FC2ブログ
TOP > iPad > title - 私が、iPad mini 5で実現したい、ただ1つのこと

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

私が、iPad mini 5で実現したい、ただ1つのこと

2019042500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
待ちに待ったiPad mini5の登場により、嬉しさのあまり即購入しました。

iPad mini5(2019年版)を買ったぞー!

恋い焦がれていたiPad mini 5ですが、実はずっと実現したいことがあったからこそなのです。今回は、この新iPad mini(2019年版)を使って、自分がやりたいことについて書いていきます。


  
【 私が、iPad mini 5で実現したい、ただ1つのこと 】  

 1.iPad mini 5で何が変わった?

 2.iPad mini 5で実現したいこと

 3.いくつかの課題







checkmark.png 1.iPad mini 5で何が変わった?

現在、私の手元には、3台のiPad miniがあります。

2019042502.jpg



左から順番に初代iPad mini、iPad mini 4、iPad mini 5です。
「iPad mini 4」と「iPad mini 5」のスペック比較表です。




見た目的には、ほぼ同じなのですが、相当高機能かしているのが分かるかと思います。

大きな点のみ4つ挙げると、こんな感じ。

1.CPU性能が爆上がり
「パフォーマンスが70%向上し、グラフィック性能が2倍になった」らしいそうです。実際、触ってみてもiPhone6からiPhone7(iPhone7から8は、そんなに変わった感じがしなかった)に変わったときぐらいの体感的性能差を感じました。
TouchIDがあるのですが、瞬間的にロック解除される感じ。とにかく待たされる感じが、ほぼなくなりました。


2.フロントカメラの解像度が大幅に上がった
120万画素から700万画素にということで、5倍以上あがったことになります。とはいえ、iPad miniでフロントカメラを使う場面って、自分的にはあまりないのですよね。


3.画面が高画質化
これは、一目瞭然で「美しいな」と思えるぐらい変わりました。画面が高詳細化するのは、良い傾向です。


4.Apple Pencilに対応
第一世代なのが、若干残念感がありますが、それでもこの大きさのiPadでApple Pencilに正式対応してくれたのが、本当にありがたい。というか、私が今回即決したのは、これがあったからなんですよね(後述)。




checkmark.png 2.iPad mini 5で実現したいこと

私が、iPad mini 5でやりたいことは、ただ1つ

紙の手帳から完全デジタル化へ

です。

私は、かれこれずっと紙の手帳が手放せない生活をしていました。基本的には、全てをデジタルの移行したいと思っている人だったのですが、状況がそうなっていませんでした。紙の手帳の自由さというのは、何者にも代えがたかったのです。そのため、デジタルとアナログをハイブリット化させて運用していました。

ScanSnap+Dropbox+Documentsで手帳が未来志向のツールになった

Documentsの同期フォルダでアナログ手帳とのハイブリッドが最強に高まった!


しかし、ここに来て、徐々に状況が変わってきました。

それは、Apple Pencilの登場です。

Apple Pencil


すでに第一世代&iPad Airの時点で、かなり心が動かされたのですが、いかんせん大きさがダメでした。あれを片手で持ちながら、ペンを動かすというのが無理だったのです。いくら軽いと言っても片手で長時間持っていたら、手がプルプルしてしまいます。
それにiPadは、やはりノートサイズなんですよね。手帳とは言いがたいのです。

それに対して、iPad mini 5は、大きさ&軽さが理想的なんですよ。
持ってみたら分かりますが、システム手帳ぐらいの重さしかありません。大きさもシステム手帳ぐらいの大きさです。
長時間手に持っていても疲れるような重さでもありません。

これに、Apple Pencilが加われば、もはや手帳そのものなんですよね。一説では、iPad mini5のApple Pencilの追従性が良くないみたいな噂が流れていますが、今のところ全く問題ないです。書きまくっていますが、紙そのもののような速度感で書けています。
つまり、紙と同じなんですよね。しかも、写真も貼れるし、図形も書けるし、色は使い放題だし。紙の手帳のアップデート版と言えなくもないです。

そして、クラウドにつながっていれば、いつでもどこでもどんなデバイスでも参照可能だしね。

紙の手帳を置き換えるには、十分な条件が揃ったと言えるのです。




checkmark.png 3.いくつかの課題

だからといって、完全無欠かというとそうでもなく、いくつか課題もあります。

1.充電切れ
これは、デジタル機器の宿命ともいえる課題ですよね。先日、Apple Pencilで書いているときに、いきなり書けなくなってしまいました。「アレ?接続が切れたかな?」と重たったら、単なる充電切れでした。
つい、アナログのペンの感覚で使ってしまいますが、やはりデジタル機器なんですよね。



2.アプリをどうするか?
これは重大問題で、喫緊の課題になっています。現在、6つほどアプリを並行して使用し、一番最適なアプリを見極め中です。それぞれ、一長一短あり、なかなか即断できないでいます。しかし、だいぶ絞られてきたので、この連休中に決断したいと思います。



3.Apple Pencilの持ち運び問題
Apple Pencil持ち運びにくいのですよね。丸くてすぐ転がるし(第二世代いいな)。
私が、手帳を続けていられるのは、手帳とペンが常にセットになっているからです。

2019042502.png



Apple Pencilだと、どうしたものか…。
と思ってAmazonさんを見てみたら、色々ありますね。








 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 紙からデジタルへ

ずっと叶えたいと思っていたことが、とうとう叶えられつつあります。そのための条件が整いました。あとは、それが本当に現実的な運用に耐えられるか?という点のみになりました。
紙の手帳は、まだ当分の間は、並行して使うつもりですが、もしかしたら完全置き換えに移行するかもしれません。楽しみです。そして、こんなにデジタルガジェットでワクワクするのは、久しぶりです。

これも買おうかと思っています。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1402-b31bd316
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG