くなってきています。人気があるのが、分かる気がしますね。

実は、Scratchベースのサードパーティー(このあと説明するStudinoとか)も充実してきていたり、Scratchで制御できるモノも多いので、楽しみが広がる可能性が高いというのもスゴイなと思っています。

例えば、Microbitとかね。

はじめよう | micro:bit
はじめよう | micro:bit











checkmark.png 2.Studuino

Studuinoは、Scratchの派生版ですね。
というか、そもそもは、Arduinoというマイクロコンピューターをアーテックという会社が、派生版として開発したモノです。
Arduino自体は、C言語風なArduino言語というものでプログラミングするという教育コンピュータでした。しかし、やはり子どもには敷居が高いので、アーテックがさらに分かりやすいビジュアルプログラミングでもできるようにしたのが、このStuduinoなのです。

こちらが、Arduino。

Arduino Uno - R3.jpg
By SparkFun Electronics from Boulder, USA - Arduino Uno - R3, CC 表示 2.0, Link




そして、こちらがStuduino。ほとんど同じだよね。



プログラミングは、インストールして行うタイプになります。
Windowsだけではなく。MacやiOS、Androidにも対応しているのが、とても良いですね。ただし、プログラミングしたものをUSB接続で上記のStuduinoに転送することを考えると、WindowsかMacで使うのが良さそうです。

では、プログラミング自体は、どうかというと、基本的にはScratchとそれほど変わりありません。こんな感じ。

2019012606.png



ただし、センサー類やサーボモーターなどをStuduinoに接続し、制御できたりするので、そのあたりの独自のブロックは存在します。

2019012607.png



我が家の子どもは、Studuinoのこれをサンタさんからのプレゼントしてもらって、ハマりまくっています。
これと…
新KoKaスタディーノプログラミングセット | KoKa Shop! - 子供向けのプログラミング学習や自由研究/工作向けの教材を販売する「子供の科学」公式通販サイト

これのセット。



とにかく、ディスプレイの中でプログラミングしたものが、現実世界のモノを制御できるという感覚につながっていくというのをリアルに感じられるので、ものすごくオススメですね。Scratchの次に進めたいときにありだと思います。

我が家の子どもがプログラミング好きになった方法



checkmark.png 3.Blocky

Blockyは、Googleが推進している教育用ビジュアルプログラミングです。

Blockly | Google Developers


基本の画面は、Scratchと大差ないのですが、右側にソースコードが示されることです。しかも、JavaScriptやPython、PHPなど複数の言語を表示させることができます。

2019012608.png



Scratchなどは、確かにプログラミング的思考を学ぶには最適だと思うのですが、その上にあるテキストベースのプログラミングに上位互換していかないという問題があるのですよね。そのあたりを、あっさりとクリアしていくあたりは、さすがGoogleと言わざるを得ないです。

ただし、このBlocky自体は、英語ベースなので、子どもには若干敷居が高いです。とはいえ、基本プログラミングって英語がベースになっているので、避けられない道ではあるのですが。

しかし、そのあたりもしっかりと考えられていて、Blocky Gamesという遊びながらBlockyを学べるというサイトがあるのです。

ブロックリー・ゲーム
ブロックリー・ゲーム




こんな感じで、どんどん進めていくタイプのヤツですね。こちらは、日本語化されているので安心です。

2019012609.png



こんな感じで、ものすごく分かりやすいところからスタートしていくのですが、徐々に難しくなっていって、最後のあたりは大人でも、ちょっと頭をひねるぐらいな感じになっていきます。

2019012610.png



こういうチュートリアル的アプローチがあるのは、すごくありがたいですよね。
なので、Blockyは置いておいて、Blocky Gamesだけ遊ばせておいて、プログラミングに興味を持ってもらうというのも手ですよね。




checkmark.png 4.VISCUT

こちらは、出自自体は古く、2003年にNTTで開発された国産モノです。

ビスケット viscuit


今まで紹介してきたモノとは、根本的に違う感じです。
本当の意味でビジュアルベースで、色々遊んでいるうちにプログラミング的な考え方が徐々に理解できるような仕組みになっています。
こんな感じで、お絵かきをして、それに動きを与えていくのが主になります。


※画像引用:ビスケット viscuit | コンピュータは粘土だ!!

とはいえ、やってみると意外に奥が深く、大人でもしばらく遊べると思います。子どもだったら、色々やっているうちにどんどん楽しくなってくるみたいです。

動画などもあるので、観てみると分かりやすいかも!






checkmark.png 5.プログラミン

文部科学省がプログラミング教育を推進するためにつくったビジュアルプログラミングサービスです。

プログラミン

ただし、いただけないのが、今どきFlashを使わせたりとか、どうにもズレてるところですかね。日本の技術力が心配です。

2019012611.png



私の環境では、できなかった(というかFlash非対応)だったので、引用した画像で勘弁していただきます。


画像引用:文科省が提供の「プログラミン」をやってみた!体験レポート | TechAcademyマガジン



でも、基本的な作りとしては、Scratchと変わらないかな?という印象ですね。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 プログラミングへの第一歩

前回も書きましたが、まずはプログラミングに興味を持ってもらうことが第一だと思うのですよね。やってみたら楽しいぞ!ということが理解できることで、初めて学んでみたいと思えるのかな?と思っています。自分自身も中学生ぐらいの時に、ベーシックマガジンに載っていたゲームをやりたくて、写経してやることで、覚えていきました。まあ、そんなものかなぁと思っています。





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1342-84378f4f
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG