FC2ブログ
TOP > 子育て > title - 子どものプログラミング学習にScratchをオススメしたい理由

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

子どものプログラミング学習にScratchをオススメしたい理由

2019020900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
文科省が、「プログラミング教育をやる」と言い始めてから、にわかに子ども向けプログラミング教育が、脚光を浴び始めてきています。そういう我が家も子どもにプログラミングに親しんでもらおうとやったところ、大ハマりで今や毎日楽しみながら、どんどん高度なことをやるぐらいには、なってきました。
これから、子どもにどうやってプログラミングに親しませようか?と悩んでいる人も多いかと思います。そんな方々には、私はScratchをオススメしたいです。今回は、なぜScratchが良いと思っているかについて書いていきます。


  
【 子どものプログラミングの事始めにScratchをオススメしたい理由 】  

 1.我が家の子どもがプログラミングにハマったきっかけ

 2.私が、Scratchをオススメする理由

 3.Scratchの関連書籍







checkmark.png 1.我が家の子どもがプログラミングにハマったきっかけ

現在、我が家の子どもは、小学校5年生です。息子なのですが、現在のところ、ものすごくプログラミングにはまっています。この辺りの経緯については、以前の記事に詳細に書きました。

我が家の子どもがプログラミング好きになった方法

きっかけは、「こどもの科学」という雑誌とプレゼントした本だったのですが、それがうまい具合に功を奏して、徐々にプログラミングにハマっていったのです。

で、その第一段階として、ハマるきっかけになったのが、今回紹介するScratchなのです。

Scratch - Imagine, Program, Share

Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.



Scratchにハマるまでの前段階については、上の記事を読んでいただきたいのですが、Scratchにハマったきっかけは、

自分でゲームを作りたい

という子どもの欲望そのままなんですよね。
でも、徐々に自分がプログラミングしたものが、思い通りになったりならなかったりすることを通して、プログラミングそのものに興味がわいていったようです。





checkmark.png 2.私が、Scratchをオススメする理由

私が、Scratchをオススメするのは、4つ理由があります。

1.無料
2.Scratch関連書籍がすごく充実している
3.Scratchから発展性がある
4.Scratchから似た言語への習得の学習コストが低い


1つずつ説明していきます。

1.無料
まず、Scratchを使うにあたっては、とにかく無料なんですよ。

Scratch - Imagine, Program, Share

MITのメディアラボというところが、維持管理しており、使いまくったからココから課金ね!なんてことは、ないのです。あくまで、子どもたちにプログラミングの楽しさを伝えることを目的としたサービスなのです。完全日本語化されているし、安心な設計だし、使わない手はないと言えますね。



2.Scratch関連書籍がすごく充実している
以前書いた記事で、Scratchを含めて、子ども向けのプログラミングについての理解を深めるに役立ちそうなサービスを5つ紹介しました。こちらの記事ですね。

子ども向けのプログラミングスキルを伸ばすためのサービスを5つ紹介します

紹介したサービスは、どれもなかなか良いのですが、Scratch以外のサービスに関しては、極端に情報が少ないのですよね。本屋さんに行ったときに、参考になる書籍を探すと、Scratch関連は、ものすごく充実していますが、それ以外の子ども向けプログラミングサービスに関しては、なしのつぶてなんです。もちろん、PythonやJavaScriptぐらいになると、書籍は超充実していますが、残念ながら小学生向きとは言いがたいですよね?
書籍に関しては、3で取り上げます。



3.Scratchから発展性がある
Scratchは、世界中で取り組まれているだけあって、サードパーティーも充実しているのですよね。
例えば、ちょっとお高いけど、LEGO マインドストームとか。これは、ロボットをScratchで制御できるのです(Scratch ver3.0からできるようになりました)。

レゴ (LEGO) マインドストーム EV3 31313
レゴ(LEGO) (2013-09-20)
売り上げランキング: 19,231



息子がハマリにハマっているアーテックのStuduinoとか。
これは、Arduinoというラズパイみたいなものの互換基板です。これで、LEGO マインドストームのようにロボットを作ることができたりします。マインドストームよりも安いのが助かる!

