FC2ブログ
TOP > Google > title - GoogleドライブをメインクラウドストレージにするとGmailが捗るよ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

GoogleドライブをメインクラウドストレージにするとGmailが捗るよ

2019040900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、3年ほど前からGoogleドライブをメインのクラウドストレージにしています。今のところ大きなトラブルには、見舞われていないので、Dropboxの3台制限のことを考えるとメインのDropboxを引き上げることも検討しようかと考えています。
さて今回は、Googleドライブをメインクラウドストレージにしていたら、副次的な効果として、Gmailが便利になったということについてです。


  
【 GoogleドライブをメインクラウドストレージにするとGmailが捗るよ 】  

 1.Googleドライブをメインのクラウドストレージにしてから3年経ちました

 2.Gmailにファイルを添付する

 3.Gmailに届いた添付ファイルを保存する







checkmark.png 1.Googleドライブをメインのクラウドストレージにしてから3年経ちました

かれこれ、Googleドライブをメインのクラウドストレージにしてから3年が経過しようとしています(実際は、試行期間も入れると4年目か?)。最初は、2015年頃に行われたGoogleの1TBチャレンジという企画に乗って、Googleドライブの容量を1TBにしたところがスタートでした。

Googleマップのローカルガイドの1Tバイト特典にチャレンジしてみました!


最初は、「Googleドライブが、1TBになるなら便利じゃない?」程度の軽い気持ちでした。しかし、実際に1TBになってみると、「バックアップとして使ってみるか」となり、使い始めると、他のクラウドストレージサービスとも見劣りしないので、問題なく使い続けていました。

そして、1TB使用期限である2年が経過したときに、案の定容量が足りなくなりました。しかし、便利に使っていたのは事実なので、容量を課金して追加することに。



Googleドライブの容量がなくなったので追加した話


で、こんな感じになりました。




そして昨年、GoogleドライブからGoogleOneと名称が変わり、なぜかその時、空き容量が増えるという副次的な効果がありました。




現在では、同期速度もかなり改善し、Dropbox程度ぐらいにはなっているのではないか?と思っています。Googleドライブでもファイル履歴使えるし、そろそろ完全移行も視野に入ってきました。




checkmark.png 2.Gmailにファイルを添付する

さて、今回の本題に入ります。
Googleドライブをメインクラウドストレージにしてから、色々便利になったのですが、その中でも恩恵が大きかったのが、Gmailです。
今のところ私の仕事的には、Gmailを中心に回しているので、これとGoogleドライブの相性の良さは最高ですね。

まずは、ファイルの添付ですが、ものすごく簡単です。
Gmailの作成画面の下の方にGoogleドライブのアイコンがあるので、それをクリックすると

2019040901.png



Googleドライブ上のファイルを選択できるので選び、それのリンクを送信するか、添付ファイルとして送信するか選択するだけです。リンクを送信する場合は、共有設定を変更する必要があります。相手側が、リンク先からダウンロードする形になります。

2019040902.png



もちろん、これでも十分便利なのですが、モバイル上での利用が便利なのですよね。
iPhoneのGmailの場合、上にある添付ファイルのアイコンをタップ。

2019040903.png



そうすると、下からニョキッと添付できるファイルが出てきます。主にカメラロールですね。で、それを上に押し上げると

2019040904.png



このように「ドライブ」と出てくるのが、Googleドライブです。タップすると、クラウドに保存しているファイルが見えるので、選んで添付することができます。
このあたりの速度感は、自分のローカルストレージを使用しているのと、あまり変わらない速度感です。

PCで作成したデータであろうが、モバイルで作成したデータであろうが、関係なく添付できるのが、便利ですよね。

2019040905.png





checkmark.png 3.Gmailに届いた添付ファイルを保存する

私の中では、ファイルを添付することもそうなのですが、それよりも届いた添付ファイルをGoogleドライブに保存できるのも便利なんですよね。
要するにどこからでも受信した添付ファイルを自分のマイドライブに保存できるということなのですよ!

では、実際にやってみます。
iPhoneのGmailに届いたメール一覧です。最近では、メール本文を開かなくても、直接添付ファイルを開くことが可能になりました。

2019040906.png



添付ファイルを開いたところ。右上のGoogleドライブのアイコンをタップ。

2019040907.png



そうすると、即Googleドライブに保存されます。このあたりは、さすが同じGoogleのサービスだなと感じますね。このままだと、Googleドライブのマイドライブ直下に保存されるだけなので、右下に表れる「ここに移動」というところをタップします。

2019040908.png



そうすると、Googleドライブのどこに保存するかというのを指定できるのです。これで、バックアップと同期で指定しているフォルダにすれば、PCでもどこでもすぐに添付ファイルを開けるのです。

2019040909.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Dropboxでもできるけどさ

Gmailにファイル添付なんて、Dropboxだってできるじゃん!っていうツッコミも入りそうですが、Dropboxからの添付ファイルって、iPhoneからだと共有Extentionからなんですよね。だからメールを書いている最中に「あ、添付ファイル」とか思い出して、とかには向いていないのです。そういう面も含めて、Googleサービスでまとめることの優位性って確かにあるなと実感中です。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1393-57e8ba92
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG