情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

iPad mini 5を紙の手帳がわりにするための6つのアプリを比較

2019年04月28日
アプリ 0



情報管理LOGの@yoshinonです。
前回、私が新しいiPad miniとApple Pencilを購入したのは、「紙の手帳から完全デジタル化へ」舵を切りたいということについて書きました。

私が、iPad mini 5で実現したい、ただ1つのこと

そのために現在、複数アプリを並行して使い、検証している最中です。というか、そろそろ大詰め?

基本的に私が、重要視するのは、以下の点です。

・視認性の良さ:ぱっと見で見やすいか
・Apple Pencilの追従性の良さ
・PDFで吐き出せるか
・写真や画像が入れやすく、自由に配置できるか
・文字が書き込みやすいか
・+αの機能


アプリによって、かなり使い勝手が違うので、このあたりを検証していって、最終的に日常使いができ、手帳の代わりになるアプリを探しています。
そういうわけで今回は、iPad mini 5を手帳にするために検証中のアプリをご紹介いたします。

追記:これの続編として、さらに追加で3本レビューしました。そちらも、ぜひ参照してください。

iPad mini5 を手帳化するためにアプリを追加レビュー


  
【 iPad mini 5を紙の手帳がわりにするための6つのアプリを比較 】  

 1.GoodNotes4

 2.7notes SP

 3.Notability

 4.Documents

 5.Nebo

 6.メモ帳








GoodNotes 4

GoodNotes 4

Time Base Technology Limited¥960posted withアプリーチ



まずは、大御所から。使いやすいと評判ですよね。
実は、GoodNotes5という最新バージョンが出ているのですが、どうにも評判が優れない様子なので、5については様子見ですね。

画面自体は、非常にシンプルな作りです。私は、5mm方眼が大好きなのですが、ちゃんと5mm方眼に近いサイズで表示されているのが好印象です。また、基本的な機能が、ほぼ揃っているのもいいですね。




ペンの色や太さは、カスタムを使えば、かなり自由度が高いです。




特徴的な機能としては、3つ。

1.OCRできる
これが、本当にすごい。動画を観れば、一発で分かるはずです。
手書きが、OCRで文字に変換されるのです。

Image from Gyazo


2.図形を自動で整えてくれる
サクッと、手書きで綺麗な図を書きたいときには、かなり重宝しそうです。

Image from Gyazo


3.手書きへの配慮あり
思わず手が触れてしまうことで、動かなかったり、ご認識してしまうというのは、タブレットあるあるかと思いますが、そのためのパームレスト機能がついています。

また、どうしても書きにくい場合、拡大して書きたいと思います。その時にこのように書くことができます。しかも、自動で追尾してくれるので、書くことに集中できますね。





★★★★★ 視認性の良さ
★★★★★ Apple Pencilの追従性の良さ
可能    PDFで吐き出せるか
★★★★☆ 写真や画像が入れやすく、自由に配置できるか
★★★★★ 文字が書き込みやすいか
★★★★★ +αの機能





7notes SP

7notes SP

MetaMoJi Corporation¥480posted withアプリーチ



変わりダネと言えば、変わりダネ。しかし、手書きの王道と言えば、王道と言えなくもないというのが、この7notes SPです。mazecという手書き文字認識界の王者的存在のエンジンを積んだノートです。

とにかくその精度の良さでは、ピカイチだと思います。

Image from Gyazo


画像などは、自由な配置はできません。イメージとしては、Dropbox Paperや初期のワードのような融通の効かなさはあります。




文字をほぼストレスなく、テキスト変換できるのはすごく魅力的ではあります。しかし、手帳の代わりになるかと言われると、「う~ん」と思ってしまいました。

★★★☆☆ 視認性の良さ
★★★★☆ Apple Pencilの追従性の良さ
可能    PDFで吐き出せるか
★☆☆☆☆ 写真や画像が入れやすく、自由に配置できるか
★★★★☆ 文字が書き込みやすいか
★★★☆☆ +αの機能





Notability

Notability

Ginger Labs¥1,200posted withアプリーチ



よく「iPad ノートアプリ」で検索すると出てくる、これまた大御所アプリです。
画面自体は、ものすごくシンプル!




しかし、それぞれをタップすると、詳細に設定できます。




付箋も貼れるし、その中に手書きもできます。





写真なども自由に大きさや配置を選ぶことができます。

特徴としては、

1.録音生成機能
録音しながらメモをとることができます。そして、録音されたものを再生すると、それに合わせて、メモも再生されるのです。色々すぐに忘れてしまうので、会議などではおのすごく重宝しそうです。
こんな風に録音された音声と同時に記録された部分が、録画機能のように再生されます。

Image from Gyazo

これって、お絵かきの録画にも使えそうな。



2.ページ作成日時が自動で入る
ページを作成したときの日時が記録されます。自分の中では、割と重要なポイントなんですよね。





3.手書き文字のテキスト変換ができる
これが、素晴らしいなと思うポイントですね。選択した手書き文字を




「テキストに変換」で




このようにテキストボックスになるのです。すごくないですか?テキスト認識もかなり精度が高いです。




4.文字の読み上げる機能もある
さらに文字列になれば、読み上げ機能も使えます。文字を選択すると出てくるメニューの中から「読み上げ」をタップすると、読み上げられるのです。




つまり、「手書き文字」→「テキスト化」→「音声化」できてしまうのです。すげー。


★★★★☆ 視認性の良さ
★★★★★ Apple Pencilの追従性の良さ
可能    PDFで吐き出せるか
★★★★★ 写真や画像が入れやすく、自由に配置できるか
★★★★☆ 文字が書き込みやすいか
★★★★★ +αの機能





Documents by Readdle

Documents by Readdle

Readdle Inc.無料posted withアプリーチ



iOSにおける万能ビューアといえば、今やDocumentsを差し置いて、右に出るアプリはいないのではないか?と思うのですが、いかがでしょうか?

私は、このDocumentsを超ご愛用で、iPad mini5でも継続して愛用中です。
とにかく、iPadで閲覧できないものは無いレベルで、テキストだろうが、PDFだろうが、音楽だろうが、映像だろうがお構いなしにツッコんでおいたら、即閲覧できるというのが、最大の強みです。

しかも、同期フォルダという機能が追加されてから、過去の手帳だけでなく、スキャンしたばかりの手帳や画像などもサクッと見られるようになり、手帳の完全デジタル化への道を徐々に推し進めてくれた立役者でもあります。

ScanSnap+Dropbox+Documentsで手帳が未来志向のツールになった


で、Documentsといえば「閲覧」というように、あまり編集できるというイメージないですよね?
ところが、PDF Expertという拡張機能をインストールすると、Documentsの真の凄さが、開放されるのです。


PDF Expert by Readdle

PDF Expert by Readdle

Readdle Inc.¥1,200posted withアプリーチ




これをインストールすると、DocumentsにPDFの注釈機能がプラスされます。もちろん、PDF Expert自体にもPDFを新規作成したり、注釈を入れたりできるのですが、Documentsで全て完結するならば、それで万事解決なんですよね。




若干、用紙全体を見せようとして、方眼が小さくなりがちなのが、少々残念な感じではあります。

特徴としては、

1.拡大入力がある
閲覧アプリとか侮っていると、他のノートアプリが置いていかれますよ?普通に拡大入力があります。この機能って、ノートアプリにとって、必須だなと思ってしまいます。




2.書いた後から属性の変更ができる
手書き文字を範囲指定すると、このように属性を後から変更できるのです。あとから太くしたり、色を変えたりというのが、簡単です。




3.日付スタンプが良い
Documentsで最高に気に入ったのは、日付スタンプです。どうして、他のアプリでは、これを入れないのでしょうか?タップするだけで、その日の日付が画像として挿入されるのです。これ、ぜひ他のベンダーも見習っていただきたいですね。




こんな感じで挿入されます。




★★★☆☆ 視認性の良さ
★★★★☆ Apple Pencilの追従性の良さ
可能    PDFで吐き出せるか
★★★☆☆ 写真や画像が入れやすく、自由に配置できるか
★★★★☆ 文字が書き込みやすいか
★★★★★ +αの機能







こちらは、かなり学生向きというか、使いこなすとすごそうなアプリです。
何がスゴイって、手書き文字がリアルタイムでテキスト変換されていくのですよ。魔法のようです。

Image from Gyazo


題字にしたい時は、下線を引くだけです。







文字を囲むとマーカーで塗られます。







消すときも、文字をゴシャゴシャとするだけで、消えます。

Image from Gyazo


とにかく、書くことに特化しているアプリなのです。

これだけでも、十分特徴ですが挙げていくと

1.様々な形式に変換できる
PDFに変換できるアプリは多いのですが、HTMLやWordに変換できる手書きアプリは、あまり多くはないですよね。むしろ、珍しい!




2.ダイアグラムがサクッと書ける
これまた、魔法級のスゴイやつです。
適当にダイアグラムを書くじゃろ。




指でダブルタップすると、ほら!




3.数式も書ける
大学生向きだなと思う機能が、これですね。
サクッと、数式も






同じくダブルタップで、こんな感じに!自分が、学生だったら、これで決めていたかも。



★★★☆☆ 視認性の良さ
★★★★★ Apple Pencilの追従性の良さ
可能    PDFで吐き出せるか
★★☆☆☆ 写真や画像が入れやすく、自由に配置できるか
★★★★★ 文字が書き込みやすいか
★★★★★ +αの機能





最後は、iOS標準のメモアプリです。しかし、メモアプリと侮るなかれ!これが、なかなかどうして、かなりの高機能なのですよ。

iOSのメモ帳アプリの使えるマイナー機能7選


やはり、OSと強固に結びついている強さは、何にも代えがたいですね。
コントロールセンターからサクッと起動できるというのも、アドバンテージがあります。




簡単なメモ程度だったら、これで十分な気もします。
最初は、キーボード入力優先になっていますが、Apple Pencilでトントンすると、すぐに手書きモードに移行します。




面白い機能としては、定規ですね。これは、他のアプリも見習って欲しい点ですね。

Image from Gyazo


たぶん、メインの手帳アプリとして使うことは無いと思いますが、この手軽さは何者にも代えがたいところがあるので、ここからPDF化して、他のアプリに読み込んで使うという形になりそうです。


★★☆☆☆ 視認性の良さ
★★★★★ Apple Pencilの追従性の良さ
可能    PDFで吐き出せるか
★★☆☆☆ 写真や画像が入れやすく、自由に配置できるか
★★★☆☆ 文字が書き込みやすいか
★★☆☆☆ +αの機能





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 さて困った…

私の中でかなり絞られてきています。今のところGoodNotes4、Notabilityの一騎打ちっぽい状態ですね。Documentsがもう少し手書き部分が、高機能だったら入ったかもしれないという状態です。実は、自分の中では、Documents一択ぐらいの勢いでの検証だったのですが、比較して使用している内に、完全に心が傾いている状況なのです。というわけで、そろそろ決着をつけたいと思います。



関連記事

コメント0件

コメントはまだありません