Studuino / Studuino mini | 株式会社アーテック

アーテック Studuino (スタディーノ) 153100
アーテック
売り上げランキング: 22,158


Scratchで動かしたりできるものが、かなりバリエーションがあるのです。これが、子ども向けプログラミングサービスの中でも突出しているのですよね。

少なくとも、自分がプログラミングしたものが、リアルなロボットとして動くなんて、大人でもワクワクしますよね。

※追記
あと、これ忘れてました!micro:bit!
Scratchにも対応したので、プログラミングしたものを、Studuinoよりも簡単に動かせるよ。

BBC micro:bit go スターターキット リテールBOX(CFD販売 6ヶ月製品保証付)
MICRO:BIT (2017-08-05)
売り上げランキング: 844

中身は、こんな感じのLEDがついた基盤なんだけど、傾きセンサーがついていたり、インタラクティブに遊べます。





4.Scratchから似た言語への習得の学習コストが低い
上で触れた5つの子ども向けプログラミングサービスのうち、ほとんどがScratch的な考え方で、プログラミングするようになっています。
こちらは、Scratch。
こんな感じで、ブロックみたいなのを組み合わせて、作っていくのです。




Googleが、やっているBlockyは、こんな感じ。
基本の形は、同じですよね。





そして、上でも触れたStuduino。これは、完全にScratchベースです。





そう考えると、最初に書籍やQ&Aが充実しているScratchで、基本を勉強しておけば、他の言語を学ぶハードルが極端に低くなります。うちの子も、他のサービスも併用してるようですが、全く困った感はなさそうです。転移学習ってやつですね。





checkmark.png 3.Scratchの関連書籍

Scratchは、上でも書きましたが、関連書籍が非常に充実しています。やはり、昨今のプログラミング教育必修化の流れでしょうね。子ども向け学習本のコーナーでも、プログラミングのコーナーでも、かなりのラインナップが見られます。
Scratchを勉強するにあたって、これらとセットでやり始めると、子どもの関心が高くなる可能性が高いです。まずは、学年相応の難しすぎないのをセレクトすると良いかもですよ。

子供の科学 2019年2月号

誠文堂新光社 (2019-01-10)

我が家で、最初の動機付けになった子ども向け科学雑誌。Scratchはもちろんのこと、Studuinoやラズパイなんかも載せられていたりします。でも、普通に大人が読んでも特集記事が面白かったりします。




子どもが、プログラミングに興味を持ち始めてから、プレゼンとした本がコレと次の1冊。基礎から順番に学ばせたいというのが親のホンネですが、でも子どものホンネは、「ゲームを作りたい」なので、その双方が満足する本がコレでした。ここに載せられているプログラムを次々に試していましたね。





こちらは、プログラミング検定対応のテキストですが、全体的に見て分かりやすかったのと、段階的に説明されていたので選びました。分かりやすいの大事だよね。





今、もし買うならば、こちらの方を買うかも?というのが、こちらですね。
昨年末にScratchが、ver3.0になりました。ver3.0対応の解説本です。かなりver3.0になってから変わったみたいなので、「アレ?違う」と迷わなくて良いかもです。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 世界中で支持されているのが理解できます

Scratchは、世界中でプログラミング教育用プログラムとして、採用されています。実際に使ってみると、使い勝手の良さや拡張性の高さ、そして意外に奥深いことまでできてしまう懐の深さなど、支持されるのが納得のできです。小学校でのプログラミング教育は、何度も書いていますが、コーディングすることを目的としていませんが、それでもやっぱり作ってナンボだし、やってみて理解が深まるのは否定できないと思うのですよね。少なくともうちの子を見ていて、そのように確信しました。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1351-43bcec1e
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG